大学入試の数学を解くときにまず問題をみたらやらなくちゃいけないことって何ですか?秘訣を教えてください。

A 回答 (5件)

大学にもよりけりですが、必須問題と選択問題で自分が回答する問題の大問にしるしをつけておく事。



大学によっては「○○学部は大問1~3、5、6」「△△学部は大問2、4、5、6」みたいに数学として全部同じ冊子になっている場合もあります。

解き忘れや違う問題を解いたりしないように気をつけてください。
    • good
    • 0

まず、前提条件がいくつあるか数えて通し番号を振りましょう。


で、回答している間にもう使った条件とまだ使ってない条件を
把握しておきましょう。
    • good
    • 0

 大学によって違いますので、一概には言えませんが大学入試では4~6題出題されます。

時間との戦いでもあるので、確実に得点できる問題から解いていく方が良いと思います。
 入試問題の中で2題は定石問題です。定石問題は、この問題はどこかで見たことがあるとか、問題集で解いたことがあるタイプの問題ですので、先ずこの問題から手をつけるのが良いのではないでしょうか。
 この2題は合格する人は、ほとんど得点しますのできちんと解くようにしたほうが良いです。残り2~4題は自分が解けそうな問題または手がつけれそうなところから解いていけばよいと思います。
    • good
    • 0

答案用紙に受験番号と名前を書くことです。

慌てない、慌てない。
    • good
    • 0

まずは問題をぱっと見て自分が解けそうかどうか、解けるとするとどれくらい時間を要するかを見抜く力を養う事ですね。



入試では自分の得意な問題も隣の人が得意な問題も配点は配点なので、
自分が楽に点を稼げる所から手をつけるのが鉄則です。

それから、自分の稼ぎどころだと思った問題が意外にもてこずったりしたら、プライドを捨ててさっさと別の問題に移る事です。
「俺は立体図形は得意なんだー!」って立体図形の問題にほとんどの時間を使ってしまって
もっと楽に解ける問題に時間を割く事が出来なければ、それは受験としては失敗です。
あくまで点稼ぎに徹しましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学の問題集に別解ある問題ありますが、その別解と本解の解きやすさの違い見て、解きやすい方を身につけて

数学の問題集に別解ある問題ありますが、その別解と本解の解きやすさの違い見て、解きやすい方を身につけていく方が良くないですか?ちなみに、数学3の場合の話です。記述型のみです。

Aベストアンサー

要するにどちらで説いてもいいんですよ。解く道筋が自分にとってつけやすい方で解いていけばいいです。ただ両方の道筋の付け方を理解することで、違う問題に対しても応用範囲が広がる可能性はあります。

Q大学入試レベル 数学の問題 解いてください。

この問題で
条件(2)より x^2+(y-7)^2<6^2
になるのかがわかりません。領土AとBに入らなかったらいいわけなのでX軸いっぱいまでいけるのではないのでしょうか?
(なんで半径6cmの円が限界なんでしょうか?もっと左右と上は広範囲に領海が取れるのではないのでしょうか?)

もう一つ
√x^2+(y-7)^2 -2<y この式の意味(なんでこんな式が使われてるのか)がわかりません
↑条件(3)からなんですが、その関係性がわかりません



全部の式がかけなくて申し訳ないのですが、自分は解答を持ってるので答えは知ってるのですが、理解ができません
どうかお願いします。

ちなみに x^2 というのは xの2乗 という意味です。
この使い方であってたでしょうか?

Aベストアンサー

まず、x^2 + (y-7)^2≦4が(0、7)を中心とする半径2以内の領域であることはお分かりでしょうか?
これが分からないと以下の問題は解けません、もし分からなければ教科書や参考書で勉強しなおしてください


それは分かっているとして
>領土AとBに入らなかったらいいわけなので
と考えたのはなぜでしょうか?


Aの領土との間の最短距離が4より小さいと書いてあるのです
例えば(7、7)はどちらの領域にも入りませんが、Aの領土と最短距離は5となり満たしません(グラフを書けば分かります)


P(x、y)、Q(0、7)とすると、
PQとx^2 + (y-7)^2 =4との交点とPまでの距離がPとAの領土との間の最短距離になります(これもグラフを書いてください)
つまり、この最短距離は
√{(x-0)^2 + (y-7)^2} -2 =√{ x^2 + (y-7)^2} -2
ということになります

これが4より小さいのですから
√{ x^2 + (y-7)^2} -2≦4
⇔√{ x^2 + (y-7)^2} ≦6
⇔ x^2 + (y-7)^2≦6^2

また、PとBの領土との間の距離はyとなります(Pの存在領域を考えると0<yとなるので)
よって、(3)より
√{ x^2 + (y-7)^2} -2≦y
となります

>ちなみに x^2 というのは xの2乗 という意味です。
この使い方であってたでしょうか?
合ってます

ただし、
>√x^2+(y-7)^2 -2<y
どこまでが√の中身か分からないので
√{x^2+(y-7)^2}
としてください
出来れば、
(√{x^2+(y-7)^2})
とした方がもっと分かりやすいですが

まず、x^2 + (y-7)^2≦4が(0、7)を中心とする半径2以内の領域であることはお分かりでしょうか?
これが分からないと以下の問題は解けません、もし分からなければ教科書や参考書で勉強しなおしてください


それは分かっているとして
>領土AとBに入らなかったらいいわけなので
と考えたのはなぜでしょうか?


Aの領土との間の最短距離が4より小さいと書いてあるのです
例えば(7、7)はどちらの領域にも入りませんが、Aの領土と最短距離は5となり満たしません(グラフを書けば分かります)
...続きを読む

Q大学入試 数学 難問には別解が何通りもあるものなんでしょうか?

よく聞くのですが、だいたい載ってる解法は2~3程度ですが、7つもあるとかいってる人とかいるので疑問におもいました。
そもそも、計算課程で少し違うやり方も含むのならかなりの別解があるとは思うのですが、
ベクトルで解いたり平面幾何で解いたりという風に別の分野で解くのをひとつの解法として7つならかなりすごいと思うのですが・・・

そこで以下の問題の別解があれば教えてほしいです。(京大の問題)

三角形ABCにおいて∠B=60、Bの大変の長さbは整数、他の2辺の長さa,cはいずれも素数である。
三角形ABCは正三角形であることを示せ。


問題はできれば解いてほしいです。何よりも別解は上記のどちらを含めたことをいってるのかがよくわかりません
そこについての解答が一番ほしいです

↓答え(模範)





余剰定理から得られる式を因数分解しabcの関係式を解く(pointだけしか書かなくてすみません)

Aベストアンサー

解法の例が示されていませんので別解かどうかは分かりません。
まずは簡単そうな解法から。

∠Bについて余弦定理を考えます。
b^2=a^2+c^2-2accos60°
  =a^2+c^2-ac
  (a-c)^2+ac
ac=(b+a-c)(b-a+c)
a,cは素数、bは整数ということですから
a≧cとすると
a=b+a-c、c=b-a+c
です。これよりa=b=cが出てきます。
(b+a-c=ac、b-a+c=1 を満たすa、b、cは存在しません。)

Q数学の大学入試問題がわかりません。

三角形の頂点をA,B,Cとし、これらの頂点を駒が移動する。さいころを振って1が出たら1つ分、2が出たら2つ分、3から6が出たら3つ分、A→B→C→Aの方向に駒を移動させる。駒がAに止まったときは持ち点に2点加え、Bに止まったときは持ち点から1点減点し、Cに止まったときは持ち点はそのままとする。持ち点は負になることもある。さいころの目の出る確率はすべて等しく、最初はAから持ち点0でスタートする。このとき次の問いに答えよ。
(1) このゲームを3回繰り返したとき、持ち点の期待値E(3)を求めよ。
(2) このゲームをn回繰り返したとき、持ち点の期待値E(n)を求めよ。
ただし、n回目にさいころを振った結果、駒がA,B,Cに止まる確率PA(n)、PB(n)、PC(n)は求めてあります。

難しくて解けません。
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。

>n回目にさいころを振った結果、駒がA,B,Cに止まる確率PA(n)、PB(n)、PC(n)は求めてあります。
なら、もうほとんど解けてる状態かと。^^

「期待値」って難しそうですが、単に「平均値」ととらえた方がわかりやすいと思います。
いまの問題であれば、
1) 1回目に得る得点の平均値
2) 2回目に得る得点の平均値
3) 3回目に得る得点の平均値
・・・
n) n回目に得る得点の平均値

を足し合わせればよいですよね。
それぞれでの期待値(平均値)は PA(n), PB(n), PC(n)から計算できますよね。

あとは、数列の和として、計算するだけです。
(nの場合分けとかがあれば、そこは少し面倒かもしれませんが)

Q熊本大学理学部を受験しようと思っているのですが 赤本で数学の過去問を解いたところ なかなか解くことが

熊本大学理学部を受験しようと思っているのですが
赤本で数学の過去問を解いたところ
なかなか解くことが出来ず(全くと言っていいほど)、問題集を購入しようと思っているんですけど、
オススメの数学の問題集はありますか?

参考書、というより、いろいろな問題を解き、実力を練成していくような問題集を探しています

Aベストアンサー

現状学力は?
熊本大学理学部を目指している、進研記述で偏差値30の人と、
熊本大学理学部を目指している、河合記述で偏差値50の人とで、
当面すべきことは違うはずです。
高校数学が、概ね、理解はできているのか。
基礎から簡単な応用までの問題(=公式や基礎的な解法の問題)が全部一通りスラスラ出てくるのか。
ほぼ一通り出てくるが、標準レベルの問題になるとまだ解けない、解法が身についてないのか。
それぞれですべきことが変わるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報