人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

給与収入4800000円
社会保険料705000円
生命保険料控除額56000円
地震保険料控除額3008円
住宅控除額88000円
配偶者、子供8歳1人
特なんちゃらは0です。

その他今年の所得は共済金150万、所得税に該当

この場合のふるさと納税の上限額はいくらになりますか?
シュミレーションしたのですが共済金の所得税などで、よくわからなくなってしまいました。
不足情報がありましたら追加致します。
宜しくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • こんにちは。
    ご丁寧にありがとうございます。
    共済金は課税の物で、所得税がかかるようです。
    50万は非課税で残りの100万が課税というような話だったと思います。
    宜しくお願い致します。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/12/07 09:39

A 回答 (3件)

>共済金は、50万は非課税で残りの100万が課税というような話



多分生命共済の、期金か解約金だと思います。

支払明細書が、付いてきていると思いますが、そこに記載された支払額から必要経費(支払った保険料の総額)を引いた金額が、150万円ということでよいでしょうか?
これでよければ、満期金は一時所得となります。
年明の、確定申告の期間に税務署で、確定申告をしてくださいね。(しないと脱税です)
そして、今年のふるさと納税をされるとしたら、ワンストップはダメですから、確定申告の中に含めて行ってください。
必要な証明書は、源泉徴収票・共済から来た支払証明書・ふるさと納税先から来た寄付金受領証明書が、必要となります。

詳細については、No2さんが書かれていますが、表の一部に入力ミスがあるようです(大差が出るような訳ではないです)。(私の記載との、一部重複はご勘弁ください)
    • good
    • 0

>50万は非課税で残りの100万が


>課税というような話
う~ん。この話が正しいのか、
判断が付きませんが、
おっしゃっている話から推測
できることは、
受け取った金額はもっとあり、
★共済金から掛金等を引いた金額の
★150万が『一時所得』となる。
★特別控除50万を引いて、
★課税対象が100万となる。
と聞こえます。

このあたり、共済金の支給先の
担当者に上述のような訊き方で
念を押して下さい。

そうしますと、
課税対象の100万の1/2の
★50万が合計所得として加算され、
★確定申告して納税が必要になります。

※ふるさと納税をしない場合、
①所得税で約4万の納税。
②住民税で約5万の増額
となります。

ふるさと納税は②住民税の増額分
最適額が増えます。
5万の20%の約1万円分増えて、
★6万円までできます。

今回『共済金』の確定申告を
しなければいけなくなるので、
ふるさと納税も確定申告で
申告することになります。
※確定申告の仕方は時期がきたら、
またご質問下さい。


★ふるさと納税をする場合、
確定申告して、
①所得税で約3万の納税
来年6月からの住民税は
共済金の増額分と
ふるさと納税の軽減分で
相殺され、
②住民税の増額はほぼなし。
となります。

共済金の『一時所得』の扱いは
よくご確認下さい。

6万のふるさと納税をした場合の
明細を添付します。
「ふるさと納税について教えて下さい。」の回答画像2
    • good
    • 1

共済金がポイントです。


どういった内容ですか?

とりあえず、共済金が給付金で
非課税として計算しますと。

約4.7万が最適額となります。

安全圏や端数など考慮すると
4万までが妥当かもしれません。

明細を添付します。

いかがでしょう?
「ふるさと納税について教えて下さい。」の回答画像1
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qふるさと納税について質問です 今回初めて納税しようと思っておりますが調べても分からない、不安な部分が

ふるさと納税について質問です
今回初めて納税しようと思っておりますが調べても分からない、不安な部分があるので分かる方解答をお願い致します

1.年末調整は会社で行なっております。確定申告などは難しいので納税を5団体以内にしてワンストップ制度を利用しようと思うのですが、今からだと返礼品が届くのが来年2月以降とのことで、ワンストップ制度の書類提出締め切りが1/14?ぐらいなようなので納税先から返礼品と受領書とワンストップ制度の申請書を待っていると間に合わないです

→ワンストップ制度の申請書は自らダウンロードして納税先に送る方法で締め切りに間に合えば問題ない

ここまでは分かったのがこの認識で間違いありませんか?時系列的にいうと以下になります
ふるさと納税へ申し込み(クレジットで支払い)→ワンストップ制度の申請書を自分でダウンロードし納税先へ発送→来年2月ごろに返礼品、受領書が届く
これで2018年度の所得税から還付されますか?

2.ポイント還元の問題でクレジットカードは住まいの違う家族のものを借りようと思うのですが問題ありませんか?

拙い文章で申し訳ございませんが詳しい方よろしくお願いします

ふるさと納税について質問です
今回初めて納税しようと思っておりますが調べても分からない、不安な部分があるので分かる方解答をお願い致します

1.年末調整は会社で行なっております。確定申告などは難しいので納税を5団体以内にしてワンストップ制度を利用しようと思うのですが、今からだと返礼品が届くのが来年2月以降とのことで、ワンストップ制度の書類提出締め切りが1/14?ぐらいなようなので納税先から返礼品と受領書とワンストップ制度の申請書を待っていると間に合わないです

→ワンストップ制度の申請...続きを読む

Aベストアンサー

まず、
>2
がダメです。
住民税を納税する人の名義で
全て揃っていないとダメです。

ここをどうするか、ご判断下さい。

>1
ワンストップ特例の誤解があります。
返礼品とは『別に』、
★申請書は寄附自治体からすぐに
★発送されます。

もちろん、自分で申請書を記入して
送ってもかまいませんが、『初めて』
ということだと、この時期だと双方で
間違い、輻輳、齟齬が発生し、肝心の
住民税の軽減が受けられなくなる
可能性もあります。

『あなたのクレジットカード』なら、
まだ十分間に合います。
各自治体の注意事項を確認しつつ、
是非、やってみて下さい。

確定申告はさして難しくないです。
年明けに、下記のURLから入って
申告書を自宅で、『ゆっくり作成』し、
印刷、押印して、
①平成30年分 源泉徴収票、
②マイナンバー通知カードのコピー、
③身分証明書(免許証等)のコピー、
④【ふるさと納税の】寄附金受領証明書
を添付して、郵送、あるいは
持参してチェックだけしてもらい、
提出する方が楽です。
https://www.keisan.nta.go.jp/h29/ta_top.htm#bsctrl

やることは、源泉徴収票の転記と
ふるさと納税の寄附金控除申告
だけです。

自分ではできないと思うなら、
来年の2/15~3/15に、
お住まいの管轄の税務署へ行って
することになります。
上記に加えて、
⑤印鑑、通帳など
を持って税務署の会場へ行き、指導を
受けながら、確定申告書を作成し、
提出します。

管轄の税務署は以下からお住まいの
住所、郵便番号で探して下さい。
http://www.nta.go.jp/about/organization/access/map.htm#map

ふるさと納税の寄附金控除の還付が、
後日指定の銀行口座に振り込まれます。
※この時点では、所得税のみ

いかがでしょう?

まず、
>2
がダメです。
住民税を納税する人の名義で
全て揃っていないとダメです。

ここをどうするか、ご判断下さい。

>1
ワンストップ特例の誤解があります。
返礼品とは『別に』、
★申請書は寄附自治体からすぐに
★発送されます。

もちろん、自分で申請書を記入して
送ってもかまいませんが、『初めて』
ということだと、この時期だと双方で
間違い、輻輳、齟齬が発生し、肝心の
住民税の軽減が受けられなくなる
可能性もあります。

『あなたのクレジットカード』なら、
まだ十分間に合います。
各自治体...続きを読む

Qふるさと納税上限額と確定申告について

サラリーマンをしており、今年は300万の給与があったとします。
社会保険40万
扶養家族30歳以上 1名
子供15歳未満 1名
株の損益で+230万
配当金で110万
あったとします。(住宅ローンなし・生命/地震保険なし)
株については特定口座源泉徴収済み

確定申告は通常通り行い、市役所にて配当金のみ申告しないこととします。
その場合、ふるさと納税による納税上限はいくらになりますか?

また、上記のように申告した場合、今回は株の利益が多いため以下の330万を超えてしまい、税額が上がります。いつもは、330万以下です。
所得税率 年収330万円を超え695万円以下だと427,500円(控除額は20%)

結果的に税の支払いを減らす(ふるさと納税還付含め)方法は、どういった組み合わせでの申告がいいでしょうか。
例として・・・
①、通常通り、確定申告し配当金のみ申告しないで上限までのふるさと納税をする
②、確定申告では、配当金のみ申告して、市役所には配当金は申告しないで上限までのふるさと納税をする
③、確定申告自体しないで上限までのふるさと納税をする→結果としてふるさと納税額はへってしまいますが
など・・・ほかにもあると思いますが
結果的には、来年度ベースでみて一番とくな方法を教えて頂ければ助かります。

すみませんが、よろしくお願いします。

サラリーマンをしており、今年は300万の給与があったとします。
社会保険40万
扶養家族30歳以上 1名
子供15歳未満 1名
株の損益で+230万
配当金で110万
あったとします。(住宅ローンなし・生命/地震保険なし)
株については特定口座源泉徴収済み

確定申告は通常通り行い、市役所にて配当金のみ申告しないこととします。
その場合、ふるさと納税による納税上限はいくらになりますか?

また、上記のように申告した場合、今回は株の利益が多いため以下の330万を超えてしまい、税額が上がります。...続きを読む

Aベストアンサー

>(5)株(所、住:申告分離)
>・配当(所:申告総合、住:申告分離)
>の配当の住民税は申告分離ですが、
>「いいとこどり」するためには、
>配当の住民税は申告しないという
>ことで認識していたのですが…

いいえ。
ichi_nii_sanさんの回答どおり、
配当の住民税は、
★申告分離で申告する。です。

>配当の住民税は申告しない
>ということで認識していたのですが…
申告しないパターンは、
No.9回答の(1)や(4)です。
配当(・・・、住:申告不要)
というパターンです。

私の言葉づかいも不正確でした。
譲渡所得と言っていたのは、
配当金を申告分離課税で申告する。
株の譲渡所得と同じく申告分離で
申告をする。と言った意味合いで
使ってしまいました。

具体的に住民税申告では、どういった
申告をするかを説明しておきます。

まず、
給与収入金額 300万
給与所得控除 108万を引いて
給与所得金額 192万…①

所得控除は、
     所得税 住民税
⑪基礎控除 38万 33万
⑫配偶者控除38万 33万
⑬社保控除 45万 45万
⑭合計   121万 111万…②
住民税の右側の控除額の②合計額を
①から控除します。
①192万-②111万
=81万…③課税所得となります。

給与所得のみの住民税(所得割)は、
③81万×住民税率10%=8.1万…④
となります。

さらに住民税申告書の、
申告分離課税の欄で、
⑤株の譲渡所得230万
⑥株の配当金 110万
を申告します。

⑤株 230万の5%
⑦11.5万が譲渡所得割額
⑥配当110万の5%
⑧5.5万が配当割額
という、住民税の分離課税となり、
★証券会社で源泉徴収されている
わけです。
これらの金額を明に申告書に記載します。

これにより、あなたの納税すべき
住民税(の所得割)は、合計で
★④8.1万+⑦11.5万+⑧5.5万
=25.1万…⑨となります。

この⑨25.1万の20%の
★⑩約5万が、ふるさと納税の
特例控除限度額になります。
これに、ふるさと納税の寄附金控除
住民税で10%
所得税で 5%
があるので、その分を逆算すると
⑩5万÷(100%-10%-5%)+0.2万
≒6.1万がふるさと納税の
限度額となるのです。

このように、以上のような
収入、所得金額等が申告書に
記載され、申告されないと、
ふるさと納税の6.1万の限度額が
認められないということなのです。

どうでしょう?
ご理解いただけたでしょうか?

>(5)株(所、住:申告分離)
>・配当(所:申告総合、住:申告分離)
>の配当の住民税は申告分離ですが、
>「いいとこどり」するためには、
>配当の住民税は申告しないという
>ことで認識していたのですが…

いいえ。
ichi_nii_sanさんの回答どおり、
配当の住民税は、
★申告分離で申告する。です。

>配当の住民税は申告しない
>ということで認識していたのですが…
申告しないパターンは、
No.9回答の(1)や(4)です。
配当(・・・、住:申告不要)
というパターンです。

私の言葉づかいも不正確でした。
...続きを読む

Q皆様、年金払っていますか? 私は、払っていません。 昔、国保と間違えて年金払ってからか、請求書が届き

皆様、年金払っていますか?

私は、払っていません。

昔、国保と間違えて年金払ってからか、請求書が届きます。

独身の時、夫も払っていなかったのですが、法も変わり差押えが怖く家族に迷惑かけたら申し訳ないからと払っているのですが、やはり妻の私も払った方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

国民年金は個人加入ですから、夫も妻もそれぞれ払った方がいいです、というより、払うべきです。

最近、親が無年金者であることが分って、途方に暮れる子供世代がいます。
「年金はつぶれる、掛け金払っても貰らえない」といった言い方は30年以上前からあります。
その頃の中堅世代が、今年金受給年齢になりつつありますが、年金制度は潰れていません。
掛け金に対する年金受給額は、どんな貯金より得です。
さらに、受給年齢になる前に障害などで働けなくなったら、障害年金をもらえます。

貯蓄や換金できる資産が5億円くらいあるのなら、年金不払いのままでも老後困ることは、たぶんないでしょう。
でも、3千万や5千万の貯金では、100歳時代といわれる老後生活では底をつく恐れがあります。
子供にお金を出してもらって老後の面倒をみてもらうのでしょうか?
そんな親、子供に大変迷惑です。

国民年金を払った方が得です。

Q2018年12月に退職する場合の、2018年のふるさと納税の利用メリットについて

前提
妻が、2018年12月に出産に伴い退職します。2019年1月から、私の扶養に入ります。

この場合、ふるさと納税を利用する節税のメリットは、あるのでしょうか?
※2018年の妻の収入は400万円程度で、他に特殊な前提はありません。
※私のふるさと納税ではなく、妻のふるさと納税の利用メリットについての質問です。

以下の認識ですが、正しいか、回答を頂戴したいです。

1
ふるさと納税では、2018年の所得に応じた住民税の一部が返ってくると見なせる

2
2018年の所得に対する住民税は、実際は2019年に支払うことになる

3
2018年11月にふるさと納税をすると、2019年に支払わねばならない住民税が控除される

4
よって、結論として、2018年12月に退職するとしても、2018年中にふるさと納税をする事で、メリットがある

Aベストアンサー

何か変な回答がついてるので…
惑わされないようにご注意下さい。A^^;)

あなたのご質問の内容で
★何も間違っていません!

概算で奥さん収入では、4万の
ふるさと納税が、最適額です。
それにより
★3.8万の住民税の軽減があります。

2000円の支出が増えますが、
お礼の品で十分、得になると
言えるでしょう。

表現として住民税が『返ってくる』
ではなく、来年6月から課税される
住民税が、3.8万『少なくなる』と
言った方がよいでしょう。

『所得税から引き算(税額控除)』
とか言う回答はデタラメです。

ワンストップ特例を利用されれば、
★全て住民税から引かれます。

奥さんが、確定申告する場合は、
所得税から一部還付されますが、
その場合でも所得控除となります。
上記例では、
3.8万×税率5%≒1,900円だけです。
その残りの
38,000円-1,900円=36,100円分
住民税が少なくなります。

『所得税で引ききれない控除額が…
 住民税に…』
というのは、全くもってデタラメです。
ご注意下さい!

ご質問者の方が、よく理解されている
といってよいです。

奥さんの収入から想定される明細を
添付します。

いかがでしょうか?

何か変な回答がついてるので…
惑わされないようにご注意下さい。A^^;)

あなたのご質問の内容で
★何も間違っていません!

概算で奥さん収入では、4万の
ふるさと納税が、最適額です。
それにより
★3.8万の住民税の軽減があります。

2000円の支出が増えますが、
お礼の品で十分、得になると
言えるでしょう。

表現として住民税が『返ってくる』
ではなく、来年6月から課税される
住民税が、3.8万『少なくなる』と
言った方がよいでしょう。

『所得税から引き算(税額控除)』
とか言う回答はデタラメです。

ワン...続きを読む

Q住宅ローン控除がある時の、適切なふるさと納税額(給与以外の利益が無い場合)

ふるさと納税を検討しています。

住宅ローン控除がある場合の、控除上限額を教えていただくことはお願いできませんでしょうか(株の利益が無いパターン)?適切なふるさと納税額を算出したい、という意図です。

約束を求めるものではなく、目安としてこの程度である、ということがわかれば結構です。

★前提条件
▼家族
妻のみ
⇒2018年度は考慮の必要はありません。

▼総収入
550万円

▼給与所得控除後の金額
400万円

▼所得控除額の合計額
130万円

▼所得税の課税総所得金額
270万円

▼所得税率
10%

▼市町村民税所得割
16万円

▼都道府県民税所得割
11万円

▼住民税所得割
27万円

▼生命保険の支払い
10万円

▼住宅ローン残額
3500万円
⇒借り入れの時期は2018年10月

▼住宅ローン控除
1%で適用。2019年の2月に行う確定申告が初の申請です。

★私の理解
拙いものですが、私の理解を記載します。STEP4-1とSTEP4-2で理解できておらず、回答頂戴したいです。


STEP1
住宅ローン減税額は35万

STEP2
住宅ローン減税による所得税の還付額は16万円(控除分の残りは35-16=19万)

STEP3
控除分の残り19万から、住宅ローン控除の住民税の控除上限額約13.5万円が差し引かれる。結果、住民税の支払い金額は5.5万円になる。

STEP4-1の考え方(この結論部分が特に怪しいです。4-1と4-2で、どちらが正しいかわからない次第)
この5.5万円がふるさと納税で使うべき上限金額となる。

STEP4-2の考え方
住民税の所得割は27万。この27万の20%がふるさと納税特例控除の限度額となり、5.4万円。
ふるさと納税で使うべき上限金額は、5.4万÷(100%-10%-10%)+0.2万=6.95万となる。


★その他
※2018.11.7に

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/10814140.html

にてふるさと納税をいくらにすべきか相談しています。
その際と比較すると、住宅ローン残高と株の配当金について、私の認識が誤っており、再度質問しております。
株の配当益がありそうで、その前提で相談していたのですが、利益を2018年に発生させなくても良さそう、ということがわかり、再度質問しています。
(こちらの背景はややこしいので省略します)

ふるさと納税を検討しています。

住宅ローン控除がある場合の、控除上限額を教えていただくことはお願いできませんでしょうか(株の利益が無いパターン)?適切なふるさと納税額を算出したい、という意図です。

約束を求めるものではなく、目安としてこの程度である、ということがわかれば結構です。

★前提条件
▼家族
妻のみ
⇒2018年度は考慮の必要はありません。

▼総収入
550万円

▼給与所得控除後の金額
400万円

▼所得控除額の合計額
130万円

▼所得税の課税総所得金額
270万円

▼所...続きを読む

Aベストアンサー

リセットして、ご質問文に沿って
誤解がありそうな箇所を説明します。

>STEP1
>STEP2
まではOKです。

>STEP3
>控除分の残り19万から、住宅ローン
>控除の住民税の控除上限額約13.5万円
>が差し引かれる。
>結果、住民税の支払い金額は
>5.5万円になる。
ここに認識のズレがありそうです。
残り19万あっても、
>住民税の控除上限額約13.5万
しか、引かれないのです。
差額の5.5万はロスとなるのです。

ですから、
住宅ローンだけの住民税の減額は
ご質問の金額を使うと13.5万
住民税額も、
27万-13.5万=13.5万
ということです。

ですので、
>STEP4-1
は、誤解で、
>STEP4-2
の考え方でよいです。
私の試算によると、
5.4万にはなりませんが、
そこは誤差として。

但し、最適額以内で、
ふるさと納税をしても、
所得税から還元される
10%分が、住宅ローン減税の
オーバー分に吸収されてしまうのです。

それが、前回答の

所得税の...
16万から③②全部引き切れません。
ですから、
 所得税 住民税
  16万  26万
③◆-0.6万 -0.6万
      ③-4.8万
②★-15.4万★-13.6万
となってしまいます。

住宅ローン減税で所得税の
★16万マルマルの控除が
★ふるさと納税の-0.6万で
★15.4万に減り、その分
★住民税へ押し出される。
ということです。しかし、
★13.6万が上限なので、
それ以上の住宅ローン減税は
ないのです。

結果として、
所得税の-0.6万もロスとなる。
ということです。

6万のふるさと納税をして、
2000円+6000円=8000円▲が
軽減されないことになり、
ふるさと納税で、5.2万しか
軽減されないことになります。

ですから、お金だけでみれば、
★ふるさと納税をしない方が、
★余計な支出がない
ともいえるわけで、そうした
選択肢も視野に入れた方がよい
かもしれません。

11月から総務省のきついお達しがあり、
『お礼の品は寄附額の3割まで。』
に、各自治体が従うことになり、
少しさびしくなりました。

6万のふるさと納税の寄附をすると、
6万×3割=1.8万相当のお礼の品が
もらえるので、
先の8000円▲の支出を上回るお礼の品が
手に入ると言えると思います。

それが得だと思えるかどうかになります。

やはり、
配当所得と、ローン残高増の影響は
大きかったと言えますね。A^^;)

リセットして、ご質問文に沿って
誤解がありそうな箇所を説明します。

>STEP1
>STEP2
まではOKです。

>STEP3
>控除分の残り19万から、住宅ローン
>控除の住民税の控除上限額約13.5万円
>が差し引かれる。
>結果、住民税の支払い金額は
>5.5万円になる。
ここに認識のズレがありそうです。
残り19万あっても、
>住民税の控除上限額約13.5万
しか、引かれないのです。
差額の5.5万はロスとなるのです。

ですから、
住宅ローンだけの住民税の減額は
ご質問の金額を使うと13.5万
住民税額も、
27万-1...続きを読む

Q去年収入少ない、住民税なし。ふるさと納税できる?

2017年わけあって収入が少なかったため、住民税の払込書が役所から来ていないのですが(非課税?)独身、男で一人暮らしです。
今年は1月からずっと働いてます。アルバイトですが収入はあります。
ふるさと納税って、出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

非課税なら「税金」としては納められません。
非課税の人が税金を納めるとなると法体系が狂ってしまい、行政運営に支障が生じます。

なので「寄付」という形になります。

Qふるさと納税のお金の支払いは?

ふるさと納税でぶっちゃけ、お金支払い教えてください。
控除とか納税でなく、具体的にどうなるんでしょうか。

ふるさと納税の上限が、12万円の場合。
牛肉に4万円
工芸品5万円
陶芸品1万円
をワンストップ特例制度で寄付した場合。

この場合のお金の流れはどうな流のでしょうか。

1. 払う金額は10万円で良いですか。
払い方法はクレジット?、振込?

この先がよくわからないです。
2. 税金の控除って、課税対象の控除なんでしょうか?

ぶっちゃけ最終的にどうなるのでしょうか。
10万円払って、9万8千円戻るのでしょうか。

Aベストアンサー

ふるさと納税は簡単です。
以下のような、ふるさと納税の各サイトで
通販サイトようなイメージで、お礼の品、
特産品を選び、買い物をする要領で、
納税します。

クレジットカード払いが基本です。
サイトにクレジットカード番号を
登録して、支払います。

実態としては、お礼の品を購入している
イメージですが、制度としては自治体に
寄附していることになります。

下記のサイトでイメージを掴んで下さい。
https://www.furusato-tax.jp/
https://event.rakuten.co.jp/furusato/
https://www.satofull.jp/

この寄附金額が住民税の20%以内なら、
その20%は住民税から引かれるので、
★支出はほとんど変わらず、お礼の品が
もらえて得。というわけです。

>1
10万円ふるさと納税するなら、
10万円クレジットで払うことに
なります。
但し、逆算すると、通常、
★住民税を50万納税している人
でないと、割が合いませんので、
注意して下さい。
※年収900万相当です。

ふるさと納税をして、しばらくすると、
お礼の品とは、別送で、
①特例申請書
②寄附金受領証明書
というのが送られてきます。

①特例申請書を送り返すことで、
★ワンストップ特例という申請ができ、
あなたが住民税を納税するお住まいの
役所とふるさと納税した役所との間で
あなたが意識せずに手続きがなされ、
ふるさと納税分の住民税が安くなる
ようになっています。

但しワンストップ特例は制限があり、
・ふるさと納税する自治体が、
 5自治体より多い場合。
・他に確定申告する必要がある場合
は、適用できません。

その制限にかかった場合は、
寄附金受領証明書を使って、確定申告を
することで、所得税の還付が受けられ、
住民税が軽減されます。

ふるさと納税した金額を寄附金控除として
申告し、上記証明書とともに提出します。
この申告が税務署から役所にまわり、
住民税が計算され、ふるさと納税分が
★軽減されることになります。

来年の6月から払う、
★50万の住民税が
★40万の納税済む。
ということになります。

重要なポイントは、
①来年の住民税を安くするために、
★今年の年末までに、ふるさと納税を
すること。

②今年の収入見込みから、ふるさと納税の
 限度額を予測すること。
です。

人気のある自治体では、少し早めに締め
切ったり、終わってしまったりすることが
あるので、早めに手続きをされることを
お薦めします。

また、ふるさと納税額は、下記などで
収入見込みを元に、シミュレーション
された上で、どの位ふるさと納税したら
よいかを確認されることをお奨めします。

あまりやりすぎると、ふるさと納税の
支出の割りに住民税が減らなかった。
なんてことになりかねないからです。
https://www.furusato-tax.jp/example.html?center_top_click#simulation-detail-link-pc

いかがでしょうか?

ふるさと納税は簡単です。
以下のような、ふるさと納税の各サイトで
通販サイトようなイメージで、お礼の品、
特産品を選び、買い物をする要領で、
納税します。

クレジットカード払いが基本です。
サイトにクレジットカード番号を
登録して、支払います。

実態としては、お礼の品を購入している
イメージですが、制度としては自治体に
寄附していることになります。

下記のサイトでイメージを掴んで下さい。
https://www.furusato-tax.jp/
https://event.rakuten.co.jp/furusato/
https://www.satofull.jp/

...続きを読む

Qふるさと納税 シュミレーション あってますか?

ふるさと納税の 寄付可能額を調べています

役所に毎回問い合わせていましたが、 めんどくさそうな対応をされ
ネットで調べました

年収 総支給額1560万です  税金などは引いていません

この金額で シュミュレーションしていいのでしょうか?

それとも税金を引いた金額で行うべきですか?  社保などを引いて計算すべきでしょうか?

上記金額で 簡単シュミュレーションをすると  約38万の ふるさと納税ができます。

この計算であっていますか?

お教えください

Aベストアンサー

あなたの収入がどういった収入かで、
条件が変わってきますが、
給与収入の前提でいきますと。
ふるさと納税の最適額は、
●40万程度となります。
できそうです。

計算内容を軽く説明しておきます。

今年の給与収入見込1560万で
どうかとなると
給与収入金額 1560万
給与所得控除 220万が引かれて
給与所得金額 1340万…①
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1410.htm

所得控除は、
     所得税 住民税
⑪基礎控除 38万 33万
⑫配偶者控除 なし(所得制限で)
⑬扶養控除  不明
⑭社保控除 160万 160万
⑮生保控除等 0とします。
⑳合計   198万 193万…②

★所得控除(特に⑬⑮)があると、
★限度額が落ちます。
注意して下さい。

扶養している家族がいる場合は
年齢と人数をご提示下さい。

⑭は一般的な健保の保険料率で
算出しています。(40歳以上の想定)
⑮生命保険料控除は、新契約で
 生命、医療介護、個人年金等の
 保険料をご提示下さい。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ju.html#gaiyo_06


ここから、課税所得を求めます。
所得税の計算で、
①1340万-⑳198万=1142万…③
税額控除前の所得税額は、
1142万×33%-154万=223万…④

ふるさと納税の限度額を求める
住民税の所得割は
①1340万-②193万=1147万…⑤
⑤1147万×10%=115万…⑥★
となります。

★⑥115万の20%が、ふるさと納税の
特例限度額となります。
⑥115万×20%≒23万…⑦

ここから、所得税と住民税
ふるさと納税の寄附金控除を
加算することで、
最適額が求まります。
⑦23万÷(100%-33%-10%)+0.2万
=23万÷57%+0.2万
≒約40万…⑧●

ということで
●最適額は40万
となります。

留意事項として
▲所得控除の他にもあると、
 限度額は下がる。
▲住宅ローン控除によって、
 限度額に影響が出る場合もある。
といった概算となります。

試算で38万とのことなので、
扶養控除(お子さん等)の申告
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
が、他に何かありましたか?
いかがでしょうか?

明細を添付します。

あなたの収入がどういった収入かで、
条件が変わってきますが、
給与収入の前提でいきますと。
ふるさと納税の最適額は、
●40万程度となります。
できそうです。

計算内容を軽く説明しておきます。

今年の給与収入見込1560万で
どうかとなると
給与収入金額 1560万
給与所得控除 220万が引かれて
給与所得金額 1340万…①
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1410.htm

所得控除は、
     所得税 住民税
⑪基礎控除 38万 33万
⑫配偶者控除 なし(所得制限で)
⑬扶養控除  不明
⑭...続きを読む

Qふるさと納税をやってみたいのですが、今年家を買った為、来年の1月に住宅ローンの確定申告をします。 ふ

ふるさと納税をやってみたいのですが、今年家を買った為、来年の1月に住宅ローンの確定申告をします。
ふるさと納税をやったらいろいろ難しくなりますか??来年から始めた方がスムーズでしょうか?
いろいろ調べてみたのですがあまりわかりませんでした。よろしければアドバイスください。

Aベストアンサー

ちょっと補足しますと、
住宅ローン控除で所得税が
全額還付となっても、
★ふるさと納税は住民税が主に
★軽減されるものですから、
★損にはなりません。

具体的に、
①今年の収入内容、金額
②住宅ローンの年末残高
③所得控除の内容
 配偶者控除の有無
 扶養する子の有無と年齢
があれば、
最適なふるさと納税額を
ご提示します。


人気Q&Aランキング