AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

統合失調症から認知症に移行(診断名が変わる)ってあり得ますか?また、認知症と統合失調症の違いも教えてください。

A 回答 (1件)

認知症が疑われる年齢になって統合失調症を発症することはないです。


症状も全然違いますよ。
認知症も被害妄想が出ますが「ヨメがアタシの財布からお金を盗んだ!」など荒唐無稽とまでは言えない内容です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幻覚幻聴って寂しいからおこるものなのですか??最近自分の行動を否定される?というか「下に行ったら死ぬ

幻覚幻聴って寂しいからおこるものなのですか??最近自分の行動を否定される?というか「下に行ったら死ぬ」とか殺す。みたいなことを言われました。あとは、鏡をみながら化粧水を塗ってる時に、ギョロ目で赤い服を来た男?がものすごい睨みながら私の後ろにたっていていました。このときはすぐ母のとこに逃げました。最近そんなことが続いていて、1度ここに質問させていただいたのですが、年齢的にも寂しいのでしょう。と言われました。寝ようとした瞬間に聞こえる幻聴や、化粧水を塗ってる時に見える幻覚が寂しいからおこるものとは思えません。ちなみに起立性調節障害です。自律神経失調症でもあると思います。
精神病とは思いませんが、寂しいから〜っていうのにはなぜか納得できなくて(´;ω;`)ごめんなさい

Aベストアンサー

統合失調症の症状である幻覚・幻聴は、不安感が高まった時に現れる症状です。

ですから、内容は気持ちの良いものではありません。

しかし、薬の調整で消せる症状ですから、どのような時に症状が出るのか記録しておいて、
主治医にしっかりと報告してください。

あまりに酷い場合には入院治療をお勧めします。たとえ軽度であっても、24時間監視のもと
薬を早期に調整できるので、それだけ回復にかかる時間を短縮することも可能です。

Q統合失調症の親

統合失調症は遺伝などで発症すると言われていますが、親が統合失調症の人って滅多にいないように感じますがどうでしょうか?

Aベストアンサー

自分の親は統合失調症などとオープンに言う人が居ないからじゃないですか?

統合失調症の方は結婚も難しい場合も有るでしょうし結婚後に発症した場合でも家族が耐えきれず離婚という事も多いような気もします。

あとこれは事実なのかどうか解りませんが一般の人より寿命がかなり短いそうです
今調べてみたら20年〜25年短いというものがいくつも出てきます
日本人の平均が80歳なので20〜25を差し引くと55歳から60歳ということになると思います。
これってまさしく子の親の世代ですよね。

いろいろ理由は有ると思いますが精神病は差別も有るので「自分の親は統合失調症なんだよ」とオープンにしてる人が少ないのが一番の要因にも思いますけどね

Q【いじめ】精神疾患を馬鹿にする奴

自分は、進学校の高1ですが最近クラスで精神疾患の病名を使って相手を馬鹿にする奴がいます。例えば、相手に「お前、ダウン症かよw」とか「水曜日のダ〇ンタウン見た?」など、あだ名がアスペや躁鬱病の躁ちゃんと呼んだり、統合失調症のとーちゃん、PTSD(心的外傷後ストレス障害)君というあだ名があり、実際はあだ名で呼ばれている人は精神疾患ではありません。宿題忘れただけで、adhdとか変な行動しただけで、精神科行けとか言う奴もいます。その馬鹿にしている奴の1人は、本当の高機能自閉症でリーダー格の奴です。みんなどこで病名を知ったのか謎です。もしかしたら、ひそかに精神科に通ってる奴がいてそこで病名を知ったということですかね?精神疾患を馬鹿にする奴は将来どうなりますか?

Aベストアンサー

情報源はネット掲示板でしょうね。
間違いなく自分か家族か、身近に精神障害者がいる人でしょう。
そういう人には神様が精神障害のある子を授けてくれます。

Qうつ病の思考について

うつ病の人の中に
もともとできていたこと
例えば、計算や数字の概念、日本語などがよくわからなくなり、頭が混乱するという症状がある方はいますか?
できればその時の経験談や解決策などを教えてください。

Aベストアンサー

人により違うと思いますが…
鬱の場合、対人関係(いじめ)や大切な人を亡くしたなど、発症を引き起こした原因があると思います。
それを本能として思い出したくないケース。

例えは良くないですが、、、
ある女性が長年お付き合いをした彼と結婚の約束をした。
結納から式の段取りも済み、いざ、明日に挙式。
夕方に警察と彼の実家から連絡あり。
「さっき彼が交通事故で亡くなった」
幸せの絶頂から悲しみのどん底に急降下。

葬式を終えたあと、鬱を患う(悲しみを引きずる)パターンでしょう。
精神が崩壊すると本人の意思に関係なく自殺をしかねない。
ここで無意識が自殺を避ける反応をします。

彼、車、事故、結婚式、これらの関連情報を目にしたときに脳が拒絶反応を起こす。
本来なら死ぬほどの莫大な絶望を抱えているわけですが、まだ直視して受け入れる用意ができていない。
理解をわざと避ける(ある意味混乱)わけ。

事故の例ではありませんが、昔に入院病棟で一緒だった患者さんがこのパターンで絶望に気付いてしまい自殺をされました。

混乱も錯乱も、死なないための脳(いわゆる心、無意識)の安全装置かと。
(これはAIや機械が永久にたどりつけない分野)

そこまで重大でなくても、鬱状態だと薬の使用に関係なく思考は低下します。
もちろん肉体の活動も。
文字が読めない、画像が理解できない、音声がわからない、そして思い出せない、、、普通に起こります。
物事の判断でも先を読めない。
なので鬱の方は重大な決断はしない、が鉄則。

鬱が良くならないから仕事を辞める、転職する、離婚する、退学する、みんなダメ。
今は結論を出さず先送りです。

解決策、、、
わからないときは、わからない自分を尊重して受け入れるわけ。
これがキモ。

人により違うと思いますが…
鬱の場合、対人関係(いじめ)や大切な人を亡くしたなど、発症を引き起こした原因があると思います。
それを本能として思い出したくないケース。

例えは良くないですが、、、
ある女性が長年お付き合いをした彼と結婚の約束をした。
結納から式の段取りも済み、いざ、明日に挙式。
夕方に警察と彼の実家から連絡あり。
「さっき彼が交通事故で亡くなった」
幸せの絶頂から悲しみのどん底に急降下。

葬式を終えたあと、鬱を患う(悲しみを引きずる)パターンでしょう。
精神が...続きを読む

Q統合失調症と睡眠障害と糖尿と高血圧です 統合失調症のくすりはかなりたくさんのんでます 睡眠薬もかなり

統合失調症と睡眠障害と糖尿と高血圧です
統合失調症のくすりはかなりたくさんのんでます
睡眠薬もかなりたくさんのんでます
糖尿高血圧は二種類のくすりをのんでます
体重が105きろです
血液検査をしたら肝臓の数値が異様に高かったのですが、これは薬剤性肝障害でしょうか?
それとも太りすぎで脂肪肝になってるのでしょうか?
薬剤性肝障害だったら困ります
脂肪肝でしょうか?

Aベストアンサー

どちらの要因も併発していると思いますが
今は一症状につき二種類しか薬は出せません。
たくさんの睡眠薬と向精神薬を飲んでいるという表現に多少に違和感観じます。
毎度おなじみの精神医療に対する遠回しの批判文かと勘ぐります。

Q統合失調症で勤めやすい仕事はなんですか?

統合失調症で勤めやすい仕事はなんですか?

Aベストアンサー

障害者用の職場があるらしいですよ!
周りも皆障害者なので助け合ってパンを作ったり、小物を作って売るらしいです

Q僕は鬱と不眠で精神科にかよってます 自立支援受給者証と障害手帳を持ってます 障害手帳を持ってれば 自

僕は鬱と不眠で精神科にかよってます
自立支援受給者証と障害手帳を持ってます
障害手帳を持ってれば 自立支援はいらないんですか?

Aベストアンサー

障害者手帳と自立支援は別ものですよ。

障害者手帳は、自治体にもよりますが、持っているだけでバスが無料で乗ることもできます。
また、障害の程度によって障害者年金が支給されます。
なお、障害者手帳の支給には、精神疾患としての通院歴が6ヶ月以上必要になります。

また、自立支援制度は、診察代・薬代が1割負担になり、しかも月々の支払額の上限が納税額
によって決められていますので、若い方だと月の支払いが2500円ということもあります。
なお、自立支援制度は、医師が継続した診療が必要と認めれば、すぐにでも適用できます。

Q統合失調症以外の病気で妄想はあるのか

幻覚(体感幻覚も含む)、幻聴が無くて自我障害も無く、会話も行動も普通で陰性症状が無くて唯一、妄想だけでも統合失調症と診断されるのでしょうか?僕の祖母(75歳)がアルツハイマーで50代過ぎに、祖父が浮気してると嫉妬妄想?が出てたので質問しました。やはり、アルツハイマーの妄想でしょうか?僕の祖父はうつ病(自己申告なのではっきりは分かりません)ですが、病院に行ってもないのに祖母のことを「〇〇(祖母の名前)は分裂病だからね~」と決めつけています。祖父自身もうつ病と自分で決めつけています。薬も飲んでないのに外散歩してくるなどと言ってるので自称かと思いますが・・・長文ですみません!!

Aベストアンサー

アルツハイマー型認知症の診断が出ているなら、
二重に「統合失調症」とは診断されません。
認知症は昔の事が断片的に残ってる所があるので
今、祖母様が「祖父が浮気してる!」と仰るのは
50過ぎに出た妄想が「記憶」として残っていて
そう言われてるだけなので心配はいらないでしょうね。
この事は私の職業とも関連してますのでよくわかります。

祖父さまの件ですが、鬱の方が散歩する事はありえますが
重度になるとそれすら出来なくなり、ましてや
ランニングなど出来ません。
それに、重度なら薬が必ず処方されますので
祖父さまが勝手に言ってるだけだと思いますよ。
落ち込んでたり、無口になったり、顔の表情が無くなっていたり
要は「抜け殻状態」なら鬱の可能性は否定できませんが、

そういう気配が無いなら「鬱」ではないでしょうね。

Q医師は責任を問われないのでしょうか?

下記動画ではパキシルを飲んでコンビニ強盗をした女性と、同じくSSRIを飲んで妻の頭をバールで殴り全治20日間の大けがを負わせた男性の談話を視聴することができます。
「自分が自分でない感じ」「自分自身をコントロールできない感じ」「意味も無くこみ上げてくる、通常とは異なるタイプの怒り」に襲われた、と同じような内容を話しているのが興味深いですね。

一歩間違えば殺人事件に発展していたかもしれないことは容易に想像がつきますが、それはさておき、この動画に登場しているお二人の場合、明らかに医師の不適切な治療や誤診によって発生した事件です。
精神科や心療内科、メンタルクリニックで処方される薬の服用が原因で殺人事件や傷害事件などが起きた場合、精神科医は責任を問われないのでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=WKRl6v760Vg&t=244s

Aベストアンサー

薬の添付文書には、併用禁忌(同時に服用してはいけない薬)、投薬に際する注意事項のほか、副作用がどの頻度で出ているかの情報など、処方の際に”これだけは”知っておく情報が記載されています。

医師が病気に対して薬を処方する以上、これらの情報と患者の状態。処方後の状況を把握して、増減、若しくは投薬中止を考えるべきで、単にうつ病だからという病名だけで処方することは、危険となります。

個人差も大きい上に、1つの精神疾患だけを有するのかいくつもの病気を抱えているのか、他の既往症なども考えると、医師は表面的な情報だけではなく、生活状態も把握しないと、Bさんのような誤診(後述)が発生し、適切な薬を処方されないという事案が生じます。

Aさんの方は、薬の添付文書に沿った投薬がなされておらず、医師の責任を問うことはできるでしょう。
(ただし、刑事では微妙(該当は、刑法ではなく医師法かも)。民事なら、確実(鑑定結果にそう書いてあるから)でしょうね。

なお、Bさんのところで”誤診”を後述とした理由として、

うつ病と躁うつ病(双極性障害)は、症状として気分の落ち込み部分(うつ状態)が似ているため、最初から躁うつ病と診断される人は滅多にいない。
始めから、攻撃的だったり、やたら行動的(突発的に遠方に行ってしまうとか)ではないと、診断が間違う。
性格がそのようなものと考えてしまう。

実際、私もBさんパターンで、当初はうつ病の診断だった。
仕事中に、パワハラもどき&性格(?)でパニック障害を発症。異動によって収まったと思ったら、気分の落ち込みが激しくなり、病院に行った結果”うつ病診断”ですが、この時、躁状態の症状は、自分の性格の一部だと思っていたので、異常認識(病識)がなかったのです。
こうなると、医師にも異常がある部分の話をしても、性格の部分は話さない訳で、その時の診断としては、うつ病と診断されます。

その後、病気を持たない人なら起こさない行動を医師に話す事で、再診断で”躁うつ病(双極性障害Ⅱ型、急速交代型)”と結果がでました。
(※なお同時に、てんかんの疑いという診断も下されています)

医師は、その病気に合った薬を処方することを望まれています。
しかし、診断した病気が必ずしもその”病気だけ”なのかどうかの判断は、精神疾患は難しいと思われ、時に個人差などの部分と合わせて薬による弊害が発生します。
Aさんのような件は、その責任を問われる可能性があるが、すぐにそこに行き着くものではないと思われます。

なお、蛇足ですが…
うつ病は、ココロの病気。
躁うつ病(双極性障害)は、カラダの病気。脳の機能障害で、全く別の病気なんですが、同じに捉えてしまうのも問題だと思います。
うつ病の薬が効きにくいのも、ここら辺の問題ではないと思いますが。

結局は、ケースバイケースなんでしょうね。
(医師法違反の場合は、医師免許取り消しなどの懲戒処分が厚生労働省から下されます。刑法による罰則適用後のお話。)

薬の添付文書には、併用禁忌(同時に服用してはいけない薬)、投薬に際する注意事項のほか、副作用がどの頻度で出ているかの情報など、処方の際に”これだけは”知っておく情報が記載されています。

医師が病気に対して薬を処方する以上、これらの情報と患者の状態。処方後の状況を把握して、増減、若しくは投薬中止を考えるべきで、単にうつ病だからという病名だけで処方することは、危険となります。

個人差も大きい上に、1つの精神疾患だけを有するのかいくつもの病気を抱えているのか、他の既往症なども考える...続きを読む

Q精神科医の診断は、正確性に欠ける主観的な判断である。

これは、医学博士で、『診断と統計のマニュアル第4版』(DSM-IV)の編集委員長として知られるアメリカの精神科医アレン・J.フランセスの言葉です。(要約)
最新の DSM-5 に対する批判なのですが簡単に言うと、精神疾患(たとえば うつ病 )と診断されたとしても、それは精神科医の主観にすぎず科学的根拠は特に無い、ということ。
精神疾患の診断基準を作った委員長の発言ということに、まず驚かされますが、

【 DSM5 は、製薬会社の意向を受け、診断名を増やすことによって正常な人を精神疾患だとみなす危険性を増やしている。】

という発言(要約)も目を引きます。
彼には、『正常を救え:精神科の診断の暴走、DSM-5、大手製薬会社、そして当たり前の生活の医療化に反対するある内部関係者の抵抗』という著書もある。
https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%A1%D2%C0%B5%BE%EF%A1%D3%A4%F2%B5%DF%A4%A8&l-id=top-pc-search-box&x=40&y=4
それなりに権威を持った、しかも診断基準作成者ご本人が、このように発言している。
精神科の薬は、こうした実に曖昧な診断基準に基づいて処方されるわけです。
ところが、精神科で処方される薬は、脳の神経ネットワークを変えてしまうほど強い薬で、重大な副作用が数多く報告されている。

みなさんなら、こうしたリスクを負ってまで処方する価値はあるとお考えになりますか?

これは、医学博士で、『診断と統計のマニュアル第4版』(DSM-IV)の編集委員長として知られるアメリカの精神科医アレン・J.フランセスの言葉です。(要約)
最新の DSM-5 に対する批判なのですが簡単に言うと、精神疾患(たとえば うつ病 )と診断されたとしても、それは精神科医の主観にすぎず科学的根拠は特に無い、ということ。
精神疾患の診断基準を作った委員長の発言ということに、まず驚かされますが、

【 DSM5 は、製薬会社の意向を受け、診断名を増やすことによって正常な人を精神疾患だとみなす...続きを読む

Aベストアンサー

まぁ診断に納得いかなければ
セカンドオピニオンを活用したら
良いと思う。

場合によってはサードオピニオン
も。

とにかくドクターショッピングにより
信頼出来そうな医師を探すことが大事。



曖昧な基準というけれども、統合失調症は
「神のお告げを受けた」や「盗聴器が仕掛け
られている」など明らかに異常なことを言う
からね。

仲の良い先輩が統合失調症になったから
間近で見ているよ。



薬を処方する価値もなにも
統合失調症は薬を一生飲み続ける
ことになる。

飲まないと幻覚・幻聴が出てしまうから。

睡眠障害の人は、薬を使ってでも
寝たほうがいい。

うつ病は、重度ならば薬は必要。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング