痔になりやすい生活習慣とは?

ウラン238は、500keVで核分裂をします。
そのし易さは、断面積になると思うのですが、データはどこかにあるでしょうか?

https://wwwndc.jaea.go.jp/cgi-bin/FPYfig?lib=11& …

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    すこし間違えました。訂正します。

    y=(中性子の結合エネルギー+500keV)/臨界エネルギー

    として、yが(中性子500keVのときの)断面積に比例するとか、そんな関係はあるのでしょうか?
    (yは、上記のような単なる割り算ではなく、もう少し複雑な式の気がしますが、、、)

      補足日時:2018/12/24 11:59
  • うーん・・・

    ウラン238で
    y1(500keV)=(中性子の結合エネルギー+500keV)と臨界エネルギーの関係式
    y2(1MeV)=(中性子の結合エネルギー+1MeV)と臨界エネルギーの関係式
    が解れば
    y1:y2=500keVの断面積:1MeVの断面積
    が成立するのでしょうか?

      補足日時:2018/12/24 12:10
  • うれしい

    訳の解らないことを質問してすいませんでした。
    目的の断面積がわかりました。
    有難う御座いました。
    また、質問しますので、宜しくお願い致します。

      補足日時:2018/12/24 13:58

A 回答 (2件)

>ウラン238は、500keVで核分裂をします。



ウラン238は、別に「500keV の中性子」で核分裂するわけではなく、お示しのデータは「500keV の中性子によって核分裂した場合の核分裂生成物の収率(生成割合)」を示しています。

当然、他のエネルギーの中性子でも核分裂するわけで、その確率を「断面積」と称します。
核分裂性のウラン235やプルトニウム239の「核分裂断面積」と比較したものが下記に載っています。
http://roko.eng.hokudai.ac.jp/studentadm/chiba_d …

(「核分裂」以外にも、「捕獲」や「散乱」の断面積も示されています)

上記のデータは、お示しのサイトの「核データ」の中のウラン238の項にも載っていますよ。下記の「Cross Sections」。
https://wwwndc.jaea.go.jp/cgi-bin/nuclinfo2014?9 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。
すいません。
正直、このデータを少し見ただけでは、複雑でその意味をよく理解できないです。(私が馬鹿であることも原因しますが、(泣)、、、今、あかんです、、、)
明日、ゆっくり見ます。
まずは、お礼を申し上げます。
有難う御座いました。

お礼日時:2018/12/23 21:14

No.1 です。



>正直、このデータを少し見ただけでは、複雑でその意味をよく理解できないです。

はい、非常に複雑です。単純な「単調減少」とか、「ほぼ直線」などという単純なものではありません。
入射する中性子のエネルギーによって、核分裂の確率が大きくなったり小さくなったりを繰り返します。「共鳴」と呼ばれます。

↓ 下記の「1.2 (a)」
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.ph …

↓ 下記のp-44、45あたり
http://www.kz.tsukuba.ac.jp/~abe/ohp-nuclear/nuc …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

下記を見ました。エネルギーによって変化して非常に複雑ですね。

この資料のP14に臨界エネルギーと中性子の結合エネルギーが載っています。

U238の場合、
臨界エネルギー5.5 MeV 
中性子の結合エネルギー4.9 MeV
です。

臨界エネルギー>中性子の結合エネルギー
なので、核分裂する確率は、1より小さいはずです。

例えば、

y=中性子の結合エネルギー/臨界エネルギー

として、yが(中性子500keVのときの)断面積に比例するとか、そんな関係はあるのでしょうか?
(yは、上記のような単なる割り算ではなく、もう少し複雑な式の気がしますが、、、)


http://www.kz.tsukuba.ac.jp/~abe/ohp-nuclear/nuc …

お礼日時:2018/12/24 11:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q感じるはずのないX線を感じるぐらいとはどのくらいですか?また、建物も被ばくでないかと言われました。ど

感じるはずのないX線を感じるぐらいとはどのくらいですか?また、建物も被ばくでないかと言われました。どういうことでしょうか?

Aベストアンサー

肉体的に感じることはないです。

放射線という意味でいえばチェレンコフ光という青い光を感じることはありますが、
それを感じるレベルは数シーベルトあるわけで、青い光を見たらまず死にます。

建物も被爆というのは意味がわからないので、言った人に聞いてみましょう。

QCDプレイヤーは、音とかいてありますが、光るところが有るので光に○、 動いていたら熱くなるので熱に○

CDプレイヤーは、音とかいてありますが、光るところが有るので光に○、
動いていたら熱くなるので熱に○という風にしてしまうのですが何故音だけなのですか?

Aベストアンサー

企業で統計を推進する立場の者です。

電流のどのような働きを「利用」しているのか、話合いなさい。でしょ。
「利用」する気がなくても、副作用としてあるのが「熱」。
利用者に知らせる意味でインジゲーターとして光らせているのであれば、補助的利用として「光」。

VEという手法があって、企業では、後者の物を極力減らすことにより、省エネなどを達成しています。
なるべく摩擦を減らして「熱」を防止。
不要な時は消灯して「光」を低減。
で、本来利用している部分だけを100%に近づけます。

小学校?での話合いで、こんなことが話し合われたら良いですよね。

Qシュレーディンガーの猫 シュレーディンガーの猫(シュレディンガーの猫)が小説に出てきました。 全く基

シュレーディンガーの猫
シュレーディンガーの猫(シュレディンガーの猫)が小説に出てきました。
全く基礎知識がないので、そのまま見なかったことないしようと思ったのですが、チラッと調べてしまったら、変なことが気になりました、
教えてください。
青酸ガスを使わずとも、放射線で猫が死ぬとか、放射線の猫の体への影響はないのでしょうか。
くだらない質問お許しください。

Aベストアンサー

>青酸ガスを使わずとも、放射線で猫が死ぬとか、放射線の猫の体への影響はないのでしょうか。

死にません。放射線(この場合、α線ですが)は、電子や、原子核や、電磁波で、実は毒でもなんでもありません。放射線を出す能力(放射能)をもった物質の近くに常にいるとか、その物質を体内に取り込んでしまうと、高エネルギーで大量に放射線を浴びることになり、それが放射線の怖さですが、少量であれば問題ありません。日常生活には、たくさん放射線は存在します。

なお、シュレーディンガーの猫は、シュレーディンガー自身がミクロ現象の特殊な解釈を、猫が死ぬというマクロな状況にひもつけることで、当時の量子論の解釈の矛盾をしめした思考実験だったのですが、今は、むしろ、量子論の正しさや、本質を示す例示として使われることが多い。本人も意図していなかったことだと思います。

Q中性子の寿命の謎

中性子の寿命の謎があると聞きました。
今は、決着はついているのでしょうか?
それとも、今でも謎なのでしょうか? 


http://www.nikkei-science.com/201606_054.html

Aベストアンサー

https://en.wikipedia.org/wiki/Free_neutron_decay
によると(google翻訳を適当に修正)、

中性子の寿命は何十年も研究されてきましたが、現在、2つの実験の結果が異なります。 誤差はかつては重なっていましたが、実験方法が改良されても、単一の値への収束していません。2014年の時点で得られた平均寿命値の差は約9秒でした。さらに、2018年における量子色力学による理論値はまだ誤差が大きく、実験値に白黒着けられません(と言いたいんだと思う)。

要約すると、未解決

Q接地線のない避雷器

ケーブルTVのケーブルの途中に避雷器が設置されています。
避雷器が設置されているのは、屋根の上ですが、そこから接地線がありません。
落雷があり、ケーブルの途中に電圧が印加された場合、避雷器から過電流は、どのように放電されるのでしょうか?

Aベストアンサー

回答No.1でも指摘されているように、それは直撃雷(ちょくげきらい)を大地に流すものではなく、誘導雷(ゆうどうらい)のサージを可能な限り吸収する保護器(アレスタ)ではないか、と思われます。
アレスタを付けても万全ではありません。それを乗り越えてくる雷サージはあります。

Q数学についてです。 「1と素数を除く自然数は30=2×3×5のように素数の積で表すことができる」と教

数学についてです。
「1と素数を除く自然数は30=2×3×5のように素数の積で表すことができる」と教科書に
書かれているのですが、なぜ1と素数を除く自然数は素数の積で表すことが出来るのですか?

Aベストアンサー

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14146183379

Q光学、電磁気学、量子力学の違い。三者は異なる学問ですか? それとも本質的には同じで古い順番ですか?

電磁波について知りたいと思ったのですが、
>歴史的経緯や議論の側面によって光学、電磁気学、量子力学に分けられ
と書かれていました

どういう意味ですか?
・アプローチが異なるだけで本質は同じ学問ですか?
・以前は「光学」が正しいと考えられていたけれども、「電磁気学」が正しいとわかって、今は「量子力学」が正しいと考えられている、ということですか?
・あるいは、三者は異なる学問なのですか?
・もしくは、同じことを異なる方向から扱うので、学問によって、正解が異なるのですか?

>電磁波の境界は統一的に定められたものではない。学問分野・国毎の法律・規格等によって多少の違いがある
・この辺りの違いが生じる理由を知りたいです

Aベストアンサー

No.2です。「お礼」に書かれたことについて。

>この辺りの学問の分け方はどこが決めているのですか?

誰も決めていません。そんな「神さま」みたいなものは存在しないのです。人間であれば、「権威」といわれる人ほど謙虚で身の程をわきまえており、そんな身に余る僭越なことはしません。文部科学省のこざかしい役人やそれに群がる「御用学者」が、「学習指導要領」などという「おかみ」の指示を出していますが、「ゆとり教育」だ「脱ゆとり」だ、日本語も満足に話せない小学生に英語教育だと、迷走ばかりしています。

ご質問の「科学の分類」は、あくまで「便宜上の分類」と考えればよいです。ものごとを整理・分類・体系化して、自分の立ち位置を客観的・共通概念的に明確にすることは大事ですから。
ただし、分類にも「ツリー構造」「階層構造」とか「ネットワーク構造」などいろいろあるし、ご質問のように「光」に対してどのようにアプローチするかでも分類が変わります。
「光」を認知する人間の側から「色彩学」とか「カラーコーディネート」を取り扱う分野だってあるし、それをさらに深く追求すれば「心理学」と呼ばれるものになるかもしれません。

従って、答は「誰も決めていない。便宜上、いろいろな分類がある」ということかな。

>高校までは物理と化学と生物で分けられていたと思うのですが、理系の大学ではまた異なる分け方なのですか?

はい、そうです。
小学校、中学校では「理科」ですよね?
それが、高校では「物理」「化学」「生物」「地学」程度に分かれるかな?
大学では、もっと細分化されて、「物理」は「力学」「電磁気学」「熱力学」「統計力学」などに、さらに「力学」も「古典力学」「解析力学」「量子力学」などに分かれますし、やや「工学」寄りには「材料力学」「流体力学」なども存在します。「量子力学」は「力学」の一部というより独立領域で「電磁気学」「原子・原子核物理」などと重なります。さらに「量子力学」を「化学」に適用した「量子化学」とか、物理と化学を含む「物理化学」、生物と化学を含む「生化学」など複数領域にまたがるものなど、いろいろです。
逆に、細分化しすぎているので、大学の講義では「科学概論」「近代科学史」とか「物理学概論」のような「全体を俯瞰する」科目もあるくらいです。
要するに、「対象が何で、それをどういう方向から、どういう手法でアプローチするか」というものの数だけ「○○学」があると考えても過言ではありません。

>あるいは学会があって、その学会の数だけ学問があるのですか?

それに近いです。「学会」というのは、閉塞的な純粋学問のための組織ではなく、その専門領域で広く社会と連携しようというものですから。
ただし、学者さんたちも「目立ちたがり」「組織のトップに立ちたい」という人が多いですから、勝手にどんどん「○○学会」を立ち上げて自分が「理事長」ポストにおさまるケースも多いです。決して「アカデミック」なものとは限りません。
「失敗学会」(これは結構有名です)、「日本笑い学会」「日本デジタルゲーム学会」「日本余暇学会」など、これも百花繚乱ですよ。

「失敗学会」
http://www.shippai.org/shippai/html/index.php

「日本笑い学会」
http://www.nwgk.jp/index.html

「日本デジタルゲーム学会」
http://digrajapan.org/

「日本余暇学会」
http://www.yokagakkai.jp/


>理工学部での内訳というか、何を学べるかみたいな一覧はどこかにないですか?

そもそも「理工学」といった段階で「理学」と「工学」のごちゃまぜですね。大学の学部名では「理工情報通信学部」などというのもありますね。
どう分類して、そこで何を学ぶのかは千差万別で、大学によって異なります。
とは言っても、大学の4年間、修士を入れても6年間で学べるのは「基本の基本」「専門を学ぶための基礎」程度であって、「専門」と呼べるものは「卒論・修論で1~2ケース試しにやってみる」程度に過ぎません。なので、やることはほとんど同じと考えてよいです。偏差値の高い大学ほど、いい先生やレベルの高い学生がいて、少し高度な深さまで学べるという差がある程度です。(間口を広くすると浅くしか学べないし、深く学ぼうと思ったら範囲を狭く絞らないといけない、というジレンマに陥るはずです)
なので、「何を学べるか」は「大学の案内」を見てください、としか言えませんし、どこも同じようなものです。大学では学部・学科によって指定される「必修科目」以外は自分で選ぶ「選択科目」ですから、自分が何を選ぶかということにも依存します。「楽をしたい」と思ったら、当然「学べるもの」は減ります。

No.2です。「お礼」に書かれたことについて。

>この辺りの学問の分け方はどこが決めているのですか?

誰も決めていません。そんな「神さま」みたいなものは存在しないのです。人間であれば、「権威」といわれる人ほど謙虚で身の程をわきまえており、そんな身に余る僭越なことはしません。文部科学省のこざかしい役人やそれに群がる「御用学者」が、「学習指導要領」などという「おかみ」の指示を出していますが、「ゆとり教育」だ「脱ゆとり」だ、日本語も満足に話せない小学生に英語教育だと、迷走ばかりして...続きを読む

Q水素原子の電子配置について

水素原子の電子配置についてのこの記事↓ですが、

http://th02.deviantart.net/fs71/PRE/f/2012/259/3/d/hydrogen_orbitals___poster_by_darksilverflame-d5ev4l6.png

つまり水素原子は周期表にある電子軌道1s1以外にも、周囲からエネルギーを与えることにより様々な電子軌道([Xe] 6s1)に転移させることが可能ということなのでしょーか?

Aベストアンサー

出来ますよ。例えば光を当てると光子の吸収が起きる。
水素の吸収線の研究はもう随分古い話です。

現象の名前は「励起」

Q核融合発電は成功するのか

「太陽を作る男たち」NHKを見ましたが、何となく成功しない気がしました。
核融合発電はうまくいくのでしょうか?


https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/253/2145695/index.html

Aベストアンサー

核融合現象自体は簡単に発生させられるが、発電となると、
(1) 投入した以上のエネルギーを取り出せなくちゃ話にならん。
(2) 燃料をどうやって安価に確保するか。
(3) 発生する放射性物質をどう始末するか。
という課題がある。
 ITERは(プロジェクトの運営が絶望的にぐちゃぐちゃになってるのを、なんとかマネジメントできたとすれば)かろうじて(1)を(建設・廃棄に要するエネルギーには目をつぶって)クリアできるとしても、(2)燃料を核反応で作らなきゃならんという所にひどい無理があって、運転するためのエネルギーと費用をどっさり必要とするに違いなく、すると(1)の収支が赤字になりかねない上に、(3)放射化によって大量の放射性物質が発生する、その処理に膨大なエネルギーとコストが掛かるだろう。(推進派の方々が「クリーン」だとか大嘘を言うけれど、バカにしてるのかそれともバカなのか。)
 なので、ITERは(実用には程遠いばかりか、)動作原理をスケールアップしても実用機が作れるという見込みがないでしょう。ITER以外の方式も(技術上の課題はそれぞれ違うけれども)(1)〜(3)が大問題であるという事情は同じ。もっとなんかスゲエ大発明が必要だな。

核融合現象自体は簡単に発生させられるが、発電となると、
(1) 投入した以上のエネルギーを取り出せなくちゃ話にならん。
(2) 燃料をどうやって安価に確保するか。
(3) 発生する放射性物質をどう始末するか。
という課題がある。
 ITERは(プロジェクトの運営が絶望的にぐちゃぐちゃになってるのを、なんとかマネジメントできたとすれば)かろうじて(1)を(建設・廃棄に要するエネルギーには目をつぶって)クリアできるとしても、(2)燃料を核反応で作らなきゃならんという所にひどい無理があって、運転するための...続きを読む

Qサビない素材といえば、ステンレスが一番に思い浮かびます。 あまり強度が必要でない場所に使うとき、他に

サビない素材といえば、ステンレスが一番に思い浮かびます。
あまり強度が必要でない場所に使うとき、他にはどんな素材がありますか?

Aベストアンサー

チタンが最高。ただし触媒として働くので特に強い光の場所には使えない。あとは単純にアルミ。少しぐらい錆びても良いなら昔ながらの真鍮。


人気Q&Aランキング