新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

私たちは正しい(正義)と善は何か違うものように感じています。そこで善とは何かを考えてみました。
アメリカのエール大学などの実験で、あまり理性の発達していない生後数か月の赤ちゃんでも善悪は分かっていると科学的に証明されています。つまり善なる感情は生まれつき持っている本能的なものであると分かります。理性で考えられた正しい事、規範(信号を守る、税金を納めるなど)ではなく、本能から来る善なる感情は何なのか?と考えました。そこで多くの善なる行為を考えてみてピン!と来たのが「思いやり」だったのです。

例えば浜辺に打ち上げられたクジラを海に返してあげようと頑張っている人たちを見れば、何か暖かいものを感じ「善い人たちだな~」と思います。またカルガモが道路を渡れず困っているのを見て、みんなが車を止めてカルガモを渡してあげるのを見ているとなんだか心が暖かくなります。このような善なる行為を多く考えて、そのすべてに共通しているもの、内包しているものを考えていたら、それは「思いやり」であると気が付いたのです。

これは論理学でいう内包的な定義のやり方です。全ての要素に共通しているもの、内包しているものがその本質なのです。その本質を言葉で表したのが定義と言い、これが厳密的な定義になります。
つまり多くの善なる行為に内包していたのが「思いやりであり、私より公を優先する行為」だったのです。そこで私は善とは「私より公を優先する行為、つまり愛や思いやり」であると定義しました。
勿論、自分が考えたすべての善なる行為に「思いやり」が内包していただけですから、もしかしたら「思いやり」が内包していない善なる行為があるかもしれません。もしあったならば教えてください。しかし私が考えた善なる行為の中にはすべて「思いやり」が内包していたのです。

前の投稿で絶対的に正しい“事”(正義)は群れ社会の安寧秩序を守ること、としました。そしてその群れの安寧秩序を守る為に最も正しい“行為”が絶対善である「私より公を優先する行為、つまり愛や思いやり」と言うことです。
これで正義と善の定義が出来ました。また正義と善の関係は正義という目的を達成する手段として善があると言うことです。

私は哲学はまだ素人であまり自信がありませんので、賢い人たちの意見を聞かせてください。どこか間違っているでしょうか?よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

教えて!goo グレード

A 回答 (8件)

HP少し読みました。



あなたが言う「公」とはなんでしょう?集団を構成する大多数のことでしょうか?

日本という社会なら、大多数(8割以上)の国民のことでしょうか?

会社ならどうでしょうか?学校のクラスではどうでしょうか?会社やクラスには「公」という概念は当てはまらないでしょうか?

あなたが発見した「絶対善」という基準を使えば、全てのものを評価できる。

私は家族のためどんな「最高善」ができるでしょうか?会社でどんなことをすれば「最高な善」をしたことになるでしょうか?

俗に言う「みんなのため」と家族に行う一家団欒も「押し付け」になったり、「独りよがり」になったり、誰かが犠牲になったりして、皆が喜ぶのは難しいです。会社ならなお難しいというか、皆が幸せになるような行為をすることは現実不可能、というかそんなものないと思います。

あなたの発見した「絶対善」を使って、日々どう生きてい行くことが望ましいのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>あなたが言う「公」とはなんでしょう?集団を構成する大多数のことでしょうか?<

公とは仲間です。最大の仲間は基本的に各国民です。公は問題により変わります。家庭の問題なら公は家族みんな。学校の問題なら学校のみんな。日本の問題なら国民になります。


>あなたの発見した「絶対善」を使って、日々どう生きてい行くことが望ましいのでしょうか?<
公共の福祉(公の為)に反しないように生きてください。

お礼日時:2018/12/19 20:11

①必要悪をどう考えますか?やくざのように道徳的悪あるいは違法行為だが社会としては必要という存在もありますよね。

社会に必要という観点から見ると、彼らの存在も社会全体にとって、(愛や思いやいりは内包していませんが)「善」と言えないでしょうか?

②会社や産業は「社会に貢献する、人々に役に立つ」という建前がありますよね。自動車産業はその最たるものですよね。でも、空気を汚します。道路によって環境は破壊され、動植物からは悪の権化でしょう。もちろん、一部の人からも「自動車なんて要らない、うるさいし、公害」と思われているでしょう。他の産業も同然でしょう。

③お国のため愛する家族を守るため、敵国と戦う行為はどうでしょうか?絶対善ですか?敵にとっては最悪でしょう。敵には愛と思いやりは持たなかったでしょうが、自国や自分の家族に対しては愛を持って正義を信じて戦った人は少なくなかったと思いますが。

④オーム教信者は自分の正義を信じて人をポア(悪い存在を殺して善い存在に生まれ変わらせる)と称し、殺人をしていました。イスラム教徒は世界中の人がイスラム教にならないと天国?は来ないということらしく、聖戦をしています。彼らは大儀(正義)のためにそうしたのでしょうが、これも絶対善でしょうか?

①から④まで具体例を挙げました。あなたの考えを否定しているつもりです。

{この世に存在するのだから、それは「善」である}という考え方もあるのです。この考え方からすると、善が思いやりを内包する必要はないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。

>①必要悪をどう考えますか?やくざのように道徳的悪あるいは違法行為だが社会としては必要という存在もありますよね。<

ヤクザは社会の安寧秩序に反するから良くないでしょう。どうしてもヤクザがいなければならない問題などあるのですか。本来警察で何とかなるものでしょう。
必要悪の代表は売春でしょう。売春は一般に悪と考えられていますが、一部は公で認められています。それは社会の秩序に寄与すると考えられているからです。現在、悪と考えられていることでも公の為になるなら正しいとなるのです。

正しいとは本能から来る正しさ(道徳的正しさ)と理性によって考えられた正しさ(倫理的正しさ)があるのです。
本来、善とは本能から来る感情です。私は本能から来る「善いな~」という感情が善だと考えますが、理性によって考えられた正しいもの(法やルール)も一般的に善と言われています。そして理性による正しさには「善いな~」という感情はあまりなく、思いやりは内包していません。



>②会社や産業は「社会に貢献する、人々に役に立つ」・・・・<

自動車事故により年間数千人が死んでいます。それでも車をなくせと言う声は大きくなりません。車は我々の社会には役立つものであり公の為になっているので自動車産業は善と言えます。


>③お国のため愛する家族を守るため、敵国と・・・<

絶対的に正しい事は「群れを守ること、群れの安寧秩序を守ること、つまり公の為」です。ですから仲間の群れを守る行為は正義です。そして私より公を優先する行為、つまり自分の命を顧みず公を守ろうとする行為は善です。
各国もまた自国の国民を守ることは正しいのです。正義なのです。そして正義と正義の戦いに悪は在りません。しかし自国は余裕があるのにもっと豊かになりたいという私欲でもって弱い国を攻めるのは悪です。


>④オーム教信者は自分の正義を信じて人をポア・・・・<

HPでも詳しく書いていますが、善の定義は頭のおかしい集団では機能しません。みんなで真摯に話し合える環境がなければなりません。そして宗教の教義は彼らの決め事であり本当に正しい事ではありません。
「イスラム教徒は世界中の人がイスラム教にならないと天国?は来ないということらしく」これは本当のことですか、そうであればイスラム教は悪の宗教です。

お礼日時:2018/12/18 20:11

これが正しい、これでよい、というような正解はないと思いますよ。


ただ、自分がそう思うなら、それを生きるだけだと思います。
そうやって、生きていれば、必ず壁に当たるし、修正するかもしれないし、信念を確固たるものにするかもしれない。
「やっぱり愛だよ」と言う人はたくさんいますが、日ごろから「愛」を持って自分の周りの人や出会う他人に接し、生きている人はどれほどいるでしょうか?
高尚な考え方をしてても、電車に乗って「私より公を優先する行為」ができているでしょか?そういう普段にめいめいの「本当に考えていること」が現れていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>これが正しい、これでよい、というような正解はないと思いますよ。
ただ、自分がそう思うなら、それを生きるだけだと思います。<

私は内包的定義で善を見つけたのであり、自分で考えたのではありません。志賀島で金印を見つけた農夫と同じで学も人格も平凡な人間です。

もし私の善の定義を否定するなら「思いやり」が内包していない善なる行為を示せばいいだけです。

お礼日時:2018/12/17 19:57

書いてあることは全て正しいです。


だけど、それが全てという事にはならないので注意ですよ。
というのも「善」と言うものはあくまでも人が判断して「善しとする」事象であり正義の「義」も「義理人情」で人の判断によるものですから。

あくまでも「人」の枠にとらわれた考え方である事を踏まえないといけません。だから冒頭の正しいと善は違うもののように感じてしまうんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>書いてあることは全て正しいです。<

認めてもらってありがとうございます。


>あくまでも「人」の枠にとらわれた考え方である事を踏まえないといけません。だから冒頭の正しいと善は違うもののように感じてしまうんです。<

まあ、確かに神しか絶対なんて使えないかもしれませんけど「人は皆死ぬ」も絶対かと言われれば絶対とは言いにくいですが絶対に限りなく近いと言う意味で「絶対に人は死ぬ」と言う風に使っています。私の見つけた善の定義は「人は皆死ぬ」と同じくらいに絶対的だと思っています。

お礼日時:2018/12/15 18:05

回答者の返答も含めて、これまでのあなたの言いたい事をまとめると、国際法で認められた自衛権を主張しているだけのような気がします。

だから単に、国際法で認められている自衛権を根拠に、自分達の社会を外敵から守る事の正当性を主張すればよいだけではないでしょうか。

私個人の感想ですが、「絶対的善」などは宗教的な臭いがして、そういう「善」とやらで「自分達の社会を守る」というのは怪しい感じがします。あくまでも私個人の印象ですが。





ただ、問題は日本が行使できる自衛権と、国際法で認められている自衛権の行使の定義が異なる事です。




佐藤達夫内閣法制局長官や林修三内閣法制局長官の時代では、日本が行使できる自衛権と、国際法で認められている自衛権の行使の定義は、ほぼ一致していました。そのため、敵基地攻撃や先制攻撃も合憲としていました。

それを踏まえて、鳩山一郎内閣ではこんな答弁もありました。

「わが国に対して急迫不正の侵害が行われ、その侵害の手段としてわが国に対し、誘導弾等による攻撃が行われた場合、座して自滅を待つべしというのが憲法の趣旨とするところだというふうには、どうしても考えられないと思うのです。そういう場合には、そのような攻撃を防ぐのに万やむを得ない必要最小限の措置をとること、たとえば、誘導弾等による攻撃を防御するのに、他に手段がないと認められる限り、誘導弾等の基地をたたくことは、法理的には自衛の範囲に含まれ、可能であるというべきものだと思います。」
(昭和31年2月29日、衆議院内閣委員会、鳩山一郎総理答弁を船田中防衛庁長官が代読)



これは国際法で認められている自衛権の行使を「日本も当然行える」とする答弁です。当時の内閣法制局もこの見解は合憲としています。この当時までは、概ね日本政府は、国際法で認められた自衛権は行使できるとする立場でした。

(概ねですので全て一致はしていません。しかし、日本の防衛においては全く不自由しない程に、日本政府の自衛権の定義と、国際法の自衛権の定義は一致していました。)





それが、高辻正己内閣法制局長官の時代からは、大きく変わりました。

「確立された国際法規、いわゆる国際慣習法といいますか、そういうものは実は憲法との間に抵触関係はない。憲法は一国の最高法規でございますが、その一国というものは実は国際社会に存立しておるわけでございますから、その国際慣習法ともいうべき確立された国際法規とは抵触を生ずるはずはないという考えでございます。ただし、一国と一国が結ぶような特別の条約、御指摘の部分はそういうものが含まれているのだと思いますが、そういうものにつきましては、憲法はやはりそれに優先する。ただし、憲法以下の法律は、条約に矛盾すれば条約のほうが優先するという考えでございます。したがって、現実には何が確立された国際法規であるかという解釈問題に結局変わってまいります。」
(昭和39年12月04日衆議院予算委員会 高辻正己内閣法制局長官の答弁)


この時の質問は民社党の玉置一徳議員によるもので、佐藤栄作首相による国連の軍事活動に対する認識を受けた内容です。質問の要点は「佐藤首相が国連の安全保障機能を強化する事によって日本の安全保障を求めていくという考えであれば、国内法の自衛隊法、憲法と国連憲章との矛盾をどのように調和していくつもりなのか」というものでした。


高辻長官の答弁の問題点は、「国際慣習法ともいうべき確立された国際法規と、国際社会に存立している一国の最高法規たる憲法は、抵触するはずはない」としながら、「現実には何が確立された国際法規であるかという解釈問題に変わる」と言っていて、国際法を条約と読み替えています。元々憲法とは抵触しないはずのものなので、日本国憲法と抵触するものは国際慣習法とはみなさないという事なのです。

国際法と憲法に矛盾が生じた時に、憲法の解釈も含めて整合性を検討するのが本来の関係です。しかし、この時から特に安全保障に関して、憲法の解釈に都合の悪い国際法はないことにするのが、日本の政府の公式な立場になりました。

つまり高辻長官のこの答弁は、「何が国際法かは、内閣法制局が決める。憲法と抵触するものは国際法とは認めない。」との宣言です。


この当時から、日本の自衛権は、国際法で認められた自衛権の定義と大きく一致しなくなりました。


私は冒頭で、「国際法で認められている自衛権を根拠に、自分達の社会を外敵から守る事の正当性を主張すればよいだけではないでしょうか。」と言いましたが、このような日本の現状がありますので、そう単純ではありません。しかし、その問題について、現在の内閣法制局が日本の法体系を歪ませている現実を直視せず、「絶対的善」という道徳心で乗り越えようとするやり方は、私は間違っていると思います。







参考『右も左も誤解だらけの立憲主義』(徳間書店)著:倉山満
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書き込みありがとうございます。私はあなたのような知性のある人と議論がしたいのです。今後もよろしくお願いします。口や頭は悪いが根はいい奴ですのでw

私は絶対正義と絶対善を見つけたのです。これは本質です。あなたの言う国際法というのは、内包的定義でいえばひとつの要素です。本質ではないのです。大げさに言えば、また大きなことを言えば絶対善が見つかったのですから、国際法を含めてあらゆる思想は初めからすべて考え直すべきものと考えています。
ですから私は自然権や人権など信用しないとあなたに反論したのです。勿論国際法は世界の英知を集め、各国の命に関わることですので真剣に考えられているでしょうから、殆ど正しい事でしょう。しかしキリスト教などの非科学的な思想で作られたものは殆ど眉唾物です。ですから世界にひずみが生まれているのです。この歪を正すには正義と善の真の理解が必要なのです。

こんなことを書けばコイツ頭がおかしいと思われるかもしれませんが、私は間違いのないことだと信じています。私はたまたま志賀島で金印を見つけた学も知識も人格もない農夫と同じ凡人です。賢くないと自分自身よくわかっています。世の中にはやはりものすごく賢い人がいます。その人たちで絶対善を基に新しい間違いのない思想を作ってもらいたいのです。

私の願いは一般の人と同じで、日本がもっと良くなってほしい、そして世界が平和になってほしいと言う思いです。そのためには絶対正義と絶対善が必要なのです。まあ、あなたも私の善の定義を信じてはくれないでしょう。私の善の定義が理解されるにはあと十年ぐらいかかるかもしれません。それまで絶対善が正しいと言うことを手を変え品を変えて訴えていくしかありません。今後も返信よろしくお願いします。

お礼日時:2018/12/15 06:44

アメリカのエール大学などの実験で、あまり理性の発達していない


生後数か月の赤ちゃんでも善悪は分かっていると科学的に
証明されています。
 ↑
生後六ヶ月ぐらいでしたかね。
実験で証明されました。



つまり善なる感情は生まれつき持っている
本能的なものであると分かります。
  ↑
それは不正確です。
生後数ヶ月の間に醸成されたモノかも
しれません。



本能から来る善なる感情は何なのか?と考えました。
そこで多くの善なる行為を考えてみてピン!と
来たのが「思いやり」だったのです。
  ↑
脳科学では、ミラーニューロンが発見され
それが相手との共感感情を生み出す、と
されています。



善とは「私より公を優先する行為、つまり愛や思いやり」
であると定義しました。
  ↑
極悪人に対しても思いやるのでしょうか。
その結果、極悪人が犯罪を重ねることに
なっても、それは善でしょうか。



絶対的に正しい“事”(正義)は群れ社会の安寧秩序を守ること
  ↑
その群れ、とはどういったモノですか。
犯罪組織の秩序を守ることも善になる
のでしょうか。

甲、と言う国の秩序を守ることが、乙という国、
その他の国、人類に害を及ぼす場合も善に
なるのですか。



絶対善を定義してみました
  ↑
絶対といえるためには、次の条件を
満たす必要があります。

1,相対的でないこと。
2,例外がないこと。

質問者さんの定義が果たしてこの条件を
満たしているか疑問です。


正義論については、多くの学者が数百年に
渡って議論していますが、いまだに結論は
出ていません。
ロールズについても疑問が出されています。

それは、絶対性には、このような条件がある
からです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>それは不正確です。生後数ヶ月の間に醸成されたモノかもしれません。<

それこそ不可能なことです。

>極悪人に対しても思いやるのでしょうか。その結果、極悪人が犯罪を重ねることになっても、それは善でしょうか。<

公(みんな)とは仲間のことを言います。敵に思いやりをやれば社会秩序は崩壊します。

>絶対といえるためには、次の条件を満たす必要があります。
1,相対的でないこと。
2,例外がないこと。
質問者さんの定義が果たしてこの条件を満たしているか疑問です。<

群れの秩序を守ることは絶対的に正しい事です。例外はありません。あるなら指摘してください。

>正義論については、多くの学者が数百年に渡って議論していますが、いまだに結論は
出ていません。ロールズについても疑問が出されています。<

ですから私が絶対正義と絶対善を定義したのです。しかも道理的、論理的に。間違いがあるなら論理的に否定してください。

お礼日時:2018/12/14 19:57

思いやることは良いことだと思います。

ただ、それが一方的な親切では相手からお節介に感じることもあるはずです。
ちゃんと相手の身になって考えて、思いやれるといいですね。
まぁ、それでも失敗するときはありますけど…

自分が善と思ってやってることは、意外と相手には善として受け取らないこともあるということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>自分が善と思ってやってることは、意外と相手には善として受け取らないこともあるということです。<

なるほど、そういうこともあるかもしれません。しかし「私より公を優先する行為、つまり愛や思いやり」こそが絶対的に正しい行為なのですから、失敗はあるかもしれませんがこれ以上のことはないのですから、これをやり続けるしかないのです。

お礼日時:2018/12/14 19:46

間違ってると言われれば


在り方が間違ってますね

賢い人の意見を聞かせてくれってのは
「賢くないと認定した意見はいらない」
「私も(は)賢い」
「論破されない私は賢いし出来ない連中は賢くない」
まぁ哲学カテ良く居る聞く耳持ってない知識自慢って奴です

早めに自分で気付ければ良いのですがね
お大事に
    • good
    • 0
この回答へのお礼

嫌味は結構ですから、私は善を論理学の内包的定義で論理的にやったのですから、論理的に否定してください。あなた達の価値観で否定されても困るのです。

お礼日時:2018/12/13 21:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング