人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

日本語を勉強中の中国人です。「頂戴」という言葉は子ども用語でしょうか。大人の人が使っても大丈夫なのでしょうか。たとえば、「あったら頂戴」とか。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

A 回答 (16件中1~10件)

「頂戴」には二通りの使い方があるようです。



1 「頂戴」で言い切る。例:「〇〇を頂戴」。「~して頂戴」
2 「する」を付ける。例:「お代金、確かに頂戴いたしました」

1の用法は話し手を選びそうです。
2はフォーマルな響きがあります。


美川憲一 「お金をちょうだい」

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご親切に教えていただきありがとうございます。いい勉強になりました。

お礼日時:2018/12/30 18:39

友達や恋人や家族なら、大人でも使いますよ。

「貰ってもいい?」「欲しい」等とも言いますが、それよりは率直なので、お互いに甘えられるようなかなり深い関係性じゃないと使えないかもしれません。子供っぽいというよりは「率直」。
目上や親しくない相手にはまず使えないです。「頂いてよろしいでしょうか」といったかなり遠まわしな表現で「ください」を言います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に説明していただき誠にありがとうございます。だいぶわかるようになりました。

お礼日時:2018/12/30 18:41

頂戴は敬語ですよ まあー日常でも使えますって

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見をどうもありがとうございます。

お礼日時:2018/12/30 18:39

代金・お金を頂戴いたします。

とは、大人も老人も言う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2018/12/30 18:38

ニッコリ微笑んで、手を出すのはアリ。

図々しいと見なされると殴られる。その時は「頂けませんか」という。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2018/12/30 18:38

>個人的に気になるのですが、頂戴は中国語ですか? それとも日本でだけ使っている言葉ですか? 中国語でも頂戴という言葉があれば、どういう意味や文脈で使いますか?



現代中国語で使うかどうかは知りませんが、中古のことばとしては、「捧げ持つ」意味はあったようです。「いただく」の意味で使うのは日本特有の使い方。(「漢字源」による)No.5のコメントにかいたように、「頂」「戴」ともに訓読が「いただき、いただく」だからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうですね。それは日本語ですね。

お礼日時:2018/12/30 18:37

他の人の回答を読んでいて、気が付きました。

「下さる」という敬語(尊敬語)には「ください」という(人に依頼する)命令形「ください」があります。それに対して「いただく」という敬語(謙譲語)には依頼するための形がありません。(いただけ?×)ところが、「頂戴する」は「いただく」の意味で使いながら、依頼する形「ちょうだい」があるのですね。この「ちょうだい」は「頂戴する」の語幹と思われますが、なぜ依頼の意味になるのでしょう。不思議です。(だいぶ前に「~してチョー」という言葉をはやらせた芸人がいました)
 人に依頼するとき、「ください」は命令形で使いたくない。「いただきます」は「宣言型」で不愉快(「お命いただきます」ヤクザ)。「ちょうだい」は子供扱いの感じ。結果的に、「~していただけませんか」否定語の使用、「いただける」という可能動詞の使用。日本語は厄介ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。日本語は難しいですね。

お礼日時:2018/12/30 18:36

「ください」のくだけた表現です。


「気心を許せる相手」にだけ使う。
同輩・友人・家族・小さな子供・目下の人などなど・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2018/12/30 18:35

頂戴、敬語の中の謙譲語では?、大人ならこそ使うべきところに使うべき?。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2018/12/30 18:34

「頂戴」そのものは大人でも、いやむしろ本来大人が使うものです。



「結構なものを頂戴しまして、ありがとうございます」
というでしょ。

頂戴!で文を終わってしまうとこれは確かに子供の言い方になります。
大人はモノやお金をもらうとき語尾につけてつかうことはあまり感心しません。
「頂戴できませんでしょうか」なら大人も使ってよろしいのでは。。。。

しかし、会社などで部下に「~~して頂戴」などでは大人も使っておかしくはありません。
「○○君、これちょっとコピーしてちょうだい!」
この場合はモノやお金をもらう、というものではなく
相手に行動をとってもらうときにのみ使います。

「頂戴」は
モノをもらう・もらった時と
なにかをしてもらう時に使うのですが
後者なら大人が語尾につけて使ってもおかしくはありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。いろいろとても参考になりました。

お礼日時:2018/12/30 18:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「重軽傷」とは重いそれとも軽い怪我なのでしょうか。

あけましておめでとうございます。日本語を勉強中の中国人です。ニュースで見た字幕なのですが、「重軽傷」とは重いそれとも軽い怪我なのでしょうか。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

重傷と軽傷、両方です。
ですので、一人のけがの表現には使いません。けがをした人は、必ず複数となります。

例:「12人の乗客が重軽傷を負った」

Q「五月雨ですみません」という日本語について

日本語を勉強中の中国人です。「五月雨ですみません」という日本語についてお伺いいたします。この言葉はビジネスメールでよく使われるのでしょうか。ネットでも調べてみたのですが、正確は「五月雨式ですみません」となっているでしょうか。基本的には目上の方にも使える用語でしょうか。それとも同輩とそれ以下で使われるのでしょうか。

ある件について目上の方に何度もご連絡した場合、メールの冒頭に置くクッションの言葉としては、「五月雨ですみません」、「度々失礼いたします」、「何度もご連絡して申し訳ありません」などどれが好感を持つ言い方でしょうか。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(「さみだれ」が少しずつ繰り返し降ることから)継続しないで、繰り返す行動などについていう。「さみだれスト」
 さみだれ(五月雨)が降るかと思えば降らなかったり、降らないと思うと急に降ったり、気まぐれなことを、人間の行動にたとえたものです。見方によっては相手への嫌がらせです。
 結論としては印象の悪いことですから、注意して用いてください。こちらのやり方が相手にとってあまり好ましくないことを、冗談のように表現したものです。

Q「ややこしい」という日本語の使い方について

日本語を勉強中の中国人です。「ややこしい」という日本語はよくない言葉でしょうか^ - ^;今日日本の出張者に『よく「ややこしい」という日本語も知っていますね』と言われました。なんだかよくない日本語を覚えてしまったような感じがします。

使うシチュエーションとしては、会社のビルの入館時に、パスポートを受付に見せて入館カードを配布してくれるシステムとなっております。私が階下へ迎えにいった時にそのルールを出張者の方に説明したときに使いました。その手続きのことを言う時に、「複雑ですね」、「面倒ですね」、「煩雑ですね」のような言葉のほうがきれいでしょうか。正直に言って「ややこしい」という日本語はどのような時に使うものなのかまだよく把握できておりません。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

失礼とか品が無いというのではなく、単にネガティヴな評価の意味があるので、使うには注意が必要だと思います。例えば「嫌い」「イヤ」「駄目」といった言葉は否定的な評価なので、乱用すると他人は聞いていてあまり気持ちいいものではありません。また、いい大人はあまり親しくない相手の前でこういった言葉は避けます。それと同じです。
日本では会話において根本的にそういう意識があります。

「ややこしい」「面倒臭い」「わかりにくい」といった表現は直接的過ぎるダメ出しになってしまうので、「ちょっと難しい」とかおっしゃるような「複雑」といった言葉を使うといいですが、ただ、目上や特に丁寧に扱わなくてはならない相手の前では、こういった「物事を否定する」発言自体を避けた方がいいということもあります。(目上が「難しいね」等と言った場合に同調するなら可。)
それと、どうしても否定的な評価をしなければならない時に「ちょっと」「あんまり」「そんなに」といった言葉を頭に置くのも、よくやる表現です。例えば「ちょっと違う」「あんまり良くない」「そんなに美味しくない」など。否定的にも見える表現には大抵こういった言葉を置いて意味を和らげるのが定番です。

失礼とか品が無いというのではなく、単にネガティヴな評価の意味があるので、使うには注意が必要だと思います。例えば「嫌い」「イヤ」「駄目」といった言葉は否定的な評価なので、乱用すると他人は聞いていてあまり気持ちいいものではありません。また、いい大人はあまり親しくない相手の前でこういった言葉は避けます。それと同じです。
日本では会話において根本的にそういう意識があります。

「ややこしい」「面倒臭い」「わかりにくい」といった表現は直接的過ぎるダメ出しになってしまうので、「ちょっと難...続きを読む

Q外国人力士は、日本語が何故流暢に話せるのですか?英語教育に、活かせると思うのですが。無知ですみません

外国人力士は、日本語が何故流暢に話せるのですか?英語教育に、活かせると思うのですが。無知ですみません。

Aベストアンサー

新弟子は全員「相撲教習所」に6か月間通います。

日本相撲協会
ホーム > 相撲いろは > 漫画「大相撲入門編」
http://sumo.or.jp/IrohaKnowledge/nyumon/

相撲の実技だけでなく教養課程もあります。
 月曜日 相撲史
 火曜日 国語(書道)
 水曜日 社会
 木曜日 相撲甚句・修行心得
 金曜日 運動医学

講義は当然日本語だけ。

日常生活も含めて日本語だけの環境で半年も経てば、
立派に話せるようになるということです。

Q日本語について聞きたいです

下記は、ネットで見つかった文です。なんか読みやすくて分かりやすい。では、それは、参考になれる?
ジョン・スミスへの手紙
サイバー・ラボ・ノート (3380)

 「は」と「が」の違い
 -述語を強調する「は」、主語を強調する「が」-

 「空は青い」と「空が青い」の違いがわかるだろうか。また、その違いを言葉で説明できるだろうか。

 何となくわかっても、言語化できる人は、案外、少ないのではないだろうか。

 結論から言えば、「空は青い」と「空が青い」では、強調している箇所が違う。「空は青い」の方は「青い」、「空が青い」の方は「空」を、それぞれ強調している。

 「は」と「が」の違いは、述語を強調するのが「は」、主語を強調するのが「が」だ。

 例えば、「彼は犯人です」と「彼が犯人です」を比較すれば、理解できるだろう。

 「象は鼻が長い」という応用問題についても、触れておこう。

 まず、主語は「象」、述語は「鼻が長い」に分けられる。「は」なので、述語が強調されている。

 更に述語部分の「鼻が長い」も、入れ子構造で「主語+述語」になっており、分解すると、「が」なので、「鼻」が強調されている。

 この文の強調順位は、「鼻」「長い」「象」の順となる。

 山田詠美の作品に『ぼくは勉強ができない』という小説があるが、同様にこのタイトルも、強調順位は「勉強」「できない」「ぼく」の順になっている。

 ところで、日本人は、"This is a pen."を条件反射で「これはペンです」と訳している。だが、僕は「これがペンです」の方が適訳のことも多いと思う。

 強調すべきが、手に持つなりした「これ」なら、当然、「これがペンです」となるべきだ。

 手品をやる際、後ろの方の人に説明するなら、「これはペンです」。どう見ても、消しゴムにしか見えない物体が実はペンなら、「これがペンです」だろう。

 また、「彼が犯人です」を「は」を使って書くと、「犯人は彼です」となる。

 話の聴き手は、「既知の情報→新情報」という言葉の流れの方が、「新情報→既知の情報」という言葉の流れより、自然と頭に入りやすい。耳で聞くなら、従って、「彼が犯人です」より「犯人は彼です」の方が、理解しやすい。

 「彼が犯人です」と「犯人は彼です」は同じ意味だが、新情報を先に出すか、後に出すかによって、若干、ニュアンスは違っている。

 要するに、「は」と「が」の軸、「既知の情報」と「新情報」の軸の組み合わせで、同じ意味でも、表現に「味付け」をすることができるわけだ。

 「は」と「が」の使い分けは、日本語文法の根幹部分だ。「主語を強調するか、述語を強調するかで使い分ける」という話は、小学校の国語で教えるべきレベルだろう。

 しかし、僕自身は、学校で教わった覚えはない。大人であっても、明確に言葉で説明できる人は、おそらく少ないだろう。

 「主語を強調するか、述語を強調するかで使い分ける」という話は、あくまで僕自身のノウハウを言語化したものだ。

 日本の学校教育の現場では、「は」と「が」の使い分けという、日本語にとって、最も大事な話が抜け落ちているのではないか。

 山田宏哉記

下記は、ネットで見つかった文です。なんか読みやすくて分かりやすい。では、それは、参考になれる?
ジョン・スミスへの手紙
サイバー・ラボ・ノート (3380)

 「は」と「が」の違い
 -述語を強調する「は」、主語を強調する「が」-

 「空は青い」と「空が青い」の違いがわかるだろうか。また、その違いを言葉で説明できるだろうか。

 何となくわかっても、言語化できる人は、案外、少ないのではないだろうか。

 結論から言えば、「空は青い」と「空が青い」では、強調している箇所が違う。...続きを読む

Aベストアンサー

1.
>-述語を強調する「は」、主語を強調する「が」-

この箇所は正しい。
a.「は」は主題提示の係助詞です。
「彼は犯人です」は「彼について言うなら・・・」という意図の文。
「は」以降の述部の内容を伝えるのが主要な意図なので、『述語を強調する「は」』という見解は正しい。
b.「が」は主格の特定、及び希望・好悪・能力などの対象を特定する格助詞です。
「彼が犯人です」は「犯人です」の主格を特定しようとする意図の文。
主格が「彼」であると特定することが主要な意図になるので、『主語を強調する「が」』という表現は正しい。

2.
> 強調すべきが、手に持つなりした「これ」なら、当然、「これがペンです」となるべきだ。
 手品をやる際、後ろの方の人に説明するなら、「これはペンです」。

この箇所は正しい。

3.
>どう見ても、消しゴムにしか見えない物体が実はペンなら、「これがペンです」だろう。

この箇所は誤り。
a.『どう見ても、消しゴムにしか見えない物体が実はペン』だとしても、その物体について説明したい場合には「これは(消しゴムにしか見えませんが実は)ペンです」と表現する。
b.『どう見ても、消しゴムにしか見えない物体』が複数個示されていて、その中のひとつだけがペンの場合は「これがペンです」と特定して表現する。

4.
> 話の聴き手は、「既知の情報→新情報」という言葉の流れの方が、「新情報→既知の情報」という言葉の流れより、自然と頭に入りやすい。耳で聞くなら、従って、「彼が犯人です」より「犯人は彼です」の方が、理解しやすい。
 「彼が犯人です」と「犯人は彼です」は同じ意味だが、新情報を先に出すか、後に出すかによって、若干、ニュアンスは違っている。

この箇所は誤り。
『同じ意味』になることはあり得ない。
「同じような意味」に見えることはあるが、『ニュアンス』ではなく【意図】が異なるので、文の本質的意味も異なる。
「彼が犯人です」と「犯人は彼です」はシチュエーション次第で使い分けるべき表現。
理解しやすいか否かという問題ではない。
また、異なるのは意図・意味であって、ニュアンスという曖昧なものではない。

a.たとえば、捜査本部の一室。
複数の刑事が血だらけの男を部屋に連れてくる。
それを見た部長刑事が「なんだ?どうした?」と刑事たちに尋ねる。
一人の刑事が報告する。「彼が犯人です」
このシチュエーションで「犯人は彼です」と言う刑事は稀です。
なぜなら、部長刑事が知りたいのは「血だらけの男について」であって、「犯人について」ではないからです。
刑事は「血だらけの男」が犯人であることを特定する意図で、「彼が(我々が探している)犯人です」と表現するのが妥当。

b.2人の男が揉み合っているところに警官が駆けつけた。
「お前が犯人だな?コンビニ強盗の容疑で逮捕する」と言って男 A に手錠をかける。
男 A は「違う違う!」「犯人は彼です」と男 B のほうを見る。
このシチュエーションで、「彼が犯人です」と言う人は稀です。
なぜなら、警官が知りたいのは「犯人について」であって、「彼(男 B )について」ではないからです。
男 A は、「犯人について言うなら、それは男 Bです」という意図で「犯人は彼です」と表現するのが妥当。

5.
> 要するに、「は」と「が」の軸、「既知の情報」と「新情報」の軸の組み合わせで、同じ意味でも、表現に「味付け」をすることができるわけだ。

この箇所も誤り。
『同じ意味』になることはあり得ない。
意味の違いは4で述べたとおり。
残る『軸の組み合わせ』についても一応検証してみよう。
a.「彼は犯人です」
彼について言うなら・・・という意図。
「彼が犯人です」よりも冷静な、あるいはのんびりした表現と言える。
b.「犯人が彼です」
これは特殊なシチュエーションと言える。
「犯人(役)が彼です」など。

6.
この山田氏の記述は、以上述べてきた内容とは別に、もうひとつの問題を抱えている。
・「が」の前は新情報(「が」の後は既知の情報)。
・「は」の前は既知の情報(「は」の後は新情報)。
ということを前提に論を進めている点だ。
「彼が犯人です」
「犯人は彼です」
「彼は犯人です」
という文にあたっては、確かにそういうことは言える。
しかし、たとえば次のような場合はどうか。

※むかし、むかし、ある所におじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんは山へしば刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。おばあさんが川で洗濯をしていると大きな桃が流れてきました。※

おばあさんは新情報ではなく既知の情報ですが、『おばあさん [が ] 川で洗濯をしていると~』のような表現が成立しています。
このように従属節においては、「が」の前は新情報という公式は適用できないのです。
なので、「新情報・既知の情報」という捉え方は基本的に推奨しません。
ただ、従属節などの例外を考慮できるのであれば、そういう理解の仕方があっても良いでしょう。

この文は、個人的には以下のように考えたいところです。

・おばあさんについて言うなら⇒⇒川で洗濯をしていると大きな桃が流れてきた。

という意図ではなく、

・川で洗濯をしていると大きな桃が流れてきました。⇒「川で洗濯していたのは(おじいさんではなくて)おばあさんです」と(補足的にですが)特定している。

という意図。
重要なのは、「おばあさんは何をしていたのか?」ではなく「大きな桃が流れてきたこと」が、この文の骨子だ、という点に気づくことです。
外国語学習者の方々にとって、こうした理解の仕方のほうが汎用性が利くのではないかという気もするわけです。

1.
>-述語を強調する「は」、主語を強調する「が」-

この箇所は正しい。
a.「は」は主題提示の係助詞です。
「彼は犯人です」は「彼について言うなら・・・」という意図の文。
「は」以降の述部の内容を伝えるのが主要な意図なので、『述語を強調する「は」』という見解は正しい。
b.「が」は主格の特定、及び希望・好悪・能力などの対象を特定する格助詞です。
「彼が犯人です」は「犯人です」の主格を特定しようとする意図の文。
主格が「彼」であると特定することが主要な意図になるので、『主語を強調す...続きを読む

Qいのししと豚のイメージの違い

あけましておめでとうございます。日本の方にとって、いのししと豚のイメージはどのように違うのでしょうか。中国人にとって豚のイメージはよくない(さぼる、馬鹿のマイナスのイメージ)かもしれません。今年はイノシシ年ですが、もし豚年と言ったら、日本の方は奇妙に感じられるのでしょうか。たとえば、イノシシ年生まれの方は機嫌が悪くなるでしょうか。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

 「豚」の祖先は「いのしし」ですが、日本人にとっては「いのしし」と「豚」は完全にイメージが違います。

 日本においても「豚」はイメージは良くありません。
 
  ・「おい、このブタ野郎!」(人を罵る言葉です。)
  ・「豚に真珠」(価値を理解しないものに貴重なものを与えることは無駄であるということわざです。)
  ・自分の子供を謙遜して紹介する時は「うちの豚児です」と言います。

 といった感じです。

 一方の「いのしし」は、「猪突猛進」という言葉があるように、勇猛な動物の印象が強いです。 (畑を荒らしたりして、農家の皆さんには印象が悪いですが…)

………

>もし豚年と言ったら、日本の方は奇妙に感じられるのでしょうか。たとえば、イノシシ年生まれの方は機嫌が悪くなるでしょうか。

 機嫌が悪くなるかどうかは人それぞれだと思いますが、少なくとも喜ぶ方はいないと思います。

>質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。

 この一文がなければ、日本人の投稿ではないと気づきませんでした。(不自然なところはなかったです。)

こんにちは。

 「豚」の祖先は「いのしし」ですが、日本人にとっては「いのしし」と「豚」は完全にイメージが違います。

 日本においても「豚」はイメージは良くありません。
 
  ・「おい、このブタ野郎!」(人を罵る言葉です。)
  ・「豚に真珠」(価値を理解しないものに貴重なものを与えることは無駄であるということわざです。)
  ・自分の子供を謙遜して紹介する時は「うちの豚児です」と言います。

 といった感じです。

 一方の「いのしし」は、「猪突猛進」という言葉があるように、勇猛な...続きを読む

Qもしこれは日本で2人の日本人同士の間の出来事だとしたらどういう展開になるのでしょうか

日本語を勉強中の中国人です。今日中国の友達から聞いた中国で2人の中国人同士A、Bの間の出来事についてご意見をお伺いします。

雨の日。AがBの後ろで歩いている。Aが手に持っている携帯をカバンに入れ、傘を取り出そうとしたところ、Bが大きな傘をパッと開け、その勢いで後ろのAの携帯を落としてしまった。Aの携帯はスクリーンが下に向いたままコンクリートの地面に落ちた。「あら、私の携帯!」とAが大きな声を出した。Bは変わらないスピードで前に歩いていく。Aは携帯を拾った。幸い、スクリーンは壊れていない。しかし、スクリーンに泥水が付いている。遠く行っていくBに追いついて、自分の携帯はBに落とされてしまったこと知らないのかとBに大きな声で話した。Bは自分はAの前で歩いているし、音楽も聞いているし、後ろがわからないし、携帯はAの手に持っていると主張した。110で警察を呼ぼうとしても平気と言った。Aは携帯に大した怪我がないので、110まで呼んで時間を無駄にしたくないが、Aに謝ってほしい。自分の携帯はAの傘によって地面に落ちてしまってもう少しスクリーンが粉々になるところだったからだ。Bは自分に非がないと主張しどうしても謝らなかった。Aはしかたがないことと思いながら、もし粉々になったら110で警察まで呼んでも絶対賠償してもらうと思った。

以上のことについてご意見をお願い致します。もし二人が日本人で日本でこんなことになったらどういう展開になるのでしょうか。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

日本語を勉強中の中国人です。今日中国の友達から聞いた中国で2人の中国人同士A、Bの間の出来事についてご意見をお伺いします。

雨の日。AがBの後ろで歩いている。Aが手に持っている携帯をカバンに入れ、傘を取り出そうとしたところ、Bが大きな傘をパッと開け、その勢いで後ろのAの携帯を落としてしまった。Aの携帯はスクリーンが下に向いたままコンクリートの地面に落ちた。「あら、私の携帯!」とAが大きな声を出した。Bは変わらないスピードで前に歩いていく。Aは携帯を拾った。幸い、スクリーンは壊れていな...続きを読む

Aベストアンサー

Aの言い方によります。
いきなり大きな声や強い言い方でBに迫ったら、Bもムカつくでしょうから、謝る気にもならないでしょう。
その上賠償だの何だの言い出したらなおさらです。

そもそも
>その勢いで後ろのAの携帯を落としてしまった。
この状況がよくわかりません。
Bの傘がAにぶつかったんでしょうか?
それともAがびっくりして落としてしまったのでしょうか?
Aにはなんの落ち度もないのでしょうか?

ただ、日本人同士では少なくとも最初から大きな声でBを責めるような言い方はしません。
賠償などもまず言い出さないでしょう。
何故ならば、100%Bが悪いと言える状況ではないからです。
Bの過失もあるでしょうけども、Aにも責任の一端はあるはずだからです。
そして、最初に傘を開く段階で、日本人なら後ろにAがいることを認識していたら、後ろを確認してから傘を開くはずです。
また、画面が割れていなければいちいちBに詰め寄ることもしないでしょう。

>質問文に不自然な日本語の表現がございましたら
私も全部指摘するのは煩雑なので、ここは他の方にお任せします。

Q「音をちっちゃくする」って言い方ヘンですか?

「テレビの音もう少しちっちゃくする」と言うと夫からクレームが入ります。すごい違和感がある、「音量を下げるだろう」と。もちろんそれも正しいですし、その方がフォーマルな言い方だとは思います。ですが、音をちっちゃくする(小さくする)、おっきくする(大きくする)も日常では普通にアリだと思うのですが。何気に口にしたその一言でいつも注意され気分がダウンします。ささいな事で質問して申し訳ありませんが、皆さんのご意見をお聞かせいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

間違っちゃいないよ、私的な場面ではその方がいい。

Qすみません 日本語について聞きたいです

先生がこのテーブルを運んでもらえるように何とかしてください。

この話は変ですか。
意味がちゃんと伝わる?

Aベストアンサー

#4です。

>原文は、一般の従業員の方がこの会議の内容そして理解を示してもらえるように努力してください。

「テーブルを運ぶ」という動作との関係性について、もう少し詳しく教えてください。

「テーブルを運ぶ」のは誰ですか?

『先生がこのテーブルを運んでもらえるように何とかしてください。』は、

『「このテーブルを運んでください」と、先生が誰かに頼んでください。』

という意味になります。

Q「かわいい」と「かわいらしい」はどう違うのでしょうか

下記の質問から派生した質問です。
【かわいいです を丁寧に言うと】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10863559.html

「かわいい」と「かわいらしい」はどう違うのでしょうか。
 ネット検索すると多数ヒットしますが、何がなんだかわかりません。
【かわいらしい かわいい】の検索結果。
https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E3%80%80%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%84&aq=-1&oq=&ai=QV1lajNkRXWy5ZWzaKTZ.A&ts=1680&ei=UTF-8&fr=appsfch2&x=wrt


 あと、下記の点に関してもご意見をうかがえれば幸いです。
「かわいい」と「かわいらしい」と同じような関係の言葉はほかに何がありますか。
 思いついたのは下記の2組です。
「憎い」と「憎らしい」
「汚(きたな)い」と「汚(きたな)らしい」

下記の質問から派生した質問です。
【かわいいです を丁寧に言うと】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10863559.html

「かわいい」と「かわいらしい」はどう違うのでしょうか。
 ネット検索すると多数ヒットしますが、何がなんだかわかりません。
【かわいらしい かわいい】の検索結果。
https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E3%80%80%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%84&aq=-1&oq=&ai=QV1lajNkRXWy5ZWzaKTZ.A&ts=1680&ei=UTF-8&fr=appsfch2&x=...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

「かわいい:かわいらしい」については、前に国語辞書を引き比べてみたことがあります。その時は結局よくわかりませんでした。
次のところです。

http://niwasaburoo.hatenablog.com/entry/2016/05/22/065447

今回、「憎い:にくらしい」と「きたない:汚らしい」というペアも合わせて考えてみて、次のようなことが言えるのではないかと考えました。

1 このような感情を表す形容詞には、「話し手側の感情」を表すとともに、「対象となるものの属性」を表す面もある。
 「かわいい」は、話し手が持つ感情であり、また対象が持つ属性でもある。
   この不細工な犬が可愛くてしかたがない。  誰が見てもあの子は可愛いね。

2 「かわいらしい」は、「そのような様子である」ということで、より「属性」の表現の面が強い。(という仮説)
 
(新明解国語辞典は、「かわいい」の用法を3つに分け、「かわいらしい」はその「かわいい23」に対応すると言っています。つまり、「かわいい1」の用法はない、と。)

3 「憎い」の場合は、対象の属性は表さない。よって、対象の属性をも表す「憎らしい」とその点で対立する。(感情の表現として、「憎らしい」のほうが程度が軽い、という面もあるか。)

4 「きたない」と「汚らしい」では、逆に、「きたない」のほうが対象の属性を表し、「汚らしい」が対象の属性を表すとともに、それに対する話し手の感情を含みとして表す。(「汚らしい」のほうが、忌避感がはっきり出るように思います。)

以上をまとめると、

   話し手の感情        両方        対象の属性

                かわいい  かわいらしい
     憎い         憎らしい
                  汚らしい     きたない

こんな風に位置づけられるかなあ、と。

saburoo

以下は蛇足です。

下のほうで何かめちゃくちゃなことを書いている人がいます。


   かわい→形容詞、かわいい、の連用形  [??]
   かわいかった 未然          [?]
   かわいい   終始          [これはご愛敬]
   かわいらしい→かわいいの未然形、「かわい」、なぜ未然形?。
           [「かわい」は連用形だったのでは??]
   きたな→形容詞の未然形        [??]


もうまったくめちゃくちゃです。
私の知識は怪しいので、形容詞の活用表を岩波国語辞典から写します。

   例  語幹  未然  連用1 連用2 終止 連体 仮定 命令

  寒い  さむ
  赤い  あか  かろ  く   かっ  い  い  けれ  ×
  大きい おおき
  正しい ただし
  
私は学校文法の活用はよくわかっていないのですが、上に引用したようなめちゃくちゃは、さすがにおかしいとすぐ思いました。(「かわい」「きたな」は「語幹」ですね。)

どうして何も知らない人が、「回答」するのでしょうか。

今回は、質問者のほうがよく分かっているような人だから、トンデモを書いても無視されるだけでしょうから、まだいいのですが、日本語学習者の質問にいい加減な「回答」を書かれては、学習者が混乱するだけですので、私は日本語教師としてやめてほしいと思います。

それから、回答の書き方として、思いついたことをただダラダラと並べるのではなく、よく考えてから、論理を整理して書いたほうがいいだろうと思います。質問に回答するとは、人に説明することで、相手にわかるように書かなければいけません。自分のメモではありません。
高校や大学で教えられる「レポートの書き方」の基本です。

以上、蛇足でした。

こんにちは。

「かわいい:かわいらしい」については、前に国語辞書を引き比べてみたことがあります。その時は結局よくわかりませんでした。
次のところです。

http://niwasaburoo.hatenablog.com/entry/2016/05/22/065447

今回、「憎い:にくらしい」と「きたない:汚らしい」というペアも合わせて考えてみて、次のようなことが言えるのではないかと考えました。

1 このような感情を表す形容詞には、「話し手側の感情」を表すとともに、「対象となるものの属性」を表す面もある。
 「かわいい」は、話し手...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング