グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

パルプロ酸ナトリウムで眠くなる
すごく、上がってたから、飲んでたが
まだ波はあるけど、ただ、かぜぽくて
だるいのかわからないが  

眠いし お腹減るし 朝晩に睡眠薬だと
カフェといえども

コーラ、コーヒー 柑橘のジュース
ガラナ 緑茶がぶ飲みしてるのだが

カフェイン良くないですか?
睡眠薬とカフェイン飲みまして
おねしょしてます

A 回答 (2件)

バルプロ酸ナトリウムの副作用には、眠気がありますので、医師に確認してください。


場合によっては処方量を減らすなどの対処が必要です。

また、コーラ、コーヒー、柑橘のジュース、ガラナ、緑茶をがぶ飲みされているとの
ことですが、緑茶、コーヒー、コーラの順でカフェインの含有量が多いので、麦茶等
のノンカフェイン飲料に変えてみてどうなのかを知るべきでしょう。
カフェインと睡眠薬の相性は悪いですし、カフェインの摂り過ぎが利尿作用を高め、
おねしょになっている可能性があります。

なお、それだけの水分を必要としていることから糖尿病を疑う必要があり、場合によっ
ては、服用している薬を変える必要がある場合があります。
    • good
    • 0

カフェインより水中毒にご注意下さい。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q躁うつ・うつ病の症状について教えてください

彼女がおそらくうつ病です。

来月に精神科を受診するのですが、このあたりの病院はとても忙しくあまり診療時間をとってくれないという口コミが多いので症状をまとめておきたいと思っています。

初めて症状が起きたのは、出社前でした。
過呼吸になり、「どうしたの?」と声をかけても反応がない。
涙がボロボロ出ている状態で、とりあえず仰向けに寝かせて手を握っていたら1時間くらいでおさまりました。

それを病院で話すつもりなのですが、毎日の暮らしで以前の彼女と違うなと感じることがいくつかあり
話すべきなのか迷っていることがあるので質問させて頂きます。

・今までは「何食べたい?」と聞くとたくさん答えてくれていたが、「思いつかない」とよく言うようになった
・夜中、寝室から離れた場所で静かに泣きながら過呼吸を起こしている(駆け寄ると落ち着いた後に起こしてごめんなさいと言う)
・綺麗好きだったのに、掃除をしなくなったりお風呂を面倒くさがるようになった。お風呂を沸かして「お風呂入ってきたら?」と言わないと入らなくなった。髪も乾かさなくなった
・外出しなくなった。「一緒に○○行こう」と誘うと出るものの、帰宅後ぼーっとしたりすぐに寝てしまう。
・22時くらいに就寝して、2時くらいに起きてしまうようになった。休日は逆に「寝られない」と言い20時間以上起きていることもある。
・ゲームなどを一緒に遊んでくれたり、明るい声で話していたかと思ったら突然暗くなるようになった。暗い時の方が頻度が多い(元気なのは1日のうち2時間くらい)

これらは全て伝えるべきでしょうか。また、他にも見落としがありそうなので
よく起こりやすい症状・お医者さんに伝わりやすい症状があれば教えてください。
よろしくお願いします。

彼女がおそらくうつ病です。

来月に精神科を受診するのですが、このあたりの病院はとても忙しくあまり診療時間をとってくれないという口コミが多いので症状をまとめておきたいと思っています。

初めて症状が起きたのは、出社前でした。
過呼吸になり、「どうしたの?」と声をかけても反応がない。
涙がボロボロ出ている状態で、とりあえず仰向けに寝かせて手を握っていたら1時間くらいでおさまりました。

それを病院で話すつもりなのですが、毎日の暮らしで以前の彼女と違うなと感じることがいくつか...続きを読む

Aベストアンサー

質問主さんは生理前症候群(PMS)や月桂前不快気分障害(PMDD)をご存じですか?
彼女さんは基礎体温を計っていますか?
質問主さんは彼女さんの基礎体温と生理周期を把握していますか?

女性は生理周期によってセロトニンの量が増減します。
女性はエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが生理周期によって入れ替わるからです。
『エストロゲン期』である生理後~排卵日前まではセロトニン量が多く、体調も良く、精神的にも安定していて、元気で明るく過ごせます。
しかし、『プロゲステロン期』に入れ替わる排卵日前後あたりからセロトニン量が減少し、生理3~5日目くらいからまた『エストロゲン期』に入り、セロトニン量が増えるというサイクルを毎月繰り返します。

このセロトニン量が減る『プロゲステロン期』には、情緒不安定になったり、鬱状態になります。
また、身体的にも頭痛や目眩、腹痛、腰痛、身体の節々の鈍痛、むくみ、肩こりといった様々な身体症状も出ます。
仕事をしている女性の場合はただでさえ情緒不安定になりやすい状態で身体の不調を押して勤務しているので、尚更情緒不安定になります。
また、『エストロゲン期』から『プロゲステロン期』に入れ替わる排卵期、『プロゲステロン期』から『エストロゲン期』に入れ替わる生理3~5日目にもパニック症状や過呼吸を起こしたり、酷い鬱症状を起こしたり涙が止まらなくなったりします。

ストレスの多い職場だったり、生活リズムが不規則だったり、秋や春……今の時期のように寒暖の差が激しかったりするとホルモンバランスが乱れてPMSやPMDDが悪化しやすくなります。

精神科受診の前に彼女さんの基礎体温や生理周期と不調の時期を当てはめてみて、合致するようなら精神科受診の前に婦人科受診をオススメします。
婦人科で処方される漢方薬やピル、軽い安定剤などで症状が安定する可能性があるからです。

逆に、精神科の特に年配の男性医師はPMSやPMDDを把握していない医師もいます。
本来はPMSやPMDDで漢方薬と軽い安定剤で治まるのにも関わらず、躁鬱や解離性同一性障害などの重い病名をつけて大量投薬をしてしまい、女性が寝たきりになってしまう事もあります。

まずは質問主さんがPMSやPMDDについて調べてみてください。

質問主さんは生理前症候群(PMS)や月桂前不快気分障害(PMDD)をご存じですか?
彼女さんは基礎体温を計っていますか?
質問主さんは彼女さんの基礎体温と生理周期を把握していますか?

女性は生理周期によってセロトニンの量が増減します。
女性はエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが生理周期によって入れ替わるからです。
『エストロゲン期』である生理後~排卵日前まではセロトニン量が多く、体調も良く、精神的にも安定していて、元気で明るく過ごせます。
しかし、『プロゲステロン期』に入...続きを読む

Q心療内科クリニックについて。こんなドクターどう思われますか? 私が月に一度2年間通ってる心療内科の医

心療内科クリニックについて。こんなドクターどう思われますか?
 私が月に一度2年間通ってる心療内科の医者は3,4回目以降は診察時間3分。「どうですか」「まずまずです」「薬はどうしましょうか?」「同じで良いです。」又は「屯用のが無くなるのでお願いします。」或いは「少し量を増やして下さい」等。あとは短い世間話程度です。
 薬出してもらうためだけに行ってるようで、それで1400円程度です。もう少し詳しく問診したりこちらの話を引き出したりとか無いのか?と思います。いかがでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問から、患者さんは多いのでしょうか?
いまどき珍しいクリニックと思います。

>「どうですか」「まずまずです」
このやりとりで、医師はご質問者さんの状態を正確に把握することができるのでしょうか?

>「薬はどうしましょうか?」
薬の処方は医師が患者の状態に合わせて決めるものなので、あり得ないと・・・・(驚)。

心療内科の場合は、心身の微妙な変化を毎回観察することが欠かせません。
当然のことで、そのための料金(点数)も認められています。1400円ならば含まれているはずです。

これが事実であれば、心療内科医という以前に、医師としての適格性を疑います。
これでは「患者の状況把握」もできないですし、「適切な処方」も書けません。
通常、心療内科の場合は時間予約制で、1人当たり10~20分程度の診察時間がかかるものです。

ご参考まで。

Qうつ状態にある彼氏。どうしたらいいですか?? まず前提として 42歳、男性、寝れない食欲がないと打ち

うつ状態にある彼氏。どうしたらいいですか??
まず前提として
42歳、男性、寝れない食欲がないと打ち明けてきたのは1月ごろ。
仕事が忙しくなっていたのは10月ごろから。


仕事を休むことを聞き入れてくれず漢方(加味逍遙散)で様子を見ることに。
しかし2週間経っても効きがないので、心療内科に行っってほしいと泣きながら頼みました。


その結果「うつ病ではないがうつ状態にある。必要なら診断書を書きます」と。
薬は特に出ずに漢方(柴胡加竜骨牡蛎湯)で様子見てもいいと言われました。
そこから、柴胡加竜骨牡蛎湯を飲んで2週間。
あまり効きがなくむしろ症状としては悪くなっているような。


当然ですよね。物理的におやすみしてないので…。
しかし仕事を休んでほしいと言っても聞き入れてくれません。(頭では休んだ方がいいと分かっているっぽいが休めない状況だと言う)
どれだけ説得や皮肉を言ってみても。


そんな彼にしてあげれる事はありますか?
明日もう一度3週間ぶりの心療内科に行ってもらいたいと思っていますが
先生がはっきりと「仕事を休みなさい」と言われる事はあるのでしょうか?
私が言っても無駄なら先生が、と思ったのですが
うつ病にかかった人は、やばいと思いながらも、体が鉛のように動かなくなってからじゃないと仕事を休みないものなんですか?

うつ状態にある彼氏。どうしたらいいですか??
まず前提として
42歳、男性、寝れない食欲がないと打ち明けてきたのは1月ごろ。
仕事が忙しくなっていたのは10月ごろから。


仕事を休むことを聞き入れてくれず漢方(加味逍遙散)で様子を見ることに。
しかし2週間経っても効きがないので、心療内科に行っってほしいと泣きながら頼みました。


その結果「うつ病ではないがうつ状態にある。必要なら診断書を書きます」と。
薬は特に出ずに漢方(柴胡加竜骨牡蛎湯)で様子見てもいいと言われました。
そこから、柴...続きを読む

Aベストアンサー

頑張りすぎや働きすぎは、鬱を招きやすくなるみたいですね。
あなたも優しいですね。
心療内科などでは、カウンセリングをすると思います。
要するに、相手の話を聞いてあげることです。
いろいろな悩みや不安も聞いてもらうと、こころが軽くなります。
元気が出てきます。
あなたもつらいことや嫌なことがあると、誰かに愚痴を言ったことがありませんか。
人間は、つらいことを言葉にして吐き出すことで、
気持ちが楽になります。
冷静に物事を考えられるようになります。
ですから、あなたも相手の話を聞いてあげたらどうでしょう。
相槌を打つたり、質問したりしながら、相手の言いたいことを
どんどんしゃべらせればいいのです。
相談機関は、医者だけでなく、保健所やいろいろなところにあります。
新聞に一覧が載っていますので、
参考にしてください。
鬱病で休職していた同僚が復帰して、その後元気で働いています。
しかも、何人も。
ですから、休養は大事ですね。

Q僕は鬱と不眠で精神科にかよってます 自立支援受給者証と障害手帳を持ってます 障害手帳を持ってれば 自

僕は鬱と不眠で精神科にかよってます
自立支援受給者証と障害手帳を持ってます
障害手帳を持ってれば 自立支援はいらないんですか?

Aベストアンサー

障害者手帳と自立支援は別ものですよ。

障害者手帳は、自治体にもよりますが、持っているだけでバスが無料で乗ることもできます。
また、障害の程度によって障害者年金が支給されます。
なお、障害者手帳の支給には、精神疾患としての通院歴が6ヶ月以上必要になります。

また、自立支援制度は、診察代・薬代が1割負担になり、しかも月々の支払額の上限が納税額
によって決められていますので、若い方だと月の支払いが2500円ということもあります。
なお、自立支援制度は、医師が継続した診療が必要と認めれば、すぐにでも適用できます。

Qお世話になります。 教えてほしいのですが、 癲癇・双極性障害は脳の病気になるのでしょうか? 癲癇は、

お世話になります。
教えてほしいのですが、
癲癇・双極性障害は脳の病気になるのでしょうか?
癲癇は、脳の運動障害?
双極性障害は、脳の神経障害?
また、完治はできるのでしょうか
ご面倒ですが、よろしくお願いします

Aベストアンサー

癲癇・双極性障害は脳の病気です。

詳しく調べられるMRI画像診断を受ければ「脳の機能には異常はないが、年齢に見合わない脳の委縮が確認される」
という結果が出ます。

脳の機能には異常はないので、薬をきちんと飲んでいる限り、一般の健常者と見分けがつきません。

しかし、治療を受けていない患者さん、あるいは治療が不十分な患者さん、薬の服用を嫌がる患者さんについては
癲癇・双極性障害の特有の症状が出ることが多く、周りの方々に迷惑をかけることとなります。

なお、癲癇・双極性障害については、現代の医学でも完治することのない病気の一つです。

薬で症状の出ない「寛解」を目指す病気です。

だからと言って、完全に悲観することもありません。

脳の再生についての研究が進められており、癲癇・双極性障害も克服できる病気になるかもしれませんから、
どんなときでも希望だけは捨てないでください。

Q精神科に入院の弟(49歳)について H29年11月下旬 双極Ⅰ型障害で入院 一時回復に向かったが H

精神科に入院の弟(49歳)について

H29年11月下旬 双極Ⅰ型障害で入院
一時回復に向かったが
H30年 5月中旬 非定型精神病と診断され
継続入院

H30年11月21日 今後について担当医と面談

急性期的治療の限界
改善の見込みが無い可能性

療養型の病院への転院を薦められる

意思疏通ができませんと言われたが
本人は私の顔を見ながら「関わらないで」とつぶやきました

療養型病院に行く事は、廃人に向かう事
普通に兄弟としてのやり取りが出来なくなる事。

糖尿病
脳の萎縮
意識障害

昨年夏に、約7年近く施設と入院の母を亡くしました。(要介護5 糖尿病からの腎不全 人工透析 右目失明)

母は療養型病院に入ってから
急激に認知症が進みほとんど会話も繋がらない状態が4年程続いた。

これから、今度は弟とこのような状況に向かわなくてはならないのかと心が苦しくてたまらないです。

現実的に良い方向に向かう知恵や知識を
私に教えて下さる方はいませんか。

助けてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

非定型精神病は簡単に言うと、双極性障害や統合失調症の症状は示すものの、そのどちらとも言えない疾患のことなのだと思います。
統合失調症のような意識障害や幻覚妄想が現れることがありますが、基本的には3カ月程度で解消し、予後も良好というのが一般的な見解です。
5月中旬に非定型精神病と診断されたのであれば、2月末ぐらいから、そうした症状が出ていたと考えてよいのかもしれません。
急性期的治療の限界
改善の見込みが無い可能性

Ι型であれば、躁症状を抑えるために炭酸リチウムなどが投与された可能性がありそうです。
ただ、入院でよくあるのが、(職員の都合上)鎮静化を求めるあまり、リチウムの過剰投与が行われる可能性です。
本来、血清リチウム濃度を測定しながら慎重に投与する必要があるのですが、ここがおざなりになってしまう可能性、というか危険性。
リチウムには脳波異常を引き起こす可能性の高い薬剤で、特にてんかんの方には禁忌(絶対に使ってはいけない薬)と決められているほどです。
過量投与(でなくとも)によって統合失調症のような症状が発現しても不思議ではないでしょう。

リチウムに限らず、双極性障害治療薬の副作用によって病状が激変、悪化する可能性はつとに知られているところ。
たとえばエビリファイなどの場合、一日30 mg超の投薬は禁じられている。
こうしたリスクと効果の兼ね合いを判断しながら処方する必要があるわけですが、精神科医も人間、ピンキリです。
自分の未熟や不手際、誤診などを棚に上げて、元からあった病状が悪化しただけだから仕方がないとシラを切る人間は非常に多いようです。
あなたとはできるのに、「意思疏通ができません」というのは、弟さんとその医師との信頼関係が失われているということでしょう。

このことだけからしても、転院をお勧めします。
双極性障害でも社会に適応してやっている方は大勢おられます。
個別の事情を知らずにあれこれ言うのは無責任かもしれませんが、少なくとも入院状態からは脱却すべきと思います。
治療ではなく、入院患者を大人しくさせるのが眼目になっている病院が非常に多いからです。
危険性については下記動画もご参考になるかもしれません。

https://www.youtube.com/watch?v=Wx62qaKb7D0&list=PLgrh0f6hTIciMFPc2bFBFdKs88DPyYKcN&index=47&t=0s

非定型精神病は簡単に言うと、双極性障害や統合失調症の症状は示すものの、そのどちらとも言えない疾患のことなのだと思います。
統合失調症のような意識障害や幻覚妄想が現れることがありますが、基本的には3カ月程度で解消し、予後も良好というのが一般的な見解です。
5月中旬に非定型精神病と診断されたのであれば、2月末ぐらいから、そうした症状が出ていたと考えてよいのかもしれません。
急性期的治療の限界
改善の見込みが無い可能性

Ι型であれば、躁症状を抑えるために炭酸リチウムなどが投与された可...続きを読む

Q医者というのは薬について、ほとんどまったく知らない。(製薬会社の言いなり)

これは、ピーター・ゲッチェ (Peter C. Gøtzsche) というデンマークの医学研究者の言葉。
インタビューに応じて、
「製薬会社は嘘をついて医者に自分たちの商品(薬)をセールスする」
⇒「医者は、その薬を患者に処方する」
⇒「患者は、医者が処方するのだから必ず良くなるはずと信じて、薬を服用し続ける」
⇒「しかし、患者は真実を知らない。医者は、病気や人間の生理や心理についてたくさん知っているかもしれないが、薬については、ほとんどまったく知らないのだ。」
という意味のこと言っているようです。(下記動画)
このカテに当てはめれば、精神科医は製薬会社の言いなりだ、ということになるのでしょう。

ゲッチェの著書『死にうる薬と組織犯罪:大手製薬会社はいかにして医療を腐敗させたか』は、2014年、英国医師会ブック・アワードの、医学の基盤部門で一等賞を受賞しています。
彼は、生物学と化学の学位を取得し、製薬会社アストラの営業担当者でもあったことから、薬害の実情を目のあたりにしてきた人物です。
こうした経歴からも彼の言うことには信憑性があると思われます。

医者の勧める薬だから安全だ、と信じてしまうのは危険だとは思いませんか?
薬を飲む前に、自ら自主的に薬の危険性について調べるべきだ、とはお考えになりませんか?

https://www.youtube.com/watch?v=dozpAshvtsA

これは、ピーター・ゲッチェ (Peter C. Gøtzsche) というデンマークの医学研究者の言葉。
インタビューに応じて、
「製薬会社は嘘をついて医者に自分たちの商品(薬)をセールスする」
⇒「医者は、その薬を患者に処方する」
⇒「患者は、医者が処方するのだから必ず良くなるはずと信じて、薬を服用し続ける」
⇒「しかし、患者は真実を知らない。医者は、病気や人間の生理や心理についてたくさん知っているかもしれないが、薬については、ほとんどまったく知らないのだ。」
という意味のこと言っているようで...続きを読む

Aベストアンサー

>ただ、厚労省(アメリカの場合は FDA アメリカ食品医薬品局)の指導によって(やむなく)臨床検査の結果や副作用などが明記された文書が公開されいます。
>捏造や隠蔽部分があるのは自明のことですが、都合が悪くても、まったくの嘘を書くわけにもいかないはずで、大体の目安ぐらいは立つように思う次第。
確かに、長期に使う薬ならこれくらい調べたほうがいいです。

ただ、製薬のように専門家と患者で情報の非対称が大きい分野は、専門家の言うことを聞かないのは非効率であるのは事実です。
「医師より自分を信じる」ではなく「医師をうまく使う(セカンドオピニオン)」が良いんじゃないでしょうかね。

Qうつ病に本当に効くサプリメントを教えてください

うつ病に本当に効くサプリメントを教えてください

Aベストアンサー

落ち込んでいるトキの!! 優しい人の!! 優しい言葉!! これを!! 愛言葉!! と!! 言いまふぉ~!!

Q医師は責任を問われないのでしょうか?

下記動画ではパキシルを飲んでコンビニ強盗をした女性と、同じくSSRIを飲んで妻の頭をバールで殴り全治20日間の大けがを負わせた男性の談話を視聴することができます。
「自分が自分でない感じ」「自分自身をコントロールできない感じ」「意味も無くこみ上げてくる、通常とは異なるタイプの怒り」に襲われた、と同じような内容を話しているのが興味深いですね。

一歩間違えば殺人事件に発展していたかもしれないことは容易に想像がつきますが、それはさておき、この動画に登場しているお二人の場合、明らかに医師の不適切な治療や誤診によって発生した事件です。
精神科や心療内科、メンタルクリニックで処方される薬の服用が原因で殺人事件や傷害事件などが起きた場合、精神科医は責任を問われないのでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=WKRl6v760Vg&t=244s

Aベストアンサー

薬の添付文書には、併用禁忌(同時に服用してはいけない薬)、投薬に際する注意事項のほか、副作用がどの頻度で出ているかの情報など、処方の際に”これだけは”知っておく情報が記載されています。

医師が病気に対して薬を処方する以上、これらの情報と患者の状態。処方後の状況を把握して、増減、若しくは投薬中止を考えるべきで、単にうつ病だからという病名だけで処方することは、危険となります。

個人差も大きい上に、1つの精神疾患だけを有するのかいくつもの病気を抱えているのか、他の既往症なども考えると、医師は表面的な情報だけではなく、生活状態も把握しないと、Bさんのような誤診(後述)が発生し、適切な薬を処方されないという事案が生じます。

Aさんの方は、薬の添付文書に沿った投薬がなされておらず、医師の責任を問うことはできるでしょう。
(ただし、刑事では微妙(該当は、刑法ではなく医師法かも)。民事なら、確実(鑑定結果にそう書いてあるから)でしょうね。

なお、Bさんのところで”誤診”を後述とした理由として、

うつ病と躁うつ病(双極性障害)は、症状として気分の落ち込み部分(うつ状態)が似ているため、最初から躁うつ病と診断される人は滅多にいない。
始めから、攻撃的だったり、やたら行動的(突発的に遠方に行ってしまうとか)ではないと、診断が間違う。
性格がそのようなものと考えてしまう。

実際、私もBさんパターンで、当初はうつ病の診断だった。
仕事中に、パワハラもどき&性格(?)でパニック障害を発症。異動によって収まったと思ったら、気分の落ち込みが激しくなり、病院に行った結果”うつ病診断”ですが、この時、躁状態の症状は、自分の性格の一部だと思っていたので、異常認識(病識)がなかったのです。
こうなると、医師にも異常がある部分の話をしても、性格の部分は話さない訳で、その時の診断としては、うつ病と診断されます。

その後、病気を持たない人なら起こさない行動を医師に話す事で、再診断で”躁うつ病(双極性障害Ⅱ型、急速交代型)”と結果がでました。
(※なお同時に、てんかんの疑いという診断も下されています)

医師は、その病気に合った薬を処方することを望まれています。
しかし、診断した病気が必ずしもその”病気だけ”なのかどうかの判断は、精神疾患は難しいと思われ、時に個人差などの部分と合わせて薬による弊害が発生します。
Aさんのような件は、その責任を問われる可能性があるが、すぐにそこに行き着くものではないと思われます。

なお、蛇足ですが…
うつ病は、ココロの病気。
躁うつ病(双極性障害)は、カラダの病気。脳の機能障害で、全く別の病気なんですが、同じに捉えてしまうのも問題だと思います。
うつ病の薬が効きにくいのも、ここら辺の問題ではないと思いますが。

結局は、ケースバイケースなんでしょうね。
(医師法違反の場合は、医師免許取り消しなどの懲戒処分が厚生労働省から下されます。刑法による罰則適用後のお話。)

薬の添付文書には、併用禁忌(同時に服用してはいけない薬)、投薬に際する注意事項のほか、副作用がどの頻度で出ているかの情報など、処方の際に”これだけは”知っておく情報が記載されています。

医師が病気に対して薬を処方する以上、これらの情報と患者の状態。処方後の状況を把握して、増減、若しくは投薬中止を考えるべきで、単にうつ病だからという病名だけで処方することは、危険となります。

個人差も大きい上に、1つの精神疾患だけを有するのかいくつもの病気を抱えているのか、他の既往症なども考える...続きを読む

Q精神科医の診断は、正確性に欠ける主観的な判断である。

これは、医学博士で、『診断と統計のマニュアル第4版』(DSM-IV)の編集委員長として知られるアメリカの精神科医アレン・J.フランセスの言葉です。(要約)
最新の DSM-5 に対する批判なのですが簡単に言うと、精神疾患(たとえば うつ病 )と診断されたとしても、それは精神科医の主観にすぎず科学的根拠は特に無い、ということ。
精神疾患の診断基準を作った委員長の発言ということに、まず驚かされますが、

【 DSM5 は、製薬会社の意向を受け、診断名を増やすことによって正常な人を精神疾患だとみなす危険性を増やしている。】

という発言(要約)も目を引きます。
彼には、『正常を救え:精神科の診断の暴走、DSM-5、大手製薬会社、そして当たり前の生活の医療化に反対するある内部関係者の抵抗』という著書もある。
https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%A1%D2%C0%B5%BE%EF%A1%D3%A4%F2%B5%DF%A4%A8&l-id=top-pc-search-box&x=40&y=4
それなりに権威を持った、しかも診断基準作成者ご本人が、このように発言している。
精神科の薬は、こうした実に曖昧な診断基準に基づいて処方されるわけです。
ところが、精神科で処方される薬は、脳の神経ネットワークを変えてしまうほど強い薬で、重大な副作用が数多く報告されている。

みなさんなら、こうしたリスクを負ってまで処方する価値はあるとお考えになりますか?

これは、医学博士で、『診断と統計のマニュアル第4版』(DSM-IV)の編集委員長として知られるアメリカの精神科医アレン・J.フランセスの言葉です。(要約)
最新の DSM-5 に対する批判なのですが簡単に言うと、精神疾患(たとえば うつ病 )と診断されたとしても、それは精神科医の主観にすぎず科学的根拠は特に無い、ということ。
精神疾患の診断基準を作った委員長の発言ということに、まず驚かされますが、

【 DSM5 は、製薬会社の意向を受け、診断名を増やすことによって正常な人を精神疾患だとみなす...続きを読む

Aベストアンサー

まぁ診断に納得いかなければ
セカンドオピニオンを活用したら
良いと思う。

場合によってはサードオピニオン
も。

とにかくドクターショッピングにより
信頼出来そうな医師を探すことが大事。



曖昧な基準というけれども、統合失調症は
「神のお告げを受けた」や「盗聴器が仕掛け
られている」など明らかに異常なことを言う
からね。

仲の良い先輩が統合失調症になったから
間近で見ているよ。



薬を処方する価値もなにも
統合失調症は薬を一生飲み続ける
ことになる。

飲まないと幻覚・幻聴が出てしまうから。

睡眠障害の人は、薬を使ってでも
寝たほうがいい。

うつ病は、重度ならば薬は必要。


人気Q&Aランキング