前方後円墳を見るとどうしても丸が前に見えるのですが、
なぜ前が四角で後ろが丸と定義されているのですか?

A 回答 (7件)

 専門家の間でも いろいろな説がありますので、これがすべてではありません。

と、逃げ場を作っておいて(笑)、谷川健一の『古代史ノオト』の中の「ひさごとたまご」を教科書にして お話しましょう。
 古代日本の主導権を握っていたのは朝鮮半島出身者であることは、大勢の認めるところです。韓国の慶州は、かつて新羅が都を置き、統一新羅王国を築きあげた拠点です。慶州の風景が「奈良」「明日香」と酷似していることに訪れた人は驚くことでしょう。慶州には古墳時代の名残をとどめる古墳群(円墳・土まんじゅう型)が無数に点在しています。その中に真白い「天馬」の絵が描かれた馬の鞍掛け用の布が発見され、「天馬塚」と命名された古墳があります。この天馬塚(慶州皇南洞155号古墳)から土製の壺におさめられた卵の殻が約20個が発見されました。
 朝鮮の始祖神話の特徴として卵生説話があげられます。
 新羅国始祖赫居世王の場合、「白馬がひざまずいているので見てみると 紫色の卵が1つあり、そこから男の子が生まれた。その卵はひさご(瓢)のようであったので朴を姓とした。ひさごを朴と新羅人は呼んだ。」というものです。
 韓国の学者徐廷範氏によると、「王陵や庶民の墓が円墳であるのは、卵の形を模したものであって、卵から再生するという意味がこめられている」のだそうです。天馬塚の例は、まさしくそのことを裏付けています。
 朝鮮の古墳が卵を模して造られ、再生を願うものであったとすれば、渡来人たちによってその風習が日本にもちこまれ、日本の古墳の形式に影響を与えたことは十分納得できます。
 新羅王陵では、円墳の前に四角い敷石の祭壇が設けられていました。おそらく、この形式が前方後円墳の基になったと思われます。前方後円墳は、横から見ると瓢箪を立てに割ったような形をしています。つまり、ひさご(瓢)型。
 卵形の円墳、瓢型の前方後円墳、ともに再生の器と考えることができます。
 ここからは、私の勝手なお話です。
 日本の3大前方後円墳は、仁徳天皇陵、応神天皇陵、履中天皇陵です。日本書紀によると、仁徳陵は百舌鳥野陵、履中陵は、百舌鳥耳原陵といいます。応神陵については、日本書紀に記載がありませんが、その所在地である大阪府羽曳野市は、ヤマトタケルが白鳥となって飛び去ったところとされます。また、仁徳の和風諡号は、オオサザキ(日本書紀・大鷦鷯、古事記・大雀)と鳥の名前がついています。
応神は朝鮮半島出身であろうとされます。そしてその子・仁徳、孫・履中。日本3大前方後円墳の主に鳥のイメージ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

おぉ なんだか専門書を一冊読み終えたような充実感を感じております、
亡骸を卵に納めて後の世での再生を願う・・・神秘的ですね。
呼び方の解釈としては古代からではなく現代人の表現方法として・・・で良いのでしょうか。

お礼日時:2001/07/30 00:00

 3度目の登場です。


>呼び方の解釈としては古代からではなく現代人の表現方法として・・・で
 良いのでしょうか。

 むずかしいですね。(苦笑)
 専門家の意見もいろいろで悩むんですが。

 呼び方の解釈とは、「前が方で後ろが円」という解釈ですよね。私個人の意見ということで勘弁してください。
 柳田國男や折口信夫は、古代の先祖信仰は、山にあったといいます。円錐形の甘南備山といわれるものです。拝殿がなく、山自体をご神体とし祀ります。一般には、瓢箪山、茶臼山、神鍋山、飯盛山などと呼ばれることが多いです。これが原始形態だとすると、このまるみをおびた山の前に遥拝所ができ、古墳、神社へと発展したと考えられます。日本にもともと山に対する信仰があったため、谷川健一の言う半島の卵生説話も容易に受容できたわけです。
 柳田・折口、谷川の考えからすると、こんもりした山の前に拝殿を設置する。先祖の魂の奥城(おくつき)である円墳のまえに拝所としての方墳を設置する考えは、より昔からと言えるでしょう。
 ただし、前方後円墳とは呼ばなかった。知識階級と一般庶民との信仰・思想のギャップがあったことを記しておきます。
 
 自信はまったくありません。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

みなさん博学でいらっしゃいますね、私も暇をみつけて
せめて自分が知りたい範囲だけでも調べてみたいと思います。

わからない事があったらまたお願いいたします。

お礼日時:2001/08/10 06:05

丸い部分が高くなっていて、丸いほうの延長から見ると、方の部分がかくれてみにくいので、「方」のほうから見るのではないでしょうか。

単に絵としてみたのですが。

「前円後方」の場合は、丸いほうが低いのじゃないでしょうか。

祭壇があるのが前、というのも、そういうふうにもいえるけど、「祭壇の前に墓がある」というふうにも考えられます。(棺に尻をむけて祭礼はないでしょう)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

高低差ですか・・・とにかく調べてみなくては、結論に達しないようですね。

お礼日時:2001/08/07 03:25

前方後円墳は有名ですが.前円後方墳や前方後方墳も数が少ないのですがあります。


ですから.丸と四角があった場合に.必ずしも前方後円墳とは限りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございました。

なるほど余計に興味がわいてきます。

お礼日時:2001/07/26 16:39

 前方後円墳という名は、蒲生君平が『山陵志』という書物の中で用いています。

蒲生は、方墳部の前面に参拝する場所があったため、方墳部を前と考えたようです。
 古代人にとって、古墳は横から見るものであったことは、容易に理解できます。横から見ると「ひょうたん」「まんじゅう」「たまご」に見える古墳の形に古代人の思想が反映しています。これはまた、別の機会に。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただきありがとうございます。

別の機会に・・・わくわくします。
古代人の思想など、詳しい方の意見を聞かせてもらえたらなんともすばらしいなぁ

お礼日時:2001/07/25 22:03

「前方後円墳」のネーミングは、寛政三奇人のひとり、


蒲生君平によるものです。
蒲生は、横から見た形を貴族の乗る屋形車に見たてて、
方墳を引き手、円墳を車としたためにあの前後関係に
なったようです。

このネーミング自体には学問的な意義はなく、現在も
前後について定説があるわけではないとか。

でも、丸が前に見える、というのは上空からの写真を見て
いる現代人ならではの感覚のような気もします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

実は小学校の頃郷土史クラブなるものに所属していた事がありまして、
友達と一緒にまとめた資料を大人数の前でプレゼンしたことまであったのですが
その時の緊張は覚えているのですが肝心の情報はすっかり飛んでしまいました。

幼い頃を思い出して暇をみてはまた少し調べてみようかなぁなどと思っています。
現代人ならではの感覚等とは自分ひとりでは指摘できない貴重なご意見だと思います。

お礼日時:2001/07/25 21:58

ふんぼの後ろ側で.色々な祭りをします。


方形部は祭りをする祭壇の意味合いがあります。えんぷんの場合には.埋葬品の関係でどちらかが前で.どちらかが後ろと聞いています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

田舎に行くとけっこうそこらじゅうで見れる旧跡なのに
畑とか雑木林になっていて意外と気づかないんですよね。

お礼日時:2001/07/25 06:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【奈良・大阪】前方後円墳の全貌が見える場所は?

奈良・大阪あたりに観光に行く予定です。
前方後円墳がいくつもありますが、ちょっとした高台などで、自分の目で、前方後円墳の「かぎ穴」の形の全貌が見渡せる場所ってあるのでしょうか?ぜひ見たいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

百舌鳥古墳群の近くに住んでいる者です。

>「かぎ穴」の形の全貌が見渡せる場所
は百舌鳥古墳群に限れば、近くの民間のマンション以外にはなさそうです。
堺市役所の展望ロビーを上げている方もいらっしゃいますが、
「かぎ穴」の形までは見れないと思ってください。
しかし展望ロビーは誰でも無料で登れますし、一度登って見て下さい。

いたすけ古墳程度の大きさであれば、近くで見て、そして簡単に古墳
を一周でき「かぎ穴」っぽさを感じることは可能です。
http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E135.29.15.666N34.33.3.705&ZM=10
近くのニサンザイ古墳でも同じような感じで見れます。
http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E135.29.56.935N34.32.40.133&ZM=10
が、どちらにしろ「かぎ穴」っぽさだけであって全貌までは見れませんが、
近くまで来られるのであれば、その景色も一度ご覧ください。

天皇陵に指定されている古墳が多く、見下ろす形の建造物はなかなか作れなかった
のが百舌鳥近辺の実情です。大仙公園内の平和塔が展望台であればよかったの
ですが、恐れ多いとかの様々の理由から展望施設にはなっていないのが残念です。

※他の地区の古墳の情報は持ち合わせておりません。

百舌鳥古墳群の近くに住んでいる者です。

>「かぎ穴」の形の全貌が見渡せる場所
は百舌鳥古墳群に限れば、近くの民間のマンション以外にはなさそうです。
堺市役所の展望ロビーを上げている方もいらっしゃいますが、
「かぎ穴」の形までは見れないと思ってください。
しかし展望ロビーは誰でも無料で登れますし、一度登って見て下さい。

いたすけ古墳程度の大きさであれば、近くで見て、そして簡単に古墳
を一周でき「かぎ穴」っぽさを感じることは可能です。
http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E135.29....続きを読む

Qお墓の定義

お墓に骨壷と言うのは土葬のころには無かったでしょうね、かと言って一般的にその時代の自分の先祖のお骨は無いと思いますがどうでしょう、お骨は無くても竿石一つでもお墓はお墓ですねえ…  さて、日露戦争で戦死した戦士の忠魂碑と言うのを見かけますがあれは、お墓と言えるのでしょうか、顕彰碑と言うのもありますが、これもお墓をかねているのでしょうか、それともその子孫の思いで兼ねる事もあり、でしょうか教えていただけたら、幸いです。

Aベストアンサー

●お墓に骨壷と言うのは土葬のころには無かったでしょうね
○骨壺はありませんが、棺桶はあることがあります。また火葬であれば骨壺はあります。

●一般的にその時代の自分の先祖のお骨は無いと思いますがどうでしょう
○質問の主旨がよくわかりません。
 「その時代」がいつをさすのでしょうか? 古墳時代なら古墳と言う先祖の墓に骨はありますし、江戸時代なら先祖の墓はあります。

●竿石一つでもお墓はお墓ですねえ
○「墓標」と「墓」を混同されているように思われます。

●忠魂碑と言うのを見かけますがあれは、お墓と言えるのでしょうか
○お墓ではありません。慰霊碑・顕彰碑に類するものです。墓を兼ねることはありません。

Q前方後円墳について

以前、朝鮮半島において、前方後円墳が発見されたといった、ことがありましたが、日本では、前方後円墳がなぜ生まれたのかといった、ことが謎なんですが。日本人って結構そそっかしくて、中国の文献に、身分の高いものの墓について、上方を円く、下方を方形にとあるのを、勘違いして、散った意的に考えず、2次元的に考え、墓のむこうを丸く、手前を四角につくってしまい、前方後円墳が生まれたといった、説を聞いたことがあります。みなさんはどのように、考えられますか?

Aベストアンサー

TCMさんの補足です。

> 前方後円墳のルーツは円形周溝墓にあるのではないか

もともと誰が唱えた説かは知らないのですが、前方後円墳の起源については、一般書として
都出比呂志『王陵の考古学』岩波書店、2000年(岩波新書)
があります。
同書においても、周溝墓起源説が支持されています。(都出氏の説か?)

> 上方を円く、下方を方形に

「天円地方」ですね。初めて聞きましたが、非常に興味深いです。

陵墓を天円地方で築くというのはどの文献に出ているのでしょうか?
可能性があるとすれば『礼記』『周礼』あたりだと思うのですが、前方後円墳が登場してくる3世紀代に伝来していたか、非常に疑問が残るところです。
また中国古代における墳丘墓には今のところ「天円地方」の影響は発見されていません。
#つまり上部が円形で下部が方形であるような墳丘。

よって魅力的ではあるのですが「中国文献勘違い説」は妥当性が低いと(私は)思います。

また
> 祭りを墓の上で行なうというのは、どうも不自然ではないですか?

とのことですが、中国古代に限っては、戦国期までは墓上祭祀は当たり前のものでしたので、批判の根拠としては薄いと思います。

なんだか読み直してみると、厳しい意見になっちゃっていますが他意はありません。
とりあえず、なかなか説得力があると思いますので『王陵の考古学』を読んでみる事をお勧めします。

TCMさんの補足です。

> 前方後円墳のルーツは円形周溝墓にあるのではないか

もともと誰が唱えた説かは知らないのですが、前方後円墳の起源については、一般書として
都出比呂志『王陵の考古学』岩波書店、2000年(岩波新書)
があります。
同書においても、周溝墓起源説が支持されています。(都出氏の説か?)

> 上方を円く、下方を方形に

「天円地方」ですね。初めて聞きましたが、非常に興味深いです。

陵墓を天円地方で築くというのはどの文献に出ているのでしょうか?
可能性があるとすれ...続きを読む

Q丸墓山は円墳?

いまさらのような疑問ですが、
さきたま古墳群の中にある、日本最大級といわれる円墳、丸墓山は古い過去では前方後円墳といわれていたことがあったと記憶しています。推定軸長180~200m 大田天神山や舟塚山級の関東最大クラスの前方後円墳ということになります。
以前は稲荷山も円墳とされていたので円墳丸墓山が不自然ではありませんでした。
しかし当の稲荷山はいまは前方後円墳として再生されているし、むしろ現在の方が丸墓山のみが円墳であることに奇異を感じます。
丸墓山は円墳と断定されたのでしょうか。また丸墓山のみ円墳である背景というものは解明されているのでしょうか。

Aベストアンサー

現状で前方後円墳の痕跡が見当たらないからだと思います。

>以前は稲荷山も円墳とされていたので
それは間違いです。
稲荷山古墳の前方部は昭和12年まであり、干拓工事のために土取りされて消滅していただけです。
前方部の写る古写真も現存していますし、周溝が復原される前は、前方部がソイルマークとして見える顕著な例としても有名でした。

>古い過去では前方後円墳といわれていたことがあった
これは鉄砲山古墳の東にある浅間塚古墳のことではありませんか?
浅間塚古墳は現状は円墳ですが、新編武蔵国風土記稿には前方後円とする記述があり、現地の案内板にもそうなっているそうですから。

>丸墓山のみが円墳であること
現状の大型古墳だけみるとそうなりますが、周辺には円墳が多数存在していたようです
また、前方後円墳ではないが、丸墓山古墳のみに葺石が使われている可能性が高いということは墳形以外に重点が置かれた、とも考えられます。

いずれにせよ前方部の痕跡が見つかっていないので現状では円墳と考えるしかないかと思われます。

Q前方後円墳はなぜ出現したのか?

前方後円墳はどんな経緯があって、またどんな原因で作られるようになったのですか?

Aベストアンサー

豪族の権力をより示すためでは?
方墳や円墳より大きいので

Q古代の丸い石の名前を教えて下さい

まるっきり漠然とした質問で恐縮ですが、
丸い石に古代の絵文字や色々な文様などが
描かれて見つかる古代遺物の名前と、見つかる国や地域についてご存知の方は教えて下さい。

Aベストアンサー

「タブレット」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

Q前方後円墳の方位について

前方後円墳の方位設定の考え方は、どのようになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

平地型前方後円墳の方位設定と日の出観測との関連・法則性について研究をしております。
 九州国立博物館学芸部 河野一郎氏は「鏡は太陽光を反射して死せる王の再生を祈るためのまじないの道具であった。」と博物館のホーム
ページ 「いにしえの旅」に記述しておられます。そのことは、方位設定にも関連していると思います。
 一例をあげますと、日の出観測線上に古墳中軸線を置いていると推定している 奈良県の祟神陵、景行陵、箸墓古墳、大阪府の土師ニサンザイ古墳、岡山県の神宮寺山古墳。
 日の出観測地(神社)を起点に古墳中軸線を設定していると推定している大阪府の仁徳陵、履中陵。
 日の出の山を起点に古墳中軸線を設定していると推定している岡山県の造山古墳、作山古墳。
 その他については、ヤフー検索 条里(日の出と方位)に掲載しております。

Q石田三成が本陣を張ったころの丸墓山古墳

現在の丸墓山古墳は頂上に少し樹木があるだけで、あとは草に覆われているようですが、戦国時代に上杉謙信?や石田三成が本陣を張ったころの丸墓山古墳はどんなんだったんでしょうか? 木々に覆われて、うっそうとしていたりしたのでしょうか? 

Aベストアンサー

陣を構えるというのは、簡易な築城と同じです。
http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/8,22232,149,722,html

・木々は伐採し、柵や逆茂木にする。
・空堀を掘り、土塁を築く。

羽柴秀吉軍は、これら土木工事に非常に長けた軍団でしたから、
秀吉の小姓であった石田三成も、十分知識はあったはずです。
http://www.siromegu.com/castle/tottori/taikouganaru/taikouganaru.htm

秀吉は本物の城を造っちゃいましたけど(笑)。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/park/park-etc/ishigaki-p.html

丸墓山古墳は造られてから千年以上もたっており、当時誰も手入れなどしていないはずです。
日本の気候を考えますと、鬱蒼とした樹木が茂っていたと思います。
おそらくはすべて伐採され、柵や簡易な橋などに転用されたのだと思います。

参考URL:http://www.asuka-tobira.com/kofun/kofun.html

陣を構えるというのは、簡易な築城と同じです。
http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/8,22232,149,722,html

・木々は伐採し、柵や逆茂木にする。
・空堀を掘り、土塁を築く。

羽柴秀吉軍は、これら土木工事に非常に長けた軍団でしたから、
秀吉の小姓であった石田三成も、十分知識はあったはずです。
http://www.siromegu.com/castle/tottori/taikouganaru/taikouganaru.htm

秀吉は本物の城を造っちゃいましたけど(笑)。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/park/park-etc/ishigaki-p.html...続きを読む

Q前方後円墳

前方後円墳を見るとどうしても丸が前に見えるのですが、
なぜ前が四角で後ろが丸と定義されているのですか?

Aベストアンサー

 専門家の間でも いろいろな説がありますので、これがすべてではありません。と、逃げ場を作っておいて(笑)、谷川健一の『古代史ノオト』の中の「ひさごとたまご」を教科書にして お話しましょう。
 古代日本の主導権を握っていたのは朝鮮半島出身者であることは、大勢の認めるところです。韓国の慶州は、かつて新羅が都を置き、統一新羅王国を築きあげた拠点です。慶州の風景が「奈良」「明日香」と酷似していることに訪れた人は驚くことでしょう。慶州には古墳時代の名残をとどめる古墳群(円墳・土まんじゅう型)が無数に点在しています。その中に真白い「天馬」の絵が描かれた馬の鞍掛け用の布が発見され、「天馬塚」と命名された古墳があります。この天馬塚(慶州皇南洞155号古墳)から土製の壺におさめられた卵の殻が約20個が発見されました。
 朝鮮の始祖神話の特徴として卵生説話があげられます。
 新羅国始祖赫居世王の場合、「白馬がひざまずいているので見てみると 紫色の卵が1つあり、そこから男の子が生まれた。その卵はひさご(瓢)のようであったので朴を姓とした。ひさごを朴と新羅人は呼んだ。」というものです。
 韓国の学者徐廷範氏によると、「王陵や庶民の墓が円墳であるのは、卵の形を模したものであって、卵から再生するという意味がこめられている」のだそうです。天馬塚の例は、まさしくそのことを裏付けています。
 朝鮮の古墳が卵を模して造られ、再生を願うものであったとすれば、渡来人たちによってその風習が日本にもちこまれ、日本の古墳の形式に影響を与えたことは十分納得できます。
 新羅王陵では、円墳の前に四角い敷石の祭壇が設けられていました。おそらく、この形式が前方後円墳の基になったと思われます。前方後円墳は、横から見ると瓢箪を立てに割ったような形をしています。つまり、ひさご(瓢)型。
 卵形の円墳、瓢型の前方後円墳、ともに再生の器と考えることができます。
 ここからは、私の勝手なお話です。
 日本の3大前方後円墳は、仁徳天皇陵、応神天皇陵、履中天皇陵です。日本書紀によると、仁徳陵は百舌鳥野陵、履中陵は、百舌鳥耳原陵といいます。応神陵については、日本書紀に記載がありませんが、その所在地である大阪府羽曳野市は、ヤマトタケルが白鳥となって飛び去ったところとされます。また、仁徳の和風諡号は、オオサザキ(日本書紀・大鷦鷯、古事記・大雀)と鳥の名前がついています。
応神は朝鮮半島出身であろうとされます。そしてその子・仁徳、孫・履中。日本3大前方後円墳の主に鳥のイメージ。

 専門家の間でも いろいろな説がありますので、これがすべてではありません。と、逃げ場を作っておいて(笑)、谷川健一の『古代史ノオト』の中の「ひさごとたまご」を教科書にして お話しましょう。
 古代日本の主導権を握っていたのは朝鮮半島出身者であることは、大勢の認めるところです。韓国の慶州は、かつて新羅が都を置き、統一新羅王国を築きあげた拠点です。慶州の風景が「奈良」「明日香」と酷似していることに訪れた人は驚くことでしょう。慶州には古墳時代の名残をとどめる古墳群(円墳・土まん...続きを読む

Q千年前の平均気温が何度とか、五百年前の平均気温が何度とか書いてあるもの

千年前の平均気温が何度とか、五百年前の平均気温が何度とか書いてあるものを読みました。
どうやって昔の気温を測るのでしょうか?

Aベストアンサー

 主に年輪の幅やサンゴの成長線、氷床コアの同位体など、様々な手法からそのデータは得られます。

 しかし、これらの方法でカバーできる精度は荒く連続的ではないものもあり、もっとも適切な手法でも、観測で得られる精度の悪い時期の記録よりも正確性には欠けます。

 自然から得られる定量的な手法(年輪など)の他に、人類の記録した歴史文献にも気候変化を示す記録があります。間接的で非定量的な場合が多いが、テムズ川の霧の状態、農産物の収穫具合、春の花の開花時期、雨や雪の異常降雪・降雨、洪水や旱魃についての記録等があり、これらも歴史時代の気温を検証する際に有用です。

最近の研究では、紀元前2200から2100年の間にチベットからアイスランドにかけて起きた急激で短期間の気候変化が、世界的な出来事であったということが示された。この出来事は、寒冷化と乾燥化を起こし、エジプト古王国の滅亡の主な原因とされている


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報