ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

田舎在住で檀家に入っています。7回忌までは親戚を呼んで住職に家に来てもらって拝んでもらい、それから食事をしていました。7回忌以降はお寺から何回忌ですよという連絡があり、親戚は呼ばず家に住職に来てもらい拝んでもらうというこをしています。
考えや地域などあるでしょうが何回忌までされていますか?

A 回答 (4件)

13回忌迄は、よく聞く

    • good
    • 0

七回忌以降のやり方で良いかと思います。


寺から年忌当たりの通知が届くなら、それを今やっているやり方(私らの地域ではじさいと言います)を続ければ、次の仏が出て、それを同様に三回忌まで法事として親戚を呼んで会食して、七回忌からはじさいで執り行えば、更には古い仏は一番新しい仏の年忌当たりに一緒にやる、前倒しでやる取り越し法要は必要ないと思います、全て遅くなったけど追善法要で行って、それで良し、一代30年位ですので、このやり方でやると、古い仏がいても、すべて供養していることになります。
今の時代、一周忌まで法事で、三回忌からじさいとしてやる人の方が多いようですが、私の所も田舎なので、三回忌は法事としてやらないと、一族の本家としては陰口を叩かれます。
    • good
    • 0

祖父は戦争で亡くなりましたので、もう五十回忌を過ぎましたのでそれ以降はやっていません、祖母の三十三回忌をこの夏に済ませました


三十七、五十回忌と続きますが、三十七はあるだろうけど、五十回忌は、もうウチの両親は居ないでしょうから、しないでしょうね。
    • good
    • 1

普通33回忌があり、次が50回忌で終わりですね。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一回忌と三回忌について

一回忌と三回忌。

亡くなってから一年後と三年後だと思っていました。

どうして三回忌法要は二年後になるんですか?

Aベストアンサー

数え年と同じように亡くなった年を1年目とします。
(※仏式の法要では、葬儀=一回忌です)

一周忌法要は数えでいうと2年目に行う法事法要です。

その翌年は数えで3年目になるので三回忌法要を行います。

https://sougi-osoushiki.com/column-detail/109

Q親戚が、仏壇を新しく買い替えました。香典はいらないとの事なのですが、塔婆を作るので 塔婆代金として

親戚が、仏壇を新しく買い替えました。香典はいらないとの事なのですが、塔婆を作るので 塔婆代金として
お金を包むのに 袋は不祝儀の包みなのか、はたまたお祝いの包みなのか
迷っています。
親戚中で、恥をかきたくないので
詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

お墓や仏壇を新調するのは、家を建てるのと同じで慶事です。
仏事であっても慶事なのですから、袋は紅白の水引です。

香典はいらないというのは社交辞令ですから、真に受けてはいけません。
「祝開眼」などと書きます。
男性で略礼服を着るのなら、ネクタイは黒でなく白です。

Q義父が亡くなり、義母によると遺骨はお寺?の本山へ分骨するみたいです。

先日、義父が亡くなり、義母によると遺骨はお寺?の本山へ分骨するみたいです。
私の祖父母の時は、分骨というワードを聞いたことがなかったので、初めて知りました。

宗教によって違うんでしょうか?
義両親がしているとなると、これからも分骨していくのか気になっています。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>>義両親がしているとなると、これからも分骨していくのか気になっています。

いろんなしきたりは時代とともに変わってきますし、喪主様の金銭感覚がどうなのかでもかなり変わってきます。
特に分骨を本山まで持っていくレベルの寺での格式がある家では、金がかかるの一言で墓に全て納骨するのが増えています。
墓に全て納めるやり方や地域に納骨堂があって、そこに納める程度ですと、何代に渡っても続きますが、本山まで行って来るだけでも何十万とかかるかと思いますので、みなさん毛嫌いします。
残った配偶者、喪主の兄弟全員で行くとなると、かなりの出費です。
なので、人の目をかいくぐるために、七七日忌の納骨の時は本山に持っていくのを除いて納骨して、仏壇には本山に行くお骨を安置して、本山に行くのかなと思っていると、一周忌の時にその残っていたお骨を墓に納めるなんてやる人もいます。
実際はどうだか判りませんが、私らの所では、表向きは喪家で旅費を負担すると言われています。

もう数年経つと、そんな風習も無くなるような気がします。
(私らの町内会の人は、誰も本山にお骨を納骨することはなくなりました、それとともに寺の役員さんの格式が地に落ちました)
役員さんが先頭を切って寺の事業への寄付に反対する時代ですから。

>>義両親がしているとなると、これからも分骨していくのか気になっています。

いろんなしきたりは時代とともに変わってきますし、喪主様の金銭感覚がどうなのかでもかなり変わってきます。
特に分骨を本山まで持っていくレベルの寺での格式がある家では、金がかかるの一言で墓に全て納骨するのが増えています。
墓に全て納めるやり方や地域に納骨堂があって、そこに納める程度ですと、何代に渡っても続きますが、本山まで行って来るだけでも何十万とかかるかと思いますので、みなさん毛嫌いします。
残った配偶...続きを読む

Q喪中ハガキを買ったのですが、誰がいつ亡くなったたのかかいてありませんでした 亡くなった方の名前や年月

喪中ハガキを買ったのですが、誰がいつ亡くなったたのかかいてありませんでした
亡くなった方の名前や年月だけが手書きの場合、
受け取った側が違和感を感じたりしないのか
よろしくお願いします

Aベストアンサー

喪中ハガキに誰がいつ亡くなったのか書いてない場合、受け取った側は気になりますから、亡くなった方の「名前や続柄、死亡年月」を手書きするとわかりやすいです(例:義父〇〇30年〇月永眠)違和感を感じたりしません。

Qなくなった実母(1周忌)お寺に包んでいく金額は? いくらが妥当か?

なくなった実母(1周忌)お寺に包んでいく金額は?
いくらが妥当か?

Aベストアンサー

四十九日の忌明け法要と同程度でいいです。

Q直葬について教えてください

最近、直葬というものを知ったのですが、実際にされた方いらっしゃいますか?

身内がほぼ家族だけなので考えています。

直葬も葬儀会社が執り行ってくださるんでしょうか?

Aベストアンサー

直送は 一番気をつけなければいけないのは お通やの場所とその後一晩をどお過ごすかという事です。
葬儀屋にお尋ねしてください。
亡くなった人が ぽつんと部屋におかれてひとりっきりで一晩を過ごす事になります。
翌日 その場所から火葬場へ
お骨を頂いて家に帰ります。
住職が来てお経をあげてくれるのは どのタイミングなのかも
葬儀屋によって違ってきますから。
全て 葬儀屋との話し合いになります。

Qお墓を建てるタイミングは、いつがいいとかってありますか?

お墓を建てるタイミングは、いつがいいとかってありますか?
いずれ買う予定なのですが、まだいいかなと思い行動できずにいます。

Aベストアンサー

成功者ほど、
生前に建てますよね

費用の用意があるなら、
今でしょ…笑

私の知る限りですが、
建ててから更に良くなったと、
皆さん言いますよ

Q義実家では四十九日が終わるまでお線香を絶やさないようです。

義実家では四十九日が終わるまでお線香を絶やさないようです。
今は電気のろうそくやお線香などもありますが、24時間火を絶やさないって心配です。
実際にされているところも多いんでしょうか?

Aベストアンサー

亡くなってから四十九日間は故人の霊が漂っており、四十九日目に閻魔大王の審判によって、故人が極楽に行くか地獄に行くかが決められるとされています。

この間、7日毎に法要を行い、故人がいかに善人であったかを閻魔大王に伝え、閻魔帳から故人の罪を消す作業をするのです。

この援護射撃によって、閻魔大王の審判では故人は極楽に行けるとされています。

「四十九日が終わるまでお線香を絶やさない」というのは、真面目に援護射撃をするという気持の現れでしょう。

ただ、実際に49日間線香を絶やさないというのは多くはないと思います。
七日毎の法要をするところはそれなりにありますが。

確かに電気のろうそくやお線香はありますが、これは単なる形式です。

渦巻き型の長時間消えないお線香もありますから、形式だけというのはどうなのかな、と思いますが。

Q墓参りを済ました人に「お疲れ様」というのは不適切ですか

本題の通りです。墓参りから帰ってきた人に対して「お疲れ様」というのは不適切でしょうか。

Aベストアンサー

問題ないと思います。

Q無宗教のお葬式に参列したことありますか?

無宗教のお葬式に参列したことありますか?
お経やお焼香もなしとなると、実際なにをするのでしょう?

Aベストアンサー

あります。
祭壇は真ん中に個人の写真があり、周りはすべて故人が好きな花々で飾られていました。
ずっと故人が好きな音楽が流れていて、進行係の方が、故人の簡単な経歴を紹介。その後、家族代表と友人代表の人が故人へのお別れの言葉を述べました。
そして、最後は列席者が皆、花を個人の棺の中に入れて、その後火葬場にという流れです。
こじんまりとして列席者も実際に親交があった人達だけの心のこもった葬儀でしたよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング