親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

ある円筒物体が空気中にあり、最初に物体に角速度ωを与えるとき、物体内部の空気はやがて一定の角速度になり、物体とともに徐々に角速度が小さくなると思うのですがこのとき、
物体内部の中心が低圧外側が高圧になる①
外側が低圧中心が高圧となる②
どちらなのでしょうか。
①だとするとベルヌーイの定理から中心の速度が速くなり、円運動のv=rωにならなく、②だとするとその逆が起こってしまい、どちらにも矛盾が生じてしまうと思うのですが、どこで間違えていたのでしょうか。
どなたか分かる方お願いします。

質問者からの補足コメント

  • すみません、訂正です。
    一定の角速度になるのではなく空気全体が同じ角速度で徐々に減少していくということです。
    角速度の中心と円筒の中心は一致しているものとします

      補足日時:2018/12/12 12:44

A 回答 (5件)

外周付近も、中心付近も角速度が同じなら、ベルヌーイの定理で言われる流体が存在しません。


円筒ないの空気、個々(原子」・分子?)の相対的な位置は変わりません、どこにも流れはありません。
流体って?流れって?、日本語の問題?。
    • good
    • 0

流れる→広辞苑によれば、液体が移り動く。


移り→物理の目で見て詳細に(個人的感覚です)全体にかかる力を受け、不規則に形を変えて移動する、ミクロで見れば、構成する原子、分子の相対的な位置関係が不規則に変化し、全体の形を変えて。全体として一定の方向に移動する。
角速度が同じとき、うえの状況は想像できません。
    • good
    • 0

>空気全体が同じ角速度で徐々に減少していくということです。


日本語の意味不明。
何が徐々に減少?、角速度?なら「角速度が」、空気そのものが減少?、とも受け取れる表現です。
円運動する空気の遠心力はどうなるの?。
遠心力だけで考えれば①でベルヌーイの出番ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

角速度が減少するという意味で書いています。
遠心力に関しては回転座標系で考えていなかったので考えてはいません。

お礼日時:2018/12/13 07:45

>物体とともに徐々に角速度が小さくなると思うのですがこのとき、


角速度が小さくなりやがて0となる・・ですね。
>物体内部の空気はやがて一定の角速度になり
これ、事実?、物体とともに・・・角速度が小さくなる、と大いに矛盾するように思いますが
都合の良いところだけ強調しています、ベルヌーイの定理?、それだけしか適用されない理想状況での話ならね。
    • good
    • 0

前提が抜けていますが、角速度の中心と円筒の中心が一致していないと、デタラメになります。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加速度が2m/s^2で1s後で速度2m/s 2s後で速度4m/s 3s後で速度6m/sとなります。

加速度が2m/s^2で1s後で速度2m/s
2s後で速度4m/s
3s後で速度6m/sとなります。
3s後までに進んだ距離は12mでしょうか?
間違っている場合は、ご指摘をお願いします。
1sで2m進む、2sの時4m進む、3sで6m進むのでトータルで3s後には12m進んだのでは思いました。

Aベストアンサー

>v=atから平均的な速度を求めるにはv×1/2=at×1/2とした方が良いのでしょうか
平均的?、そんな誤魔化しのことば使うようでは、とても理解できません。
ズバリ、平均速度、です。
数式を数式のままで理解できるのは物理の専門課程で学んでいる人です。
v=atが理解できていればこんな質問はあり得ません。
v=t秒後に到達する速度。
初速0(停止)、v(t秒後の到達速度)平均は(0+v)×1/2・・注v=at
したほうが、よい?、どころか、そのまんま、です。
聞きかじりの知識の数式を振り回しているだけで、何も理解できていません
>なぜ平均速度でないとダメなのでしょうか
別に平均速度でなくても、微分したうえで積分すればよいだけです。
ただ、等加速度運動の場合は平均速度を求めて計算できるだけの事です。
聞きかじりの数式の知識だけでは、考えられないだけです。

Q縦波と横波の本質的な違いはなんですか? 密度くらいしか違いがないような気が…

縦波と横波の本質的な違いはなんですか?

密度くらいしか違いがないような気が…

Aベストアンサー

本質的?、本質みたいに見えるかもしれないが本質ではない、そういう意味です。
自身が何が本質か全くわかっていないのをごまかしている言葉です。
縦・横、日常生活では重力に平行な方向を縦、直交する方向を横といいます。
波・波動は媒質が振動することで、全体として変異情報を伝えます、この伝える(伝わる)方向を基準にして、媒質の振動方向を縦・横で表現しています。
伝える方向(進む方向)と平行=縦波、伝える方向(進む方向)と直交=横波
波動の本質?、というとほかにあるのかもしれませんが。

Qなぜ、加速度に時間を掛けても道のりはわからないのでしょうか? 速度と加速度の違いはわかりますが、速度

なぜ、加速度に時間を掛けても道のりはわからないのでしょうか?
速度と加速度の違いはわかりますが、速度は加速度から出来ています。なのに加速度に時間を掛けても道のりが導けない事になんだか違和感があります。
単位的に見ればとりあえずは納得できます。

Aベストアンサー

加速度に時間を乗ずると速度の加減が求まるだけです。距離を求めるためには積分が必要です。

Q真空中の光速より早く情報を伝達することは可能? 長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っ

真空中の光速より早く情報を伝達することは可能?

長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っこは同時に飛び出しますが、これは一般的な感覚としては全く同時に思えます。

もしそうならば、光速より早く情報を伝達できているように思えます。
これはそうなのでしょうか?
それとも違うとすればどういう理由でしょうか?
人の目には同時に動いていように見えるけど、実際には同時ではなく、棒の端と反対側の端では遅れがあるということでしょうか?

Aベストアンサー

例えば長さ 1m の金属棒の端を押すと、端の動きが反対側の端に伝わるまで
0.2ms(5千分のー秒)とかそのくらいのオーダーの時間がかかります。
これは「実測」されている値です。

0.2 ms は人間には関知不能の短さですが、光は1 mを10億分の3. 3秒で
駆け抜けます。比較になりません。

例えば月まで鉄棒もし渡せたとすると、
地球で端を押すと月側の端が動くのは18時間後(^-^;
光なら1.3秒です。

Q理想気体の状態方程式pv=nRTより、 d v=(δv/δT)・dT+(δv/δp)・dp ...➀

理想気体の状態方程式pv=nRTより、
d v=(δv/δT)・dT+(δv/δp)・dp ...➀
と書けますが、この表現ができる理由として
Δv= v(T+ΔT,p+Δp)-v(T,p)
を変形していくことで、微分の定義から➀の式が導ける、という説明を読みました。
これでも十分に納得しているのですが、もし➀の両辺を例えばあたsらしい変数t用いてdtで割れば
d v/dt=(δv/δT)・dT/dt+(δv/δp)・dp/dt
となり、これはv(T,P) ( T(t),p(t) のとき)をtで偏微分した式になっています。
このことから、温度Tと圧力pが共通の変数t(例えば時間)の関数となっていると考えることはできないでしょうか?
大学の先生には間違っていると言われましたが特に理由は教えてもらえなかったので、この考え方の問題点を教えてください。

Aベストアンサー

pv=nRTでvはv(T, p)=nRT/p とした場合独立変数Tとpの関数です。
Tとpは独立で、Tとpを任意に変更しても
この式は成り立ちます。この式の意味はそういう意味です。

あなたのやろうとしていることは、Tとpは独立ではなく
双方ともtの関数だという「想定」を持ち込んでいるということ。
そうでなければdT/dtもdp/dtも定義出来ず、式が成立しません。

pとTが強制的にtのパラメータになるような制御機構が存在
すれば、間違ってはいないです。なければ間違いです。

Q励起状態の反対語

基底状態ってありますが、冷めたような状態を示す言葉はないでしょうか?
沈静化状態?  他にないでしょうか?

Aベストアンサー

自然科学の用語としては

励起状態= excited state
 ↓↑
基底状態= ground state

です。これは「エネルギー準位、エネルギーの状態」を表わす表現。

「excited」の反意語であれば「冷静な」「落ち着いた」という肯定的な意味と、「つまらない」「わくわくしない」「何もしない」という否定的な意味があるでしょうね。
 cool、calm、settled、quiet、sober、・・・

日本語だったら、使う場面によって
 冷静状態
 平静状態
 平穏状態
 沈静状態
 鎮静状態
 休眠状態
 休止状態
 消沈状態
 謹慎状態
 ・・・
などなど。

Q地球を、1度 下げるには、何カロリー相当に なりますか? お世話になります、 化成変成、融解熱、比熱

地球を、1度 下げるには、何カロリー相当に なりますか?
                                    

お世話になります、

化成変成、融解熱、比熱、バイオ、其の他を、
全て、含み、

地球の、温度を
1度、上げ下げする、
カロリー量とは、

何カロリーに、当たりますか?


ご教示ください。

Aベストアンサー

地球の表面と中心部(そこまでいかなくとも地下数キロ)、大気の地協近くと上空との間などには「温度分布」があって均一ではありませんから、いろいろな仮定を置かなければ計算できません。

地球内部では放射性物質の崩壊により熱が発生していますし、日々太陽からも熱が供給されています。当然、地球から宇宙に「放射熱」も放出しています。

Q慣性系における相対加速度や相対速度を組み込んだ運動方程式と 非慣性系における慣性力を組み込んだ運動方

慣性系における相対加速度や相対速度を組み込んだ運動方程式と
非慣性系における慣性力を組み込んだ運動方程式

違いはありますか?

Aベストアンサー

>聞いたことない言葉
はい普通どこにも現われません。ですが理論上はあり得ます。加速度は速度が変化する比率ですが、加々速度は加速度が変化する比率です。大学でも加々速度は教えられません、宇宙の現象で一般には観測されないからです。

Q複素数の参考書をやっていたらこんな問題がありました 複素数で解くとそこまで難しくはないのですが 「ぱ

複素数の参考書をやっていたらこんな問題がありました
複素数で解くとそこまで難しくはないのですが
「ぱっと見がベクトルの問題です」

なのでベクトルで解く方法はありませんか?

(京大なので複素数じゃないと解き難いという引っ掛けなのかもしれませんが....)

Aベストアンサー

厳密にいうと線分AB に対して「三角形ABC が正三角形になる」ような C は 2個あるので, 単純に
三角形 ABC' が正三角形になる
では不十分ではないでしょうか>#1.

とはいえ #1 のように
当該ベクトルで与えられる点が C と一致する
という方針で行けばそんなに難しくなかったりします.

Q矩形波のスペクトラムについて

立ち上がり/立ち下がり時間100psの矩形波をバンドパスフィルタ(帯域が1.5GHzから3GHz)に通したあとの出力波形をSimlinkを利用してシミュレーションしました。
入力矩形波の繰り返し周波数は(500MHz,500kHz,500Hz)で、それぞれデューティ比50%です。(立ち上がり時間/立ち下がり時間は100psで一定です。)

添付図の通り、出力波形は入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じような振幅の波形が出力されました。

なぜ、入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じよう振幅の波形が出力されたのでしょうか?

入力矩形波のスペクトラムを考えると、500MHzの矩形波の場合、500MHz(基本波周波数),1.5GHz(第3次高調波),2.5GHz(第5次高調波),3.5GHz(第7次高調波).....とスペクトラムがたつと思います。
バンドパスフィルタの帯域が1.5GHzから3GHzであれば通過するスペクトラムは第3次と第5次高調波だと思います。すなわち出力波形は第3次高調波と第5次高調波の足し合わせたような波形になると思います。

同様に500kHzの矩形波の場合は、通過する高調波成分は第3001次高調波から第5999次高調波なので、通過後の波形はその足し合わせになると思います。

第3次と第5次高調波あたりでは振幅はまだ大きいと思いますが、第3001次高調波あたりになってくるとほぼ0になると思います。
500kHzの入力矩形波の場合、上記バンドパスフィルタを通すと第1次から第2999次高調波を捨てることになるのでかなり大部分のエネルギーを捨てていると思います。
それなのに同じような出力波形になることに違和感を覚えます。

なにか私の考えに誤りはありますでしょうか?

有効帯域が繰り返し周波数によらず、0.35/(立ち上がり時間)で決まるといった話もありますが、そういった話も関係してくるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

立ち上がり/立ち下がり時間100psの矩形波をバンドパスフィルタ(帯域が1.5GHzから3GHz)に通したあとの出力波形をSimlinkを利用してシミュレーションしました。
入力矩形波の繰り返し周波数は(500MHz,500kHz,500Hz)で、それぞれデューティ比50%です。(立ち上がり時間/立ち下がり時間は100psで一定です。)

添付図の通り、出力波形は入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じような振幅の波形が出力されました。

なぜ、入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じよう振幅の波形が出力されたのでしょうか?

入...続きを読む

Aベストアンサー

周波数領域からこの問題を攻めたことはないのですが、
フーリエ級数の場合、各級数は離散的な周波数を表す訳ですが、

周波数間隔が半分になるように級数の間を滑らかに繋ぐように埋めて
級数の個数を倍にすると、逆フーリエ変換で得られる波形の周期は
倍になりますが、周期に比べ十分時間が小さい部分の波形は
時間も含め変わらないそうです。

またステップのスペクトラムと方形波のスペクトルは
方形波が離散的という点を除いて同じなので、
時間の短い領域(t<方形波の半周期)ではステップも
方形波も同じということになりそう。

取り合えず、合わかってるのはここまで。


人気Q&Aランキング