私は前に出会いサイトの自動登録で困ってしまい、ここで質問したんですけど・・。そして皆さんから無視した方がいい!と教えてもらって無視してたんですよ。そして2ヶ月くらいメールが来なくて・・。
そしたら急にまた、メールがきて『契約期間90日過ぎ自動更新です振込確認出来ません確認の上至急振込下
さい』ってきてこれも無視したら『10日以内にお支払い確認できない場合提携 分の料金も発生いたしま
す』ってきてこれも無視したら次に『入金確認ができません 早急にお支払い下さい。延滞金が更に加算され
ます』ときて最後に『振込口座 ***銀行 **支店(普)******* 問合せinfo@****.be』
ってきました。もうこれはどうしたらいいですか??無視しても本当に平気ですか?とてもこまっているので早めに教えてください!!お願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

支払い義務が発生するには貴方の(消費者)了承(意思)が必要なのです。



たとえば携帯のアプリ等でも必ずOK?ってしつこい位聞いてきますよね?それはこのサービスを購入する意思は有りますか?って確認なんです。

レンタルビデオ店で販売するのは物ではなくて貸し出す期間ですよね?消費者に売る物はレンタルする期間で物ではないけれどレンタルする時は必ず自分の意志で申し込みをして、選んでレンタル期間に対するお金を払う事に納得して支払いますよね?

もし入店した途端に「はいお客さん店に入ったでしょ?もう登録されてるからお金払ってよ」って言われたら「何言ってんだ?物も借りてない上に登録した覚えもねぇ!」って事です。

コンビニ入った途端に勝手に籠に物入れられて勝手にレジ打ちされて、お金請求されて支払っておまけに物貰えないなんて事もないでしょう?

同じ様に誰もがクリック(入店)してしまう様なつくりにだけしておいてサービスなし(商品)料金の提示もしてなくて、サービスが有っても購入の意思表示も無いのに何でお金支払う義務が生じるの?って事です。

料金の提示をしてなくて、フラッと入った銀座や六本木のクラブでは大金取られますが、通常お客さんはその事を了承して来ますし解らなければ料金を確認する事もできますよね?値段がバカ高いのがステータスになって尚且つ女の子や男の子のサービスがあるからお金を払う事に納得してるから支払うのであって無理やりつれてきてたら暴力バーで捕まります。

なのでフラッと入っただけのサイトにお金を支払う義務は無い。有ったらおかしいでしょう?訳輪から無い所にガンガン言えば怖くて払うのを狙ってるだけの違法行為^^
安心して警察に通報して後は無視して下さいね^^v
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそうですね!!わかりやすい文で読んで本当に安心しました!!こんなにこの質問に対し相談に乗ってもらい本当に感謝しています!ありがとうございました☆

お礼日時:2004/11/18 17:38

#1 #6です。


Cメールって事はauの携帯電話ですね?

▽au 迷惑メール・電話でお困りの方へ
http://www.au.kddi.com/notice/meiwaku/index.html


また、質問者様のケースはこのauのサイトの「よくある質問」のこのケースにあたります。
http://www.au.kddi.com/notice/meiwaku/faq/answer …
Q 興味本位で、迷惑メールに表示されている広告サイトをクリックしてしまいましたが、サイトを見ただけで登録が完了しましたとの表示になってしまいました。
登録するつもりはないので、取り消しをしたいのですが、どうすればいいのでしょうか。


A 迷惑メールで広告されているサイト (URL) には絶対に接続しないでください。ワンクリックで強制加入になる場合があります。
また、いかなる場合でも、サイト側に連絡をとるような行為はやめてください。相手に存在を知られ、カモリスト (騙されやすい人のリスト) に登録されてしまいます。
結果として毎日のように請求メールを送りつけられ、執拗に請求されるとの報告があります。十分にご注意願います。


他の「よくある質問」欄にも目を通しておいて下さい。必ずメールに返信してはいけない事や、電話番号や機種名が何故クリックしただけでバレるのか、バレて心配がないのかも書かれています。


また、対策としては、Cメール機能を取り外す事が出来ます。基本的にauのCメールは家族間でのメール以外はEZwebのe-mailより料金が高いので、メールアドレスさえ知っていれば、使う必要は全くありません。
家族間で無料でメールしたいのでなければ、Cメール機能自体を取り外して下さい。
お客さまセンターに電話すると外せます。
auのケータイから157へ発信すると通話料も無料で繋がります。


また最近の機種では、Cメールを電話帳に登録されている電話番号以外からのCメール一括拒否が出来るそうです。
最近の機種なら、その設定をしておけば家族間とも無料でメールができて、変な迷惑メールを受け取る事もなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに真剣に考えてくれてありがとうございます!!
とりあえずまずauショップでcメール廃止してもらいます!!本当にありがとうございました!!

お礼日時:2004/11/18 17:36

法律的にはEメールでの催促は効力がありませんが、これは自由債務と言って 万が一 sesesさんが払ってしまったら取り戻すのは先ず不可能です。

sesesさんも納得して払ったと看做され、これで取引が完了しているからです。
私でしたら、無闇にプロバイダーのEメールアドレスを教えません。なるべく、フリーメールのアドレスを使います。

結論としては 無視してください。決してクレームのや問い合わせなどの返信はしないでください。
    • good
    • 0

No.4です。



債権者 - 貸主

債権者としてカタカナ書きのみで住所、固定電話も無しなら、架空請求の詐欺です。

警察に届けましょう。

E-mailは来続けるでしょう。  受信拒否出来ればして、出来なければ完全に無視、即ごみ箱にいれましょう。

何も恐れることはありません。
    • good
    • 0

#1です。



いくら消費者センターに相談してもメールは来ますよ。

業者が諦めるか、逮捕されるかしない限り。


だからといってメールが来たからといって、支払い義務がある訳ではないですし、拒否設定していて届かなかったから払わなくても良い、というものでもないでしょう。


請求されているから支払わないといけないのでは?と不安な気持ちもわかりますが、そんな馬鹿な事はありません。また、もし支払うと逆にまた「ひっかかりやすいカモ」とみなされてカモリストに載ってしまうので同様の請求が増えます。


とりあえず、メールが来るのが嫌ならば拒否設定をされては???


基本的に無視でよいのでしょうが#5さんの同意権で、この悪徳業者は、支払ってくれなくても無視で済んで、警察に捕まる心配がほぼないから減らないんです。

逐一 警察&消費者センターに報告して下さい。


そうしないとこの詐欺は減らないですよ。

この回答への補足

真剣にお返事してくれて本当にありがとうございます!!受信拒否(cメール)でしてるんですけど、受信拒否すると違う番号からまた同じ請求メールが来るんですよ。これはもうどうしようもないですよね??笑

補足日時:2004/11/17 22:57
    • good
    • 0

無視してはいけません。

直ちに印刷し最寄警察の「生活防犯課」に届けましょう。FAXでも郵送でもOKです。

警察は直ちにその口座を閉鎖させ、以降の被害を食い止めます。
私はそうやって警察からとても感謝されました。

相手の言い分?効力あるわけないでしょ、確実にこちらに届きかつあなたが見るとは限らないのですから。

本物だったら特別送達か内容証明郵便、いずれにしろ郵送で書留で来ます。メールが督促の証拠になりますかいな。

この回答への補足

やはり警察ですか!!携帯からきたメールをそのまま印刷すればイイんですか?それをした後はメールがこなくなりますかっ??

補足日時:2004/11/17 21:07
    • good
    • 0

無視しましょう。

  十中八、九詐欺です。

きちんとしたところ(法人,個人を問わず)なら、請求、催促、督促を文書で送って来ます。

因みに、そのe-MAILには
債権者名、債権者住所、固定電話番号等記載されていますか。  無ければ架空請求と判断して先ず間違いないでしょう。

心配で仕方なければ、消費者相談センター、警察、弁護士会等で相談されたら、ちゃんと対処方法を教えてくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

債権者名って言うのは・・。
名前は、ヤマダヒロユキって書いてありました。
他は住所も番号も何も書いてなかったです!!

お礼日時:2004/11/17 19:18

無視しましょう。


消費者センターでも無視しか指導してくれません。
メールなんて一切怖くありません。

ただし裁判所からの通知がきたら『ただちに』消費者センターに相談しましょう。
裁判所の通知は必ず『特別送達』で郵送されます。
    • good
    • 0

無視してください。

大丈夫です。

無視するとまずいことになるのは、裁判所から「あなたが訴えられてますよ」とメールが来た時だけです。(同じような内容だとしても、裁判所以外の名義で来た時はニセモノですので無視してしまって構いません)

ちなみに私のメールアドレスは、そういう詐欺業者の名簿に載ってしまったらしくって、ここ1年くらいずっと、1日5件くらい架空請求のメールが来続けています(w
もちろん全て読まずに捨ててます。1年たっても何もないですよ。
    • good
    • 0

消費者センターに相談して下さい。



ここで質問して無視して解決しなかったんですよね?

またここで質問して無視して下さいって回答があっても信用できないですよね。


ココで聞いても責任の持てない回答しか出来ないので、あてになりませんよ。


心配で心配でたまらなければ、プロの消費者センターに相談しないと意味ないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日消費者センターに相談してきました!!!そこでも同じようにここで皆さんが言ってくれた無視したほうがいい!!と言われました♪後1~2回は来るかもだけど絶対に無視しなさいっていわれました!!皆さんにここで相談してとても安心しました。本当にありがとうございました★

お礼日時:2004/11/18 17:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q!!東京で裁判の傍聴がしたい!!

大学のレポートを書くために最高裁判所か東京の高等裁判所か地方裁判所で傍聴したいと思っています。
授業の関係で、6月6日金曜日の1時半に裁判所に着く予定です。
大学1年生のため、必修科目が多くて、こんな時間にしか行けません。
こんな遅い時間からでも裁判は傍聴できるのでしょうか?

Aベストアンサー

霞ヶ関駅で降りて裁判所寄りの出口を出るとすぐ右手にあるでかい建物が東京地裁(高裁)です。
金属探知機がついたゲートをくぐると正面のカウンターに今日の裁判という冊子がありますから刑事裁判の冊子を選んで面白そうなのを探しましょう。いくつでも見れますから入って面白くなければ我慢せずにすぐ移りましょう。いくつも同時にやっています。ただ、入ったり出たりする際は裁判の迷惑にならないようそっと出たり入ったりしなくてはなりません。中には入場料を払いたいくらいドラマチックなものもありますが、反対に検事が難しい文章を朗読しているだけみたいなつまらないものもあります。
最高裁も一度見学することをおすすめします。ただしこれは一回だけでいいです。ちっとも面白くないです。でもさすがは最高裁です。奥の入り口から厳かに12名の裁判官がしずしずと現れ音吐朗々と裁判長が判決文とその理由を読み上げます。これだけの法律の権威たちが一生懸命検討した結果出した判決です。たとえ間違っているとしても「これが正義だ」みたいな演出効果があります。人を裁くって重いんだなあと思わされます。でも半日じゃ、両方は無理だね。取り合えず地裁でしょう。

霞ヶ関駅で降りて裁判所寄りの出口を出るとすぐ右手にあるでかい建物が東京地裁(高裁)です。
金属探知機がついたゲートをくぐると正面のカウンターに今日の裁判という冊子がありますから刑事裁判の冊子を選んで面白そうなのを探しましょう。いくつでも見れますから入って面白くなければ我慢せずにすぐ移りましょう。いくつも同時にやっています。ただ、入ったり出たりする際は裁判の迷惑にならないようそっと出たり入ったりしなくてはなりません。中には入場料を払いたいくらいドラマチックなものもありますが...続きを読む

Q行政事件訴訟の無効等確認における予防的無効等確認と補充的無効等確認の相

行政事件訴訟の無効等確認における予防的無効等確認と補充的無効等確認の相違・具体例

行政事件訴訟法36条の解釈につき、一元説と二元説があり、判例・通説である二元説を採ると、予防的無効等確認と補充的無効等確認が並列的に存在することは分かります。また、予防的無効等確認においては補充性が要求されないのも分かります。

Q1

しかし、実際問題両者はどんな具体例があり、どう違うのでしょうか?どうも事例を見ると、全部、予防的無効等確認でいけるのではないかという気がしてならないのですが。

Q2

最判昭和51年4月27日によって二元説が確立したようですが、その事件(課税処分を受けているものが滞納処分をおそれて無効確認)においては文献による分類上は予防的無効確認なのに、判決文では補充性を検討しています。なぜでしょうか?

Q3

もんじゅ原発訴訟(最判平成4年9月22日)は文献上も補充的無効確認になっているし、判決文でも補充性が検討されていますが、「原発設置許可で生命・身体に被害を受けるおそれがあるから無効確認」という事案である以上、予防的無効確認と考えるべきではないでしょうか?

Q4

換地処分の無効確認の例(最判昭和62年4月17日)も、文献上も補充的無効確認になっていますし判決文でも補充性が検討されていますが、「換地処分によって自分の財産権が害されてしまう」として無効確認しているのでしょうから、やはり予防的無効確認ではないでしょうか?

行政事件訴訟の無効等確認における予防的無効等確認と補充的無効等確認の相違・具体例

行政事件訴訟法36条の解釈につき、一元説と二元説があり、判例・通説である二元説を採ると、予防的無効等確認と補充的無効等確認が並列的に存在することは分かります。また、予防的無効等確認においては補充性が要求されないのも分かります。

Q1

しかし、実際問題両者はどんな具体例があり、どう違うのでしょうか?どうも事例を見ると、全部、予防的無効等確認でいけるのではないかという気がしてならないのですが。

Q2

...続きを読む

Aベストアンサー

お答えが前後しますので、関連質問を冒頭に【】で記しておきます。
(Q4についてはNo.1の方のお答えと重複してしまいました。基本的な考え方はNo.1の方と同じですので、私のは補足的に捉えていただければと思います。)

【Q1前段】
 予防的無効等確認訴訟と補充的無効等確認訴訟の具体例は、質問者の方が挙げられている3つの判決を指摘できます。

【Q1中段,Q2,Q3,Q4】
 まず、両者の相違については、以下のように説明できます。

(予)最判昭51年4月27日最高裁HP昭和50(行ツ)94(民集30-3-384)
 無効確認の対象となっている処分:上告人に対してなされた課税処分
 「原判決によれば、上告人は本件課税処分にかかる所得税及び入場税をいまだ納付していないことがうかがえるというのであるから、上告人は、右課税処分に続く滞納処分を受けるおそれがあるものというべく、したがつて、本件課税処分無効確認の訴えは適法である。」
(補)もんじゅ事件(最判平4年9月22日最高裁HP平成1(行ツ)131(民集46-6-1090)他)
 無効確認の対象となっている処分:もんじゅに係る原子炉設置許可処分
 「本件訴えは、昭和五八年五月二七日に上告人が動力炉・核燃料開発事業団に対してした高速増殖炉「もんじゅ」(以下「本件原子炉」という。)に係る原子炉設置許可処分(以下「本件設置許可処分」という。)には重大かつ明白な瑕疵があるとして、その無効確認を求める、というものである。」
(補)換地処分事件(最判昭62年4月17日最高裁HP昭和57(行ツ)97(民集41-3-286))
 無効確認の対象となっている処分:上告人の所有地に対する換地処分
 「本件訴えは、土地改良事業の施行に伴い被上告人土地改良区がその施行に係る地域内にある上告人の所有地について土地改良法(以下「法」という。)五四条に基づいて換地処分をしたのに対し、上告人が右換地処分はいわゆる照応の原則(法五三条一項二号参照)に違反し無効であるなどと主張して同処分の無効確認を訴求したものである。」
 (以上、「」内は最高裁HPの各判決文より引用)
 
(予)と(補)の違い:
 (予)は「既になされている課税処分」に引き続いて「滞納処分が予定」されている。ここでは、後者の滞納処分による損害が問題になっている。
 (補)は「既になされている設置許可処分・換地処分」に引き続く処分は予定されていない。ここでは、設置許可処分・換地処分自体による損害が問題になっている。
Q2~Q4の訴訟類型:
 以上から、Q2は予防的無効等確認訴訟、Q3,Q4はいずれも補充的無効等確認訴訟として扱われていると考えるべきです。
 
 
【Q2】補充性の意義について
補充的無効等確認訴訟における「補充的」の意味は、行訴法36条後段に言う「当該処分若しくは裁決の存否又はその効力の有無を前提とする現在の法律関係に関する訴えによつて目的を達することができないものに限り」を指します。つまり、「他の手段を使えるならそちらを使ってください。でも他の手段がないならその補いとして無効等確認訴訟を使っても良いですよ。」という意味で「補充的」と言われているのです。

そこで、上記最判昭51における補充性の判断について検討しますと、結論から言えば、本判決では補充性の検討はなされていないと考えられます。
まず、本判決が一般的に二元説を採用したと理解されているのは、冒頭における判示(最高裁HPの判決文における冒頭の下線部)によるものと考えられます。
もしも、本判決が当該訴訟における訴訟要件として補充性も検討するのであれば、本文の中(特にこの冒頭部)で言及があるはずです。しかしながら、この冒頭部分では行訴法36条前段についての言及しかなされておらず、それに引き続く部分についての言及がありません。一元説を取るにしても、そうした学説とは全く別個に補充性の要件を検討するにしても、この部分に補充性についての言及はありません。
したがって、上記最判昭51においては行訴法36条前段の要件の検討のみが行われており、同条後段の補充性の判断はなされていないものと解すべきだと思います。

【Q1後段】ここでのご質問は、結局無効等確認訴訟を全て予防的で一括すべきかというご質問(行訴法36条の文言とは離れるので、一元説とは異なる立法論としての議論)かと思いましたが、文字数を超過してしまいました。一応の解答だけ。
処分が連鎖する場合における最初の処分に対してしか(予)は使えないため、(補)に代わる機能までは有していません。したがって、(補)の意味を認めるならば予防的で一括することは妥当ではないと思います。
本来なら(補)の存在意義からのそもそも論まで必要でしょうが、別の機会に。

お答えが前後しますので、関連質問を冒頭に【】で記しておきます。
(Q4についてはNo.1の方のお答えと重複してしまいました。基本的な考え方はNo.1の方と同じですので、私のは補足的に捉えていただければと思います。)

【Q1前段】
 予防的無効等確認訴訟と補充的無効等確認訴訟の具体例は、質問者の方が挙げられている3つの判決を指摘できます。

【Q1中段,Q2,Q3,Q4】
 まず、両者の相違については、以下のように説明できます。

(予)最判昭51年4月27日最高裁HP昭和50(行ツ)94(民集30-3-384)
 無効確認の対象と...続きを読む

Q東京地方裁判所の傍聴について

初めて裁判所に傍聴に行きます。
友達の交通事故に関する裁判です。
最後まで聞いていたいのですが、平日であるため、
約30分くらいしか裁判所にいることができません。

さまざまな裁判があると思うのですが、傍聴として参加した場合、途中退出は可能なのでしょうか?
また、途中退出することは失礼にあたりますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

途中入廷・退廷ともに可能です。実際にいらっしゃいます。
あらかじめ、途中退廷するのでしたら、通路側の席に座ることをお勧めします。尚、裁判の進行の妨げにならぬ様に退廷の際はお静かに。

Q裁判係争中、相手方が不法行為確認を求めてきました。

原告の損害賠償請求訴訟で、被告は原告の請求について不法行為の確認を求める訴えをしてきたが、当該裁判で不適法として却下されました。被告のこの様な応訴は、原告の、裁判を受ける国民の権利を侵害するものであり、裁判係争中、精神的苦痛を受けた、ことへの補償を求めて追加提訴できますか?

Aベストアンサー

これは、裁判を受ける権利及び行う権利を侵害するものではありません。

権利の妨害とは、訴訟をできない状態にすることが状態的には必要ですから、今回はその訴状の内容が不適法として裁判所で却下されただけです。

追加提訴は不可能ではありませんが、裁判所が受理するかは別問題ですので、弁護士に相談して進めてください。

Q裁判傍聴希望です。毎日やっているんでしょうか?

裁判の傍聴をしたいです。
内容は何でもいいのですが平日の昼間に裁判所へ行けば何らかの裁判は毎日やっているのでしょうか?
また、やっている内容はどこかに貼り出されるのでしょうか?
裁判所のhpを見ても傍聴券があるような裁判(これは傍聴する人が多いと見越している裁判という事ですよね?)しか載っていないので、ご存知の方教えてください。

因みに裁判の数が多そうな、東京の裁判所に行きたいと思っています。

Aベストアンサー

#2さんが、「小法廷」と言っておられますが、これは最高裁のみに使われる用語であって、最高裁は審理しないこともあり不適切
でしょう。

さて、裁判傍聴で行くなら、断然東京地方裁判所ですね。事件の数が多いので、自分の好きな事件を見ることができます。
東京地裁は入場時に手荷物検査があり、凶器等を持っている場合には通報されます。

事件は、その日の朝、受付のところに、行われる事件の一覧表が貼ってあります。インターネットでは裁判の日程は公表しないようです。なお、裁判は平日しかやっていません。

初心者の方であれば、そのうちの刑事裁判で「新件」となっているものを選び、第○×号法廷かと時刻をメモします。

傍聴券の抽選がない通常の事件の場合は、入退場自由です。ただし、満席の場合は立ち見が禁止なこともあり、傍聴できません。

そして、法廷の場所に行きます。傍聴人入り口のところから入り、空席に着席します。
なお、一番前の席は証人など関係者のためにあけてある場合が多いので、そこには座らないようにします。
また、傍聴中は携帯電話の電源を切り、帽子を外してください。

Q建築確認申請の施主確認

先月、工務店との契約時に、図面を確認して、契約書取り交わしました。
工務店が、建築確認申請書を提出する間際になって、道路斜線に問題があることに気付き、設計図を変更したそうです。しかし、工務店は、施主である私に変更した図面を見せずに建築確認申請を提出してしまいました。2週間後、その図面を見せてもらいましたら、建物が、変更前より2m前方に移動してありました。その結果、自動車の駐車場が作れなくなってしまいました。工務店に苦情を言いましたら、私に見せずに、変更図面を提出したことは、法的に問題が無いと言われました。本当でしょうか?

Aベストアンサー

建築基準法第6条
「建築主は、第1号から第3号までに掲げる建築物を建築する場合・・・・確認の申請書を提出して建築主事の確認を受けなければならない。」です。
この「確認申請書を提出する」の主語はあくまでも「建築主」です。
実際に工務店などが提出しているのは「建築主の代理」として提出しているに過ぎません。実際、確認申請の手数料は建築主であるあなたが出されたでしょう。
ですから、工務店がいう「私(施主)に見せずに、変更図面を提出したことは、法的に問題が無い」というのはまったくの間違いです。
また契約書は変更前の図面で取り交わしているのですから、勝手に変更して建築することは契約違反にも当たります。
(たぶん契約書の中に「設計を変更するには両者の合意(または施主の指示)が必要」というような文言があるはずです。ご確認下さい)

Q裁判傍聴~初心者でも傍聴出来ますか??

裁判の傍聴に興味がある20代女です。

地方に住んでいて、機会があれば東京や大阪へ行き裁判傍聴してみたいと考えているのですが…

有名な事件などは傍聴券配布による、抽選だと知りました。
私が興味ある事件は、一時期少しだけワイドショーなどで特集されていたような5年近く前の事件で、今は風化気味です。

なんだか、傍聴券交付の為だけに並ぶバイトとかもあるみたいだし…
ただの一般人が少し有名な裁判を傍聴するのは難しいのでしょうか?


もう1つ質問なんですが、
「午前9時40分までに指定の場所で並ばれた方に先着順で傍聴券交付します」などあるのですが、
指定の場所など、初心者が行ってすぐわかりますか?

裁判傍聴が趣味の方は何時間前くらいに行ってるものなんでしょうか?


色々質問ありますが…よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

>私が興味ある事件は、一時期少しだけワイドショーなどで特集されていたような5年近く前の事件で、今は風化気味です。

9時40分までに行けば大丈夫です。先着順なら早く行かねばなりませんが、抽選の場合は時間までに行けばいいのです。早く行っても意味がありません。世間を騒がせている事件は傍聴希望者が多いですが、風化気味なら競争率は低くなります。抽選と言っていても実際に並ぶとあまり希望者がいないので抽選がなくなり「全員どうぞ」となる場合も多いです。同じ事件でも第一回公判と判決は注目されるので希望者は多いですが、公判は何度も何度も開かれるので空いているときがあります。

Q銀行口座開設時の本人確認法による身分確認書類について

結婚し、姓が変わり婚姻後の姓での口座開設をしようと、某銀行へ行きました。顔写真付きの身分証明書は免許証しかなく、しかし、まだ免許証は旧姓のままだったので婚姻届の受理証明書を一緒に持っていったのですが、銀行では、受理証明書は本人確認法による身分確認書類にあたらない・婚姻後の姓になったという確認ができないので無理だと言われました。受理証明書は届出人として、旧姓の夫婦2人の氏名・本籍地・筆頭者・婚姻後の本籍地・婚姻後の姓が記載されています。充分に、婚姻し、姓が変わったという証明になっていると思うのですが、いかがなものでしょうか?
 窓口の職員は、受理証明に関する知識がないようで、受理証明とは届出した時すぐに発行されるもので、本籍地等の確認をしてない状態だなどと言いやがり、それは違う旨は強く言ってきたのですが、出来ないものは出来ないとのことなので、帰りましたが・・・未だにあの職員の説明では納得できません。どなたか詳しい方いらしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

本人確認法による本人確認書類として使用できるものについては、「金融機関等による顧客等の本人確認等及び預金口座等の不正な利用の防止に関する法律施行規則」(平成十四年七月二十六日内閣府・総務省・法務省・財務省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省令第一号)という国の規則に定められています。

お手持ちの婚姻届の受理証明書は、運転免許証等の、この規則に列挙されているものには含まれていませんし、列挙した以外のものについての一般的な規定としておかれた、「官公庁から発行され、又は発給された書類その他これに類するもので、当該自然人の氏名、住居及び生年月日の記載があるもの」にも該当しないと思われます。
(ご説明の内容ですと、住所と生年月日が入っていませんね)

ですから、銀行の取り扱いは本人確認法の遵守という観点からは正当ですし、他の金融機関でも同様の扱いとなるほかはないと考えられます。

ほかの方のご意見の通り、運転免許証の氏名等の変更手続きをされるか、お住まいの市区町村で写真付きの「住民基本台帳カード」の発行を受けることが適当かと思います。

本人確認法による本人確認書類として使用できるものについては、「金融機関等による顧客等の本人確認等及び預金口座等の不正な利用の防止に関する法律施行規則」(平成十四年七月二十六日内閣府・総務省・法務省・財務省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省令第一号)という国の規則に定められています。

お手持ちの婚姻届の受理証明書は、運転免許証等の、この規則に列挙されているものには含まれていませんし、列挙した以外のものについての一般的な規定としておかれた、「官公庁から発行され...続きを読む

Q傍聴券交付の無い裁判の傍聴の仕方

東京地方裁判所で傍聴券が交付される裁判は何度か傍聴したことがあるのですが
http://www.courts.go.jp/search/jbsp0010?crtName=15

傍聴券が交付されない裁判を傍聴したい場合は、東京地方裁判所に着いたらまず最初にどこに行けば良いのでしょうか?
公判開廷予定表
http://saiban.g.dgdg.jp/schedule.html
を見ると法廷の部屋番号が書かれているのですが、部屋の前に直接行けば良いのでしょうか?

傍聴券交付の無い裁判を傍聴するまでの手順を教えて頂けますと幸いです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

勝手に入って座ってればいいです。

Q前職照会・確認の違法性。求職者からの確認について

企業での、採用時の前職照会・確認について質問がございます。

高橋さん(仮名)にて説明させていただきます。

A社に在籍していた高橋さんが、A社との労務問題で自己退職しました。
その後、高橋さんはB社で面接をしましたが。不採用になりました。

B社は、高橋さんの履歴書に書かれているA社に前職照会を行い、
A社は労務問題の件をA社寄りに(つまり高橋さんが悪いと言った感じ)
B社に伝えました。

上記のような事案は違法性は無いのでしょうか?

また、高橋さんはB社に対し、A社に前職照会をしたかを確認する方法を教えてください。
法的に効力が出る確認方法があれば望ましいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

労基法22条http://www.toyamaroudoukyoku.go.jp/search/ara/ara2.html#8  に従って出された退職証明書が、事実と反しないか確認は違法ではありません。
また、求人側からの問い合わせに、求職者への誹謗中傷が前職企業から行われての不採用か、求人側の判断のみの不採用であるかは、水掛け論ですから、違法性ありと、信じられるなら裁判で判断してもらうしかありません。

求職事情を有利に導くため、詐称を用いての求職者もいますから、求人側は、自衛手段として懲戒解雇の内規を持つとともに、事前調査も当然行います。重要部署での採用には、私立探偵を使っての個人調査も行います。これらを人権侵害と憤慨されるなら、就職しないで個人で起業されることです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報