女性の喫煙者から産まれた子供は低体重児(SFD児)となる確立が高いと聞きますが、低体重児についての詳しい知識を教えてください。また女性の喫煙率とどのくらい関係があるのかについての、統計も調べています。もしご存知の方がいらっしゃれば、よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

喫煙が胎児に及ぼす影響として様々なことが述べられています。

多くの論文も発表されていますが、学術的に納得できるものは皆無ですネ。煙草の種類(強さ)や喫煙習慣(吸う長さ等)などについてをファクターとしていませんから、純粋に学術的・疫学的にみて評価できないものばかりです。何故、審査に通ったか納得できない低レベルの論文が大半です‥
しかし、煙草の燃焼の際に発生する一酸化炭素が胎児に及ぼす弊害については確実にありうることであると考えます。喫煙によって吸入される数々の物質の中で一酸化炭素については胎児の発育阻害に影響を与え、さらに、それは喫煙本数と比例するでしょう(妊娠後の喫煙のみ影響するでしょう)。これは喫煙に限らず、一酸化炭素は胎児の発育を阻害するということですネ。
ご参考までに
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

これでいいですか?



"妊娠中の喫煙量減少で低出生体重児出産リスクが低下
メディカルトリビューン 22 Aug 1997
バーモント大学(バーリントン)健康増進研究部"

参考URL:http://www.d2.dion.ne.jp/~nosmoke/pedo.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ