痔になりやすい生活習慣とは?

気力がわかない

現在鬱治療中の28歳、主婦です。
2ヶ月ほど前までパートで働いていましたが、鬱の治療のため退職しました。

ここ最近、以前より気力がなくなってしまいました。
家事は出来るのですが、自分のことをするのが億劫です。

以前は化粧も大好きで、出かけるときは必ずメイクをして髪も整えていました。
今はほぼすっぴん、髪の毛もボサボサで服も適当です。
今までそんな姿で人前に出るなんて考えられませんでした。
趣味や友人と会うのも気が進まなくなりました。

いつかなにもできなくなりそうで怖いです。

鬱だとこのくらい気力が無くなるのは普通でしょうか?

A 回答 (6件)

確かに気力がわかなくなります。

私も趣味の鉄道に全く興味がわかなくなりました。部屋を埋めている鉄道模型も、今は粗大ゴミ程度にしか感じません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり好きだったことでも興味が無くなってしまうんですね。

お礼日時:2018/12/14 16:32

私もパニック障害、鬱病と診断されました。


私の場合理由は明確でしたが、ここまでなってしまったことに大変情けなさと苦しさで、自己嫌悪でした。
食べられない。眠れない。とにかく辛い。
でした。
食べなくてはと思っても吐く、下痢になる。
半年程で16キロも減りました。
医師の診察処方を早めに受けた方が良いです。
どうにかしたいではなく、どうにかなるまでやり過ごしてください。
そんな自分も自分だと
自分で自分を許してあげてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに自分を許してあげて、今はゆっくり休まなきゃと思いました。

お礼日時:2018/12/14 16:33

鬱だとこのくらい気力が無くなるのは普通です。



それでも病気ですから、必ず治ります。
やまない雨はありません。
咲かないつぼみもありません。

頑張らない。
いそがない。
何も考えず、ぼーっとしていましょう。

髪の毛ボサボサでも、すっぴんでも全然大丈夫です。
いつか昔のあなたが帰ってきます。
それを信じましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
病気だから、必ず治る。その言葉にすごく救われました。
頑張らないことを心がけます。

お礼日時:2018/12/14 16:35

ほとんどの抗うつ薬では数百に及ぶ副作用が出ますので、その影響の可能性はあるかもしれないですね。


というか、無いほうが不思議といってもよいでしょう。
服用されている薬を調べたい場合は、

薬品名(スペース)インタビューフォーム

で検索なさってみてください。
たとえば抗うつ薬として有名なパキシルでは、下記サイトからインタビューフォームを表示させていただくと臨床検査で発現したすべての副作用一覧を見ることができます。
https://gskpro.com/ja-jp/products-info/paxil-ir/ …
抗うつ薬として有名なパキシルは、製造元のグラクソ・スミスクライン株式会社自身が、
・実は、このパキシルという薬でうつ病が本当に治るかどうかはわかりません。
・また、うつ病がさらに悪化する可能性もあります。
・自殺したくなったり、実際に自殺を企てたり、あるいは他人に危害を加えるようになる可能性もあります。
・妊婦が服用した場合、新生児には2%の割合で先天異常(特に心血管系異常)のリスクが増加しました。
と明言してるような薬。

臨床検査などでは、7906人中 2,428人に副作用が発現しました。
【自殺既遂2件、自殺企図5件、自殺念慮4件】など重大なものも含まれています。(上記インタビューフォームで確認できます)
海外では、パキシル服用者3455人のうち11人(0.32%)が自殺を図った、という治験データもある。(偽薬を飲んだ人の中では1978人中自殺を図ったのは 1人(0.05%)だった。)
アメリカでは、自殺や殺人事件とパキシルとの因果関係がしばしば裁判になっていて、製造元のグラクソ・スミスクライン株式会社は、2009年時点ですでに300億円の和解金を支払っています。
治験段階で他人に攻撃的になったり錯乱状態になったりする例も多数報告されており、極めて危険な薬なのです。
パキシルに限らず、向精神薬と呼ばれる薬には必ずと言ってよいほど重大な副作用がある。

こうした薬を平気で処方するのが今の精神医療業界です。
病気ではありませんから薬で治すことはできませんし、治療の必要がないどころか、治療すれば重大な副作用に見舞われるのは火を見るより明らかです。
一時的に症状を抑えることもありますが、わかりやすく言えば、それは気分の落ち込んでいる人に覚せい剤を飲ませるようなもの。
副作用に苦しみながら薬を止めることができなくなる。

抗うつ薬というものは、本当に危険なものなので、#2さんのように『動けない。眠れない。食べれない。で、何もできません』という方の命を救うために、一時的に使用されるべきものです。
抗うつ薬は服用することによって脳の神経細胞を変質させてしまいます。一時的に効果が出たように見えるわけですが、処方を止めるとまた戻ってしまう。
脳が薬を処方されることを前提として機能するようになってしまうからです。
症状を治すのではなく隠すという効果しかありません。
重篤な状況にないのに、抗うつ薬を服用すると、副作用にさらされながら、あるいは怯えながら、永久に飲み続けることになる可能性が極めて高い。
10年、20年と飲み続けている方は非常に多いですよ。

『抗うつ薬の増量などの対策を行わなければ、私のように動けない。眠れない。食べれない。の状態になっても不思議ではありません』とおっしゃっておられますが、それは間違いです。
そもそも『動けない。眠れない。食べれない。』から抗うつ薬を処方したとおっしゃってますよね?
因果関係が逆になっていることに注意してください。

うつは抗うつ薬では決して治りません。
下記動画もご参考になるかと思います。
基本的にはストレスが要因になっている場合がほとんどですので、その原因を冷静に分析し、論理的に解決法あるいは改善法をを探るのが、副作用の危険もなく完全に治癒できるための、最善、且つ唯一の道と言えます。
増量などとんでもない話。
減薬、そして断薬の方向で医師の指導を受けるようにしましょう。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧に教えて頂きありがとうございます。
医療従事者だったので、実は薬にはすごく抵抗があり、出来たらあまり飲みたくないです・・・。
薬に頼らず、自分を見つめ直して良い方向に進めればと思います。

お礼日時:2018/12/14 16:37

うつ病の最悪期を経験(当然、入院治療)した者ですが、動けない。

眠れない。食べれない。で、何も
できませんでした。

それが抗うつ薬の服用によって、元の状態を維持しています。

「鬱だとこのくらい気力が無くなるのは普通でしょうか?」という質問は、必ず医師に相談してください。

休養が第一と言う医師もいますが、生活できなくなる前に、抗うつ薬の増量などの対策を行わなければ、
私のように動けない。眠れない。食べれない。の状態になっても不思議ではありませんよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
動けない、食べれない、眠れないは辛いですね。
抗鬱薬を飲むと眠気がひどいので気が進みませんでしたが、動けなくなってからでは遅いですよね。
来週診察なので、主治医に相談してみます。
アドバイス頂けて本当に良かったです。

お礼日時:2018/12/12 20:05

こんにちは。

鬱病の治療早めで良かったですね。
もっと酷いですよ実際は。
私は5年以上病院通いしてますが半年位内科やら行ってしまい精神科にたどり着いたのは半年後でした。
酷かったですよ私なりには。外に出れない足はスって歩いて体重が15キロ以上二ヶ月で痩せてオバケ見たいでしたよ。
家事も出来ないし能面の顔でした。今は二番目の医師に助けられ普通に生活できるようになりましたが月1回通院してますが不眠症だけが残ってしまってます。
頑張っちゃ駄目、キチンとしなきゃ駄目。良い加減が一番家族に理解をしてもらいゆっくりして下さい。
私は一人なので半分ゴミだらけ笑でしたよ。
大丈夫安心してね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
安心していいのかわかりませんが、ホッとしました。
頑張っちゃダメ、涙が出てきました。
どうしても家族優先で頑張らなきゃと思ってしまいますが、もっと自分を大事にしてあげたいです。

お礼日時:2018/12/12 20:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうつ状態が辛い

50代男性です。今年6月に右目だけの白内障手術を受けました。当初から違和感があり、手術が失敗だったのではと思い、他の眼科を何件も回って診てもらいましたが、異常なしということでした。片目だけの手術だから違和感を感じやすい、そのうち慣れるといわれましたが、精神状態はどんどん悪くなる一方でした。
先日ある眼科で後発白内障が出ているということで、ヤグレーザーという機器で後嚢という部分を切開してもらったのですが、それからというもの夜間車のライト、街灯、月の光までが放射状に見えるようになり、さらにうつ状態がひどくなりました。しかも切開してしまった部分は元に戻りませんから、絶望感でいっぱいです。
今レメロン15mgを一錠処方してもらっていますが、あまり効いている感じがありません。次の診察で先生に相談しようと思っていますが、薬漬けになるのも怖いです。
今は人と会話をするのが苦痛で、友達や趣味の仲間とも疎遠になってきました。好きだった山歩きもしなくなりましたし、家族でのお出かけもできなくなりました。仕事も気分の落ち着いたときしかできません。
こんな状況でも改善の余地はあるのでしょうか?よろしくお願いいたします。

50代男性です。今年6月に右目だけの白内障手術を受けました。当初から違和感があり、手術が失敗だったのではと思い、他の眼科を何件も回って診てもらいましたが、異常なしということでした。片目だけの手術だから違和感を感じやすい、そのうち慣れるといわれましたが、精神状態はどんどん悪くなる一方でした。
先日ある眼科で後発白内障が出ているということで、ヤグレーザーという機器で後嚢という部分を切開してもらったのですが、それからというもの夜間車のライト、街灯、月の光までが放射状に見えるようにな...続きを読む

Aベストアンサー

抗うつ薬のレメロン(リフレックス)は弱い作用の四環系抗うつ薬を改良したものなので、作用はほとんど感じることは無く、多くの患者さんには、レメロンの強い眠気の副作用を使って、睡眠の改善などを目的として処方されます。

また、医師が処方した薬に対しては、どんな作用があるのかと、よくある副作用くらいは確認しておいたほうがいいですね。何のために飲んでいるのかも知らずに服用していたら、服用することに抵抗感を感じるようになってしまうかもしれません。

今後、あなたの症状を診ながら、薬の調整を行っていきますが、昔のように、「念のためにこの薬も追加」という処方はできなくなりました。むしろ種類の制限が厳しすぎて、診療報酬を下げられても仕方がないという事態が起きています。

つまり、医師は診察して、最低限の処方でまとめようとしても、国がさらに削減を要求しているので、多少、症状が出ても仕方がないというレベルでの治療になっていますので、薬漬けになる患者さんがいるとしたら見てみたいというのが現状です。それに多くの副作用が1%未満(日本の治験で確認できなかった)ですので、こわごわと飲む必要もありません。
ただし、いつもとおかしいとか、医師から聞いていない副作用と思われる症状が出たら、すぐに薬剤師さんに電話で相談してください。

結論になりますが、薬に頼りすぎることは良くないことですが、頼らなければならないのに頼らなくて、さらに悪化させるようなことは絶対にしないでください。
次回の診察の際に、出ている症状を確認し、気分が上向く処方に変えていくでしょう。しっかり服用して、その結果を医師に報告する生活が始まったばかりですが、根気よく治療を続けてください。

抗うつ薬のレメロン(リフレックス)は弱い作用の四環系抗うつ薬を改良したものなので、作用はほとんど感じることは無く、多くの患者さんには、レメロンの強い眠気の副作用を使って、睡眠の改善などを目的として処方されます。

また、医師が処方した薬に対しては、どんな作用があるのかと、よくある副作用くらいは確認しておいたほうがいいですね。何のために飲んでいるのかも知らずに服用していたら、服用することに抵抗感を感じるようになってしまうかもしれません。

今後、あなたの症状を診ながら、薬の調整...続きを読む

Qうつ病になると太りますか?抗鬱剤も飲むと太るのですか(@ ̄□ ̄@;)!!

うつ病になると太りますか?抗鬱剤も飲むと太るのですか(@ ̄□ ̄@;)!!

Aベストアンサー

抗鬱剤の影響と誤解されがちだけど鬱病の場合、痩せる場合も、太る場合も、「恐怖」から食べ方おかしくなるって本に書いてありました。

Q会社に来れない人を助けたいです 相手は女性なんですが電車やバスに乗るのが怖いと言っています ぼくの家

会社に来れない人を助けたいです

相手は女性なんですが電車やバスに乗るのが怖いと言っています

ぼくの家から彼女の家まで遠いので会うこともできないし連絡先も知らないので手紙を送りたいんですがなんと送ればいいのかわかりません教えていただけますか?お願いします

Aベストアンサー

その女性は不安神経症か
パニック障害の可能性も有りますね。
(あくまでも、素人の見解です)
私自身パニックを克服しましたが
これだけは
自分との戦いですので
残念ながら「力になりたい」と
思われても、中々難しい問題です。

幸い、同じ職場の様なので
話を聞いてあげたり、
頑張り過ぎない・無理しないように
伝えてあげる事で
その女性は
「会社内に理解してくれる人が居る」と
思われると思います。
そういう事が実は
凄く励ましになりますよ。

****注意喚起*****

最近、教えてgoo!の中にカルト宗教の方が複数人紛れ込んでおり、
悩んだり、弱ったりしている人の心理に付け込んで
薬の効果・効能には全く触れずに、副作用だけを強調して不安を煽る方が居るようなので
宗教に巻き込まれないよう・洗脳されないようにお気を付けくださいね。
「鬱で薬を服用すると犯罪者になる!」等を風潮していますが
そんな根拠のない話には耳を貸さないで下さいね。
また、宗教活動の動画を宗教活動である事を伏せて、何の根拠もなく
医師・薬剤師でも何でもない人が講演している動画を
添付していますのでそのような回答には十分にご注意くださいね。
*薬の副作用だけに触れて、効果効能に触れない回答にもご注意くださいね。

その女性は不安神経症か
パニック障害の可能性も有りますね。
(あくまでも、素人の見解です)
私自身パニックを克服しましたが
これだけは
自分との戦いですので
残念ながら「力になりたい」と
思われても、中々難しい問題です。

幸い、同じ職場の様なので
話を聞いてあげたり、
頑張り過ぎない・無理しないように
伝えてあげる事で
その女性は
「会社内に理解してくれる人が居る」と
思われると思います。
そういう事が実は
凄く励ましになりますよ。

****注意喚起*****

最近、教えてgoo!の中にカ...続きを読む

Q副作用があることを隠そうとするのは、なぜでしょうか?

うつ病かもしれないと悩んで質問される方に対して、精神科や心療内科、メンタルクリニックを受診するように、そして抗うつ薬などを処方してもらうよう回答する方がおられます。
その方のお考えで勧めるのでしょうから、それは別に構わないと思います。
個人の自由ですしね。

ただ、たとえば私のように、副作用があることを明示すると、それをムキになって非難・中傷する書き込みをなさいます。
わたしは製薬会社自身が認めている副作用を示しているだけなのですが、それを非難・中傷する方の心理がよく理解できません。
お分かりの方おられましたら教えていただけませんか?
サポートさんに一生懸命通報して断られたりしているようで、ほんとに必死のようです。
可哀想な気もするんですよね。
なんとか解決策を見出してあげたいという気持ちです。

Aベストアンサー

違いを許容できない。

理性的になって考えてみるという思慮が浅く、感情優位なのでは?

良いか悪いか、好きか嫌いかという浅い感情優位で、考えてみる時間を持たずに、先に主観を言う=自己アピールしてしまう。
感情的に言動する傾向がある。

でも、この薬に関してもそうですが、自分の経験が、良い悪いを決定していることが多いですね。

薬に関しては、副作用か症状の改善のどちらを重視するか、服用して副作用が出るか、出ないか、服用しないと分かることができない事です。

なってみないと分かることが出来ないもの。
未経験である故に、そのさだめを簡単に理解しない。
そうなる可能性がどれほどのものか、明確にされていないものに関して、傾向だとか、そういう可能性があるとか、目安が自分の中にないものは理解できない。
反面、経験した事なら当たり前に信じ、その可能性の割合がどうとか、客観的に見てどうだとか、一旦考えることをまたもや省く。

人間の脳の生理とか機能の優先順位に沿って言動するタイプなのだろうと思います。
トランプさんのようなタイプかもしれないですよね。

まず思慮する前に感情的自己アピールが先に立つ。
自分の情報を人に見せすぎて、結果的に失敗する。

ここでは薬ですが、意見やその言葉ではなく、人物に対して誹謗中傷してしまうが、意図的なら考えているけれど、気づいていないならレベル的にどうか。
思慮に値するかどうか、気にする方がアホらしいという結論には至ることもあります。

違いを許容できない。

理性的になって考えてみるという思慮が浅く、感情優位なのでは?

良いか悪いか、好きか嫌いかという浅い感情優位で、考えてみる時間を持たずに、先に主観を言う=自己アピールしてしまう。
感情的に言動する傾向がある。

でも、この薬に関してもそうですが、自分の経験が、良い悪いを決定していることが多いですね。

薬に関しては、副作用か症状の改善のどちらを重視するか、服用して副作用が出るか、出ないか、服用しないと分かることができない事です。

なってみないと分かることが出...続きを読む

Qうつ病治らないので死にたいです。医学で治らない無いお祓いしてもらうというのはどうでしょうか?

うつ病治らないので死にたいです。医学で治らない無いお祓いしてもらうというのはどうでしょうか?

Aベストアンサー

あまり意味がないと思います。現代の医学では、うつ病は治癒しないのです。でも、治ったと同じ状態にすることはできるので、死にたいという気持ちは辛抱強く抑えて、良好な状態になるまで待ちましょう。

Q心療内科・メンタルクリニック・精神科の薬は非常に危険

と承知の上で薬を飲むのでしょうか。
仮に、医者が処方するのだから安全だろうと思って薬を飲むのであれば、それは間違っていると思うのですが、みなさんはどう思いますか?

たとえば下記動画の女子高生は中学3年生のときに不登校をきっかけとして心療内科に行きました。
そこで、抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬などを処方されます。
はじめは4種類でしたが、効かなかったので、通院のたび色々と薬を変更されたとのこと。
セロクエル・デパス・メイラックス・ソラナックスのような薬品名は、このサイトでもよく目にします。
最終的に16種類の薬が試されたのですが、一向に改善しなかったばかりか下記のような症状が出ました。
・家族(母親・弟・祖母)に噛みつく
・裸で外に飛び出す
・犬の餌をボリボリ食べる
不登校と睡眠不足を改善しようと心療内科を訪れただけで、こうした状態になる危険性が実際にあるということでしょう。
彼女は「まったく覚えていない」そうです。
極めて重大なのは、こうした状況になることを医師が予期できなかった、こうした状況になっても医師は何の責任も問われていない、という点でしょう。

(参考動画 4:49頃)
https://www.youtube.com/watch?v=zbooXbUJxg0&list=PLgrh0f6hTIciMFPc2bFBFdKs88DPyYKcN&index=4&t=386s

と承知の上で薬を飲むのでしょうか。
仮に、医者が処方するのだから安全だろうと思って薬を飲むのであれば、それは間違っていると思うのですが、みなさんはどう思いますか?

たとえば下記動画の女子高生は中学3年生のときに不登校をきっかけとして心療内科に行きました。
そこで、抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬などを処方されます。
はじめは4種類でしたが、効かなかったので、通院のたび色々と薬を変更されたとのこと。
セロクエル・デパス・メイラックス・ソラナックスのような薬品名は、このサイト...続きを読む

Aベストアンサー

完全にヤブ医者の被害ですが本人それ以上に多分保護者にも責任があります。薬が五種類を越えたらセカンドオピニオンの出番で、十種類出す医師は気違いです。
この件では医療過誤で医師を告発できます。

Q医者というのは薬について、ほとんどまったく知らない。(製薬会社の言いなり)

これは、ピーター・ゲッチェ (Peter C. Gøtzsche) というデンマークの医学研究者の言葉。
インタビューに応じて、
「製薬会社は嘘をついて医者に自分たちの商品(薬)をセールスする」
⇒「医者は、その薬を患者に処方する」
⇒「患者は、医者が処方するのだから必ず良くなるはずと信じて、薬を服用し続ける」
⇒「しかし、患者は真実を知らない。医者は、病気や人間の生理や心理についてたくさん知っているかもしれないが、薬については、ほとんどまったく知らないのだ。」
という意味のこと言っているようです。(下記動画)
このカテに当てはめれば、精神科医は製薬会社の言いなりだ、ということになるのでしょう。

ゲッチェの著書『死にうる薬と組織犯罪:大手製薬会社はいかにして医療を腐敗させたか』は、2014年、英国医師会ブック・アワードの、医学の基盤部門で一等賞を受賞しています。
彼は、生物学と化学の学位を取得し、製薬会社アストラの営業担当者でもあったことから、薬害の実情を目のあたりにしてきた人物です。
こうした経歴からも彼の言うことには信憑性があると思われます。

医者の勧める薬だから安全だ、と信じてしまうのは危険だとは思いませんか?
薬を飲む前に、自ら自主的に薬の危険性について調べるべきだ、とはお考えになりませんか?

https://www.youtube.com/watch?v=dozpAshvtsA

これは、ピーター・ゲッチェ (Peter C. Gøtzsche) というデンマークの医学研究者の言葉。
インタビューに応じて、
「製薬会社は嘘をついて医者に自分たちの商品(薬)をセールスする」
⇒「医者は、その薬を患者に処方する」
⇒「患者は、医者が処方するのだから必ず良くなるはずと信じて、薬を服用し続ける」
⇒「しかし、患者は真実を知らない。医者は、病気や人間の生理や心理についてたくさん知っているかもしれないが、薬については、ほとんどまったく知らないのだ。」
という意味のこと言っているようで...続きを読む

Aベストアンサー

>ただ、厚労省(アメリカの場合は FDA アメリカ食品医薬品局)の指導によって(やむなく)臨床検査の結果や副作用などが明記された文書が公開されいます。
>捏造や隠蔽部分があるのは自明のことですが、都合が悪くても、まったくの嘘を書くわけにもいかないはずで、大体の目安ぐらいは立つように思う次第。
確かに、長期に使う薬ならこれくらい調べたほうがいいです。

ただ、製薬のように専門家と患者で情報の非対称が大きい分野は、専門家の言うことを聞かないのは非効率であるのは事実です。
「医師より自分を信じる」ではなく「医師をうまく使う(セカンドオピニオン)」が良いんじゃないでしょうかね。

Qバック駐車で3回やり直して、2~3分かかっていたら、クラクションを鳴らされ下手くそと怒鳴られ

バック駐車で3回やり直して、2~3分かかっていたら、クラクションを鳴らされ下手くそと怒鳴られましたが、そんなに相手をイライラさせていますか?
私はクラクションを鳴らされたことに腹がったので報復クラクションを鳴らし中指を立てると、相手が降りてきてトラブルになったので警察に来てもらいました。

相手を待たせては悪いと思い焦った挙げ句にサンキュー事故は嫌なので、たとえ人を待たせても慌てず急がずマイペースで駐車をしています、クリープ現象にブレーキをかけて時速1~2キロでバックしています。カメラとミラーでしか見えない状態で運転するのはとても難しいですよね。

地方で毎日運転して運転歴十年超の中堅ドライバーですが、バック駐車は難しいです。

Aベストアンサー

前進で行こう!

Q医師は責任を問われないのでしょうか?

下記動画ではパキシルを飲んでコンビニ強盗をした女性と、同じくSSRIを飲んで妻の頭をバールで殴り全治20日間の大けがを負わせた男性の談話を視聴することができます。
「自分が自分でない感じ」「自分自身をコントロールできない感じ」「意味も無くこみ上げてくる、通常とは異なるタイプの怒り」に襲われた、と同じような内容を話しているのが興味深いですね。

一歩間違えば殺人事件に発展していたかもしれないことは容易に想像がつきますが、それはさておき、この動画に登場しているお二人の場合、明らかに医師の不適切な治療や誤診によって発生した事件です。
精神科や心療内科、メンタルクリニックで処方される薬の服用が原因で殺人事件や傷害事件などが起きた場合、精神科医は責任を問われないのでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=WKRl6v760Vg&t=244s

Aベストアンサー

薬の添付文書には、併用禁忌(同時に服用してはいけない薬)、投薬に際する注意事項のほか、副作用がどの頻度で出ているかの情報など、処方の際に”これだけは”知っておく情報が記載されています。

医師が病気に対して薬を処方する以上、これらの情報と患者の状態。処方後の状況を把握して、増減、若しくは投薬中止を考えるべきで、単にうつ病だからという病名だけで処方することは、危険となります。

個人差も大きい上に、1つの精神疾患だけを有するのかいくつもの病気を抱えているのか、他の既往症なども考えると、医師は表面的な情報だけではなく、生活状態も把握しないと、Bさんのような誤診(後述)が発生し、適切な薬を処方されないという事案が生じます。

Aさんの方は、薬の添付文書に沿った投薬がなされておらず、医師の責任を問うことはできるでしょう。
(ただし、刑事では微妙(該当は、刑法ではなく医師法かも)。民事なら、確実(鑑定結果にそう書いてあるから)でしょうね。

なお、Bさんのところで”誤診”を後述とした理由として、

うつ病と躁うつ病(双極性障害)は、症状として気分の落ち込み部分(うつ状態)が似ているため、最初から躁うつ病と診断される人は滅多にいない。
始めから、攻撃的だったり、やたら行動的(突発的に遠方に行ってしまうとか)ではないと、診断が間違う。
性格がそのようなものと考えてしまう。

実際、私もBさんパターンで、当初はうつ病の診断だった。
仕事中に、パワハラもどき&性格(?)でパニック障害を発症。異動によって収まったと思ったら、気分の落ち込みが激しくなり、病院に行った結果”うつ病診断”ですが、この時、躁状態の症状は、自分の性格の一部だと思っていたので、異常認識(病識)がなかったのです。
こうなると、医師にも異常がある部分の話をしても、性格の部分は話さない訳で、その時の診断としては、うつ病と診断されます。

その後、病気を持たない人なら起こさない行動を医師に話す事で、再診断で”躁うつ病(双極性障害Ⅱ型、急速交代型)”と結果がでました。
(※なお同時に、てんかんの疑いという診断も下されています)

医師は、その病気に合った薬を処方することを望まれています。
しかし、診断した病気が必ずしもその”病気だけ”なのかどうかの判断は、精神疾患は難しいと思われ、時に個人差などの部分と合わせて薬による弊害が発生します。
Aさんのような件は、その責任を問われる可能性があるが、すぐにそこに行き着くものではないと思われます。

なお、蛇足ですが…
うつ病は、ココロの病気。
躁うつ病(双極性障害)は、カラダの病気。脳の機能障害で、全く別の病気なんですが、同じに捉えてしまうのも問題だと思います。
うつ病の薬が効きにくいのも、ここら辺の問題ではないと思いますが。

結局は、ケースバイケースなんでしょうね。
(医師法違反の場合は、医師免許取り消しなどの懲戒処分が厚生労働省から下されます。刑法による罰則適用後のお話。)

薬の添付文書には、併用禁忌(同時に服用してはいけない薬)、投薬に際する注意事項のほか、副作用がどの頻度で出ているかの情報など、処方の際に”これだけは”知っておく情報が記載されています。

医師が病気に対して薬を処方する以上、これらの情報と患者の状態。処方後の状況を把握して、増減、若しくは投薬中止を考えるべきで、単にうつ病だからという病名だけで処方することは、危険となります。

個人差も大きい上に、1つの精神疾患だけを有するのかいくつもの病気を抱えているのか、他の既往症なども考える...続きを読む

Q精神科医の診断は、正確性に欠ける主観的な判断である。

これは、医学博士で、『診断と統計のマニュアル第4版』(DSM-IV)の編集委員長として知られるアメリカの精神科医アレン・J.フランセスの言葉です。(要約)
最新の DSM-5 に対する批判なのですが簡単に言うと、精神疾患(たとえば うつ病 )と診断されたとしても、それは精神科医の主観にすぎず科学的根拠は特に無い、ということ。
精神疾患の診断基準を作った委員長の発言ということに、まず驚かされますが、

【 DSM5 は、製薬会社の意向を受け、診断名を増やすことによって正常な人を精神疾患だとみなす危険性を増やしている。】

という発言(要約)も目を引きます。
彼には、『正常を救え:精神科の診断の暴走、DSM-5、大手製薬会社、そして当たり前の生活の医療化に反対するある内部関係者の抵抗』という著書もある。
https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%A1%D2%C0%B5%BE%EF%A1%D3%A4%F2%B5%DF%A4%A8&l-id=top-pc-search-box&x=40&y=4
それなりに権威を持った、しかも診断基準作成者ご本人が、このように発言している。
精神科の薬は、こうした実に曖昧な診断基準に基づいて処方されるわけです。
ところが、精神科で処方される薬は、脳の神経ネットワークを変えてしまうほど強い薬で、重大な副作用が数多く報告されている。

みなさんなら、こうしたリスクを負ってまで処方する価値はあるとお考えになりますか?

これは、医学博士で、『診断と統計のマニュアル第4版』(DSM-IV)の編集委員長として知られるアメリカの精神科医アレン・J.フランセスの言葉です。(要約)
最新の DSM-5 に対する批判なのですが簡単に言うと、精神疾患(たとえば うつ病 )と診断されたとしても、それは精神科医の主観にすぎず科学的根拠は特に無い、ということ。
精神疾患の診断基準を作った委員長の発言ということに、まず驚かされますが、

【 DSM5 は、製薬会社の意向を受け、診断名を増やすことによって正常な人を精神疾患だとみなす...続きを読む

Aベストアンサー

まぁ診断に納得いかなければ
セカンドオピニオンを活用したら
良いと思う。

場合によってはサードオピニオン
も。

とにかくドクターショッピングにより
信頼出来そうな医師を探すことが大事。



曖昧な基準というけれども、統合失調症は
「神のお告げを受けた」や「盗聴器が仕掛け
られている」など明らかに異常なことを言う
からね。

仲の良い先輩が統合失調症になったから
間近で見ているよ。



薬を処方する価値もなにも
統合失調症は薬を一生飲み続ける
ことになる。

飲まないと幻覚・幻聴が出てしまうから。

睡眠障害の人は、薬を使ってでも
寝たほうがいい。

うつ病は、重度ならば薬は必要。


人気Q&Aランキング