はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

日露戦争 旅順攻略戦について
詳しい方教えて下さい。ゴールデンカムイという漫画を読んでいて、旅順要塞攻略戦においての描写です。
窮地に立たされたロシア兵が手投げ弾を身体に巻きつけて、日本軍に向かって突っ込んできたという描写がありました。

日露戦争当時、そんな気合の入った戦法をロシア兵がやっていたのか疑問です。
こういった必死の特攻は、日本軍の戦法として私は認識しており、とても外国の軍隊がやるとは思えません。
史実に残らないだけで、実際にあったというのは否定はしませんが、やはり漫画作中の描写なのでしょうか?
詳しい方教えて下さい。

A 回答 (4件)

回答者は皆、無茶苦茶に洗脳されているかたばかりです。



日本軍はロシアの銃剣突撃にさんざんやられましたが、日本軍には当時、そのような装備も戦術も有りません。

士官が昔ながらの日本刀を持って『突撃!!』とやってた位です。

司馬遼太郎の戦争描写は全くの嘘、デタラメです。

日露戦争、司馬遼太郎、嘘(あるいはデタラメ)で検索してみましょう。

司馬遼太郎は、素晴らしい小説家ですが、歴史家としてみればただのインチキ歴史家ですよ。
    • good
    • 0

司馬遼太郎の坂の上の雲を参考に。

ロシア側は強固な陣に立てこもり。
日本側が中途半端な突撃で、死傷者ばかり増加。
小説では、児玉が駆けつけて指揮。思い切った人数の突撃で強引に攻略。
ロシア側が手榴弾の描写はありません。流れとしても、ないでしょう。
    • good
    • 0

ロシア人なら塹壕やトンネルを掘り、それができなくても騎馬や火力、物量に物を言わせ、相手を圧倒します。


寡を持って衆を制すというような奇策はロシア人は無縁です。
戦術的戦略的な妥当性があるなら死守の末の玉砕もあり得ますが、当たるも八卦のような賭けは、民族的に絶対やりません。

特に援軍の当てのない籠城側にとって兵力は貴重な存在であり、
自らそれを減らすというのは自殺に等しい行為です。


余談ですが、白襷隊に代表される日本軍の「特攻」は、後世の曲解と思われます。
単に第三軍の参謀が掴んだ情報が古かったか誤っていただけです。
弱いと思う地点に突破力のある歩兵をぶつける。
戦術的に妥当で、どの軍隊でもその方法を取ります。
蓋を開けたらあらびっくり、ベトンと機関銃で武装された強固な陣地でした、というわけです。

人的消耗は確かに大きいですが、当時の軍隊はそれを前提に組み立てられていました。
また、将棋をちょっとやるとわかりますが、陣地を攻めるとはそういうことです。
    • good
    • 0

そのシーン、映画の二百三高地でそのまま同じシーンがなかったでしたっけ?見直さないと検証できませんが。


金カムの旅順の描写は、構図自体が映画をトレスなみに参考にしていると思われます。映画も漫画もずっと上手(右側)が日本兵で下手のロシア兵に攻めていきますし。映画オマージュ大好きな作者ですし。
アマゾンプライムにあるので久しぶりに見てみましょうかね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q露国ロシア政府がアイヌ民族はロシア人だと発表しました。 では、今まで日本人がアイヌ民族を虐めてたのは

露国ロシア政府がアイヌ民族はロシア人だと発表しました。

では、今まで日本人がアイヌ民族を虐めてたのはロシア人だったからだったのでしょうか?

アイヌ民族は日本人ではない。と日本人も言ってたので何となく今回の発表で納得しました。

アイヌ民族は日本人じゃなかったんだ。ロシア人だったので部落と言って北海道民が軽蔑していた。なるほどと思いました。

Aベストアンサー

日本人とは、日本に戸籍がある人。先祖代々よりの北海道先住住民のアイヌも、ちゃんと日本に戸籍があります。(最近の自称アイヌは、日本国籍なしの朝鮮人ですけど)。

Q戦国時代のドラマを見てると軍議の席で武将達がやたら声を張り上げて意見交換してる場面があります。 実際

戦国時代のドラマを見てると軍議の席で武将達がやたら声を張り上げて意見交換してる場面があります。
実際の軍議もあんな大きめの声を出してたと思いますか?
当時の武将達も声が小さめの人や、言葉を噛む人とかいたと思うのですが…
普通の声のトーンで話さなかったのですかね?

Aベストアンサー

実際の軍議もあんな大きめの声を出してたと思いますか?
 ↑
そういう人が多かったと思います。
1,軍議は自己アピールの場でもあります。
 声が大きい方が目立つし、意見も通りやすいのは
 今も同じです。
2,戦国時代の武将の声はとてつもなく大きかった
 と言われています。
 広い戦場で自分の名前をCMするのですから
 大きいことが要求されたのです。



当時の武将達も声が小さめの人や、言葉を噛む人とかいたと思うのですが…
  ↑
そりゃいたでしょうね。



普通の声のトーンで話さなかったのですかね?
  ↑
徳川家康は、部下の自由なディスカッションに任せ
それろじっと聞いていて、最後は自分で決める、
そういう軍議をしていたという話があります。
声がでかくないと、主君の耳に入りません。

Q戦国時代って倒した兵士の首を証拠として褒賞を与えたりしてますけど、足軽の首もわざわざ斬って証拠として

戦国時代って倒した兵士の首を証拠として褒賞を与えたりしてますけど、足軽の首もわざわざ斬って証拠としてとるんですか?

Aベストアンサー

人間の首(頭)ってかなり重いから、一人でいくつも持てません
ですから単に雑兵を倒した数の場合は、鼻を削いで持参した
人間の鼻は、一人に一つしかありませんから人数の判定に使えます
耳を削いでいる場合もありますね
ですから、こういう供養の為の塚も存在します
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%B3%E5%A1%9A


名のある武将(兜首)の場合は、首を切り落として運びました
これは首実検という対象人物の判定作業を行う必要があったから

雑兵だと、何人?何十人レベルで集めないと勲功にはなりませんが
兜首の場合は、一つだけでも充分な功績になりますからね

Q太平洋戦争時には米軍は日本人を猿と見ていましたね?

それはもっと前から白人が黄色人種をそう見ていた思いますが戦争勃発後の米軍は日本人を猿と見ていたのでかなり残酷な方法で殺すことができたのではないかと色々な本を読むと見えてきます。B29による無差別爆撃は焼夷弾による焼き殺しですから害獣を駆除しているがごときに思えてなりません。白人から見ると有色人種は人間とは見なしていないので日本人だけが猿扱いではないと思いますが、

Aベストアンサー

ハルノートのハルは、兵士達に檄文を
送っています。

ドイツやイタリアに対しては、あいつらは
米国に来られなかった臆病者だ。

日本に対しては、あいつらは猿だ。人間ではない。
だからどんどん殺しても構わない。

これに比べれば、ルーズベルトの人種差別は
マシなほうです。

フランクリン・ルーズベルトはオランダ出身で、「有色人種への差別が格別に強かった」と、ニューヨーク州ハイドパークの大統領私邸で会談した英国のロナルド・キャンベル公使は本国に書き送っている。キャンベルが、この会談の席上、ルーズベルトから打ち明けられたのが「劣等アジア人種」の品種改良計画だった。

「インド系、あるいはユーラシア系とアジア人種を、さらにはヨーロッパ人とアジア人種を交配させ、それによって立派な文明をこの地に生み出していく。ただ日本人は除外し、もとの島々に隔離して衰えさせる」

Q中国人韓国人が嫌いなのは差別ですか? 好きになれません。

中国人韓国人が嫌いなのは差別ですか?

好きになれません。

Aベストアンサー

差別では無いです。
嫌がらせやマナーのとても悪い人達、反日の人を嫌いなのは当たり前です。
普通、暴走族やヤンキー、いじめっ子やDQNを好きになれますか?

Q歴史について教えてください!! 新幕府軍の西郷隆盛と旧幕府軍の勝海舟の交渉によって、江戸城の明け渡し

歴史について教えてください!!

新幕府軍の西郷隆盛と旧幕府軍の勝海舟の交渉によって、江戸城の明け渡しが行われ、新政府軍は江戸を占領しました。

と教科書にあるのですが勝海舟はそのあと新政府でも活躍しています。

勝海舟はどちらの味方だったのですか?

Aベストアンサー

勝はやはり幕臣です。
しかし、それ以上に有能だったので明治政府としても使わないのはもったいないという事で新政府役人として迎え入れたのだと。

Q歴史上で、世界で、一番勇気のある人物は誰だと思いますか? 又は、皆さんが知っている人物の中で、一番勇

歴史上で、世界で、一番勇気のある人物は誰だと思いますか?

又は、皆さんが知っている人物の中で、一番勇気がある人は誰だと思いますか?

Aベストアンサー

「地球は青かった」の名言で有名な、ユーリィ・ガガーリンですかね。人類史上で初めて、大気圏外へ突出して宇宙飛行した人なので。その後不幸にして事故死されましたが、やはり勇敢ならではだったからだろうと。しかしそれ以前に宇宙圏まで、勝手に放り出された実験動物たちの方がよっぽど可哀そうですけどね。

Q大坂夏の陣で真田・毛利隊が家康を討ち取ったところで、あの戦いは豊臣家の勝利にはならないと思うですけど

大坂夏の陣で真田・毛利隊が家康を討ち取ったところで、あの戦いは豊臣家の勝利にはならないと思うですけど、何故次期将軍秀忠を狙わなかったんですか?

Aベストアンサー

そうかなぁ・・・・

徳川軍が諸大名の信頼を集め求心力を保っていたのは、家康という人物がいたからでは?

たまたま徳川家は、次世代への継承が成功しましたが
織田家の場合も、豊臣家の場合も、カリスマ創業者の打ち立てた業績を次代に継承する過程で失敗しています

伊達政宗であれ、旧豊臣武断派大名であれ、家康には恩顧を感じ臣従を誓っていても
その子秀忠に関してはその能力も未知数で、必ずしも無条件に従うとは限らない

秀頼と家康との比較なら、家康の方に靡くだろうけど
秀頼と秀忠だったら、悩む武将も少なくないのでは?

まぁ夏の陣自体が、戦いの趨勢は開戦前から見えていたので
意地の見せ所、一矢報いるという心情もあって、一点突破を狙ったのでしょうけど

Q豊臣秀吉は朝鮮半島南部くらいなら支配できたのではないですか?

豊臣秀吉の朝鮮出兵ですが、朝鮮の首都(漢城)はすぐに陥落し、次に明軍との戦争になり、明・朝鮮連合軍との戦争になって最終的に撤退することになります。

でも、いくら秀吉軍が強いといっても、さすがに明を征服できる力があったようには思えません。

明との衝突を避け、目的を朝鮮半島南部の支配に限定すれば、目的が達成できた可能性が高いと思いますが、どうでしょうか。
そして、毛利や島津、徳川といった、後で逆らってきそうな大大名を朝鮮南部に配置すれば、邪魔者を追い出せますし、一挙両得のように思います。

Aベストアンサー

文禄慶長の役は征明嚮導とか仮道入明と言われたように、
朝鮮は通り道で秀吉は朝鮮を支配する意志がほぼ無いので
秀吉が朝鮮南部だけ統治するということはまずありません。
ただし、思考実験としての可能性を述べてみます。



文禄・慶長の役で、日本が明の参戦で苦戦に陥って
不利になったのは事実と言えなくはないですが、
文禄の役では碧蹄館の戦いをはじめ、第一次・二次平壌城の戦い
慶長の役では第二次蔚山城の戦い、泗川の戦い、順天の戦い等々
ほとんどの戦いで明(と朝鮮連合軍)には戦術的に勝っています。
ちなみに、文禄の役の時に碧蹄館の戦いで大損害を出した明は、
以後は朝鮮の意向を無視して講和に方針転換しています。
さらに慶長の役が終わった後、明史では

  (前略)喪師數十萬,糜餉數百萬,
  中朝與屬國迄無勝算,至關白死而禍始息
 (明史 朝鮮伝(320巻)26年11月)

  10万の兵を失い、100万の糧食を浪費したけど
  中朝(中国)と属国(朝鮮)には勝算が無かった。
  関白(秀吉)が死んだから終わってくれた。

と書かれていたくらいです。
このように、明とはそれなりの勝負はできているので、
本格的に準備をすればいい勝負はしたと思います。

余談ですが、南原城の戦いで見ても判るように
明は朝鮮南部まで軍を進めています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%8E%9F%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
講和がうまくいった場合など、状況にもよりますが、
朝鮮南部だから明が来ないというわけではありません。


日本が勝てなかった理由は兵站が続かなかったから。
(慶長の役を含めるなら秀吉が死んだから)
当時、兵糧はある程度を現地調達するのが常でしたが、
朝鮮はそもそも春窮という言葉があるくらい貧しく、
耕作に適する土地が少ないので収穫は期待できません。
戦時には日本・朝鮮・明がそれぞれ徴発したから
ますます何もなくなりました。
たとえ朝鮮南部に限定して支配しても、
長大な国境線を長期にわたって維持するのは
(明側が意図しなくても)焦土戦術となって
かなりの負担で益は無いと思われます。


ちなみに、今の韓国の歴史認識に惑わされて
朝鮮人は果敢に抵抗した事を憂慮する方が多いようです。
確かに住民の反乱はそれなりにてこずりましたが、
日本が漢城に到着した時、国王は逃走し、町は既に焼かれていて
王子二名を捕虜にしたのは朝鮮人の働きなのは有名な話。
碧蹄館の戦いに先立つ第三次平壌城の戦いで
「日本側の戦死者を調べるとほとんど朝鮮人でした」
というオチが朝鮮王朝実録に書いてあるくらい。
  是日天兵當陣斬獲一千二百八十五級、生擒二名、
  竝擄浙江人張大膳、奪馬二千九百八十五匹、
  救出本國被擄男婦一千二百二十五名。
  (中略)
  李如松 平壤之役、所斬首級、半皆朝鮮之民、
  焚溺萬餘、盡皆朝鮮之民
政策さえ誤らなければ統治できなくはないと思います。

文禄慶長の役は征明嚮導とか仮道入明と言われたように、
朝鮮は通り道で秀吉は朝鮮を支配する意志がほぼ無いので
秀吉が朝鮮南部だけ統治するということはまずありません。
ただし、思考実験としての可能性を述べてみます。



文禄・慶長の役で、日本が明の参戦で苦戦に陥って
不利になったのは事実と言えなくはないですが、
文禄の役では碧蹄館の戦いをはじめ、第一次・二次平壌城の戦い
慶長の役では第二次蔚山城の戦い、泗川の戦い、順天の戦い等々
ほとんどの戦いで明(と朝鮮連合軍)には戦術的に勝っていま...続きを読む

Q日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

Aベストアンサー

太極旗は、李氏朝鮮(高宗)時代の1883年が最初
日の丸は、1870年制定


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング