プロが教えるわが家の防犯対策術!

m•(d^2x/dt^2)=qEcosω-kx
の解き方を教えて下さい。
与式の特殊解
x=(qE/k-mω^2)cosωt
はわかりましたが、一般解の求め方がわかりません。

A 回答 (4件)

多分ですが・・・ω^2 = k/m として



 d^2 x(t)/ dt^2 + ω^2 x(t) = A cos ωt

の一般解を知りたいのでしょう。これは外力の振動数が系の固有振動数と同じですから,あの現象!!!の解を,特に特解を求めなさいということではないかと推測します。それができないから質問した。
 つまり,この斉次解が c sin ωt + d cos ωt なのは多分質問者はわかっているのですが,この右辺の A cos ωt に対する特解を求められない。質問文にある特解の答は間違っている。というわけですね。教養部の解析学で習った,いわゆる定数変化法のことを忘れてしまったのでしょう。直感でも特解は求められるのですが・・・振動論の基礎としてはいい問題だと思うのですが。
    • good
    • 0

最初の式の


m•(d^2x/dt^2)=qEcosω-kx
の意味が解りません。cosωはcosω tの間違いではないでしょうか。
そのほか、特殊解の式x=(qE/k-mω^2)cosωtの括弧内の分母はk-mω^2なのでしょうか。
質問文に誤りがあると思われるので解答ができません。
    • good
    • 0

kx を右辺に置いたまま特解ですか? ωの次には t が抜けてる? ということで,No.1 さんのご回答の通りですが,ひょっとして ω^2 = k/m ではないのですか? これはいい問題ですよ。

特解を求めるには,テクニックが必要ですが,それがどういう現象を表しているかがわかれば特解はすぐ推測できる。そして,このときの斉次解は sin ωt, cos ωt ですよね。だから・・・難しいでしょ?
    • good
    • 0

上の方程式を満たす x からそこにある特殊解を引いてみよう.



得られる関数はどのような方程式を満たす?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車やバイクはカーブの途中で加速した方が安定して曲がれる気がします。 なぜカーブの抜ける手前から加速し

車やバイクはカーブの途中で加速した方が安定して曲がれる気がします。

なぜカーブの抜ける手前から加速した方が安定してカーブを抜けられるのですか?

Aベストアンサー

遠心力で外側に持って行かれるからです。
カーブの旋回方法の基本は、OUT-IN-OUTです。
カーブのクリッピングポイント(一番イン側によるポイント)真近かなどを見たらアクセルを踏み動力を与えることで ハンドルを切っているので 切っているイン側へ進もうと 遠心力と逆の方向へ向かう力が 遠心力で外側へ持って行かれる力を抑制することになります。FF車など 前輪駆動なので ハンドル切った前輪に確実なイン側へ進もうとする力が掛かります。

Q微分方程式の極座標を用いない解き方は?

2次元での距離の二乗に反比例する中心力の問題を考えます。
運動方程式は質量をm、位置ベクトルの座標を(x,y)としたとき

md^2x/dt^2=-x/(x^2+y^2)^(3/2),md^2y/dt^2=-y/(x^2+y^2)^(3/2)

となると思うのですが教科書ではよくこれを極座標を使って解いていると思います。
質問はこの微分方程式を極座標を用いないで直接x,yを積分するなどして
解くことは可能なのでしょうか?できないなら何か理由があるのですか?

ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。
d²x/dt²=-x/r³、d²y/dt²=-y/r³、r=√(x²+y²)・・・①
xdy/dt-ydx/dt=h(一定)、・・・②
から軌道曲線が2次曲線であることを示します。
記述の簡略上、x座標、y座標、rについて
以降、時間の1回微分、2回微分をそれぞれ *、**で表わします。
たとえばx座標の1回時間微分はx*、2回微分はx**です。
まずr²=x²+y²・・・③ の両辺を時間微分すると
rr*=xx*+yy*・・・④ になります。そうするとx/rの時間微分は
(d/dt)(x/r)=(x*r-xr*)/r²=(x*r²-xrr*)/r³となり③④②から
=-hy/r³、さらに①から=hy**、したがって
y**=(1/h)(d/dt)(x/r)が出ます。同じようにして
y/rの時間微分から
x**=(-1/h)(d/dt)(y/r)が出ます。
この2式はそれぞれ時間で積分できてそれぞれ
x*=(-1/h)(y/r)+c₁、y*=(1/h)(x/r)+c₂のようになります。
ここでc₁、c₂は積分定数です。
このx*、y*の式を②に入れてrについて書くと
r=h²-h(c₂x-c₁y)、となりこの両辺2乗して③に注意すれば
出てくる式はx、yの2次曲線になります。

かけ足になりましたが、どうぞ精査してみてください。

No.1です。
d²x/dt²=-x/r³、d²y/dt²=-y/r³、r=√(x²+y²)・・・①
xdy/dt-ydx/dt=h(一定)、・・・②
から軌道曲線が2次曲線であることを示します。
記述の簡略上、x座標、y座標、rについて
以降、時間の1回微分、2回微分をそれぞれ *、**で表わします。
たとえばx座標の1回時間微分はx*、2回微分はx**です。
まずr²=x²+y²・・・③ の両辺を時間微分すると
rr*=xx*+yy*・・・④ になります。そうするとx/rの時間微分は
(d/dt)(x/r)=(x*r-xr*)/r²=(x*r²-xrr*)/r³となり③④②から
=-hy/r³、さら...続きを読む

Qkg定義改定で、日本は何をしたのですか?

キログラムの定義改定が決まったというニュースを読みました。
ニュースの中で、「日本が総合力で優れているという証しだ」というコメントが紹介されていました。
けれど、日本が何をしたのかが書かれていません。
日本は何をしたのでしょうか?

Aベストアンサー

ここに解説されてるよ

https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2017/pr20171024/pr20171024.html

思いっきりざっくりすれば、ナノメートル単位の測定を安定的に確実に行える技術を確立した

Q現実に光速で宇宙船が移動した場合・・・

現実に光速で宇宙船が移動した場合ですが、テレビで学者が言っていたのですが!
宇宙にはガスなどモノがあるので、それに触れることによりすさましい摩擦力が
生じて宇宙船の原子までも影響して壊れてしまう・・・なので光速移動は加速できた
としても移動は無理・・・そんな話をしていました。
確かに光速移動となると、何らかの宇宙の浮遊物に当たる確率が高くなり光速で物
が当たると摩擦熱はすさましいでしょうね・・・
だから宇宙人は光速移動ができないので、地球には遠すぎてこれないのでしょうか?

Aベストアンサー

> 現実に光速で宇宙船が移動した場合ですが、
現在の理論では、質量ある物質は高速に達することができません。
光速に極限に近づいた場合は、質量は無限大で時間が全く進まず、
つまりは移動さえできないのです。
空間物質との摩擦や衝突が障害となる、という理論はありません。

空間移動には光速は超えられないという制限はありますが、
しかし、空間ワープや時間ワープは可能という理論はあります。

Q励起状態の反対語

基底状態ってありますが、冷めたような状態を示す言葉はないでしょうか?
沈静化状態?  他にないでしょうか?

Aベストアンサー

自然科学の用語としては

励起状態= excited state
 ↓↑
基底状態= ground state

です。これは「エネルギー準位、エネルギーの状態」を表わす表現。

「excited」の反意語であれば「冷静な」「落ち着いた」という肯定的な意味と、「つまらない」「わくわくしない」「何もしない」という否定的な意味があるでしょうね。
 cool、calm、settled、quiet、sober、・・・

日本語だったら、使う場面によって
 冷静状態
 平静状態
 平穏状態
 沈静状態
 鎮静状態
 休眠状態
 休止状態
 消沈状態
 謹慎状態
 ・・・
などなど。

Q物理論文の作成指導を受けたい

私は、個人で物理論文を書いています。ユレイタスで論文発表を試みたのですが、失敗しました。失敗の理由は、「信じる」と言う単語を使ったのが、悪かったと言います。
私は、どうしても論文を発表したいと考えています。どなたか、論文作成の指導をして頂ける方を、紹介していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私は、どうしても論文を発表したいと考えています。

どうしても出したいと言うなら、お金を払えばどんな論文でも出せる雑誌というのがありますよ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%95%E9%A3%9F%E5%87%BA%E7%89%88
そんなにお金は出せないと言うなら、サイトでも解説して発表されればよろしいでしょう。

Qなぜ、加速度に時間を掛けても道のりはわからないのでしょうか? 速度と加速度の違いはわかりますが、速度

なぜ、加速度に時間を掛けても道のりはわからないのでしょうか?
速度と加速度の違いはわかりますが、速度は加速度から出来ています。なのに加速度に時間を掛けても道のりが導けない事になんだか違和感があります。
単位的に見ればとりあえずは納得できます。

Aベストアンサー

加速度に時間を乗ずると速度の加減が求まるだけです。距離を求めるためには積分が必要です。

Q光がレンズを通る所によっては経路が違うので 経路差が生じると思うのですが、干渉は起きないのですか?

光がレンズを通る所によっては経路が違うので
経路差が生じると思うのですが、干渉は起きないのですか?

図で言えば (i)と(iii)です。

Aベストアンサー

まず、経路の長さについて。
光の通る経路の長さを光路長といいますが、光は波ですので
干渉などを問題とする場合、ガラスの中で光が遅くなることを
考慮する必要があります。

簡単に言ってしまえば、屈折率n の物質の中では、光速は 1/n に
なるので(遅くなるので)、光の位相回転という観点からは、屈折率 n の物質の
長さは光にとって n 倍に見えます。 A' から B' までの光の
実質的な光路長(真空に換算した光路長)はどこを通っても一定になります。
別の言い方をすればA'から同じ時刻に発した光は、どの経路を通っても
同じ時刻に B' に届きます。

さて、干渉に関してですが、ひょっとすると光が縞々に投影されるような現象を
想像されていますでしょうか?

光がまっすぐ進んだり、鏡で反射したり、レンズの表面で屈折したりするのも
全て「干渉」がなせる業です。そういう意味では光は常に「干渉」しています。

一般の光は位相相関のほとんどない「波束」と呼ばれる長さ数μm 程度の波の集まりなので、
光路長がほんの数μm ずれただけで干渉しません。
なのでレーザを使わない限り、縞々の起きる干渉を観測するには、いろいろと工夫が
必要になります。普段見ることはできません。

まず、経路の長さについて。
光の通る経路の長さを光路長といいますが、光は波ですので
干渉などを問題とする場合、ガラスの中で光が遅くなることを
考慮する必要があります。

簡単に言ってしまえば、屈折率n の物質の中では、光速は 1/n に
なるので(遅くなるので)、光の位相回転という観点からは、屈折率 n の物質の
長さは光にとって n 倍に見えます。 A' から B' までの光の
実質的な光路長(真空に換算した光路長)はどこを通っても一定になります。
別の言い方をすればA'から同じ時刻に発した光は、どの経路...続きを読む

Q原子核の大きさは?

約4fmくらいでしょうか?


https://kotobank.jp/word/原子核-60550

Aベストアンサー

>問題ない
そうはいきません。質量が大きくなればなるほど寿命は短くなります。さもないと世界は瞬時にブラックホール。

Q運動エネルギー

運動エネルギーは(mv^2)/2ですが
なぜ運動量mvをvについて積分した式なのでしょうか
個人的には運動量のほうが運動エネルギーに思えます

Aベストアンサー

加えた仕事が、エネルギーの変化分です。
エネルギーの初期値をゼロにすれば、加えた仕事はエネルギーそのもの。

加えた仕事は、「力」を変位で積分したものです。(高校物理では、「力」を一定にするので「力の距離の掛け算」)
つまり
 W = ∫Fdx = ∫(ma)dx = m∫(dv/dt)dx = m∫(dx/dt)dv = m∫vdv = (1/2)mv^2

初期値をゼロにするのでなければ、積分を「定積分」にしてください。そうすれば「変化分」になります。


人気Q&Aランキング