固体中で原子をとどめておくポテンシャルを記述するために、調和近似を用いると、身近
にある固体でおこるある現象が説明できなくなるのですが、この現象が何か教えていただ
けないでしょうか。また、どうして調和近似では説明できないのか理由も教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

まず熱膨張は起こらなくなりますね。

振動の中心位置が振幅に依存しませんから。さらに固体の破壊と同じちからで核融合も可能になるということは、あちこちで核融合が起こるか、固体が壊れたり変形したりしないとか、どちらも困ったことになります。
    • good
    • 0

> 固体中で原子をとどめておくポテンシャルを記述するために、


> 調和近似を用いると
というのは、原子の位置に対してということですよね。
原子の位置が変わると身の回りの現象でなにが変わるでしょうか?
ある条件ではそれが変わって見えないのは何故でしょうか?
という質問ですよね。

たぶんこれで全部だと思います。
そうえばフェルミが数値計算したら再帰現象が見えたとか。

頑張ってください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一次元調和ポテンシャル中の荷電粒子の運動

一次元調和ポテンシャル中の荷電粒子の運動を考える。
摂動のないハミルトニアンH'_0のもとで、ハイゼンベルグ表示での一演算子Xの時間発展X(t)をX(0), P(0)の線形結合の形で書き、固有状態|n>での位置の期待値<n|X(t)|n>を求め、位置の期待値が有限の振幅で振動する(角振動数ω0)ような状態の例を示すと、どのようになるでしょうか。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>ハイゼンベルグ表示での一演算子Xの時間発展X(t)をX(0), P(0)の線形結合の形で書き
X(t),P(t)についてのHeisenberg方程式はどうなりますか?
X(t),P(t)が(演算子ではなく)普通の数であったら、その微分方程式を解くとどのような解になるのでしょうか?

>位置の期待値が有限の振幅で振動する(角振動数ω0)ような状態の例
ハミルトニアンの固有状態ではないものを考えれば(おそらく全てが)そうなっていると思います。

Q起磁力の調和?調波?正接方向?磁束密度の調和?

いろいろ調べたんですが、言葉の意味がわかりません。

起磁力の調和(harmonics of the winding's MMF)
正接方向(タンジェント方向)=垂直方向?
磁束密度の調和(harmonics of the flux density)

この3つの意味がいまいちわかりません。
高調波。

Aベストアンサー

回転機関連の用語でしょうか?

harmonics of the winding's MMF
巻線を巻く都合上、起磁力の空間分布は正弦波からずれて、整数倍の成分をもってしまいます。その高調波成分ではないかと。
(極数がnの回転機だと理想的には、起磁力の分布は sin(nθ)になりますが、現実には、sin(m(nθ))の高調波成分が表れてしまうと。)
巻線に起因する起磁力の空間分布以外に、巻線に流れる電流が歪んでいることによる空間/時間分布の高調波を示している可能性も有りますが。

harmonics of the flux density
これも起磁力と同様、磁束密度の空間分布/時間分布が正弦波状にならずに、高調波がのっていることを表わしているかと。

正接方向
垂直ではなくて、円や円筒の接線方向かと。

Q水素原子の有効ポテンシャルの展開

電磁気学の演習で次のような問題に取り組んでいるのですが、よく分からず困っています…

古典論で水素原子の有効ポテンシャルは
U(r)=-e^2/r+l^2/2mr^2
である。(lは角運動量)
U(r)の極小点をr0とし、Uをr0を中心にrの二次まで展開せよ。
また電場Eを与えると安定点はr0からどれだけずれるか。

このずれから、最終的に電気双極子モーメントを求めるという流れです。
まず、初めの展開が上手くできずに困っています。
テイラー展開をして
U=3(-e^2/r0+l^2/mr0^2)+(3e^2/r0-4l^2/mr0^3)r
+(-e^2/r0^3+3l^2/2mro^4)r^2+....
と計算しましたがこれは合っていますでしょうか?
また二次の項まで求めてそれをどう利用するのかが分りません。
勉強不足で申し訳ないのですが、何かヒントでも頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

テイラー展開は間違ってます。第1項がなんでこんな式
3(-e^2/r0+l^2/mr0^2)
になったのか不思議です。


こんな流れで解くのかと思います。

U(ro-Δr) - U(ro) = U'(ro)Δr + U"(ro)Δr^2/2 = -eEΔr
Δr = [eE - U'(ro)/2] / U"(ro)

Δr(E) は Δr(0)=0 なので U'(ro)は無視できるとすると
Δr = 2eE / U"(ro)

Q固体力学の言葉を説明する問題が解けません。

固体力学の言葉を説明する問題が解けません。

(1)ナビアの方程式(式中に現れる文字も説明すること)
(2)カスティリアノの第1定理と第2定理
(3)最小ポテンシャルエネルギーの原理
(4)ミーゼスの降伏条件とトレスカの降伏条件
(5)弾性体の境界値問題を解析的に解くために必要な関係式の名称を4つ挙げよ。
(6)ひずみエネルギ密度関数と補足ひずみエネルギ密度関数

が分かりません。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

このような基本的な用語の定義は教科書に懇切丁寧に説明されているはずです。

>問題が解けません

というレベルではなく、調べるのが面倒ということでしょう。

Googleで一つづつ検索して行っても、一件に100個以上ヒットするでしょう。

Q身近の非線形現象

既にhttp://okwave.jp/qa837516.htmlで身の回りの非線形現象について質問されていますが新たに質問させてください。私は現在大学で工学について学んでいましてその中の数学の授業で非線形現象について勉強しています。
そこで大学の先生が講義中に地上波デジタルは処理するのに少し時間がかかるのでアナログより遅れるのも非線形現象の一つであるといったことを話された気がするのですが何故遅れるのでしょうか。またニュースで海外のキャスターを呼ぶときに反応が遅れるのも同じような理由なのでしょうか。
この他にも身近な面白い(と皆さんが思われる)非線形現象を詳しく教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

「海外のキャスターを呼ぶときに時間がかかる」のは, 衛星経由だからじゃないですかね? 36,000km 上空の衛星まで電波を飛ばすので, どうしても時間がかかりますね.
で「身近な非線形現象」だけど, やっぱり「天気」でしょう. Lorentz アトラクタとかバタフライ効果とか, カオス的な話題にはこと欠かないはずです.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報