『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

あまり読書をしない人にもお勧めな本を教えてください!

17歳の女です。
最近読書の習慣をつけたいと思い、色々な本を借りてみたのですが中々熱中できず困っています。私はあまり読書をする方ではなく、所謂「読みやすい」と言われる作家さんの作品でも断念してしまう事が多々あります。(最近では東野圭吾さんのパラレルワールド・ラブストーリー、有川浩さんの図書館戦争など)

サクサク読める作家さんの作品はもう手当たり次第読んでしまっていて完全に行き詰まってしまいました。

こんな超読書初心者でも読める本があれば是非教えていただきたいです。よろしくお願いします。

A 回答 (8件)

新井 素子さんの小説がお勧めですね。



『あたしの中の……』
『星へ行く船』
『グリーン・レクイエム』
『ひでおと素子の愛の交換日記』
『扉を開けて』(アニメ映画になりました)
『ひとめあなたに…』
『……絶句』
『おしまいの日』
『新婚物語』(TVドラマになりました)

素子さんは、高校2年生のとき、第1回奇想天外SF新人賞に応募して、佳作入選したそうです。
その若さに文学界は衝撃を受けたとか。
審査員だった作家の星新一氏は、最優秀賞に強く推したそうですけど、文体に違和感を覚えた小松左京や筒井康隆らが反対して佳作になったそうです。
彼女の作品は、「文章で書いた漫画」なんて評されているそうです。
SFマガジンだったか、ソフトフォーカスの彼女の写真がドンと掲載されていて、SFファンに「素子姫」なんて呼ばれていました。
ライトノベルの祖的もしくは雛形的存在と称されることもあるそうです。

私も、彼女のファンで、ほとんどの作品を購入したのですけど、引っ越し先の部屋が狭いってことで、他の多数の本と共に処分してしまいました・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「文章で書いた漫画」!すごく惹かれます!新井素子さん、読んでみようと思います。回答ありがとうございました!

お礼日時:2018/11/29 18:12

どんな事に興味があるか?


どんな本ではなくて。

皆の回答を見ていると、あなたの事を知らないで、回答者のフィーリングで、おすすめ本を選んでいる。

でも、ピアノが好きな人、ハードロックが好きな人、野球が好きな人、昆虫が好きな人、そういう人の好みによって、オススメする本は、変わってくると思うんだよね。

あなたは普段、どんな事に興味があるの?
趣味とか、よく見る映画、よく聞く音楽、なんでも良いよ。
好きなジャンルに関係している本なら、読みやすいんじゃないかなと思うよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

成る程……。確かにそうですね。好きなジャンルに関係している本なら最後まで楽しく読めるかもしれません。趣味に関係する本を調べてみようと思います!

回答ありがとうございました!

お礼日時:2018/11/29 21:05

好みは人それぞれだから「この人、この本だ」と言えません。



私は品とか読みやすさとかから言えば池波正太郎がいちばんだと思うけど、
あなたに合わない可能性の方が高いですし。

とにかく手に取って眺め、試し読みしてみないことにはどうにもならないので
「本屋に行く」か「図書館に行く」
ことをおすすめします。

私の場合時々「表紙が呼んでいる」と感じることがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそうですよね、すみません。
私に合うかは分からないのですが池波正太郎さんの作品も読んでみようと思います。回答ありがとうございました!

お礼日時:2018/11/29 18:19

貴志祐介さん


読みやすいし面白い
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴志祐介さん!聞いたことがなかったので今度読んでみようと思います。回答ありがとうございました!

お礼日時:2018/11/29 18:17

>サクサク読める作家さんの作品はもう手当たり次第読んでしまっていて完全に行き詰まってしまいました。



こういうのを読書初心者やあまり読書をしないとは言わないと思う・・・
言ってることがちぐはぐなのでどのような物を紹介したらいいのか検討も付きません

どんなジャンルが好きなのか聞かせてくれると嬉しいです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は湊かなえさん作品が好きなのでジャンルで言えばミステリーになるのでしょうか…?

お礼日時:2018/11/29 18:17

星新一さんのショートショートがお勧めです。


一つ一つが短いので初心者の方でも読みやすいと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

短い物語はとてもありがたいです!今度読んでみることにします。回答ありがとうございました!

お礼日時:2018/11/29 18:15

ボクのお勧めは大原まり子氏。

NO.1の回答者が勧める新井素子氏とほぼ同じ時代にデビューして
活躍した。新井素子のふんわりした雰囲気とは全然違ってこちらはハードSF。
「一人で歩いて行った猫」
「ハイブリッド・チャイルド」
等「一人で歩いて行った猫の主人公は結構色々な作品に登場する作者のお気に入りらしい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ハードSF!あまり読んだ事のないジャンルです!とても興味があるので、今度読んでみようと思います。回答ありがとうございました!

お礼日時:2018/11/29 18:14

普段どんな事に興味があるの?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どんな本…という解釈でよろしいのでしょうか?(違ったらすみません)
湊かなえさん作品が好きなので興味があるのはミステリーになると思います。

お礼日時:2018/11/29 18:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q質問です。 私は読書が大好きなのですが、図書館を利用した際読みたい本が無く新品でいつも買っています。

質問です。
私は読書が大好きなのですが、図書館を利用した際読みたい本が無く新品でいつも買っています。

皆さんは、図書館で借りるのと書店(新品or中古)で買うのはどちらが好きですか?

Aベストアンサー

買います。
読書が好きなので、本を書く人の収入が途絶えては書けなくなって読みたい本が無くなってしまって困る、と考えて新刊を買います。

本に限らず音楽や映像も同じように考えます。

図書館では絶版や高価すぎて手に入れにくい本を閲覧します。

Q絶版になっている本を新品で欲しいのですが、どうすればいいですか?

絶版になっている本を新品で欲しいのですが、どうすればいいですか?

Aベストアンサー

①オークションの「新品」表示を探す
②出版社に在庫がないか当たる

Qわたしは小さい頃から小説を読むのが好きです。 中でも、読み終わった後に幸せな気持ちで本を閉じられるも

わたしは小さい頃から小説を読むのが好きです。
中でも、読み終わった後に幸せな気持ちで本を閉じられるものが好きです。皆様のおすすめのものがあれば教えて頂きたいです。
なるべく人が死ぬようなものや不倫をするようなもので無ければ嬉しいです。
参考までに、わたしが好きな作家さんは有川浩さん、はやみねかおるさんです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

現代ものも面白いですが、ファンタジーにも手を広げると、世界が広がるかもしれません。
以下がおすすめです。
・「いとみち」(越谷オサム・新潮文庫)青森メイド喫茶青春物語!青森弁べったりで「お帰りなさいませ、ご主人様」すら言えない、引っ込み思案な「いと」ちゃんが、メイド喫茶でバイトを始めた。不器用ないとちゃんがとてもかわいいです。メイドといえど、青森なんで……な感じが楽しいです。
・「水光舎四季」(石野晶・徳間文庫)ちょっとした能力を備えて生まれた子たちが、水光舎という学舎に一年のうち三か月だけ通う。ひとつの季節には、同じ能力を持つ子はおらず、三か月ごとに入れ替わり、同じ能力を持つ子たち(お互いに「春夏秋冬」と呼称している)掲示板を通じてのみ触れ合うことができる。そんな水光舎での彼らの生活。表紙が気になったらおすすめです。
・「天山の巫女ソニン」(菅野雪虫・講談社)朝鮮半島風の三つの国が舞台で、一般の人々の目線を常に意識し、観察している王子付きの女官、ソニンが主人公なのが面白いシリーズ。王家の人々ももちろん観察対象なのですが、一般の庶民の人たち、それも三国のそれぞれの人々が戦争をどのように考え、敵国、味方の国をどのように考えているか、ということがきちんと描かれている作品を初めて読んだ気がします。

楽しい読書生活を!

現代ものも面白いですが、ファンタジーにも手を広げると、世界が広がるかもしれません。
以下がおすすめです。
・「いとみち」(越谷オサム・新潮文庫)青森メイド喫茶青春物語!青森弁べったりで「お帰りなさいませ、ご主人様」すら言えない、引っ込み思案な「いと」ちゃんが、メイド喫茶でバイトを始めた。不器用ないとちゃんがとてもかわいいです。メイドといえど、青森なんで……な感じが楽しいです。
・「水光舎四季」(石野晶・徳間文庫)ちょっとした能力を備えて生まれた子たちが、水光舎という学舎に一年の...続きを読む

Q小説家について

俺には発想力独創力があるので小説家を目指そうと思います。
皆さんはどう思いますか!!文章能力はある方です、。誹謗中傷は辞めてください。

Aベストアンサー

こんなところでお伺い立ててる暇あったらなんか作品を書きましょう。

ところで、前にもこんな質問してませんでしたか?

Q本を探してます。 今まで読んで好きだったのは、 指輪物語 ナルニアシリーズ 魔女の本棚シリーズ です

本を探してます。
今まで読んで好きだったのは、
指輪物語
ナルニアシリーズ
魔女の本棚シリーズ です。

できれば有名すぎる物以外、児童書でないものがいいです。
何かオススメがあれば教えてください!

Aベストアンサー

ファンタジー、幻想小説のファンには有名ながら、一般にはそれほど知名度がない、という作品を挙げてみた。このジャンルが好きなら、池澤春菜『乙女の読書道』が参考になる。以下のリストも多くを同書に依っている。

はやみねかおる:都会のトム&ソーヤ・シリーズ
橙乃ままれ:ログ・ホライズン・シリーズ
鈴華:本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~シリーズ
小野不由美:ゴーストハント・シリーズ
笹本祐一:妖精作戦シリーズ
レイ・ブラッドベリ『塵よりよみがえり』
アーネスト・クライン:ゲーム・ウォーズ
ジーン・ウルフ:新しい太陽の書シリーズ
マーヴィン・ピーク:ゴーメン・ガースト三部作
マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン:ドラゴンランス・シリーズ
ジーン・アウル:始原への旅立ちシリーズ
シャンナ・スヴェンソン:(株)魔法使製作所シリーズ
ガース・ニクス:古王国記三部作
レイモンド・E・フィースト:リフトウォー・サーガ・シリーズ
マーセデス・ラッキー:ヴァルデマール年代記シリーズ
ピアズ・アンソニイ:魔法の国ザンス・シリーズ
ロイス・マクマスター・ビジョルド:死者の短剣シリーズ、五神教シリーズ、ヴォルコシガン・サガ・シリーズ
ゲイル・キャリガー:英国パラソル奇譚シリーズ
J.R.ウォード:ブラック・ダガー・ ブラザーフッド・シリーズ
イザボー・S・ウィルス:一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事シリーズ

ファンタジー、幻想小説のファンには有名ながら、一般にはそれほど知名度がない、という作品を挙げてみた。このジャンルが好きなら、池澤春菜『乙女の読書道』が参考になる。以下のリストも多くを同書に依っている。

はやみねかおる:都会のトム&ソーヤ・シリーズ
橙乃ままれ:ログ・ホライズン・シリーズ
鈴華:本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~シリーズ
小野不由美:ゴーストハント・シリーズ
笹本祐一:妖精作戦シリーズ
レイ・ブラッドベリ『塵よりよみがえり』
アーネスト...続きを読む

Qおすすめの小説を教えてください!

好きな作家さんと 代表として好きな本

司馬遼太郎さん 燃えよ剣
吉川英治さん  宮本武蔵
笹沢左保さん  木枯し紋次郎
北杜夫さん   輝ける碧き空の下で
垣根涼介さん  ワイルドソウル
北方謙三さん  水滸伝シリーズ
池波正太郎さん 鬼平犯科帳
田中芳樹さん  アルスラーン戦記
藤沢周平さん  用心棒日月沙シリーズ
山田風太郎さん 笊の目万兵衛門外へ
井上靖さん   蒼き狼
村上春樹さん  ノルウェイの森
大沢在昌さん  新宿鮫シリーズ
谷崎潤一郎さん 細雪

こんな本が好きなのですが、ほかになにかあるか探してます。
時代ものに偏りがあるので、とくに現代ものを求めてます。
けれど、なんでもいいです。よかったら教えてください!

Aベストアンサー

あ、これまだ回答受け付けてるんですか?

垣根涼介のワイルドソウル良かったですね♪
けれど僕はもう、推理もミステリーも、いらぬドキドキも受け入れられないポンコツ脳みそになりました。

楽しくなければ読書じゃない。
これが最近の僕のモットーです。

それにぴったりだったのが、
『武士道シックスティーン』から始まる誉田哲也の『武士道シリーズ』です。
これは傑作! 誉田哲也は天才です。

有川浩の『図書館戦争』シリーズも良かったですね。
変な意味で、ハラハラしなくていい。

心躍った古い記憶をたどれば、やはり、『百舌の叫ぶ夜』から始まる、逢坂剛の『百舌』シリーズでしょうか。

お読みになった中で恋愛小説がなさそうなので。

雫井脩介の『クローズトノート』もいいかも。
七月隆文の『僕は明日昨日の君とデートする』も超お勧めです。
再読したいと切に思いました。

ハラハラドキドキはもう結構。
実生活だけで腹いっぱいです(笑)

Q「気になる」だけ押して回答しない人の心理

「気になる」だけ押して回答しない人の心理がわかりません。
どうして回答しないのでしょうか。

Aベストアンサー

俺も答えが気になるからだよ

Qオススメの小説を教えて下さい。ラノベと恋愛系以外でお願いします。

オススメの小説を教えて下さい。ラノベと恋愛系以外でお願いします。

Aベストアンサー

「しずかな日々」(椰月美智子・講談社文庫)母子家庭で友だちもいない生活を淡々と日常をこなしていた少年に、変化が訪れた小5の夏。にぎやかなんだけど、心の中はとてもしずかな、よい物語でした。少年少女にもおすすめですが、大人がしみじみできると思います。

Qこの本の題名を教えてください!

2013年くらいに小学校の図書室で読んだ本なのですが、主人公は小学校の低学年くらいの女の子で、確か妹がいて、その子の成長が描かれている本です。
小説でもハードカバーでもなかった気がします。
絵がとても柔らかくて、優しかった印象があります。
何冊もシリーズとして出ていたわけではないと思いますが、少なくとも2冊は同じシリーズが出ていた気がします。
題名に主人公の女の子の名前が含まれていた気がします!
とても不鮮明な記憶なのですが、どなたかわかる方いらっしゃいますか?
教えて欲しいです!

Aベストアンサー

「ちいさいモモちゃん」から始まるモモちゃんとアカネちゃんのシリーズでしょうか?アカネちゃんが妹です。
何回も表紙などが変わっているシリーズなので、絵をごらんになりたければ、画像検索がおすすめです。

Q先に断っておきますが決して僕は韓国人や中国人を好きでは無いですし嫌いでもないです その上で質問なんで

先に断っておきますが決して僕は韓国人や中国人を好きでは無いですし嫌いでもないです その上で質問なんですが
良くYouTubeとかの動画で中国とか韓国の方が何かトラブルを起こした際によくコメントなどで『これだから中国人は……』『韓国人はだから〜』とか批判のコメントを見かけたりするのですが僕は毎回こう言ったコメントを見ると〔なんで◯◯人とか一括りで批判するんだろうか?〕と思ってしまいます
もしかしたら批判している人達の批判対象を僕が間違えているのかも知れませんが
トラブルを起こした個人やグループを批判するのはわかります
それは問題をその人やその人達が起こしたので責任がその人やその人達にあるからです
ですが◯◯人と一括りにしてしまったら関係無い◯◯人も批判する事になるのでそれはもう僕の中では意味がわからない訳です
例えで言うと素行が悪い韓国人の成人男性が窃盗をしたとします
同じ時間に学校に通っていた韓国人の女の子が友達と談笑していたとします
これは窃盗の行為が悪いため成人男性が批判されるのは分かりますが
同じ韓国人と言う理由だけで批判される女の子は何故批判されるのか僕にはよくわからないと言う事です
この理論で日本を例えにしたら
殺人をした日本人Aのニュースを日本人Bが見ていたとして日本人Aが批判されれば日本人という理由だけで日本人Bまで批判対象になる筈なのに何故か日本では殺人をした人だけ悪くてニュースを見ている人は批判されません
何故日本では批判されないのに韓国や中国だと批判されるのか不思議でした

それか僕が思ったのはそこまで頭で考えていなくて何となく適当に韓国嫌いだから中国嫌いだからとかそんな理由でコメントしているだけなら納得は行くんですが良くわからなかったので皆さんに聞きたくて質問しました

後 橋本環奈ちゃんの歯茎食べたい

先に断っておきますが決して僕は韓国人や中国人を好きでは無いですし嫌いでもないです その上で質問なんですが
良くYouTubeとかの動画で中国とか韓国の方が何かトラブルを起こした際によくコメントなどで『これだから中国人は……』『韓国人はだから〜』とか批判のコメントを見かけたりするのですが僕は毎回こう言ったコメントを見ると〔なんで◯◯人とか一括りで批判するんだろうか?〕と思ってしまいます
もしかしたら批判している人達の批判対象を僕が間違えているのかも知れませんが
トラブルを起こした個人や...続きを読む

Aベストアンサー

一言でいえば「人間は社会という群れを作らないと生きていけない動物だから」です。

群れというのは、その中では助け合うが別の群れとは戦う、という習性があります。なぜなら資源つまり食料は有限で、しかも減ることがあるからです。減る前提なら「つねに自分の群れが生き残れるようにしておくには、他の群れを排除するしかない」わけです。

この習性は、人間社会に細かく入っていて、たとえば小学校レベルでも「クラス対抗」とか「赤白グループ対抗」のように「集団」で区切られると、別の集団を「敵」と認識する潜在意識が人間にあるのです。

これが村の単位になると、たとえば喧嘩祭りになりますし、県単位になれば甲子園野球で地元の勝ち負けに一喜一憂することになり、国なら戦争や戦争にならなくてもご質問のような摩擦につながっていくわけです。

特に近隣の外国は当初から「敵」です。もし仲間で味方なら国境を作って別の国になる必要がないわけで、集団として分離する理由は様々ですが、自分の集団を脅かす位置(隣同士)に居る以上「敵」であるわけです。

となればむしろ喧嘩しているのが実は普通であり、その喧嘩は「集団対集団」なので「○○人は・・・」になるということです。

一言でいえば「人間は社会という群れを作らないと生きていけない動物だから」です。

群れというのは、その中では助け合うが別の群れとは戦う、という習性があります。なぜなら資源つまり食料は有限で、しかも減ることがあるからです。減る前提なら「つねに自分の群れが生き残れるようにしておくには、他の群れを排除するしかない」わけです。

この習性は、人間社会に細かく入っていて、たとえば小学校レベルでも「クラス対抗」とか「赤白グループ対抗」のように「集団」で区切られると、別の集団を「敵」と認識...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング