何故に黙秘権などの権利があるのでしょうか?
罪を犯した事については、素直に反省し聞かれたこと(構成要件に該当する質問)は、ちゃんと話せば公判の短縮になるのではないのでしょうか。
 罪を犯していないのなら「やっていません」って堂々と言えば良いのであって、「黙秘します」って言うことはどんなメリットが・・・。
 明らかに遅延行為としか思えません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

普通、悪いことをすると罪悪感てありますよね?普通の人は。

でも、中には悪いことをしたって判ってるんだけど、やっぱり自分がかわいい(保身)から、黙秘するんだと思います。黙秘って事はその部分を離すと自分にとって都合が悪いわけなんですよね。私はそんな風に思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂きましてありがとう御座いました。

お礼日時:2001/07/26 13:20

あなたは、例えば、他人から「ここにあった物がない。

知らないか」と云われた場合、どのように答えますか? 当然、正直に答えることもありますが、どうもよくわからなかったり、いちいち返事をしたくないことはありませんか。そうした場合、問答した者は、あなたが返事をしないのでわかりません。そこで、その人は「あなたが無くした」と決めてしまうかも知れません。
裁判所であっても同じです。この場合、裁判官は「それは、最初から盗む計画でそれを実行した。」と云うように判断して判決を言い渡します。黙秘しないで「実は私が盗みましたが、それはAから云われしかたがありませんでした。」と証言したとした場合裁判官は「そうなら○○だ」と先とは違った判決になるかもしれません。
そのように将来自分が有利になろうと不利になろうと、その選択は、その人の自由に任せています。(あなたに不適当な例をお詫びします。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂きましてありがとう御座いました。

お礼日時:2001/07/26 13:17

以下に京都弁護士会の見解を記しておきます。



----ここから----

まず、第一に、人間の記憶はあいまいなものです。身体を拘束され自由に外部と連絡が取れない。事件の内容については取調べの担当官から聞くのみである、そういう状態が、最高23日間(場合によりますが)も続くのです。こうした極度の緊張状態の下で的確な弁解をすることは至難の業です。第二に、弁解しても裏付けがないと捜査官は信用してくれません。また、裏付けとなる証拠を隠されてしまう場合もないわけではありません。
日本の捜査は今も自白偏重です。その弊害を除くためにも、自己に不利益なことをしゃべらなくてもよい、という黙秘権は、憲法で保障されている権利なのです。

----ここまで----

「やっていません」と堂々と言い続けることが出来にくいのが日本の取調べです。それに過去の冤罪の殆どが裁判では自白が決め手と有罪となっています。

無実の人が頭ごなしに「お前がやったんだろ!」という取調べに対抗するには黙秘しかないです。下手に弁明しても取調べのプロの取調官に素人は揚げ足を取られてしまいます。もっとも取調官も無実の人を揚げ足を取って犯人にするつもりで取調べをしてるのではないのですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂きましてありがとう御座いました。

お礼日時:2001/07/26 13:22

 これは「犯罪者の人権」という話になります。



 普通、我々素人がこういった話をするときには、無意識のうちに「犯罪者に人権はない」という前提が生まれてしまいます。
 他人の人権を踏みにじったんだから当然です。

 でも、法律ではやっぱり犯罪者にも人権があります。一般の人にだって「言いたくないことを言わない権利」があるのに、犯罪者にそれがない、というのはおかしな話です。
 犯罪者は、裁判で有罪が確定するまでは「無罪と推定される」という決まりがあります。「おそらく無罪だろう」という前提で話が進むわけですが、だったら人権が消えないのは当然なわけです。

 もちろん俺だって、新聞なんかで「殺人犯は依然黙秘しています」という言葉を見ると、黙秘権の存在が鬱陶しく感じますが、それは単なる市民感情であって、話が別なんです。

 たとえば、先の筋弛緩剤の件。
 あれの容疑者が本当に無罪だったとき、人権を奪って黙秘権も奪って、果ては命まで奪った場合、どう責任取るんですか? という話になるわけですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂きましてありがとう御座いました。

お礼日時:2001/07/26 13:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q非現住建造物の罪を犯したつもりが自己所有の非現住建造物の罪を犯した場合の罪責について?

Aは火災保険を騙し取ろうと考え、Bに「100万円手当てを出すから、Aの倉庫を燃やすようにCに指示して来い」と教唆をした、その結果BはCに「100万円手当てを出すからAの倉庫を燃やせ」と指示した。その結果CはA所有の倉庫に放火した、その後Aは失火を装い保険金を搾取した。
この場合、Aには自己所有の非現住建造物放火罪の教唆と詐欺罪が成立し、Bは自己所有の非現住建造物放火罪の教唆が成立することは間違いないのですが、CはBからの指示で放火しているのだが、Aが指示を出したことも知らないわけですし、他人所有の非現住建造物放火の故意があって倉庫を燃やしたつもりが、自己所有の非現住建造物放火をしたということになります。この場合は、重なり合う範囲で軽い罪が成立するという考えでいいのでしょうか?
ここで、公共の危険性があったかないかの検討も必要ですが、公共の危険性がない場合には、Aは詐欺罪、Bは犯罪不成立になりそうですが、Cの罪責はどうなるんでしょうか?

Aベストアンサー

Cの罪責を論じる前に、当該倉庫は、火災保険がかけられているので、他人所有物として扱われます(刑法115条)。

以下の罪責については、質問者様ならば自己の結論にたどりつくことが難しくないと想像されますので省略いたします。

Q名誉毀損罪・侮辱罪・不法行為の成立要件

某匿名掲示板の以下のような傾向の発言に名誉毀損罪・侮辱罪や不法行為は成立するのでしょうか?

お国自慢板の「地域中傷」(○○県は低所得の貧乏県などの発言)
学歴板の「学歴差別」(高卒は人間の屑などの発言)
ハングル板の「韓国人蔑視」(韓国人は犬食いの野蛮人などの発言)

Aベストアンサー

名誉毀損・侮辱罪の客体は、「人」です。必ずしも自然人(生物学的な人)には限りませんが、法人や、一定の機能を持った団体でなければいけません。

したがって、抽象的な「○○県」や「高卒の人間」、「○○人」といったものは、団体とはいえないので、犯罪は成立しません。(ただし、行政組織としての「○○県」であれば、客体になりえます。)

ただし、文脈上、特定の人を指すことがあきらかであれば、その人に対する名誉毀損は成立します。

Q名誉毀損罪や脅迫罪が不起訴になる要件

Aは、BのAに対する債務(確定判決)の放置をSNSやブログで公表しようとしています。
目的は、民事の判決では、滅多なことで債権が回収できない事実を広く知らせ、かつ、Bに債務の弁済を促すことです。

このことをAはBに通知しました。
すると、BはAに「公表すれば名誉毀損罪で刑事告訴する」旨の内容証明郵便を送りつけて来ました。「債務の弁済をするから公表しないでくれ」とは申しませんでした。

Aは、前記の刑事告訴を覚悟しています。

そこで、警察・検察庁のAへの対応が知りたいのです。
即、逮捕・拘留・起訴となるのでしょうか。
検察庁は、告訴されたAの情状を、Bのズルサ等に鑑みて、酌量することはないのでしょうか。そして、不起訴にするということは?

法律にお詳しいかたからのご回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

>即、逮捕・拘留・起訴となるのでしょうか。
可能性は高い。
書き込みした本人の特定が簡単なため。
>検察庁は、告訴されたAの情状を、Bのズルサ等に鑑みて、酌量することはないのでしょうか。
民事と刑事は別物。
よって酌量の予知無しで「高額な罰金刑」ですね。

全然意味無い行動ですよ。
判決出てるならそれを根拠に法的に金銭を差し押さえる方が簡単。

Q脅迫罪・強要罪の成立要件について

脅迫罪や強要罪は「弱みにつけこむ」だけでは成立しないのでしょうか?
身体や財産、生命の危機とかでないと・・

また、しないとしたら、他に罪状はあるでしょうか? 

Aベストアンサー

弱みにつけ込んで何かをさせようとする行為は、まさに脅迫罪です。

「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知」がまさに「弱みにつけ込む」行為と判断され、なおかつそれによって何かをさせようとすれば脅迫罪、

もしくは暴行して、「人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した」場合は強要罪です。

刑法の構成要件をよく見てみましょう。
客観的に「脅し」と判断されれば脅迫罪、さらにそれをもって無理強いさせればもしくは暴行して無理強いさせれば強要罪です。

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報