ガソリンスタンドで、ブレーキオイルが汚れているといわれました。
ブレーキオイルを交換しないと、どうなりますか?
まさかブレーキが効かなくなるということはないですよね。
交換はいくらくらいするものでしょう?

それと、バッテリーも交換したほうが良いといわれました。
寒冷地仕様で大きいバッテリーを積んでいますが、
3年経つので自分でもそう思っていました。
しかし、違うスタンドでは「まだ大丈夫ですよ」といわれました。
普通、替えるべきなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ブレーキオイルは、汚れて不純物が混じると、圧縮した場合(ブレーキを踏んだ状態)弾力が出て(ふわふわと、した状態)、ブレーキまで踏んだ力が伝達できなくなることがある。

(ブレーキを踏んで、その力をブレーキオイルを通じタイヤを止めるディスク等に力を伝えるため)と、ウンチクを聞いたことがあります。
しかし、私は一度も交換した事が無いですね。もしも、ブレーキを踏んでエアーが入っている感じで、フワフワとした踏み応えで、ブレーキが利きにくい場合は交換すべきでしょう。
バッテリーは、バッテリー上がりを何度も続けて起こすような場合は交換時季でしょうね。
スタンドにより対応が違ったのは、バッテリーの電圧測定により「交換したほうが」「そのままでも」と判定します。
しかし、車ってのは、走れば充電されるわけで、電圧は上がります。また走っていても、エアコンや、音響機器でバッテリーの電気を使用しますと、電圧は低下します。ですから、そのときのコンディションで、交換有無の判断が変わる場合もあるでしょう。
    • good
    • 0

ブレーキオイルが劣化(汚れる)すると.白いゼリー状になります。


ですから.ブレーキ配管の中を全部きれいに掃除して交換する必要があります。
が.この交換はやたら難しい。デーラーの人から.「新型車の場合に.失敗することがあるので.交換することは止めてくれ」と.言われています。
ディーラーの人手すら.ブレーキ配管の締め付けが甘く.2ヶ月後にブレーキオイルがなくなって.ただで足してもらったことがあります。

なお.ブレーキオイルは吸水性があり.下手に蓋を開けると水が入ったりします。悪質なガソリンスタンドでは.唾液や埃を入れてくれますので.点検させないことが一番です。
    • good
    • 0

ガソリンスタンドやO-トバックスなどの口車には乗らない方がいいと思います。

オイルは3000キロで交換を! なんて勧めていますが、全くの無駄です。  まあ、替えても悪いことはないでしょうが・・・。メーカーのメンテナンスノートなどに書いてある距離や期間でOKです。1万キロとか1年とか。
そんなに壊れるようならメーカーが率先して3000キロとか、3ヶ月とか言うはずです。
もっとも、極端なダートをフルスロットルで転げ回るようなハードな走行をすれば別ですが、自動車道で走ったり公道で急発進を繰り返す程度では問題ありません。
ディーラーに車検の時に任せたり、点検の時に相談してみてもらえばよいはずです。ブレーキオイル(本当はオイルではない)は、パッドがする減ってキーキー音がし出したときについでに替える程度です。
パワステやデフオイル、ミッションオイル、オートマの油圧オイルにいたっては、私は前もクロカン車でしたが、9年で15万キロ、全く替えておりませんが支障はありません。
10万キロぐらいのときに、オフロード雑誌に乗せられて車検の時にディーラーに替えるように頼んだら、「必要ありません。替えて悪くはないが無駄です。」と、はっきり言われて、やめました。
エンジンオイルもエンジンとターボユニットの両方を強制冷却するタイプでしたが1万キロをめどにして替えていました。
バッテリーもダメになる前には何らかの兆候が現れます。今、それがないならしばらくはもつでしょう。
環境の保全上からも無駄なものは使わない方がいいと思います。
日本の車は優秀ですから、ふつうに走っているなら滅多なことでは壊れません。あとは気分の問題と資源保護の感覚バランスでしょう。
夏で室内にいても熱中症が怖いからといって、汗や小便、呼気から失う水分を計算して、その量を補給するために3分おきに少しずつ水分を飲むようなものではないでしょうか。
ちょっと、極端でしたか。(笑い)
    • good
    • 0

ブレーキをスタンドや量販店にさわらせるのはおすすめできません



以前、スタンドの「ブレーキフルード交換」という作業を見ていましたところ、スポイトのようなものでリザーバータンクのフルードを吸い取り、新しいフルードを補充するという方法でした

これでは、マスタシリンダの中や経路のフルードはそのままですから効果は少ないです

ブレーキは車検や点検時にディーラーや専門の工場にやらせるのがベストと考えています

特にABS(アンチロックブレーキ)はエア抜きが難しいので専門の工場で整備すべきです
(そういう意味で、格安車検はおすすめしません)

バッテリーに関しては、高性能やメンテナンスフリーと称しているバッテリーは、初期性能が長期間持続するのが特徴ですが、性能が低下してくる予兆のようなものが見分けにくいです

極端な場合は、朝大丈夫だったのが夜、いきなり死んだりしますから3年くらいで交換するのがベターだと思います
    • good
    • 0

ガソリンスタンドはガソリンだけ売っていたのでは儲かりませんから色んなものを勧めます。

あまり深刻に考えない方が精神衛生上好ましいかと思いますよ。

ブレーキフルードはカップのフタが外れたりしない限りは密閉された状態で、もちろん潤滑などに使われるものではありません。外部から汚れが混入する可能性は低く、汚れにくいものであろうと思います。油圧がしっかりかかれば役目は果たしていると言えます。多くの場合、ブレーキフルードは補充がメインで、エンジンオイル等のようにそっくり入れ替える事はあまりありません。大量の不純物や異物が混入したりしなければ、補充で問題はないと思います。
また、エアーを噛んで効きが悪くなる、といった場合でも、エアーはブレーキの発熱によるフルードの沸騰により発生するものですから、ホイール側でエア抜きという作業をして空気を噛んでいる部分だけを排出してあげるだけで対処できます。
ブレーキ性能を上げる為に品質の良いもの(DOT3とかDOT4とかの規格があります)に入れ替える場合でもなければ、総入れ替えの必要はないと思います。

バッテリーも大丈夫だろうと思います。御心配なら、安価でオモチャのようなバッテリー比重計というのがカーショップに売ってますから、これで自分でチェックしてみたらよいと思います。
    • good
    • 0

ブレーキオイルが汚れて換えないとダメ。


なんて見ただけで判断できるわけないです。
よほどキャップが緩んで水分が混入しない限りだいじょうぶ。
車検の時にでも換えれば充分すぎます。

バッテリーも弱りはじめてから交換すればOK。
年数は目安またはメーカーの保証期間と考えましょう。
3年!はいおしまい!で新品購入なんてナンセンスです。
普段から注意して、ライトが暗くなった。一発で始動できない。
充電しても復活しない。そうなってから交換です。
私はブースターケーブルを携帯しながら、頻繁に上がってしまうまで使い切ります。

一部のガソリンスタンドは、ガソリンの値下げ競争で儲からなくなって
車に詳しくないドライバーを捕まえて、押し売り的にこういうことやります。
バイトの販売員も売り上げ成績上げようと必死。
ドライバーの都合なんか知ったこっちゃないです。
大手の安売りスタンドなどは注意しましょう。
    • good
    • 1

 ブレーキオイルを交換しないと、ブレーキオイルの劣化によって、最悪の場合、ブレーキペダルとブレーキを結んでいるホースが破けて、ブレーキオイルが漏れ、その結果、全くブレーキがかからなくなるということもあります。

したがって、最低、車検ごとにブレーキオイルを交換するべきだと思います。交換の料金はたいしたことありません。3~4000円です。なお、当然ですがスタンドは高いので、オートバックスなどの量販店あるいは何らかの整備のついでに整備工場でやってもらうのがいいでしょう。
 僕は車検ごとにブレーキオイルとパワステオイルを交換し(合計で5~6000円)、1年に1回春先にギアオイル、デフオイル、冷却水を(合計で1万円くらい)、3~4ヶ月ごとにエンジンオイル(4000円程度)を交換しています。これだけの出費で、12万km全く壊れるところもなく快調に走っています。
 また、バッテリーはオイルと同じで鮮度(果たして、この言葉であっているのか)が重要であると聞いたことがあります。だから、自分の車に合うサイズで1番小さいサイズのバッテリー(したがって、1番安い)を1年に1回、クーラーをつけまくる前に交換しています(ホームセンターなどで買えば、2000円前後)。
 よろしかったら参考にしてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアプリオタイプ2のエア抜きで・・・・

今さっきフロントのディスクブレーキのパッドを交換しピストンを入れようとしたんですが、固すぎてしかたなくピストンを一度取り外しブレーキオイルをすべて抜いてからピストンを入れて装着し、ブレーキオイルを注ぎ足したんですが、ブレーキレバーがグリップについてしまうぐらいスカスカです。(レバーを握っても全然ブレーキがかからず握りながらでも前に進める状態)エア抜きをしても全然固くならず、エア抜きをしていたらオイルはキャリパーから出てくるんですが、このままエア抜きを続けていたら段々固くなるんでしょうか??

Aベストアンサー

#1です。

 キャリパーピストンを抜いてしまったのは失敗でしたね
 普通は抜かなくてもパットの交換は出来ます。

 エア抜きの方法に関しては文面を見る限りは方法は間違っていないようですが
 マスターシリンダにOILを入れて軽くブレーキレバーをはじいてください。
 マスターシリンダーの小さな穴から気泡が出てくると思います。
 その気泡が無くなるまではじいてください。
 無くなればレバーを4・5回握ってください。
 次に思いっきり握りながらキャリパーのエア抜きのバルブを開け、スグに締めてください。このときレバーは握りっぱなしにしてください。
 再度4・5回握り、、、、を繰り返ししてください
 普通でしたら30分もやれば固さが出てくると思います。
 
 もし、どうしても出来ないようなら近くのバイク屋にもっていった方が良いでしょうね。
 その時ピストンを抜いたことも話した方が良いでしょう。

Q寒冷地仕様のバッテリーって

ちょとお聞きしたいのですが。
新車購入以来一度もバッテリーを交換していないので(4年目)、さすがに今年は冬前にバッテリーを交換しようと言うことになり、主人がよくある量販店に行って来ました。
結局買わずに帰ってきたのですが、どう説明されたのか、寒冷地仕様のバッテリーにしようか迷っているようです。
主人は「大きいことはいいことだ」と言ってますが、昔スキーに行った時誰かが(主人でないことは確か(^▽^笑)「発電器も寒冷地様じゃないと意味無いんだよ」と言う話しを聞いた様な気がします。聞き間違いかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょう?お教えてください。

Aベストアンサー

またまたです。

1クラス大きいサイズなら付けても大丈夫です。
発電機も年々性能低下しますがまだ大丈夫です。

最低でも一週間に一度1時間以上乗った方がいいです。
ちょっとしか乗らないと、自然放電とスターターで大量に電気を使うだけで、
十分に充電できませんから。

充電量の持ち出しに余裕があるほうがkasikomeさんの使い方にはあっていると思います。

もし心配ならディーラーなどで寒冷地仕様と標準仕様のオルタネーター(発電機)の出力の違いを調べて貰うといいです。たぶん大差ないか同じです。

Qブレーキのエア抜き

原付のブレーキOHを行い、ブレーキオイルも交換しました。
エア抜きの際、ブレーキオイルを足しながら、レバーを何回か握り、
握ったままブリーダーを緩め、ブリーダーを締めてからレバーを離す
という工程で行いました。
ブリーダーに透明のホースをつけていて、エアが抜けていくのが良く分かったのですが、
以前よりレバーを握らないとブレーキが効きません。
以前はレバーを3分の1くらい握れば効いていたのに、
今では3分の2くらい握らないと効きません。
しかもカチッと止まる感じではなく、スーッと止まる感じです。
どのようにすればブレーキのタッチが良くなるでしょうか?

Aベストアンサー

結論から言うと、エア抜き不足です。
ですが基本的な工程は問題ありません。

ブレーキを数回握る

ブレーキを握ったままブリーダープラグを開ける

オイルがプラグから出て、戻る寸前にプラグを閉める

ブレーキを数回握る

繰り返す

工程に問題がなければ5分程度でほぼエアが抜けます。

ただそのままだとエアが完全に抜けきってはいない(マスターやキャリパに細かいエアが付着していることがある)ので、しばらく走行した後、またエア抜きを数回行うのがベタです。
言うまでもないと思いますが、エア抜き後はプラグとマスタリザーバタンクと配管のボルトの締め付けを再度行い、低速で制動能力を確認してから走行してください。

余談ですが、リザーバタンクの蓋のボルトは内圧が変わる為、固着しやすいです。
何度も開け閉めする用途(レース等)なら、+ネジではなく同径の
六角ボルトに変更することをお勧めします。

私自身、これで良く泣かされた覚えがあるので^^

Qエンジンオイル、ATオイル、パワステオイルの交換について

今日ガソリンを入れに行ったら、スタンドのお兄さんに
「エンジンを見ましょう」
と言われ、その後、
「エンジンオイルとオートマオイル、パワステオイルを交換した方がいい」
と言われました。よく分からなかったので、
「今日は急いでいるからで次にきた時にします」
と断ったのですが…。

ちなみに、購入後1年3ヶ月、走行距離は12,000キロいってます。
そろそろ交換の時期なのかな?と思いながらも、今日行ったスタンドはいつも行くところではなく、ちょっと不安にもなったので。

オイルのことと交換の時期、それとどのくらいの費用がかかるのかもお教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、johnpaulさん。
スタンドのお兄さんは売上げ貢献に燃えていたと思われます(笑)

「エンジンオイル」
交換もスタンドよりオート○ックスとかの方が安いし、ホームセン
ターみたいなディスカウント店で好きなオイルを買って持ち込むと
交換工賃だけで出来ます。オイルが安く買えるので工賃(私がよく
利用するところは500円)を払っても安いです。これなら、廃油
処理材を買って自分でやるのと変わらないので。。。

交換頻度は、スタンドやカーショップでは6ヶ月もしくは3000
キロ毎の交換を進めていますが、私の車についている整備手帳には
1年もしくは15000キロ毎と書かれています。

オイル容量にもよりますが、ティーノならば1年もしくは6000
キロ毎くらいに交換して、2回に1回の割合でフィルターも交換す
れば問題無いと思います。

カーショップではオイル交換5千円くらい。フィルター交換1300
円くらい。

「ATフルード」
オートマオイルと言うか正確にはATフルードですが、ATが出始
めたころの機械式の時は2万キロ毎と言われましたが、最近の電気
式のものはメンテナンスフリーの物が多くなっています。(ATフ
ルードもメーカー独自のものなのでメーカーはスタンドなどで交換
するのを嫌います)
これも、カーショップでは2万キロ毎と説明してくれますが、こう
いうところで交換すると上から抜かれますし、当然フィルターの交
換はやってくれませんので、ディーラーで5万キロ毎にATフルード
とフィルターを同時に交換すれば十分です。
ディーラーでATフルードとフィルターの交換で2万5千円くらい。

「パワステオイル」
エンジンオイルなどと違い熱にもさらされないので、劣化も少なく
交換する人も少ないと思います。5年くらい平気ですがそんなに高
くもないので車検2~3回毎に換えておけば気分もいいでしょう(笑)
ディーラーで4千円くらい。

ATフルードとパワステオイルよりは、冷却水とブレーキフルード
の方が交換周期が短いので気を付けた方がいいです。

冷却水はエンジンの冷却の他に冬に凍らない働きと、エンジンとか
配管が錆びない防錆の役割もあるので、2~3年で交換するのがい
いです。特に寒い地方でなければ35%くらいの濃度でいいと思い
ます。料金は3500円くらい。中古車などで冷却水のホースを握
ってみて、ジャリジャリと音がするものは中に錆びがついているの
で、そうなってしまったものはもう下手に交換すると詰まるので店
では交換してくれません。

ブレーキフルードはブレーキの熱で沸騰しないように沸点が200度
くらいになるように作られていますが、空気中の湿気を吸湿しやす
く、水分を吸うと沸点が下がり連続でブレーキを使った際に沸騰し
て泡が発生し、ブレーキが利かなくなることもあるので2年毎くら
いで交換するのがいいです。ミニバンならDOT3くらいの物でい
いと思います。値段は3500円くらい。

この他に、オイル類としてはディファレンシャルオイル。3万キロ
位で交換すればいいと思います。これも3000円くらいで交換し
てくれると思います。4WDの場合リヤだけでなくフロントにもデ
フがあるので交換してあげましょう。

こんにちは、johnpaulさん。
スタンドのお兄さんは売上げ貢献に燃えていたと思われます(笑)

「エンジンオイル」
交換もスタンドよりオート○ックスとかの方が安いし、ホームセン
ターみたいなディスカウント店で好きなオイルを買って持ち込むと
交換工賃だけで出来ます。オイルが安く買えるので工賃(私がよく
利用するところは500円)を払っても安いです。これなら、廃油
処理材を買って自分でやるのと変わらないので。。。

交換頻度は、スタンドやカーショップでは6ヶ月もしくは3000
キロ...続きを読む

Qブレーキオイルの補給方法をできるだけ詳しく知りたいです。

ブレーキの効きが悪くなってきました。

ブレーキ液面窓を除くとLAWの線まで減っていたのでマスターシリンダーの上の蓋をはずして普通にオイルを入れましたが、すぐに溢れてほんの少ししか入りませんでした。

もう、満タンなのかと思い、そのまま蓋をしましたが、液面の窓はLAWレベルのままで、ほとんど増えていませんでした。

それから毎日蓋の隙間からオイルが漏れてベトベトのぽたぽた状態で、乗っていると服にも垂れて大変です。

まわりに詳しい人がいなく、噂ではエア抜きとかしないとだめなんじゃないかとかも聞きます。

正しいブレーキオイルの補給方法を教えて欲しいです。

ホンダのフュージョンです。

それと、判り易いフュージョンのメンテナンスや、お勧めのサイトなどもありましたら教えてもらえたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ブレーキオイルは塗装を痛めますのでたれた分は早めに拭き取ることをお勧めします。

 ブレーキオイル補充の方法ですが、大体下記の方法で行います。

○ マスターシリンダー上のオイルタンクの周りにウエスを巻き付け、
  溢れたときの対策を行う。

○ 蓋を開け、白いプラスチック(無い車種もあるようです)があるので、
 そのプラスチックを外し、その下にあるゴムパッキンもはずします。

○ オイルを入れ替えてしまう場合には、中のオイルをスポイトで吸い出したり
 ウエスで拭き取ったりします。(この時にゴミが入らないように)

○ 新しいオイルを補充します。

-----------------------------------------------------------------
ここからはオイルの入れ替え作業です。補充の場合はそのまま飛ばして「復旧作業」に進んでください。

○ ブレーキシリンダーのエア抜きバルブにホースを繋ぎ、ホースはペットボトルなど
 廃液入れに入るようにセットします。

○ ブレーキをかける要領で何度かレバーを操作し、最後はレバーをブレーキが掛かった状態
 に維持し、その状態でブレーキシリンダーのエア抜きバルブをゆるめ、オイルが出て
 勢いが無くなったら閉めます。
 (エア抜きバルブを閉めるまでは、ブレーキレバーは緩めない)

○ 上記操作をオイルが入れ替わるまで何度か繰り返す。
 この時、オイルタンクのオイルが無くならないように注意し、無くなりかけたら
 補充する。

-----------------------------------------------------------------
ここから復旧作業

○ オイルを少し多め(タンクギリギリでも良い)に補充したら、ゴムパッキンを
 ゆっくりエアーを噛み込まないように取り付けます。
 (この時オイルが溢れますが問題ありません)

○ 次にプラスチックを取り付けますが、この時先ほど取り付けたゴムパッキン上に
 オイルが溜まっていない事を確認します。
  オイルが溜まっていたら復旧作業の最初からやりなおします。

○ カバーを取り付け、周りに巻いていたウエスを取り去り周囲に付いた
 オイルをきれいに拭き取り作業は終了です。


ブレーキオイルは吸湿性が高く、吸湿することにより性能劣化しますので、
残ったオイルはしっかりと蓋をして保管してください。
ちなみに、補充にてタンクはオイルがいっぱいになっていますので、
ブレーキパッドを新品に交換する際は先にオイルを少し抜き取ってから
作業するようにしてください。

 液面が下のラインまで来ているのであれば、ブレーキバッドも点検した方が
良いと思います。

ブレーキオイルは塗装を痛めますのでたれた分は早めに拭き取ることをお勧めします。

 ブレーキオイル補充の方法ですが、大体下記の方法で行います。

○ マスターシリンダー上のオイルタンクの周りにウエスを巻き付け、
  溢れたときの対策を行う。

○ 蓋を開け、白いプラスチック(無い車種もあるようです)があるので、
 そのプラスチックを外し、その下にあるゴムパッキンもはずします。

○ オイルを入れ替えてしまう場合には、中のオイルをスポイトで吸い出したり
 ウエスで拭き取ったりしま...続きを読む

Q初めてのユーザー車検(ブレーキオイル、冷却水交換 とか)

初めてユーザー車検を行います。

3年間で故障無し、走行距離も13,000キロ程度、お金も無いのでユーザー車検を選びました。

ただ気になるのは、他所の業者の見積にあった、
「ブレーキオイル」「エンジンオイル」「オイルエレメント」「冷却水(LLC)交換」です。

そこで、教えてください。


(1)これは交換しなくても問題ないでしょうか?

(2)予想ですが、次回の車検では走行距離20,000キロ前後になりそうなので、その時で十分でしょうか?

(3)交換することで、燃費が向上するものってありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのままでも通ります。とりあえずは。
とりあえずと書いたのは、現状で車検に通るか通らないかで言えば通るってコトです。
今後壊れるかどうかは別問題ですよ。

ブレーキフルード
オイルではなく、アルコール系のフルードなので吸湿性があります。
ほったらかしにするとライン内部が錆びて漏れたり動かなくなったり、熱を持つと利かなくなったりします。
5年目で交換でも大丈夫「かも」ぐらいですね。今回交換すれば4年後まではいけるでしょう??かな?

エンジンオイル
せめて1万ぐらいでは交換してください。
一万又は一年ですね。
本当は半年に1回ぐらいは交換して欲しいとは思いますが。

オイルエレメント
オイル2回に1回交換が普通ですが、1年ごとなら毎回交換でも良いですよ。

LLC
これも初回交換は必要ありません。
が、量はきちんと見てください。
最近のLLCは冷却効果の向上やさび止めの効果を持っています。
時間がたつにつれ、劣化してその効果は薄れていきます。
4年ほどが交換サイクルですから、今回やってしまえば4年後までは大丈夫です。

距離だけではなくて、期間でも劣化して交換が必要になります。
これらの交換不良はボディーブローのように後で効いてきますから、日頃のメンテナンスはとっても大事ですよ。

ちなみに、適度なオイル交換は燃費にとっても良く効きます。

そのままでも通ります。とりあえずは。
とりあえずと書いたのは、現状で車検に通るか通らないかで言えば通るってコトです。
今後壊れるかどうかは別問題ですよ。

ブレーキフルード
オイルではなく、アルコール系のフルードなので吸湿性があります。
ほったらかしにするとライン内部が錆びて漏れたり動かなくなったり、熱を持つと利かなくなったりします。
5年目で交換でも大丈夫「かも」ぐらいですね。今回交換すれば4年後まではいけるでしょう??かな?

エンジンオイル
せめて1万ぐらいでは交換...続きを読む

Qブレーキのエア抜きの順番について

 ブレーキのエア抜きの順番について、お願いします。
右ハンドル車の場合で。。。

以前、ブレーキオイルの交換をディーラーにてお願いした時は、
(1)「前右→後左→前左→後右」
の順番でした。 ネットで再度調べてみましたところ、
(2)「後左→後右→前左→前右」
が最も多くありましたが、(1)の順番を勧めるサイトも多くありました。
(1)の順番はリザーバータンクとキャリパーの位置の関係からと言う説明でした。
(2)の順番はマスターシリンダーから遠い車輪の順番とありました。
 どちらが正しいのか解りません。 またどちらでも問題が無いと言う事でしょうか?

Aベストアンサー

現在の車のブレーキの系統は安全のため2系統
すなわち

前側と後ろ側は安全のため分かれていますので

(1)「前右→後左→前左→後右」
でも

(2)「後左→後右→前左→前右」

も結果同じです

出来るなら系統別にやるのが良いと思いますね

Q車のブレーキパッドっていいやつに交換したらブレーキのききが良くなったりするんですか?

車のブレーキパッドっていいやつに交換したらブレーキのききが良くなったりするんですか?

Aベストアンサー

ドイツ車などパットが柔らかく、減りまくるからダストがすごいです。よく抹茶になっているでしょ。2万キロくらいしか持ちません。ディスクまで柔らかい。フロントは5万キロ持たない。ただし、効きは確かです。いいやつの意味がわかりませんが、サーキットレースなどのフェードしにくいやつは、ある程度の熱にならないと効きが悪いです。どの辺りで妥協するかです。ディスクとの相性もあります。レース用のは避けるべきです。

Q原付のエア抜きで困ってます・・

ヤマハのSUPER JOG Z(3YK)を所有しています。
今日、フロントディスクブレーキのブレーキオイルを交換しようとしました。しかし、マスターの蓋をとり、キャリパーについているブレーキ液を抜く口にホースを挿してボルトを緩めても液がいっこうにでてきません。(マスターシリンダーの中には液がのこっているのに)
そこで完全にボルトを抜いてしまったのですがそれでも出るのは3滴くらいでした。
そこで知り合いに教えてもらった逆の手順で、キャリパー側からポンプでマスターシリンダーに液を送りました。
マスター側へ液がピューピューでるのをみてボルトを締め、ブレーキレバーを何度も握ってエア抜きしたのですがそれでもスカスカの状態になっています。
何か手順が悪かったのでしょうか?それとも部品が消耗しきって正常に機能してないのでしょうか?
ちなみにフロントブレーキを強く握るとレバー全体が振動したりと、妙な症状があったりもしたのですが、一応ブレーキは効いていました。

Aベストアンサー

肝心の手順が下に書かれていないようですので・・・

ボルトを外してしまったために完全にエアが噛んでしまって
いるようですので、まずキャリパをフロントフォークから外します。(パッドも)
ピストンを綺麗に清掃します。
リザーバーの蓋を開けます。
リザーバーの液量に注意しながらキャリパのピストンを戻します。
リザーバーからこぼれそうになったらスポイトなどで吸い取ります。

完全にピストンが戻ったら、フォークに仮止め。(仮止めとはっきりわかるように、ネジをあまり締めないこと!)
キャリパとディスクの間に挟まる出来るだけ厚い木片などを
かませ、ピストンがなるべく出てこないようにします。
リザーバーに液が十分入っていることを確認し、ブレーキレバーをゆっくり何度も握ります。
手ごたえが出てきたら、キャリパのブリーザースクリュにホースを繋ぎます。
ボルトに工具をかけ、ブレーキを握りながらボルトを少し緩め、すぐ締めます。
ブレーキレバーに抵抗があれば、緩めた瞬間に手ごたえが軽くなるはず。
ボルトを締めるまで絶対にレバーを握りっぱなしにします。
ボルトを締めたら、レバーをゆっくり放します。 レバーを離すと同時にリザーバーの液が吸い込まれます。
何度かゆっくりレバーを握り、最後にしっかり握った状態で、またボルトを一瞬だけ緩めて締めます。
これを何度も繰り返します。 リザーバーの液量に注意。 少なくなると、一気にエアが配管に吸い込まれます。
エアが抜けきったら木片を外し、パッドを組んで、仮止めだったネジをちゃんと固定します。


メンテが悪いと簡単に事故を起こす部分ですので、しっかりと知識を教わって、詳しいひとのやる作業を見て、教わって、それから作業したほうがいいですよ。

>そこで知り合いに教えてもらった逆の手順で

マスター付近のエアを抜くには有効な手段ですが、キャリパ内のエアは
これでは抜けません。

肝心の手順が下に書かれていないようですので・・・

ボルトを外してしまったために完全にエアが噛んでしまって
いるようですので、まずキャリパをフロントフォークから外します。(パッドも)
ピストンを綺麗に清掃します。
リザーバーの蓋を開けます。
リザーバーの液量に注意しながらキャリパのピストンを戻します。
リザーバーからこぼれそうになったらスポイトなどで吸い取ります。

完全にピストンが戻ったら、フォークに仮止め。(仮止めとはっきりわかるように、ネジをあまり締めないこと!)
...続きを読む

Q寒冷地でのエンジンオイルは?

最近の当地の最低気温はマイナス17度にもなっていますが、私の車のエンジンオイルは10W-30です。10W-30は-20℃から+30℃以上が適合範囲とのことですが、もし最低気温が-20℃より低くなった場合、10W-30のエンジンオイルはどうなるのですか?まさか、凍結はしないと思うのですが、粘度が低くなって、エンジンオイルとしての正常な働きがなくなるということですか?
5W-30に換えようかと迷っているのですが、これだと-30℃以下から+10℃の範囲なので、春になれば、またエンジンオイルを交換しなければなりません。
多分、-20℃以下にはならないと思うし、面倒なので、出来たら、今のままのエンジンオイルで行きたいと思うのですが、何か致命的なトラブルが起こる可能性があるでしょうか? それとも-30℃から+30℃まで適合するエンジンオイルってあるのでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私の車のエンジンオイルは10W-30です。

10Wはウインター性能を表します。

http://www.showa-shell.co.jp/products/helix/oil/rtl-012.html

上記で、ウインター性能を確認してください。
また、ポンプ吐出温度はもう少し下ですので、その地区でオイル
が凍る可能性は低いと思いますが、エンジンのかかりが悪くなる
可能性はあります。
今のままでもエンジンのかかりの問題がなければ別にオイルを代
えなければならない分けではありません。


>5W-30に換えようかと迷っているのですが、これだと-30℃以下から+10℃

+10度となっていますが、5W-30の30は、外気温100度の時の粘度です。
5W-30でも、10W-30でも高温での性能は同じです。

しかし、-17度まで最低気温が下がるのでしたら、5W-30をお奨めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報