出産前後の痔にはご注意!

家を新築するにあたり、いわゆるハウスメーカーではなく地場の工務店に依頼しました。
もうすぐ引き渡し完成で、大きな問題がある訳ではないのですが、不思議に思うことがあったので質問します。

家の工事中にずっと現場監督のような人がいませんでした。
工務店での新築工事では普通なのでしょうか?

そもそも担当はその工務店の社長さんで、アシスタント的な感じでもう一人担当社員の方が付いてました。打ち合わせ時は二人が話を聞いてくれて社長が設計してくれました。

社長はもともと大工さんですが、家の工事は別の大工さんが棟梁でした。他に設備屋さんや、電設屋さん、クロス屋さんや、内部の塗装をしてくださる方など、何人かの業者さんが工事をしてくださいました。工事期間中、何度か現場に行きましたが、棟梁と業者さんしかいなくて、よく聞く「現場監督」的な人にあったことがありませんでした。

現場での打ち合わせ時には社長や担当社員の方はいらしてましたが、普段はいないようでした。

なので現場での質問は、直接業者さんに聞いていました。
要望も担当社員の方に聞いて、現場で業者さんに伝えることも何度かありました。

なんとなくハウスメーカーで建てると、現場監督?なのか担当営業の方が窓口になってやりとりする、というイメージがあるのですが、工務店はこんな感じなのでしょうか?
とにかく建設現場に管理している人がほとんど常駐していない状態が、今更なのですが疑問でした。

工務店で建てられた方、いかがでしたか?
また業界に詳しい方いらっしゃったら、どんな感じが教えていただけると嬉しいです。

A 回答 (7件)

私は、まあ、普通だと思います。



教科書通りだと、設計者と工事監理者が居て、現場には、工事管理者が
居るべきでしょうが、超一流HMを含めて、そういう体制は取れないし、取っていません。

一流、超一流のHMの現場管理者は、現実として、多くの現場を担当しており、
現場には殆ど居ません。
しかも、連中は若く経験も不足しているので、殆ど役に立ちません。
これを「段取屋」と言います。
知識も無いのに、手配だけしている連中です。

今回の事例では、社長が設計者であり、工事監理者なのでしょう。
社員が工事管理を行っているように思えます。

こういう会社では、下請け業者も常に同じで、その能力、仕事の仕方と
言った事が、お互いのコンセンサスとして形成されています。

要するに、完成されたチームなんです。
仕事の仕方、材料の納め方、それらが、お互いに理解できている。
だから、社長が方針を決めれば、大工も設備業者も、大きな間違いなく
仕事をしてくれる。
そういう関係でしょう。

中途半端なHMの新入社員的な営業と、段取しか能のない工事管理者、
現場に一度も訪問しない設計者、工事監理者よりは、数段いい。

むしろ、良い工務店だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
良い工務店との言葉に「良かった〜」と思いました。
ここだー! と思って契約したけど
やっぱりこちらは素人でイマイチ自信もなく…。
仕上がりは満足ですが、経過がモヤモヤ多くて。
確かにチームで動いている、という感じでしたね。
ハウスメーカーよりも安いし、仕上がりには安心と満足があるので良かったです!

お礼日時:2018/12/05 14:59

先の回答にもありますが、現場監督なんて常駐してません。



特に大手にHMだったら、同時に10件とか掛持ちすることも少なくはありませんから「ちょっと覗きに行って…」って時にHMの現場担当者に出くわす確率は低いと思います。


私もHMの仕事を少しだけやることがありますが…時間を合わせて現場に行かない限り「偶然」会った事は一度もありません。


ただ、常駐してないだけで担当者は必要な時や重要な工程の時は現場にいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

現場監督というもの自体、私が誤解していたようですね(笑)。
大手のHMでは10件も掛け持ちするのですか!!
それはどこが何だか分からなくなりそうですね。
重要な行程の時にはいるということで安心しました。

お礼日時:2018/12/05 16:05

主様は現場監督として工事の施工者をイメージされていますか?


建設工事に関わる人間を一通り説明しますね。

主様邸の建築確認済証があると思います。
タイトルに「建築基準法第6条の2第1項の規定による確認済証」とあるはず。
その右上に赤い判を押した社名が書かれていますね。
これが「建築主事または国土交通省などから指定を受けた者」で、ひっくるめて【行政】と置き換えて結構です。

その確認済証の後ろに主様名で申請をした「建築確認申請書」が綴られているはず。
その「第二面」をご覧ください。
【1.建築主】 → 主様(またはご主人かな?)です。
【2.代理者】 → 各手続きを建築主から委任されて行った者です。
【3.設計者】 → 設計をした建築士です。
【4.建築設備の~】 → たぶん空欄、大規模な建築物で出る場合あり。
【5.工事監理者】 → 建築士の資格所持者で、工事が設計通り進んでいるかを現地で確認します。
【6.工事施工者】 → 施行をする会社、ここの氏名は社長など代表者。

参考にこんなパンフがあります(怪しいリンク先ではありません・笑)。
http://www.mlit.go.jp/common/001185127.pdf
これは工事監理者の監理報酬を策定するにあたり国土交通省が作成したものですが、一般の方にも
・建物が建てられる経過(手続き)
・各人の役割
・工事監理者とは?
・施工中のチェックポイント
などをわかりやすくまとめてあると思います。

この6ページをご覧ください。
【2.代理者】【4.建築設備の~】を除く5名の名がありますね。

☆前振りが長くて失礼、本題です☆

主様がイメージしている「現場監督」は【5.工事監理者】でしょう。
住宅程度の建物であれば、工務店でもハウスメーカーでも監督は現場には常駐しません。
現場での仕事もありますが、現場にはデスクもパソコンもありませんので、会社や事務所などで遠隔コントロール(笑)との二股です。
建設工事は多くの専門職(下請けさん)がいて、それぞれの工程で現場に来て担当の工事のみを行います。
現場監督とは元請けの人間で、工事のコーディネーター、段取りを組む(施工管理をする)のが主な仕事なんです。
昔ながらの棟梁でも同じ。
ただ棟梁さんだと大工さん、一人が多いので大工仕事が大変ですからけっこう付きっきりの場合もあります。

下請け同士が連携などしません。
下請け同士は現場の全工程など知りませんし、勝手に段取りして進行に関わったら監督から怒られます。
監督が手配の順序を誤まってしまったら、例えば内装屋が呼ばれたときに電気屋がコンセントをまだ下地に付けていなくても全面にボードを貼ってしまいます。
段取り違いでは容赦ありません。
内装屋が呼ばれて仕事ができなくて後日に出直せば手戻りになり、現場監督は内装屋の日当を二重に払うことになりますから。

もう一人、現場に関わる重要な人間がいます。
【6.工事施工者】
(管理の誤変換ではなく監理です)
工事は工事施工者が進めるわけですが、施工者も人の子、ましてや多くの下請けさんが同時に作業を行う中、どうしても見落としもあるでしょう。
建築基準法という法律では施工者が自分の行った工事のセルフチェックをすることを禁じています。
代わりに建築士の資格を持つ工事監理者を置かなければなりません。
その者が確認申請書の第二面にある【5.工事監理者】です。

設計図書(=契約書)通りに工事が行われているか、材料は?養生は?工事の手順は?何か変更は起きていないか?
これらを建築士の専門家が第三者の目線で確認をしたり、設計者と施工者との調整をしながら工事を進めていくわけ。
もちろん監理者も現場に常駐はできませんから、要所の検査などで立ち会えない場合は施工者に任せて写真や検査の資料などで事後報告で代える場合もあるでしょう。

今回は木造の住宅と思いますので、12ページ以降をご覧ください。
12ページ:管理業務の流れです。
2⃣着工以降、けっこう現地を確認することがありますよね。
工事が終わり完了を確認したら、引き渡しにあわせてそれまでの確認事項を書類に整理して工事監理報告書としてまとめ、施主さんに渡します。
これで監理者の仕事は終わり。

13ページ:重要な監理項目。
ざっと見て、やはりたくさんありますよね。
言い換えたら、これだけを確認して現地を進めればミスなど起こりえないんです。
このカテでも写真付で
「現場を見たらこんな状況ですが、これで大丈夫なんでしょうか?」
との質問がありますが、それは工事監理者に聞くべきです。
また、大丈夫でないものを看過するのは監理者のミスですから。
名前だけ書いて現場は見ずに施工者に任せてしまう、建築士法違反の名義貸しも横行しています。

長くなりましたが…
・現場監督=元請け(工事施工者)は現場に常駐しない
・ただし総括として下請けが行った工事の結果は確認する責任がある
・現場監督がミスや勘違いをしないよう、トータルで監視する工事監理者という人間もいる
・施主は竣工時に現場監督からは建物を引き渡され、工事監理者からは現場を監理した記録の書面を引き渡される
こんな流れです。
「工事監理はどなたが行いましたか?
監理報告書は引き渡しのときに頂けますよね。」
とお尋ねください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
詳しい説明もありがとうございます。
工事施工者と工事監理者という人がいるのですね。
建築確認済証が見当たらないので、誰がそうなのか分かりませんでしたが(汗)、引き渡し時に確認してみます!
パンフ内容を確認しました。建築前に見ておけば良かったー!と思いまいした。こんな感じで進めていたのですね。

今回依頼した工務店では、協力業者の方達が何回か工務店に集まり、施工する家の仕上がりイメージや内容などを打ち合わせしていました。なので全体的な流れや方向性はみなさん共通したものを持って仕事をしていただいたようです。

私の兄が土木の現場監督をしていたり、夫も土木関連の仕事なので、なんとなく橋や道路の建設現場が私たちの根底イメージにあったみたいです(笑)。夫が建築は適当すぎるー!!と言っていたのですが、同じ工事といえども分野が違えば色々違いますね。

たくさん教えていただいてありがとうございました。

お礼日時:2018/12/05 16:03

小さな工務店では?


工務店と名がついているところでも
きちんと現場担当者付けるのが普通です。
(スーパーゼネコンに『竹中工務店』なんてのもありますね)
尤も複数現場掛け持ちもありですが。
住宅といえど施工図は必要だし
様々な業種の下請さんとの打合せも必要ですし
なにより実行予算内に納まるように
現場をコントロールする必要があります。
尚、現場監督は現場に事務所構える規模の工事以外は
常駐しません。
主さんの依頼先はきっと社長さんが全て取り仕切る規模の
工務店さんなんでしょうね、小さい所なりの良さはあるものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
おお、やっぱり大きな工務店ではHMのようにきちんとしていそうですね!
そうですね、うちがお願いしたのは小さな工務店でした。
なんとな〜く、色々進んでいく感じでやっと家が建ちました!
スケジュールや営業的な対応はHMのようには行かず、モヤモヤもありましたが
とっても柔軟に現場で対応していただけたので
小さい工務店のメリットは十分感じられました。
そして現場監督に対して誤解していた、と今回質問して気づきました。。

お礼日時:2018/12/04 19:34

トータルでは工務店が指示を出します。


ただ、クロス張りは内装屋さんが、電気工事は電気工事屋さんが、水回りは左官屋さんが、というようにそれぞれが独立した業者さんなのです。
それらがお互いに連絡をしあっています。
電気工事が出来る段階になれば大工さんが電気工事屋さんに連絡をして、電気工事を、クロス張りが出来る段階になれば内装屋さんが来ます。従って現場監督など必要がないのです。
これが普通の建築工程ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お互いに連絡しあっている知りませんでした。
業者さんたちはお互い仲良さそうでした。
他の現場でも一緒なのかもしれませんね〜。
施工管理がされていないと心配していたのですが、
こんな感じが通常なのですね。
どこで建てても、結局施主が時々見に行って図面と違いがないか確認しなくてはいけないのですね!

お礼日時:2018/12/04 19:29

現場監督


小規模工務店では現場進行手配は担当大工が行う。
手配から先は工務店が動く。
現場にはそれらしい人が居ない、となる。

ハウスメーカーも現場監督は掛け持ちで巡回。打ち合わせが必要なところに出向くという形なので常時居るわけではない。

ということで質問者さんの認識が本来と違っているだけなので、問題が起きていなければ記にする必要はないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
流れが分かりました!
なるほどー。現場監督が常駐しているのだと思っていました。
教えてくださりありがとうございました。
施工管理がされていない…と夫が不審がっていたので気になっていたのですが
大体がこんな感じだと分かりよかったです。

お礼日時:2018/12/04 19:24

私は、工務店に依頼して新築しました。


棟梁というか、その工務店の大工さんがメインで、あとは工事内容に応じて他の業者さんが工事されていましたね。また、お手伝いで若い大工さんがちょっとの期間、参加されていました。
工事は、古い自宅の隣の建物を取り壊して、そこに新しい自宅を建築して、工事が終わったら古い自宅を解体するって流れだったので、毎日のように現場を見ていました。

そして、現場監督なんて人はいませんでしたよ。工務店の方(大工さん)が全て取り仕切っていましたが、いつも来ていたわけではありません。
必要なときだけきていたと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

体験談を教えてくださりありがとうございます。
やっぱり現場監督はいないのですね!
同じような感じです。安心しましたー!

お礼日時:2018/12/04 19:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築見積もり中なのですが ハウスメーカーY社が 予算が無いと言うと とりあえず 自宅の自転車3台分の

新築見積もり中なのですが ハウスメーカーY社が
予算が無いと言うと とりあえず 自宅の自転車3台分の 土間を地盤調査をしてあげると。
大丈夫なのかな?
違うハウスメーカーは5箇所 四隅と真ん中で解体後にしか出来ないと。ちなみに Y社はパソコンで 私の家付近を自社の建築の時の地盤調査の資料と照らし合わせ 75%土地改良はしなくて 大丈夫と。
詳しい方いませんか。 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

良いように遣り繰られてますね(^_^;)
無料程怖いものはありませんし
近在箇所データからの推測もよほど
地盤が均質な地域以外使えませんだから75%。
建築確認申請上5か所のデータは必須ですので
それ待ちじゃないと正確な見積も出来ないのが実情。
ついでに言えばあまりこんなところで訊きまわるよりも
信頼できるとこ一本に絞って何でも相談する方が
よっぽど効率的だし良いものが出来ると思いますけどね。

Qマイホーム引き渡し間近でトラブル。助けてください(T ^ T)

今月末マイホームが引き渡し予定です。
玄関ポーチの階段が3段出来上がりましたが、なぜか15センチ15センチ30センチとなってしまっています。
狭い土地のため玄関ポーチの階段のすぐ横が接道
なので困っています。
今日の朝どう収める予定か工務店に聞く予定ですが、18〜20センチずつに作り直して貰えるか交渉しても大丈夫でしょうか?
毎日行き来するところなので困っています(T ^ T)
後階段にステンドグラスを付けてもらいましたが、多分漆喰を塗る際に木枠の塗料がマスキングテープによって剥がされています。。。
指摘したら8000円施工料がかかると言われましたが、こちらが負担するものなのでしょうか?
最後に水道メーターが割れていることに昨日外構屋さんが入った時に気づきました。
それまではずっと板が被せられていたので気付かず。。。
こちらも15000円負担するように言われましてが、それが当たり前なのか教えていただけないでしょうか?(>人<;)

Aベストアンサー

ん???

1段目が30cmだよね?


そこ泥のままで終わりなの???


勝手な想像ですが…

砕石引いてコンリートで仕上げたらそれなりの高さに仕上がるはずだが…

写真を見たって(高さの問題じゃ無く)このままの引き渡しなんて普通は無いよ。


でも、そんな仕上げじゃなくて泥のままで引渡なんだよね?

なら、仕上げの盛り土をして引渡だと思うよ。



塗装の剥がれは、最後にすべてをチェック(施工側)して補修してから施主の検査を受けるのが普通。

まぁ、費用負担しろ!って言うのはあり得ない話ですが、現状で直して無いのは普通にあり得る事です。

Qこれは手抜き工事?普通?

先日、住友不動産の注文住宅で家を建て、
引渡しも終わり現在住んでおります。

写真は、1階の窓の下(基礎との間ぐらい)の箇所になります。
正確な名前は分からないですが、
基礎部分の塗り壁?の部分の塗り斑(赤矢印部分)が気になっており、
引渡し前の事前確認時に伝えて「引渡し後に修繕する」約束で引渡しを受けました。
しかし、その後修繕されません。

再度担当者に伝えたり、コールセンターに電話もしましたが、
「また日にちを決めて修繕します」とは言われるものの、
何の連絡も無く、修繕もされず数ヶ月が経過しております。

なぜ、修繕してもらえないのか?
「これが普通」で、この程度で修繕を依頼する自分の方が間違っている?
と気になってきたのですがこの程度は普通なのでしょうか。
また、このままで何か想定出来る弊害がありますでしょうか?

※床下換気のための隙間は、
 赤矢印の約10cm上(白い外壁との間)に別途確保されております。

Aベストアンサー

大手と中小企業の差でしょうかね
地元の工務店だったらスグ飛んで来て数日中に処理しますよ...信用で食っていますから

Q今2軒のハウスメーカーで相見積もりを取っています。 Y社S社でほぼ同じY社は電化製品と家具が少し付い

今2軒のハウスメーカーで相見積もりを取っています。
Y社S社でほぼ同じY社は電化製品と家具が少し付いていて。デモ間取りはS社が良くて その間取りでY社で建てる事は可能なのかな? 詳しくどなたか 教えてもらえませんか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

設計図には著作権があると認識されています。
皆さんが手書きでって言われるのはそこに理由があります。
契約して引き渡されれば設計内容ともに
貴方に権利が移りますがそれまでは設計者の物。
うかうかと渡さないように、特に同業他社に
渡ったなんて知られたら事によっては大ごとですよ。

Q家の建て替えを考えて居ます 檜は高いので杉にしょうか 高くても檜を選ぶのが良いのか迷っています、 防

家の建て替えを考えて居ます 檜は高いので杉にしょうか 高くても檜を選ぶのが良いのか迷っています、 防虫や腐食を考えるとやはり 檜が良いのかな 予算があまり無いので メーカーは杉を勧めてきます 詳しい方いませんか。

Aベストアンサー

私が、マイホームを購入する時に担当者が話してました。「家の価格」「間取り」「場所」で2つ当てはまれば買いなんです。と話してました。ちなみに、オール電化は流行りが有りますので奥様がいいなと思う気持ちも分かるんじゃないでしょうか。安全性や流行りも考えると有りな部分が有りますね。高い買い物なので、家族の気持ちが1番なのかもしれません。

Q一戸建てで4人家族です。 電力は普通はどれぐらいのアンペアで契約しますか? 現在は60Aで契約してま

一戸建てで4人家族です。
電力は普通はどれぐらいのアンペアで契約しますか? 現在は60Aで契約してます。

Aベストアンサー

同時に使用する可能性がある電気製品の消費電力をチェックされるとよいです。
4人別々の部屋でエアコンが動いていて照明も点け、リビングには大型テレビが有って、それとは別に主寝室や子供部屋にもテレビが有って同時に使用することがあり、誰かが大型のヘアドライヤーで温風を出して髪を乾かし、キッチンには大型電気冷蔵庫があって、etc.etc.という状況があり得る場合は60A未満だと少し不安かもしれません。場合によっては60Aでも。
いずれにせよ最初に書きました通りチェックされることです。消費電力は各電気製品の本体に貼られたラベルや説明書にあります。それらのメーカーの公式Webサイトにある製品情報(古い製品も掲載しているメーカーは多いです)にも。

参考まで。

Q23年前に建売住宅を購入しましたが、今年の8月にがけ条例に抵触していて、市役所の見解では建て替えがで

23年前に建売住宅を購入しましたが、今年の8月にがけ条例に抵触していて、市役所の見解では建て替えができないことも想定されるようです。
23年経過してますが、事実を知ってから3年以内なので、不法行為として損害賠償請求を行うことはできますでしょうか。
法律に詳しい方にご教示いただければ幸甚です。
なお、重要事項説明書や建築確認書副本、建築概要書には、そのような明示はありません。

Aベストアンサー

確認済証ではなく検査済証です。
竣工したら完了届を出して(当時は特定行政庁宛て)、検査員(特定行政庁の職員)が確認申請の内容の通りに現地ができているかを検査するんです。
それで合格なら検査済証と言う書面が交付されて一連の手続きが終わります。
 ↑ これ、あります?

検査員が現地を見たら、がけ条例に抵触するかくらい一目でわかるはず。
まさか検査員が看過してませんかね?

そこ、完了届を出していない=検査済証を受けていないんじゃないですか?
完了検査を受けたとしても、何らかでひっかかり、是正をしないまま(=違反建築のまま)販売してしまうあこぎな業者もいますから。

完了届を出したかは特定行政庁に記録がありますから、検査済証の交付の有無だけでなく、手続きについてもわかりますよ。

Q積水ハウス建売っぽい? この前、新築の注文見てきました。 かなり、安く建てたとのことでしたが、標準は

積水ハウス建売っぽい?
この前、新築の注文見てきました。
かなり、安く建てたとのことでしたが、標準は建売っぽいですか?もしくは、家具がないとそうなりますか?もしくは、かなり値引きをし、標準でないのでしょうか?
いずれにしても、値段の割にイマイチでした。あくまでも見た目ですが。またオプションにより豪華な感じになりますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

建売っぽいのがどういうことかよくわかりませんが内装とかが安っぽいということでしょうか?
壁紙はグレードがあって選べるカタログが違ったりします。(このカタログから選ぶと+α加算みたいな)
わたしは他社で建てましたが、最低グレードの壁紙カタログではたしかに安っぽい印象になるかもしれませんね。
床材も同様です。
あとは基本的な構造だけで凝った間取りにしていないとか?

あとは家具だったり照明が変わるだけで部屋の印象はガラッと変わります。
見学したところがシンプルさを求める方なのかもしれませんし、デザインよりもコスト重視なのかもしれません。
積水ハウス選んでてコスト重視も無いですが…ブランド重視なのか条件付の土地なのかもしれませんね。

競合させてましたが、担当した設計士が足元を見る感じであまり理想に沿った提案をしてこなかったので諦めました。
(見学した家とほぼ同じ間取りを提案してきた)
いい設計士&営業に当たるといいですね。

ローコスト住宅を売りにしているメーカーでもめちゃくちゃ凝ったり、上級グレードのものばかり設定してると全くローコストにならなくなります。上をみたらキリが無いですよ。
予算とデザインを両方重視して、それに合ったハウスメーカーを選んでください。

建売っぽいのがどういうことかよくわかりませんが内装とかが安っぽいということでしょうか?
壁紙はグレードがあって選べるカタログが違ったりします。(このカタログから選ぶと+α加算みたいな)
わたしは他社で建てましたが、最低グレードの壁紙カタログではたしかに安っぽい印象になるかもしれませんね。
床材も同様です。
あとは基本的な構造だけで凝った間取りにしていないとか?

あとは家具だったり照明が変わるだけで部屋の印象はガラッと変わります。
見学したところがシンプルさを求める方なのかもしれま...続きを読む

Q新築基礎工事について

現在家を建てております。
布基礎に土間コンを引いたところまで詐欺は終わっているのですが土間コンと布基礎の隙間は空いていてるように思えますが問題ないのでしょうか?
それとも表面に隙間があるだけで穴の下にはコンクリートがあるんでしょうか?

Aベストアンサー

軽微なジャンカでしょう。
http://www.yorozu.or.jp/web_soudan/1100_1199/1115.html
(サイトの管理者様、引用失礼)
中ほどに5枚の写真があります。
2枚目の柱の入り隅にやや隙間が見えますよね。

ジャンカの原因を簡単に。
生コンクリートは粘性がありますし、鉄筋や砂利がモルタルペーストの流れを阻害します。
このような入り隅はどうしてもモルタルペーストが完全に回り込まずに空洞ができがち。
コンクリートの打設では型枠にコンクリートを流しながら、バイブレーターで振動を与えたり、型枠を叩いたりして隙間が起こらないように作業するんですが、なかなか完璧にはできません。

この程度を手抜きと言ったら施工者がかわいそうです。
ただ、本来なら型枠の脱型をしたときに現場監督が打設の具合を見回るわけで、早めにタッチアップしたら済むこと。
看過したのならそのことが問題かも。

穴が穴だから、樹脂ででも埋めれば大丈夫です。

あと、質問者さんは「工事監理者」って知らないでしょ。
(管理の誤変換ではなく監理ね)
建築基準法では工事の要所でこのような問題が起こらないよう、施工者(現場監督)以外に第三者がチェックをすることを義務付けています。
その現場でも決まっているはず。

あなたが現場をチェックしたとして、この対応に責任を持てます?
ネットで情報を集めて監督に指示して大丈夫ですか?

もし、引き渡しのあとに何らかのトラブルが起きたとして、施工者は
「その件は、お施主様から指示を頂いたもので、当社は指示通りの作業をしただけです。
よって当社に瑕疵はございません。」
で終わり。

工事監理者が名ばかりなこと(名義貸しは建築士法に違反)、施主のあなたが現場を見ること、不特定多数からの意見を信用すること、こっちのほうがはるかに問題。
このような写真付きの質問、今までもこのカテゴリーにたくさんありますよ。

軽微なジャンカでしょう。
http://www.yorozu.or.jp/web_soudan/1100_1199/1115.html
(サイトの管理者様、引用失礼)
中ほどに5枚の写真があります。
2枚目の柱の入り隅にやや隙間が見えますよね。

ジャンカの原因を簡単に。
生コンクリートは粘性がありますし、鉄筋や砂利がモルタルペーストの流れを阻害します。
このような入り隅はどうしてもモルタルペーストが完全に回り込まずに空洞ができがち。
コンクリートの打設では型枠にコンクリートを流しながら、バイブレーターで振動を与えたり、型枠を...続きを読む

Q5区画の分譲地の一区画を購入しようか迷っていた時、ハウスメーカーの営業に周りの3件は地盤改良が出なか

5区画の分譲地の一区画を購入しようか迷っていた時、ハウスメーカーの営業に周りの3件は地盤改良が出なかったのでその土地も多分地盤改良は出ないと思います。でも分かりません。一応50万は地盤改良で見積もりに入れておきますと言われました。
土地の手付金20万を払って地盤調査後ハウスメーカーの営業と打ち合わせで「地盤改良出てしまいました。すみません
」と言われたので「そうですか。」と言ったら「周りの家も1週間前に聞いたら地盤改良出てたみたいですよ!」と言われて、土地購入前は周りの家は地盤改良が無かったと言っていたので嘘をつかれました。
契約前に周りの家が地盤改良出てますとか、地盤改良出てるか分からないと言ってくれれば私たちはその土地を買いませんでした。
土地を解約したいですが20万はかえってきますか?
営業の人の嘘でおかしいと思いませんか?見積もりは50万でしたが実際は110万かかるそうです。予算も伝えてあるのに予算外になりました、
何より嘘を疲れた事がおかしいと思います。それでも土地の手付金は戻ってこないのでしょうか。

Aベストアンサー

あ~、これは・・・気の毒にね。
心中お察しする。

まず、この質問文の内容だと、契約解除に該当するようなレベルの落ち度が担当者にはなく、手付金の返還は求められない。
契約書どおりの手付金流しによる解約なら可能。

手付金が返還されるとすれば、訴訟などを経て、担当者の『嘘』を立証することになる。
具体的には。
担当者から「~~3件は地盤改良が出なかった~~」という話をした時点で、実はその3件は地盤改良が必要だということを担当者が知っていたということ。
あるいは、実際にはまだ地盤調査を行っていないので地盤改良が必要かどうか不明なのに「出なかった」と説明したこと。
この辺は事実と異なる説明で契約へ誘引したことになるからね。

地盤調査を2回やることは普通はナイので、担当者の言う「1週間前に聞いたら」というのは重要な証拠になるかもね。
担当者が地盤調査の結果を知ったのが『1週間前』ということなら、それよりも前の時点では「3件は地盤改良が出なかった」という情報を知りようもない。
知らなかった事柄なのに「多分改良は出ないと思います」という説明をしている点では全く根拠がなく、不適切な説明をしたことになる。

また、地盤改良の見積もり50万円が実際には110万円という点は、それだけの金額アップに合理的な理由があるはずだ。
きちんとした理由もなく、最初の見積もり時点では意図的に安い見積もりで計上していたとすれば、不当な誘引ということにもなる。
この辺も突けるかもね。

ただし、それら契約解除・手付金全額返金に該当する要件になるかどうかは別。
この辺から冒頭述べた気の毒ということになる。

本件では、地盤改良の費用の一部に充当するとして土地購入代の多少の値引きを交渉するか、手付金20万円の半額くらいを返すように交渉するか。
その辺が話の落としどころだと思うよ。

ぐっどらっくb

あ~、これは・・・気の毒にね。
心中お察しする。

まず、この質問文の内容だと、契約解除に該当するようなレベルの落ち度が担当者にはなく、手付金の返還は求められない。
契約書どおりの手付金流しによる解約なら可能。

手付金が返還されるとすれば、訴訟などを経て、担当者の『嘘』を立証することになる。
具体的には。
担当者から「~~3件は地盤改良が出なかった~~」という話をした時点で、実はその3件は地盤改良が必要だということを担当者が知っていたということ。
あるいは、実際にはまだ地盤調査を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング