人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

シンプルに定義するにはどうしたらいいのでしょうか?

国籍だけでなく、血統から考えると日本は古来から中国朝鮮、またはペルシャまで人と物も交流がありました。
秦氏のように朝鮮系の氏族も昔からおりますし、百済のように数千人規模での移民もあります。

そんな中でタイトルに戻ると、日本人とは雑種であると思えてしまうのですが…。

A 回答 (18件中1~10件)

ホモサピエンス

    • good
    • 0

私が思うに、人が定住していたところから移住する理由は、今住んでいるところにいられなくなくなったからだと思います。


その理由は、食料がないから豊かな土地に行きたいというのなどありますが、一番遠くまで移住する理由は戦争で敵から逃れるということでしょう。

平家の落人、現代の難民もそうでしょう。

この考えからすると、日本は中国や朝鮮半島の戦争から逃げてくるには自然な場所だと思います。海の向こうの島ですから。

また、中国は古来よりもっとも戦争の多い場所で、始皇帝の時代日本は土民ばかりで、大陸の文明人にとっては日本で暮らすは楽だったと思います。

個人で海を渡るには困難ですが、国レベルなら来られると思います。政府の高官や王族なら日本島が存在することも知っていただろうし、船も食料も用意できる。渡ってくる知識もある。労働力もある。

私が行った和歌山の新宮は秦の始皇帝が不老不死を求め派遣した徐福の墓があります。大船団で来たという伝説です。和歌山のそのあたりは黒潮海流のせいか、海岸にフィリピンあたりのペットボトルなど大量のごみが漂着しています。
那智の滝にはインド人(名前は確か無着?)のお坊さんが1500年?前漂着し、ここに来て開山したなど書かれていました。おそらく、広東当たり流れてきたのでは?このように正式の仏教伝来ルートではない伝来は少なくないのでは?

新宮あたりは海外からの日本の玄関口の一つだったのではないでしょうか。熊野古道が新宮に繋がっているのとも関係があると思います。もしかしたら、天皇家はこの玄関口から新宮、吉野を通り飛鳥地方にたどり着き、政権を造ったのでは?南朝が吉野に逃げたのも心理的に頷けるし(ルーツへ戻る)、今だ天皇家が熊野古道を参詣するのも頷けます(ここから天皇家が始まった)。朝鮮半島から普通に日本に来るなら対馬ルート、隠岐あたりかと思いますが、普通のルートでは敵も追ってきますので、九州を経て、太平洋側から来るルートを使ったのでは。

韓国の慶州に行くと、奈良の飛鳥地方に雰囲気が似ています。人は自分の落ち着く場所に、ここに住もうと思うでしょう。ましや海外から逃げてきたな尚更故郷に似た地に落ち着くでしょう。日本の天皇家の儀式の服装・装飾品などは韓国のそれとそっくりです。天皇家の顔も韓国系でしょう。天皇家は新羅の王族と血縁関係にあるし、韓国と関係が深いのは一目瞭然です。おそらく、天皇家は朝鮮半島にかつてあった国の王族の本家か分家でしょう。戦争で追われて、一族、政府高官、高僧、博士、武官など何千人のエリートたちと日本に来て日本を統治したのでしょう。(高句麗の王族と高僧を1300年前に当時の政府が受け入れたもの前例があるからではないでしょうか。今の埼玉県高麗地方に子孫が住んでいます。)その時日本に来て国造りした優秀な人たちの遺伝子の中に「いつか故郷に帰り、再び朝鮮半島に我が国を造りたい」という本願があるのでは?今の政府や官僚のエリートたちも彼らの子孫は少なくないでしょう。

何万年も前、日本が大陸と陸続きだったころ、まだ中国で戦争もない頃、餌を追って、今の日本に住んでいたのが、縄文人の先祖じゃないでしょうか。その人たちがいわゆる日本島の土民で、あとから朝鮮半島や中国の人達が日本に来て、土民を支配して、混血していったのでは?

ちなみに縄文人というと、アイヌ人とか沖縄人という人もいますが、縄文人とひとくくりに行っても色々いたと考えるのが自然です。いわゆる大陸人に対し、それより先に日本島に住んでいた土民のことを縄文人と呼ぶのでしょう。イメージしやすいのは、大和政権後の関東より北にいた蝦夷(えみし)や古代にいた九州の隼人だとおもいますが、顔かたちや文化はアイヌ人や薩摩の顔の濃い人たち、いわゆる大陸系とは明らかに違う人たちなのではないかと思っています。縄文系は背はあまり大きくなく、骨太で丈夫で、ずんぐりむっくりで、毛深い。大陸系は腰が高く、スタイルがよく、体毛が薄い。

沖縄はまさにチャンプルで、ずんぐりむっくりの毛の濃い縄文人もいますが、韓国系が多いと思います。文化は韓国の影響が強いです。だから、琉球の支配階級は内地と同じく朝鮮系の王族一族でしょう。また、宮古島周辺は意外とラテン系が多いです。大航海時代にスペインあたりの人が来て混血しています。とりわけ、宮古島の隣の伊良部島はそういう顔(女性も眉が繋がっている)しているし、性格も情熱的で、街並みも似ているのです。街並みとは脳が創るので、あちらの遺伝子が入っていることになります。

おそらく江戸時代かその前くらいから北海道や青森、秋田にロシア人がぼちぼち来て、混血していたと思います。あっちは行ったことがないので、わかりませんが、地理的に混血しているのが自然です。特にロシア人は東に開拓していたので。

日本海側の福岡、山口、島根、鳥取、兵庫、京都、福井、石川、富山、新潟、などはいつの時代でも地理的に朝鮮半島から流入があったでしょう。九州や中国地方などは民間レベルで常時行き来していたでしょう。上記の土地は朝鮮部落も少なくなかったと思います。

今後遺伝子検査とAI技術が発展したら、世界中の民族のルーツは明確になると思いますが、それで都合の悪くなる人たちが情報公開の邪魔をするかもしれません。ヒトラーにユダヤ人の血が入ってたらそうするでしょうから。遺伝子の社会的優劣は明確にあるでしょうから差別につながり、結婚が大変です。血統に優劣がつきます。

長く妄想を書きましたが、「日本人とは何か」は脳死問題の「死とは何か」と同じで、「〇〇人」というのはあくまで人間の作った概念ですから、天然自然からすれば、国も民族も境目などなく、そんなものないのです。
    • good
    • 0

日本人ははるか昔に海没したムー大陸から来ています。


いまも、与那国島の海底にその名残りがあります。

日本人は海洋民族であり、稲作も日本から大陸に伝わりました。朝鮮半島には5000年前には人が住んでいません、それは考古学的に証明されます、そのころから縄文時代の前方後円墳や、はにわ、ひすい、などが出土しています。

つまり、5000年前ごろ縄文人が海をわたり、朝鮮半島の南に住み着き増えたわけです。
その頃の百済、新羅、高句麗は日本人でしょう。倭に朝貢して世継ぎを人質にしてましたから。その後新羅が裏切り、唐と新羅に連合軍が百済を攻め、百済の人は日本に逃げて来ました。
その後、残った男は殺され、女は北から来た民族と混血したのが今の韓国・朝鮮人です。

日本の皇室は世界一古いのです。
    • good
    • 0

>数千人規模


新羅に滅ぼされたとき、数十万人規模で移住したが、それ以前にも九州には百済に血族は百万規模でいた、だから韓国の人は九州は韓国のものだという。
>日本人とは雑種である
雑種で無い国民などいない。中国は他民族に支配され易姓革命が起きる度にデタラメになった。
    • good
    • 0

国籍以外のそれで定義すると、世界中どこみても純粋な〇〇人ってのは存在しなくなるんじゃないかと。


とりあえず国籍以外だと、家系図たどればずっと日本人だった人が今も日本人でいいんじゃないかと。
    • good
    • 0

質問者様や回答者の皆さまがおっしゃる通り、「日本人とは何か、どこから来たか」というのは古くから繰り返し発せらてきた疑問で一筋なわではいきません。

ひと昔前までは「万世一系」(如何にも古い表現ですね!)天皇のもと2万年以上に亘り(この日本の歴史の起点をいつにするのかも曖昧なのですが)明確な他国からの侵略を受けることなく独自の文化を築いてきた歴史から「純血」が広く喧伝された時期もありましたが、質問者様のおっしゃる通り、人種的には決して「純血」ではありません。むしろ様々な人種のハイブリッドですね。
あらためまして、私が「日本(人)」を考える時まず頭に浮かぶのは、鎖国中の日本に海外の人が船の事故などにより漂流してきた時、そこの漁民の礼節を含めた民度の高さに衝撃を受けた、という報告が数多くある事です。まあ漂流者にしてみれば藁にも縋りたい状況でしょうし、普段より過剰に感動した部分はあるでしょうが、「神」の存在も知らないであろう未開の地と思い込んでいた極東の地に一定の秩序を持った独自の文明らしきものがあることにかなりの感動というか、衝撃を受けたようです。さらに時代が下ってかの高名な世界的物理学者のアインシュタイン氏が日本人の事を「世界で一番最後まで残っていてほしい民族」とリップサービスもあるでしょうが語っています。アインシュタインは、先立って日本の文化を紹介してきていたラフカディオハーン(小泉八雲)同様に、人間主体で自然を支配•改変することで築かれてきた西洋文明と異なり、自然を愛しそれと共に生きていこうとする東洋的な文明のあり方とその可能性、その中で育まれた人達の優しく、上品で思いやりがあり気取らない民族性に感動したのです。私が「日本」を考える時、この彼らが西洋の目でみて感動してくれた独特の文明観が核となってきます。
再びあらためまして、私見ですが、私は「日本人」とは、ユダヤ人が人種を問わず「ユダヤ教を信じる者」とされている様に、「(人種を問わず)日本の自然•習慣に馴染み、日本の文物•文化を愛する人」と考えています。従って青い目の人達も「日本を愛してくれている」限り、日本人だと思っています。日本人の中でも特殊な京都人の様に「3代続けて住まなければ認められない」という厳しい基準も必要かもしれませんが。。。この結論はセンチメンタルすぎると思いますが
あくまで私見ですのでご容赦ください。長々と失礼しました。
    • good
    • 0

最近の日本は住みにくい。


それだけ。
    • good
    • 0

>シンプルに定義するにはどうしたらいいのでしょうか?



無理です。
複数の定義があり、そのときどきの話題で変わるので。

国籍の話をしてるのか、民族の話をしているのか、血統の話をしているのか、
全部定義が違います。
    • good
    • 0

日本人とは、日本国籍を有する者。



最近のDNAがらみで見ると、日本人はけっこう人種のるつぼっぽい感じらしいです。ルートが3つ、南方、韓半島、北方とそれぞれ別の人たちが入ってきて、それらが混血しているようですからね。
日本オリジナリティを、韓国起源論者のように頑なに信じようとする人も居るようですが、外からみたら良く似た人たちであります。
    • good
    • 0

<br /> この問題ではどんな目的(願望?)によるものかは不明ですが、いまだに半島に拘る意見があるようです。<br /> <

日本人と朝鮮人の関係の考察は↓のようになっています。

大陸と日本が繋がっていた時、中国に住んでいた「日本人と古代朝鮮人の共通の祖先の一つ」が、朝鮮半島と北海道→本州のルートに別れ、そこで別の民族と混血して今のそれぞれの民族になった。(日本列島が分離した後は、半島からの流入は殆んどない。)

↑によれば、
古代朝鮮人ですら、日本人のルーツではなく、物凄く遠い昔に分かれた親戚程度の関係でしかありません。
そして、現在の日韓の民族については、ほぼ無関係ということになります。



>日本人とは雑種であると思えてしまうのですが…。

真面目な質問を装っているようですが、文章からは悪意を感じます。
そもそもこのようなテーマに「雑種」という表現をつかうべきなのでしょうか。

あなたは他の民族や国民についてはどのようにお考えなのでしょうか。
あなたの屁理屈だと、少しでも他と交わった民族は雑種ということになります。
→中国朝鮮、またはペルシャも雑種。

質問者様は「完全な純血種としての人種や民族」が古代だけではなく現代でも、多民族から影響を受けずに存在しているとお考えになっているのでしょうか。
そして、質問の「雑種」とは、そのような民族=純血種としてのものでしょうか。



恥を掻きたくないなら、思い付きを言い散らかす前に考察した方がよいと思います。


>「日本人」とはなにか
>シンプルに定義するにはどうしたらいいのでしょうか?

どのような視点(文化、国籍、生物学)からの定義なのか不明なので回答できません。
質問前にこのことは考えましたか。

そして、世の中には簡単にできないものもある事を知って下さい。
というか、そちらの方が多いと思います。

バ○ほど「シンプル」という言葉にあこがれるようですが、
それができるのは、多くの意味を知っていてそれを短い言葉に込められる者だけです。
→その短い言葉を理解するには同じレベルが必要。(それを聞いても○鹿は必ず誤解する)
「「日本人」とはなにか」の回答画像9
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国人韓国人が嫌いなのは差別ですか? 好きになれません。

中国人韓国人が嫌いなのは差別ですか?

好きになれません。

Aベストアンサー

差別では無いです。
嫌がらせやマナーのとても悪い人達、反日の人を嫌いなのは当たり前です。
普通、暴走族やヤンキー、いじめっ子やDQNを好きになれますか?

Q60代後半〜70代前半の方達に、「昔は貧しかった。スマホやゲームもない。今の若者が羨ましい。」 とよ

60代後半〜70代前半の方達に、「昔は貧しかった。スマホやゲームもない。今の若者が羨ましい。」
とよく言われます。

※「貧しかった」は戦後の混乱期を指します。今年81歳になる祖父に当時の苦しさを頻繁に聞かされてるんで、よく理解してます。

この世代は、スマホがない。ゲームがない。貧しい。と思って暮らしてたわけじゃありませんよね?存在を知らないし。戦前の記憶もないんですから。
戦後混乱期〜昭和30年頃の娯楽を調べてみると、その時代はその時代なりの娯楽を楽しんでおり、今に比べて大勢で仲良く遊ぶことが多く、私からすると羨ましいです。

今の若者達だって、これから技術の発達で50年後くらいには、もっと便利な暮らしが当たり前になって、今の暮らしが不便に感じる時が来ると思います。

だから、今の若者も60代後半〜70代前半の方達もお互い様。一緒だと思うんですが、間違ってるでしょうか?

Aベストアンサー

アラフィフです。親が戦中の生まれなので、質問者様の祖父と同じぐらいです。

私の親も「昔は貧しかった。お前たちはいいな」と言われました。確かにアラフィフとはいえ、いや今のねんだいだからこそ高度成長期からバブルの恩恵を受けた世代であるとはいえます。

また私の祖父(すでに他界しましたが、生きていれば110歳)も私に「昔は貧しかった・・」といいました。祖父は大正デモクラシーの豊かな時代に青春を過ごしているので、戦中生まれの父よりも豊かだったはずなのにです。

そしてアラフィフになって最近周りの人たちが「昔は良かった。今の若者は・・」と言いだし始めました。

個人的にはすごくイヤです。少なくとも私たちの世代はバブルの真っただ中でまだネットも携帯もない(出る直前)でしたが、それでもものすごく豊かだったしバカなこともたくさんやってきた世代だからです。

だから年寄りが「昔は○○だった・・」というのは、適当に相槌をうっていればいいのです。そのかわり自分が年寄りになったときに「昔は○○だった、と言わない」覚悟はもってください。

Q日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

Aベストアンサー

太極旗は、李氏朝鮮(高宗)時代の1883年が最初
日の丸は、1870年制定

Q明治天皇以前に軍装をした最後の天皇は、どなたでしょうか?

今上天皇は軍装(軍服をまとう)をしませんでしたが、先代の明治・大正・昭和天皇は軍装をしましたね。
天皇家の草創期では、天皇は武人であるから、軍装したのはずですね。
ところで、明治天皇以前に軍装をした最後の天皇は、どなたでしょうか?

Aベストアンサー

太平記によると、南北朝時代の後村上天皇は鎧を着てました。
北朝の軍から逃れるときに鎧姿で馬に乗っていたそうです。

Qそもそも海自哨戒機は韓国海軍艦のそばに何故いたの?

韓国がレーダー放射したか、日本哨戒機が威嚇飛行したか…真実攻防
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000001-cnippou-kr

飛行機の速度から見たら船の動きは止まっていに等しいと思います。
これは偶然の遭遇なのですか?
それとも上空を行ったり来たり光学機器で撮影可能な距離をグルグルしていたのですか?
なぜその位置関係にあったのでしょう?

Aベストアンサー

哨戒機は哨戒活動をするものですよ。

Qなぜ、渤海の遺民の女真は九州を攻めたのでしょうか。日本と渤海は、終始仲が良かったのに攻めたところで女

なぜ、渤海の遺民の女真は九州を攻めたのでしょうか。日本と渤海は、終始仲が良かったのに攻めたところで女真のメリットがわかりません。教えて下さい。

Aベストアンサー

モンゴルに占領されたから
 モンゴルが日本攻撃の時に、手伝わなければ一族皆殺しだぞーと、脅されたから、それと海洋民族だったので船とかを持っていたから

Q元号は昔天皇が決めていた、一代で五回元号を変えたり、天皇自身の名前を4回変えたりしていた。 それで、

元号は昔天皇が決めていた、一代で五回元号を変えたり、天皇自身の名前を4回変えたりしていた。
それで、今上天皇皇后陛下が、相談して、新天皇に引き継げば良いのでは?

Aベストアンサー

その草案を出すのは、側近たち。天皇はあくまでも最後の決定権のみ。

今の天皇陛下にも、せめて、気に入らない案だったら拒否権発動できる権限与えたいです。

Q今年の大河ドラマ「西郷どん」と2008年放送の「篤姫」とを見比べて思ったのですが、「篤姫」では篤姫が

今年の大河ドラマ「西郷どん」と2008年放送の「篤姫」とを見比べて思ったのですが、「篤姫」では篤姫が幾島に文を託すも西郷に断られ、勝海舟に父成彬からの文を託し、それが西郷の心を動かし、江戸無血開城が決まり
、篤姫自身は西郷には会ってないようですが、「西郷どん」では勝海舟に会う前に幾島とも篤姫とも会う設定になっていますが、史実からするとどちらの方がより正しいのですか?

ナレーションでは「実に12年ぶりの再会となりました。」とあるので、「西郷どん」の方が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

史実には諸説あります。
だから小説も多数の作家のものがあります。
小説の脚本は、必ずしも「小説=脚本」とは限りません。

篤姫の場合、記録が少なく、NHKドラマは「脚本」があたかも
本当のように面白く(悲しく)描けていました。

西郷と勝の江戸城無血開城交渉は緊迫したなか行われましたので
これ以前に江戸城に入るのは無理だと思われ、これはドラマを
面白くするための脚本の所作と思われます。
つまり「西郷どん」はフィクションです。

そもそも、この時代のトップには「内戦回避、外国からの介入
回避」の認識があり、第一次長州征伐では激戦が起こりませんでした。
では薩長と徳川のNO2・3とNO1の激突である倒幕に何故
西郷は舵を切ったのでしょうか。
長州はともかく、西郷薩摩には「舵を切って」も「激突は回避され
る」と踏んでいたのでは、ないでしょうか。
こういう推理がスリルなのです。
歴史探訪の醍醐味です。


西郷さんには思い入れが強い人が多く、よく描かれることが
多いようです。
「人を愛し、弱きを助け、国を憂え、強くをくじき、ブレル
 ことなく突進し、信念は生涯変わることはなかった」など
と描かれ、作られる。
実際には、迷い、悩み、試行錯誤し失敗もし進んだのでは
ないでしょうか。
完全な人間などはいないのです。

史実には諸説あります。
だから小説も多数の作家のものがあります。
小説の脚本は、必ずしも「小説=脚本」とは限りません。

篤姫の場合、記録が少なく、NHKドラマは「脚本」があたかも
本当のように面白く(悲しく)描けていました。

西郷と勝の江戸城無血開城交渉は緊迫したなか行われましたので
これ以前に江戸城に入るのは無理だと思われ、これはドラマを
面白くするための脚本の所作と思われます。
つまり「西郷どん」はフィクションです。

そもそも、この時代のトップには「内戦回避、外国からの介入
...続きを読む

Qこの絵を説明して下さい!

この絵を説明して下さい!

Aベストアンサー

鍋に「バルカン トラブルズ」と書いている様ですね。

1900年初頭のバルカン半島は少数民族がひしめき合って、民族間の対立や列強国の干渉やらで、いつ戦争が起きてヨーロッパ諸国が巻き込まれてもおかしくは無い状態でした。

それで当時のバルカン半島は「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれていました。

その例えで「バルカン」という鍋が蓋を吹っ飛ばす程煮えたぎっているのを、ヨーロッパ列強国が大火傷しない様みんなで蓋を抑え込んでいようと、戦争を避けている情勢を皮肉った風刺画です。

それがサラエボ事件で全てがぶっ飛んでしまい、第一次世界大戦からベルリンの壁の崩壊までの間歴史に長いこと影響がありました。

Q宇宙空間に人間が投げ出された場合

SF映画などで、宇宙船の外部修理していて、
衝撃か何かで綱が外れ、宇宙空間に投げ出され、救出不可能になる場面がありますよね。
酸素が無くなりそのまま息絶えると思いますが、死後の身体的変化はどのようになりますか?
結果的には、ミイラのように骨だけ残るかな?と想像もできますが、
その途中経過では、腐敗するのでしょうか?

例えば、月や火星で、
宇宙服「無し」の酸素マスクだけで1時間ぐらい耐えられますか?
(10~30度で耐えられる適温の場所と時間だとして)
(皮膚呼吸も関係ありそうですが、数時間ぐらい酸素が無くてもほとんど影響無い説もありますよね)
それとも何らかの外気物質や水分消失で、一瞬で皮膚に障害が起こりますか?

鉢植えの植物(サボテンなど)が、どの程度生存できるか、実験してみたいです。

Aベストアンサー

SF小説大好きです。

まず「人間が裸で宇宙に放り出されたらどうなるか」と言う点ですが、1気圧が0気圧になっても人間は爆発しません。皮膚などの張力がかなり強いからで、だからそれなりの服を着ていれば、息を止めて(正確には肺が破裂しないように吐きながら)宇宙空間をさまよっても数分ならなんとかなるだろう、とされています。

宇宙服を着ている場合、生命維持装置が働いている間は問題ないでしょう。しかし、数時間すると酸素が減り、二酸化炭素が増えて酸欠症で人は死にます。

しかし、人が死んでも宇宙服の気密が破れていない限りは、そこそこ長い間空気は宇宙服内にとどまり、少しずつ減っていきます。また基本的に生命維持装置の動力が切れれば、零下というか絶対零度に近い宇宙空間なので死んだ人間の体は凍り、バクテリアや細菌が繁殖する余裕はないと思います。

しかし宇宙服はすこしずつ漏れてしまうので、水分などは徐々に失われていき(地上の零下の場所でもタオルを干せば乾くので、どれほど寒くても水分などは失われます)、中の人間はフリーズドライ状態になるはずです。

もっとも太陽の熱をずっと浴び続けて宇宙服の中が暑くなるなら、バクテリアなどで自然分解されるかもしれません。そして宇宙服から水分などが漏れて、いずれ干からび、どろどろの干からびた物体が宇宙服の中にある、と言うことになるかもしれません。

SF小説大好きです。

まず「人間が裸で宇宙に放り出されたらどうなるか」と言う点ですが、1気圧が0気圧になっても人間は爆発しません。皮膚などの張力がかなり強いからで、だからそれなりの服を着ていれば、息を止めて(正確には肺が破裂しないように吐きながら)宇宙空間をさまよっても数分ならなんとかなるだろう、とされています。

宇宙服を着ている場合、生命維持装置が働いている間は問題ないでしょう。しかし、数時間すると酸素が減り、二酸化炭素が増えて酸欠症で人は死にます。

しかし、人が死んで...続きを読む


人気Q&Aランキング