gooでもカテゴリが別れているくらいなんで相当違うんだろうな、
とは思うのですが、どう区別をつければいいのでしょうか。

地方と国?

A 回答 (2件)

【政治】とは公共問題について基本的な政策決定をすることで、


【行政】とは政治によって決定された政策にもとづいて公共的業務の遂行と管理をおこなうことです。
だから地方レベルでも国レベルでも行政と政治はあります。
議会(=政治)とお役所(=行政)の関係と言えばわかりやすいかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
そうなると普段自分たちが触れるのは行政であって、
政治じゃあないんですねえ。

お礼日時:2001/07/25 13:08

政治というのは、何をするか決めることで、


行政というのは、決めたことを実施することです。

政治を行うのは政治家で、行政を行うのは役人です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数楽と数学会の読みは何ですか?

数楽と数学会の読みは何ですか?

最近、よく「数楽」という言葉を見かけますが、この言葉の読みは何でしょうか?。

普通に読めば「すうらく」だと思いますが、数楽舎という塾は、「すうらくしゃ」ではなく、「すうがくしゃ」と読むそうです。
どちらかが造語ですか?

また、数学会の読みは、「すうがっかい」ですか、「すうがくかい」ですか?

Aベストアンサー

私も、「すうがく」、「すうがっかい」でよいと思うが。

数楽というのは、数学者や数学愛好家が「数学とは楽しいものだ」ということを強調するために、わざと漢字を変えて使っているものである。
だから、数学と同じく、「すうがく」と読んで問題ない。

>どちらかが造語ですか?
「数楽」は造語、「数学会」は「数学」と「会」の合成語だろう。

余談だが、「楽」と言う字は、
・「楽園」「行楽」など、「たのしい」「のびのびする」という意味では「ラク」
・「音楽」「楽器」など、「うたう」「音をかなでる」という意味では「ガク」
と読むのが原則である。
「数楽」の場合は、上記のような理由で敢えて例外的に「ガク」と呼ぶのである。

Q山口県の地方気象台はなんで福岡管区?

下関地方気象台など山口県の気象台や測候所はなぜ福岡管区気象台の管区内なのでしょうか?何か特別な理由でもあるのですか。ご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

国の行政機関だから,中国・四国・九州と分ける
必要が無いのではないですか。答えになりませんが。
例えば,旧郵政関係だと,長崎県壱岐・対馬の郵便
番号,電話番号は福岡県の一部です。
また対馬の厳原拘置支所は福岡刑務所に所属します。
かつて下関市に運輸省第四港湾建設局がありました
が(国土交通省に組織変更しました),ここは九州
の各港湾建設をしてました。
こういう例は枚挙にいとまがありません。
という訳で,行政区画よりも,交通の便とか,気象台
なら,○×気候など,気候によるのかも知れません。
また,歴史的な変革もあるのかも知れません。

あくまでも推測です。下関地方気象台HPにメールで
質問できますので,聞いてみてはどうですか。

Q読みは何でしょう

読みは何でしょう

Aベストアンサー

「網目」です。

写真から箱書きのように見えますが
網目模様の焼き物か塗り物でも入っているのでしょうか?

Q国から地方への税源移譲の結果

どのカテゴリーにするか悩みましたがこちらに投稿します。
基本的な事柄かも知れませんが教えてください。
今年、国から地方への税源移譲の一環として所得税が減り
住民税が増えました。
その結果、
地方交付税を受けていた自治体では交付税収入が減り
自前の収入が増えるがトータルとしての税収はあまり変わらない。
(税の使い方の自由度はあがるが財政的にはあまり得する部分はない)
一方
地方交付税不交付団体ではもともと交付税収入はなかったところが
今回の税源移譲で自前の収入(住民税)が増えるためトータルとして
の税収は純増する。(富める自治体は得をする)
という理解であっているでしょうか?

Aベストアンサー

今回の税制改革の結果予測は、様様な説が存在しています。
質問者さんが挙げたようなものも一つの有力な説です。
それ以外では、地方交付税交付金の額については、各自治体が増加するための活動の裁量範囲が限定されています。
(増やそうとしてもできる範囲は限られている)
しかし、住民税は住民の純増により歳入を増加させることができます。
(魅力ある都市づくりにより住民を増やすことができれば歳入を増やすことができる可能性がある)

従って、
>富める自治体は得をする
とは一概には言えず、各自治体の努力次第でどうにでもなるとも言えます。

Q本を読み事で何が得られますか?

本を読み事で何が得られますか?

Aベストアンサー

楽しい時間。展開を想像すること。新たな知識、作者の思想。

Q国2・地方機関にお勤めの方

新人として国2で地方出先機関に入った場合、本省にいけるチャンスは何年目くらいにまわってくるものなのでしょうか?それとも毎年試験のようなものがあるのでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

以前、国家二種で地方機関に採用された経験がある者です。

省庁によって事情は異なると思いますが、通常では
あまり本省に行けるチャンスはないと思います。
(試験などはありません)
基本的に、県や地方の枠を越えて異動することは
難しいようです。
あまり詳しくはわかりませんが、仕事上の勉強のためとか
本省から地方機関への異動希望者がちょうどあった場合
(需要と供給がマッチした場合)など、ある程度「運」のようなところもあるようです。

ただ、何らかの理由があれば異動は可能と思われます。
例えば、東京の夜学に通う予定だとか、東京にいる彼女(彼氏)と結婚する予定だとか言えば、異動できる可能性は高いと思われます。

Q「故れ」の読み方と意味は何ですか

「故れ」の読み方と意味は何ですか。

本居宣長の「古事記伝」に出てきます。
一応、自分の解釈は
読み方は「これ」
意味は「これによって」
と思うのですが、国語学的な根拠がないので、
自信がありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば古事記傳七之卷神代五之卷の二段目「須佐之男命御啼伊佐知の段」の冒頭を見てください。「故各隨依賜之命所知看之中」に、「カレ オノモオノモ ヨサシタマヘル  ミコトノ マニマニ シロシメス ナカニ」と訓みが添えられています。

「かれ」は、「か・あれ」の縮まったもので、「か」は「あれ」「あそこ」と物を指し示す語、「あれ」は物が明瞭に見える意の「ある」の「已然形」で、「あるので」「あるのだが」というような意味。併せて、「そのようなことであるから」といったような意味に使われます。

「自分の解釈」と仰るのはとても良いことですね。国語学的な根拠など参考程度にすればよいでしょう。それこそ宣長の言う「おほらか」ということでしょう。

Q地方自治体の財産を国に安く貸す事は違法なの?

 国の特殊法人が、私の自治体の行政財産(土地)を借りて、インキュベーション施設(起業家育成支援施設)を設置したいと考えております。
 特殊法人としては、自治体から土地代を極力安くしてもらって、インキュ施設に入居する起業家に安い家賃で提供したいと考えております。また土地を貸す自治体としても、同じ気持ちでいます。
 しかし、「地方財政再建促進特別措置法」第24条第2項の規定で「地方公共団体は、国や指定の特殊法人等に対し、寄付金、法律又は政令の規定に基づかない負担金、その他これらに類するものを支出してはならない」という規定があり、困っているところです。
 すなわち、自治体が土地を通常の賃借料よりも減額して国等に貸し出すことが、「寄付金の支出」に該当してしまうのではないか、という心配です。        なんとかこの話しを進めたいのですが、ぜひ皆さんのお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

「地方財政再建促進特別措置法施行令」
第十二条の三
 五  専ら当該地方公共団体の利用に供され、又は主として当該地方公共団体を利することとなる施設で独立行政法人又は公団等の当該施設に係る一般的な設置基準を超えるものを当該独立行政法人又は公団等が設置する場合において、当該施設を構成する財産を独立行政法人又は公団等に寄附しようとし、又は当該財産の取得に要する費用を当該地方公共団体が負担しようとするとき。

これに該当するものとして総務大臣と協議して許可を得る、てのはいかが。

それはそうと
「地方財政再建促進特別措置法」第24条だけが、赤字団体とか、財政再建団体とかの限定なしの条文なんですね。
国からの圧力で自治体が不利益を被るのを防ぐ目的なのでしょうか。

Q「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?

「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?
人名のようなのですが、[馬前]原という記述がありました。
第2水準にも無い漢字のようですが、何と読むのでしょうか?
また意味は何ですか?

Aベストアンサー

漢字辞典で調べたらありました。人名については分かりません。

読み:「セン」古い中国の読み方だと「ゼン」の場合も
意味:蹄の白い馬
「[馬前]原」の読み:「きばはら」

参考…大修館「漢語新辞典」

Q国の行政行為に対する地方自治体の同意について

1 国が法律に基づく行政行為をなす場合、その行政行為 自体が国の専管事務で地元自治体に対する同意・了解取 り付けを義務づけていないものがあります。

2 しかしながら、地域住民の意向尊重するため、地元自 治体と調整しながら、同意を得て(時には議会に諮っ  て)国の行政行為を行うのが通例だと思います。

3 このような地元との調整を経ずに国が行政行為をなし たとしても(地元の意向を無視したときは)国は何ら法 的に問題は無いのでしょうか?

4 地元の意向尊重するための国側と地方との関係を規定 するものは無いのでしょうか?国の一方的な行政判断で いいのでしょうか?

5 もしそういう国の一方的な行政行為がなされた場合、 地方自治体は何も言えないのでしょうか?

 どなたか教えてください!

Aベストアンサー

 この問題は、純粋な法律学の問題、行政手続き上の問題というより、「政治」「政策」の問題ですね。

  所謂「11市協」側は、国からの補助金を地元にばらまけるように、騒音対策の補助金制度を残しておきたいし、国側は、支出は押さえるために、伊丹空港の「格下げ」と共に、騒音対策制度の実質廃止を打ち出してくるのでしょう。

 この問題は、11市協側は、行政行為が云々という政策立案上の問題をクローズアップするより、地元の有力国会議員・建設関係の議員・運輸族の議員さんたちに陳情して、巻き返し、復活を行おうとするのではないですか?


 さて、この問題の財源は、国だったと思います。その財布を握っている側が、もう、金は無いと言っているわけですから、その恩恵に何時までも、「便乗」するもの問題かなと思います。
 その制度、相当期間実施されていて、これ以上存続させる意義があるのかという事と、この事業に将来も国がお金を支出することは、果たして、他の国民と比べて公平なのかという、素朴な疑問も湧いてきます。

 財源・判断が、国側にある以上、地元自治体は、法的には、上記のような活動以外に、手段はないと思われます。

 これは、国の直轄管理国道の拡幅工事は、何処までと、国交省が定めるのと同様だと思われます。

 その後の計画延伸は、陳情で対応していますね。

 この問題は、純粋な法律学の問題、行政手続き上の問題というより、「政治」「政策」の問題ですね。

  所謂「11市協」側は、国からの補助金を地元にばらまけるように、騒音対策の補助金制度を残しておきたいし、国側は、支出は押さえるために、伊丹空港の「格下げ」と共に、騒音対策制度の実質廃止を打ち出してくるのでしょう。

 この問題は、11市協側は、行政行為が云々という政策立案上の問題をクローズアップするより、地元の有力国会議員・建設関係の議員・運輸族の議員さんたちに陳情して、巻...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報