人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

(3)がよく理解できないので、わかりやすく教えてくたさい!

「(3)がよく理解できないので、わかりやす」の質問画像

A 回答 (1件)

なんか、変な問題ですね。


(a) の「音源SおよびTの右側」っていったい何でしょうね。どっちを向いて、誰から見て「右側」なのでしょうか。
「音源SおよびTの内側」ではなく「外側」ということなのでしょうが、「右側」はないでしょう。

(1) 波長が 340 [m] / 200 [Hz] = 1.7 [m] ですから、音源SおよびTから出た波が強め合うためには、最短で 1.7 m 離れていないといけませんね。

(2) 定常波の「腹」の間隔ですから、(1/2) 波長の 0.85 m 間隔ですね。

(3) Sからの距離を x [m] とすると、Tからの距離は (5.6 - x) [m] になります。
 この2つの距離の差が「波長の整数倍」になっていれば、相互に強め合うことになります。これは「光の干渉」などと同じ「波の干渉」の考え方です。
↓ 波の干渉
https://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/wave/housoku/ …

n を整数として
 [ x - (5.6 - x) ] = 1.7n
→ 2x - 5.6 = 1.7n
→ x = 2.8 + 0.85n
最も小さい正の x は、n=-3 のときで
 x = 2.8 - 2.55 = 0.25 [m]
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学の課題なのですが、説明出来る方いますでしょうか? 助けて欲しいです!! よければ、お願いします!

数学の課題なのですが、説明出来る方いますでしょうか?
助けて欲しいです!!
よければ、お願いします!!!

「円の方程式」「三角法」「ベクトル」「行列」「運動」のうち3つを選択し、CG/
ゲームの制作にそれぞれどのように関わりうるかを考え、記述しなさい。
CG/ゲームの種類やそこでの具体的な局面について出来るだけ具体的に記述すること。
また、選択した項目がさらに複数の細目を含む場合は、特定のひとつの細目に限定して記述してよい。例えば、「ベクトル」を選択した場合、「ベクトルの外積」についてのみ解説するということでよい。

Aベストアンサー

こんばんは。
「三角法」:遠近的に見えるコンピューター画像に使われています。
 建物等が3次元で見える様な画像。
「円の方程式」:①ボールがバウンドして見える映像。
 パソコンのスクリーンセーバで、複数のボウルが4つの壁に跳ね返りを
 繰り返している様な画像に使われる。
「行列」:何かの3D画像(例えば、車、飛行機)などで、マウスを操作しながら、
 回転させたり、移動させたりする場合、行列を使うと計算が楽。
「運動」:CGで車やロケットといった物体の動きを見せる映像には、運動に関する
 物理的な法則も使って、動いている様に見せる。
「ベクトル」:3D映像で動きをCGさせる時にどの方向に、どの程度(速度など)
 を表すのに使えるでしょう。

何か、見本の映像が分かり易かなと思ったけど、You tubeで「CG 数学」とか
「円の方程式」「三角法」「ベクトル」「行列」「運動」の言葉とCGで組み合わせて検索すれば、具体的なものが見えます。
以下引用で、You tubeで見つけたカオスのCGです。
(https://www.youtube.com/watch?v=y1sXtWdSkWs)

ご参考まで。頑張って下さい。

こんばんは。
「三角法」:遠近的に見えるコンピューター画像に使われています。
 建物等が3次元で見える様な画像。
「円の方程式」:①ボールがバウンドして見える映像。
 パソコンのスクリーンセーバで、複数のボウルが4つの壁に跳ね返りを
 繰り返している様な画像に使われる。
「行列」:何かの3D画像(例えば、車、飛行機)などで、マウスを操作しながら、
 回転させたり、移動させたりする場合、行列を使うと計算が楽。
「運動」:CGで車やロケットといった物体の動きを見せる映像には、運動に関する
 ...続きを読む

Q理解力に貧しく申し訳ありません よろしければ、噛み砕いて教えていただけないでしょうか?

理解力に貧しく申し訳ありません
よろしければ、噛み砕いて教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

たとえば311927という数字について11の倍数かどうかを確かめてみます。

一の位は7です。
そこからひとつおきに…百の位(9)、万の位(1)と取った数の和aは a=7+9+1=17
十の位からひとつおきに取った数の和bは b=2+1+3=6

これより a-b=17-6=11 となり、311927は11の倍数です。

Q二段目から三段目の計算の仕方がわかりません。 よろしくお願いします!

二段目から三段目の計算の仕方がわかりません。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

解いたわけではないけれど、たぶん。
(x+y)^nと二項定理、二項定理とC、のところを勉強してみたら?
たぶん、ですよ。はずれてたらごめん。

Qこの解き方教えてください15です

この解き方教えてください15です

Aベストアンサー

sin(90ーθ)=cosθ
cos(90-θ)=sinθ
sin^2θ+cos^2θ=1を利用してるだけ!
よって
1ー1=0

Q因数分解!!!!! 最後どのように因数分解すればよいですか!! 教えてください!

因数分解!!!!!



最後どのように因数分解すればよいですか!!
教えてください!

Aベストアンサー

そもそも最初の式はどういうもの? 右が切れていて見えないよ。
下の行からすると
(x + 1)(x + 2)(x + 3)(x + 4) - 24
っぽいけれど。

だったら、途中まであなたと同じで

(x + 1)(x + 2)(x + 3)(x + 4) - 24
= [(x + 1)(x + 4)][(x + 2)(x + 3)] - 24
= [x^2 + 5x + 4][x^2 + 5x + 6] - 24
= [(x^2 + 5x) + 4][(x^2 + 5x) + 6] - 24
= (x^2 + 5x)^2 + 10(x^2 + 5x) + 24 - 24
= (x^2 + 5x)^2 + 10(x^2 + 5x)
= (x^2 + 5x)[(x^2 + 5x) + 10 ]
= x(x + 5)(x^2 + 5x + 10)

でいいんじゃないの?

Q3番を教えてくだい!1番と2番は分かりました!

3番を教えてくだい!1番と2番は分かりました!

Aベストアンサー

△ABD+△ADC=△ABC
これで出せました。(1)で面積出してるのでおそらく使うだろうと予測して進めました。すると上手いことaの式になったので出せました。

Q高1、化学の問題です。 画像の10-2と10-3が分かりません。 10-2の答えは33.6L 10-

高1、化学の問題です。

画像の10-2と10-3が分かりません。
10-2の答えは33.6L
10-3の答えは5.6Lです。
求め方教えてください。

Aベストアンサー

・気体の1モルは、種類に関係なく22.4ℓ①
・反応式の係数はモルを表す(この関係は比例する)

(2)
N2 + 3H2 → 2NH3
アンモニア1モルと水素3モルが反応する。⇒1:3
∴水素=11.2×3=33.6ℓ

(3)
炭素1モルで2酸化炭素1モルが出来る、と式は言っている。

炭素の1モル=12g。3gなら3/12=1/4モル。
2酸化炭素も1/4モル出来る。
一番上の①より、計算セーヨ!

Q数2 この問題がわかりません。 矢印以降から全部わからないので教えてください!

数2
この問題がわかりません。
矢印以降から全部わからないので教えてください!

Aベストアンサー

「x - y の最大値・最小値」を求めるので、それを
 k = x - y   ①
と置いています。「k の最大値・最小値」を求めるということです。

この k は、位置を書き換えれば
 y = x - k   ②
ですから、「直線」のグラフで、y切片が「-k」です。つまり、「x^2 + y^2 ≦ 4」を満たす x, y で②の直線を引いたときに、
・直線が一番上にあるとき、つまり「y 切片が一番大きい」ときに「-k」が最大、つまり「k が最小」  ③
・直線が一番下にあるとき、つまり「y 切片が一番小さい」ときに「-k」が最小、つまり「k が最大」  ④
になるということになります。

ここまでが分かれば、あとは「x^2 + y^2 ≦ 4 を満たす x, y 」とは「円の中」ということですから、②の直線がこの円を通るときの
・直線が一番上にあるとき
・直線が一番下にあるとき
を見つければよいわけです。

図を描いてみれば
・直線が一番上にあるとき=円の左斜め上で直線が円に接するとき
・直線が一番下にあるとき=円の右斜め下で直線が円に接するとき
ということが分かります。

②の直線は「傾きが1」つまり「右上に 45°の直線」ですので
・円の左斜め上で直線が円に接するとき=接点の座標は (-√2, √2)
 →①より √2 = -√2 - k、従って k = -2√2。③より、これが「最小値」
・円の右斜め下で直線が円に接するとき=接点の座標は (√2, -√2)
 →①より -√2 = √2 - k、従って k = 2√2。④より、これが「最大値」
と求まります。

お示しの解説では、確かに5行目の「ゆえに~」からが分かりづらいですね。
ここで言っているのは、
・②の直線と原点との最短距離は②の直線は「傾きが1」つまり「右上に 45°の直線」なので、原点との最短距離は
  |k|/√2
である。
・この「最短距離」が円の半径以下であれば、直線は円の中を通る
ということなのだろうと思いますが、式の分母「 √[ 1^2 + (-1)^2 ] 」が何を表わしているのか、説明がないと分かりませんよね。
不等式の左辺が「②の直線と原点との最短距離」つまり「長さ |k| を底辺とする直角二等辺三角形の等辺の長さ」を求めているのだ、ということをキチンと書いてほしいですね。

「x - y の最大値・最小値」を求めるので、それを
 k = x - y   ①
と置いています。「k の最大値・最小値」を求めるということです。

この k は、位置を書き換えれば
 y = x - k   ②
ですから、「直線」のグラフで、y切片が「-k」です。つまり、「x^2 + y^2 ≦ 4」を満たす x, y で②の直線を引いたときに、
・直線が一番上にあるとき、つまり「y 切片が一番大きい」ときに「-k」が最大、つまり「k が最小」  ③
・直線が一番下にあるとき、つまり「y 切片が一番小さい」ときに「-k」が最小、つまり「k が...続きを読む

QなぜDFE=x + 49と書くのですか?

なぜDFE=x + 49と書くのですか?

Aベストアンサー

外角の定理から
∠A+∠C=∠DFE
本問では∠C=49
問題が∠Aを求めろという事なのかもしれませんが
∠A=xと置けば、この式は
x+49=∠DFEになりますよ!
(下の画像が指し示すところの角についての式です)

Qこのような問題は今まで解いたことがない。

このような問題は今まで解いたことがない。

Aベストアンサー

私は中学生になったとき理科の先生から「理科室にあるものは水道水以外口に入れてはならない」と真っ先に言われました。


人気Q&Aランキング