岩石に含まれているSiO2を除去するのに
HF溶液がよく用いられますが,
それをするとフッ化物がたくさん出てきます.
ネットで調べるとHF処理してから硫酸をいれて発煙反応させることで
Fをとばすということが書かれていましたが,大雑把過ぎてよくわかりません。
卒論で必要なので,どなたか助けてください.

 1.HF溶液で処理後に硫酸をいれるのですか?
  それともHFと同時に硫酸を入れるのですか?
 
 2.硫酸の濃度は基準はありますか?

 3.現在20%HFで60分加熱(150℃)してから6N硫酸を入れようと
  思っていますが,もっと適切な条件があるでしょうか。

 よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 


rei00 です。お礼拝見しました。

> 実験はドラフター内で換気しながら、防護メガネ等で
> 慎重に行っております。

 という事は,「フッ化水素」についての対策も大丈夫ですね。

 「理化学辞典」で「フッ化水素」を見ると,「沸点19.5℃」で「水溶液はフッ化水素酸またはフッ酸といい,空気中で発煙する弱酸(pKa = 3.17,25℃)」という事が書かれています。これからすると,お書きの処理ではフッ化水素ガスの発生は避けられないように思います。

 さらに「理化学辞典」には,「フッ化水素はその水溶液とともに極めて毒性が強く,皮膚にふれると激しく痛み,内部に浸透して腐食する」といった人体に対する危険性や,「白金,金は侵されず,銀,銅は常温で徐々に侵され,鉛は表面だけ侵され,その他の金属はすべて溶ける」や「二酸化ケイ素やガラスを腐食するので,ガラスの目盛あるいは模様付けに利用される」といったドラフタ-に対する危険性を示唆する記述があります。

 お礼の内容からすると,人体に対する危険性は充分注意されているのでしょうが,その他のもの(実験器具やドラフタ-,排気装置など)への危険性はいかがでしょうか。一つ間違うと,ドラフタ-や排気装置が使い物にならなくなる可能性もありますが・・・。排気装置はいくつかの研究室のドラフタ-で共通の可能性もありますが,これがダメになると一研究室だけの問題ではなくなります。


 ところで,ネットで調べてヒットしたのは,どこの研究機関の報告でしょうか。その研究者の論文を調べれば詳しい事がわかると思いますが。

 あるいは,直接その研究者にお尋ねになっても良いと思います(これは指導教官を通した方が良いかも知れません。少なくとも,連絡する前に話はしておいた方が良いでしょう)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

補足致します。

現在使用しているドラフタ―は既にガラスはフッ酸により曇りガラスになって
しまっております。これは私が入学する以前の教官による実験で生じたことで、
ここでフッ酸を発生させることは指導教官も了解済みです.

ネットで検索してヒットしたのは、名古屋大学の研究機関のサイトです.
URLは、http://www.nmiri.city.nagoya.jp/nmiri/meikoken/2 …
です。

直接その研究者に尋ねるという方法は気づきませんでした.
早速指導教官と相談してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/29 01:25

参考URLには硫酸(1+1)1mL+フッ化水素酸2mLとありますが…


このサイトの開設者に参考文献を聞いてみるといいかもしれませんね。

参考URL:http://members.tripod.co.jp/aaw8917/index-7.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

anisolさん、ありがとうございます。

参考にさせて頂きます。

もし何か有力な情報を見つけられましたら
教えていただけると非常に助かります。

お礼日時:2001/07/31 12:04

>名古屋大学の研究機関のサイトです.


http://www.nmiri.city.nagoya.jp/nmiri/meikoken/2 …
これは名大のサイトではありませんね!
http://www.nmiri.city.nagoya.jp/
(名古屋市工業研究所)
補足にあるページの参考文献が載ってますね!
1)名工研技術情報No.502,p.6,(1992)
HP上では詳細は公開されていないようですね?

http://www.nmiri.city.nagoya.jp/nmiri/staff/syok …
(職員)
ここに「大橋氏」のメールアドレスもありますよ!

問い合わせる前に別途所属大学での所蔵あるいは司書さんに依頼してコピーを取り寄せられうことをお勧めします。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MiJunさん、ありがとうございます。

参考になりました.

未熟者なのでまたここのサイトのお世話になるかもしれません.
その時もよろしくお願い致します。

お礼日時:2001/07/29 23:44

 地学系の方でしょうか。

フッ化水素酸でケイ素が除去できるのは、揮発性のSiF4ができるためということはご存知だと思います。そこでSiF4の性質を化学辞典で見てみると、水で容易に加水分解され、二酸化ケイ素とヘキサフルオロケイ酸が生成するとあります。よって、おそらく無水の条件に近いほうがケイ素は効率的に除去できるだろうと想像できます(つまりフッ化水素酸と同時に濃いめの硫酸を入れる)。
 ただし、これはあくまで理論上の話で、複雑な組成の岩石試料でもあり、フッ化水素酸に硫酸を入れたときに危険なフッ化水素の発生があるかもしれません。やはりrei00さんのおっしゃるとおり、文献を根気強く探されたほうがよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

anisol様、ありがとうございます。

私はバケ学人です。地学は専門外なので、
非常に困っているところです。

「フッ化水素と同時に濃い目の琉酸を入れる」
という案について、慎重に進めてみたいと思います.

文献ですが、どのような題で書かれた本をみればいいのでしょうか。
なかなかぴったりくるものが探しても見当たりません。
もしよろしければ、何かヒントをいただければ大いに助かります。

ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/29 01:30

 


 卒論で行なうのであれば,ネットで調べるのではなく,指導教官なり先輩なりに相談されるべきです。あるいは,類似の処理を行なっている文献を探されるべきです。

 フッ化水素やフッ素がどの様な性質を持った化合物かはご存知でしょうか。かなり危険な化合物です。お書きの処理(硫酸をいれて発煙反応させることでFをとばす)で出てくるFはどう処理されますか。そこまで考えて実験されないと事故の元ですよ。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rei00様、早速のレスありがとうございます。

補足致します。

指導教官に相談したのですが、「やったことがない」といわれて
「自分で文献を探すように」と言われました.自分なりに文献を探したのですが、
ぴったりくるものが学校の図書館にはありませんでした.それで、ネットを使って
みたのです。

 フッ素の性質は重々承知しております。実験はドラフター内で換気しながら、
防護メガネ等で慎重に行っております。

私が知りたいことについての文献を知っておられるなら、是非教えていただきたいです.

よろしくお願い致します。

お礼日時:2001/07/26 00:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

グラスウール λ 0.036-0.052 W/mk
空気 λ 0.02 W/mk

なぜ空気より熱を伝えやすいグラスウールの方が部屋が温くなるのでしょう?

Aベストアンサー

グラスウール自体に保温性が有る訳じゃありません。
グラスウールの中に抱え込まれて、対流できないようにされた空気の層で、保温しているんです。
発泡スチロール(スチロール樹脂を発泡させて閉じ込めた空気)、プチプチシート、ダウンベスト(水鳥の綿毛が抱え込んだ空気)などみな同じ原理です。

Q接触式硫酸製造法と発煙硫酸

現在高校2年生で、化学の授業で接触式硫酸製造法について学びました。
三酸化硫黄を濃硫酸中の水に吸収させて発煙硫酸を作り、それを希硫酸中に加えることにより必要な濃硫酸を製造するとのことですが、いきなり水の中に三酸化硫黄はうまく溶かせないというのはわかるのですが、なぜわざわざ一度発煙硫酸にして、それから希硫酸中に加えるようにするのですか?そもそも、このときの反応というのはどのようなものなのでしょうか。
また、先生はこの際ひょっとすると発煙硫酸中のピロ硫酸が加水分解して直接硫酸ができているかもしれない(あくまで個人の推測だそうですが)といっていたのですが、もしこの反応が発生するのであれば、分子・電子の動きを教えてください。
質問の文章が乱雑で申し訳ありませんが、テストも近くてとても困っています。どうかご教授ください。

Aベストアンサー

大学院で化学工学(実際の化学品製造に使う装置やプラントを設計する学問)を専攻している者です.以下,わかる範囲でお答えさせていただきます.回答(1)「なぜ発煙硫酸を経由するのか?」→三酸化硫黄は気体なので,これを液体(硫酸)に吸収させる必要がありますが,生産性を考えると,三酸化硫黄にとって一番吸収速度が大きくとれる最適な吸収液を用いる必要があります.当時の研究者や技術者がいろいろ研究した結果,98.5%程度の濃硫酸が最適な吸収液であることを発見しました.これを用いると,発煙硫酸が生成しますが,これはこれで使い道があるので,一部を回収して製品としています(もう一部は通常の硫酸製造に使う).まとめると,(1)最適な吸収液を用いると,きまって発煙硫酸が生成するから,(2)発煙硫酸も同時に製造したいから,ということになります.尚,その後の希硫酸との混合は,規格(JIS等)によって決められている製品硫酸濃度に調整するために行われます.回答(2)「ピロ硫酸の加水分解メカニズムとは?」→発煙硫酸は,濃硫酸に三酸化硫黄をさらに溶かした液体混合物(気体ではない)の名称であり,単一の化合物ではありません.王水(濃硝酸と濃塩酸の液体混合物)と同じです.液体混合物である発煙硫酸の内訳は,ピロ硫酸(二硫酸ともいう,化学式H2S2O7),液中に遊離した三酸化硫黄,濃硫酸であり,ピロ硫酸が主成分です.辞典で調べたところ,ピロ硫酸は加水分解しやすい物質であることから,先生のおっしゃる通り,希硫酸中の水により硫酸が直接生成しているものと思われます.この場合の反応式は,H2S2O7 + H2O → 2H2SO4 です.ピロ硫酸は,二硫酸という別名にもある通り,2モルの硫酸分子の間から水がとれる,いわゆる,分子間脱水縮合という反応を経由して生成しているのでしょう.加水分解は,ちょうどこの反対にあたる反応です.以上,まとまりの無い説明をえんえんとしてしまいましたが,ご納得いただけましたでしょうか?それにしても,deiko-さん,よく勉強していらっしゃいますね.そうでないと中々出ない質問だと思います.テスト勉強,頑張って下さい.

大学院で化学工学(実際の化学品製造に使う装置やプラントを設計する学問)を専攻している者です.以下,わかる範囲でお答えさせていただきます.回答(1)「なぜ発煙硫酸を経由するのか?」→三酸化硫黄は気体なので,これを液体(硫酸)に吸収させる必要がありますが,生産性を考えると,三酸化硫黄にとって一番吸収速度が大きくとれる最適な吸収液を用いる必要があります.当時の研究者や技術者がいろいろ研究した結果,98.5%程度の濃硫酸が最適な吸収液であることを発見しました.これを用いると,発煙硫酸が生...続きを読む

Q熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率の大きな物質(例えば銅、アルミニウム、鉄、・・・など)は電気伝導率も大きく、
熱伝導率の小さな物質(例えばアスベスト、ガラス、発泡スチロール・・・など)は電気伝導率も小さい。
これは常に成り立つのでしょうか。
またこの熱伝導率と電気伝導率の関係性は物理的に解明されているのでしょうか。
 

Aベストアンサー

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている)、相当量米国から輸入されているはずです(米国の一企業の独占)。次にAlNとかSiCが絶縁材料で熱伝導率が高いため注目されていますが、AlNは熱膨張係数が若干小さいこと、SiCはご存じ半導体でBeOを添加して絶縁性を得ていましたが(開発当時は、日本の世界的発明ともてはやされました)、それでもAlN以上に電気特性が良くないこと、それとやはりBeOが問題となり今はあまり使用されていないはず。最初の方がお答えになったダイヤモンドは熱伝導、絶縁性ともに極めて良好ですが、熱膨張係数があまりに小さすぎ、半導体とのミスマッチがひどく、大型チップへの対応ができないため、その用途は極めて限られてているはずです。

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている...続きを読む

Q二つの質問(発煙硫酸と、銀遊離の色)

一浪中、偏差値60強の者です。
基本的な質問かと思いますが、お願いします。

1) ハロゲン化銀は感光性を持ち、光に当たると銀を遊離して「黒色」になる。
とあるのですが、銀が遊離したら、銀色にならないのでしょうか?

2) 発煙硫酸
というのは、煙が実際に出てくるのでしょうか?

Aベストアンサー

1)について
念のために反応式を書きますと下記のようになります。
2AgCl → 2Ag + Cl2
このときに遊離する銀が、ある程度の大きさをもつ粒であれば、銀色に見えるかもしれませんが、通常は極めて小さな微粒子として得られてきます。そうしますと、金属光沢は見られず、黒い粉末に見えます。
要するに、粒子が極めて細かいためということになります。

2)について
濃硫酸は不揮発性ですので、発煙は見えませんが、発煙硫酸は濃硫酸にさらにSO3を無理に溶かし込んだようなものです。そのため、例えば炭酸水から二酸化炭素のガスが発生したりするように、SO3ガスがわずかに発生します。
SO3も水を吸い込みやすく、H2SO4になります。そのH2SO4も吸湿性の物質です(濃硫酸が乾燥剤になることはご存じだと思います)。そのために、空気中の水分を吸い込んむことによって生じた微細な水滴(硫酸の粒)による白煙が見えるわけです。

Q金属の熱伝導率

金属の熱伝導率を調べております。
黄銅より銅の方が、熱伝導率が高く熱を伝わりやすい事は分っているのでが、逆に冷めるのは熱伝導率が高いと放熱しやすい(冷めやすい)のか教えて下さい。

Aベストアンサー

熱の移動には、伝熱、対流、放射が有ります。
熱伝導率は同じ材質内を熱が伝熱する場合の係数です。
金属から空気に熱が移動する場合は次の通りで、熱伝導率は直接には関与しません。
・放射:NO.1様のご説明によります。
・伝熱:金属と空気間の<熱抵抗>という係数が関与します。
・対流:空気側の対流によって金属と接している空気の温度が下がり、伝熱も増えます。
対流には<熱伝達率>という係数を使います。

Q硫酸、硝酸、塩酸、発煙硝酸の瓶のパッキンは何か。

硫酸、硝酸、塩酸、発煙硝酸の瓶のパッキン(蓋の裏についる白くて丸い板みたいの)はなんですか?
シリコン? ポリエチレン?ポリスチレン?ポリプロピレン?テフロン?
それと、硝酸をエタノールが入ってた褐色のよく洗った瓶に保存しても大丈夫ですか?
希硝酸を作ったはいいものの、希硝酸入れようと思っていた、空の硝酸の瓶を割ってしまい、たまたまエタノールが入ってた褐色の瓶を見つけたのでそれに入れることにしました。硝酸の瓶じゃないからといって光で分解されたりしませんよね・・・(ーー;)

                              長々と申し訳ありませんm(_ _)m

Aベストアンサー

多分、低密度ポリエチレンだと思います。
簡単に言うと、タッパウェアのフタの部分と同一素材です。

容器自体はポリプロピレンや高密度ポリエチレンなどの比較的固い素材が使われます。
しかし、すべてがこの素材だけではフタと本体の接触面積が少なくて、液漏れします。
そこで、柔軟性のある低密度ポリエチレンを使うことで、容器とフタの接触面積を
増やしています。
一部のペットボトルのフタにもこのようなパッキンが使われています。

瓶は、褐色であればたいていはOKです。
ただ、ワインの瓶などには「褐色もどきビン」があり、これでは意味が無いです。
薬品の入っていたビンならば、酸化鉄などによる発色で本当の褐色ビンでしょう。
要は紫外線を防げると、光による分解反応が抑えられる訳です。

希硝酸程度でしたら、光のあたらない場所であって長期間の保存で無いのならば、
透明なビンでも使えます。
今は、透明ビンと褐色ビンの製造コストが大差ないので、全ての薬品に
褐色ビンを使う傾向があります。

Q熱伝導率 わかりやすく教えてください。

熱伝導率が 高いということはどういうこと、望ましい時はいつ。
熱伝導率が低いということはどういうこと、望ましい時はいつ。

手をあてて、あったかく感じる時は、
熱伝導率が低いということはなのでしょうか?

例をあげて、わかりやすく教えて。

Aベストアンサー

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは、ウールの熱伝導率が低いからだ」と考えているのならこれは中々に微妙です。

もちろん『セーター』の熱伝導率が低いため、人の体温が外気に奪われにくくなるので暖かいという事になります。また『ウール』自体の熱伝導率もそれなりに低いと思います。
ところが、実は『ウール』そのものよりもウールの間に捕らえられた『空気』の熱伝導率が低い事の方がセーターの暖かさの秘密だったりします。
例えば北国でガラス窓を二重にしたりするのは、間に(熱伝導率の低い)空気の層を作る事によって、室内の熱が外へ逃げないようにする工夫だったりします。

そういった事に注意しさえすれば、触ってみた感じから熱伝導率を大雑把に比べる事も出来るだろうと思います。

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは...続きを読む

Qフッ化水素 HF 水素結合

フッ化水素の水素結合がジグザグに曲がっているのはなぜですか?フッ素原子の非共有電子対は3つあるのに

Aベストアンサー

#1&2です。

逆に変な例を出したかもしれません。

水の場合、角度が固定されるのは1分子に水素結合ができる場所が2か所あるからです。
水素結合はゆるい結合なので、ある程度角度に揺らぎがあります。フッ化水素のように1か所しか水素結合ができないものは、その揺らぎの中で形が変化しますので、完全に固定されるものでもありません。

Q熱伝導率について

現在、熱伝導率について勉強しているのですが、薄膜について考えていたら詰まってしまたため、お教えください。

例えばφ10mm, 長さ10mmの円柱があるとして、その熱伝導率が100W/mKとします。
この円柱側面に熱伝導率が500W/mKの材料を1μmコーティングしたとします。
この時、コーティングされたAの熱伝導率を求めるための理論式に確証が持てません。

私は単純に、熱抵抗R = l /λA(lは長さ、λは熱伝導率、Aは断面積)とおいて、円柱と膜(厚さ1μmの筒)の合成抵抗、1/R合=1/R1+1/R2として考え求めたのですが、この合成した熱抵抗と未処理の円柱の熱抵抗との比をとると限りなく1に近い値となりました。つまり、1μm程度では熱伝導率への影響はないという結果となってしまいました。

しかし実際は薄膜により熱伝導率が向上したというような話をよく聞きます。
おそらく私の考え方(計算方法)が間違っていると思います。

ご指摘いただけると幸いです。以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3次元の熱伝導率を計算したことがあります。通常の数値解析では薄膜部分にメッシュを切るのが極めて困難(ほしい情報は薄膜内部と直下の基材部の温度分布)なため(薄膜が基材に比べあまりにも小さいため)相当工夫をしないと計算できませんでした。ただ、少なくとも定常熱伝導の場合は薄膜による温度分布は考慮する必要がないことを確かめています。
ただし、実際にこのような基材を加熱して表面温度を測定すると、被覆の有無でその温度は有意な差がでるということは、わりとよく知られて事実で、よく被覆したことによる熱伝導率変化と間違えられる方が多数いらっしゃいます。
小生は、この現象は、被覆したことによって、表面の輻射率がかわり、周囲との輻射による熱の授受に大きな差が出てくるためと考えております。

熱伝導という現象はマスが重要なため10mmΦにたいし1μというマスではまず影響がでないというご質問者の回答は正しいと思います。

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3...続きを読む

Qケイフッ化物のNa2SiF6から1000ppmのケイ酸塩標準溶液を!!

1000ppmのケイ酸塩標準溶液をつくりたいのですが、どうも頭がこんがらがってしまうので計算方法のヒントなどいただきたいです。Na2SiF6の分子量が188g/molで、これの1000mgが1Lの蒸留水に入っていればいいんですよね?    ?1000mgのNa2SiF6を1Lの蒸留水にとかせばいいってことじゃないですよね?1880mgが1molでそしたらその1000mgは、って考えたら0.532molで、っていう考え方の経緯は間違ってますか?自分の考えていることがよくわからないのでヒントどなたか是非お願いします。

Aベストアンサー

えーと、ケイ酸塩標準液ということですが、そのなかには、ケイ酸イオンが1000ppm入ってるんですか?それともケイ素が1000ppm?
ケイフッ化ナトリウムが1000ppmじゃないですよね。

ケイ酸イオン1000ppmであれば、ケイ酸イオンの分子量から計算して、1000mgが何モルか分かりますよね。そのモル数に相当するケイフッ化ナトリウムを水1Lに溶かせば、OKです。


人気Q&Aランキング