[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

豊臣秀吉や徳川幕府がキリシタン禁教令を出したのは当時のヨーロッパの教会の腐敗や汚職が蔓延していた事も1つの原因なのでしょうか?
たしか、免罪符や宗教裁判の時代と少し重なりますから可能性としてはないとは言えないと思いますがどうなんでしょうか?

A 回答 (7件)

豊臣、徳川時代ヨーロッパの状況何も知りません、日本のキリシタンが宗教改革するほど信仰が練られてない、庶民的なキリスト教は平等、仏教は1000年の歴史があって見聞のない知識のない庶民には安心出来る宗教、支配者にとってはこき使いやすい、キリスト教平等主義が広まれば士農工商制度が潰される、封建制度が潰される、日本の歴史の中で1000年の歴史の中で練られた仏教は、例えにしたらレコード盤からテープレコーダー、CD、キリスト教はマイクロSDカード、もう一つ対戦中レーダー知らない日本軍、徳川時代300年鎖国政策やったせいで300年脳発達が遅れてしまった、今でも300年脳の発達遅れたまま、豊臣、家康支配者の狙いは政権の安泰、500年経ってみると日本民族滅亡の先駆者、明智光秀バカの極み、信長の歴史見たかった、日本民族にはキリスト教信仰を考える土壌がないベースがない。

    • good
    • 0

それは逆です。

イエズス会は反免罪符から生じたものです。信長、秀吉、家康は一向宗という一神教でまとまり、しかも農民・庄屋・武家が統一されたときの恐ろしさを身に浸みて感じていたので徹底的に弾圧しました。
    • good
    • 0

免罪符事件などでカトリックが腐敗したので


プロテスタントが登場しました。

プロテスタントに信者を奪われたカトリックは、
信者獲得の為に、国家と組んで外国への
布教に乗り出します。
これが大航海時代です。

だから、欧米以外の国のクリスチャンはほとんどが
カトリックです。

戦国時代に来日下イエズス会もカトリックです。

カトリックは布教が目的ですから、徳川幕府に
嫌われました。
プロテスタントだったオランダとは、貿易を続けました。
    • good
    • 0

正直、1万キロかなたのバチカンが腐っていようといまいと、現代日本人もほとんど何も感じない。


直接の利害がない限り。

その勢力が直接日本の国土とかかわりを持つとなれば話は別である。
現代でも国土は勝ったものの総取りである。
時代をさかのぼればその傾向はさらに露骨になる。
せっかく「自分」(「日本人」ではない)が勝ち取った領土を他の勢力には侵食させたくない。
それが自分の地位生命を害する可能性を少しでも含むならなおさらである。

それだけのことである。
秀吉や江戸幕府がキリストを弾圧したのは、「豊臣政権」や「徳川政権」(「日本国」ではない)の潜在的・顕在的脅威であったからである。
本流は腐敗していたかもしれないが、それが政権の脅威にならなければ放置していてかまわなかった。
要するに腐敗どうこうは副次的要因にしか過ぎない、ということである。
    • good
    • 1

当時のヨーロッパの教会の腐敗や汚職は


当時の日本の坊主も同じですから、理由ではありません
信長がキリシタンを認めたのも、坊主の堕落よりバテレンの方がマシと見たのも
一つの因ですから
それをいいことに、
キリシタン大名大村純忠が、長崎をイエズス会に寄進してしまったのと
布教責任者コエリョの態度が挑発的で秀吉を激怒させたのが原因
初めは、個人で信じるのは構わないとし、わりと緩めの禁教令
しかし、
フェリペ号が漂着し、水先案内人の言動で、
「スペイン国王がキリスト教布教により他国を征服していく」
という話に秀吉は大激怒、再び禁教令、「その者の心しだい」としたが
完全に禁止
    • good
    • 0

秀吉は島津氏が「惣無事令」に違反したとして、キリシタンが多い九州に遠征しましたよね


このときに見た、キリシタンが死を恐れずに権力側と戦う光景が、天下を安定的に治めるにはおおいに支障になると恐れたようです。
なにより、室町後期(戦国~安土桃山)の時代、戦続きで外国人からは日本人は戦上手と見なされていました。だからポルトガルあたりは、これを力ずくで征服するのは困難、そこでキリスト教徒の力を利用して日本を乗っ取ろうと企んでいたようです。
そのことを知った秀吉は激怒。禁教と言う流れになったようです。
徳川氏はこの秀吉の政策を踏襲したという事になります
しかし、島原の乱で徳川施政に不満を持つ浪人風情が、キリスト教の日本人カリスマを担ぎ出して(利用して)権力側に抗うという事件が起きてしまい、幕府はこれを鎮圧するのに苦労します。
秀吉の心配が、徳川の世になって具現化してしまう事になったのです・・・
    • good
    • 0

腐敗や汚職というのは、どちらかと言えば、個人や組織としての自己中心的な利益の追求になります。



そうでなくて、当時の(今も)布教活動というのは、実効支配の為の第一歩でもありました。『私は、この正しい神様の教えを、野蛮な異教徒たちに広める為なら、命を賭けてジパングに行きます』みたいなピュアな馬鹿が、一定数いるので。

まず布教して、精神的に『なんだ豊臣よりローマ皇帝や、スペイン国王の方がすごいんだな』という日本人が出てきたら、そこが実効支配の始まりになります。神父と一緒にやってきた商人が武器を売り始め、内乱誘発を始め、『分割して統治せよ』により国家分裂が始まります(明治維新は国家分裂の一歩手前でした)。

また豊臣の場合、当初は織田の考えを継いでキリスト教の布教を認めていたものの、大勢の日本人が奴隷として輸出されている現状を知り、激怒して禁教に変わった、と言われています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクリスチャンではない日本人の意識について 私はクリスチャンではないのですが、よくさまざまな教会へ行き

クリスチャンではない日本人の意識について

私はクリスチャンではないのですが、よくさまざまな教会へ行きます。
教会によって違った特徴があるのでそれを目的に見に行っているといってもいいかもしれません。

今回は旅行先の沖縄で日曜礼拝に参加しました。
そこは観光地なので、会う人達に「今日はどこへ行ったの?」と聞かれるので、普通に礼拝に行ってきました。と伝えると、ワンテンポおいてから「へぇ、、、」みたいな返事になってました。(その後で、クリスチャンだったんか…と影で言われました)また、その教会の道中、道を聞いたりすると地元民でも「ちょっとそこはよくわからないかな」といって濁されてる感がありました。

私は宗教関係は特に何も意識することはないのですが、日本人的には気にしちゃうのでしょうか?地域差とかあるのでしょうか?もしかして、タブーだったりするのでしょうか?

沖縄は教会が多いイメージがあって、他の県より抵抗みたいなのが少ないと思っていたのですが、そんなことはなかったみたいです。

詳しい方教えていただきたいです。

Aベストアンサー

私は沖縄県民ですがキリスト教だけが偏見があるのでは無く、布教活動のある宗教に良い印象が無いと思います
私は歴史的な寺社仏閣を巡る事は私も好きですし、遺産的な価値のあるイタリアの教会には憧れもあるので貴女の気持ちはわかります。
しかし信仰心もマナーも無くパワースポットと呼ばれる場所へ行けばご利益があると勘違いした有象無象の観光客と一括りにされると嫌だなとも思っています。
日本だと人の信仰は自由だけど関わりたくないと思うのが大多数かと思いますが、そ
私は沖縄県民ですがキリスト教だけに偏見があるのでは無く、布教活動のある宗教に良い印象が無いのだと思います
日本では他人の信仰は否定しないけど勧誘してくる宗教には関わり合いたくないのが一般的ではないでしょうか?
単純に沖縄は戦争で死体がゴロゴロあったので死体置き場の後にアメリカ人が建てた教会が結果的にゴロゴロあるだけだと思います。
なので慰霊碑的な宗教施設だと思うんですね。礼拝は洗礼を受けた家族が習慣で通うようなイメージです。

Qプロテスタントの者です。よく道で屯しているエホバの人達が、プロテスタントやカトリックの信者のことを悪

プロテスタントの者です。よく道で屯しているエホバの人達が、プロテスタントやカトリックの信者のことを悪魔扱いしているという話を元エホバの人から伺いました。本当なのでしょうか?ご存じの方、いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

本当みたいですよ。自宅に布教活動しにきたエホバの人に「私は無宗教だけれども、信仰するとしたらカソリックだ」といったら、そういってました。

Q外国では無宗教の方は何をしでかすか分からない危険な奴と思われるそうですが、テロのニュース等を見ると宗

外国では無宗教の方は何をしでかすか分からない危険な奴と思われるそうですが、テロのニュース等を見ると宗教に入っている人達の方がよっぽど危険に思えます。

どうして無宗教は危険な奴と思われるんでしょうか?

Aベストアンサー

たぶんあなたの言っている文化圏は欧米のキリスト教文化圏だと思うので、それを前提にしますが、ポイントは二つあると思います。

①日本人の「無宗教」に対する誤解。
②キリスト教徒の、非キリスト教徒に対する偏見。



①の説明。

日本人の「無宗教」とは、純粋に「信仰する宗教がない」と言う意味であり、他の宗教の存在を否定する意味ではありません。しかし、海外で言う無宗教は、一神教のキリスト教やユダヤ教、イスラム教の神の存在を否定する思想だと思ってください。

日本人の思う「無宗教」とは、海外で言うところの不可知論者に似ます。
不可知論者は特定の宗教を持ちませんが、他人が信じている神を否定し、他の宗教を攻撃する事もしません。
しかし、海外で言う無宗教論者は、特定の宗教を持たないのは同様ですが、他人が信じる神を否定し、他の宗教を攻撃します。

言い方を変えれば、不可知論者は信仰の自由を侵害しませんが、無宗教論者は信仰の自由を侵害します。人権と聞くと、日本では宗教問題はあまりイメージされないでしょうが、海外でいう人権とは信仰の自由がメインになります。

あなたは、無宗教者を信仰の自由を侵害する思想だと思っていないので、このような疑問を抱くのだと思います。信仰の自由を侵害する思想は、特に海外では危険視されます。



②の説明。

①では本来の無宗教の説明と、その危険性について語りましたが、キリスト教徒の非キリスト教徒への偏見も問題があります。あなたはどの国のキリスト教の事か明言されていませんが、仮にアメリカとします。

アメリカは実は宗教色の強い国で、非キリスト教徒への偏見はかなり強いです。例えば、日本人女性がアメリカに留学した時に、キリスト教の牧師に「あなたはキリスト教を信仰していないのに、あなたには道徳心がある。理解できない。」と言われたそうです。彼らは、キリスト教徒しか道徳心は持っていないと考えています。

日本人で、「神道、或いは日本仏教の信者でしか、道徳心を持つ事はありえない。」という思想の人は、探すのも大変でしょうし、もしもいたらその人は相当なキ○ガ○です。

しかし、アメリカでは、「キリスト教徒しか、道徳心を持たない。」と言う思想は珍しくなく、普通の牧師でも結構います。そういう人からすれば、仏教徒でもそう思うのですから、キリスト教の存在そのものを否定する無宗教論者などは、許しがたく危険な連中と思うでしょう。




参考までに。

たぶんあなたの言っている文化圏は欧米のキリスト教文化圏だと思うので、それを前提にしますが、ポイントは二つあると思います。

①日本人の「無宗教」に対する誤解。
②キリスト教徒の、非キリスト教徒に対する偏見。



①の説明。

日本人の「無宗教」とは、純粋に「信仰する宗教がない」と言う意味であり、他の宗教の存在を否定する意味ではありません。しかし、海外で言う無宗教は、一神教のキリスト教やユダヤ教、イスラム教の神の存在を否定する思想だと思ってください。

日本人の思う「無宗教」とは、海外...続きを読む

Q仏教にも、キリスト教にも、イスラムにも、おみくじはありませんが、なぜ、神道には、おみくじがあるのでし

仏教にも、キリスト教にも、イスラムにも、おみくじはありませんが、
なぜ、神道には、おみくじがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

他の宗教では、たいてい代表取締役的なリーダーは1人ですが、神道は、八百万の神という言葉にあるように数多くのリーダーが存在します。

他の宗教ではリーダーが明確なため、お願いごとをリーダーに届けるのが比較的容易ですが、八百万の神々にお願いしたところで、その願いが叶うか否かは不確定です。

不確定なことなので、願いが叶うか否かを判断する占いのような仕組みが発達したのだろうと推測されます。

神道では、願いが叶うか否かはわからない。でも叶うか否かを知りたい。そんな方々のために、おみくじがあるのでしょう。

Qアメリカが過去の戦争で最も苦戦した国は日本でしょうか?

なぜなら、最終奥義(原子爆弾)まで使わせたのですから。
今のところ、アメリカが核を使用した国は日本だけです。
ドイツにも、ソ連にも使っていません。

Aベストアンサー

日本だと思います。

「苦戦」が何を意味するのかによっても異なりますが、少なくとも「陸海空の総力戦」を行ったのはドイツと日本だけ、ドイツが主にイギリスとソ連が主敵国だったのに対して、日本はアメリカと太平洋の広範囲な領域で戦争を行っていますし、日系人を排斥する必要があるぐらいアメリカ国内の生活にも影響を及ぼしているからです。

Qわれら日本人は 母語たる日本語を知らなすぎるのではないか

1. かつてエズラ・フォーゲルは 日本人は英語が下手だとはっきりと書い
ていました。
 
2. われら日本人が 外国語をその母語のいわゆる教養ある話し手と同じく
らいに習得したという事例(人数)が少ないと思われるのは われわれの母語
たる日本語についてよく知らないことから来るのではないか?

3. これが 問いです。



4. 知っていれば外国語を覚えるのにも役に立つような文法を知らない。

5. 動詞の活用がどのようにして成り立っているのか。これが あいまいで
ある。活用形を暗記しているだけだ。

6. 終止形とは どういう法( mood )なのか。つまり 話し手のどういう
気分や意志で言い出されている活用形なのか。これを知らない。文がその形で
終わるから 終止形だというのみ。

7. ならば 命令形だって 文を終始させているのではないか。

8. そしてこの場合は はっきりと《主観の要望〔としての命令〕》の気分
(= mood :つまり命令法)で言っている〔から 命令法に活用したと言う〕。

9. 未然形が 不定詞に当てはまる不定法( infinitive mood )だと知れば 
ただちに世界標準に立てる。

10. 《未だ然らざるかたち(つまり 動きがまだ定まっていないし 定め
ないかたち)にその動詞を置く気分》。つまり まだその活用を決めていない
(定めず)のだから 不定法なのである。いわゆる英語の《 to 不定詞》であ
る。

11. そのあと: 

・ 行か(不定法)-ない(否定法)( do not go ) だとか 
・ 行か-む(意志法( will go);推量法) あるいは 
・ 行か-ば(仮定条件法)( if he go, ) だとか

に活用するのだ。

・ 行か‐し(ソレと指定する断定法)⇒ゆかしい(近くへ行きたい気持ちだ)

cf. ▲ weblio 辞書:ゆかしい:《動詞「行く」の形容詞化》
https://www.weblio.jp/content/%E3%82%86%E3%81%8B%E3%81%97%E3%81%84



12. 気分ないし意志のヱクトルで決まるのが 用言の活用。つまり自己表
現のあり方。言葉を使っての人生の歩み方・つまり文体。つまり 実存の仕方
である。



13. 文法だけに限らないであろうが たぶんこのような視点(それが お
そらく哲学)としての常識そしてグローバル化が必要なのではないか。

14. そうすれば われら日本人は ふつうにまじめでそれなりに優秀なの
だから うんとほかの言葉の習得は早いはずだ。


(15. 使用言語としては ものになるところまでは高め得なかった人間の
もらすひと言ふた言ですが)。

1. かつてエズラ・フォーゲルは 日本人は英語が下手だとはっきりと書い
ていました。
 
2. われら日本人が 外国語をその母語のいわゆる教養ある話し手と同じく
らいに習得したという事例(人数)が少ないと思われるのは われわれの母語
たる日本語についてよく知らないことから来るのではないか?

3. これが 問いです。



4. 知っていれば外国語を覚えるのにも役に立つような文法を知らない。

5. 動詞の活用がどのようにして成り立っているのか。これが あいまいで
ある。...続きを読む

Aベストアンサー

あなたの理論だと、日本語に堪能なら外国語にも堪能とゆうことになりますか?
日本語に堪能でもドイツ語ができない人はいっぱいいるし、日本語が怪しい人でも外国語には堪能な人もいますよ。
日本語と英語、ドイツ語、フランス語では文法も発音もまるで違うので連関性は無いでしょう。
しかし、最近は、ここの質問でも日本語になってない、日本語が間違っている文が増えていて嘆かわしいのは確かですね。

Qイスラム教とキリスト教に関する質問です。 私は日本人のクリスチャン、男性ですが、先日ムスリムの同僚か

イスラム教とキリスト教に関する質問です。
私は日本人のクリスチャン、男性ですが、先日ムスリムの同僚から「今度、女の子紹介してあげる」と言われてやや浮かれ気味のですが、話をよく聞いてみれば相手の女の子もムスリムとのこと…
同僚としては結婚を視野に入れたお付き合いとしての紹介のつもり、だというのです。
クリスチャンの男性とムスリムの女性は結婚する場合、非ムスリム側が改宗しなければならないと聞いたことがあるのですが、男性がクリスチャンの場合もそうなのでしょうか?

Aベストアンサー

私はムスリムです。
まずクルアーンには多神教徒との結婚は明確に禁じられていますが、啓典の民(キリスト教徒とユダヤ教徒)についてはクルアーンでは明確に禁止されていません。
ただ、イスラーム社会の流れとして男性がムスリムの場合、女性がクリスチャンでもOKで、女性がムスリムの場合、男性もムスリムに改宗が必要という見解が多いようですが、ムスリムの家族は結婚相手もムスリム…つまりイスラームへの改宗を望む場合が非常に多いんです。
私のアフリカ人の友人もムスリムの女性と結婚しようとした時、相手の親にイスラム教にならないなら結婚は許可できないと言われ、結婚を諦めた人がいます。
でもここは日本です。
日本人はビザや金銭面でカモになりやすいので、そこらへんは注意した方がいいかも…。

Q「日本は・・・」、「日本人は・・・」”という言葉を使用できるには、どの位の外国人と交わらねばならない

このカテで、「日本は・・・」、「日本は・・・」”という言葉が使用されています。(一般的には、否定的な内容が多いようですが)
ところで、このような言葉を使えるには、外国へどの位訪問(見物・居住)したり、どの位の外国人と交わらねばならない、のでしょう?(もちろん、その軽重や深浅があり、一律はいえませんが)

Aベストアンサー

当人が希望して別の土地に赴く場合、土地や風土、文化、人に期待しているので、得てして「痘痕も笑窪」になりがちです。相手からしても、一過性のお客さんなので地は隠して笑顔で振舞うでしょう。
行った人が飽きて、その土地の人も来訪者に気を遣わなくなってから、初めて一過性でない気候や、風土慣習、文化、価値観などに触れるわけです。最初の期待は裏切られ、互いに地金が見え隠れし、上っ面でない会話になり、それでもその土地や人が好きか嫌いか段々と分かってきます。そこで諦めずに更に滞在すると、妥協できるかどうか互いに距離を測り始めます。

イメージ的には、「憧れ」→「真実が見えてガッカリ」→「でも、意外と良いところもあるね」 or 「あー、やっぱ駄目だわ、ここ」という流れです。ここまで行けば、さすがに自分が生まれ育った土地や文化、風習、価値観と、やっと比較ができるようになります。もちろん憧れからだけ始まるわけではないでしょう。仕事での赴任だから仕方なくということもあるでしょう。そうなると最初は「不安」だとか「疑念」から始まり、「でも、意外と良いところもあるね」とか「やっぱ、思った通りだわ」になり、「それでも・・・」という流れになるのではないでしょうか。

何にせよ、こういう比較ができるまでには、最短で半年、最長で5年ぐらい、下手をすると、子供が地元の学校に通うようになって初めて知ったとかもあるでしょう。時間もかかりますし、その土地での関わり方も関係します。

それでも「日本は・・・」、「日本人は・・・」とまともな比較論を語るには、そういう経験が一箇所とか一カ国では不足しています。個人的にはそういう対象は3つ以上あるべきだと思います(日本を含め4つで比較)。同じような文化風習のところではなく、例えば経済という視点で語るにしても、ニューヨークや上海などの動きが激しいところ、インドやマレーシアのように独特な地域性があるところ、アラブ地域のような特殊な価値観で動くところ、発展途上国というより後進国といった方が適切なところぐらいのパターンを経験しないと、本質的な会話にはなりません。よって、ほんの一部の分野に絞ったとしても、多分、最低で3年、可能であれば20年ぐらいの時間は見た方が良い気がします。

もちろん、ニューヨーク、ロンドン、フランクフルト、香港のように敏感で動きが早いところと比較すれば、日本が敏感であるか、日本の動きが早いかという比較論はできるとは思います。

「日本は・・・」、「日本人は・・・」に限らず、「アラブ地域は・・・」、「アラブ人の思考は・・・」なんて騙るジャーナリストもいますが、原理主義的な地域と世俗主義的な地域では全く違いますし、宗派によっても、近隣の国との友好度合いによっても、呆れる程、幅があります。それとて表の顔で、外国人や異教徒には見せない顔もありますから、一括りにしている時点で「うーん、底が浅い」と看過されます。いえ、別にアラブじゃなくて、「アングロサクソンは」とか「インド系の民族は」とか「東南アジアでは」とかに置き換えても良いんですよ。

>(一般的には、否定的な内容が多いようですが)

否定、批判をするには、より多くのサンプル、より多くの経験、より長期スパンでの比較ができないと難しいでしょう。それができていない癖に批判ぶったり、挙句、自分の足元である日本の知識、理解が不足していたりすると、識者のみならず敏感な人にそれを直感的に察知され「こいつw、浅いな」と見透かされる訳です。
また、こういう言い方をする人は「インドネシアと比べて日本は」とか「パナマ人と比べて日本人は」とは言いません。仮にスペインと比較する人がいればキーワードは「情熱」だったり、イタリアと比較する人がいればキーワードは「デザインセンス」だったり「享楽性」とかだったりしますが、そもそもそういうステレオタイプな捉え方から抜け出せずに無分別に批判しているようですと、「うーん、こいつwww」と思われたりします。思われている人はそんなこと想像だにしていないでしょうけど。
ドイツの職人的工業製品と日本の大量生産工業製品の比較で批判しているような人は、実は日本人には多いような気がしますが(しまった、私自身も「日本人は・・・」を言ってしまったw)、単に工業そのものの考え方の根底に根ざしたアプローチの違いであって、どっちが好きか嫌いかはともかく、実はどっちが優れているという結論には至らない方向違いの議論だったりします。

当人が希望して別の土地に赴く場合、土地や風土、文化、人に期待しているので、得てして「痘痕も笑窪」になりがちです。相手からしても、一過性のお客さんなので地は隠して笑顔で振舞うでしょう。
行った人が飽きて、その土地の人も来訪者に気を遣わなくなってから、初めて一過性でない気候や、風土慣習、文化、価値観などに触れるわけです。最初の期待は裏切られ、互いに地金が見え隠れし、上っ面でない会話になり、それでもその土地や人が好きか嫌いか段々と分かってきます。そこで諦めずに更に滞在すると、妥協...続きを読む

Q80代の人が「これからは生き方を考えて生きたい」と言っていました。 遅すぎでは?と思ったのですが、

80代の人が「これからは生き方を考えて生きたい」と言っていました。

遅すぎでは?と思ったのですが、

皆さんは何歳のときに、これからは生き方を考えて生きたいと思いましたか?

で、生き方を改めたあと振り返ると良かったですか?

悔い改めて悪いように人生が転げ落ちるというのは聞いたことがない。

これは悔い改める=人生の諦めなのかも知れない。

人生を諦めたのであとは好転しかない。

何歳のときに皆さんは生き改めるのか知りたい。

そしてなぜそのときに悔い改めようと思ったのかきっかけも知りたい。

Aベストアンサー

厳しくて笑った。
80代の人もまだまだ生きるつもりですよ。

正直、今まで「生き方を考えて生きたい」ということはないですね。
受験、就職、子の誕生、親の死去
それぞれの出来事で過去や未来を考えていますし、
生き方も年末年始や長期休暇で都度考えている(ぼやっとですが)感じですね。

お役にたてませんでした。

Qキリスト教の宗派

僕は、キリスト教徒で、福音派なのですが、たまにカトリックではないかと思うことがあります。福音では神と直接お話することができるという考えらしいのですが、神と直接話せる訳がないとたまに思ってしまいます。しかし、聖母マリア様などとは話せるのではないかと思ってしまいます。こういうときに自分はカトリックではないかと思うのですが、カトリックは決まった言葉を唱えるお祈りをすると聞きましたが、僕が祈りを捧げるときは、決められた言葉でなく、自分の意思を伝えます(感謝の言葉やどうしてくださいなど)。こういうときやはり僕は福音だと思うのです。教えてください。僕はどちらの人間だと思いますか?因みに母は福音で、父は分かりませんが、父の姉妹は全てカトリックなので父もカトリックじゃないかと思います。

Aベストアンサー

あなたの為に十字架に架かって死なれたのはマリアではなくてイエス様で、とか言いたくなる私は福音派ですが私はパウロ派、あなたはアポロ派、いいや、ペテロ派、みたいにイエス様の体を分断せずに一致しましょう、それが神の御心、とは聖書にあるから(と何かと聖書はこうだから、も福音派の特徴ですが)祈りは神との直接対話で毎日されているのではないでしょうか?お父様側からカトリックの流れもあるのかと思いますが、どちらか決めなくても良いのでは?通ってる教会のスタイルはどれかでしょうけど、自分はこっちだ、あっちだ、は御心とは違う気がします。カトリックの人とも私は仲良くしていますし、どちらかと言うと自分は聖霊派的な福音派、と思っているのでカトリックと福音派が集まる聖霊派のミニストリーにも牧師の許可を得て参加したりもしています。イエス様が神のひとり子で、と認める聖餐式前の使徒信条なんかはカトリックだと違うんでしょうか?同じじゃないのかな??主を見上げましょう。思い煩いに主が答えてくれていつか何かでスッキリ解決するようイエスの御名によってお祈りします。アーメン


人気Q&Aランキング