今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

テニスのサーブで打つ時体の向きはベースラインから何度くらいですか?

A 回答 (3件)

足の向きですが


デュースサイド:45度くらい
アドサイド:30度くらい
にしています。
デュースサイドのほうが角度をつけるのは
そうでないとワイドが打ちにくくなるためです

ちなみに、僕は足を引き寄せないフットバックで打っています
    • good
    • 0

そもそも「ベースラインから何度」と言う考え方が、間違ってますよ。


ベースラインを基準にすれば、クロスと逆クロスのサーブが、同じ身体の向きになっちゃうから。

サーブの種類とかにもよりますが、基本的には、「肩のラインが、相手の方向を向く様な感じ」かと思います。
    • good
    • 2

サーブの種類、トス位置、あなたの骨格、あなたの筋力というようなことが全て絡んできます。



逆に言うと、「ケガなく打ち続けられるフォーム」がその人にとってのベストなのです。

プロの選手を見ても分かるとおり、サービスのフォームはみんな様々です。
「サービスに何を求めるか」にもよりますが、そのために最善を求めた結果です。

サーブの種類によって、回転のかけ方の理屈が分かって、そのためにどのようなフォームが必要かが分かります。

これが、自分の骨格や筋力にマッチするかです。

例えば「サル腕」と呼ばれる、ヒジ関節の状態があります。
病気ではないのですが、先天的にそのような関節の状態なのです。

この「サル腕」では、同じサービスのフォームが取れません。

とすれば、「サル腕」に適したサービスのフォームが必要、となります。

ただ、今のところ「身体的特徴別のお勧めのサービスフォーム」がないのです。

指導者が「サル腕」でなければ「サル腕」を指導できないのです。
ところが一律に指導すると、「サル腕」には過度の負担が生じたり、フォーム自体が安定しませんからサービスがダメ、ということになってしまうのです。

「体の向き」も同じです。
サービスの種類毎のオーソドックスなフォームでの体の向きはありますから、まずそれを理解して、そのうえで自分の
「身体的特徴」に応じてアレンジする必要があります。

「決められたサービスのフォーム」ではなくて、「自分にとっての合理的なフォーム」が大切です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冬のテニスの服装について 冬のテニスの服装についてなのですが、さすがに半袖や短パンでは寒い時があると

冬のテニスの服装について

冬のテニスの服装についてなのですが、さすがに半袖や短パンでは寒い時があると思います。
その時に、半袖の下にコンプレッションウェアをきたり、短パンの下にコンプレッションタイツを着たりするのと、半袖の上にウォームアップを着て、短パンの上、もしくは直にウォームアップ(下)を着るの、どちらの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

学生なら、黒ヒートテックの上に半袖ウェアを重ね着が多いです。
冬は上は半袖にもならないですね。
その上に前開きパーカーを羽織る感じで調節してます。
下も短パンになる事もないので、綿のスウェットです。
私は中高大とそのスタイルです。
私も学生で、あるものを工夫して着るのが主流なので、1番それが動きやすくて良いと思います。
私はスクールも室内ですけどそのスタイルです。
私は大学までがそのスタイルで、周りもこのスタイルなので、違和感ないですけど、一応周りの人の服装も参考にしてみてください。

Q当たんない

ボールを打つ時真ん中に当てるにはどうすれば良いですか?
ボールを見て打つと言われても難しいので、出来れば具体的にお願いします!

Aベストアンサー

私も初め全然ボールが当たらなかったけど、ラケットに当たる直前までボールを見たらけっこういけましたよ( ᐛ )و

Qテニスのサーブのグリップについて

サーブのとき、構えたときに握っていたグリップが、スイングの途中でラケットが回転し、打点では違うグリップになることがあります。グリップが変化するため、サーブはとんでもない方向に飛んでいきます。ほぼ毎週テニスをしていてい、年2、3回程度ですが、一度発生すると、その日は直りません。

私は、かなり緩めにラケットを握っているのが原因の一つだと思うのですが、発生頻度が低く、他に原因があると思います。
この症状に対する対策で、良い方法はありませんでしょうか?

みなさまは、グリップをどのような感覚で握っていますか?


以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

多分、メンタル的な症状では?
特に緊張しているような時に起こりませんか? プレッシャーが強い時とか。
例えば、ダブルフォルトしたくない・・、絶対決めなきゃ・・の意識が強くなった時とか、大事なポイントの時とか。

もしそうなら対策としては、自身のサービスのリズムを作ることです。イチ、ニー、サン、シと数えながらスイング(素振り)。自分のリズムが出来れば、ズレ難くはなります。 
試合中なら声に出さずに、頭の中でカウントしながらスイングすれば良いと。

グリップの力加減は、生卵を掴むとか小鳥を掴む程度とかは昔から言われています。

話を戻しますが、「緊張」は.自覚しにくいものです。
表情が固くなったり、無口になったり、何時もと同じに出来ない、何か違う・・的な感じならまず深呼吸。次に、体全体の脱力して、力みを取って下さい。
サービスの場合、トスも低くなりがちですので、よく観察してみて。

Q打ち込み

フォアハンドストロークで打ち込むのが苦手なのですが、打ち込むときのこつはありますか?

Aベストアンサー

人間の上腕は肩の高さより上くらいしか上がらない形状なので、右肩を上げ左肩を下げること。それと、打ちこむとはいえ、フラットは確率が悪すぎるので、斜め上に振り上げて少しスピンをかけるといいと思います。強く振り抜くためにも、早目にポジションに入って右足にしっかり荷重させたいですね。

Qスライスの対処法

私は、スライスが不得意なのですが、それを克服する方法はありますか?

Aベストアンサー

スライスは入射角が大きいと止まる感じ、小さいと滑る感じになります。

止まる感じ→止まるわけだから、落ち着いてバウンドしてから打つくらいでいいかと
左右に跳ねる感じは、ボールをどう捕らえているかを見るしかないです

滑る感じ→ボールを持ち上げるためにも、上体を立てたまま腰の位置を下げる必要があるので、後ろヒザを曲げて打ってみるでいいかと思います。

Qリターン

格上の人のとても強いサーブを、リターンする時に意識することや、すべきことはありますか?

Aベストアンサー

「テイクバックしてから振る」という意識を捨てることです。
ボレーの感覚ですね。

とにかくラケット面を早く作って、サーブの強さに負けないようにすることです。
一発のリターンエース狙いは絶対ダメです。

厳しいコースでエースを取られてしまうのはしょうがないです。

触れたときにどうのように返すのか、です。

そのためには一番返球しやすいのはストロークで返球するのではなくてブロックして返球することです。

返球できれば、相手はそれを打たなければなりません。
レシーブをミスしてしまえば相手は何もしなくても良いのです。

レシーブに対する返球は、サーブのようなショットは来ませんからそれを返すことも可能でしょう。

サーブの強さに自信があると、レシーブされるのはイヤなのです。
そうなると、もっと強いサーブを打とうとしたり、もっと厳しい所へ打とうとします。

ファーストサーブの確率がドンドン落ちるのです。
セカンドサーブなら、シッカリ打ってポイントを取れる可能性も高くなります。

ブロックリターンをしていると、相手のサーブの強さが分かってきますから、押したり面の角度を変えることによって、ただ返すだけではなくてこちらから相手を動かせるようになります。

コーナーへ深くとか、浅い場所とかですね。
相手に苦手なショットがあるようならそういうコースがベストです。
スライスがかけられればより効果的です。

「サービス1発では決めさせない、レシーブ後の1発では決めさせない」という気持ちでプレイすることです。
これが実現すれば、サーバーの優位性はまったくなくなります。

これがリターン側の考え方です。

「テイクバックしてから振る」という意識を捨てることです。
ボレーの感覚ですね。

とにかくラケット面を早く作って、サーブの強さに負けないようにすることです。
一発のリターンエース狙いは絶対ダメです。

厳しいコースでエースを取られてしまうのはしょうがないです。

触れたときにどうのように返すのか、です。

そのためには一番返球しやすいのはストロークで返球するのではなくてブロックして返球することです。

返球できれば、相手はそれを打たなければなりません。
レシーブをミスしてしまえば相手は...続きを読む

Qテニスで打ち負ける、というのは、もちろん技量の問題もあるでしょうけど、ラケットの重量はどう関わってい

テニスで打ち負ける、というのは、もちろん技量の問題もあるでしょうけど、ラケットの重量はどう関わっているかのでしょうか?
ラケット重量が軽い方が打ち負け、重い方が打ち負けにくいのか、ラケットのスイングウェイトが軽いと打ち負け、重いと打ち負けにくいのか、どちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

物理学的にいえば、軽すぎるラケットなら、運動量が不足して、打ち負けるでしょう。
ただ、市販のラケットであれば、そんなに軽すぎるものはないと思えます。
とはいえ、ラケットの重さが重いほうが有利でしょうね。

Qサーブの時ボールが飛びすぎてしまいます。

サーブはいいフォームなのにサーブの時ボールがが飛びすぎてしまいます。
どうすればよいのでしょうか?
今、使っているラケットはピュアストライク100です。

Aベストアンサー

自分の身長、腕の長さとラケットの長さからサーブの打点のおよその高さが分りますよね?
そして、コートのサイズ、ネットの高さを元に、縮尺図を描いてみましょう。
その図を元に、フラットサーブで、ボールの弾道が直線だとして、どの角度で打てばサービスエリアに入るか調べてみましょう。
図が示す角度を元にして、正確な角度でサーブを打てれば、いいだけです。
背が高い方で、さらにジャンプして打てば、フォールトになりにくいでしょう。

もし、図を描いてみて、サービスエリアに入れるのが難しいなら、スライスサーブとしてスピードを落としてサービスコードに入れるか、スピンサーブをマスターして、ボールにトップスピンを与えて、空力的に下向きの力がボールに加わるようにすればいいです。

Q今ボレーはコンチネンタルグリップ(フォアもバックも同じ)、バックハンドは右手がイースタングリップで打

今ボレーはコンチネンタルグリップ(フォアもバックも同じ)、バックハンドは右手がイースタングリップで打っています。バックスライス打つ時どっちのグリップで打った方がいいと思いますか?ちなみに両方のグリップでバックスライスは打てます

Aベストアンサー

イースタン・グリップが、バックハンドイースタングリップでないなら、インパクトでオープンになりがちなので、コンチネンタルのほうがいいかなと思います。ただ、オープンでも、しっかり厚く捕らえることができれば、いいスライスは打てます。好みと自分に合った方でいいと思います。

Qフェデラー プレースメント

フェデラーはなぜあんなにミスが少ないのですか?

Aベストアンサー

まあ、ファイナルの錦織戦ではミスまくりでしたね。
「錦織が勝った」というより「フェデラー自身のミスの多さで負けた」という試合でした。

ただまあ、全体的にはミスが少ないのは事実です。

トップ選手で、つまらないミスが多ければ、いくら攻撃力が高くてノータッチのショットを打ててもダメです。
試合内容がもつれた場合、どうなるか分かりません。
負けてしまうこともあるでしょう。

また、勝てたとしても、もつれた試合は試合時間も長くなりますから、そういう試合ばかりやっていたのではトーナメント全体の体力が持ちません。

やはり年齢的な体力の問題はありますから、長時間のストロークのラリーは避けます。
フラット、スピン、スライス、ロブなど様々なショットを使って、相手の体勢やポジション、弱点を考えながら相手のショットが甘くなるのを待って、ポイントが取れる形に持っていくわけです。

相手のショットが素晴らしくてポイントを取られてしまうのはしょうがないことですが、「このゲームを取りたい」というときは集中して繋ぐところは繋ぐ、仕掛けるところは仕掛ける、決めるところは決める、と明解です。
当然、その間ミスはできません。

フェデラーの考え方は、「自分のサービスゲームはキープして、相手のサービスゲームを1ブレークできれば勝ち」というものです。

相手のファーストサーブの確率が高いときは簡単にはブレークできませんが、それでも「セカンドサーブになったらポイントを取る」ということを相手に印象づけてプレッシャーをかけておきます。

で、相手のファーストサーブの確率が落ちたゲームで集中するのですね。
そこでポイントを取るための技術的な裏付けは、とにかく必要なショットの練習しかないでしょう。

まあ、状況に応じてのショットの選択や配球は天性のものだと思います。

まあ、ファイナルの錦織戦ではミスまくりでしたね。
「錦織が勝った」というより「フェデラー自身のミスの多さで負けた」という試合でした。

ただまあ、全体的にはミスが少ないのは事実です。

トップ選手で、つまらないミスが多ければ、いくら攻撃力が高くてノータッチのショットを打ててもダメです。
試合内容がもつれた場合、どうなるか分かりません。
負けてしまうこともあるでしょう。

また、勝てたとしても、もつれた試合は試合時間も長くなりますから、そういう試合ばかりやっていたのではトーナメント全...続きを読む


人気Q&Aランキング