いつもお世話になっています。

お気に入りの監督や役者の作品であれば見てるはずなのに見逃してる映画ってありますよね。あるいは、海外で公開時には気にしてたのにあまりにもの邦題で気づかなかったりとか。そんな映画のタイトルと見逃した理由やどうして気づいたかを教えてください。

私の場合はずっとノーチェックだったので、

1.「デュエット」Duets
青山南の本より情報取得。(ヒューイ・ルイスのカリオケを聴いてみたい。)

2.「彼女を見ればわかること」Things You Can Tell Just by Looking at Her
ガルシア・マルケスを検索中に監督がジュニアであることを発見。(「フォー・ルームス」は見てたけど。)

3.「メメント」Memento
ここのQ&Aで皆さんがお薦めなのですがいまだに未見。「XXが○○される」ことはどうやって認識してるんだろう。メモ、刺青?(「インソムニア」は見たのだが、アル・パチーノ以上に睡眠不足で臨んだためほとんど覚えていない。)  

年末年始に楽しむためのリストに載せたいと思いますので「あなたの見逃している映画」(多分私も見ていない映画)の回答をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

面白い質問ですね。

こういうの大好きです。
私の場合、「見逃した」→「なぜか再見する機会が無い」映画が多くて困ります。

「スティング」(ジョージ・ロイ・ヒル監督)→
前売り買ったのに行けず、その後TVでやっても気が付かないとか昼のテレビ東京でやって仕事で見られないとか。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(ロバート・ゼメキス監督)→
友達に誘われたけど飯食いに行って見られず。TVでも(↑同上)。

「アキラ」→(大友克洋監督)
公開日を逃し、地上波では録画に失敗、8月のCSではHDDレコーダーのデータをうっかり削除、呪われてます…。

「JINROH-人狼-」(沖浦啓之監督)→
「SouthPark」公開日に一緒に見ようとして(当日「South~」はWowowの取材&ポスタープレゼントがあったんで)行ったら、「-JINRO-~」は前日に終了してた…。友人からもらったVHSテープは途中でブロックノイズ…呪われてます。

「勝手にしやがれ」「気狂いピエロ」「ヒアアンドゼア」「ワンプラスワン」(ゴダール監督)→
夜勤明けに見に行ったら見事、寝た。それ以来見るチャンス無し、なんせゴダールなんでTVじゃあんまりやらないし。

「トトロ」(宮崎さん)→オールナイト5本立てで見に行き、これの前に上映の「火垂るの墓」のあまりの緊張感の後に見たんであまりの心地よさに爆睡。友人にLD借りて初めて全貌が明らかに。

「タイムバンディット」(テリー・ギリアム監督)→
日本での公開の2年ほど前、原田真人さんの新聞コラムで読んだが、「バンディットQ」なんてタイトルになるとは思わなかったんで見逃す。

「ガメラ対ギャオス」(湯浅憲明監督 )→
ほとんど幼児の頃の話。これが見たかったのに、映画館の前で叔母に「こんな映画怖くて夜眠れなくなるから」と、無理やり向かいの映画館でやってた東映の「少年ジャックと魔法使い」に変更させられる。トラウマ。

最近は新作がネットで流れてるともう公開終了と思い込み、見に行かないケースが増えました。

質問とちょっとずれちゃいましたか?でも上記の作品はちょっと「見よう!」という強い意志がないと見られないものもあるので、「見よう!」というならお勧めです。「有名すぎてトウの昔に見ちゃったよ!」ていうのも混ざっちゃいましたが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「スティング」The Sting (1973:米)監督:ジョージ・ロイ・ヒル
やってる、やってると思っていても騙されちゃうんですよね。男性がみな帽子をかっぶっていて、曲がラグタイムで、サイレント映画のようなアイリスアウト。私は「明日に向かって撃て!」、「リトル・ロマンス」との3本立てで見ました。「リトル・ロマンス」の映画の引用は要チェックです。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」Back To The Future
今まで何度も言及してますので省略。(3作ともビデオ持ってます。)

「AKIRA」(1988:日) 監督:大友克洋
原作の漫画のほうが面白いです。大友の漫画なら他にもっと面白いものがあるし。沖浦啓之はここで作画担当だったんですね。

「人狼 JIN-ROH」(2000:日) 監督:沖浦啓之
多分見てるはず。でも監督も押井守だと思ってました。

ゴダールの諸作。
名画座でほとんど見てるのですが、私には合わないようです。「ディーバ」のギャング(?)はゴダール見てるからこそ楽しめるとは思うので役にはたってるのですが。

「となりのトトロ」(1988:日) 監督:宮崎駿
これは見てないです。歌えるんですけど。子供と一緒に見ようかな。

「バンデットQ」Time Bandits (1981:英) 監督:テリー・ギリアム
「モンティ・パイソン」のファンだったので作品は追いかけてたのですが常に劣悪状況で臨んでるためたいてい途中で寝てます。もう撮らせてもらえないのかな?

「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」(1967:日)監督:湯浅憲明
私はゴジラではなくガメラ世代なんですよね。初期シリーズはすべて見てます。でも子供の味方になっちゃったのとおやがめ(大映)がこけちゃったのが…。

ジャン=リュック・ゴダールとテリー・ギリアムを再度見たいと思います。トトロは子供が見たいと言ってくれたら一緒に見ようと思います。

たくさんの作品の回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/16 23:50

なるほど、のご質問です。


そのうち見よう!と見逃してるのなど・山のようにあって、どれから手を着けて良いやらサッパリお手上げですが・・・
思いついたもので。

*アッバス・キアロスタミ監督の作品は一時期かなり取り上げられたのにも関わらず、何故か全く観ていません。
【どうして気づいたか】=黒澤映画を少し調べていて、黒澤監督が個人的にキアロスタミ映画のファンであり・高く評価していた、とあって
やはり観て損はないかな?と思っています。

http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cg …

*『リービング・ラスベガス』
自称:ニコラス・ケイジの隠れファン(笑)にも拘わらず暗そうな内容に触手が伸び悩んで。
自他称:酒飲みとしては観ておかねば!(笑)というより、脚本も俳優陣の演技も密かにツウの間では評価高いようです。

http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cg …

*『アメリカの友人』
これはヴェンダースが『ベルリン…』や『パリ、テキサス』で注目されていた際にも話題になっていて
ビデオに入れてそのうち・・・と思ってる間に今まで観てません。で、DVDレコーダを買ったのを機にビデオ整理していて観ようと思ったら・・・
ビデオが退化してて見られないという単純な事情です(苦笑)
パトリシア・ハイスミスが好きなのでやはりDVD買います。

http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cg …

「メメント」、私も未見です。ガイ・ピアースは『L.A.コンフィデンシャル』で良いと思った俳優なのでこれもDVDで是非と思っています。

リストに載せていただくほどの回答でないかも?アシカラズです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

アッバス・キアロスタミ
「桜桃の味」だけかろうじてタイトルを聞いたことがあります。イランの方なんですね。黒澤は全部見てるわけではないのですが(見られるわけないのですが)古い順にいいような気がしてるし。入手困難のような気がしますが、タイトルに惹かれてオリーブと桜桃は候補に。

「リービング・ラスベガス」Leaving Las Vegas (1995:米・英) 監督:マイク・フィッギス
これは見てないと思います。「ニコラス・ケイジがこの作品後にパチンコのCMにでるようになった」と、納得させる作品なのでしょうか?ラスベガスには貯金があるので回収しにいきたいのだが…。(映画のコメントになってませんね。)

「アメリカの友人」The American Friend (1977:仏・西独) 監督:ヴィム・ヴェンダース
かろうじてナスターシャ・キンスキー出演ということで「パリ、テキサス」は見てるのですが、「ハメット」、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」は映画としては?(「ハメット」のほうはコッポラのせいのようですが…)

アッバス・キアロスタミの名はリストアップしたいと思います。

余計な話ですが、Walkerというかキネ旬って、「解説」、「ストーリー」はよいのですが検索しにくいと思いません?(私が使いこなせないだけなのかもしれませんが。)

お礼日時:2004/11/18 01:38

見逃している映画?と聞かれますと大概見逃していると思いますので(^_^;)回答する資格ナシなのですが、すこし思い浮かんだ事がありましたので、書いてみました。


 
 ラッセ・ハルストレム監督
 「アバ・ザ・ムービー」
アバのドキュメンタリー映画らしいのですが、ビデオ化もされていないのでしょうか、いまだ観ていません。他の作品はすべて観ているだけに、残念です。この映画のなかでアバが歌うダンシング・クイーンを聴きたいですね。
スウエーデン映画を検索中に発見!

 ヴィクトル・エリセ監督
 「マルメロの陽光」
まだ四本しか監督してない内の一本です。これはDVDで発売されているので、見る機会はいつでもあるの
ですがまだ観ていません。もともと子供が出演している映画が好きで「ミツバチのささやき」「エル・スールー南ー」を観て甚く感動したものですから、そのときの印象を壊したくないという意識が、この映画を観ることを拒んでいるのだと思います。きっと素晴らしい映画だと思います。

 ジョン・フランケンハイマー監督
 「プロフェシー恐怖の予言」
処女作の「明日なき十代」からお付き合いしていますが
この映画も観ていませんね。題名は知っていたのですが
たぶんウィリアム・フリードキンか誰かが監督した映画だろうと思っていました。(たぶんエクソシストなんかのイメージがあったのかもしれません)
フランケンハイマーの映画は「終身犯」「大列車作戦」
「フレンチコネクション2」のような「男の意地」みたいなものを表現している印象がありますので、はたしてこの
「プロフェシー恐怖の予言」がどんな映画なんだろうか興味はあります。ホラー映画を検索中に分かり驚きました。

あと俳優のほうで、オードリー・ヘップバーンでは「ロビンとマリアン」、ショーン・コネリーでは「王になろうとした男」とか「風とライオン」など、良い映画だろうと思うのですが未見です。

このように書いてきますと、観てない秀作がわんさとでてきます。
もはや時間との戦いですね。(笑)

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「アバ・ザ・ムービー」ABBA: The Movie (1977:豪、スウェーデン) 監督:ラッセ・ハルストレム
なつかしい。私はコンサートにいけないとわかっていたので映画館で何回も見ました。平日の最終回や土日はコンサート会場のように異様に盛り上がってました。多分全米ツアー前にオーストラリアのツアーをプロモーション的に見せる作品だったと思うのですが、地元のDJがすれ違いでなかなか会えないところとコンサート風景を見せて、曲を聴かせるところが今思えばMTV風でした。
「サイダー・ハウス・ルール」と「シッピング・ニュース」は原作がらみで見ているのですが、「アバ・ザ・ムービー」の監督だったとは。でもいい意味で映画を見てる感じではなく、ABBAのツアーを見てる感じにしてくれる作品だったと思います。

「マルメロの陽光」The Dream Of Light (El Sol del membrillo) 監督:ヴィクトル・エリセ
ご紹介ありがとうございます。間違いなく、一作も見てないはずです。ので、「ミツバチのささやき」から順番に見ていきたいと思います。インターナショナルには認知されていない60年代の作品も4作あるようですね。
http://us.imdb.com/name/nm0258977/

「プロフェシー/恐怖の予言」Prophecy (1979年:米) 監督:ジョン・フランケンハイマー
公害がテーマの動物パニック(?)ものらしいですね。
「グラン・プリ」、「ブラック・サンデー」などのいわゆる大作はみてるのですが…。男の意地。興味あります。

ショーン・コネリーとオードリー・ヘップバーン(オードリー・ヘプバーン?また日本語表記の問題が)はほとんど押さえていると思います。私はキャサリンのファンですけど。

ラッセ・ハルストレム、ヴィクトル・エリセ、ジョン・フランケンハイマーの未見の作品は鑑賞候補にします。タイトルから惹かれるのは「終身犯」と「大列車作戦」です。たくさんの作品、監督の紹介ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/18 00:41

気狂いピエロ


よく聞くタイトルですが未見です。
TVでは放送できないのかな?

時計じかけのオレンジ
これも有名だけど未見です。

アラジン
ディズニーの有名タイトルですね。

奇蹟の輝き
ロブン・ウィリアムズ好きなんですが、まだ見てないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「気狂いピエロ」Pierrot Le Fou (1965:仏・伊) 監督:ジャン=リュック・ゴダール
またゴダールですね。つい最近TVKかMXTVで「勝手にしやがれ」をやっていたようですが、やっぱり気狂いがNGなんでしょうかね?「勝手にしやがれ」はジーン・セバーグが出てたこともあって割りと覚えているのですが、「気狂いピエロ」のほうは…。

「時計じかけのオレンジ」A Crockwork Orange (1971:英) 監督:スタンリー・キューブリック
初めて見たときに吐き気がしたし、ぼかしが入っていたのでびっくりしました。「雨に唄えば」と「第九」を聞くと必ずあのマルコム・マクドウェルの顔が頭をよぎります。ある時期は「2001年宇宙の旅」とともになかなか見ることができない作品でした。

「アラジン」Aladdin (1992:米) 監督:ジョン・マスカー
ディズニーのアニメですね。鬼門です。短編アニメとアヒルは好きなんですけど。こちらもロビン・ウィリアムスがらみなんですね。(歌はどうなんだろう。)

「奇蹟の輝き」What Dream May Come (1998:米) 監督:ビンセント・ウォード
未見です。ロビン・ウィリアムスはテリー・ギリアムの「バロン」、「フィッシャー・キング」に出演しますし、「インソムニア」にも出てますよね。「インソムニア」ではいつもと違う感じでしたね。(ほとんど寝てたのですが。)あと見てるのは 「グッドモーニング,ベトナム」と「レナードの朝」ぐらいかな。

No.1さんの回答も踏まえてジャン=リュック・ゴダールとテリー・ギリアムの見直しは実施したいと思います。「時計じかけのオレンジ」ももう一度みたいです。

お礼日時:2004/11/17 00:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q香港映画と中国映画の違い。

映画ど素人の質問ですみません。
中国の映画には、中国映画と香港映画とわかれていますよね。
なんで2つにわけているんでしょうか?
見た作品でくらべると、「インファナルアフェア」とかの香港映画は近代的な映画中心にやっているけど、「HERO」とかの中国映画は古典的な映画を中心にやっていますよね。
全く2つの映画は同じ中国映画でも違うもんなんでしょうか?
あと、台湾映画もありますよね。

Aベストアンサー

日本映画と中国映画が全く違うことはおわかりでしょう。
同じアジア圏にあるからといって「東洋映画」で一括りに出来るものではありません。
旅をすると判りますが、中国から香港へ入る(またはその逆の)際には、出入国審査があり、パスポートの提示と出入国カードの記入が必要です。また台湾と中国を行き来する際にも同じ手続きを経なくてはなりません。
つまり、中国、台湾、香港は、それぞれ歴史も文化も異なる別個の国であり、映画会社も台湾や香港では資本主義の民間会社ですが、中国は国営スタジオですので共産党の意に反した映画は一切作れません。
日本や香港の映画俳優が中国映画に出演することもありますが、これはあくまでも客演(スペシャルゲスト)にとどまります。
ことほど左様に異なりますので、三者を区別しない方が不自然でしょう。

Q同じ邦題で違う内容の映画

お世話になります!

目下、洋画邦画を問わず、「同じ邦題で違う内容の映画」を探しております。
例えば
「初恋」2006年 宮崎あおい主演 府中三億円強奪事件
「初恋」1971年 ドミニク・サンダ主演 ツルゲーネフ原作
・・・というような具合です。
同じ邦題という条件ですが表記も一致していてほしいので、上記の例ですと「はつ恋」や「初恋・地獄篇」ではなくて「初恋」限定で、また「違う内容」に関してはリメイクや翻案ではなく全く別の物語、という意味だとお考え下さい。
また、公開当時は同じ題だったけれども、DVD化にあたって変更されたとか、その逆で、DVDになったら同じ題になっていた、というものでも大歓迎です(できればそうしたご指摘もお願い申し上げます)。

私は上記の例以外では「25時」(アンソニー・クイン主演とエドワード・ノートン主演)くらいしか脳裏に浮かばないのですが、その他の作品をお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

「許されざる者」
60年版ジョン・ヒューストン監督、バート・ランカスター主演。
92年版はイーストウッドの監督主演のオスカー受賞作。
どちらも西部劇ですが、リメイクではなく別の作品。
「ボディガード」
68年版はカーク・ダグラス主演のサスペンス。
92年版はおなじみケビン・コスナー主演作。
「ストリートファイター」
75年版はウォルター・ヒル監督、チャールズ・ブロンソン主演の快作。
94年版はゲームが原作、ジャン・クロード・ヴァン・ダム主演のトホホ映画。
「マイ・ライフ」
78年版 ジョアン・ウッドワード主演、マラソンに挑戦する主婦の話。
93年版 マイケル・キートン主演、末期癌を宣告された男の話。
他にも「望郷」「対決」「激怒」「追憶」などは洋邦で同名タイトルの作品が何本かありますね。

Q映画祭が主催して映画を作ることはあるの?

世界各国、さまざまな映画祭がありますが、映画祭がお金を出して映画を作ることってあるんですか?
カンヌ映画祭やベルリン映画祭が映画を作ったなんて話は聞いたことがありませんが、他の映画祭ではこんなことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「それぞれのシネマ」という映画がそうです。
カンヌ映画祭60周年に合わせカンヌ主催で作った映画です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330555

調べないとわかりませんが、他の映画祭でも節目節目で作った作品があると思います。

Q映画の中の映画監督

映画監督が出てくる映画を教えて下さい。ただし、実在する監督の物語ではないものを。そして、その劇中の映画監督は撮っている映画監督を反映していると思いますか?洋画も邦画もよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 続きが遅くなってしまいました。
 先に挙げた作品についてあれこれといっても仕方がないと思いますし、既にspontaさんからも傑作ばかりだという応援の言葉も有りますから、これらに関しては一言だけ付け加えて終わります。

 私もトリュフォーは大好きです。彼のテーマは常に愛でしたが、「アメリカの夜」は、映画に愛をこめて、という副題が日本で付けられた通りの作品でした。これを観ればあなたも映画作りに参加することが出来ます。楽しいですよ。
 ゴダールは全般に、気ままに生きてきた主人公がちょっとしたトラブルに巻き込まれて、最後でドンパチやった挙句に死んでしまう、というパターンの作品が多い人です。はっきり言って私はその傾向の作品はほとんど評価しません。しかし「軽蔑」はそれらとは一線を画する、人生の奥行きを見事に切り取った傑作です。主人公が映画監督であるということで、さすがにゴダールさんも真剣に登場人物を描いたのかもしれません。
 フェリーニは、「甘い生活」の様に極めてシリアスなものから、「アマルコルド」のようなノスタルジックなものまで、作品は色々有ります。時々シュールレアリスティックなシーンが挟まって、はっとさせられるようなことも有りますが、この作品にそれが一番大きく現れているかもしれません。なにしろ映画を撮れない映画監督の悪夢の映画ですからね。ただし、映画史上の傑作とは言うものの、私はもう一つ体調が良くない(睡眠不足)時に見たため個人的な評価は保留のままです。
 「すべて売り物」は、まだ欧日協会と言っていた頃の某所で私も観ていす。ワイダの作品としては良くも悪くも無いといった辺りでしょうか。
 
 その後、考えていましたが、捜せばまだいくつも有ると思います。と言っても、広い意味での映画人を描いた作品は相当に有りますが、監督が主人公で映画製作の現場を、という条件は結構厳しいかもしれません。それでも、例えば。
・「ことの次第」 ヴィム・ヴェンダース
 荒れ果てた海沿いのホテルの跡地で、B級SF映画とおぼしき怪しげな映画を撮影している一行を、状況そのままに、捉えどころの無いシナリオで描く(当然劇中劇も、この映画自体も面白くない)。ヴェンダースとしては、資金問題を始めとする様々な障害のため、創作に苦悩する映画監督を描きたかったのかも?
・「黄金の夢」ナンニ・モレッティ イタリア
 こちらには撮影場面が出てきたかどうか自信が有りません。監督は知識階級の受けが良くて、各国の映画祭で何度も受賞していますが、私はどうにももう一つです。

それで質問の後半部分ですが、以上に書いたようにほとんどが自分自身の姿を反映していると思います。以上です。

 続きが遅くなってしまいました。
 先に挙げた作品についてあれこれといっても仕方がないと思いますし、既にspontaさんからも傑作ばかりだという応援の言葉も有りますから、これらに関しては一言だけ付け加えて終わります。

 私もトリュフォーは大好きです。彼のテーマは常に愛でしたが、「アメリカの夜」は、映画に愛をこめて、という副題が日本で付けられた通りの作品でした。これを観ればあなたも映画作りに参加することが出来ます。楽しいですよ。
 ゴダールは全般に、気ままに生きてきた主人公がち...続きを読む

Q「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?

「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?
できれば、背景にエキストラのような感じで出てくるのではなく、ちゃんと「映画館」が物語に関わってくるものがいいです。

たとえばアニメなのですが、クレヨンしんちゃんの「カスカベボーイズ」という映画では、
映画館にやってきたしんちゃん達が、映画のスクリーンの中の西部劇の世界に吸い込まれる、というストーリーです。

このように、その映画のタイトルと、その映画にどのように映画館が出てくる(絡んでくる)のかを教えてください。
洋画カテゴリーですが、邦画でもアニメでも、なんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

↓に一覧がありましたので、ご参考にどうぞ。
http://sapporo.cool.ne.jp/jojo129/gallery/theater/theater.htm

Qポケモン映画で見たい座席を決める方法今度のポケモン映画を見に行こうと思いますが、前売り券を買って

ポケモン映画で見たい座席を決める方法

今度のポケモン映画を見に行こうと思いますが、前売り券を買ってから、どうすれば席を指定できるのでしょうか?

その見たい日にちに映画館へいって、当日券、前売り券関係なく先着順で座席を決めるのでしょうか?

Aベストアンサー

ポケモンの映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』は2016年7月16日(土)公開ですね。公式サイトをみると、4月16日(土)から前売り券は発売されるのでしょうか。
http://www.pokemon-movie.jp/tickets/

↑のページにある画像は紙の前売り券ですが、販売場所のページを見ると「ムビチケ」タイプの前売り券もあるようですね。
http://www.pokemon-movie.jp/tickets/shop_buy/

前売り券で映画を観るときは、映画館の窓口で、観たい上映回の券と引き換えます。全席指定の回なら座席も指定します。ムビチケタイプの前売り券の場合は、ムビチケ対応館でしか使えませんが、映画館に行かなくてもインターネットから座席を取ることができます。

席は先着順で取ることになります。前売り券なしでの購入、前売り券からの引き換え、どちらかに関係なく先着順となります。

いつから座席が取れるかは映画館によって異なります。上映日の7日以上前から取れる映画館もあれば、2日前から発売の映画館もありますし、上映日当日にしか取れない映画館もあります。映画館の公式サイトを見たり、映画館に電話で問い合わせたりすればいいでしょう。観に行く予定の映画館で前売り券を購入するなら、購入するときに何日前から座席に引き換えられるか館員に聞くといいでしょう。

ポケモンの映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』は2016年7月16日(土)公開ですね。公式サイトをみると、4月16日(土)から前売り券は発売されるのでしょうか。
http://www.pokemon-movie.jp/tickets/

↑のページにある画像は紙の前売り券ですが、販売場所のページを見ると「ムビチケ」タイプの前売り券もあるようですね。
http://www.pokemon-movie.jp/tickets/shop_buy/

前売り券で映画を観るときは、映画館の窓口で、観たい上映回の券と引き換えます。全席指定の...続きを読む

Q「死霊の盆踊り」という映画がサイテー映画とは

「死霊の盆踊り」という映画の批評で、
「サイテー映画と呼ぶに恥じない映画」とか書いてありましたが、
「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。
またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

Aベストアンサー

厚いファン層の支持を得ているヨタ・カルト映画『資料の盆踊り』ですね。

私は何年も前に全編を通して見ましたが、かなり見応えのあるサイテー映画です。「呼ぶに恥じない」とは、よくぞ言いました。世の中には1円で売られている有名スター主演の映画ビデオがあるにもかかわらず、中古でもサイテー1980円からしかないのが賛辞の証拠です。

前置きが長くなりました。

>「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。

この場合は主に、芸術性、すじがき、カメラワーク、演技、照明や音声など各種技術のレベルがゼロという意味です。色彩と女優さんたちの容姿はそれなりに美しいです。

>またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

死霊が盆踊りをするだけの映画だからです。以下の解説も言い得て妙だと思いますよ。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11171

Q映画の中で映画を見る映画

なるべく古くて有名どころの作品って、どういうものがあるのでしょうか。映画館に入るというだけでなく、そこで見ている映画が、ちゃんと画面いっぱいに使われているというような感じのやつです。
ちなみに、そういうことを一番初めにやった作品はなんでしょうか?

Aベストアンサー

名匠、成瀬巳喜男監督の『おかあさん』(1952)の中盤、始まってから1時間過ぎくらいのところでいきなり「子どもが走り去るカット~「終」の文字」(時間にして2、3秒)が出ます。これが、登場人物が見ていた映画でした。

その前のシーンと何のつながりもなく、唐突に「終」と出るので驚きますが、すぐに映画館内のショットに切り替わるので、なぁんだ、となるわけです。ちなみに見ていた映画というのは、『悲しき恋』というおそらく架空の映画で、キャッチフレーズは「泣いてください閑古鳥」だというのもユーモラスでした。

Q映画の思い出、映画館の思い出・・

好きな映画、子供の頃に観た映画、タイトルが思い出せない映画、
観たかったけど観られなかった映画、はじめてデートで観た映画、
レンタルで観た映画、映画館であったこと・・。
映画にまつわるお話はありますか?
出来れば楽しいお話で。
良かったら教えてください。

(文章が下手なので、短く拙いお礼しか出来ませんが思いますが、
「それでもいいよ~と」思われたら、回答お願いします。)

Aベストアンサー

ありゃ忘れもしない、私が小学生の時ですよ。「キング・コング」がリメイクされて上映となった時に少年誌で盛んに書きたててるものだから、私が「観たい観たい」と親にせがんだんですね。そしたら父さんが切符を買ってきてくれたんです。前売り券ってやつですか。嬉しかったですねぇ。ところがどっこい、うちの兄貴が意地悪で私にこう言ったものです。「キングコングが映画から出てくるんだぞ~」って。脅かすんですよ。映画なんて物心付いてから「東映マンガまつり」だけでしたから観たのは。そんな訳で内心ビクビクもので父親に連れられて行ったんです。父は盛んに「怪獣なんて飛び出して来ないから」と言うんですが、私はもうドキドキ。で、映画館に着きました。ところがですね、ここでまた問題が起きたんです。後から考えたら問題だったんですが。普通、映画を観に行く時って上映開始時間に合わせて行くものですよね?ところが父はそんな事お構いなし。映画の上映途中で映画館に入ったものだから、既に映画は始まっていたんですね。だから途中から観たんです。途中で観たもんだから私はチンプンカンプン。丁度あれは、コングがタンカーで運ばれるところからでした。で、コングが撃たれて死んでしまうまで、つまりラストシーンまで観たは良いんですが、肝心の話の初めが解らない。で、もう一回最初から見直したんです。当時は切符1枚で何回も観れましたから。飛び出して来ないと解り、私はもう夢中になって観てたんですが、父は横でグゥーグゥー。そして最初に入った時に観たシーンに入ったんですが、普通は最後まで観るでしょう。せっかく1枚の切符で観放題なんですから。ところが父は「さぁ、こっからは最初の続きだから帰るか」。子供心に「あらららら・・・」。子供だから筋なんてどうでも良い。ただ怪獣が好きだったので、コングが観れれば良かったんですが、何となぁく変な気がしました。何だか今から考えると愉快な思い出です。

ありゃ忘れもしない、私が小学生の時ですよ。「キング・コング」がリメイクされて上映となった時に少年誌で盛んに書きたててるものだから、私が「観たい観たい」と親にせがんだんですね。そしたら父さんが切符を買ってきてくれたんです。前売り券ってやつですか。嬉しかったですねぇ。ところがどっこい、うちの兄貴が意地悪で私にこう言ったものです。「キングコングが映画から出てくるんだぞ~」って。脅かすんですよ。映画なんて物心付いてから「東映マンガまつり」だけでしたから観たのは。そんな訳で内心ビク...続きを読む

Q至急心配性です 映画館のポップコーンと飲み物について 今日映画を見に行くのですが 映画館でポッ

至急心配性です
映画館のポップコーンと飲み物について



今日映画を見に行くのですが
映画館でポップコーンと飲み物買ったら両手塞がってしまいますよね?
なのでいつも買おうか迷うのですが
両手塞がっても支障ないですかね?
塞がってしまった場合の対処などありましたらよろしくお願いします

Aベストアンサー

どういう映画館なのかわからないですが、トレーを借りられるなら借りてみては?
大型映画館なら、ドリンクホルダーにはめられるタイプのトレーを渡してくれたりします。
あとは、持ち込みできるなら、ペットボトル飲料にするとかです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報