出産前後の痔にはご注意!

牧野富太郎の植物図鑑より
「萼ハ緑色ニシテ五裂シ稜脊アリ。」という一文があるのですが「稜脊」とは何のことでしょうか?
調べてみたのですが引っかかりませんでした...

質問者からの補足コメント

  • のうぜんかづら、の説明文の中の一文です。

      補足日時:2018/12/28 23:06

A 回答 (1件)

「稜」というのは角張った部分のことです。


植物図鑑を見ていると「茎に稜がある」といった文章がよく出てきます。
これは茎に長さ方向に筋が浮き出たように角があることを示します。
(すでにご存知のことでしたらごめんなさい)

「稜脊」という言葉は知りませんが、「脊」には「中央が高くなっているもの」という意味がありますので、萼の中央に稜があるということを指しているのでは。
萼の画像を見てご確認ください。
https://blog.goo.ne.jp/kyotoengeiclub1923/e/cfff …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q史上最強の海洋生物はシャチでよいですか?

海洋は生物が発生した場所であり、10億年以上前から無数の生物が生まれては消え、その中には巨大生物・肉食生物も多くいたと思います。

ただ、そういった生物の中でも、現生のシャチは歯と筋肉の強さ、泳ぎの速さ(80km/h)、俊敏に動き回れる程度の大きさ(5~10m)、知能の高さといった点でトップクラスであり、絶対王者といってよい存在であり、地球上に存在したあらゆる海洋生物と比べても最強だと思えるのですが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

シャチが現在の海の中では最強でしょう。
しかし地球の歴史のなかで最強かどうかはわかりません。

中生代にはモササウルスという18mにも達する海棲爬虫類がいました。
古生代には最強の魚類と言われるダンクルオステウスがいました。
新生代にはサメといわれるメガロドンもいます。
一対一ではシャチも苦戦するでしょうね。

モササウルス(ウィキ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9

ダンクルオステウス(ウィキ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A6%E3%82%B9

メガロドン(ウィキ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%AD%E3%83%89%E3%83%B3

Q過去の実験で論文を書くことはいけないのですか。

自分で実験を行わず、過去に行われた実験に対して、別の解釈を加える論文は存在していけないのでしょうか。
矛盾のある解釈を指摘し、別の解釈をする行為は、論文として発表できないのでしょうか。ユレイタスの翻訳担当者から、普通の論文ではなく、ショートコミュニケーション論文に変更するように言われています。
回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

天文学では他人の観測結果の利用は日常らしいですよ。
また測定の誤りを指摘する論文や、
自分の結果との矛盾を指摘する論文は物理でも
日常的です。

ワトソン&クリックのDNAの発見も、他人や先達のの実験結果の
再解釈が大きいですよね。

誰の実験なのか、論文に書いとけば良いと思います。

Q万有引力についての質問です。 全てのものに引力があると、言われてますがそれはどのように証明されたので

万有引力についての質問です。

全てのものに引力があると、言われてますがそれはどのように証明されたのでしょうか?

自分の考えとしては、地球などの天体だけが引力を持っていても、つじつまは合うんじゃないかと思います。
地球にあるものは、全て地球の中心に向かって引っ張られてるのは、リンゴが木から落ちることでわかりますが、地球が引っ張っているだけでなく、リンゴも地球を引っ張っているのはどういう理由でそうなったんでしょうか?地球がリンゴを引っ張っているだけでもおかしくはないと思います。

例えば、地面にある離れたボールとボールがなにもせず、引力だけでくっつくのを見たことないですし、そういう話も聞いたことがありません。
もしかして、そういう実験をして、もうすでに証明されているんでしょうか?

自分は、数式などがわからないので、言葉だけで中学生に教えるつもりで、説明してくれたら、ありがたいです。詳しい方、是非お願いします。

Aベストアンサー

> 数式などがわからないので

どの程度のことを言っているのかが分かりませんが、つぎのようなことは、分かりますか。

モノには重さがある。 アルミの一円玉は約1g。 これを粉々にして、すりつぶすと、アルミの粉になる。このアルミの粉一つ一つにも重さはある。 その1つ1つの重さは測れないが、耳かきなどですくって、重さを測れば重さがあるのが分かる。顕微鏡などでその測ったアルミの粉の粒数をカウントすれば、1つ1つにも重さがあったことが推定できる。

自動車を停止状態から発進させて、メータ読みで時速60Kmまで加速したとき、途中のメータ読みで、時速20Km、時速40kmのときの速度は、どうして分かるのか。そのときは加速し続けていたので、一定の速度という状態のときはなかった。 加速中は速度は測れないというよりは、例えば、0.5秒間でのタイヤの回転数をカウントできて、タイヤの外周の長さが分かれば、タイヤ外周×0.5秒間での回転数×(2×60×60)で計算したのを、0.5秒間の時速としてもいいだろうと考える方がまともでしょう。 この数式は、0.5秒間での回転数×(2×60×60) で、同じ状態が1時間続いたならばどれだけ回転するかを計算しています。たぶん、小学生でも分かる数式です。

ジェットコースタなどで上から落ちていく場合、長い下り坂を自転車に乗ったままこがずにブレーキもかけずに下る場合、どんどんとスピードがあがります。こういう状態を加速中といいます。速度が上がるのは、下の方向に引力が働き続けるからと言われています。 止まっているモノが動き出す、動いているものの速度が変わる、動いているモノの方向が変わるのは、そのときに力が働いたからだと言われています。 そのような運動に関わる力は、次のように定義されています。
(F =物体にかかる力。m =物体の質量。)としたときに、 F =m×α (ただし、α=物体に働いた加速度)
数式そのものは、単純なかけ算ですから、小学生でも分かります。 ただ、質量に加速度をかけるというイメージがピンとこないことはあるいかもしれません。円柱や角柱の体積が、底面積×高さで計算出来るようなものと思うのが、とりあえずは良いと思います。 加速度αが一定で変わらない場合、ものの質量も一定ならば、F =m×α ですから、力も一定となります。 そして、時間が経過すると、経過時間をtとすると、 t経過後には、速度は α×t だけ変化します。(単純に言えば、α×t だけ速度が上昇します) 小学生でも分かる数式だと思いますが、この数式も分からないと、この先の説明は難しいです。

《円柱や角柱の体積が、底面積×高さで計算出来る》という考えは、ビルのような大きなものでも、虫眼鏡でようやく見える小さなものでも同じに適用できるということも示しているのです。 (0.1ミリ未満の物体には体積はない)と考える根拠がないからです。 電子顕微鏡でようやく確認できるような小さなものにも、大きさも、質量もあると考えた方が妥当です。
空を東から西に移動していく太陽や月でも、観測は難しくても、0.1秒間でも移動していると考えた方が妥当です。
鉄球と羽毛を落下させる実験があります。
https://gigazine.net/news/20141105-feather-drop-biggest-vacuum-chamber/
重力加速度を実測する実験もあります。(通常、大気の中で計測しますので、乾電池などの空気抵抗の影響の少ない物体を落下させて測ります)
https://www.3bs.jp/pdf/UE1030300j.pdf
落下させる物体が、重くても、軽くても、羽毛のようなものでも同じように重力加速度が働くのならば、アルミの粉や小麦粉の粉でも、なん十トンもある鉄塊でも、同じ重力加速度が働くと考えるのが妥当です。
しかし、火星や土星付近を飛ぶロケットに働く地球の重力加速度は、とても小さいです。2つの物体間の引力は、2つの物体の質量だけでなく、2つの物体との距離にも関係しています。

ニュートンが提案した万有引力は天体観測結果と数学をつかって導き出した結論だそうです。小学校の計算では出せません。ただ結論は、つぎの数式です。
2つの物体が互いに引き合う力の大きさ(引力)Fは、2つの物体の質量m1とm2の積(m1×m2)に比例し、物体間の距離rの2乗に反比例する。 比例定数をGとすると、 F=G×(m1×m2)÷(r×r) と表される。
Fを表す単位をN(ニュートン)とし、質量m1と質量m2を表す単位をkg(キログラム)とし、距離rを表す単位をm(メートル)とし、比例定数をG(万有引力定数)を表す単位は( m3 kg−1 s−2 :m3はmの3乗・立方メートル、kg−1は(/kg)、s-2は(毎秒・毎秒 /(s×s))で、Gは、0.00000000006674 です。

1000kgの2つの物体の距離が1mの場合、Fを計算すると、66.74ミリNになる。 1Nは、9.80665で割って得た答えの0.102kg重という地球上の重力になるので、66.74ミリNは、地球上の重力に換算すると 6.674mgに相当する。 1m(メートル)の距離にある1トンの2つでさえも6.8mg(ミリグラム)重の力です。アルミの一円玉の1/150程度の力ということです。
地面にある離れたボールとボールやガラス板の上のステンレス球でも、そこに働く引力はとても小さいので、動くのを期待するのは難しいでしょう。 動くのを観察できないから、引力は働かないという考え方は妥当ではないです。

証明というのは、すべてのものについて一つ一つやるものではなくて、簡単に立証できるものについてやって、《「その立証したものと条件が異なる場合には、同じにはならない」というような妥当な推論が可能である》のではなければ、立証できたことを一般化していいのです。 
昨日は確かに男性であると確認できているのならば、今日は確認しなくても男性なのです。 気温や体重が変わっていても、昨日確認できていれば、それでいいのと同じようなものです。 鉄の塊は水に浮かびませんが、形状を船や中が空洞の球にすれば、水に浮くことがあって、そこに浮力の計算方法を発見できて、いくつかの実験でその計算方法で良いことが確認できれば、タンカーでも、深海潜水艇でも、ただの鉄の塊でも、浮力の計算はできるのです。

> 数式などがわからないので

どの程度のことを言っているのかが分かりませんが、つぎのようなことは、分かりますか。

モノには重さがある。 アルミの一円玉は約1g。 これを粉々にして、すりつぶすと、アルミの粉になる。このアルミの粉一つ一つにも重さはある。 その1つ1つの重さは測れないが、耳かきなどですくって、重さを測れば重さがあるのが分かる。顕微鏡などでその測ったアルミの粉の粒数をカウントすれば、1つ1つにも重さがあったことが推定できる。

自動車を停止状態から発進させて、メータ...続きを読む

Qピンクの丸なんて書いてあるかわかりますー?

ピンクの丸なんて書いてあるかわかりますー?

Aベストアンサー

こんな感じの図じゃないのかな?
腎臓のしくみ
https://www.kidneydirections.ne.jp/sp/kidney_disease/function_st.html
ネフロンだとすると、尿細管って名前みたいですよ。

Q微生物わかる方。 これの空欄、理由?説明も含めて教えてください。お願いします。

微生物わかる方。
これの空欄、理由?説明も含めて教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

1世代時間を7.5分とします。

2.5時間は150分。

150を7.5で割ると20。

つまり、2.5時間の間に20回分裂するということ。

1つの細菌は1回の分裂で2個になるから、20回分裂で2の20乗になる。

ということで1048576個になります。


ということで、こたえは100万個。

Qこれは何かの虫の繭でしょうか。 名前が分かる方、教えていただけると嬉しいです。 楕円の部分の高さは5

これは何かの虫の繭でしょうか。
名前が分かる方、教えていただけると嬉しいです。
楕円の部分の高さは5ミリくらいでした。

Aベストアンサー

ギンケハラボソコマユバチという寄生バチの繭です。
ネット上での情報はあまり多くないようですが、こちらが参考になるかと思います。
https://plaza.rakuten.co.jp/wolffia/diary/201112230000/

Qこれはサクラですか…??

これはサクラですか…??

Aベストアンサー

サクラにしては花びらの数が多く、花の大きさが大きいと思います。
葉が見えないので何とも言えませんが、花はスイフヨウに似ています。

Q車輪梅に大量に付着する、異常な正体不明の白い物体

車輪梅の葉に、異様な、粉のようなシラス干しのような、長さ0.5㎜、幅0.2㎜程度の白い物体が沢山付着しています。
何かの非生物性飛来物かとも思いましたが、隣のサザンカや椿には全く付いていません。
接写レンズで拡大しても分からず、また、アブラムシやダニのように“動く”事は有りません。
しかし、この樹には多数のテントウムシが“助け”にやってきました。
この異常物体は何でしょうか?
非生物由来の物体でしょうか?それとも動物又は動物由来の物体でしょうか?或いは植物か菌類の一部でしょうか?
(写真には、テントウムシと、何かの幼虫は写っておりますが)

Aベストアンサー

アブラムシの種類は沢山あるし、シャリンバイはいくつかの種類のアブラムシが付くので、写真だけでは種類はわかりかねます。
ただ、天敵は共通していて、テントウムシやテントウムシの幼虫、クサカゲロウの幼虫、ヒラタアブの幼虫などです。最大の天敵はアブラコバチなどの寄生蜂です。
写真のはテントウムシの幼虫かクサカゲロウの幼虫に見えますが、テントウムシが沢山いるなら、たぶんテントウムシの幼虫でしょう。
アブラムシが付くのは樹勢が弱っているからだと思います。
日当たりが悪かったり、肥料が足りなかったり、排水が悪かったり、が要因にあげられます。
樹勢が強けれは少しくらいアブラムシがいてもそのうち減ります。
あと、殺虫剤を中途半端にかけてもアブラムシが増えます。
寄生蜂やクサカゲロウは農薬に非常に弱いからです。
除草剤も天敵が減る要因になります。
もし、殺虫剤を使用するなら、アブラムシだけに効くものを使用しなければ、アブラムシと一緒に天敵も殺して、結果、繁殖力の高いアブラムシが増えることになります。(リサージェンスと言います)。
そもそも、私は庭木には農薬は必要ないと思ってます。
多くは、その植物に適してない環境、例えば日当たりが悪く排水の悪い所にツツジを植えるとダニが沢山発生します。
逆に環境が良ければ害虫は発生してもある程度でおさまります。
シャリンバイは排水が良ければ、晴れた日に虫にめがけて、高圧洗浄すればアブラムシやカイガラムシは減ると思いますが、
排水が悪くて樹勢が落ちているのかもしれませんね。
ブロック塀とかで囲まれた場所なら、排水穴を開ける等して排水を良くしてやると良いと思います。

アブラムシの種類は沢山あるし、シャリンバイはいくつかの種類のアブラムシが付くので、写真だけでは種類はわかりかねます。
ただ、天敵は共通していて、テントウムシやテントウムシの幼虫、クサカゲロウの幼虫、ヒラタアブの幼虫などです。最大の天敵はアブラコバチなどの寄生蜂です。
写真のはテントウムシの幼虫かクサカゲロウの幼虫に見えますが、テントウムシが沢山いるなら、たぶんテントウムシの幼虫でしょう。
アブラムシが付くのは樹勢が弱っているからだと思います。
日当たりが悪かったり、肥料が足り...続きを読む

QN-(4-hydroxyphenyl) acetamide のNの意味ってなんですか??

N-(4-hydroxyphenyl) acetamide のNの意味ってなんですか??

Aベストアンサー

4-hydroxyphenyl基(グループ)がアセトアミドの窒素上に着いていることを示しています。アセトアミドのメチル基上に着いた異性体もあり、その場合C-(4-hydroxyphenyl) acetamide になります。

Q車やバイクはカーブの途中で加速した方が安定して曲がれる気がします。 なぜカーブの抜ける手前から加速し

車やバイクはカーブの途中で加速した方が安定して曲がれる気がします。

なぜカーブの抜ける手前から加速した方が安定してカーブを抜けられるのですか?

Aベストアンサー

遠心力で外側に持って行かれるからです。
カーブの旋回方法の基本は、OUT-IN-OUTです。
カーブのクリッピングポイント(一番イン側によるポイント)真近かなどを見たらアクセルを踏み動力を与えることで ハンドルを切っているので 切っているイン側へ進もうと 遠心力と逆の方向へ向かう力が 遠心力で外側へ持って行かれる力を抑制することになります。FF車など 前輪駆動なので ハンドル切った前輪に確実なイン側へ進もうとする力が掛かります。


人気Q&Aランキング