人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

交通費(定期代)の日割計算について質問です。
うちの会社は3ヶ月定期が標準なのですが、月の途中で入った場合は日割計算です。
この日割計算なんですが、何日で割るのが普通なのでしょうか。

A 回答 (1件)

それはあなたの会社の規定によるでしょう。


質問者さんは、通勤費を支給する立場の方ですか、それとも途中入社の社員の方ですか。

一部のローカル私鉄では、平日専用の定期券などが発売されることもありますが、一般的な定期券は、1ヶ月間毎日通用します。
事故や災害で丸 1日以上普通になったときなど、鉄道側の事情で払い戻しをする場合は、30日を分母として日割り計算をします。
会社での日割り計算を、30日を分母とするか、出勤日数を分母とするかは、それぞれの会社が決めればよいことですから、ここで明解を得ることはできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

会社毎で違うのですね。
私は支給計算する側の立場になって初めて日割計算を行ったのですが、30日で割る、というのが自分的に納得いかなかった事と、そういう問い合わせもあり、確認させていただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/15 14:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中途採用の交通費日割りについて

弊社の給与は、15日締、当月25日支給なんですが、
このたび、社員が入社しまして、11日に入社になったのですが、交通費の日割りはどうしたらいいと思いますか?

給与の支給が25日なので、そのときに1か月分の定期を渡したほうが良いのか、11日に一ヶ月の定期代を支給したほうが良いのか、わからなくなってしまいまして。
11日に渡すと、12月11日に定期が切れてしまいます。
そこから25日までの交通費はどうすれば良いのか教えてください。

無知で申し訳ありません。

Aベストアンサー

まずお聞きしたいのは今まで前例がないのでしょうか?
また、こういった場合の計算は事業所ごとに決めるものです。
質問者様が決まりを作ることを一任されているのであれば、
ここでアドバイスを受けることもありとは思います。

それを踏まえて、私が今まで実際に経験してやっていた計算方法は次の3通り(3社)です。
1、入社日から締日まで、通勤した日数×一日あたりの往復交通費
2、1か月定期÷所定勤務日数×締日までに通勤した日数
3、1か月定期÷締日までの暦日日数×入社日から締日までの暦日日数
上記の金額を最初の給与支給時に支給というやり方でした。
このように各事業所で、決まり事があります。
ちなみに、定期が切れる時期を考慮することは無いです。

もし、質問者様の会社で決まりが無いのなら、この際、上司に相談の上決まり事を作っておくことを
お勧めします。傷病手当金の受給申請を作るときに、どういう計算方法で算出したのか書いたりする
機会もあるからです。

締日まで日にちが迫ってきていますから、質問者様が無知なのではなくて、
上司にお聞きになってみてくださいね。解決すると思います。

まずお聞きしたいのは今まで前例がないのでしょうか?
また、こういった場合の計算は事業所ごとに決めるものです。
質問者様が決まりを作ることを一任されているのであれば、
ここでアドバイスを受けることもありとは思います。

それを踏まえて、私が今まで実際に経験してやっていた計算方法は次の3通り(3社)です。
1、入社日から締日まで、通勤した日数×一日あたりの往復交通費
2、1か月定期÷所定勤務日数×締日までに通勤した日数
3、1か月定期÷締日までの暦日日数×入社日から締日までの暦日日数
上記の金...続きを読む

Qパート勤務の交通費の計算は?

交通費全額支給の職場で、パートで週4日以下で勤務する場合、たとえば月額支給であれば交通費の計算はどのような形になるのでしょうか?

(1)勤怠記録をもとに、ひと月に出勤した日数分の金額だけを給与に加算して支給
(2)通勤区間の1ヵ月分の定期代をまとめて給与に加算して支給

もちろん職場によって条件はいろいろですし、おそらく常識的に考えて(1)だろうとは思うのですが、ご経験者の方のご意見を1つでも多くお教え頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

IT関連企業にてパート(準社員)契約にて勤務をしてます。

私の会社だと、月出勤日数が15日以上であれば定期、15日未満であれば月締めに近距離清算を作業報告書と共に提出し、給料日にその月の交通費を支給だったと思います。
15日以上の勤務は定期代の方がお得になるからとか何とか(正社員時代にそんな事言われた記憶が。)。
バス代は私の会社は使用者は3ヶ月単位で支給。でもこれも出勤日数が少ない人は近距離精算になるのかなと思います。(私は勤務日数多めと言う事なので定期にて通勤、バス代は3ヶ月単位にまとめて自動支給。この辺は正社員と同扱い。)

定期はうちは他社勤務でなければまとめ買いが基本なので、定期代は6ヶ月分まとめ買いしてます。
ただ私の会社のパート(準社員)の人は大概が勤務年数が長い人だったりとかで、かくいう私も正社員5年勤めた後、家庭の事情によりパート契約切替で勤務なので多少正社員同等に見られているケースもあるのかも?しれません。

うちは正社員・パート問わず仕事により深夜帰宅になればタクシー代も精算してくれるような会社なので待遇がだいぶ良い会社かもしれませんが…(かわりに仕事がハードな時は契約上はパートなのに徹夜もしてます…)

IT関連企業にてパート(準社員)契約にて勤務をしてます。

私の会社だと、月出勤日数が15日以上であれば定期、15日未満であれば月締めに近距離清算を作業報告書と共に提出し、給料日にその月の交通費を支給だったと思います。
15日以上の勤務は定期代の方がお得になるからとか何とか(正社員時代にそんな事言われた記憶が。)。
バス代は私の会社は使用者は3ヶ月単位で支給。でもこれも出勤日数が少ない人は近距離精算になるのかなと思います。(私は勤務日数多めと言う事なので定期にて通勤、バス代は3ヶ月単位に...続きを読む

Q通勤手当について

通勤手当について質問させていただきます。

雇用契約書の通勤手当欄には月:xxxx円と記載されています。

しかし、今月は通勤手当が半分ぐらいでした。

理由について尋ねた所

通勤手当は日割り計算していて、通勤しなかった日の通勤手当は支給していない。

通勤手当月額 ÷ 通常出勤すべき日数 × 実通勤日数
で計算している。

今回の場合、xx日出張していてその移動費用は、全て会社から出張旅費として支給しているその日については通勤したとみなせないので控除したとの事でした。

賃金規定には

車両等による通勤の場合   :月額 通勤距離×○○円
公共交通機関による通勤の場合:一ヶ月の定期券代金の??%

を支給すると記載されています。

たしかに通勤手当額を決定した時点と通勤状況が違うのですが、通勤定期を購入した後に出張したので全額もらえないとかなり痛いです。

通勤手当を日割り計算することは法律的に正しいのか教えてください。

Aベストアンサー

> 通勤手当を日割り計算することは法律的に正しいのか教えてください。
法律に定めが無い上に、下にも書きましたが、通勤費用には実費弁済の性格がありますから、、法律的に正しいかどうかの判断は裁判所しか下せません。

質問文を読んでの私見ですが、
通勤費用や出張等の手当は一定の範囲内で非課税なのですが、それは実費弁済であるからであると聞き及んでおります。又、実際に使っていに意費用を支払うのは不公平ではないでしょうか?(毎日会社の車で直行直帰を繰り返す人に通勤費用は必要か?)。そう考えますと、会社のやっている事は有る程度は妥当だと思います。但し出来れば、雇い入れの時にもう少し丁寧な説明をすべきですね。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

QJR定期券の払い戻しについて

仕事の派遣で電車(JR)で通勤することになりました。
派遣なので正確な期間は決まっていません。
同じ会社からいっている人も、3ヶ月の人もいれば何年も通っている人もいます。
私も期間はわかりません。

そこで定期券を買おうと思うのですが、やはり1ヶ月づつ買うのが無難なのでしょうか?
3ヶ月、6ヶ月の定期は払い戻しすると損なのでしょうか?
たとえば5ヶ月使ったとしたら、6ヶ月定期を買って払い戻ししたほうがいいとか、1ヶ月づつ買うべきとか・・・。

簡単な計算方法などありましたら教えてください。
ちなみに
1ヶ月\19,250
3ヶ月\54,870
6ヶ月\93,750
です。
会社からは交通費は出ないのでできるだけ損はしたくいはありません。

Aベストアンサー

鉄道会社により多少異なるかもしれないのですが、定期券の払い戻しの際は「払い戻し手数料+残期間」で払い戻しができます。
手数料は一律料金のところが多いですよ。

残期間の計算方法は、払い戻しの区分により異なり、経路変更の場合(A⇔CをA⇔Bに変更など)であれば日割り計算や10日単位の計算をしてくれるところもあります。

すべて払い戻しにする場合は、例えば6ヶ月定期を買って5ヶ月目に払い戻しするとすれば、3ヶ月定期+1ヶ月定期+1ヶ月定期の金額が差し引かれます。

質問文にある金額で、6ヶ月定期を購入し5ヶ月使用後に払い戻しをすると、、、
払い戻し額=93750-(54870+19250*2)-手数料
という計算式になると思います。
結果としては5ヶ月使用後に払い戻しをしようとすると手数料にもよりますが、仮に手数料が210円だとした場合、払い戻し額は170円になるかと思います。

要は最初から5か月分(3+1+1ヶ月定期)を購入した場合に比べ、6ヶ月から払い戻しをすると手数料分だけ損をする形になるかと思います。
しかしながら、5ヶ月と1日以上の期間を使用した場合は、質問文の定期代から計算すると片道で手数料よりも大きな金額(500~700円程度?)の区間みたいですので、5か月分の定期代(\93,370)+1往復の運賃(\1000~)より6ヶ月定期代(\93,750)の方が安くなると思いますよ。

ちなみに、参考URLのようなサービスをしている会社もありますので、お乗りになる鉄道会社のサービスを確認してから定期と比べて購入した方がお得な場合もありますよ。

参考URL:http://rail.hankyu.co.jp/pitapa_hanaplus/pitapa.html

鉄道会社により多少異なるかもしれないのですが、定期券の払い戻しの際は「払い戻し手数料+残期間」で払い戻しができます。
手数料は一律料金のところが多いですよ。

残期間の計算方法は、払い戻しの区分により異なり、経路変更の場合(A⇔CをA⇔Bに変更など)であれば日割り計算や10日単位の計算をしてくれるところもあります。

すべて払い戻しにする場合は、例えば6ヶ月定期を買って5ヶ月目に払い戻しするとすれば、3ヶ月定期+1ヶ月定期+1ヶ月定期の金額が差し引かれます。

質問文にある...続きを読む

Q10進法で時間の計算で30分が0.5だったら、その計算方法が分かりませ

10進法で時間の計算で30分が0.5だったら、その計算方法が分かりません、教えてください。

Aベストアンサー

例えば、180分は何時間でしょうか?
60,60,60で3時間。つまり、180÷60で3時間と
やりませんか?

分が60より小さくても同じことです。60で割れば分の単位から
時間の単位にかえることができます。

ただ、6の倍数になってない10分とかは割り切れないので、その
ようなときは普通、分数で 10÷60→10/60→1/6 の
ように表すことが多いと思います。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q交通費:ふつうは何ヶ月分の定期でしょうか?

こんばんは。
よろしくお願いします。

通勤の定期券についての質問なのです。
最近、ある会社に転職したのですが「通勤定期は6ヶ月で買ってほしい」と言われたのですが、これは普通ありえるのでしょうか?
ちなみに6ヶ月定期だと8万円近くします。

今までの会社は1ヶ月定期で大丈夫だったので、かなり驚いています。
あと正直、転職したての今、8万円を先払いするのは苦しいです。
6ヶ月定期で購入させるのはよくあることなのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉄道会社によっても異なるのでしょうが、大抵は一ヶ月定期より六ヶ月定期の方が割引率が高くなっているので、経費としては安く押さえられます。
以前は、申請した通勤経路に基づいて会社が定期券を購入し社員に渡すという、交通費は定期券での現物?支給が行われていました。
その際は、上記理由等から六ヶ月定期でした。
会社の交通費の支給方法は会社によって違います、私の知っている支給方法は
・社員が購入した定期券のコピーの提出を提出させ、その定期券の額面を支給する
・毎月一ヶ月定期の金額を給与とともに支給する
・毎年4月と10月の給与とともに六ヶ月定期の金額を支給する
という3パターンです。

なので、
> 6ヶ月定期で購入させるのはよくあることなのでしょうか?
という質問に対しては、「あります」というのが回答になるのでしょうか。

定期を購入した事を証明する事によって、すぐにでも交通費が支給されるのであれば、六ヶ月定期を買う方が良いでしょうし、翌月給与とともに支給というのであれば一ヶ月かそれ以上の期間金銭的な負担が発生してしまう事になりかねませんので、一ヶ月定期を購入し、「一ヶ月定期の額×6-六ヶ月定期の額」の金額は自己負担で対応するかのどちらかではないでしょうか

鉄道会社によっても異なるのでしょうが、大抵は一ヶ月定期より六ヶ月定期の方が割引率が高くなっているので、経費としては安く押さえられます。
以前は、申請した通勤経路に基づいて会社が定期券を購入し社員に渡すという、交通費は定期券での現物?支給が行われていました。
その際は、上記理由等から六ヶ月定期でした。
会社の交通費の支給方法は会社によって違います、私の知っている支給方法は
・社員が購入した定期券のコピーの提出を提出させ、その定期券の額面を支給する
・毎月一ヶ月定期の金額を給...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング