『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

江戸時代 江戸幕府はキリスト教を迫害、弾圧したのは一体何故でしょうか。

A 回答 (9件)

簡単に言うと、キリスト教を布教する人たちが


幕府に逆らうことが多かったからと
世界征服の先兵と考えられたから。



信長の時代はかなり自由な交易と共に布教も自由でした。
秀吉の時代になって、1587年にはバテレン追放令が出されます。
この理由には諸説あり、
 ・外交権を掌握してキリスト教の権限をそぐ。
 ・九州での奴隷売買
 ・キリスト教による神社仏閣への迫害
等が考えられています。
この時は布教の制限が目的で、信者への弾圧が目的ではありません。

この後、遭難したスペイン船が日本側の取り調べに
キリスト教を使って世界を征服している旨の発言をしたとされ、
(サン=フェリペ号事件、諸説あります)
秀吉が激怒して1596年に禁教令が出されます。
ただし、この時も改宗を強制するなどの処置は取られていません。

江戸時代に入り、それまでと同様の政策でした。
しかし、日本の政治体制に組み込まれることを拒み、
独自の活動を行うことで周囲と軋轢を生じ、
対抗する神社仏閣やイギリス・オランダの讒言で
どんどん印象を悪くしていました。

1609年にはポルトガルのノサ・セニョーラ・ダ・グラサ号
(マードレ・デ・デウス号)事件が起こり、
(注 この事件自体はキリスト教とは関係ありません)
それに連座したキリシタン大名有馬晴信の処刑と共に
本格的な禁教令に移行します。

それでも布教しようと、スペイン商人に偽装して
日本に入国した宣教師が捕らえられ(平山常陳事件)、
幕府側は激怒し、元和の大殉教と言われる(55名を死刑にしました)
強硬策に出て以後は本格的な禁教となり、迫害・弾圧していきます。
    • good
    • 0

ルターの宗教改革で信者を減らした


カトリックは、信者を増やすために
国家と手を結んで、外国布教へ
乗り出しました。

国家は国家で、外国侵略の尖兵として
カトリック教会と手を組んだのです。

まず、宗教で先住民を宣撫し、それから
国家が軍隊で侵略し、支配する、という
戦法です。


日本は当初、この企みを知りませんでした。

だから信長などは、西洋の技術、武器などの
導入もあって、積極的に受け入れたのです。

しかし、秀吉の時代になって、そうした
情報が入ってくるようになりました。

そんなおり、カトリックの神父が、日本人を
奴隷として外国に売りさばく、という事件が
発生し、これをきっかけにして秀吉が
禁止するようになりました。

この禁止が徹底されるのは、徳川時代になって
からで、三代将軍家光の時です。

原城の乱(天草四郎の乱)が発生した
からです。

これで宗教の恐ろしさを知った幕府は、キリスト教
カトリックを全面的に禁止迫害するに
至ったのです。


以下、余談。

柳生流の柳生宗矩は御存知でしょうか?

彼は宗教の強さを知って、たかが土民の
反乱と舐めていた幕府を諫めましたが、
幕府は聞く耳を持ちませんでした。

それが、いざ戦ってみると、大苦戦した訳で
改めて、柳生の先見の明を知ることになり、
以降、柳生家は引き立てられるようになりました。
    • good
    • 0

まず、キリスト教を弾圧したのではなく、カトリックを弾圧しました。


プロテスタントの国とは貿易を結んでいます。


理由を簡単に言うと、当時のカトリック教徒が、日本人を奴隷として売ったり(当時のカトリックの法においては、異教徒を奴隷として売る事は合法です)、カトリックに改宗した日本人が仏像などを破壊する(当時のカトリックの法では、異教徒を攻撃し殲滅する事は合法です。)と言った、他の宗教を攻撃すると言う行動が目立ったからです。

これは秀吉も同じ理由で弾圧しました。


当時のカトリックは、現在と違って、異教徒を認めないような凶暴な宗教で危険でした。(当時のカトリックの法においては合法です)と注意書きをしましたが、彼らにとっては異教徒を奴隷として売り飛ばす事や、仏像を破壊する事などは「悪い事をしている」などの自覚はありません。

と言うよりも、合法的な由緒正しい行いです。「凶暴な宗教」と言いましたが、彼らはそんな事思ってはいません。むしろ野蛮人は異教徒だと考えます。

仏像を破壊するのも、誤った宗教に毒されているかわいそうな人たちを救うためです。カトリックこそが正しい事です。カトリックにおいては異教徒は地獄に落ちます。それを阻止するにはカトリックの改宗が必要です。仏像を破壊して無理やりカトリックに改宗させる行為はむしろ「親切」なのです。

しかし、これはカトリックの世界だけで、日本の世界にはなじみません。だから弾圧しました。

因みにプロテスタントを日本が許可したのは、プロテスタントはそもそも布教しないからです。理由は「異教徒は勝手に地獄に落ちればよい」と思っているからです。カトリックは「異教徒が地獄に落ちる運命から救う」ために布教しますが、プロテスタントは「勝手に地獄に落ちろ」という立場なので布教しません。結果的には、日本においてはプロテスタントは危険な宗教とはならず、貿易を続けました。



(現在のカトリックは、近代化されていて、信仰の自由を理解できているので、他の宗教を攻撃するような事はありません。)
    • good
    • 0

入力ミス。



当時は中国大陸から日本国内の各藩大名に布教活動から植民地支配が行われることが知れ渡っていました。
幕府は危機感を抱いて、当然の事ながら弾圧します。そして、下の方が答えた大名の言うことを聞かなくなる、支配体制が崩壊する事が一番の危惧していたことだと言われてます。
また、多神教、一神教これは全く関係有りません。
    • good
    • 0

キリスト教の宣教師は、その国を植民地支配するための尖兵という役割も持っていました。


宣教師や植民地がどういうものかを知った武将たちがキリスト教を迫害、弾圧したのは当然でしょうね。
また、宗教を信じている信仰者は、領主とか王様の命令をききません。
それも、弾圧する原因になったと思います。

現在、中国はウイグルを、ナチスドイツのユダヤ人弾圧と同様に、強制収用所に数百万人を収容して弾圧しているといいます。
たぶん、反抗的な人は、生きたまま心臓などの臓器を取り出されて殺されていると推測しています。
まあ、信仰者は、支配者の言うことを聞かなくなるので、弾圧されるのです。
    • good
    • 1

キリスト教は一神教ですから、唯一絶対の神だけに忠誠を誓います。


さらにイエスを「地上の王」と呼びます。
将軍や殿様を絶対者としている国では、国家反逆罪です。

それと、江戸幕府は仏教のお寺の檀家制度を利用して、領民支配を徹底していたので、キリスト教徒はそこからはみ出してしまいます。
幕府支配の土台を揺るがす恐れがあります。

もう一つは、政権の長期安定のため、“進歩゙を嫌ったので、新しい考え方、外国との接触を避けた。

そういう理由です。
    • good
    • 1

イエスキリストの十字架の時と同じ



本当の事を知るには 内的事情を知らないと理解出来ない・・

此処のサイトに 内的事情を知る人は少ない
    • good
    • 0

影で人身売買をしてたからです。

    • good
    • 0

幕府よりキリスト教会の支配力が大きくなるのを恐れてでしよう。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒトラーはユダヤ人を迫害したのは一体何故でしょうか。

ヒトラーはユダヤ人を迫害したのは一体何故でしょうか。

Aベストアンサー

ヒトラー自身がユダヤ人を迫害する理由は諸説ありまして、例えば、幼い頃に取り立てに来たユダヤ人の金貸しが意地悪でそいつを憎んでいたからとかいろいろあります。


ただ、もともとヨーロッパ社会はユダヤ人を迫害する歴史を歩んでいます。これは元々は、イエスを殺したのがユダヤ人だからという理由になります。

十字軍の時代でも、特に理由はないが景気付けにユダヤ人を虐殺したり、血の中傷といって、「ユダヤ教徒がキリスト教徒の子どもを拉致誘拐し、その生き血を祝祭の儀式のために用いている」という噂が広まってそれを信じた住民が暴走してユダヤ人を虐殺する事件なども起きました。もともと、ヨーロッパ世界ではユダヤ人を迫害する土壌があり、その理由はイエスを殺したからです。


彼らからすると、ユダヤ人は親の仇なのでしょう。
秀吉は、カトリックを「日本人を奴隷として売ったり、他の宗教を攻撃したから」と言う理由で、カトリックを迫害しましたが、ヨーロッパ世界のユダヤ人の迫害は、「イエスを殺したから」というものです。
日本人には理解できないとは思います。

前者の場合は、カトリック自身が奴隷売買や他の宗教への攻撃を止めれば、カトリックの弾圧も停止すると言う政策も可能ですが、後者の場合はその様な解決は成り立ちません。




その様に、当時のヨーロッパ社会は非常に深刻なユダヤ人への迫害の土壌が存在しました。

ドイツも当然その様な土壌が存在し、ヒトラーはそれを利用して求心力を高めたのかもしれませんが、実際のところは、ヒトラーのみぞ知る事です。

ヒトラー自身がユダヤ人を迫害する理由は諸説ありまして、例えば、幼い頃に取り立てに来たユダヤ人の金貸しが意地悪でそいつを憎んでいたからとかいろいろあります。


ただ、もともとヨーロッパ社会はユダヤ人を迫害する歴史を歩んでいます。これは元々は、イエスを殺したのがユダヤ人だからという理由になります。

十字軍の時代でも、特に理由はないが景気付けにユダヤ人を虐殺したり、血の中傷といって、「ユダヤ教徒がキリスト教徒の子どもを拉致誘拐し、その生き血を祝祭の儀式のために用いている」という噂...続きを読む

Qクレジットカードについての質問です。 現在クレジットカードを発行しようか、しまいか迷っており色々と調

クレジットカードについての質問です。

現在クレジットカードを発行しようか、しまいか迷っており色々と調べましたが、イマイチ分からないことがあり、こちらで質問させて頂きます。

楽天カードとJCBカード(プロパーカード)についてです。
・楽天カードのJCBにした(カード会社の選択で)場合、JCBのプロパーカードのようにテーマパークのキャンペーンやテーマパークチケットへのポイント交換は出来るのでしょうか?

・楽天カードPINKやJCBカード W plus Lと言ったカードには女性向けの附帯特典に有料保険が有りますが、必ず加入しなければいけないものなのでしょうか?

・クレジットカードを初めて作るのですが、海外旅行に行く気がない場合でも、JCBカードにして日本で困ることはありますか?

沢山の質問を1度にしてしまいすみません。
全て分からなくても1つでもわかる事があれば教えて頂きたいです!
よろしくお願い致しますm(._.)m

Aベストアンサー

JCBカードを使えない店舗はありますので、持つ際にはサブで三井住友VISAカードの年会費無料のを1枚持つと心配ないと思います。楽天ではなくJCBサイトからの申し込みです。使えない店舗はあっても、使えるところでは優待があったり手厚い点もあります。上手に使えばよいと思います。年会費は無料のものでよいと思います。テーマパークはおそらくJCBサイトからのもの、またはテーマパーク発行のJCBカードです。ご参考まで

Q人類は最初から肉を焼いて食べていたのでしょうか?

発掘調査の結果、人類は50~100万年前の原人の頃から火を使っていたことがわかっています。
火は暖を取ると同時に、調理をするために使っていたと考えられており、今の利用方法と大差ありませんでした。
原人というと、それまでの森林で果実を食べる生活だったのが、草原で野生動物を狩るようになった転換期と考えられていることから、人類は森を出て、狩り中心の生活をするようになった頃から肉を焼いて食べていたと考えてよいでしょうか?
日本では生肉を食べる文化がありますが、衛生的な肉を一定の限られた条件で食べる例外的なもので、他の地域では肉は必ず火を通します。生肉には病原菌や寄生虫が潜んでおり生食は危険だと長年の経験でわかっているのでしょう。

Aベストアンサー

生肉を食べるのは日本人だけではありません。 ヨーロッパで広く食べられるタルタルステーキやドイツの生の豚肉料理メットや、イタリア料理のカルパッチョなどは全て生肉料理です。 日本では、タルタルステーキやカルパッチョに魚肉を使ったりしていますが、オリジナルのタルタルステーキは馬肉か牛肉のミンチ肉、カルパッチョは生牛肉ヒレの薄切りと決まっています。 またトルコではチーキョフテ、レバノンではクッペナイエという何れも生肉のミンチにスパイスなどを練りこんだものを、普段から食べています。 エチオピアでも生肉料理は根付いており、一番メジャーなのはキットフォーと呼ばれる料理です。 さらに、北極圏に住むイヌイットなど原住民の多くは、生のトナカイ肉、凍らせたオットセイなど海獣の肉を普通に食べています。 決してメジャーではありませんが、生肉を食べる文化は世界中にあり、一部の人たちは火を発見して以降も生肉を好んで食べ続けていたのでしょう。

Q今現在の平成今上天皇は初代神武天皇からの血を引いているのでしょうか。

今現在の平成今上天皇は初代神武天皇からの血を引いているのでしょうか。

Aベストアンサー

神武天皇が実在していたかどうかも分からないゆえ、今上天皇が神武天皇の血を引いているかどうかもわかりません。

Qなぜ戦後の日本人はGHQを疑わなかったのか?

日本は第二次大戦の敗戦後、価値観が180度変わり、旧軍を悪とみなす風潮になったとされています。マスコミも負けた途端言うことがガラッ変わりました。でもそれを疑う人っていなかったのでしょうか?
 日本が負けてから政治もメディアも教育も、GHQの統制下にあることは国民も知っていたはずです。だからメディアがいくら「日本の軍部はこんなに悪かった!アメリカの民主主義は素晴らしい!」みたいなことを言っても、「今のメディアはアメリカに都合の良いことしか言えないよう統制されている。これは占領政策の一環で、国民を洗脳するための陰謀だ。」と疑ってかかるのが普通だと思います。なぜ当時の人は疑わずに180度違う価値観を受け入れてしまったのでしょうか。

Aベストアンサー

でもそれを疑う人っていなかったのでしょうか?
 ↑
勿論おりましたよ。
でも、そうした意見はマスコミが取り上げず
表にでることはありませんでした。
ネットがあれば出たでしょうが。




日本が負けてから政治もメディアも教育も、GHQの統制下にあることは
国民も知っていたはずです。
だからメディアがいくら「日本の軍部はこんなに悪かった!アメリカの民主主義は
素晴らしい!」みたいなことを言っても、
「今のメディアはアメリカに都合の良いことしか言えないよう統制されている。
これは占領政策の一環で、国民を洗脳するための陰謀だ。」
と疑ってかかるのが普通だと思います。
なぜ当時の人は疑わずに180度違う価値観を受け入れてしまったのでしょうか。
 ↑
それを受け入れたのが、日本の支配層であり、
指導層だったからです。
多くの国民は、日本は負けたから悪者にされた、なんて
ことは百も承知でした。
そういう意見は総て封殺されたのです。

では、どうして指導層、支配層は受け入れた
のか。

表面だけ従うように見せておき、米国の
影響が無くなったら元に戻そう、と考えて
いたのです。

ところが、GHQが、洗脳工作に、当時盛ん
だった社会主義者を使ったので、彼らが
マスコミなどの要職に就き、
見せかけが本当になってしまいました。


■1945年7月に作成された対日心理作戦報告によれば、占領軍に友好的な
「自由主義者」として、野坂参三、鹿地亘らの共産主義者を挙げて活用した。

マッカーサーの政治顧問付補佐官であったエマーソンの米上院での証言によれば、
野坂らの提唱で設立された日本人民解放連盟の中国での
日本兵捕虜洗脳教育を対日心理戦に利用できると確信し、
WGIPのモデルとなった。

エマーソンは「日本国内の戦争反対分子を励まし、内部崩壊を早める」
よう提言し実行されたが、同証言で「共産主義の目的についての理解がなかった」
と弁明している。

日米合作の太平洋戦争史観とコミンテルン史観との奇妙な癒着が戦後の
「反日」歴史教育の土壌となり、戦後の「反日日本人」のルーツ、温床となった。

でもそれを疑う人っていなかったのでしょうか?
 ↑
勿論おりましたよ。
でも、そうした意見はマスコミが取り上げず
表にでることはありませんでした。
ネットがあれば出たでしょうが。




日本が負けてから政治もメディアも教育も、GHQの統制下にあることは
国民も知っていたはずです。
だからメディアがいくら「日本の軍部はこんなに悪かった!アメリカの民主主義は
素晴らしい!」みたいなことを言っても、
「今のメディアはアメリカに都合の良いことしか言えないよう統制されている。
これは占領政策の一環で...続きを読む

Q織田信長の城ってどこですか? もう焼け落ちて現存していないんですか? 徳川家康が名古屋城で、豊臣秀吉

織田信長の城ってどこですか?

もう焼け落ちて現存していないんですか?

徳川家康が名古屋城で、豊臣秀吉が大阪城ですよね?

織田信長の城はどこ?

Aベストアンサー

そもそも「信長は安土城」みたいに武将と城が1:1で対応しているわけではありません。
もちろん1つの城にずっととどまっている武将も多数存在しますが、信長・秀吉・家康は複数の城を転々としています。

ちなみに徳川家康は名古屋城を居城としたことはありません。

Q60代後半〜70代前半の方達に、「昔は貧しかった。スマホやゲームもない。今の若者が羨ましい。」 とよ

60代後半〜70代前半の方達に、「昔は貧しかった。スマホやゲームもない。今の若者が羨ましい。」
とよく言われます。

※「貧しかった」は戦後の混乱期を指します。今年81歳になる祖父に当時の苦しさを頻繁に聞かされてるんで、よく理解してます。

この世代は、スマホがない。ゲームがない。貧しい。と思って暮らしてたわけじゃありませんよね?存在を知らないし。戦前の記憶もないんですから。
戦後混乱期〜昭和30年頃の娯楽を調べてみると、その時代はその時代なりの娯楽を楽しんでおり、今に比べて大勢で仲良く遊ぶことが多く、私からすると羨ましいです。

今の若者達だって、これから技術の発達で50年後くらいには、もっと便利な暮らしが当たり前になって、今の暮らしが不便に感じる時が来ると思います。

だから、今の若者も60代後半〜70代前半の方達もお互い様。一緒だと思うんですが、間違ってるでしょうか?

Aベストアンサー

アラフィフです。親が戦中の生まれなので、質問者様の祖父と同じぐらいです。

私の親も「昔は貧しかった。お前たちはいいな」と言われました。確かにアラフィフとはいえ、いや今のねんだいだからこそ高度成長期からバブルの恩恵を受けた世代であるとはいえます。

また私の祖父(すでに他界しましたが、生きていれば110歳)も私に「昔は貧しかった・・」といいました。祖父は大正デモクラシーの豊かな時代に青春を過ごしているので、戦中生まれの父よりも豊かだったはずなのにです。

そしてアラフィフになって最近周りの人たちが「昔は良かった。今の若者は・・」と言いだし始めました。

個人的にはすごくイヤです。少なくとも私たちの世代はバブルの真っただ中でまだネットも携帯もない(出る直前)でしたが、それでもものすごく豊かだったしバカなこともたくさんやってきた世代だからです。

だから年寄りが「昔は○○だった・・」というのは、適当に相槌をうっていればいいのです。そのかわり自分が年寄りになったときに「昔は○○だった、と言わない」覚悟はもってください。

Q織田信長の小性 森蘭丸は 有名ですが。 今で言うと 代議士の有能な秘書。 身の回りの 職務をこなす

織田信長の小性 森蘭丸は 有名ですが。

今で言うと 代議士の有能な秘書。
身の回りの 職務をこなす 頭のキレる 信頼できる人間。

この時代だと 性の相手になる事も 普通らしく
寧ろ 現代とは 全く 認識も違い。
強く有名な武将の関係を 自慢すらする。

そこで質問

豊臣秀吉の右腕
石田三成も そのような 感じだったのでしょうか??

Aベストアンサー

後世の伝説として、石田三成と秀吉が愛人関係であったと『石田軍記』には書かれています。 また、織田信忠(信長の嫡子、本能寺の変で横死)と秀吉が男色関係にあったという話がまことしやかに語られていた記録もあります。 当時の武将であれば男色趣味がないはずがない、という通念によるものと思われます。 実際は、豊臣秀吉は男色に興味を持たず女色一筋だった事が良く知られています。 有名な逸話としては、『老人雑話』に、以下のような記載があります。

羽柴長吉は太閤の小姓、比類なき美少年也。太閤、或時、人なき所にて近く召す。日頃男色を好み給はぬに故に、人々皆奇特の思ひをなす。太閤問ひ給ふは、『汝が姉か妹ありや』と。長吉顔色好き故也。
(羽柴長吉は太閤秀吉の小姓で、比類ない美少年であった。太閤は、ある時、長吉を人のいない場所で近くにさし招かれた。常日頃、太閤は男色をお好みではないので、人々はこれを知ってみな珍しいことだと思ったのである。さて太閤が長吉に御問いになった内容はといえば、『お前に姉か妹はいないか?』という事であった。長吉の顔が美しいため姉妹がいればさぞ美人だろうと思ったためである。)

羽柴長吉は池田信輝の三男で、秀吉の近臣として「羽柴」姓を名乗るのを許可された人物です。 秀吉が、美少年を目の前にしながら、本人には興味を持たずその姉妹が美人だろうと考えるあたり、筋金入りの女好きであると共に男色には縁がなかったことを如実に表しています。

後世の伝説として、石田三成と秀吉が愛人関係であったと『石田軍記』には書かれています。 また、織田信忠(信長の嫡子、本能寺の変で横死)と秀吉が男色関係にあったという話がまことしやかに語られていた記録もあります。 当時の武将であれば男色趣味がないはずがない、という通念によるものと思われます。 実際は、豊臣秀吉は男色に興味を持たず女色一筋だった事が良く知られています。 有名な逸話としては、『老人雑話』に、以下のような記載があります。

羽柴長吉は太閤の小姓、比類なき美少年也。太閤、...続きを読む

Q日本は過去に女性が天皇になったことが多いのはなぜですか?

過去の歴史において女性が王や皇帝になったことは世界的に少なく、中国は長い歴史の中で1度だけですし、ヨーロッパでも女王が多かったのはイギリスくらいです。

その中で、日本は過去に10人の女性が天皇になっており、これはイギリスの女王と並んで最多になります。
日本の場合、女性天皇は古代から存在しており、それより前に女性君主を立てたのは古代エジプトくらいです。
このように、過去の日本が君主に女性を立てたことが他国と比べ多かったのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

神武天皇から推古天皇までは33人の天皇を選んだのでしょうね。皇統譜を組むときにね。だから神功天皇、飯豊天皇は日本書紀が外したのでしょうね。3が二つ並んで縁起がいいということですね。当時の日本人は語呂合わせが好きだったのでしょうな。
天皇は通常男子が成るのが普通でしたが、ほかになり手がない時は一時的に女子を建てようという政治的意図で女帝が出ただけ。いわば、候補者が決まらぬ時のつなぎ。
あのー、神功天皇とか飯豊天皇を認めるのはいいですが、歴代天皇を数えるときは入ってないですよ。今は125代とか言いますが、あの場合の125代の中に、神功天皇、飯豊天皇の2人は入っていません。日本書紀が外して続日本紀以降、神功皇后だけ歴代に追加したみたいですが、明治になってまた外しましたね。となれば、論じるなら8人の女帝といった方が現実的な気がする。まあ追加してくれるのはありがたいですが、質問者さんは進歩的ですな。
天照大神・卑弥呼は天皇ではありません。天皇は神武天皇に始まるものです。天照大神は神代の神様、まあ実在の人を当てる説もありますがね。卑弥呼は祭主でしょうね。女王にしたのは中国人の史観ですね。

神武天皇から推古天皇までは33人の天皇を選んだのでしょうね。皇統譜を組むときにね。だから神功天皇、飯豊天皇は日本書紀が外したのでしょうね。3が二つ並んで縁起がいいということですね。当時の日本人は語呂合わせが好きだったのでしょうな。
天皇は通常男子が成るのが普通でしたが、ほかになり手がない時は一時的に女子を建てようという政治的意図で女帝が出ただけ。いわば、候補者が決まらぬ時のつなぎ。
あのー、神功天皇とか飯豊天皇を認めるのはいいですが、歴代天皇を数えるときは入ってないですよ。今...続きを読む

Q西郷隆盛は天才だったのでは?

西郷隆盛が中央政府に戻った明治4年から明治6年に中央政府を去るまでの日本の歴史を見ると、西郷隆盛は、写真嫌いという古い時代の人間だったにも関わらず、弟から海外視察の内容を聞いただけで世界的な動きを直感的に感じ、日本の進むべき方向性を理解し、今やるべきことをわかっていた人のように感じます。

 そのうえで、驚くほど権力欲がなく、人の能力を見極め適材適所で人を活用する能力に著しく秀でていたように思います。

以上から、西郷隆盛が稀代まれな天賦の才能を有していたのではないかと思うようになりました。
この考えは正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

西郷隆盛が中央政府に戻った明治4年から明治6年に中央政府を去るまでの
日本の歴史を見ると、西郷隆盛は、写真嫌いという古い時代の
人間だったにも関わらず、
弟から海外視察の内容を聞いただけで世界的な動きを直感的に感じ、
日本の進むべき方向性を理解し、
今やるべきことをわかっていた人のように感じます。
  ↑
ハイ、ワタシもそう感じました。




そのうえで、驚くほど権力欲がなく、人の能力を見極め適材適所で
人を活用する能力に著しく秀でていたように思います。
  ↑
ここがポイントです。
西鄕さんが解りにくいのは、私欲に乏しい
からだと思います。
私欲に乏しいから、どういう人間像なのか
把握しにくいのです。
彼ほど解りにくい人物はおりません。



以上から、西郷隆盛が稀代まれな天賦の才能
を有していたのではないかと思うようになりました。
この考えは正しいのでしょうか?
 ↑
特別な才能を持っていたのではなく、私欲に乏しかった
ということだと思います。

彼は一度死んでいますね。
あれで私欲を無くしたのでしょう。
私欲が無くなれば、適格な判断が出来るように
なるのです。

西郷隆盛が中央政府に戻った明治4年から明治6年に中央政府を去るまでの
日本の歴史を見ると、西郷隆盛は、写真嫌いという古い時代の
人間だったにも関わらず、
弟から海外視察の内容を聞いただけで世界的な動きを直感的に感じ、
日本の進むべき方向性を理解し、
今やるべきことをわかっていた人のように感じます。
  ↑
ハイ、ワタシもそう感じました。




そのうえで、驚くほど権力欲がなく、人の能力を見極め適材適所で
人を活用する能力に著しく秀でていたように思います。
  ↑
ここがポイントです。
西鄕...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング