マーベルの伝説はこの男から…。アイアンマンを紐解く! >>

化学の質問なのですが、メタン24mgに光を照射しながら塩素を作用させると、メタンの1部からクロロメタンが生じた。 という文があり、これで出来る混合物中のメタンとクロロメタンの物質量の合計は、はじめに用意したメタンの物質量と等しくなる とあるのですが、それはなぜなんでしょうか?

A 回答 (3件)

もし、反応前にメタンの分子が10個あったとして、光照射し塩素を作用させたら、


10個のメタン分子の内2個が反応してクロロメタンに変化したとしましょう。
反応後のメタンとクロロメタンの分子の合計は、10個で反応前のメタンの分子数と
同じだということは理解できますか?
今回、反応前のメタンは24mgです。
その中には、非常にたくさんの分子が含まれています。
一部が反応しても、今回の反応ではメタンとクロロメタン合計の分子数は変わりません。
物質量とは1molが6.02×10^23個の分子ということですから、反応前後で
トータルの物質量は等しいということです。
どの様な反応でも常に成り立つ訳ではありません。
なぜそうなるのかをしっかり理解しましょう。
    • good
    • 0

違うとしたらその差はどうなっている?

    • good
    • 1

それは反応が以下の連鎖反応で起きるからです。


Cl2 → 2Cl・ (光開始反応)
Cl・ + CCH4 → CH3・+ HCl (連鎖反応第一)
CH3・+ Cl2 → CH3Cl + Cl・ (連鎖反応第二)
H・ + Cl・→ HCl (停止反応)
数合わせは自分でやってみて下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学式の区分として、組成式はイオン結合分子、分子式は共有結合分子に使うという縛りはありますか?

化学式の区分として、組成式はイオン結合分子、分子式は共有結合分子に使うという縛りはありますか?

Aベストアンサー

分子であれば分子式が使えるし、分子でなければ分子式は使えない。
名前のまんま、それだけの話です。
組成式であれば、基本的にあらゆる化学種に使えます。

Qどうして問3は 理想気体の状態方程式から求めるんでしょうか? 4.98ℓが分かっているので 4.98

どうして問3は
理想気体の状態方程式から求めるんでしょうか?

4.98ℓが分かっているので
4.98/44.8 molではないんですか?

電子と合わせた気体の物質量の対応は1対1なのに
上のやり方じゃ間違えます。
どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

>どうして問3は
>理想気体の状態方程式から求めるんでしょうか?

だって、標準状態じゃないでしょう?

Qメチルオレンジを加えた水に塩素を吹き込んだら黄色に変わりました。どうしてでしょうか?

メチルオレンジを加えた水に塩素を吹き込んだら黄色に変わりました。どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

塩素のどういう性質でしょうか?
漂白作用のことであれば、漂白されて色が薄くなったとすれば良いでしょうけど、そもそも、そうなるのはなんらかの化学反応が起こっているからであり、化学的な議論をするのであれば、どのような反応が起こって無色、あるいは色の薄い物質になったかまで記述する必要があります。

ただ、「塩素の性質について理解する」という、さほどの厳密性を求めているとは思えない実験であるなら、「漂白されて色が薄くなった」というレベルの話じゃないですか。

Qアトキンス物理化学に 1molecule=1mol/アボガドロ定数 って書いてあったんですけど、 間

アトキンス物理化学に
1molecule=1mol/アボガドロ定数
って書いてあったんですけど、
間違ってると思うんですけど、どうですか

Aベストアンサー

間違ってはいません。昔は1Daltonなども使いました。アトキンス先生は原子分子に単位が無いのは不合理だと思ったのでこう定義しただけです。
現在原子量分子量には単位がありません。単位が無いのにその値にgを付けてアボガドロ数で乗じたらモル質量になることに抵抗のある人は非常に多く、化学が嫌いな人の大多数がこの合理的だが理解しづらい点でつまずくので、そこを突破する為にこう書いたのだと思います。もちろんアトキンスの教科書が最初に出たのは50年以上前なのでその当時の雰囲気だったとも言えるでしょう。

Qポリ酢酸ビニルの実験式がC2H3Oで表されるらしいのですがどういうことですか? 実験式とはなんですか

ポリ酢酸ビニルの実験式がC2H3Oで表されるらしいのですがどういうことですか?
実験式とはなんですか?

Aベストアンサー

化合物を構成する原子の種類と、その個数の最も簡単な整数比を表すのが実験式です。 実験式と分子量の測定値から、分子式を知ることができます。 因みに、ポリ酢酸ビニルの分子式は C4H6O2 で、原子の個数を最も簡単な整数比にした実験式はC2H3Oです。

Q化学基礎の問題です 【塩素の同位体の存在比を35Cl(相対質量35.0):37Cl(相対質量37.0

化学基礎の問題です
【塩素の同位体の存在比を35Cl(相対質量35.0):37Cl(相対質量37.0)=3:1とする。このとき、相対質量72.0の塩素分子Cl2は、全ての塩素分子の何%を占めるか】

この問題の解き方を教えてください!

Aベストアンサー

>1にしないと都合が悪くなるから2通り考えているだけですよね?
違います。
非常にたくさんあるものの中から2個を取る場合に、1個目が35(確率3/4)で2個目が37(確率1/4)の場合と、1個目が37(確率1/4)で2個目が35(確率3/4)の時に分子量が72になるからです。まあ、組み合わせという言い方は誤解を招くかもしれませんし、それを組み合わせではなく、重複順列であると認識するのはあなたの自由ですが、その認識自体にさほどの意味はないと思いますよ。そういった言葉の定義に問題ではありませんから。たとえば、6x10^23といった非常に多くの数の原子の中から2個を抜き取る時の組み合わせを考えることがこの問題の解法であり、その個数が極めて多く、しかも特定されていないので、便宜上、誤差範囲内での判断基準となる確率、あるいは期待値で代用しているだけです。

>NiPdPtさんも言うように、数学の「組み合わせ」で考えてしまったら35-37と37-35の区別はつけないってことになりますよね?
もちろん、35-37と37-35は同一物ですが、ここでは同一かどうかを議論しているわけではありません。
たとえば、赤白2個づつの玉があり、それから2個を抜き取る取った時には、赤赤、赤白、白白の3種類がありますが、それぞれになる確率が1/3ではありません。赤白=白赤の確率が1/2です。ここで議論しているのは、結果として何種類のCl2分子が存在するかという話ではありません。あなたがいっているような「35-37と37-35の区別はつけないってことになりますよね?」のような発想は、「何種類のCl2分子が存在するかという話」の中で語ることであり、「相対質量72.0の塩素分子Cl2は、全ての塩素分子の何%を占めるか」という問題の趣旨とは別の話になります。

>1にしないと都合が悪くなるから2通り考えているだけですよね?
違います。
非常にたくさんあるものの中から2個を取る場合に、1個目が35(確率3/4)で2個目が37(確率1/4)の場合と、1個目が37(確率1/4)で2個目が35(確率3/4)の時に分子量が72になるからです。まあ、組み合わせという言い方は誤解を招くかもしれませんし、それを組み合わせではなく、重複順列であると認識するのはあなたの自由ですが、その認識自体にさほどの意味はないと思いますよ。そういった言葉の定義に問題ではありませんから。たと...続きを読む

Q中3 化学の問題です。解き方がわからないので、教えていただけると助かります! ↓ 次のように酸化還元

中3 化学の問題です。解き方がわからないので、教えていただけると助かります!



次のように酸化還元滴定の実験を行った。

0.080mol/L のヨウ素水溶液(ヨウ化カリウムを含む)100mL に、ある一定量の二酸化硫黄をゆっくりと通し反応させた。
この反応溶液中に残ったヨウ素を定量するため、デンプンを指示薬として加え、0.080mol/L のチオ硫酸ナトリウムで滴定した。25mLを加えたときに、溶液の色が変化した。

ただし、実験において、ヨウ素とチオ硫酸ナトリウムとは、(式1)のように反応する。

【問題】『ある一定量の二酸化硫黄をゆっくりと通し反応させた』で反応した二酸化硫黄の物質量〔mol〕を求め、有効数字2桁で示せ。


添付写真は(式1)と、解答です。

解答はあるのですが、どうしてそうなるのか わかりません。
解き方を教えていただけると嬉しいです。
どうか よろしくお願いします!

Aベストアンサー

0.080mol/Lのチオ硫酸ナトリウム25mLに含まれるチオ硫酸ナトリウムは

 0.080×25/1000=0.0020(mol)

反応式よりヨウ素とチオ硫酸ナトリウムは1:2で反応するから、残っていたヨウ素は

 0.0020÷2=0.0010(mol)

0.080mol/L のヨウ素水溶液100mLに含まれるヨウ素は

 0.080×100/1000=0.0080(mol)

これより反応したヨウ素は

 元々あったヨウ素-残っていたヨウ素=0.0080-0.0010=0.0070(mol)

二酸化硫黄とヨウ素は1:1で反応するので、反応した二酸化硫黄の物質量は反応したヨウ素の物質量と等しく、0.0070=7.0×10^(-3)molとなります。

Qルシャトリエの原理について疑問がありますので教えてください

A₂ + 3B₂ ⇔ 2AB₃ + Qkj (発熱反応とする)

という可逆反応があるとします。
ルシャトリエの原理により、温度をあげれば、温度を下げる方向、つまり左方向に平衡が移動するわけですが、温度をあげたら圧力があがり右に平衡が移動すると考えると、どちらに平衡が移動するか判断がつけられなくないですか?

解答では左方向となっていたのでなぜそう言えるのか気になったので質問致しました。
どうぞご解説のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

この反応において正反応(右)は発熱反応です。系の温度をあげれば「温度があがらない方向に移動する」(ルシャトリエ)つまり左方向に反応は移動します。このとき「そうすると圧が高くなる」と考えるのは正しい捉え方じゃなくなります。ルシャトリエの原理は温度なら温度だけ、圧なら圧だけというふうに一つの要素だけを考えて反応の移動を判断するようにしたらいいかと思います。なので解答の「左」は正しいことになります。

Q化学反応式と物質量、について質問です。 係数比=反応する分子の数の比=反応するmol比 と、授業で習

化学反応式と物質量、について質問です。

係数比=反応する分子の数の比=反応するmol比

と、授業で習ったのですが何故こうなるのかが理解出来ずにいます...。
molとは数を表すことも出来る、ということは分かるのですが
なぜ分子の数とmolが一致するのでしょう?
解説したいただけるとありがたいです....。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>なぜ分子の数とmolが一致するのでしょう?
分子数と"mol"は一致しません。
一致しているのは「分子数の『比』」と「物質量(いわゆるモル)の『比』」です。

たとえば 2H2 + O2 → 2H2O という化学反応式は
水素分子2個と酸素分子1個が反応し、水分子2個が生成するという「比」を表しています。
つまり、「水素分子4個と酸素分子2個が反応し、水分子4個が生成する」でも同じ比ですし
「水素分子 2n 個と酸素分子 n 個が反応し、水分子 2n 個が生成する」でも同じ比です。

この n が 1 mol に相当する個数なら、「水素分子 2n 個と酸素分子 n 個が反応し、水分子 2n 個が生成する」は
「水素分子2molと酸素分子1molが反応し、水分子2molが生成する」ということと同じことだと分かります。

このように反応式の係数「比」=分子数の「比」=物質量の「比」です。

Q「質量数12の炭素原子1個の質量は、1.993×10^-23gであるが、値が非常に小さくて扱いにくい

「質量数12の炭素原子1個の質量は、1.993×10^-23gであるが、値が非常に小さくて扱いにくいため、その原子量を12.00000と定め...」

という文がテキストにあるのですが最後「12.00000」という書き方をしているのは何故でしょうか?
「12」と書かない理由を教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

科学の世界では有効数字というものがあります。
数学ではそういうものはないので12と書けば12ちょうどになるのですが、科学の世界では、様々な測定において誤差が付きまといます。なので、その数値がどの程度正確であるかということを示すために有効数字を使います。

その場合、たとえば、12の意味は、11.5以上で12.5未満のいずれかの値という意味になり数%の誤差がある可能性を含んでいます。
その一方で、12.00と書けば、11.995以上12.005未満という意味になるので、可能な誤差は上記のものの100分の1になります。
質量数12の炭素に関しては、正確に12であると定義されていますので、12.00・・・で表すのであれば、測定可能な限界の誤差まで対応できるような数だけの0がつきます。もちろん、本来は無限に0がつくことになりますが、それだけの精度が出せないので有限な数の0がつくということです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較