人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

相続税に関して。30年前の130坪(当時坪50万)建坪45坪の土地建物を相続しますと、どのくらいの相続税がかかりますか?今は坪25~30万位に下落。交通至便
。家屋も綺麗。あと、子供が相続する場合と孫が相続する場合で相続税は違いますか?

A 回答 (6件)

ご呈示の情報だけでは、相続税は算出不能です。


1 相続税は遺産すべてから計算するため。
2 その際「法定相続人数」を加えた基礎控除額があるため。
3 土地の評価額は時価ではなく、相続財産評価額(国税庁が定めている規定による)に基づくため
です。家屋が汚いか綺麗かは、実は無関係です。

子が相続する場合に比して孫が相続する場合には「孫にかかる相続税は2割増し」が原則。

この場は多くの人が参考にされるので、誤った記述を僭越ですが訂正させていただきます。

「子供が先に旅立ったので代わりに孫が相続ですか。
それとも子供がいながら孫にですか。
前者なら相続税額に違いは出ません。
後者なら相続でなく贈与になりますから、税の負担率は極めて大きくなります。」
と言う回答の「後者なら相続ではなく贈与になる」というのは誤りです。
遺言で孫に贈与してる場合には贈与税対象ではなく相続税対象です。
前述したとおり2割増しになりますが、贈与税が課税されるというのではありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有難うございます。よく相談してみます。

お礼日時:2018/12/06 23:44

分かりません。


相続税というのは、
①被相続人の遺産は全部でいくらか?
②法定相続人が何人いるか?
が分からないと算定できません。

また、不動産の評価額は
③土地は現在の路線価
④建物は固定資産税の評価額
で決まります。

ですから、
他の相続財産
⑤金融資産
⑥動産
いくら相当あるのか?

相続人は何人いるのか?
⑦配偶者は? 有無と生死
⑧子供は?  有無と生死
⑨孫は?
⑩親は?
⑪兄弟は?
といった情報が必要です。
※特に⑦~⑨あたり

以上、ご提示下さい。

>子供が相続する場合と
>孫が相続する場合で
>相続税は違いますか?
はい。違います。
子がいて、孫に相続となる場合は、
2割増になります。
※贈与などにはけっしてなりません。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …

いかがでしょうか?
    • good
    • 0

相続税評価額によります 通常取引価格の6~7割程度


孫の相続は 代襲相続と遺贈による相続では 税率が大きく違います
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます。よーく相談してみます。

お礼日時:2018/12/06 23:43

固定資産税の通知書に書いてある評価額を見てください


それが、相続税の計算の元になります
相続税は、土地家屋だけでなく、すべての資産(預貯金・有価証券など)の合計ですから
土地家屋だけでは、判断は無理です。
また、相続人の人数などにより 相続税が掛かるかどうかも変わってきますので
ご質問の内容だけでは、判断は不可能です。
    • good
    • 1

まぁその程度なら、相続税関係ない

    • good
    • 0

>今は坪25~30万位に…



それは何の値段ですか。
不動産屋の相場なら関係ありません。

贈与税や相続税の算定は、土地は路線価が定められている土地なら路線価、路線価のない土地なら固定資産税評価額です。
建物は固定資産税評価額です。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …

固定資産税評価額は固定資産税の納付通知書に書かれていますし、市役所へ行って聞くこともできます。
路線価は国税庁のページで調べられます。
http://www.rosenka.nta.go.jp/

>どのくらいの相続税がかかりま…

相続税は一つ一つの遺産に対してかかるのではありません。
土地建物はもちろん現金、預金、株券、宝石金属書画骨董類その他あらゆる遺産を合計し、下記の基礎控除額を引いて税率をかけ算します。

基礎控除額 = 3,000万 + [法定相続人数] ×800万
税率は 10~55%
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …

>子供が相続する場合と孫が相続する場合で…

子供が先に旅立ったので代わりに孫が相続ですか。
それとも子供がいながら孫にですか。

前者なら相続税額に違いは出ません。
後者なら相続でなく贈与になりますから、税の負担率は極めて大きくなります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/i …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2018/12/06 12:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続のことで質問させていただきます。 先日、父親が他界しました。 私は長男です。 通夜葬儀、死後の手

相続のことで質問させていただきます。

先日、父親が他界しました。
私は長男です。
通夜葬儀、死後の手続き等色々と済ませて
相続のことも今後考えていかなければいけません。
相続対象としては、
私から見て母親、結婚して外に出た妹、
父と養子縁組してる妻、そして私です。

父親の残した預金は一億円くらいです。
控除含めて計算して、
どのくらいの額が相続税として
徴収されてしまうものでしょうか?
参考までに試算頂きたいです。

Aベストアンサー

ご愁傷さまです。

家族構成は以下でよろしいですか?

 ★父┬◇母1/2
 ┌─┴┬……┐
◇妹 ◇兄―◇妻
1/6  ↑本人↑養子
   1/6  1/6
★:被相続人
◇:法定相続人
※分数は法定相続の配分

相続税額は、相続財産の配分により
変わります。

極端な話でいけば、相続財産1億を
全て配偶者のお母さんが相続すれば、
配偶者の軽減特例で、1.6億までは、
相続税が課税されないので、
相続税は0です。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4158.htm

法定相続の配分どおり相続した場合は、
基礎控除
3000万+600万×法定相続人4人
=5400万
が控除され、
1億-5400万=4600万
が課税対象となります。

法定相続どおりに課税分を配分すると
母4600万×1/2=2300万
子4600万×1/6=767万(の3人分)
で、相続税は、
母2300万×15%-50万=295万
子767万×10%≒77万(の3人分)
となり、
合計の相続税は、
★295万+77万×3人≒525万
となります。

母は軽減の特例で0
子の3人が税額の約半分262万を
3分割して、ひとりあたり
★約87万ずつ納税となります。

全体の相続税525万は、
相続財産の配分割合により、
相続税の配分割合も決まります。
母の分はどの場合でも0です。

相続財産は預金(の1億)だけでは
ありません。
不動産、動産をお父さんの財産、
一切合財で、評価額が決まります。
ですから、
1億+αになることが想定されます。

また、奥さんを養子とすることで、
基礎控除が増えて多少節税には
なっていますが、相続財産の配分は
別の話になります。

法定相続人全員で協議して、
遺産分割協議書を作成して
全員で合意して下さい。

もめて協議が難航して、
相続税の申告期限までに
相続税の申告ができないと
お母さんの相続税軽減が
受けられないので注意
して下さい。

以上、いかがでしょう?

ご愁傷さまです。

家族構成は以下でよろしいですか?

 ★父┬◇母1/2
 ┌─┴┬……┐
◇妹 ◇兄―◇妻
1/6  ↑本人↑養子
   1/6  1/6
★:被相続人
◇:法定相続人
※分数は法定相続の配分

相続税額は、相続財産の配分により
変わります。

極端な話でいけば、相続財産1億を
全て配偶者のお母さんが相続すれば、
配偶者の軽減特例で、1.6億までは、
相続税が課税されないので、
相続税は0です。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4158.htm

法定相続の配分どおり相続した場合は、
基礎控除
3000万...続きを読む

Q登記の名義変更と相続放棄について 数年前に亡くなった義父名義の土地と建物の建て替えを考えており、所有

登記の名義変更と相続放棄について

数年前に亡くなった義父名義の土地と建物の建て替えを考えており、所有権移転登記は司法書士の先生にはお願いせず自分たちでしようと思っています。私は嫁の立場です。
義父が亡くなってから義母は名義系の事は何もしておらず、今も電気代や固定資産税等全て義父名義で郵便物が届いている状態です。

建て替え前に土地と建物を夫の名義にしようと思っているのですが(法定相続人は同意済です)他のサイトで、建て替えるのなら建物の所有権移転登記をするのは登録免許税の無駄という回答を見ました。

質問① この場合、土地のみの所有権移転登記と滅失登記の書類を用意・手続きすればいいのでしょうか?
滅失登記は解体後にするものだと思うのですが、建物に関して他に必要な書類は何がありますか?

質問② 義母と義兄弟たちは単純相続をした事になっていると思うのですが、この場合母と兄弟は相続放棄をする事になるのでしょうか?相続放棄は3ヶ月までしかできないと見たのですが、こう言った場合相続放棄とは言わないのでしょうか?

質問③ 役所のHPに申請書のマスターがありますが、必要な部分をワードで記入して署名・捺印で良いのでしょうか?

質問④ 上記の場合、遺産分割協議書も必要でしょうか?必要でしたら、夫のみが相続、他の相続人は何もなし で良いのでしょうか?(実際は現金があり、今は義母が全て持っていますが行事ごとのときに兄弟に渡す事になっています。夫は家を建てるときに渡される予定です。)

質問⑤ 解体合意書は、解体業者によって違うのでしょうか?先にこちらで用意する事はできますか?


無知で初歩的な質問が多いかと思いますが、これから何かと物入りの為司法書士の先生に頼むという選択肢は今のところありません。お手数おかけしますがよろしくお願い致します。

登記の名義変更と相続放棄について

数年前に亡くなった義父名義の土地と建物の建て替えを考えており、所有権移転登記は司法書士の先生にはお願いせず自分たちでしようと思っています。私は嫁の立場です。
義父が亡くなってから義母は名義系の事は何もしておらず、今も電気代や固定資産税等全て義父名義で郵便物が届いている状態です。

建て替え前に土地と建物を夫の名義にしようと思っているのですが(法定相続人は同意済です)他のサイトで、建て替えるのなら建物の所有権移転登記をするのは登録免許税の無駄とい...続きを読む

Aベストアンサー

まずは 土地建物とも相続登記をしましょう。
土地建物とも夫に相続させる旨の遺産分割協議書を持参すれば簡単にできます。他の遺産がどうのこうのは関係ありません
今は 登記所も親切で 相談員に相談すれば 詳しく手続きを教えてくれます。(ウチの実家では独力でしました) 司法書士に頼んだら10万近く掛かりますよ
相続登記なら 登録免許税もわずかです 固定資産評価額(ちなみに実勢価格の70%程度)の0.4%です。5000万円として20万円です。(売買なら2%) 土地は別として古家なら評価額もわずかでしょう

Q姪への教育資金贈与

姪の学費を援助する為,贈与したいのですが,教育資金の一括贈与の制度は叔父→姪では使えません。
この場合暦年贈与になるのでしょうか?他の節税方法はありませんか?

Aベストアンサー

姪御さんだけに贈与するのではなく、親御さんにも贈与すれば、それぞれ非課税枠が110万ずつになりますよ。
親が子の教育資金を払うのは贈与でもなんでもないですし。

Q生前贈与についての質問です。 今高齢の父がいます。4人兄弟ですが、父と同居している1番下の弟がお金に

生前贈与についての質問です。

今高齢の父がいます。4人兄弟ですが、父と同居している1番下の弟がお金にルーズで、父にお金をせびり、父も言われるがままに出しています。

最近父が入院した時は、父の預金通帳から勝手に下ろしたり、定期を崩したりしています。入院前に3000万以上あった父の普通預金の残高が1千万を切っています。定期は2千万全額消えてます。
定期を崩す際の委任状に関しては自分の息子に代筆させています。

ちなみに父は膀胱癌をやっていますが、初期で治療済みです。認知症はありません。
しかし我々他の兄弟が四男にお金の使い込みを問い詰めても、父は同居している四男と2人きりの時に泣きつかれると、使われたお金は容認して「そのお金はあげる」と言ってしまうと思います。

そこで質問です。
もし父がその使い込まれたお金を、四男に贈与する事を認めてしまった場合は、残りの兄弟3人は、弁護士を立てて、同額を貰う権利は法的にはないのでしょうか?
わかる方教えて頂けると幸いです。

数百万単位の時は我々他の兄弟も容認してしまったのですが、父の入院を機にエスカレートして不動産以外の資産を全て使い込む勢いです。
父の残り人生の為に必要な預金も全て使われているので、父の財産がなくなれば、残りの兄弟で父の生活の資金を援助しなくてはならなくなり、理不尽で仕方ありません。

生前贈与についての質問です。

今高齢の父がいます。4人兄弟ですが、父と同居している1番下の弟がお金にルーズで、父にお金をせびり、父も言われるがままに出しています。

最近父が入院した時は、父の預金通帳から勝手に下ろしたり、定期を崩したりしています。入院前に3000万以上あった父の普通預金の残高が1千万を切っています。定期は2千万全額消えてます。
定期を崩す際の委任状に関しては自分の息子に代筆させています。

ちなみに父は膀胱癌をやっていますが、初期で治療済みです。認知症はありません。
...続きを読む

Aベストアンサー

お父様がお父様の意思でお父様の財産をどう使おうが、贈与しようが、まだ相続人ではないあなた方にどうこう言う立場にありません。
あるとすれば、大変失礼な話ではありますが、お父様が亡くなった際の取り分で、他の相続人より多くすでに贈与を受けているとして、取り分を減らすことができます。
すでに大部分を浪費されている場合には、争えば、遺留分減殺請求という形で請求ができる場合もあります。ただ、お父様の意思で贈与した古い話までは持ち出せないかもしれません。

私も親の財産から出してもらったり、借りて返済できていないものがあるので、あまり言いにくい部分ではあります。
でも、あくまでも存命中はお父様の意思が大事ということとなります。

悪く言えば、あなた方はお父様を恨むしかないのです。四男をそういう男に育ててしまったこと、その四男に無計画(ご自身の計画出ない贈与を含む)に出してしまうわけですからね。
お父様の預貯金などがなくなり、医療や介護、その他生活にかかるお金が足りないこととなれば、当然あなたがとぉ含めた4人に扶養の義務があります。
しかし、この義務は、義務を果たさないからと言っても罰せられるものでもありません。どうしても許せないのであれば、四男への贈与があれば困ることのなかったお父様、状況次第ではあなた方へ残せるお金でもあったこと、その大半ほとんどを費やした四男に最後まで世話になれと、突き放してしまうのです。
今後きっちりできるのであればまだしも、これからも四男の言いなりになるのであれば、今後見舞いもできないし、孫も見せられないし、汚いかもしれないが葬儀にも出ないし当然骨を上げることもしないし、墓参りもしない。それほど子供である4兄弟の一人の言いなりになるということはそういうことだというのです。
四男がどういう理由かわからないが、困っているのを助けるだけが親なのか?四男自身で乗り越えたり責任を果たさせることを覚えさせることが大事だろうと、言えばよいでしょう。
実際にそういったからと言って、何もできなくなるわけではりません。それほどの覚悟や憤りがあることを伝えるというのもありでしょう。

ただ、四男はずるいかもしれないが、父親が父親の意思で財産使い果たすことに意見を言えるものでもありません。言い出せば、あなた方は父親の財産をあてにしているというようにも見えます。しかし、四男に手厚く煙ぞyするのであれば今後は四男に世話になれというのはおかしな話でもないと思います。
しっかりとあなた方のことを考えている親であれば、そのような四男に対する援助とは別に、あなた方向けの生命保険をかけているかもしれません。私の祖父母がそうでした。世話になった嫁には権利がないことと、はっきりと嫁への感謝を示すために嫁が受取人となっている生命保険を残すというのも見ました。
あと、平等に育てていたが、事業や住まいなどの関係で、金銭的に援助をより多くした子とそうではなかった故、生まれた時期で親の経済状況で辛い思いをさせた一部の子へなどと、生命保険や別な預金を残すなんてこともあります。
うちの子たちに限ってとかで無責任何もしない親の方が多いでしょうけどね。

最低限別居であれば、お金が尽きたら不動産を売り、それもなくなれば生活保護を受けてもらえばよいでしょう。
四男が喪主の葬儀あるのかな?十分な葬儀をしてくれるのかな?世話になった親類縁者に不義理しないかな?先祖の墓などもしっかりと管理できるのかな?
そんな子だけに頼って幸せ?そんな状態で他の子たちに世話になることへの気持ちはどうなの?としっかりと伝えるのです。
お父様がおいくつなのかわかりませんが、時代によっては財産管理を奥様であるお母様に任せすぎて、預貯金や財産への考えが甘い父親も多いものです。
言われなければわからないというのもありますし、頑固でそこまでいうのであれば縁切りという人もいます。
お父様の性格に合わせて、今の状況のままでよいのかを考えさせるべきでしょう。

お父様がお父様の意思でお父様の財産をどう使おうが、贈与しようが、まだ相続人ではないあなた方にどうこう言う立場にありません。
あるとすれば、大変失礼な話ではありますが、お父様が亡くなった際の取り分で、他の相続人より多くすでに贈与を受けているとして、取り分を減らすことができます。
すでに大部分を浪費されている場合には、争えば、遺留分減殺請求という形で請求ができる場合もあります。ただ、お父様の意思で贈与した古い話までは持ち出せないかもしれません。

私も親の財産から出してもらったり...続きを読む

Q確定申告したら納税するように言われたのですが...

国税庁の確定申告の自動計算ページ↓
(https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl)で計算すると、
税金の還付ではなく逆に納税するように言われました

以前より収入が増えてはいたのですが、
今回のようなケースは初めてです。
還付ではなく納税というケースはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

公的年金所得者は受け取ってる額が400万円以下なら確定申告不要です。
しかし、それと知らずに確定申告書を作成すると「納税額が出る」人が結構いるのです。

「雑収入」はいくらでしょうか。
正確には収入から経費を引いた所得はいくらですか。
その額が20万円以下なら確定申告書の提出はしなくて良いです。

下手に医療費控除を受けようと申告すると納税額が出る場合もあります。

該当条文は所得税法第121条です。

Q親の銀行通帳から生前に自分の通帳に移したら贈与税に引っかかりますか?死後にすぐ移したら問題は無い?

親の銀行通帳から生前に自分の通帳に移したら贈与税に引っかかりますか?死後にすぐ移したら問題は無い?

Aベストアンサー

補足コメントで、生前贈与を正式に
するのであれば、『相続時精算課税』
を利用すればよいです。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4409.htm

>一日100万ずつおろして
とか、無意味なことはせず、
相続人で生前贈与をしてしまい、
贈与税の申告で『相続時精算課税』を
選択して申告すればよいのです。

文字通り相続時に精算する生前贈与
でしたと、相続税の申告をして、
相続税も0と申告すればよいです。

他に不動産や動産の財産もなく、
1500万の金融資産のみという前提
ですが。

いかがでしょう?

Q相続関連

相続税が一億支払う場合、相続財産はいくらでしょうか?

Aベストアンサー

>一億支払う場合、相続財産は…

課税価格が
( 1億円 + 2700万 ) ÷ 0.45 = 2億8,222万円
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4155.htm
です。

遺産総額はこれに基礎控除額を加えた額ですが、法定相続人の数をお書きでないので算出できません。
基礎控除額は、
3,000万 + 800万 × [法定相続人数]
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4152.htm
です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/index2.htm

Q相続時精算課税制度についての質問です。相続人私と兄の二人です。4200万までは相続税無税ですよね。今

相続時精算課税制度についての質問です。相続人私と兄の二人です。4200万までは相続税無税ですよね。今年兄私と1200万づつ銀行振り込みにて贈与を受けようかと思ってます。(母の特養入居条件が直近の預金残高1000万以下でないといけない) これで母の預金残高800万になるのですが、確定申告にて相続時精算課税制度を利用すると税務署からのお尋ねなるものはくるのでしょうか?また銀行に入出金の照会するものでしょうか?過去にも800万ほどの贈与ありそのままにしているので!マイナンバー銀行に登録してあるので、以前よりは簡単に税務署把握できるのではないかと思ってです。精算課税制度利用すると暦年課税利用できなくなるので10万での贈与も申告しないといけなくなりますか? 1200万申告しないと税務署からお尋ねきますか?

Aベストアンサー

「確定申告にて相続時精算課税制度を利用すると税務署からのお尋ねなるものはくるのでしょうか?」
 来ません

「銀行に入出金の照会するものでしょうか?」
 しません。

「過去にも800万ほどの贈与ありそのままにしている」
 贈与税申告義務を果たしていませんね。

「マイナンバー銀行に登録してあるので、以前よりは簡単に税務署把握できるのではないかと思ってです。」
 税務署ではマイナンバーによる銀行照会ではなく、住所氏名生年月日で調査します。
 マイナンバー制度は「行政機関同士で使用する」のが原則だからです。

「精算課税制度利用すると暦年課税利用できなくなるので10万での贈与も申告しないといけなくなりますか? 」
 その通りです。
 相続時精算課税制度を選択した場合には、2,500万円までがその適用を受けますので、同額を超えた贈与には20%課税となることになり、同一人物からの贈与があれば毎年申告する必要があります。

「1200万申告しないと税務署からお尋ねきますか?」
来ません。
贈与税の申告義務が果たされてない状態、つまり脱税状態になります。
相続時精算課税選択は法定申告期限までに選択する必要がありますので、無申告発覚後は相続時精算課税の選択ができないことになります。


おまけ
相続発生し相続税申告書が提出された(あるいは無申告でも)後に、相続税申告内容と同時に過去の贈与税申告がされているかどうかが調査されるのが一般的な税務調査です(※)。

 そろそろ「死ぬ」という方の財産を名義変更したり贈与すると、まずは「過去6年間に贈与があったかどうか」を調査されます。
 そして相続発生時の3年前の日以後の贈与については、相続財産に加算して相続税計算されます。
 注意点は「では、相続発生前3年間の贈与には贈与税がかからないのだ」と考えるの間違い。
 贈与税申告を改めて提出して本税、加算税、延滞税の納税をすることを求められます。
その後相続税申告書にて、納税すべき相続税から、贈与税が控除されます。


税務当局は世界有数の情報集中機関です。
とはいえ、庶民の数百万円の口座移動まで把握していたら、情報がパンクしてしまいます(個人事業主でも、その程度の振り込みや入金はざらだからです)。

税務署員は限られた人員ですので、国民の口座の動きを毎日見張ってるわけではありません。ご懸念の「お尋ねがくるかどうか」は心配無用と考えます。

既述のように「税務調査対象となるのは、相続発生後」です。
その時に「どうして申告しなかった」「預金の分散をしたかった。贈与ではないと思った」はタダの言い逃れなので、当局は斟酌してくれません。

「確定申告にて相続時精算課税制度を利用すると税務署からのお尋ねなるものはくるのでしょうか?」
 来ません

「銀行に入出金の照会するものでしょうか?」
 しません。

「過去にも800万ほどの贈与ありそのままにしている」
 贈与税申告義務を果たしていませんね。

「マイナンバー銀行に登録してあるので、以前よりは簡単に税務署把握できるのではないかと思ってです。」
 税務署ではマイナンバーによる銀行照会ではなく、住所氏名生年月日で調査します。
 マイナンバー制度は「行政機関同士で使用する」...続きを読む

Q相続税の追徴金について

一年前に、相続税を支払いました。農業者なので田を8枚程度売り、現金にして納入しました。
今年になり三回忌を終えた頃、税務調査が入り、納税のために売却した土地が評価額より高いという理由でさらに600万円ほど追徴されそうです。この土地は、納税のために売却した土地の一部で、締め切り直前に不動産業者が買い付けにきたもので、価格も業者が決めたものです。そこは、建売で販売され完売したようです。こちらとしはそのおかげで納税ができました。それが、今更、追徴となると銀行に借金するか、残りわずかの田を売らなければなりません。
このように、納税用の田売値が評価額より高いと、追徴されものでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

広大地評価をしたが、実は広大地ではなかった。
という訳ですね。
これはひとえに税理士の責任ですから、税理士にその責任を負ってもらいましょう。

税理士はこのような時のために損害賠償保険に入ってます(加入してない人もいる)。

広大地評価は、なにが広大地であるかという定義に曖昧性があったので、このような物議がおきます。平成29年に税制改正されました。

Q家と土地が自分名義かどうか確認するためにはどの役所に行ってどんな手続きをすればよいのですか

家と土地が自分名義かどうかを確認するためには、どの役所に行ってどんな手続きをすればよいのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法務局
オンラインでもできます
http://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp/index.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング