人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

先月急死した父親が、生前、母親の印鑑証明と実印を持ち出して、挙げ句の果てには紛失した!という事件があったそうです。ちなみに所有しているマンションの名義は20年ほど前に母親に書き換え変更しています。
この場合、どういう可能性が考えられますでしょうか?
●父が、母親をなんらかの借金の連帯保証人に設定した?
●マンションを担保になんらかの借金をした?
父親の相続に関しては、相続放棄もしくは限定承認という対応になりますが、上記の通りの心配が懸念されると、次に母親が亡くなった時にも、単純相続ではなく、限定承認という対応をせねばならないでしょうか?
マンションの登記簿を取れば、担保に入れられているかどうかは確実に判明しますか?マンションの権利書は手元にあるのですが、ローン完済の検印?以外は特に記載はないのですが、これなら安心ですか?

父親の財産を相続放棄しなければいけない理由は、生前知人の借金の連帯保証人になっており、保証協会への損害金が膨れ上がりかなり高額になっているためです。

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

この場合、どういう可能性が考えられますでしょうか?


●父が、母親をなんらかの借金の連帯保証人に設定した?
●マンションを担保になんらかの借金をした?
  ↑
一般に考えられるのはそうしたことですね。
後は・・お母さんの代理として、色々な
法律行為をしたとか。
この場合は、代理行為が有効になる可能性が
あります。
表見代理といいます。



次に母親が亡くなった時にも、単純相続ではなく、
限定承認という対応をせねばならないでしょうか?
  ↑
放置して、借金などが判明した時点で
相続放棄をする、ということも可能です。
相続放棄は三ヶ月以内ですが、借金の存在を
知った時から計算出来る、という判例が
出ています。



マンションの登記簿を取れば、担保に入れられているかどうかは
確実に判明しますか?
 ↑
確実ではありません。
わが国では、登記は対抗要件に過ぎません。
登記を経なくても、担保設定契約は有効です。



マンションの権利書は手元にあるのですが、ローン完済の検印?
以外は特に記載はないのですが、これなら安心ですか?
  ↑
登記簿を確かめましょう。
また、前述したように、登記が無くても
抵当権などの担保設定契約は有効です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
まずは、登記簿を確認しようと思います。
登記を経なくても担保設定契約ができるとは、恐ろしいですね。父親の債務をこの際洗い出したいと思うので、限定承認という形で公示すれば、債務者が名乗りを上げてくるでしょうからある程度は把握できるかと思います。ただ、母が借金した事になっていたら厄介ですね。

お礼日時:2018/12/27 06:27

連帯保証人、借用書などの偽造は裁判所に申し出て署名筆跡鑑定してもらっては?



>権利書は手元にある

法務局で新たに名義書き換えの申請書(2通)を提出したら副本が新しい権利書になりますから、その権利書は「無効」と抗議します。(裁判で争う)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
手元に権利書があるから安心というわけではないのですね。
今の時点では、なんの借金があるか、もしくはないのか全く見えないため、下手したら、母が亡くなってから発覚する可能性もあり、気持ちがすっきりしません。トラブルが生じた際には、即刻専門家に相談するのがベストなようですね。

お礼日時:2018/12/27 06:18

本人の承諾なしに勝手に担保にしたり


連帯保証人になるなどはありません。無効です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
くれぐれもそう願いたいところなのですが、委任状を偽造すれば簡単にできてしまわないか?と心配しております。

お礼日時:2018/12/27 03:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私は地主です。その上に私ではない名義の家が建っています。立ち退きを希望していますが、法律上可能でしょ

私は地主です。その上に私ではない名義の家が建っています。立ち退きを希望していますが、法律上可能でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

 「法律上可能でしょうか?」とありますので、少し法律を引用してみます。

◇借地借家法
 借地に関しては「借地借家法」(以下「法」と書きます。)に定めがあります。

 借地について簡単に書きますと、法では、借地上に建物があり、そこで生活している限り借地権は更新できることになっています。
 存続期間満了後も、更新しないことに正当の事由があると認められる場合でなければ借地契約の法定更新が認められ(第5条)、借地権設定者からの更新拒絶に制限があり(第6条)、地主から借地権の返還を要求されても拒否する権利があります。
 更新しないことに正当な理由とは、過去に認められたケースでは「長期間にわたって建物が無人で使用されていない」、「建物の劣化がひどく、倒壊などの恐れがある」などです。

◇定期借地権
 上記のとおり、通常の借地権には、借地権者に有利な扱いがされており、これらの規定に反する特約で借地権者に不利なものは、無効とされますが、存続期間を50年以上として借地権を設定する場合は、契約の更新を認めない特約をすることができます(第22条)。この特約が付された借地権を定期借地権といい、平成4年8月より施行されています。

 以上から…

………

>その上に私ではない名義の家が建っています。立ち退きを希望していますが、法律上可能でしょうか?

 建物が建っている場合は、何もしなくても借地契約が更新されます。もし地主が更新を拒否したとしても正当事由が認められなければ契約は継続されます。
 ですから、正当な理由がない限り、賃貸契約解除についての相手の合意がないと立ち退きは難しいです。

 ただし、定期借地権の契約を結んでおられる場合は可能です。

………
【借地借家法】
(借地権の存続期間)
第三条 借地権の存続期間は、三十年とする。ただし、契約でこれより長い期間を定めたときは、その期間とする。

(借地権の更新後の期間)
第四条 当事者が借地契約を更新する場合においては、その期間は、更新の日から十年(借地権の設定後の最初の更新にあっては、二十年)とする。ただし、当事者がこれより長い期間を定めたときは、その期間とする。

(借地契約の更新請求等)
第五条 借地権の存続期間が満了する場合において、借地権者が契約の更新を請求したときは、建物がある場合に限り、前条の規定によるもののほか、従前の契約と同一の条件で契約を更新したものとみなす。ただし、借地権設定者が遅滞なく異議を述べたときは、この限りでない。
2 借地権の存続期間が満了した後、借地権者が土地の使用を継続するときも、建物がある場合に限り、前項と同様とする。
3 転借地権が設定されている場合においては、転借地権者がする土地の使用の継続を借地権者がする土地の使用の継続とみなして、借地権者と借地権設定者との間について前項の規定を適用する。

(借地契約の更新拒絶の要件)
第六条 前条の異議は、借地権設定者及び借地権者(転借地権者を含む。以下この条において同じ。)が土地の使用を必要とする事情のほか、借地に関する従前の経過及び土地の利用状況並びに借地権設定者が土地の明渡しの条件として又は土地の明渡しと引換えに借地権者に対して財産上の給付をする旨の申出をした場合におけるその申出を考慮して、正当の事由があると認められる場合でなければ、述べることができない。

(定期借地権)
第二十二条 存続期間を五十年以上として借地権を設定する場合においては、第九条及び第十六条の規定にかかわらず、契約の更新(更新の請求及び土地の使用の継続によるものを含む。次条第一項において同じ。)及び建物の築造による存続期間の延長がなく、並びに第十三条の規定による買取りの請求をしないこととする旨を定めることができる。この場合においては、その特約は、公正証書による等書面によってしなければならない。

こんにちは。

 「法律上可能でしょうか?」とありますので、少し法律を引用してみます。

◇借地借家法
 借地に関しては「借地借家法」(以下「法」と書きます。)に定めがあります。

 借地について簡単に書きますと、法では、借地上に建物があり、そこで生活している限り借地権は更新できることになっています。
 存続期間満了後も、更新しないことに正当の事由があると認められる場合でなければ借地契約の法定更新が認められ(第5条)、借地権設定者からの更新拒絶に制限があり(第6条)、地主から借地権の...続きを読む

Q離婚した父が払えない支払督促が届き困っています。

離婚した父と建てた住宅ローンの
支払が残っていたみたいで、いきなり3000万円ほど
の請求がきました。
母は結婚してた当時に連帯保証人になったそうです。
家は何年か前に父が売ったと言ってました。
この売ったお金は自分のギャンブルで作った借金の返済にあてたそうです。

父は何年か前に個人再生をし
支払い義務がなくなっていたようです。
支払い義務が母に行くことを伝えてください。と
弁護士さんに言われていたのにもかかわらず
前父は伝えておりませんでした。
この時点で残600万円ぐらいだったそうです。

金融機関からもなんの請求書もなく
余裕があればお支払いください。と
金額は書かれていないハガキが送られてきたみたいです。

そして、9年後の今年になって
いきなり9年分の利子付きで裁判所から
支払督促が届きました。

支払督促状はこんなにいきなり届くもの
なのですか?
父は3人の子の養育費も一切払わず
ギャンブルの借金も何千万と母と
義母に返済させていました。
仕事をしてないというより探してもないし
健康な体なのに支払い能力がないと判断される
意味が全くわかりません。連帯保証人とはいえ
納得いきません。なんとか母を救う方法はないのでしょうか?
長文になってしまい申し訳ございません。
どうかお知恵をお貸しください。

離婚した父と建てた住宅ローンの
支払が残っていたみたいで、いきなり3000万円ほど
の請求がきました。
母は結婚してた当時に連帯保証人になったそうです。
家は何年か前に父が売ったと言ってました。
この売ったお金は自分のギャンブルで作った借金の返済にあてたそうです。

父は何年か前に個人再生をし
支払い義務がなくなっていたようです。
支払い義務が母に行くことを伝えてください。と
弁護士さんに言われていたのにもかかわらず
前父は伝えておりませんでした。
この時点で残600万円ぐらいだ...続きを読む

Aベストアンサー

お父さんは既に自己破産して、
免責許可なら支払義務ありません

債務は連帯保証人で有る
お母さんに移行します

法的に、
お母さんの借金です

借金の時効は10年
銀行はタイミングを見て、
民事提訴したんですよね
よくある話ですよ

裁判所の通知は無視できません
お母さんの経済状況
わかりませんが…
どんな経緯が有っても、
支払免除されません

財産や預貯金
給与も差押えに成ります

お金の用意が出来るなら支払する
とてもムリなら、
自己破産するしか方法ありません

この国の法律は、
こんな感じなんですよね

他人の連帯保証人に成り、
人生が狂った方は大勢います

可笑しな話だと、
私も思いますけどね

弁護士を依頼して、
自己破産の手続きを開始する

弁護士費用が心配なら、
法テラスを利用する

ネット検索すれば、
すぐに出てきますから
まず予約して下さい

困っちゃいましたよね

Q従業員が規程に反して知人に商品を安く販売していたことが判明しました。会社としての損失は5,000円に

従業員が規程に反して知人に商品を安く販売していたことが判明しました。会社としての損失は5,000円にも満たないものですが、この金銭を従業員に請求することはできないものでしょうか。また、従業員自身で安く購入した場合は請求してもよいものでしょうか。いずれの場合も全額請求というのは難しいのでしょうか。別途従業員の処分は行う予定です。

Aベストアンサー

処分は行う。というのを前提に。。m(_ _)m

1、上記は社則で決定しているのですよね?
2、社則で横流しその他の規定もあるのですよね??
3、①②を踏まえて上で、とりあえず「横流し」に関して無料法律相談をお勧めします。
区や市役所では1回30分程度で行っていると思います。
4、その上で、横流し=横領。の事実を、会社→家族・親族へ文章にて連絡。
最初は証拠固めの後、弁護士の名前を記載して配達証明。 その後内容証明。
5、原告(会社)には既に弁護士が付いている旨+第一段階証拠は内容証明郵便で送付済み+その後の証拠は警察と相談云々wでおんびんなwww内容の文章でw

6、金額の大小に問わず、既に弁護士と警察、裁判所の相談の旨、相談弁護士氏名なども列記。
その上で相手(加害者)がどのように出るか。

m(_ _)m
おだいじにです^^

Q相続不動産の売却で妹ともめています、娘が不動産会社を解雇されることに

母から受け継いだ不動産を売却し姉妹2名で分割することになりました。

母は妹から委任され娘の働く不動産業者にお世話になることになりました。

測量や境界の整理、周囲の住民絵の挨拶等を経てある一定の額の提示を受け了承するところまで進んでおりました。

だがしかし、お金に困っている妹側がこの額より高額の買付証明を息子達から見せられこちらに変更してほしいと言ってきたのです。もう事が進んで今から変更すれば母も迷惑、頼まれた不動産業者にも迷惑がかかり、間に入った娘の信用ががた落ちになってしまいます。

大分ともめた後に妹側から息子が怒鳴り込んできたり脅迫まがいの文書まで送られてくる始末、
買付証明の金額で買い取れと脅しの文面まで書かれております。その上妹には母が勝手に不動産会社に
契約してしまい迷惑しているとまで言っています。(頼まれて言ったのにどういう事?ひどい)

母は耐えきれず妹の言うことに対して苦渋の選択をして不動産会社を変更することにしましたが、不動産業者の社長はとてもお怒りで娘に対する態度が一変し手しまったそうです。

母の顔は丸つぶれ、親切に頼み込んでくれた娘の顔もつぶれ取り返しのつかないような状況に。


その後妹から連絡が長期間ないので問いただしたところ買付証明の期限が切れて妹の提示してきた金額で売却ができない状態であること、妹の息子が買付証明を出した業者ともめていることなどが発覚。

その上母の娘の働いている不動産業者の社長が、『信用が大事なこの業界、こんな事があってはもう一緒に働けないでしょう』という理由で解雇通告を受けてしまう事態に発展してしましました。(小さいお店で従業員は3人しかいない)
正社員の採用が決まって大喜びしていた娘が解雇、、、これもひどい

妹の言うことを聞いて母はさんざんな目に遭っているようです。
納得のいかない母や娘は法的措置に踏み切ることを模索しているようですが専門家の方に質問です。

相続や遺産分割でもめることは良くあることですが、これだけ迷惑を掛けられて黙っていることは
できません。問題の解決に向けて法的措置も含めてどのような可能性があるかアドバイスをお願いいたします。

妹は全く責任を感じておらず、娘にきちっと謝罪をすることも有りません。
当方の家族が被った被害の責任を取らせる方法は有るのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

母から受け継いだ不動産を売却し姉妹2名で分割することになりました。

母は妹から委任され娘の働く不動産業者にお世話になることになりました。

測量や境界の整理、周囲の住民絵の挨拶等を経てある一定の額の提示を受け了承するところまで進んでおりました。

だがしかし、お金に困っている妹側がこの額より高額の買付証明を息子達から見せられこちらに変更してほしいと言ってきたのです。もう事が進んで今から変更すれば母も迷惑、頼まれた不動産業者にも迷惑がかかり、間に入った娘の信用ががた落ちに...続きを読む

Aベストアンサー

まずは法テラスで相談ですね。

>母は耐えきれず妹の言うことに対して苦渋の選択をして不動産会社を変更することにしましたが、不動産業者の社長はとてもお怒りで娘に対する態度が一変し手しまったそうです。

それまでの経緯をちゃんと話してましたか?
いきなり変えたんなら信用できなくなるのも仕方のないことかと。

母親の妹とか娘とか誰から見ての立場なのか、あなたはどの立場なのか
まずはっきりさせて読みやすい質問にした方が良いと思います。

どちらにしても質問だけでは実際にどういったやり取りがあってというのは分からないので
法律の専門家に相談して判断してもらうしかないと思います。

Qお金が無く借金するしかなかったので、Webで調べて申請して、調べてみたら闇金のようでした。 申請する

お金が無く借金するしかなかったので、Webで調べて申請して、調べてみたら闇金のようでした。
申請する時に、住所 名前 携帯電話番号 勤務地まで教えてしまいました。それから電話が結構きます。
どうしたらいいのでしょうか?
お願い致します

Aベストアンサー

シカト
可能であれば登録外の着信は自動拒否するようにしちゃいましょう。

Q喪主になったら相続放棄はできなくなるのですか? つまり相続放棄するなら葬式も相続の意思がある人が出さ

喪主になったら相続放棄はできなくなるのですか?
つまり相続放棄するなら葬式も相続の意思がある人が出さないといけない?

Aベストアンサー

https://遺産相続.family/knowledges/321


(1)そもそも葬儀費用はだれが負担するものか?

葬儀費用は、誰が負担するものかについては、学説や裁判例は分かれていますが、有力なものは、葬儀を主宰した喪主が負担するという説です(東京地判昭和61・1・28家月39巻8号48頁)。一方で、香典は喪主への贈与と考えられています。この説を前提にすると、喪主は、受け取った香典の中で葬儀を主宰し、もし不足があれば自分の財産を利用して葬儀費用を払うべきという結論になります。
すると、遺産から葬儀費用を払った場合には、本来喪主が負担するべき費用の支払のために、相続財産を処分したということになり、民法921条の禁止事項に違反していると言えそうです。
しかし、実際の裁判例では、そこまで厳格に禁止はされていません。
民法921条1号は、相続の承認をみなされる(借金も承継する)という法的効果を与えるのに、妥当な程度の処分でなければならず、軽微な処分は、民法921条1号に違反しないとされています。

(2)裁判例の傾向

① 東京控判昭和11・9・21法律新聞4059号13頁 約束手形金請求事件

この事案では、「遺族として当然に営まなければならない葬式費用の支出は、道義上必然の行為であって明治民法1024条1号(現行921条1号)のいわゆる相続財産の処分に該当しない」と判断されました。
この判決は、文言上、許される支出としては、「当然に営まなければならない葬式費用」に限定しているようです。

② 大阪高裁昭和54・3・22家月31巻10号61頁 相続放棄申述受理却下に対する即時抗告事件

この事案では、相続人が行方不明であつた被相続人の着衣、身回り品、わずかな所持金2万余、遺体などを所轄警察署から引き渡されて、その場で火葬費用等の支払にあてたという事情のもとにおいては、民法921条1号の「相続財産の一部を処分した」ものとはいえない、としました。
この判決は、処分財産が、交換価値がなく、火葬費用という最低限必要な支払に充てられたという点が特徴です。

③ 大阪高裁平成14・7・3家月55巻1号82頁 相続放棄申述却下審判に対する抗告事件

この事案では、預貯金等の被相続人の財産が残された場合で,相続債務があることが分からないまま,遺族がこれを利用して仏壇(92万7150円)や墓石(127万0500円)を購入した事案で、購入した仏壇及び墓石が社会的にみて不相当に高額のものとも断定できない上,それらの購入費用の不足分を遺族が自己負担としていることなどからすると,「明白に法定単純承認たる『相続財産の処分』(民法921条1号)に当たるとは断定できないというべきである」として、相続の放棄の申述を受理しました。
この判決は、借金の額が5000万円を超過していたケースで、知らずに支払をした遺族を救済した事案です。ただし、相続の放棄が受理されただけで、正面から、相続の放棄の効力を争われた事案ではありません。家庭裁判所は、明らかに相続の放棄の受理要件を満たさないものを除いて受理を行い、その受理された相続の放棄の効力を民事訴訟に委ねています。


4 結論

これまでの裁判例の流れからすれば、相当額の葬儀費用を遺産から支出しても、相続の放棄が受理される可能性があります。あきらめず申請を行いましょう。

https://遺産相続.family/knowledges/321


(1)そもそも葬儀費用はだれが負担するものか?

葬儀費用は、誰が負担するものかについては、学説や裁判例は分かれていますが、有力なものは、葬儀を主宰した喪主が負担するという説です(東京地判昭和61・1・28家月39巻8号48頁)。一方で、香典は喪主への贈与と考えられています。この説を前提にすると、喪主は、受け取った香典の中で葬儀を主宰し、もし不足があれば自分の財産を利用して葬儀費用を払うべきという結論になります。
すると、遺産から葬儀費...続きを読む

Q不当請求で困ってます。 車の売買で不当請求に悩んでます。去年の10月くらいに知人に車を探してもらった

不当請求で困ってます。



車の売買で不当請求に悩んでます。去年の10月くらいに知人に車を探してもらったのですが、その車の名義人が知人ではなく親名義で車検証が手元にないと言われ、不審に思い買うのを辞めたのですが後日知人からキャンセル料とガソリン代で30万円を払えと言う事を言われました。それだけではなく、連絡を取らずにいたら家族や知人に連絡をして金銭を要求されて、昨日知らないはずの自宅に押し掛け金銭を要求されて、僕は不在で嫁が対応して、話の中で30万円を払わなければ裁判をすると脅してきたのですが、どう対処すればいいですか?
余談ですが、その件で去年直接話合いに行ったのですが僕の態度が気にくわないと蹴りや顔を殴りました。
その辺もどうすればいいか教えてください。

家族にまで迷惑が及んでいるので法律に詳しい方よろしくお願いします。
また、その知人は押し掛けてくると思います。
知人はLINEのトーク履歴を証拠に裁判をするとの事でした。

Aベストアンサー

>僕の態度が気にくわないと蹴りや顔を殴りました。
その当時を思い出して警察に被害届を出しましょう...ゲガしてたら警察が動いてくれます
また、押し掛けて金銭を要求されていることも相談に乗ってもらいましょう

>話の中で30万円を払わなければ裁判をすると脅してきたのですが、どう対処すればいいですか?
裁判って普通の人が勝手に裁判所に行って出来るわけないのです
民事訴訟に相当かと思いますが、読んだところ難癖付けてるだけなら受け付けられないと思います

ま、車は自分で探したほうがいいと言うことが分かったのでは

Q解雇無効を争いたいです。会社からはクビって言われその場で無理やり辞表を書かされました。 不当解雇で争

解雇無効を争いたいです。会社からはクビって言われその場で無理やり辞表を書かされました。
不当解雇で争えますか?辞表が会社にあるのがポイントです。

Aベストアンサー

弁護士です。

辞表が会社にある時点で、相当不利という印象を持ちます。

解雇ではなく、自主退職案件になってしまいます。
自らすすんで辞めているように見えますから、それを争うということは難しいのです。

Q民法95条の意思表示の誤認と言えばキャンセルできる? インターネットで購入した品物はクリーニングオフ

民法95条の意思表示の誤認と言えばキャンセルできる?


インターネットで購入した品物はクリーニングオフで返品出来ないと聞いたことがあります。

実店舗で購入したものも返品できなくて、訪問販売とかだとクリーニングオフが出来ると聞いていた。


でもインターネットで購入したものを返品出来ると言われました。

民法95条の意思表示の誤認と言えばキャンセルできるそうです。

本当ですか?

法律が変わったのですか?

Aベストアンサー

クリーニングオフ?
クーリングオフの間違いですね。

ユニクロの商品をオンラインで購入し、こちらのサイズ間違いで返品したことがありますよ。実店舗に返しに行きました。
アマゾンなども未開封なら返品可能です。

Q事故をしてしまい、請求金額が明らかにおかしいのですが、こういう場合はどうすればいいですか?また、保険

事故をしてしまい、請求金額が明らかにおかしいのですが、こういう場合はどうすればいいですか?また、保険会社のほうが納得していればいいのですか?こういう場合は、保険会社はどういう調査をしているのですか?また、相手が会社の車だったのですが、ディーラーと結託して、高額な修理代を請求する場合はあるんですか?
分かりづらくてすいませんm(_ _)m

Aベストアンサー

>請求金額が明らかにおかしいのですが、
 それは「質問者さん個人の見解に過ぎない」ってことですね。

>保険会社のほうが納得していればいいのですか?
 保険会社(アジャスター)が承認した修理内容であれば「それが世間の相場」です。
 裁判で争っても、同様の結果に至ると思います。

>保険会社はどういう調査をしているのですか?
 アジャスター(保険会社とは別な機関の第三者)に依頼をして
「適正な修理内容/見積もりを精査」させます。

>ディーラーと結託して、高額な修理代を請求する場合はあるんですか?
 ないでしょうね。
 保険金詐欺を働くディーラーなんて聞いたことが無い。

>こういう場合はどうすればいいですか?
 保険会社の査定が納得できないのであれば、示談交渉を決裂・終了し
 保険を使わなければ良い。
 損害賠償請求訴訟を起こされるまで、1円も支払わなくて構わないが
 加害者がそういう態度を取るのは非常識です。
 結果、賠償(弁護士費用も含めて)は自腹になります。


人気Q&Aランキング