私は、高さが15cmくらいのシルクジャスミンの鉢植えを持っています。
知り合いが、1鉢に10本くらいを寄せ植えしてあったものを購入したので、その中の1本を去年の冬にもらったのです。
もらってきたときには小さな鉢に入っていたので、今年の春に直径7、8cmくらいの鉢に植え替えをしました。
しかし、そのあと、ちょっとした不注意で水やりを怠ってしまい、
葉っぱが3分の2くらいかれてしまいました。
そのあとは普通に水をやっているのですが、残った葉っぱもだんだん枯れてきているようです。
また、新芽は今年になってまったく出ていません。
復活させるにはどうしたらよいでしょうか。

A 回答 (1件)

こんにちは、



葉っぱは、枯れかけのようですが、根はどうでしょうか?
少し、土を取り除いて、根を見てください。
根は白いでしょか、黒いでしょうか?
白ければ、回復の兆しがあります。少しだけ肥料をまいてください。
あとは、強い日差しをさけて、育ててください。
黒ければ、かなり重症です。
白いに根がでるまで、日陰で見守ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

根元を少し掘って見たところ、根は黒くはないようです。
でも、ほとんど根が張っていないようでした。
少し肥料をやって、様子を見ようと思います。

お礼日時:2001/07/31 15:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシルクジャスミンの葉が黄色くなってきた どうすれば?

ハイドロカルチャー栽培のシルクジャスミンです。

小さいもので、10cmほどの背丈です。

葉の1枚が黄色く変色してきたのですが、どうしたらいいでしょうか?

直射日光があたらない窓辺で、室内に置いています。(やや明るい程度)

対処方法や、手入れ・育て方が詳しく説明されているサイトがあれば

教えてください。

自分でも調べたのですが、大きなシルクジャスミンのことや

販売のサイトばかりで、10cm程度のハイドロカルチャーの

シルクジャスミンについては分かりませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古い下葉が黄色くなってかれてくるのは寿命がきたからで・・・・・ 正常範囲内ですが 日光不足・肥料不足で加速することもあります


ハイドロカルチャーでは 鉢には直射日光は当てられません(水温が上がり茹だってしまう)が 本来は日光の好きな木なので  気温が低い朝方 数時間なら日に当ててもいいかもしれません 鉢はなにかの影になる様にしておく

Qオリーブの鉢の寄せ植えについて

オリーブの苗を購入しました。
細っこくて弱々しいのですが背だけは高く、30~40cmはあります。
大きくしたいので植木鉢も直径30cm程のものにしましたが
見た目に淋しいので寄せ植えのようにしたいです。
中心に背の高いオリーブで、まわりを葉っぱがしげるように…。
適する種類を教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 私が持っている寄せ植えの本には相性の良い植物としてビオラ、シロタエギク、ストックが挙げられています。この中でビオラは安価で沢山出回りますのでいかがでしょうか?真ん中のオリーブの周りを取り囲むように出来ます。ビオラ→シロタエギク→ビオラ→シロタエギクで一周させても可愛いと思います。
 シロタエギクはあまり成長しませんが、ビオラは横に広がりますので10cmぐらいは株間を開けた方が良いです。最近は少し高め(300円ぐらい)でものすごく大きくなるビオラがあります。その場合は多分指してある説明書に株間の指定があるはずです。http://yasashi.info/ha_00001.htm
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/senecio1.htm
 また垂れるので動きがでるアイビーもOKです。2株ぐらい左右に植えて周りにパンジーなどはいかがでしょうか?花の色を抑えてると全体に統一感が出ます。白だったらスッキリした感じになりますし、アンティークっぽい色も個性的です。黒や黒に近い紫も個性的で格好良いです。
 他にもオリーブが乾燥気味を好みますので、湿り気を好む植物でなかったらOKです。アリッサムも茂るようになりますし、冬知らずなども温かな雰囲気が出ます。両方共垂れるように咲きますので、上下のコントラストがハッキリ出ると思います。
http://yasashi.info/a_00006.htm
http://www3.kyosai.or.jp/~arita/osusume/karenjyura/karenjyura.htm
 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。
 私が持っている寄せ植えの本には相性の良い植物としてビオラ、シロタエギク、ストックが挙げられています。この中でビオラは安価で沢山出回りますのでいかがでしょうか?真ん中のオリーブの周りを取り囲むように出来ます。ビオラ→シロタエギク→ビオラ→シロタエギクで一周させても可愛いと思います。
 シロタエギクはあまり成長しませんが、ビオラは横に広がりますので10cmぐらいは株間を開けた方が良いです。最近は少し高め(300円ぐらい)でものすごく大きくなるビオラがあります。その...続きを読む

Qシルクジャスミンのお手入れ

去年の夏、鉢植えのシルクジャスミンを買いました。当初は、花が咲いていましたが、それが終わったら葉がどんどん伸びるだけで花が咲きません(花は夏から秋にかけて咲くと聞きました)。
鉢も小さくなってきたようです。地植えにしても真夏や真冬も大丈夫でしょうか。それとも、大きな鉢に植え替えたほうがいいでしょうか。また、伸びた枝や葉を切ったりするのはいつぐらいの時期が最適なのでしょうか。花を咲かせるには何をしたらいいでしょうか。

そのほか、お手入れについて何かご存知のことがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 シルクジャスミン、我が家にもあるんですが、おっしゃるようになかなか花が咲かないものですね。物の本によると、赤い実が生ると書いてあったんですが、生ったこと無いです。
 花については、忘れた頃にぽつぽつ咲きますから、一斉に咲くものじゃないみたいですね。
 どちらにお住まいか分からないんですが、温暖なところでなければ、地植はやめた方がいいです。熱帯性の植物ですから、寒さで葉がどんどん落ちます。

 原産地では、石灰岩地帯に自生しているようですから、植替えの時などは石灰を入れた方がいいかもしれませんね。それと植え替えるんでしたら、熱帯性ですから、5月以降がいいと思いますよ。

 でも、朝起きたらいい匂いがしていて、ふと見ると咲いているってうのもなかなかいいものですよ。
 たまにしか咲かないから、嬉しさも倍増しますし。あと、常緑樹ですから、冬でも緑の葉がつやがあって綺麗ですし。

 すいません、取り留めの無い話になってしまいましたm(__)m

Q陶器鉢「カバー」に底穴を開けて、鉢そのものとして使いたい

本来鉢「カバー」として販売されている陶器鉢を鉢として使いたいと思っています。
鉢カバーの中に鉢を入れて使うと、鉢カバーが重いため、溢れた水を処理するのが大変なのです。
水抜きのための底穴を開ける必要があるのですが、どのような方法で開ければ良いかアドバイス下さい。

鉢は八号で写真が以下のURLにあります。
http://www.bloom-s.co.jp/images/products_big/c/co-s8110.jpg

Aベストアンサー

陶器ならトントンと少しずつ釘を打って行けば穴が開きます。
あくまでも少しづつで、一気に打ったら割れます。

穴が開いたら、ヤスリで広げる事もできます。100円ショップでダイヤモンドヤスリなど買ってきたら少し楽かな?

短気な方には向きませんので 慎重にどうぞ。

Qサイネリアの育て方

こんにちは。サイネリアを育てるのですが、サイネリアの育て方がわかりません。育て方や育てるコツを教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

サイネリア(シネラリア)の育て方については下記サイトに詳しく載っていますのでご覧下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/shi_00011g.htm

Q沈丁花の葉っぱが、最近下の方から黄色くなってきました。 新芽もそういえ

沈丁花の葉っぱが、最近下の方から黄色くなってきました。 新芽もそういえばちょっと元気がない様子で。 この早春には、元気に花を咲かせてくれたのですが。 大き目の花壇に、色んな植物と一緒に植えています。 何か、元気にしてやる方法はありますか? また、原因は何なんでしょうか。

Aベストアンサー

木の周りに大鋸屑のような木くずが落ちていたら鉄砲虫です
木の中を食い荒らして木を枯らせてしまいます

そういうものが見あたらなければ線虫
ごく小さいミミズに似た原虫で木に入り込んで木を枯らす毒を分泌します
他に考えられるのは過湿過肥による根腐れです

Qトリカブトの育て方

山登りに行った時に、トリカブトを見ました。
とても美しく綺麗だったので、育ててみたくなり
トリカブトの種子を購入しました。

購入したのはいいのですが、肝心な育て方がわかりません。
ネットで検索したり、お花に詳しいお友達に聞いたりしても
種子からの育て方がわからないのです。

トリカブト自体を育てるのは始めてなので
詳しい育て方が知りたいと思っています。

トリカブトの育て方に詳しい方がおりましたら
よろしくご回答お願い致します。

Aベストアンサー

育てたことはありませんが手元にある「山野草の育て方&楽しみ方事典」によれば、
・種まきは2月から3月初旬、半日陰で
・用土は赤玉土4に軽石4、腐葉土2を混ぜる
・鉢は中鉢の4-6号
・水やりは芽出しの頃は多めに
・水を好むので夏は腰水で育てる
・置き場所は芽出しから休眠までは木漏れ陽が当たる半日陰
・増殖は活発で3月中旬から4月中旬に塊根を分けて殖やす
・肥料は3月中旬から4月中旬に有機性の固形肥料を与える
・根は猛毒なので手袋をはめ、作業後すぐに手を洗う
・1-2年ごとに植え替える
・露地栽培するなら半日陰で、身近への植栽は避ける
・12月下旬から2月までは休眠する
・休眠期にも土が乾いていたら水は忘れずに与える

育て方はやさしいそうです。

Q寄せ植えの鉢花が咲いてくれないのは?

7月の上旬に、ランタナ2株・ブルースター1株ともうひとつ、名前はわからないのですが、白い模様の入った葉を茂らせる植物の苗を寄せ植えにしました。
南西向きのベランダに置いてます。

咲いたときの色合いを楽しみに、この一ヶ月大切に育ててきたのに、ランタナもブルースターも、全く花をつけてくれません!葉っぱは元気に育っているようなのですが・・・。
液体肥料も時々与えてますし、水遣りも、「乾いてからたっぷり」の
原則を守っているつもりなのですが、こういう場合の対処法についてどなたかアドバイスお願いいたします!

Aベストアンサー

こんにちは。お話を聞く限り、ランタナは肥料の効き過ぎで花つきが悪いのではないか?と思います。肥料を控えたほうが、よいと思います。薄い液肥を月に一回程度与えるのが程よいです。ブルースターは開花期が春・秋で夏は開花せずに生育だけを続ける性質を持っていますので、今じき開花は望めないとおもいます。
鉢を置く環境はよいと思うので、肥料を控えめに、過湿にならないように育て、秋に咲きそろうのを待ってみたらいかがでしょうか?

Qプレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始め

プレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始めています。この植物の育て方と名前をご存知の方、助言ください。

Aベストアンサー

サンスベリアの仲間だと思います。結論から言うと枯れる心配はないと思います。

枯れ落ちた葉は葉っぱの新陳代謝で落ちただけで、言うならば葉の寿命を全うしただけです。観葉植物は大きく成長するために古い葉を落として新しい葉を生やします。最近暖かくなってきたので、新しい葉を生やすために古い葉を落とし始めたのだと思いますよ。
写真に写ってる他の葉は元気に見えますので、木の本体はまだまだ元気だと思われます。

育て方ですが、原産地が乾燥地帯なので乾燥に強い種です。寒い時期は水を全くやらなくても良いくらいです。これからの時期は、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやり、土が乾くまでは何日も放置でOKです。枯らしてしまう最も多いパターンは水のやり過ぎによる根腐れですので、毎日水をやる必要は全然ありません。窓際に置かれてるようですので日当たりは十分だと思います。

サンスベリアの育て方:
http://sodatekata.net/flowers/page/150.html

Q駄温鉢と素焼鉢とテラコッタ鉢のちがい

駄温鉢と素焼鉢とテラコッタ鉢のちがいを教えてください。
また、それぞれの鉢の長所、短所も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テラコッタ(の鉢)というと、元々はイタリア産の赤い素焼きの焼きものをさすはずですが、厳密な定義はないようなので、素焼きと同じという理解で良いと思います。

素焼き鉢は、比較的低温で釉薬をかけずに焼かれます。駄温鉢は、素焼き鉢の一種ですが、高温で焼かれていて、鉢の上部に釉薬が掛けてあるものもあります。
素焼き鉢と駄温鉢を比べると、高温で焼きしめている駄温鉢のほうが強度がある代わりに、通気性や透過性がおとりますが、プラスチック鉢のように通気性が全くない訳ではなく、あくまで素焼き鉢と比べたら少ないというだけです。
逆に素焼き鉢は、強度が弱い代わりに通気性や透過性が大変良いです。しかし、通気性や透過性が良いということは、水がすくに蒸発してしまうという事でもありますので、水の管理が大変です。真冬などにしみこんだ水が凍って膨張し、割れてしまうこともあります。

駄温鉢はどこにでもある見慣れた形で外見に面白みはないのですが、植物の生育には最適な鉢だと思います。室内や玄関先などをおしゃれに飾りたい場合はデザイン性に富んだ素焼き鉢から選び、植物の生長を重視する場合は駄温鉢を使うという使い分けをすると良いと思います。

テラコッタ(の鉢)というと、元々はイタリア産の赤い素焼きの焼きものをさすはずですが、厳密な定義はないようなので、素焼きと同じという理解で良いと思います。

素焼き鉢は、比較的低温で釉薬をかけずに焼かれます。駄温鉢は、素焼き鉢の一種ですが、高温で焼かれていて、鉢の上部に釉薬が掛けてあるものもあります。
素焼き鉢と駄温鉢を比べると、高温で焼きしめている駄温鉢のほうが強度がある代わりに、通気性や透過性がおとりますが、プラスチック鉢のように通気性が全くない訳ではなく、あくまで素焼き鉢...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報