痔になりやすい生活習慣とは?

iPhone8なのですが上のスピーカーの音がビビり音が聞こえます。。
原因はなんですかね?それと改善方法を教えてください

A 回答 (1件)

iOSアップデート不具合や故障など、色々考えられると思いますが、


しばらく電源を落として入れ直す、初期化復元するなどしても改善が見られない場合はケアに相談するしかないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q左右違う音 カセットだったかMDだったか・・・?

かなり昔の話なのですが(20年前ぐらい?)
友人がウォークマンで左右違う音が流れるカセットorMDを持っていました
どのようにダビングしたのか聞いても絶対教えってくれませんでした
違う音といっても、左はオリジナルのユーロビート、右はその曲の日本のremix
みたいな感じでカッコ良いなと思っていました
最近、あれ・・・・・どうやってたんだろ?とふと思い出しました

入力本体1←R出力のプレイヤ(赤)
     ←L出力のプレイヤ(白)

↑こんな感じなのかな?と想像してみましたが、可能なのでしょうか?
しかも同時に録音ボタンを押す!だとしても本体が3台必要になりますし
(そんなに裕福な家ではなかったような・・・?マニアだったらあり?)
(ダブルカセットラジカセ+MD録音?だとしたらLRの切り替えは?)
若干の再生時間のずれも出てしまうと思うのでがそれもなく(綺麗に曲がそろっていたような)

今はアプリで簡単にできそうですが
その当時はすごく驚きました

このような方法の仕組みわかる方いましたら教えてください

Aベストアンサー

そもそも、オーディオでは「ステレオ」の「右チャンネル」と「左チャンネル」はまったく別個の信号として取り扱います。それは今も昔も変わりません。

アナログ時代の昔の「オープンリールデッキ」「カセットデッキ」などでは、録音ボタンは「左右」独立に付いていました。録音レベルも左右独立に調節できました。
(ラジカセでは「左右連動の1個」が多かったですが)
「カセットデッキ」の「入力端子」も当然「左右」独立ですから(今でも「赤白」のRCA端子は必ず左右2個ありますよね?)、左右のチャンネルに別々な音源から録音することは簡単にできました。

アナログなので、当然「左右のタイミング」は人間が合わせたのでしょうね。そこは、実はそのご友人も結構苦労したのではないでしょうか(ほとんど徹夜でやっと1曲録音したとか)。だから、やり方をとても他人には言えなかった・・・。

Qスピーカーにav入力赤白端子、アンプには裸の導線をはさむ端子つなぎ方は?

スピーカーにav入力赤白端子、アンプには裸の導線をはさむ端子つなぎ方は?
av端子の皮をむいてアンプの出力端子にはさんでも鳴りますか?
ジョイントで何かおすすめはありますか?

Aベストアンサー

テレビ用横長の左右一体型のスピーカーはアンプ内蔵型です。
世間では「サウンドバー」と呼ばれています。
サウンドバーの廉価機であれば
TVのRCA出力端子からRCAピン→RCAピンケーブルか光ファイバーケーブルで繋ぐだけのシロモノで拡張性ゼロ、それほど高音質とも言えません。
このサウンドバーはACプラグコードが付いててコンセントに繋いでいるはずですが?
それでアンプ内蔵かどうか判断できない??非常に不可解。

一般体にRCAケーブルの中身はプラス銅線とマイナス銅線が絶縁した状態で同居しています。
一本に見えても中身は二本分です。
プラス銅線のみを繋げば{理論上}は音楽信号の伝送は可能でも
送り出し機器と受け入れ機器との電位差があるので強烈なハム音が出ます。
ですからマイナス銅線を繋がないと{理論上}で考えても不具合が起きます。

25Wアンプ基板といのはbluetooth対応ポタアン用ですね。
この基板のスピーカー出力からサウンドバーの入力端子に繋ぐのは絶対にダメです。
スピーカー出力から出る信号とRCA端子で伝送する信号とでは電流の大きさが段違いに違います。
その端子間で繋ぐと音が歪み酷い音が出ます。
さらには入力された側の回路が故障します。



以下、要点

スマホとサウンドバーとを有線で直接繋ぐしかありません。

この25Wアンプ基板には別のパッシブスピーカーを用意して繋いでください。

あなたのプランは実現不可能、やってもいいが壊す覚悟でどうぞ。



なお、補足文が支離滅裂で要領を得ません。
思いつくままに文字を羅列しただけとしか受け取れません。
必要事項を箇条書きして文章を整理整頓する術を身に着けてください。
それだけでも随分と違ってきます。

テレビ用横長の左右一体型のスピーカーはアンプ内蔵型です。
世間では「サウンドバー」と呼ばれています。
サウンドバーの廉価機であれば
TVのRCA出力端子からRCAピン→RCAピンケーブルか光ファイバーケーブルで繋ぐだけのシロモノで拡張性ゼロ、それほど高音質とも言えません。
このサウンドバーはACプラグコードが付いててコンセントに繋いでいるはずですが?
それでアンプ内蔵かどうか判断できない??非常に不可解。

一般体にRCAケーブルの中身はプラス銅線とマイナス銅線が絶縁した状態で同居しています。
一...続きを読む

Qパソコンを持たない音楽愛好家、CDやFMを録音するのにカセットですかMDですか? MDはカセットに比

パソコンを持たない音楽愛好家、CDやFMを録音するのにカセットですかMDですか?
MDはカセットに比べ取り扱いが良く今も使用しています、今さらカセットにもどれません。MDデッキを製造してるのは1社らしく、今後が不安です。

Aベストアンサー

必要な時は、
リニアPCMレコーダー使って落としてます、序でにCDのコピーガードも昔のキャンセラー(今では違法品です)で外してます。

山の様に有るMDも再生出来る間にリニアPCMレコーダーへ移してSDカードへ複数のバックアップ取りながらです、
タスカムのMDプレーヤーも何時まで製産されるか判りませんから。

QCDラジオ sony ZS-RS81BT ラジカセで音声入力からMDのデータを録音しているとき

1.外部の音は録音されてしまうでしょうか?
2.ラジカセ側の音量をミュートにしても録音されるでしょうか?また音量のベースは本体なのかMDなのかどちらが反映されるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1. 録音されません
2. 録音機(ラジカセ)の音を消しても(音量最小など)問題なく録音できます。
   音量のベースは、MDの再生機です。
   MDの再生機のラインアウトと接続しているなら録音音量調整はできません。
    MDの録音音量とほぼ同じになります。

Q市販音楽CDの記録面について

輸入盤と国内盤で以前から気になっていた事なのですが、国内盤は大体厚みがあり記録面(虹色模様)がハッキリしている、輸入盤は薄く記録面がボンヤリしていたりムラが多い、と感じているのですが、品質は同等なのでしょうか?
昨日、初めてクラシックの輸入盤で再生できない事態があり質問してみました。
薄く記録面ボンヤリで新品ですが取れない黒い点があります。
日本のCDは高いですが、ケースからブックレット、包装まで質が高いと感じています。
プレーヤーはエソテリックのX-10wという古いモノですが、専門店で整備されたモノで、続けてかけたCDはいつも通り再生されました。
環境はヘッドフォンアンプからヘッドフォンのシンプルな構成です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CDの製造規格としては国内盤、輸入盤ともに共通です。
そこから外れると「compact disc」の表示が出来ません。
レーベル面にその表示があればCD-DA規格準拠の再生機に対応しています。
ですから品質面での問題はありません。
あるとすれば品質精度の差、品質管理への意識の差です。
素材であるポリカーボネートの透明度への拘りや
製法上やむを得ず発生する縞模様を根絶する技術ノウハウの蓄積は
国内メーカー、国内ブランドの方が優れていると言えるでしょう。
ただしそれらは規格以上の品質を求めた結果であり
CD規格で見た場合はオーバークオリティ、高値安定製品の創出にしかなりません。
実使用時に問題ないと考えるか、重箱の隅は突っつかずにおれないのか
民族性からくる思想の違いなので何ともなりません。

私も輸入盤は400枚ほど所有しています。
縞模様あり、ビット模様が明瞭でないものが圧倒的多数です。
現状では古いDCプレーヤー三台でそれらを問題なく再生できています。
再生できなかった事例はVRDS-25XSでは数回ありましたが
VRDSメカのゴムベルト劣化、ヘリコイドがグリス固着のためにディスククランプ異常が原因でした。
メンテナンス後は快調に再生できています。
ただしレーザーダイオードの出力低下が起きているのでそのうちに問題が再発するでしょう。

あなたの場合は以下の原因が考えられます。
1・該当ディスクのアルミ蒸着面の劣化
2・X-10wのレーザーダイオード出力低下
3・X-10wのディスククラアンプ機構の経年劣化

なお1と2の合併症も十分に考えられます。
輸入盤の中にはビット形成の甘い物があるようです。
レーザーダイオードの出力が弱くなったプレーヤーにそれを挿入すると「ディスク無」として読まなくなります。

CDの製造規格としては国内盤、輸入盤ともに共通です。
そこから外れると「compact disc」の表示が出来ません。
レーベル面にその表示があればCD-DA規格準拠の再生機に対応しています。
ですから品質面での問題はありません。
あるとすれば品質精度の差、品質管理への意識の差です。
素材であるポリカーボネートの透明度への拘りや
製法上やむを得ず発生する縞模様を根絶する技術ノウハウの蓄積は
国内メーカー、国内ブランドの方が優れていると言えるでしょう。
ただしそれらは規格以上の品質を求めた結果であり
...続きを読む

Qスピーカーを4本使うことについて質問です。 以前にここで質問させていただいたスピーカーの買い替えでタ

スピーカーを4本使うことについて質問です。
以前にここで質問させていただいたスピーカーの買い替えでタンノイのマーキュリー7.2を購入することにいたしました。そこでこれまで使っていたONKYOのスピーカーをアンプのスピーカー端子のBにつないで、部屋(本堂)の背面に設置して使おうと思っているのですが、このような使い方で問題はないでしょうか?
素人考えだと4チャンネルみたいになっていいかな、と思うのですが、いかがでしょうか?詳しい方がいらっしゃったらアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

#6です。
目的はあくまで「あなたの趣味」でよいのですね?
スピーカーを前と後ろに置いただけでは疑似4chにはなりません。
同じ音が後ろからも聞こえるだけです。
4chサラウンド効果を期待するならば「ホールの残響」「聴衆のざわめき、拍手」など
リスナーが「コンサートホールの客席で後ろ(周囲)から聞こえるであろう」雑音が後ろのスピーカーから出なくてはなりません。
同じ音が後ろから出ているだけでは4chにはならず、同じ音が前後でぶつかりあって妙な音になる可能性が残るだけです。
そこでスピーカーマトリクスとなるのですがこの「貧乏人のサラウンドテクニック」は前解答のようにリスクが大きく
あなたのようなビギナー向けではありません。

理系ではないのでインピーダンスの事は分からない、はいいです。
検索して「抵抗合成」の足し算くらいはしてくださいよ。
これが分からずに複数のスピーカーを繋げば最悪の場合はアンプを壊します。

もったないから昔のスピーカーも有効に使い続けたい、は分からなくもないですが未練がましい。
タンノイが良いと買い替えたのですからスッパリと切り替えましょう。

なおスピーカーAにタンノイ8Ω、スピーカー端子Bにオンキョウ6Ωを繋ぐとして足し算すると3.4Ωになります。
ボリューム位置9時くらいまでの小音量なら何とか鳴らすことはできますが厳しい事には変わりないです。
本堂のようなだだっ広い場所ではそれ以上にボリュームを上げることになるので非常に厳しい、無理と言えます。

#6です。
目的はあくまで「あなたの趣味」でよいのですね?
スピーカーを前と後ろに置いただけでは疑似4chにはなりません。
同じ音が後ろからも聞こえるだけです。
4chサラウンド効果を期待するならば「ホールの残響」「聴衆のざわめき、拍手」など
リスナーが「コンサートホールの客席で後ろ(周囲)から聞こえるであろう」雑音が後ろのスピーカーから出なくてはなりません。
同じ音が後ろから出ているだけでは4chにはならず、同じ音が前後でぶつかりあって妙な音になる可能性が残るだけです。
そこでスピーカー...続きを読む

Qバイワイヤリングのスピーカーへの通常アンプからの接続

買おうと思っているスピーカーがバイワイヤリングなんですが、持っているアンプは通常接続のものです。アンプを2台使う予定もありません。この場合、このスピーカーは使用可能でしょうか?参考に、画像URLを貼っておきます。よろしくお願いします。 http://img.canuckaudiomart.com/uploads/large/1100967-kef-q1-speakers-in-superb-condition.jpg

Aベストアンサー

使用可能です。
Q1付属のジャンパープレートを外してバイワイヤ接続し
アンプ側スピーカー端子一個につき二系統のスピーカーケーブルを繋いでください。

アンプ側に二系統(A+B)のスピーカー端子が無ければ
バイワイヤ接続しても効果が無い、との意見があるようですが信じないでください。
スピーカーA端子とB端子のあるアンプでも内部では並列に繋がっています。
アンプ内部かスピーカー端子部分かの二系統に分配する場所が違うだけです。
ただし二系統の極太スピーカーケーブルをスピーカー端子一個に繋ぐのが難しい場合は
スピーカー端子が二系統装備されている方が接続しやすいと言えるでしょう。

ウーハーからの逆起電力がツイーターに流れこんで~バイワイヤリング優位説の根拠ですが
ウーハー、ツイーター共にネットワーク回路を介して音楽信号を受け取っています。
逆起電力のような微弱信号はネットワーク回路で減衰するはずでそのまま通過するとは考えられません。
音が良くなった、変わったとの意見はありますがそれ以外の変化点を見逃している可能性があります。

QMQA-CDプレーヤーを組み込んだコンポステレオはありますか?教えてください

MQA-CDプレーヤーを組み込んだコンポステレオはありますか?教えてください

Aベストアンサー

残念ながらコンポステレオには未だ組み込まれていません。
MQA対応CDプレーヤーかMQA対応DAコンバーターの単品を使うしかありません。
№2さんの貼ったURL先を見ても機種が少なく恐ろしく高価です。

コンポステレオは現状では「ミニコンポ」しかありません。
一般音楽ファンを対象にした再生機器ですから高度な音楽ファン、オーディオマニア向けではありません。
ましてや一般音楽ファンはCDメディアの購入には否定的です。
配信音源をスマホや携帯型音楽プレーヤーに取り込むだけで十分な彼らですから
MQA-CDの存在を知りませんし知ったとしても積極的に購入に向かうとも思えません。
そんなユーザーの動向からして「ミニコンポ」への搭載は当分先とみてよいでしょう。

Qアンプとスピーカーのつなぎ方

デジタルアンプの右に8Ω、左に100Ωのスピーカーをつないで鳴らしても壊れたりしませんか?

Aベストアンサー

壊れません。
しかしインピーダンスの違いから得られる音量差に雲泥の差が付くので
8Ωスピーカーから通常音量が出ていても
100Ωスピーカーからは蚊の鳴くような音しかでません。
これではステレオ再生が成立しませんので音楽としてもさみしい音になります。
使用意図が理解不能です。
そのスピーカーのインピーダンスは本当に100Ωですか?
業務用スピーカーにはハイインピーダンス仕様がありますが
音楽聴取用ではないので音質が悪く、音量が得られにくいです。

Qアンプとスピーカーの接続

定格6オームのアンプに4オームのスピーカーを繋いだらどうなるのか?

Aベストアンサー

この手の質問が出る度に以下のような見解が出されます。
~スピーカーそのものは、音響周波数域でインピーダンスが大きく変化します。~
アンプに掛かる負荷として考えると誤った見解です。
一旦は記憶から削除してください。
このような見解を述べる方は思考のリセットをお願いします。
それによる弊害も机上の空論を述べているだけです。
それにかかわる前提条件も片手落ちの意見で与太話にしかなりません。
以下グダグダに説明しますが読みたくなければ最後の4行を読んでください。


※スピーカー側の事情
スピーカーに添付される仕様にはグラフが掲載されています。
周波数特性とインピーダンス特性が表されています。
そのインピーダンス特性の抵抗値は乱高下を繰り返し大きなうねりもあります。
「公称インピーダンス」は低音域で最も抵抗値が低くなる個所で表示します。
スピーカーシステム全体で見てもその地点が最も低抵抗となるのが通例だからです。

※アンプ側の事情
アンプは低音域信号の増幅の際は最大の電力を費やします。
また繋がれた負荷(スピーカー)が低抵抗であると余分に電流が流れてしまうので最大の仕事量をこなさなければならず、内蔵部品の発熱が増えます。
その度が過ぎればプロテクション回路が作動して音が出なくなります。
まれにプロテクション回路の作動が間に合わずトランジスターを焼くトラブルも出ます。

以上の事からスピーカーの公称インピーダンスはアンプの負荷が大きくなることを見越して表示されているので「音響周波数でインピーダンスが大きく変化」していても
低インピーダンスによるアンプの過負荷からは逃れられません。
ただしユーザーがどのような使い方をするか分からないのでアンプの回路には余裕を持たせて設計がされています。
ですから取説記載のインピーダンス値よりも低いインピーダンスのスピーカーを繋いでも問題が無くならせることは間々あります。
それとて内部の負荷が大きくなりすぎない事が前提です。
アナログ信号の増幅は数値を外れたからといっていきなり問題が起きることはないのです。
デジタルアンプも最終的にはアナログ信号へ置きかえているので同類です。


アンプの負荷インピーダンスの推奨値が6Ωであれば
ボリュームを上げすぎなければ4Ωのスピーカーを鳴らしても問題は起きません。
ただし常にボリュームを上げて聞いているのであれば保証はできません。
ボリュームが10時の位置より上か下かが分岐点と個人的に考えています。

この手の質問が出る度に以下のような見解が出されます。
~スピーカーそのものは、音響周波数域でインピーダンスが大きく変化します。~
アンプに掛かる負荷として考えると誤った見解です。
一旦は記憶から削除してください。
このような見解を述べる方は思考のリセットをお願いします。
それによる弊害も机上の空論を述べているだけです。
それにかかわる前提条件も片手落ちの意見で与太話にしかなりません。
以下グダグダに説明しますが読みたくなければ最後の4行を読んでください。


※スピーカー側の事情
ス...続きを読む


人気Q&Aランキング