gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

弁護士をたてなければ裁判はできないのでしょうか?

A 回答 (12件中1~10件)

できます。

    • good
    • 0

日本はすべての国民は裁判をする権利を有します。

素人でも相手の弁護士以上の人は多くいます。お金があれば弁護士を雇う方が楽です。
弁護士にもいろいろいます。ピンからキリまでです。優秀な良い弁護士に
委せれば勝つとは限らない。証拠がすべてです。
    • good
    • 2

できますが勝てません。


裁判はある意味で「揚げ足取り」ですから、その戦い方を知っているのといないのとでは勝敗は明らかです。
    • good
    • 0

基本的に弁護士は必須ではなく、弁護士を立てる理由としては、手続きを任せたい、少しでも有利にということです。



裁判手続きにもいろいろあり、弁護士ではなく、司法書士でも対応できる範疇もあります。
司法書士の中には、簡裁代理認定を受けている司法書士がいますが、簡易裁判所の範疇であれば弁護士と同様のことが司法書士が扱えます。
また、簡裁代理認定の有無にかかわらず、本人申立てなどの裁判書類などの作成や支援等については、司法書士も一応業務とすることができます。
当然弁護士より業務範囲に制限がある分、司法書士の方が安価なことが多いことでしょう。それに弁護士ほど訴訟経験が少ないことが多いため、相手方がいる裁判などであれば、不利になることもあるかもしれません。

世の中には、弁護士を立てないで裁判をしている人もいます。
ただ、弁護士費用その他の問題により本人訴訟をしている人もいるでしょう。
あとは、ある程度の法律知識などあれば手続きレベルでは不利益も少ないため、弁護士を入れずに扱うようことはあるでしょう。

不動産管理会社や運送会社などは、法務部門(担当)などを整備し、弁護士案件と本人(法人)訴訟を区分けして対応しているようです。
本人(法人)訴訟と判断したものでも、長引いたり状況次第で弁護士案件へ切り替えて対応することでしょう。

最後に営業するつもりはありませんが、私は弁護士費用保険に加入しています。
今の時代、いつ被害者になるかわかりませんし、注意していても加害者になってしまうこともあるものです。多少の法知識を持っているつもりでも、相手方が弁護士を入れてくれば対等な立場で交渉できる自信はありません。そのために弁護士費用保険に加入することで、弁護士その他の法律家の費用とともに裁判費用もある程度面倒見てくれる保険に加入しています。
あと、弁護士を雇えないことで弱い立場になってしまう法律弱者を支える社会保障として、法テラスなどで弁護士や裁判の費用を分割払いできるような支援や国の援助による費用軽減などもあったりします。必須ではないにしても、法律弱者となって不利益が大きくなってもいけません。どのような意図での質問が見えませんので、質問者の希望としない回答は無視してください。
    • good
    • 0

民事訴訟は 弁護士無しの本人訴訟もできますよ。


でも 少額訴訟程度ならとかく 本格的な裁判なら 相手側の弁護士に打ち負かされないよう 専門的な法律知識が必要ですよ
    • good
    • 2

死刑又は無期若しくは長期3年を超える懲役若しくは禁錮に当たる事件を審理する場合などの必要的弁護事件の場合は、被告人に弁護人がなければ裁判手続を行うことができませんので、被告人が弁護人を選任しなければ、裁判所が職権で国選弁護人を付することになります。

    • good
    • 0

出来ます。



「本人訴訟」といいますので、検索してみてください。

裁判所は、裁判の方法は教えてくれません。

事務手続きは便宜上教えてくれることがあっても、どうすれば勝つ事が出来るか、何をすれば有利になるかは教えてくれません。公平性が保てなくなるからです。

手続きのできることと出来ないことを知らないために負けるのでは、元も子もなくなります。

弁護士がいる方が効率よいです。

でも、本人訴訟で、1人で戦って勝ったという例もいくつか見受けられます。
医療裁判のような難しいものも、です。

どうしても勝つという熱意と、努力があれば可能です。
もちろん、勝てるかどうかは内容次第です。
    • good
    • 1

できますが


それまでの面倒な手続きや
本人が法律にくわしければいいのですが

相手が検察ですから
専門家相手に戦うのは
どうでしょう

お金の問題でしたら
資産が少ないと分かれば
国選弁護士という制度があります

国が代わりに弁護士の費用を出してくれます

弁護士の会館に
国選弁護士のための裁判の予定があって
弁護士が
どれかできそうなのはないかなあと
内容を見て立候補します
    • good
    • 0

民事訴訟は刑事訴訟と違い、


弁護士をたてずに
本人訴訟をすることが可能です。
    • good
    • 2

殺人などの重犯罪は弁護士が必要と聞いたことがあります。


それ以外は弁護士をつけてもつけなくてもいいようです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q質問させていただきます。 何故、法律は決まってるのに弁護士によって 勝つ人と負ける弁護士がいるのです

質問させていただきます。

何故、法律は決まってるのに弁護士によって
勝つ人と負ける弁護士がいるのですか?

高い金出せば良い弁護士が被害者の希望を叶えてくれる弁護をするのでしょうか?

例えば、

私〜という弁護士に頼んだら負けたけど
〜弁護士に変えたら勝訴したわ!

なんてことよくありますか?

わかる人いたらよろしくお願いします。

夜分すいません。

Aベストアンサー

法だけで機械的に人を裁くのではなく、裁判官というフィルターを通した解釈の上で裁かれるのですから弁護士の能力も必要とされるのです。

Q至急です!! アイフルで30万ほどの借金があり 毎月払っていましたが先月分が払えなくて 延滞から1カ

至急です!!

アイフルで30万ほどの借金があり
毎月払っていましたが先月分が払えなくて
延滞から1カ月が経ちます。

今月も厳しく来月なら可能なのですが
それなら強制的に解約になりそうで怖いです。

解約になったらその月から30万の一括請求になるのでしょうか?

それなら本当に払えません。

強制解約になった後で残りの借金を
分割にしてくれたりしないのでしょうか?

Aベストアンサー

来月も返済が無理だとしても、延滞金加算で借り入れ元金が増えるだけで、解約や一括返済はありません。

Q給料未払いで会社側を訴えて裁判しました。裁判ではこちらが勝利し9月末に 支払うと支払い命令が会社側へ

給料未払いで会社側を訴えて裁判しました。裁判ではこちらが勝利し9月末に 支払うと支払い命令が会社側へ出されました。しかし それでも お金がないから支払えないなどの理由で 支払いません。その後の手段として会社側へ差押え等の手段もありますが銀行口座やビジネス上の入金情報を掴んだりしなければならないそうです。裁判してここまで来るのにも 時間とお金がかかっているのに、、
結局 給料未払いほ 『泣き寝入り 』が余計な お金と時間をかけることなく ベストな方法なのでしょうか??

Aベストアンサー

弁護士事務所で働いています。裁判で勝っても、お金を取れるかは別の話なんです。実はそんなに簡単ではありません。相手に財産がなければ取り立てることができません。また、社長が計画離婚している場合は、妻側へ金銭が渡っている場合もあるし、銀行を差し押さえても、現金やりとりに変更されている場合には、通帳を空にしている場合もあり、銀行を差し押さえても意味を持ちません。金銭の受け渡し場所に実際に行き、横からそのお金を取るという行為ができればいいのですが、そのような事は中々できないでしょう。また、その人の生活も無下にしてはならないという面倒な決め事までありますから、泣き寝入りするケースは多々あります。その会社の受注状況を調べ、元請け会社、施主にこのことを告げれば、元請け、施主はそのような会社に受注させませんので、(お金のない会社に頼めば、施工もせず逃げるかもしれないので頭金や中間金を預けたくないという事)受注がなくなり、さらに支払困難になりますから、このような行為も焼け石に水です。
悔しい気持ちもよく判るだけに、もどかしいのですが、相手の財産を弁護士に調べてもらい、取り立てる財産がない場合には、費用が勿体無いですので諦めるのも一つです。費用がかかってもいいというなら、探偵を雇い、行動範囲を調べ上げれば、足が付きます。でも、本当に、何か法律を変えてもらわないと、泣き寝入りしなくていい案件まで泣くしかないのが現状です。

弁護士事務所で働いています。裁判で勝っても、お金を取れるかは別の話なんです。実はそんなに簡単ではありません。相手に財産がなければ取り立てることができません。また、社長が計画離婚している場合は、妻側へ金銭が渡っている場合もあるし、銀行を差し押さえても、現金やりとりに変更されている場合には、通帳を空にしている場合もあり、銀行を差し押さえても意味を持ちません。金銭の受け渡し場所に実際に行き、横からそのお金を取るという行為ができればいいのですが、そのような事は中々できないでしょう...続きを読む

Q楽天市場は日本の裁判所以上の権限を持つ事ができるのか?

突然、楽天関係のページにログインできなくなり、問い合わせた所、最初、『原因や経緯を確認することができず~』という返事が来ましたが、その後、「根拠となる事実」と「根拠となる法律条文」を質問しても、『(すでに)案内いたしました』と書かれた返事が来ただけで、具体的な「事実関係の説明」や「根拠となる法律条文」を説明せず、ログインできない状態を続け、楽天ポイントという財産を没収もしくは凍結し、こららの質問に「何も返答しない」という態度を続けています。

日本の警察や裁判所が個人の財産を凍結もしくは没収する時は「根拠となる事実関係」「根拠となる法律条文」を示し、もし、それが納得できない時は裁判で争う事ができます。また、第一審の判決に納得できなければ、第二審、第三審で判断を求める事も出来るます。

しかし、今回、楽天は「事実関係の説明」もしないし、「対応に納得できない」と申し出ても何の返事もなく、無視して、個人の財産を凍結もしくは没収しています。(ここままでは楽天は個人の財産を没収します)

日本の法律では『月極め駐車場に「契約車以外の車が駐車した場合、2万円請求します」と書いていても、勝手に違反車を開錠して車の中から2万円相当の金品を没収する事』は許されていないし、また、『「貸していたお金を返さない」と言って、無理矢理、債務者の財布を奪い取ってお金を抜き取る事』も許されていません。

こういう「リンチ(私刑)」は一部の人間が自分勝手に使う恐れがあるので許されてらず、今の日本で「リンチ(私刑)」がまかり通っているのは「覚せい剤の売上金を持ち逃げした」など、事件を公に出来ないケースだけでしょう。

楽天が事実関係を説明できないのは『外部からの不正なアクセスか楽天内部の人間によるデータの改ざんがあり、事実を公にすると楽天の信用の失墜に繋がるからではないか?』 それ以外の理由が何か考えられますか? 何度も楽天に「何らかの違法行為があったのなら警察や検察に告訴や告発をして警察や裁判所に真犯人の特定や処罰を委ねるべき」と連絡しても何も返事がなく、無視され、個人の財産の凍結もしくは没収を続けています。

日本の法律では「簡単に個人の財産を没収されたり、凍結されない」と考えていましたが、楽天だけは日本の裁判所を超越した権限を持つ事ができるのでしょうか?

今回の質問は『この様な楽天のやり方は違法ではないか?』、また、『楽天がこの様に明らかに客から反感を買う様な対応をする背景に何があるのか?』の2点で、それ以外の回答は不要です。(例えば、「民事訴訟で解決~」とか「消費者センターに相談~」などの回答は不要です)

P.S.
今回、書いた事実関係はすべて真実で、もし、「嘘だ」というのなら楽天は名誉棄損で訴えるべきです。そうすれば、多くの人が事実を知り、被害者を増やさない為に役立つので、それはこちらの望む所です。

2018年8月28日放送のNHK総合「おはよう日本」でも「楽天ペイ」が紹介されていましたが、「楽天ペイ」はいつ急に使えなくなるかわからないので気をつけた方が良いですよ。

突然、楽天関係のページにログインできなくなり、問い合わせた所、最初、『原因や経緯を確認することができず~』という返事が来ましたが、その後、「根拠となる事実」と「根拠となる法律条文」を質問しても、『(すでに)案内いたしました』と書かれた返事が来ただけで、具体的な「事実関係の説明」や「根拠となる法律条文」を説明せず、ログインできない状態を続け、楽天ポイントという財産を没収もしくは凍結し、こららの質問に「何も返答しない」という態度を続けています。

日本の警察や裁判所が個人の財...続きを読む

Aベストアンサー

楽天使うのが間違ってる。
過去にポイント消されたりというケース多い。

Q「この車無保険だから事故ったとき俺に一切要求するなよ」「わかった」コレで免責されますか?

「この車無保険だから事故ったとき俺に一切要求するなよ」「わかった」コレで免責されますか?

普段は何年も全く人を乗せなくて、乗せたら俺のことをナメきった同乗者から命の次に大切な愛車を壊されたり傷つけられたり運転者に給油を矯正した挙げ句に運転者を締め出して車を奪い勝手に乗り回したりメチャクチャされてトラウマになったので車に人を乗せないことに決めて同乗者対象の任意保険を解約しました。

同乗者に任意保険を書けてないよ、事故にあっても保証を求めるなよ!と同乗者に言って相手が同意した上で事故が起きて同乗者に治療費がかかったとき運転者の責任は問われますか?

バンジージャンプやスカイダイビングをするときに免責の覚書を書かされますがあれを書くと何が有っても一切保証を求められなくなるんですか?

Aベストアンサー

まずは質問の言葉がわかりにくいですね。
同乗者も運転した瞬間に運転者になります。
おそらく、運転者を車の所有者と言いたかったのかなと思い書かせていただきます。

交通事故などが生じた場合には、まず第一義的な責任を負うのは、当然運転者にあります。
所有者というだけで事故時に運転していなければ責任はありません。
しかし、運転者が事故の賠償ができないなどの場合には、相手方である被害者などは、車の所有者に対して責任を求めることは可能です。

あくまでも求めることが可能なだけで、所有者が賠償しなければならないと直結しません。
交渉などをしてまとまらなければ裁判等になることでしょう。裁判所も所有者に管理責任を問えるような場合には、その管理責任の範囲でのみ所有者に賠償義務が生じる場合もあることでしょう。ただ、実際に管理責任で賠償をさせられたということは私自身知りませんが、会社名義などであれば、所有者である会社に対してということは聞いたことがあります。

できれば、質問のようなやり取りについて書面にしてあれば、所有者として運転者に対し、任意保険が対象でないことなどを伝えており、必要であれば運転者自ら保険契約すべきことが運転者にわかっているとか、必要な指示などを所有者管理者として行っていれば、責任を取らされることは少ないと思います。
また、無理やりあなたから奪うかのように持ち出された場合においても基本的にあなたの責任はないと思います。ただ鍵の管理なども責任範囲になりうるかもしれません。

契約書や覚書などを十分に書いたとしても、必ずしもそれが有効かどうかはわかりません。
裁判などとなれば、その判断は変わることもあります。しかし、書面等がなければその説明も言った言わないの次元になり、管理責任等を問われやすくなってしまうことでしょう。
責任等を求めにくくし、争いとなっても主張しやすい材料として残すために、ダイビング等の覚書などもあることでしょう。
実際ダイビング等の機器や部材に不備があったとか、機構や環境の判断などで争うことは良くある話ではないでしょうかね。

まずは質問の言葉がわかりにくいですね。
同乗者も運転した瞬間に運転者になります。
おそらく、運転者を車の所有者と言いたかったのかなと思い書かせていただきます。

交通事故などが生じた場合には、まず第一義的な責任を負うのは、当然運転者にあります。
所有者というだけで事故時に運転していなければ責任はありません。
しかし、運転者が事故の賠償ができないなどの場合には、相手方である被害者などは、車の所有者に対して責任を求めることは可能です。

あくまでも求めることが可能なだけで、所有者が賠...続きを読む

Qこんばんは!突然ですが、訴状を起こしました。 相手からの返事は何もありません。 この後の流れを教えて

こんばんは!突然ですが、訴状を起こしました。
相手からの返事は何もありません。
この後の流れを教えて頂きたいのですが…
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!突然ですが、訴状を起こしました。
 ↑
訴状を起こした、てどういうことでしょう。
裁判所に訴状を提出して、受理された
ということですか。



相手からの返事は何もありません。
  ↑
裁判所でやるつもりだと思われます。



この後の流れを教えて頂きたいのですが…
  ↑
一月ほど経てば裁判所から呼び出し状が
原告、被告に届きます。

それによって定められた日時に裁判所に
出かけ、裁判します。

簡単な事件なら一日で審理が終わり、
少し経ってから、判決が出ます。

判決が出る日に出廷するかどうかは
事件によります。
小さな事件なら、出廷する必要はない、と
裁判官が指示します。

Q私は地主です。その上に私ではない名義の家が建っています。立ち退きを希望していますが、法律上可能でしょ

私は地主です。その上に私ではない名義の家が建っています。立ち退きを希望していますが、法律上可能でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

 「法律上可能でしょうか?」とありますので、少し法律を引用してみます。

◇借地借家法
 借地に関しては「借地借家法」(以下「法」と書きます。)に定めがあります。

 借地について簡単に書きますと、法では、借地上に建物があり、そこで生活している限り借地権は更新できることになっています。
 存続期間満了後も、更新しないことに正当の事由があると認められる場合でなければ借地契約の法定更新が認められ(第5条)、借地権設定者からの更新拒絶に制限があり(第6条)、地主から借地権の返還を要求されても拒否する権利があります。
 更新しないことに正当な理由とは、過去に認められたケースでは「長期間にわたって建物が無人で使用されていない」、「建物の劣化がひどく、倒壊などの恐れがある」などです。

◇定期借地権
 上記のとおり、通常の借地権には、借地権者に有利な扱いがされており、これらの規定に反する特約で借地権者に不利なものは、無効とされますが、存続期間を50年以上として借地権を設定する場合は、契約の更新を認めない特約をすることができます(第22条)。この特約が付された借地権を定期借地権といい、平成4年8月より施行されています。

 以上から…

………

>その上に私ではない名義の家が建っています。立ち退きを希望していますが、法律上可能でしょうか?

 建物が建っている場合は、何もしなくても借地契約が更新されます。もし地主が更新を拒否したとしても正当事由が認められなければ契約は継続されます。
 ですから、正当な理由がない限り、賃貸契約解除についての相手の合意がないと立ち退きは難しいです。

 ただし、定期借地権の契約を結んでおられる場合は可能です。

………
【借地借家法】
(借地権の存続期間)
第三条 借地権の存続期間は、三十年とする。ただし、契約でこれより長い期間を定めたときは、その期間とする。

(借地権の更新後の期間)
第四条 当事者が借地契約を更新する場合においては、その期間は、更新の日から十年(借地権の設定後の最初の更新にあっては、二十年)とする。ただし、当事者がこれより長い期間を定めたときは、その期間とする。

(借地契約の更新請求等)
第五条 借地権の存続期間が満了する場合において、借地権者が契約の更新を請求したときは、建物がある場合に限り、前条の規定によるもののほか、従前の契約と同一の条件で契約を更新したものとみなす。ただし、借地権設定者が遅滞なく異議を述べたときは、この限りでない。
2 借地権の存続期間が満了した後、借地権者が土地の使用を継続するときも、建物がある場合に限り、前項と同様とする。
3 転借地権が設定されている場合においては、転借地権者がする土地の使用の継続を借地権者がする土地の使用の継続とみなして、借地権者と借地権設定者との間について前項の規定を適用する。

(借地契約の更新拒絶の要件)
第六条 前条の異議は、借地権設定者及び借地権者(転借地権者を含む。以下この条において同じ。)が土地の使用を必要とする事情のほか、借地に関する従前の経過及び土地の利用状況並びに借地権設定者が土地の明渡しの条件として又は土地の明渡しと引換えに借地権者に対して財産上の給付をする旨の申出をした場合におけるその申出を考慮して、正当の事由があると認められる場合でなければ、述べることができない。

(定期借地権)
第二十二条 存続期間を五十年以上として借地権を設定する場合においては、第九条及び第十六条の規定にかかわらず、契約の更新(更新の請求及び土地の使用の継続によるものを含む。次条第一項において同じ。)及び建物の築造による存続期間の延長がなく、並びに第十三条の規定による買取りの請求をしないこととする旨を定めることができる。この場合においては、その特約は、公正証書による等書面によってしなければならない。

こんにちは。

 「法律上可能でしょうか?」とありますので、少し法律を引用してみます。

◇借地借家法
 借地に関しては「借地借家法」(以下「法」と書きます。)に定めがあります。

 借地について簡単に書きますと、法では、借地上に建物があり、そこで生活している限り借地権は更新できることになっています。
 存続期間満了後も、更新しないことに正当の事由があると認められる場合でなければ借地契約の法定更新が認められ(第5条)、借地権設定者からの更新拒絶に制限があり(第6条)、地主から借地権の...続きを読む

Q事故をしてしまい、請求金額が明らかにおかしいのですが、こういう場合はどうすればいいですか?また、保険

事故をしてしまい、請求金額が明らかにおかしいのですが、こういう場合はどうすればいいですか?また、保険会社のほうが納得していればいいのですか?こういう場合は、保険会社はどういう調査をしているのですか?また、相手が会社の車だったのですが、ディーラーと結託して、高額な修理代を請求する場合はあるんですか?
分かりづらくてすいませんm(_ _)m

Aベストアンサー

>請求金額が明らかにおかしいのですが、
 それは「質問者さん個人の見解に過ぎない」ってことですね。

>保険会社のほうが納得していればいいのですか?
 保険会社(アジャスター)が承認した修理内容であれば「それが世間の相場」です。
 裁判で争っても、同様の結果に至ると思います。

>保険会社はどういう調査をしているのですか?
 アジャスター(保険会社とは別な機関の第三者)に依頼をして
「適正な修理内容/見積もりを精査」させます。

>ディーラーと結託して、高額な修理代を請求する場合はあるんですか?
 ないでしょうね。
 保険金詐欺を働くディーラーなんて聞いたことが無い。

>こういう場合はどうすればいいですか?
 保険会社の査定が納得できないのであれば、示談交渉を決裂・終了し
 保険を使わなければ良い。
 損害賠償請求訴訟を起こされるまで、1円も支払わなくて構わないが
 加害者がそういう態度を取るのは非常識です。
 結果、賠償(弁護士費用も含めて)は自腹になります。

Q交通事故で弁護士に依頼したら・・・・

両親が交通事故にあったことから前弁護士に相手方との交渉を依頼しました。
逐一こちらの言い分及びどういう風にしたいのかをメールで言っておりましたが、交通事故から1年後に出てきた後遺障害認定は非認定となり、詳細を見たところこちらの報告した6分の1の物しか診断書やレントゲンが出されておらず、また、加害者側保険会社からは2週間分の治療費(20数万)のみ支給の提案がなされていました。
 両親は6か月の症状固定まで通院約3か月、入院(手術含む)約3か月の治療を要しています。また、前弁護士が役立たずであったことから現在の弁護士に依頼し、1年後に両親ともに後遺障害認定されこちらが納得できるように自賠責から支払いを受けることが出来ました。 
 前弁護士に関して、こちらの言い分をまったく聞かず勝手に示談方向に進め、異議を唱えると商法を盾に信頼が失われたと言い一方的に契約解除を連絡してきました。前弁護士に両親の着手金計40万円を支払っています。
 これでは着手金詐欺の様な手口だなと思っています。
 この前弁護士に鉄槌を下すようなことはできるでしょうか?

Aベストアンサー

相手方の都合で契約解除の場合は全額は無理かもしれないけど着手金は返金される物ですよ

Q損害賠償請求の裁判はいくらくらいでできるでしょうか? ある事情で60〜80円くらいの損害賠償を請求す

損害賠償請求の裁判はいくらくらいでできるでしょうか?
ある事情で60〜80円くらいの損害賠償を請求する裁判をしたいと思っています。
弁護士を雇って裁判をするとむしろ損になるかトントンになるくらいでしょうか?
損害賠償の費用はどのくらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

「損害万障請求調停」を申し立てるのが一番良いです。60万円から80万円の請求なら、費用は10,000円以下で済みます。弁護士に相談されてもそれくらいの金額だと当たり前の弁護士は引き受けてくれないのが現実です。良くて、内容証明郵便で請求してくれる程度です。それで結果OKになるならいいでしょうが・・・。


人気Q&Aランキング