ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

1つ目は、躁鬱病で1番発症しやすい年齢層は何歳頃でしょうか?2つ目は、男性の方が女性より早く発症するとかありますか?3つ目は、先天的なもの(遺伝とか)強く関与しますか?よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • 生まれつきの病気って、遺伝のことですか?

      補足日時:2018/11/30 17:27
  • 追加ですいません。一卵双生児の方が発症しやすいとかあるのですか?

      補足日時:2018/11/30 17:57
  • 好発年齢は何歳頃でしょうか?

      補足日時:2018/12/01 17:51

A 回答 (11件中1~10件)

質問の回答



問① 双極性障害(躁うつ病)での発症年齢
答 双極性障害は、生まれつきの病気ですが、病気と発覚するのは、結構あとになってからです。性格と思っていたものが、病気によるものと判断せざるを得ない場合もあるくらい、病気としての認識が薄いものもあります。

問②
答 上記の通りです(男女に差はないということ)。

問③
答 先天性(生まれつき)ではあるものの、双子の場合でも双方共に病気を持っている訳ではないという研究もあり、はっきりしたことは分かっていません。

生まれつきの病気(脳の機能障害=カラダの病気で、精神の病気ではない)なのですが、発覚する際のストレス過多で悪化した結果、診察を受けて、双極性障害と診断される事例が多いと感じています。

しかし、私も、当初はうつ病という診断。しかし、古本を2回に分けて800冊購入したことを主治医に自慢したところ、明らかにおかしいと感じたらしく、生活上や性格などを細かく答えた結果が、双極性障害という診断になりました。
(自律神経失調症やてんかん、その他の疾患の関係性も同時に問題にはなっているが)

参考にしたのは、こちら(厚生労働省 知ることから始めよう みんなのメンタルヘルス総合サイト)
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/index.html
    • good
    • 1

№1の補足コメントへの回答ですが、



双極性障害(躁鬱病)の好発年齢は、15~19歳あたりでも多くみられるが、25歳くらいが好発年齢と
言える状況ですね。

平均すると30歳くらいですが、近年、特に増えている病気ですので、さらに低年齢化する可能性があります。
    • good
    • 1

補足へ


滅茶苦茶な回答もあるので、やはりここで聞いても混乱するだけだと思いますよ。

一卵性双生児は生物学的には同一人物なので、遺伝か遺伝でないかの証明をする実験や統計によく使われます。
それだけです。病気に罹りやすいわけではありません。
また同じ双子でも二卵性は全然別物です。遺伝子は一致しないし性別も同じとは限りません。
二卵性の場合は同時に生まれたけど中身は普通のきょうだい、と考えるといいです。
    • good
    • 1

思うに、鬱は


自分について考える暇がある人が至るもの。
歳なんて関係なく 環境。

他人との会話が足りない。

部屋は一人ですか?
居間で寝なさい。

一も二も三も
他人との関りが足りない。
関りに慣れるには 家族に慣れることからです。
    • good
    • 0

発症しやすい ではなくて、双子のように同一の遺伝子を持っていても、発現しない方達がいる ということです。


完全に遺伝子だけの問題ではないということ。

発症率は、双子に係わらない。
全体のものなので。
    • good
    • 1

3つ目の問いに回答します。


遺伝するのか?
私の双子の妹が双極性障害Ⅱ型の診断を受けていますが、姉の私は精神疾患とは無縁の人生を歩んでいます。
遺伝的に全く同じ気質なので私にも要素はあったかも知れない。
しかし発症には至らなかったのは何故か。
私との違いを挙げるならば、妹には子供の頃から奇抜な発想や突飛な行動が見受けられたという点です。
小学生の間は先生や児童達から持て囃されていた妹でしたが、思春期になると「変わった子」としてクラスメートの間で浮いた存在になりました。
その段階で妹は他者との差別化を図ったために、ますます孤立を深めることになり、結果的にうつ病発症へと繋がってしまったように感じています。
一方で私は親から長女としての役割を期待されて育ちました。
油断すると暴走する妹をフォローしつつ行動を共にしていたので、周囲をよく見ていたのは確かです。
そのお陰で社会性を育むことが出来たことが、精神疾患を発症せずに済んだのではと私は考査しています。
    • good
    • 1

遺伝とは、ちょっと違うらしい。


双子でも、両方に発現しない場合もあるから、受精卵になったあとの環境にも影響があるのではないだろうか。
卵割で2つに分離して、双子の場合は、遺伝子が同一でも胎児への成長過程で個々になんらかの影響がある…場合もあるので。

もちろん、厚生労働省のホームページに書いてあることをそのまま読んだ場合の私の捉え方で、実際は違うのかもしれないが。
    • good
    • 1

1)最初はうつ病と診断されているケースがほとんどなのではっきりしない。

診断までに数年かかるのが普通です。
2)男女差はないです。
3)私は一卵性双生児で、二人同時発症しました。30歳を超えていて環境もバラバラです。遺伝が関係ないはずはないと確信します。
    • good
    • 2

医師に聞きましょう

    • good
    • 0

体全体の慢性的な機能の衰え、ここから自律神経が狂います。


発症しやすい年齢というのは特になく、その生活環境に大きく左右されます。
食への関心の度合いだったり、運動の大切さを知らなかったり、この辺は親の人生経験、『価値観』がこどもにも大きく影響するので、親がメンヘラ→子供もメンヘラという図式がなりたちやすいですね。

自律神経はいろいろな要素でその状態がきまるので、

ガンとか糖尿病も、現在ではお腹の中の保有する腸内細菌の種類によって決まると判明しているのはごぞんじですか?
その保有する最近がだす分泌物の成分がこれまで遺伝とかんがえてきたものに影響していたとつぎつぎに発見されてます
また性格や行動、食の嗜好なども人間が影響をうけるとも判明しつつあります(マウス実験では確定)

この腸内細菌のちがいがうまれるのは 食 です。
いろんなたべものに付着したもの、またはその成分がおなかの中で育つんですね。
DNAでさだめられたものも勿論ありますが、先天的のなかには、生活習慣からなる腸内細菌の存在をわすれないでください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体調が悪く心療内科に行ったのですが、そこで双極性障害(躁鬱病)と診断されました。 正直自分では自覚が

体調が悪く心療内科に行ったのですが、そこで双極性障害(躁鬱病)と診断されました。
正直自分では自覚がなかったので、驚いてます。
仕事と私生活に影響が出てるので、仕事を辞めて治療に専念するか悩んでます。
双極性障害だと仕事を続けて行くのは困難なのでしょうか?

Aベストアンサー

もし初診から1年半以上経っているなら障害年金の申請をしたい、と医師に言ってみて下さい。
差し当たっては失業保険と年金、バイトぐらいで食い繋いだらどうでしょうか。

Qまた鬱転しそうです。双極性障害は一生治らないんですか? もう疲れまし

また鬱転しそうです。双極性障害は一生治らないんですか?
もう疲れました。
経験者の方どう向き合っていますか?
私はまだビギナーで周期もよく掴めていません

Aベストアンサー

双極性障害I型です。発病して12年になります。最近エビリファイ注射と、ラミクタール、ジプレキサ、ドラール、エチュウホッキトウ(ツムラ41番)で、症状はだいぶ収まっているように思います。

注射にする前は、ほとんど薬が効かなかったので苦労しました。入退院を繰り返し、のべ6年(闘病期間の半分)を入院で過ごしました。現在、最後の退院から約一年経ちますが、またこの先入院するかどうかはわかりません。

双極性障害は、一生治りません。これが、現代医学の見解です。

Q双極性障害5年です。 躁鬱で躁だけの症状ってのはあるのでしょうか? 鬱がない状態です

双極性障害5年です。
躁鬱で躁だけの症状ってのはあるのでしょうか?
鬱がない状態です

Aベストアンサー

躁状態だけの躁病というものがありますが、あなたの場合、
うつ状態に対する治療がうまくいっていると考えるべきでしょう。

治療がうまくいっているので、うつ状態を確認することができないと解釈するのが普通ですよ。

Q「双極性障害」と診断されたのでしょうか? 最初は抗うつ薬を処方されていたのですが、1週間前にバルプロ

「双極性障害」と診断されたのでしょうか?
最初は抗うつ薬を処方されていたのですが、1週間前にバルプロ酸ナトリウム200mgに変えられました。
ハッキリと口で診断名を告げない先生なので、自分でお薬の事を調べたら、抗てんかん薬、双極性障害の治療に用いられる…という事を知りました。

私はてんかん持ちではありません。
という事は双極性障害?としか考えられません。

双極性障害以外の疾患にも、この「バルプロ酸ナトリウム」を使用する事はありますか?

Aベストアンサー

デパケンなどは、感情の起伏が激しい人や衝動的な行動をする人にも出ることがあります。
精神疾患の症状は十人十色でなので、病名にこだわるより、自分の症状について理解しておくことが大切だと思います。

うつ病で無理してお仕事をされていたということであれば、とにかくしっかり休養を取ることが大切です。
うつ病は風邪と同じように、無理すれば悪化するし、しっかり休めば治ります。

のんびり、ゆったり、リラックスして過ごすことが心の治癒力を高めます。

逆に、焦り、怒り、不安などは心を疲れさせますので、そういった感情でいる方は一日中布団の中にいてもうつ病が悪化していく場合があります。

先々のことはひとまず置いといて、ゆっくり休めるとよいですね。

Q同じ精神疾患 私は 5年前から現在も『双極性2型』と診断され、ずっと通院しています。 薬との相性もあ

同じ精神疾患

私は
5年前から現在も『双極性2型』と診断され、ずっと通院しています。
薬との相性もあり、投薬治療だけでも
これだけの年月がかかりました。

今は、おかげさまで相性が合う薬に
たどり着き、ここ半年以上 変更がありません。認知療法に取り組み中です。

1カ月前に知り合いの友達に病院で会い
その子は『大うつ病』と診断され、
通院が2カ月くらい経ち、先日1カ月に1度の通院で良くなったそうです。

双極性障害と大うつ病は
根本的に気分安定薬と抗うつ薬とで処方される薬の種類が違いますが、
どちらかと言えば、双極性より大うつ病の方が回復しやすい?(治りやすい)ものなんでしょうか?

悩んでも仕方がないのですが、私の場合は投薬治療だけでも、5年ほどかかってしまったので正直ショックでした。

病名に関わらず、薬との相性は
人それぞれなんでしょうか。

Aベストアンサー

そもそも病気の状態が違います。

大うつ病は、うつ病のこと(うつ病の診断基準のことを、大うつ病診断基準DSM-IV=大うつ病エピソードの診断基準)です。

うつ病は、”精神=ココロ”の病気であるため、適切な治療を行えば、治る病気です。

しかし、双極性障害は、”脳=身体”の病気であるため、うつ病と同じ治療方法では治りません。

同じ薬を使っているじゃないかと言うかもしれませんが、それは双極性障害を患っている人でかなりの人数に症状の軽快が認められたから使っているためで、薬がなぜ効くのかは不明となっています。

以上のように、双極性障害は精神疾患の1つとなっていますが、実際はココロの病気ではなく、身体の病気です。

なお、脳の機能障害という括りでは、発達障害も同じ分類になるようです。

ちなみに…双極性障害は生まれつきの病気です。
問題なのは、症状がはっきり現れるタイミングがあるということ。
精神的負担が増大した際に、それまで性格などと片付けていたものが、実は病気が原因と判る…ということです。

…で、双極性障害の完治に繋がる治療方法は、まだ判っておらず、ある意味、難病と言ってもいいと思います。
ただし、薬を飲むことによって、症状が軽快してしまえば、それは治ったといってもいい…と、厚生労働省のホームページには記載されていましたが。

知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス総合サイト>専門的な情報>双極性障害
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_bipolar.html

そもそも病気の状態が違います。

大うつ病は、うつ病のこと(うつ病の診断基準のことを、大うつ病診断基準DSM-IV=大うつ病エピソードの診断基準)です。

うつ病は、”精神=ココロ”の病気であるため、適切な治療を行えば、治る病気です。

しかし、双極性障害は、”脳=身体”の病気であるため、うつ病と同じ治療方法では治りません。

同じ薬を使っているじゃないかと言うかもしれませんが、それは双極性障害を患っている人でかなりの人数に症状の軽快が認められたから使っているためで、薬がなぜ効くのかは不明...続きを読む

Q医師は責任を問われないのでしょうか?

下記動画ではパキシルを飲んでコンビニ強盗をした女性と、同じくSSRIを飲んで妻の頭をバールで殴り全治20日間の大けがを負わせた男性の談話を視聴することができます。
「自分が自分でない感じ」「自分自身をコントロールできない感じ」「意味も無くこみ上げてくる、通常とは異なるタイプの怒り」に襲われた、と同じような内容を話しているのが興味深いですね。

一歩間違えば殺人事件に発展していたかもしれないことは容易に想像がつきますが、それはさておき、この動画に登場しているお二人の場合、明らかに医師の不適切な治療や誤診によって発生した事件です。
精神科や心療内科、メンタルクリニックで処方される薬の服用が原因で殺人事件や傷害事件などが起きた場合、精神科医は責任を問われないのでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=WKRl6v760Vg&t=244s

Aベストアンサー

薬の添付文書には、併用禁忌(同時に服用してはいけない薬)、投薬に際する注意事項のほか、副作用がどの頻度で出ているかの情報など、処方の際に”これだけは”知っておく情報が記載されています。

医師が病気に対して薬を処方する以上、これらの情報と患者の状態。処方後の状況を把握して、増減、若しくは投薬中止を考えるべきで、単にうつ病だからという病名だけで処方することは、危険となります。

個人差も大きい上に、1つの精神疾患だけを有するのかいくつもの病気を抱えているのか、他の既往症なども考えると、医師は表面的な情報だけではなく、生活状態も把握しないと、Bさんのような誤診(後述)が発生し、適切な薬を処方されないという事案が生じます。

Aさんの方は、薬の添付文書に沿った投薬がなされておらず、医師の責任を問うことはできるでしょう。
(ただし、刑事では微妙(該当は、刑法ではなく医師法かも)。民事なら、確実(鑑定結果にそう書いてあるから)でしょうね。

なお、Bさんのところで”誤診”を後述とした理由として、

うつ病と躁うつ病(双極性障害)は、症状として気分の落ち込み部分(うつ状態)が似ているため、最初から躁うつ病と診断される人は滅多にいない。
始めから、攻撃的だったり、やたら行動的(突発的に遠方に行ってしまうとか)ではないと、診断が間違う。
性格がそのようなものと考えてしまう。

実際、私もBさんパターンで、当初はうつ病の診断だった。
仕事中に、パワハラもどき&性格(?)でパニック障害を発症。異動によって収まったと思ったら、気分の落ち込みが激しくなり、病院に行った結果”うつ病診断”ですが、この時、躁状態の症状は、自分の性格の一部だと思っていたので、異常認識(病識)がなかったのです。
こうなると、医師にも異常がある部分の話をしても、性格の部分は話さない訳で、その時の診断としては、うつ病と診断されます。

その後、病気を持たない人なら起こさない行動を医師に話す事で、再診断で”躁うつ病(双極性障害Ⅱ型、急速交代型)”と結果がでました。
(※なお同時に、てんかんの疑いという診断も下されています)

医師は、その病気に合った薬を処方することを望まれています。
しかし、診断した病気が必ずしもその”病気だけ”なのかどうかの判断は、精神疾患は難しいと思われ、時に個人差などの部分と合わせて薬による弊害が発生します。
Aさんのような件は、その責任を問われる可能性があるが、すぐにそこに行き着くものではないと思われます。

なお、蛇足ですが…
うつ病は、ココロの病気。
躁うつ病(双極性障害)は、カラダの病気。脳の機能障害で、全く別の病気なんですが、同じに捉えてしまうのも問題だと思います。
うつ病の薬が効きにくいのも、ここら辺の問題ではないと思いますが。

結局は、ケースバイケースなんでしょうね。
(医師法違反の場合は、医師免許取り消しなどの懲戒処分が厚生労働省から下されます。刑法による罰則適用後のお話。)

薬の添付文書には、併用禁忌(同時に服用してはいけない薬)、投薬に際する注意事項のほか、副作用がどの頻度で出ているかの情報など、処方の際に”これだけは”知っておく情報が記載されています。

医師が病気に対して薬を処方する以上、これらの情報と患者の状態。処方後の状況を把握して、増減、若しくは投薬中止を考えるべきで、単にうつ病だからという病名だけで処方することは、危険となります。

個人差も大きい上に、1つの精神疾患だけを有するのかいくつもの病気を抱えているのか、他の既往症なども考える...続きを読む

Q精神科医の診断は、正確性に欠ける主観的な判断である。

これは、医学博士で、『診断と統計のマニュアル第4版』(DSM-IV)の編集委員長として知られるアメリカの精神科医アレン・J.フランセスの言葉です。(要約)
最新の DSM-5 に対する批判なのですが簡単に言うと、精神疾患(たとえば うつ病 )と診断されたとしても、それは精神科医の主観にすぎず科学的根拠は特に無い、ということ。
精神疾患の診断基準を作った委員長の発言ということに、まず驚かされますが、

【 DSM5 は、製薬会社の意向を受け、診断名を増やすことによって正常な人を精神疾患だとみなす危険性を増やしている。】

という発言(要約)も目を引きます。
彼には、『正常を救え:精神科の診断の暴走、DSM-5、大手製薬会社、そして当たり前の生活の医療化に反対するある内部関係者の抵抗』という著書もある。
https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%A1%D2%C0%B5%BE%EF%A1%D3%A4%F2%B5%DF%A4%A8&l-id=top-pc-search-box&x=40&y=4
それなりに権威を持った、しかも診断基準作成者ご本人が、このように発言している。
精神科の薬は、こうした実に曖昧な診断基準に基づいて処方されるわけです。
ところが、精神科で処方される薬は、脳の神経ネットワークを変えてしまうほど強い薬で、重大な副作用が数多く報告されている。

みなさんなら、こうしたリスクを負ってまで処方する価値はあるとお考えになりますか?

これは、医学博士で、『診断と統計のマニュアル第4版』(DSM-IV)の編集委員長として知られるアメリカの精神科医アレン・J.フランセスの言葉です。(要約)
最新の DSM-5 に対する批判なのですが簡単に言うと、精神疾患(たとえば うつ病 )と診断されたとしても、それは精神科医の主観にすぎず科学的根拠は特に無い、ということ。
精神疾患の診断基準を作った委員長の発言ということに、まず驚かされますが、

【 DSM5 は、製薬会社の意向を受け、診断名を増やすことによって正常な人を精神疾患だとみなす...続きを読む

Aベストアンサー

まぁ診断に納得いかなければ
セカンドオピニオンを活用したら
良いと思う。

場合によってはサードオピニオン
も。

とにかくドクターショッピングにより
信頼出来そうな医師を探すことが大事。



曖昧な基準というけれども、統合失調症は
「神のお告げを受けた」や「盗聴器が仕掛け
られている」など明らかに異常なことを言う
からね。

仲の良い先輩が統合失調症になったから
間近で見ているよ。



薬を処方する価値もなにも
統合失調症は薬を一生飲み続ける
ことになる。

飲まないと幻覚・幻聴が出てしまうから。

睡眠障害の人は、薬を使ってでも
寝たほうがいい。

うつ病は、重度ならば薬は必要。

Q今日病院で、自殺したいと思っているだけで実際自殺した事が無いんですね、とか、何の目的で認知行動療法が

今日病院で、自殺したいと思っているだけで実際自殺した事が無いんですね、とか、何の目的で認知行動療法がしたいんですか?働きたいからですか?今働き始めたとおっしゃいましたよね、なら何の目的ですか?と聞かれて怒りが湧いてきました。もちろん働き続けるために良くなりたいからです。

引っ越し先の精神科医で三度目の診療でした。
そんなに症状が重く無いと思われているのかと思い、ここで調べたら、パキシルは20mgできいてくるとか

私は20mgの時もありましたが1日10mgをもう12年も飲んでいます。
夏にパキシルを減薬しても冬には何も食べられなくなるくらいひどくなるのでパキシルをもらいにまた病院に行きます。
ユーパンも1日20mg飲み、マイスリーで寝ています。

私はもしたしたら鬱病ではないのでしょうか。
カサンドラ症候群だったのでしょうか。
だとしたら離婚して引っ越したので、もう
このまま断薬しても大丈夫なんでしょうか。

子供のためにも体調が良くなりたいです。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カサンドラ症候群かどうかの判断はできませんが、そうしたことが要因でうつになっていた可能性は極めて高いでしょうね。
ですので、『離婚して引っ越した』ことで本質的な要因は取り除かれている可能性も高いと思われます。

あとは適切な方法で減薬・断薬するだけですが、離脱症状がきついのでかなりの覚悟は必要になると思います。
パキシルはサインバルタと並んで、抗うつ薬の中では、最も断薬が難しい薬です。
また、パキシル以外にも何か服用しているとすれば、その順番や減量の匙加減など、やはり医師の指導が必要でしょう。

(認知行動療法関係参考サイト)
厚労省「患者さん用」
https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro …
厚労省「治療者用マニュアル 」
https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro …
・日本臨床心理士会
http://www.jsccp.jp/near/interview9.php
・東京認知行動療法センター
https://tokyo-cbt-center.com/

《非薬物治療》
・Tokyo DDC<drug-deprivation-clinic>
http://tokyo-dd-clinic.com/
・ナチュラルクリニック代々木
http://www.citydo.com/prf/tokyo/guide/sg/t000174628-top.html?c=0401018
はるの・こころみクリニック
http://www.nozaki-clinic.or.jp/jigyousyo/haruno/

《カウンセリング》
・東京都発達障害者支援センター
http://www.tosca-net.com/
・日本臨床心理士会
http://www.jsccp.jp/about/tel.php
・厚労省 こころの健康相談統一ダイヤル(0570-064-556)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188813.html

カサンドラ症候群かどうかの判断はできませんが、そうしたことが要因でうつになっていた可能性は極めて高いでしょうね。
ですので、『離婚して引っ越した』ことで本質的な要因は取り除かれている可能性も高いと思われます。

あとは適切な方法で減薬・断薬するだけですが、離脱症状がきついのでかなりの覚悟は必要になると思います。
パキシルはサインバルタと並んで、抗うつ薬の中では、最も断薬が難しい薬です。
また、パキシル以外にも何か服用しているとすれば、その順番や減量の匙加減など、やはり医師の指導...続きを読む

Qうつ状態が辛い

50代男性です。今年6月に右目だけの白内障手術を受けました。当初から違和感があり、手術が失敗だったのではと思い、他の眼科を何件も回って診てもらいましたが、異常なしということでした。片目だけの手術だから違和感を感じやすい、そのうち慣れるといわれましたが、精神状態はどんどん悪くなる一方でした。
先日ある眼科で後発白内障が出ているということで、ヤグレーザーという機器で後嚢という部分を切開してもらったのですが、それからというもの夜間車のライト、街灯、月の光までが放射状に見えるようになり、さらにうつ状態がひどくなりました。しかも切開してしまった部分は元に戻りませんから、絶望感でいっぱいです。
今レメロン15mgを一錠処方してもらっていますが、あまり効いている感じがありません。次の診察で先生に相談しようと思っていますが、薬漬けになるのも怖いです。
今は人と会話をするのが苦痛で、友達や趣味の仲間とも疎遠になってきました。好きだった山歩きもしなくなりましたし、家族でのお出かけもできなくなりました。仕事も気分の落ち着いたときしかできません。
こんな状況でも改善の余地はあるのでしょうか?よろしくお願いいたします。

50代男性です。今年6月に右目だけの白内障手術を受けました。当初から違和感があり、手術が失敗だったのではと思い、他の眼科を何件も回って診てもらいましたが、異常なしということでした。片目だけの手術だから違和感を感じやすい、そのうち慣れるといわれましたが、精神状態はどんどん悪くなる一方でした。
先日ある眼科で後発白内障が出ているということで、ヤグレーザーという機器で後嚢という部分を切開してもらったのですが、それからというもの夜間車のライト、街灯、月の光までが放射状に見えるようにな...続きを読む

Aベストアンサー

抗うつ薬のレメロン(リフレックス)は弱い作用の四環系抗うつ薬を改良したものなので、作用はほとんど感じることは無く、多くの患者さんには、レメロンの強い眠気の副作用を使って、睡眠の改善などを目的として処方されます。

また、医師が処方した薬に対しては、どんな作用があるのかと、よくある副作用くらいは確認しておいたほうがいいですね。何のために飲んでいるのかも知らずに服用していたら、服用することに抵抗感を感じるようになってしまうかもしれません。

今後、あなたの症状を診ながら、薬の調整を行っていきますが、昔のように、「念のためにこの薬も追加」という処方はできなくなりました。むしろ種類の制限が厳しすぎて、診療報酬を下げられても仕方がないという事態が起きています。

つまり、医師は診察して、最低限の処方でまとめようとしても、国がさらに削減を要求しているので、多少、症状が出ても仕方がないというレベルでの治療になっていますので、薬漬けになる患者さんがいるとしたら見てみたいというのが現状です。それに多くの副作用が1%未満(日本の治験で確認できなかった)ですので、こわごわと飲む必要もありません。
ただし、いつもとおかしいとか、医師から聞いていない副作用と思われる症状が出たら、すぐに薬剤師さんに電話で相談してください。

結論になりますが、薬に頼りすぎることは良くないことですが、頼らなければならないのに頼らなくて、さらに悪化させるようなことは絶対にしないでください。
次回の診察の際に、出ている症状を確認し、気分が上向く処方に変えていくでしょう。しっかり服用して、その結果を医師に報告する生活が始まったばかりですが、根気よく治療を続けてください。

抗うつ薬のレメロン(リフレックス)は弱い作用の四環系抗うつ薬を改良したものなので、作用はほとんど感じることは無く、多くの患者さんには、レメロンの強い眠気の副作用を使って、睡眠の改善などを目的として処方されます。

また、医師が処方した薬に対しては、どんな作用があるのかと、よくある副作用くらいは確認しておいたほうがいいですね。何のために飲んでいるのかも知らずに服用していたら、服用することに抵抗感を感じるようになってしまうかもしれません。

今後、あなたの症状を診ながら、薬の調整...続きを読む

Q歯医者で、診察不可と言われ、診察を打ち切られました。 ドタキャン2回、遅刻1回をしてしまい、昨日、診

歯医者で、診察不可と言われ、診察を打ち切られました。
ドタキャン2回、遅刻1回をしてしまい、昨日、診察日だったのですが、子供が体調不良だったので、診察日程の調整をしたいと電話したところ、子供の体調不良もあるかもしれないが、あなたの場合、ドタキャンや遅刻が立て続いていて悪質なので診察はうちではもうしません、と言われ、次回の診察で被せものの型取りをする予定だったので、まさかここで打ち切られるとは思ってませんでした。。
私は、以前心療内科で発達障害スペクトラムと診断されたことがあり、ドタキャンのつもりは無くても、カレンダーに予定もしっかり書いているけど、その確認さえ忘れてしまう始末。
悪気は本当に無く、申し訳無いことをしたと思ってますが、このタイミングで実は発達障害で、、とカミングアウトして、謝罪したところで大迷惑をかけたことは間違いありません。
歯医者さんもドタキャンが続く患者を抱えているのは一番困ると思うので打ち切りたいと思って当たり前かもしれませんが、診察途中でもやはり、匙を投げて最後まで見てくれないものなのでしょうか。
打ち切られたのは、初なので凄くショックです。。

歯医者で、診察不可と言われ、診察を打ち切られました。
ドタキャン2回、遅刻1回をしてしまい、昨日、診察日だったのですが、子供が体調不良だったので、診察日程の調整をしたいと電話したところ、子供の体調不良もあるかもしれないが、あなたの場合、ドタキャンや遅刻が立て続いていて悪質なので診察はうちではもうしません、と言われ、次回の診察で被せものの型取りをする予定だったので、まさかここで打ち切られるとは思ってませんでした。。
私は、以前心療内科で発達障害スペクトラムと診断されたことがあり...続きを読む

Aベストアンサー

別に、山ほど歯医者はいるので、気にしないでいいのでは?
人にも都合があるし、歯が悪いから行ってるけど、他にもいろいろ
あるのにさ。

気にしない。ほかに行きましょう。


人気Q&Aランキング