出産前後の痔にはご注意!

英会話の使い分けについて教えて下さい。
1. How’s it going.
2. How are you doing.
どちらも同じ意味ですが、それぞれ状況によって使い分けする必要がありますか?

A 回答 (2件)

Bilingual のアメリカ人に教えてもらったのですが・・



1も2も通常の友達同士の挨拶で日常的に使われるようです。

1は省略形で「How's it goin ?」とも言われ、返事は
「It's going / It's goin」が普通のようです。

2は「How are you 」と同じく、最も一般的な挨拶表現で
返事は「Good」「Great」「So,so」「Pretty good」等の
ようです。

その他に、教えてもらったのは
* How's everything going ? →(返事)It's going / Getting by
* How have you been ? / How've you been / How you been
→ (返事)Oh,it’s been a while, How you been ?
* What's up ? → (返事) Nothing much / Not much

なお、かって使われた「How do you do ?→I'm fine ,thank you」
は今は死語であり、中学校の教科書からも消えているようです。
孫の中学生の教科書では
「How are you ?」「How are you doing ?」
のみが掲載されていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。詳しく教えて頂けて勉強になりました。

お礼日時:2018/11/29 12:07

いずれもくだけた口語なので、かしこまった場面で使うと変に思われてしまうでしょうけど、使える場面では、場面に関わらず使ってますね。

文字通りには、1は物事について言っていて、2は聞き手について言ってますけど、it は非人称の it として、ばくぜんと何でも指せますから日常一般をばくぜんと指して、たとえ相手の事情を知ってるわけではなくても使えるんだろうと私は解釈していますけど、ネイティブでも、こちらで(https://english.stackexchange.com/questions/2792 … アメリカに生まれても、よく混乱の元になると言っています。べつに、使い方こ困るわけじゃないでしょうけど、どうしてそうなったのか理由を考えると変だと思うんでしょうね。ほんとに、この質問者が仰ってるように、ぜんぜん答えが返ってくることすら期待してないみたいです。

私個人としては、1はやっぱりちょっと、より馴れ馴れし過ぎる気がします。もちろんん、事情が知られていて、それについて話しているなら、まったく自然ですけど。リンク先の回答者も1を使うのは若い男性だと言ってます。

英語に実際の意味に形が優先されることは珍しくはないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2018/11/29 12:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QI hate to break it to them の意味

Nonbinary Person Complains They Weren't Invited To A Women's Work Lunch. I hate to break it to "them," but the reason "they" weren't invited to the females-only lunch was because "they're" biologically male and pronouns won't change that, and Brewer's female coworkers don't have the energy for his personal politics.

この文の中の I hate to break it to "them," の意味がつかめません。分かる人教えて下さい。

Aベストアンサー

they 彼らとは、男女どちらにも属さないジェンダーを持つ人々、その彼らにこうは言いたくないけれど、の意味です。また break は言いにくいことを口に出す意味です。

Q英語力めちゃくちゃアップする方法教えてください

英語力めちゃくちゃアップする方法教えてください

Aベストアンサー

会話力アップなら、とにかく、RとLの発音をマスターして、ルール通りに発音することです。これができないせいでに、日本人の話す英語は、理解できません。日本語に例えるなら、ラ行とワ行が区別できない状態で、何を言っているか、紛らわしいことこの上ない。

そのうえで、単語のどこにアクセントが来るか、正確に把握することです。アクセントをつける部分を間違えると、スペルが書けようが、TOEFLで満点をとろうが、会話での発信力は、非常に低いものになります。

あとは、信頼できるYouTubeの英語講座を見つけて、とにかくその通り、真似をすることです。日本語からの直訳英語は、通じません。

Qこれらがなぜこの答えになるの解説おねがいしたいです。

これらがなぜこの答えになるの解説おねがいしたいです。

Aベストアンサー

⑴ It is no use ~ing で覚えておきましょう。
⑵ never (do something) without ~ing で覚えておきましょう。

3⃣
⑴まず、前置詞は目的語を取ります。代名詞は格があるので注意です。主格が来ることはありません。もうひとつ、ここでは、helping という動名詞が続いています。これが前置詞の目的語で、動名詞の動作主は所有格で表します:~ of his helping ...
日本語でも「私のやることを~」と所有格で名詞化された動詞の動作主を表しますね。

⑵前半が am looking forward (楽しみにしている)とこれからのことを言っているのに、(エ)は完了を表してしまっています。
⑶これも⑴の固有名詞版ですね。これも所有格にする必要があります。あと、not の位置もおかしいです:on John's not going ...
4⃣
⑴ I don't approve of people (like him) joining
代名詞なら、I don't approve of his joining となりますが、この辺には人々の思いこみによる文法の感が少々あるようですね。前置詞の後に目的格なら文法的なんですけど、代名詞だとあからさまなので、目的格ならまだ見られますけど、所有格が正しく感じられるんですね。ここで、people's などとすることはないです。
⑵これは元のままでも意味は分からなくないですけど、on the point of ~ing で覚えておきましょう。
⑶これは、そのままでも文法的にあり得ないわけではないですが継続中の感じがしてしまいますから、既に終わったことを表したいなら普通は、having beaten です。beat は他動詞になりますし、beaten だけでは受動態になってしまいます。出題者にお伺いしてみてください。

⑴ It is no use ~ing で覚えておきましょう。
⑵ never (do something) without ~ing で覚えておきましょう。

3⃣
⑴まず、前置詞は目的語を取ります。代名詞は格があるので注意です。主格が来ることはありません。もうひとつ、ここでは、helping という動名詞が続いています。これが前置詞の目的語で、動名詞の動作主は所有格で表します:~ of his helping ...
日本語でも「私のやることを~」と所有格で名詞化された動詞の動作主を表しますね。

⑵前半が am looking forward (楽しみにしている)とこれからのこ...続きを読む

Q相手Do you like it when I'm mean? 私Yes! that's anoth

相手Do you like it when I'm mean?
私Yes! that's another thing I like about you(スマイル)
既読が付いて返事がなかったので数分後また私からDid I say something weird?

相手No not at all, tough love is a normal saying in English
"Tough Love"



No not at all, tough love is a normal saying in English
"Tough Love"

は、どういう意味ですか?

Aベストアンサー

「いいや、ぜんぜん。タフ・ラブ(強い愛)ってのが英語では普通の言うことだよ。”タフラブ”」

ぜんぜん構わないけど、あなたの言葉に当惑した反応ですね。(笑)

Q英語で、ちょっと単語調べさせて下さいって言うときに、 Let me look that up. と言

英語で、ちょっと単語調べさせて下さいって言うときに、

Let me look that up.

と言うかもしれませんが、Let me look up that.ではダメなのでしょうか。

ふと気になりまして、、

どなたかお詳しい方、ご教授願います。

Aベストアンサー

Let me look up that. とは言いません。

代名詞を動詞と副詞の間に入れるのはイギリス英語でもアメリカ英語でも一緒です。

ただの名詞なら間でもあとでも構いません。

Let me look up the word.
Let me look the word up.

Qなぜ前置詞が名詞の後ろ? "I take the garbage out"

はじめまして。24歳男性です。
子供の頃、学校での英語の授業は嫌々で、長らく英語にほとんど関心がなかったものの、昨年よりSNSで自分の趣味などについて、海外の方とやり取りしたいと思うようになり、もうこんな歳ですが中学英語の基礎の基礎から勉強をやり直しています。

そこで質問があります。

とある英語の参考書に、「私はゴミを捨てる」をI take the garbage outと掲載されていたのですが、これはI take out the garbageでは不適切なのでしょうか?
例えばLook at this bookであれば、動詞のLookのすぐ後ろにatが続き、その後に名詞が来ていますよね。

僕が正確に理解できていないのが問題なのだと思いますが、前置詞の後ろに名詞や代名詞を置かず、前置詞で終わる文章ってありますよね。
文法の理解を深めなければどうしようもないのでしょうけど、例えばどういう時に前置詞で終わってしまうのでしょうか?
自動詞とか他動詞とか…それらによって、前置詞の扱いが変わったりするのでしょうか?

前置詞を扱う時のルールについて、理解を深める必要があるのはわかっています。(前置詞の扱いは複雑に感じていて、とても苦手な分野です…)
しかし、先述した内容については、ネットなどで自力で調べても現状はどうしても理解できなかったため、英語に詳しい方、解説して頂けると幸いです。

回答よろしくお願いいたします。

はじめまして。24歳男性です。
子供の頃、学校での英語の授業は嫌々で、長らく英語にほとんど関心がなかったものの、昨年よりSNSで自分の趣味などについて、海外の方とやり取りしたいと思うようになり、もうこんな歳ですが中学英語の基礎の基礎から勉強をやり直しています。

そこで質問があります。

とある英語の参考書に、「私はゴミを捨てる」をI take the garbage outと掲載されていたのですが、これはI take out the garbageでは不適切なのでしょうか?
例えばLook at this bookであれば、動詞のLook...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、英語でも日本語でも言語というのは先に言語が自然発生して、あとからその言語に対してう法則性を説いたものが文法です。
したがって、文法には合理的ではない例外も多数あるのは仕方のないことですし、いわば「そういうものだから」と割り切って覚えるしかないことも多数あります。

その上で、"I take the garbage out."の"out"は副詞として使われているというのが文法上の説明になるでしょう。
"I take out the garbage."でも一向に構いません。

ここから先は文法の理解として正しいかどうかはわかりませんが、
前置詞は英語でも"preposition"(prep)とその名の通り「前に置かれる」という品詞の名称なのですが、
熟語や慣用句としては「動詞の後に付く」というか動詞に前置詞が組み合わされて使われることによって動詞の意味が変わったり、明確になるという場合も少なくないです。
ご質問にもある、
"look"などもそうでその後に付く前置詞で様々な意味になります。
"look"は元々が自動詞なので、対象物を表すには前置詞が不可欠なのですが、自動詞の場合も同様です。
ご質問の"take"は他動詞ですが、やはり前置詞によって意味が変わるというか意味が明確になります。
その場合には、前置詞でありながらそもそもが副詞的に使われているということです。
副詞であればその場所はある程度自由度があるのは理解されているでしょう。
したがって、"take out ~~~"でも"take ~~~ out"でもどちらでも使えるのではと思います。
その上で、一般的には目的語が短い場合には"V O prep"という使い方が多いように思います。
特に目的語が代名詞の場合には圧倒的に"V O prep"の順が使われているように思います。
逆に目的語に修飾句や修飾節が付くような場合には"V prep O"となるでしょう。
※あくまでも私個人の見解なので、文法書などの説明と合致しているかどうかはわかりません。

まずは、英語でも日本語でも言語というのは先に言語が自然発生して、あとからその言語に対してう法則性を説いたものが文法です。
したがって、文法には合理的ではない例外も多数あるのは仕方のないことですし、いわば「そういうものだから」と割り切って覚えるしかないことも多数あります。

その上で、"I take the garbage out."の"out"は副詞として使われているというのが文法上の説明になるでしょう。
"I take out the garbage."でも一向に構いません。

ここから先は文法の理解として正しいかどうかはわかりま...続きを読む

Q「昨晩」という表現は、『last night』か『last evening』のどちらが正しいのでしょ

「昨晩」という表現は、『last night』か『last evening』のどちらが正しいのでしょう?

「今夜」ならば『tonight』で『今晩』なら「this evening」と表現しますよね

Aベストアンサー

どちらも正しいけど、あなたが何を表現したいか次第でどちらが適切かは変わりますね。
eveningって夕方以降からあまり遅くない夜(せめて就寝時間)くらいまで。nightはそれより遅めのかなり暗くなった時間帯から深夜~明け方明るくなり始めるまでという感覚かと思います。
よる8時くらいならどちらでも良いと思うけど、夜中の1時ならeveningよりnightのほうが適当だと思います。

QNever in history has the Japanese language been so

Never in history has the Japanese language been so confused as it is today.
という文章なのですがどういう構造になっているのかがよく分かりません。また何と何を比較しているのですか?

Aベストアンサー

このように、否定語句を強調して前に出す(前置)と、その後はほぼ必ず倒置したくなるらしいです。助動詞1つ(ない場合は補う)を主語の前に置きます。
この主語と動詞の位置の入れ替えを〈倒置〉と言います。
文法書の強調構文か倒置の項目で説明されています。
(ちなみに場所を言う語句を前置する形もあって、これは新しい主語を紹介するためのもので強調の必要はないんですが、この場合は動詞そっくり全部を主語の前に出します。不思議とこれで英語の好むリズムが整うんですね。)

この場合は、
[Never in history]これが〈前置〉された部分。
次に、最初の助動詞1つ [has] だけ、主語 [the Japanese language] の前に置きます。
そして、主語の後に、残りの動詞と、さらに残りが来ます。

比較しているのは、今日の日本語(as it is today)と、それまでの歴史の中の日本語です。

Q冠詞について

「講演者がそう言うや否や、聴衆はどっと笑い出した」を英訳すると As soon as the speaker said so, the audience burst into laugher. だという解答を、ある予備校講師が教えてくれました。で、質問です。「講演者」が the speaker に対応するのは分かりますが、これは a speaker ではダメでしょうか? 世の中には「講演者」がたくさんいますので a speaker でもよい気がするのですが如何でしょうか? それから the audience というのも an audience とか、audience は複数いるとジャッジすれば audiences、あるいは「講演者に対する、その聴衆たち」と考えれば、the audiences でも良いと感じられるのですが、それでもやはり the speaker、the audience のみが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

「リンゴを持っている」の英訳を"I have an apple."とするか"I have the apple."「さっき話したリンゴは今私が持っている」とするかと同じだと思いますね。どちらも正しいですし、指摘しようがないです。もし"I have the apple."とどうしてもさせたいなら問いで「theを使う」といった条件を提示すべきだと思います。

「さっき言及した講演者の話を聞いていた聴衆」という状況とは限らないのは、#6で説明した通りです。

確かに採点者が学校教師1人なら、もしかしたらどちらかじゃないと駄目と言い出す教師もいるかもしれませんが、受験のように大勢の専門化が目を光らせている公的な問題では"a speaker""an audience"でも間違いには出来ないと思います。
たぶん英訳においては冠詞の扱いがデリケートになってくるのは専門家も承知でしょうから、あまり気にしなくていいのではないかと思います。

Q教えて下さい! I said thank you. You said no thank you to

教えて下さい!

I said thank you. You said no thank you to me it means you like more what I did for you then what you did for me I think that's what you mean.

どゆ意味ですか??

Aベストアンサー

I said thank you.

You said no thank you to me
あなたは(あなたに対して私が)感謝しなくていいと言った。
  You said, "no thank you to me"; it means you like more what I did for you then what you did for me I think that's what you mean.
, . "等の記号は英語では非常に重要です。これにより意味が逆になります。

it means you like more what I did for you then what you did for me
ThenはThanお間違い
このことは、あなたが私にしてくれたことより、私があなたにしてあげたことの方が、あなたにとってずっと良いということですね。

I think that's what you mean.
今私が書いたこと(That)をあなたは言おう(mean)としているのですね(I think)。