会計公準を覆す事態って言うのはどういう事態ですか?
是非教えてください。

A 回答 (1件)

 会計公準とは 簿記・会計学において前提となるべき次の基準のことです。


 1.企業実体の公準・・・ 企業と資本主とを分離し、会計を企業自体の立場から行うべきとする公準。
 2.継続企業の公準・・・ 企業を全存続期間を人為的に区切った会計期間単位で計算するとする公準。
 3.貨幣的評価の公準・・・ すべての会計事実を貨幣額で統一的に記録・計算・表示するという公準
 1については、思い浮かびませんが、2については、会社が解散命令を受けたり、清算のための会計を行う場合など継続の前提が崩れた場合、3については、超インフレで取得価額を基準にした数値が信用できなくなる事態が予想できます。

参考URL:http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/rekisi.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりましたありがとうございました!

お礼日時:2001/07/25 16:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ