人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

織田信長は比叡山延暦寺を焼き討ちにしたのは一体何故でしょうか。

A 回答 (4件)

政治に介入したからです。



「女、子どもを殺した」と言う事だけがクローズアップされ、信長の残虐さを強調する事件となりますが、これは現代で言う政教分離の原則を、当時の時点から実行していたとも言えます。

焼き討ちにした理由は、それしか手がないからです。宗教問題は妥協点がありません。延暦寺側の政治に介入する理由も、それが正しいと信じているからです。対話で政治の介入を止めるように話し合いで解決するなど、宗教問題では不可能です。今で例えるならば、イスラム原理主義者に対話で政治に介入するように止めてくださいと説得するようなものです。一向一揆は、現在で言うテロ活動のようなものです。このような集団は殺すしかありません。現在でも、空爆などで殺すしか対策はありません。イスラエルが実際にしている事ですが、テロリストとその協力者など全ての者を根絶やしにし、それを数年続けるとテロがなくなったそうです。

当時は、現在ほど、「ピンポイントの殲滅」の技術はありませんので、事件に関係ない「女、子どもを殺した」という事件も発生したでしょうが、これは当時の技術的な問題でやっている事は現在の「政治に介入してくる危険な原理主義者のテロの撲滅」とあまり変わりません。




因みに、本願寺も同じ理由で弾圧しました。日蓮宗は他の宗教を攻撃したために弾圧しました。
また、信長はあらゆる宗教を弾圧しているわけではなく、宗教活動に留まる限りは寛大でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん、詳しいお返事どうもありがとうございます。

お礼日時:2018/12/02 10:58

一罰百戒、見せしめです。

    • good
    • 0

信長は経済を発展させるために、楽市楽座を


やりましたが、楽市は寺の既得権益を奪う
ものでした。

それで寺院が猛反発したのですが、その
中心となったのが比叡山です。

信長としてみれば、坊主のくせに、聖職者
のくせに、経済的利益の為に、戦闘を
するのかよ、ということでしょう。

信長は、外国の技術を取り入れるため、
イエズス会などと親しくしていました。

彼等は、信じる神の下、命を掛けて波頭千里を渡って
来日したのです。

それに比して、経済利益を追求する
日本の坊主が堕落したようにも
思えたのでしょう。

だから根切りと称した殲滅作戦を敢行したのだと
思います。

比叡山には、いないはずの若い女性が沢山おった、
床下からは多くの嬰児の死骸も出て来た、
と伝えられています。
    • good
    • 0

宗教と言う麻薬に冒された人間は


生かしておくと「やっかい」だからです。

甘くしていると、9・11みたいになり
善良な民衆も巻き込まれたでしょうね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豊臣秀吉の死から関ヶ原の戦いの間で、徳川家康に勝てる大名なんていませんよね?

豊臣秀吉の死から関ヶ原の戦いの間で、徳川家康に勝てる大名なんていませんよね?

Aベストアンサー

黒田如水が有名ですね。

Q上杉征伐の途中に石田三成の挙兵を知り、軍を西に向けた徳川家康の背後を上杉景勝は何故攻めなかったのです

上杉征伐の途中に石田三成の挙兵を知り、軍を西に向けた徳川家康の背後を上杉景勝は何故攻めなかったのですか?
最上を攻めている場合じゃないと思います。

Aベストアンサー

関ヶ原の戦いで西軍が挙兵してから敗北まで、上杉家が目指すのは関東侵攻これ一本だったのです
※直江書状参照

最上攻めでさえその前段にすぎません
が、この最上攻めの最中に既に西軍は関ヶ原の戦いで敗北しており、上杉勝家が兵を率いて関東に攻めいることは出来なくなりました

ちなみに会津征伐軍が反転する際に追撃するべきだったというのも否です
上杉軍が反転の情報を掴んだのは家康が江戸に入ってからなので!

Q徳川家康や秀忠は明を征服しようと思わなかったのですか?

魏忠賢などの悪臣の専横によって乱れきった明朝の末期は徳川家康・秀忠が将軍だった頃であり、鎖国も行っていませんでした。
結果的に明は女真族という辺境の弱小民族によって征服されてしまうわけですが、徳川幕府がその気になれば明を征服するのは容易だったはずなのに、家康や秀忠は明を征服しようと思わなかったのでしょうか?

秀吉の朝鮮出兵の頃は、明もまだ弱体化が進んでいない頃でしたが、その頃とは比較にならないほど弱体化が進んでいたので。

Aベストアンサー

そんなこと、これっぽっちも考えていないと思います。
理由は簡単です。秀吉の朝鮮侵略の悲惨な結果を知っているからです。

日本の戦国時代を代表する武将の中で秀吉だけは異質ですが、それは彼が商人、現代風に言えば経済人の感覚を持っていたからです。当時の日本の経済発展のためには領土の拡大が欠かせなかったと思います。
まあ、しかし、他国への侵略という点においては、身の程を知らないというか、世界を知らないというかバカですね。先進的な欧州の植民地化の手法と比較すると幼稚極まりないと思います。
そういえば、そんなバカが過去にもいました。それは、日出る国の聖徳太子です。この時に現地で中国側と交渉した人物は秀吉の時と全く同じことをしています。現地で先進的な大国の実状を知って、日本側のトップの顔をつぶさないようにして、二枚舌で収拾するという方法です。

徳川家康は、豊臣秀吉の朝鮮侵略の失敗を教訓として300年続く日本の平和な時代の仕組みを作ります。限られた領土で平和を維持するために、大名の取り潰しや、参勤交代などの仕組みをつくりますが、政治的なシステム以外に庶民が作り上げたシステムもあります。それは、徳川300年の間に人口が全く増加していない事実から導かれます。

家康と秀忠は秀吉と同時代に生きていたので、二度とアホなことはしませんでしたが、その教訓を忘れてしまった平和ボケの人々は、明治に入って中国侵略を開始しますが、秀吉の朝鮮侵略から得られた軍事的な反省をなにひとつしていなかったため、最後は悲惨な結果になっています。
日清日露戦争は短期間の戦争であり、当時の日本は、欧米の先進的な兵器に関する各種技術を導入していたため、時代遅れの兵器相手に勝てるのは当然ですが、先進的な欧米諸国ではすでに確立していた兵站システムが全く構築されていなかったことが、日本の決定的な弱点と言うか特性なのだろうと思います。

そんなこと、これっぽっちも考えていないと思います。
理由は簡単です。秀吉の朝鮮侵略の悲惨な結果を知っているからです。

日本の戦国時代を代表する武将の中で秀吉だけは異質ですが、それは彼が商人、現代風に言えば経済人の感覚を持っていたからです。当時の日本の経済発展のためには領土の拡大が欠かせなかったと思います。
まあ、しかし、他国への侵略という点においては、身の程を知らないというか、世界を知らないというかバカですね。先進的な欧州の植民地化の手法と比較すると幼稚極まりないと思います...続きを読む

Q親の七光りの七光りの語源を教えてください。 何が7つ光っているのですか?

親の七光りの七光りの語源を教えてください。

何が7つ光っているのですか?

Aベストアンサー

七つの項目があるわけではなく、「多くの」「偉大な」という意味で七を使って表しているそうです。

Qヒトラーはユダヤ人を迫害したのは一体何故でしょうか。

ヒトラーはユダヤ人を迫害したのは一体何故でしょうか。

Aベストアンサー

ヒトラー自身がユダヤ人を迫害する理由は諸説ありまして、例えば、幼い頃に取り立てに来たユダヤ人の金貸しが意地悪でそいつを憎んでいたからとかいろいろあります。


ただ、もともとヨーロッパ社会はユダヤ人を迫害する歴史を歩んでいます。これは元々は、イエスを殺したのがユダヤ人だからという理由になります。

十字軍の時代でも、特に理由はないが景気付けにユダヤ人を虐殺したり、血の中傷といって、「ユダヤ教徒がキリスト教徒の子どもを拉致誘拐し、その生き血を祝祭の儀式のために用いている」という噂が広まってそれを信じた住民が暴走してユダヤ人を虐殺する事件なども起きました。もともと、ヨーロッパ世界ではユダヤ人を迫害する土壌があり、その理由はイエスを殺したからです。


彼らからすると、ユダヤ人は親の仇なのでしょう。
秀吉は、カトリックを「日本人を奴隷として売ったり、他の宗教を攻撃したから」と言う理由で、カトリックを迫害しましたが、ヨーロッパ世界のユダヤ人の迫害は、「イエスを殺したから」というものです。
日本人には理解できないとは思います。

前者の場合は、カトリック自身が奴隷売買や他の宗教への攻撃を止めれば、カトリックの弾圧も停止すると言う政策も可能ですが、後者の場合はその様な解決は成り立ちません。




その様に、当時のヨーロッパ社会は非常に深刻なユダヤ人への迫害の土壌が存在しました。

ドイツも当然その様な土壌が存在し、ヒトラーはそれを利用して求心力を高めたのかもしれませんが、実際のところは、ヒトラーのみぞ知る事です。

ヒトラー自身がユダヤ人を迫害する理由は諸説ありまして、例えば、幼い頃に取り立てに来たユダヤ人の金貸しが意地悪でそいつを憎んでいたからとかいろいろあります。


ただ、もともとヨーロッパ社会はユダヤ人を迫害する歴史を歩んでいます。これは元々は、イエスを殺したのがユダヤ人だからという理由になります。

十字軍の時代でも、特に理由はないが景気付けにユダヤ人を虐殺したり、血の中傷といって、「ユダヤ教徒がキリスト教徒の子どもを拉致誘拐し、その生き血を祝祭の儀式のために用いている」という噂...続きを読む

Qなぜ、アフリカには、アジアのモンゴル帝国・ヨーロッパのローマ帝国のような巨大な帝国が、現れなかったの

アジアを、モンゴル帝国が制しました。
ヨーロッパをローマ帝国が。
しかし、アフリカを支配する帝国は現れていません。
なぜ、アフリカを統治する巨大な帝国が登場しなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

・アジアやヨーローッパは東西に大陸が伸びていたが、アフリカ大陸は南北方向に伸びているので大陸内でも気候帯が変わり、人が移住し難く伝播もし難い。
・労働量に比してカロリーの高い作物を得られなかった。
・熱帯地方特有の病気。
・乾燥地帯或いは熱帯ジャングルが占める割合が多く、また南北の交通も分断されていた。
上記の理由による巨大な帝国に必要な人口の不足と人口の集中が不足したからです。

Q織田信長の城ってどこですか? もう焼け落ちて現存していないんですか? 徳川家康が名古屋城で、豊臣秀吉

織田信長の城ってどこですか?

もう焼け落ちて現存していないんですか?

徳川家康が名古屋城で、豊臣秀吉が大阪城ですよね?

織田信長の城はどこ?

Aベストアンサー

そもそも「信長は安土城」みたいに武将と城が1:1で対応しているわけではありません。
もちろん1つの城にずっととどまっている武将も多数存在しますが、信長・秀吉・家康は複数の城を転々としています。

ちなみに徳川家康は名古屋城を居城としたことはありません。

Qあなたが関ヶ原の合戦である程度の身分を持つ落武者として逃亡するならどんな逃げ方をしますか? 石田さん

あなたが関ヶ原の合戦である程度の身分を持つ落武者として逃亡するならどんな逃げ方をしますか?
石田さんみたいに洞窟に潜むとか、雨風をしのげると言っても逆に見つかりやすいと思ったので…
僕なら草木がおおる木の上によじ登って数日間隠れます。

Aベストアンサー

影武者立てて何とか生き延びるということですよね。捕まればおしまい。義経の場合は藤原氏が衣川合戦をでっちあげて偽首鎌倉に送って死んだことにしたという説あり。本物は国外逃亡かな。石田三成に限らず、豊臣秀頼の大阪城脱出とかね。そういう伝説の真偽。

Qなぜ徳川家康は江戸に幕府を開いたのですか? 江戸がなぜ候補に上がって決定された?

なぜ徳川家康は江戸に幕府を開いたのですか?

江戸がなぜ候補に上がって決定された?

Aベストアンサー

皆さん書いていらっしゃる通り、秀吉に命じられたようです。
  
正月に「家康江戸を建てる」というドラマがありました。それを見て思ったこと。
当時は一面湿地のような、飲み水にも事欠く土地をあそこまで整備した家康という人物は(ブレーンの助言もあったとは思いますが)単に戦に強い武将だけではない、優れた政治力の持ち主だったと改めて感心しました。
彼だったからこそ、徳川300年の礎を築くことが出来たのだと思いました。

Q織田信長がもし仮に長生きしていたなら一体どうなっていましたか。

織田信長がもし仮に長生きしていたなら一体どうなっていましたか。

Aベストアンサー

私は歴史を必然と考える方なので、織田信長の後に結果としては徳川幕府のような存在ができると思います。
信長の天下統一は強権的な部分が色々なところにあって、結局配下の光秀に打たれてしまいましたが、光秀が打たなくとも、そのうち歪が溜まりに溜まり”たか転び”してしまうと思います。
その後、誰が天下を取るのかはijの世界ですが、誰かが徳川幕府のような政権を作り、本格的な武家政権になると考えます


人気Q&Aランキング