『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

先月15日に妻がパートで働き始めましたが健康保険証が、まだ会社から交付されず、実費で通院していますが、保険証の交付日は入社日の15日に遡って記載されますか?

質問者からの補足コメント

  • 妻の加入と同時に私は妻の扶養に入りました。

      補足日時:2018/12/07 11:41

A 回答 (1件)

ご質問の内容としては、


①11/15に奥さんが社会保険加入の
 条件のパートに採用された。

②既に3週間経っているが、
 パート先から健康保険証が
 もらえていない。

③11/15以降、保険証を提示せず、
 通院しており、医療費は10割
 負担となっている。
※ご主人の社会保険の扶養からは
 はずれてしまった。

といった状況だが、
奥さんのパート先での社会保険の
加入日はいつなのか?
ということでしょうか?

それは
★パート先や加入した健保組合に
★尋ねないと分かりません。

>保険証の交付日は入社日の15日に
>遡って記載されますか?
これは誤解ですから、気をつけて下さい。
★交付日は保険証が発行された日です。
 ですから、11/15によりずっと後です。
★(パート先の)健康保険が有効になる
★日付は『資格取得年月日』です。

資格取得年月日が11/15かどうか?、
または、通院した日より前か?
で、判断します。

この健康保険証の『資格取得年月日』
が、分からないと、
★前の健康保険証がいつまで有効と
なるか分からないのです。


ということで、
パート先に尋ねるしかありません。
それと前の保険証はどうしましたか?
安易に返却しない方がよいです。

いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2019/01/02 11:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私は平成7年に結婚しました。 妻は平成16年から障害厚生年金を受給しています。 私たちはこのたび離婚

私は平成7年に結婚しました。
妻は平成16年から障害厚生年金を受給しています。
私たちはこのたび離婚することになりました。
私は、昭和63年から厚生年金に入っています。
私たちのような場合、年金分割はどうなるのでしょうか?
ちなみに私は65歳まで、あと8年あります。

Aベストアンサー

いいえ、奥さんには請求することが出来なかったと思います。

Q国民健康保険

健康保険から国民健康保険に移行する資料喪失連絡票はコピーで対応できますか、他県に娘がいるため

Aベストアンサー

『健康保険 厚生年金保険
 資格取得・喪失連絡票』
を、あなたのお勤め先に記入捺印
してもらったということで、
よろしいでしょうか?

娘さんの住んでいる『市区町村』の
(住民票のある場所ですよ。)
役所にご確認下さい。

割と属人的な対応をされます。
お勤め先(だった所?)に連絡確認が
できればよしとする場合が多いですが、
人や場所によっては、原本の確認が
必要と言う所があることは否定でき
ません。

さらに健保組合等から直接発行
してくれる
『健康保険資格喪失証明書』
の方がよいと思います。

『・・・資格・・・喪失連絡票』は、
役所の書類に勤め先が記入捺印して
返すような流れになるので、
娘さんの役所の書類でないとも
推測できます。

ですので、
それのさらにコピーで了承してもらえる
かは、娘さんの住民票のある役所でない
と、判断できないです。

ご確認のほど、お願いします。

Q社会保険について。 社会保険に入って、1ヶ月くらいですぐ抜けて、また国保に切り替えたら、すごい金額の

社会保険について。

社会保険に入って、1ヶ月くらいですぐ抜けて、また国保に切り替えたら、すごい金額の請求が一気にくるよって知人に言われました。(収入によるが30万くらいきたりすると)

なぜですか?

それと、社会保険に入ってたら、ハローワークに行けば自分がちゃんと社会保険に入ってるかどうか調べてくれると聞きましたが、すぐに抜けたとしても、履歴としては残りますか?

詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

正しく手続していれば、それほど驚く金額の請求はありません。

注意点としては、国保と社保のけんぽは、連携していません。
しかし、国民皆保険により、社保等の国保以外の健康保険加入をしていなかった期間はすべて国保加入とされ、過去にさかのぼっての保険料請求につながります。

ハローワークで確認が行えるのは、雇用保険だけでしょう。
マイナンバーなどの関係で法令上必要とされるとなれば見ることができる可能性はあるのかもしれませんが、聞いたことはありません。

年金事務所(以前は社会保険事務所と呼んでいた)にあなたの基礎年金番号やマイナンバーなど必要な情報を本人が持っていけば、厚生年金の加入記録を見ることは可能です。
多くの場合、社会保険の健康保険は、厚生年金加入と同時に行うものですので、わかりやすいことでしょう。

国保は、国や国民という文字が利用されていますが、国の法律で定められていても、市町村運営の条例等で扱われることとなっています。
そのため、住民税等と同様に市役所等から請求されるため、混同される方も多いようです。

社会保険は月単位の月払い保険料となっています。しかし、国民健康保険は上記のように条例次第ではありますが、期払いとなっており、年間8期や10期などで年間保険料を按分して負担させられます。ただ、国保であっても年の途中での加入や脱退が行われた場合には、月払い保険料換算を行ったうえで清算を行うはずです。

このようなことから正しく国保の加入脱退に必要な手続きと手続きに必要な資料の提示を行わなければ、必要以上の保険料計算になることがあります。
手続きが何か月も放置したりしていますと、期払いの関係で数か月や半年分をまとめて払わなければならないということもあります。
勤務先で住民税天引きをされていた場合には、住民税は遅れて課税され納税しているため、退職以降の負担も発生することで、国保と合わさると負担は大きい場合もあることでしょう。

国保:市町村役場
社保の健保:勤務会社の加入している健康保険団体
国民年金や厚生年金:年金事務所
雇用保険:公共職業安定所(ハローワーク)
労災保険:労働基準監督署
所得税:税務署
都道府県民税・市町村民税:市町村役所

のように広義で社会保険と呼ばれるようなものでも、各制度ごとに担当役所が異なります。

正しく手続していれば、それほど驚く金額の請求はありません。

注意点としては、国保と社保のけんぽは、連携していません。
しかし、国民皆保険により、社保等の国保以外の健康保険加入をしていなかった期間はすべて国保加入とされ、過去にさかのぼっての保険料請求につながります。

ハローワークで確認が行えるのは、雇用保険だけでしょう。
マイナンバーなどの関係で法令上必要とされるとなれば見ることができる可能性はあるのかもしれませんが、聞いたことはありません。

年金事務所(以前は社会保険事務所...続きを読む

Q昨年の11月に父親が亡くなりました。残された母の遺族年金の手続きが手付かずです。まずは、年金手帳?も

昨年の11月に父親が亡くなりました。残された母の遺族年金の手続きが手付かずです。まずは、年金手帳?も年金証書?も紛失?なのか見当たりません。父と母両方ともありません。
この場合、まずは二人分の年金証書の再発行から始めなければならないのでしょうか?年金証書は紛失ということで、他の必要書類を集めて、直接年金事務所に持参して相談した方が早いでしょうか?
先日ハガキで再発行の依頼を送ったら、本人確認書類のコピーを添付して再度郵送するようにと送り返されて来て、もうなんか千里の道のりのように感じます。こんな手続き、絶対にお年寄りには無理ですよね。二人とも、年金機構にマイナンバーの登録をしているのだから、もうちょっと簡素化した手続きに出来ないものかとため息が出ます。
母は足が不自由ですので、郵送手続きにするか、私が代理で手続きに出向くかどちらかになります。

効率の良い手続き方法を、アドバイスいただけるとありがたいです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答者より質問者の方が正確な情報を
つかんでいます。

下記より、最寄の
・年金事務所
・年金相談センター
を探して、行き、手続き方法を
訊いて下さい。
https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/index.html

・マイナンバー通知カード、
・後期高齢者医療保険証
他にも、お父さんお母さんに
毎年送られてくる、
・ねんきん定期便
・年金機構からの源泉徴収票
・年金改定額通知書
・年金振込通知書

『基礎年金番号』が判明する書類は
いくらでもあります。

手続きの流れとしては、
下記が参考になり、かつ正確です。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/kyotsu/jukyu/20140731-01.html
①年金受給権者死亡届
②未支給年金請求の届出
そのうえで、
③遺族基礎年金
④遺族厚生年金
⑤寡婦年金
⑥死亡一時金
の何が受け取れるかを訊いて
手続きに進むといった具合です。

遺族年金の請求は以下のとおりです。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/izoku/seikyu/20140617-02.html

お母さんの年金手帳などは、
再交付は必要でしょうが、
きっとご自宅にあるはずです。

年金の手続きはごく一部です。
腰を据えて、淡々とこなして
いきましょう。

がんばって下さい!

回答者より質問者の方が正確な情報を
つかんでいます。

下記より、最寄の
・年金事務所
・年金相談センター
を探して、行き、手続き方法を
訊いて下さい。
https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/index.html

・マイナンバー通知カード、
・後期高齢者医療保険証
他にも、お父さんお母さんに
毎年送られてくる、
・ねんきん定期便
・年金機構からの源泉徴収票
・年金改定額通知書
・年金振込通知書

『基礎年金番号』が判明する書類は
いくらでもあります。

手続きの流れとしては、
下記が参考になり、かつ...続きを読む

Q国民年金と国民健康保険についてです。 調べてもよくわからなかったので教えて下さい。 仕事をしていなか

国民年金と国民健康保険についてです。
調べてもよくわからなかったので教えて下さい。

仕事をしていなかった三ヶ月間のお支払いについて、払わなかったらどうなるのか聞きたいです。
次の職場は決まっているので、そちらで国民年金と国民健康保険の加入手続きはします。

今21歳女で、18歳から正社員で働いています。
国民年金は40年間払えば、年金が貰えるとのことですが60歳で仕事を辞めたとしても18歳〜払っているので、40年間払い続けた。という事になるのでしょうか?

なお、女性は産休などで仕事をしていない期間は旦那さんに、国民年金も払ってもらうのですか?

Aベストアンサー

>仕事をしていなかった三ヶ月間の
>お支払いについて、
簡単に言うと、払った方がよいです。
仕事に就いて、社会保険に加入すると
①厚生年金
②健康保険
に加入することになります。
前職でも加入していたはずです。

無職の3ヶ月間は、本来
③国民年金
④国民健康保険
に加入しなければいけません。
国の義務となっています。

③は、しばらくすると、保険料を払えと
督促状がきます。
月16,340円になります。

④は、お住まいの自治体で運営されて
いますが、あなたが何らかの健康保険に
加入しているかどうかは分かっていま
せん。
その3ヶ月の間、無保険状態だと、
病院へいったり、薬を処方してもらう
時に、7割の保険負担の受けることが
できません。

手続きとしては、
前職の社会保険から脱退したことを
証明する書類が必要となります。
⑪『健康保険資格喪失証明書』あるいは
⑫『離職票』、『退職証明書』
 といった書類に加え、
⑬マイナンバー通知カード
⑭身分証明書
⑯年金手帳
⑰印鑑等をもってお住まいの役所で
 加入手続きをして下さい。

国民年金(老齢基礎年金)の加入期間は、
20~60歳の間の40年間で満額になり
ます。
ですから3ヶ月間は欠けてしまうことに
なります。

しかし、前職で18歳から厚生年金に
加入していたと想定されるので、
『経過的加算』という制度があり、
その3ヶ月を埋めてくれる配慮は
あります。
そのうえ、厚生年金に加入していると
老齢基礎年金に加え、
★老齢厚生年金も受給できます。

また、厚生年金に加入している間
産休となった場合、
★健保組合から出産手当金が支給され、
厚生年金にも加入し続けることに
なります。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3090/r148

また、保険料の免除制度もあります。
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/menjo/20140327-04.html

他にも病気等で長期休業となっても
★傷病手当金が支給されたりします。

会社に勤め、社会保険に加入していると、
いろいろと手厚い社会保障(手当金)が
あるわけです。

また、夫が社会保険に加入していて
妻が専業主婦やパート勤めで社会保険に
加入しない場合は、
★社会保険の扶養家族の制度があり、
この場合、妻はタダで、健康保険と
国民年金に加入することができます。

以上、いかがでしょう?

>仕事をしていなかった三ヶ月間の
>お支払いについて、
簡単に言うと、払った方がよいです。
仕事に就いて、社会保険に加入すると
①厚生年金
②健康保険
に加入することになります。
前職でも加入していたはずです。

無職の3ヶ月間は、本来
③国民年金
④国民健康保険
に加入しなければいけません。
国の義務となっています。

③は、しばらくすると、保険料を払えと
督促状がきます。
月16,340円になります。

④は、お住まいの自治体で運営されて
いますが、あなたが何らかの健康保険に
加入しているかどうかは分...続きを読む

Q厚生年金について、 今まで会社員として働いている時は厚生年金を積んで来ましたが、 独立開業した場合、

厚生年金について、
今まで会社員として働いている時は厚生年金を積んで来ましたが、
独立開業した場合、引き続き厚生年金を継続できるのでしょうか?
また、できないもしくは代わりの年金があればそれも教えてください、
手続き等の方法も合わせて教えてください、
よろしくお願します。

Aベストアンサー

結論から言うと、
①個人事業主(自営業)なら、
 国民年金に加入
②会社法人を起こすならば、
 厚生年金に加入
といったことになるでしょう。

①の場合は、会社を退社以後、
老齢厚生年金は増えなくなります。

ですので、それを補完する年金として
・国民年金基金
・確定拠出年金
・中小企業退職金共済制度
といったものに加入して、老後の年金
を補うことになります。

②の場合は、厚生年金を継続できます
が、経営者の立場ですから、保険料は
個人負担分と会社負担分の2倍払う
ことになります。
役員報酬として決めた月額から、
保険料を求め、その2倍を払う
ということです。

こちらも①と同様に確定拠出年金等で
年金を補完することはできるでしょう。

①国民年金の加入は、お住まいの役所
で加入手続をして下さい。
持って行くものは…

⑪健康保険資格喪失証明書
⑫退職証明書、離職票
⑬マイナンバー通知カード
⑭身分証明書
⑮年金手帳
⑯印鑑、通帳等
といったものです。

退職後は、
★国民健康保険への加入も必要に
なります。

②とする場合も、準備期間等を
必要とする場合も考えられますから
一旦、①に加入してから、
会社を立ち上げ後、
年金事務所で加入手続きをします。
※社会保険事務所というのは
 今は存在しません。
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/jigyosho/20150311.html

会社経営者にとっては、厚生年金は
歳をとってからは、厄介なものに
なります。
保険料を負担が重く、役員報酬が
それなりにあると、会社をたたむ
まで、年金が受け取れないといった
ジレンマに陥る可能性があります。

参考 在職老齢年金制度
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/zaishoku/20140421.html

将来、そのあたりの制度も変わって
いくかもしれません。
政府が検討している最中です。

とりあえず、いかがでしょうか?

結論から言うと、
①個人事業主(自営業)なら、
 国民年金に加入
②会社法人を起こすならば、
 厚生年金に加入
といったことになるでしょう。

①の場合は、会社を退社以後、
老齢厚生年金は増えなくなります。

ですので、それを補完する年金として
・国民年金基金
・確定拠出年金
・中小企業退職金共済制度
といったものに加入して、老後の年金
を補うことになります。

②の場合は、厚生年金を継続できます
が、経営者の立場ですから、保険料は
個人負担分と会社負担分の2倍払う
ことになります。
役員報酬として...続きを読む

Q任意継続被保険者制度と国民健康保険について 3月いっぱいで退職する者です。 任意継続被保険者制度を使

任意継続被保険者制度と国民健康保険について

3月いっぱいで退職する者です。
任意継続被保険者制度を使うか、国民健康保険に加入するか悩んでいます。

月給は約20万円で、月給は約20万円です。
住まいは四日市市です。

保険料が安いのはどちらなのでしょうか。

Aベストアンサー

回答がないので、回答します。

①任意継続保険
 協会けんぽ(三重支部)加入として、
●月19,800(17等級)と想定。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/h31/ippan/h31324mie.pdf

②国民健康保険
 20万の収入(年間240万と想定)から
 年間保険料を計算すると、
●年198,900円(月額16,575)
 となりますが、
 四日市は7月から9期払い
 となるので、
 1期22,100円となります。
https://www.city.yokkaichi.lg.jp/www/contents/1001000001169/index.html

以上の前提だと、いくぶん国保の方が
安いかといった感じですが、
微妙な差なので、前提条件が変わると、
逆転する可能性も十分あります。

前提条件や留意点を説明します。

①任意継続
 現在加入している健康保険組合の
 保険に2年間継続で加入できます。
▲保険料は現在の2倍、あるいは
▲組合平均額の2倍の安い方
●扶養家族(奥さん?)の保険料が
●かからないメリットがあります。

★『現在の2倍』は、確実な金額
と言ってよいです。


協会けんぽの例
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3070/r147

健康保険組合や地域で、料率が微妙に
違います。加入されている健保の
下記と同様な料率表をご確認下さい。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/h31/ippan/h31324mie.pdf

②国民健康保険
 これは前年所得で算定されます。
★月額でなく、年間所得です。
ここが重要です。
★240万が前提となっています。

扶養家族の保険料が別にかかり、
★その分『込み』で年198,900円です。

また、あくまで平成30年度の料率で、
4月以降改定があり、
★金額が変動します。
https://www.city.yokkaichi.lg.jp/www/contents/1001000001169/index.html

3月に入ったら、
『平成30年分源泉徴収票』をお持ち
なり、役所にご確認された方がよい
かもしれません。

また、国民健康保険の加入手続きは
退職後、
⑪健康保険資格喪失証明書
⑫あるいは
・退職証明書、離職票
・雇用保険受給資格者証
⑬マイナンバー通知カード
⑭身分証明書
⑮印鑑、通帳等
を持っていって手続きしますが、
失業給付の申請をした時、
離職理由として、
『特定理由離職者』となれる場合
があります。
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_range.html
その場合、『国民健康保険』の
●保険料の軽減措置(所得割7割減)
が受けられる場合があります。
https://www.city.yokkaichi.lg.jp/www/contents/1001000001171/index.html
ここは重要ポイントですので、
ご確認下さい。

添付は国保の計算明細です。

いかがでしょう?

回答がないので、回答します。

①任意継続保険
 協会けんぽ(三重支部)加入として、
●月19,800(17等級)と想定。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/h31/ippan/h31324mie.pdf

②国民健康保険
 20万の収入(年間240万と想定)から
 年間保険料を計算すると、
●年198,900円(月額16,575)
 となりますが、
 四日市は7月から9期払い
 となるので、
 1期22,100円となります。
https://www.city.yokkaichi.lg.jp/www/contents/1001000001169/index.html

以上の前提だと、いくぶん国...続きを読む

Q社会保険について 社長に社会保険メリット何もないと 言われたのですが、 社会保険がついてるところに

社会保険について


社長に社会保険メリット何もないと
言われたのですが、
社会保険がついてるところに
今まで働いた事がないので
社会保険がどんなメリットが
あるのかがわからないのですが
メリットがあれば教えてください(`・ω・´)

Aベストアンサー

社会保険には狭義と広義があります。
狭義では健康保険と厚生年金保険となります。広義では、狭義に雇用保険や労災保険を含めることとなります。

国民健康保険は、市町村などによる条例での運営であり、国の法令による加入義務であっても国の保険ではありません。ですので、国保であっても、その補償内容は地域格差のようなものもあります。さらに一般的にということにはなりますが、社会保険の健康保険は国保の補償を上回ることがほとんどだと思います。色湯費負担は一般に3割であり同じように見えることでしょう。しかし、私病疾病で労災に該当しない場合であっても、社保の健康保険では、働けない期間の給与補償があります。これを傷病手当金と言いますが、国保にはないでしょう。そのほかにも保険給付制度がいろいろあるはずです。
社会保険の健康保険の代表的なものとして、以前は政府管掌、現在では協会干渉と言われる健康保険があります。正式な名称は全国健康保険協会という団体の健康保険となります。これ以外に社会保険の健康保険とされるものに組合健康保険というものがあり、全国に数多く存在し、全国健康保険協会の健康保険より手厚い保障となっていることもあります。

年金保険はお分かりもしれませんが、国民年金保険は国民年金第一号と言われ、厚生年金保険は国民年金第二号に厚生年金上乗せ部分があります。
厚生年金加入期間が長く、給与が高いほど保険料負担も求められますが、将来もらえる年金額も大きく異なり、厚生年金の方が手厚いことでしょう。
よく損得計算で老齢年金などで考えがちですが、若くして障害を持ち、健常者ほど働けない、そもそも働けなくなったなどとなれば、障害年金の受給があります。一定の扶養すべきお子さんを残し亡くなるようなこととなれば、残された遺族への遺族年金の支給もあります。いろいろな点で厚生年金の方が手厚くなっているはずです。

社長にとっては、社会保険料の半分以上を雇用主負担をさせられており、日常や目先のことを考えれば、保険料の高い社会保険でない方がということもあるのかもしれません。ただ会社の都合で、社会保険を完備するかどうかを判断してはならず、法令の要件を満たしたのであれば、加入させなければならないのです。従業員側からも入りたくないと言っても、法令違反となります。最近では数年かけての立ち入り呼び出しによる調査を行っております。過去にさかのぼってとなれば高い金額にもなります。さかのぼった際にすでに従業員と連絡が取れないものに問題が生じた場合には、従業員負担分の回収は厳しく。しかし納付義務は会社にあるので、納谷無ことも多いでしょうね。

社会保険には狭義と広義があります。
狭義では健康保険と厚生年金保険となります。広義では、狭義に雇用保険や労災保険を含めることとなります。

国民健康保険は、市町村などによる条例での運営であり、国の法令による加入義務であっても国の保険ではありません。ですので、国保であっても、その補償内容は地域格差のようなものもあります。さらに一般的にということにはなりますが、社会保険の健康保険は国保の補償を上回ることがほとんどだと思います。色湯費負担は一般に3割であり同じように見えることでしょ...続きを読む

Q遺族年金を貰っている者は、新たに子供を作ってはいけない?

遺族年金を受給し、残った子供を育ててきましたが、ほぼ子供の義務教育も終わりにかかりました。夫を亡くし、その遺族として生き、子供も育てていることもあり、他の男性との再婚は考えていませんが、そろそろ自分自身として一人の人生を再構築したいと思います。そこに際し、参考にできればと思っているのが、標題の質問です。
今の子供が巣立つ準備を終える時が来たとして、私自身はもう少し子育てをしたい、子供と暮らしたい、という思いがあります。とは言え、やはり自分で選んだ相手男性との間の子供であることが望ましいと思っていますし、子供にとっても父親が必要な場面は多々あります。
一方、亡くなった夫との子供(女の子です)への配慮もあり、再婚はしないつもりでいますし、この先も亡くした夫以外の男性にすがって生きていきたいとは思っていません。といって、自分の生活も、私自身の親の世話などもありますし、子供もまだ養わねばならず、学費等でも不自由させたくありません。
要は、新しいパートナーの世話にはならずにいたいけど、これから良い就職にありつくことがどれだけできるか自信がなく、現実問題、当面は遺族年金に頼って生きなければならないです。

遺族年金の要件を確認すると、「再婚したら給付停止」「再婚しなくても(内縁等であっても)、事実上生活を頼る相手ができたなら、遺族年金について審査を受け、基本的には停止になる」というところまでは調べられたのですが、私のように、「再婚にも経済支援にも関係ないけれど、新たに(別の男性との間に)子供をもうけたい」というケースは稀なのか、調べきることができませんでした。

この部分についてご存知の方、また、もし子供を作っても経済支援や依存関係がないなら遺族年金を受給し続けられるという場合、その「依存関係のなさ」はどのように証明できるのか(またはどのような審査を受ければいいのか)について、情報がおありでしたらお伺いできればと思います。

遺族年金を受給し、残った子供を育ててきましたが、ほぼ子供の義務教育も終わりにかかりました。夫を亡くし、その遺族として生き、子供も育てていることもあり、他の男性との再婚は考えていませんが、そろそろ自分自身として一人の人生を再構築したいと思います。そこに際し、参考にできればと思っているのが、標題の質問です。
今の子供が巣立つ準備を終える時が来たとして、私自身はもう少し子育てをしたい、子供と暮らしたい、という思いがあります。とは言え、やはり自分で選んだ相手男性との間の子供である...続きを読む

Aベストアンサー

遺族厚生年金と遺族基礎年金の両方とも受給されているのか、質問文からは読み取れません。
遺族基礎年金(国民年金)は『子のある配偶者』に対して、遺族厚生年金は『収入の高くない配偶者』に払われると言っても良いと思います。
なので、遺族基礎年金では子が18歳(場合により20歳)までは支払われますが、それで打ち切られます。遺族厚生年金では配偶者の所得が一定額以上の場合支給停止になります。

なので遺族基礎年金は『子供の為』と考えた方が良いでしょう。未成年の子の生育の為に親権者である配偶者に託されたものと考えても良いでしょう。この場合、『子』とは亡くなった人と配偶者との間に産まれた『子』であって、それ以外の子供の面倒までは見ませんよ、という事です。

実子でなくとも養子を迎えるなどして子供を増やすことは可能ですよね?
現況届を出す折に新たな子供が増えたことだけを理由に支給停止や、廃止になる事は無いと思いますが、その子は遺族年金の対象には成り得ない事は理解できると思います。
婚姻することなく、経済的援助を受ける事無く妊娠だけすることは可能ですが、そういったリスクまで考えて実子を産む必要が無い場合が多いのだろうと考えられては如何でしょうか?

遺族厚生年金と遺族基礎年金の両方とも受給されているのか、質問文からは読み取れません。
遺族基礎年金(国民年金)は『子のある配偶者』に対して、遺族厚生年金は『収入の高くない配偶者』に払われると言っても良いと思います。
なので、遺族基礎年金では子が18歳(場合により20歳)までは支払われますが、それで打ち切られます。遺族厚生年金では配偶者の所得が一定額以上の場合支給停止になります。

なので遺族基礎年金は『子供の為』と考えた方が良いでしょう。未成年の子の生育の為に親権者である配偶者に...続きを読む

Q転職した際に企業が過去の国民年金や国民健康保険などの証明書の提出を求められることはあるのでしょうか?

転職した際に企業が過去の国民年金や国民健康保険などの証明書の提出を求められることはあるのでしょうか?
詳しい方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一般的に転職で入社時に必要とされる書類として
年金手帳
雇用保険被保険者証
源泉徴収票(年内に転職した場合)
になるかと思います。
雇用保険被保険者証を紛失した場合は
ハローワークで再発行が可能です。
本人でなく会社でも取得可能なので
紛失した事を伝えれば大丈夫だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング