小学校、中学校、高校、大学、大学院・・・と色々あるなかで、
一番有意義に過ごせた教育課程はいつですか?

A 回答 (6件)

中高一貫だった中学校と高校。


のびのびとすごせました。
ダラダラという意味でなく、
あの年齢の時に、自分にとってとてもいい環境で
勉強できた事、仲間と共有できたことが幸せでした。

今は大学生ですが、大学編入をし
人生が変わりました。
よって大学も私を大きく変えてくれました。

どれもみんなあの時があって、今の私があるので
有意義にすごせました。
私の場合、優劣は決めれないです。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

>私の場合、優劣は決めれないです。。。

なんとすばらしいご意見でしょう、そういった環境を全ての方に
体験していただけたら良いですね。

お礼日時:2001/07/26 16:24

基本部分の形成という点では小学校でしょうか。


後は、大学ですね。
専門の勉強という点では、大学が一番でした。
大学には卒業後もお世話になり、今又社会人リフレッシュと言うことで大学院にお世話になっています。
ここに至るには、職場での勉強が大きかったわけですが、教育というか、追求するという点では大学はいつまでも関わる事の出来る素晴らしい場所だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

>教育というか、追求するという点では大学は・・・

継続性のある場なのですね、うらやましい限りです。

お礼日時:2001/07/26 16:21

大学は もちろん専門知識を修得できたし よかったですが


それよりも 私の場合は中学時代が一番有意義に過ごせました。

親の仕事上 中学校だけでも3校行ったのですが そのなかでも
一番滞在期間が短かった(8ヶ月)ところで 本当に 良い友人達に出逢えて
幸せでした!その時の 友人達とは もちろん今でも付き合いが続いてますし、
やはり 人間関係は 一生の宝物だと思います。

planktonも 良い人たちと出逢えたらいいですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

転校が多い方の意見はほとんど否定的なものが多いのですが、
とても良い親友に恵まれたのでしょうね、
私の親友もやはり中学時代に交流を深めた方達です。

>やはり 人間関係は 一生の宝物だと思います。

ごもっとも。

お礼日時:2001/07/26 16:18

こんにちは。


私はとても細かくてなんですが,短大生の時の体育の時間です。
私は運動が苦手で,走るのも遅い,球技も下手,泳げないと
丸っきりどれもダメでした。
なので小,中,高(中途退学)と,いつも体育の成績は2,ひどい時は1。
子供は残酷で,スポーツが出来ないこはえてして笑い者で,
ずっと辛い思いをしました。
(体育教師もあまりいい思いではありません)

ですが,短大の時の女性講師は,口がきつく,化粧もバッチリの
あまり体育教師とは思えない風貌だったのですが(笑)
「講義にちゃんとでて、まじめにやったらAをあげる」
と最初に行っていて,そのとおり,出席してまじめにやっていればAであったし、
下手でも「どうやったらきちんとできるか」を根気よく教えてくれました。
私は始めて体育でAを取れた時本当に嬉しかったです。

こういう講師に,小学生のころに会っていたらきっとかわっただろうあなあ、
と思わずにはいられません。
体育の授業をサボらず行けたのは短大の時だけでした。

ちょっと質問とずれてしまったでしょうか?
でも,そんな感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答してくださりありがとうございます。

高(中途退学)から短大とは努力なさったのですね。
自分の苦手とする分野を思いのほか延ばせた時期やそれに手を貸してくれた講師の方への思いは特に残りますよね。
こういったご意見を聞くことが出来ると、このサイトがあって本当に良かったなと思います。

お礼日時:2001/07/25 12:36

やはり大学院でしょう...私は2年仕事を経験してから戻りましたから特にそう思うのかもしれません。



工科系でしたが、ほとんどの時間を文科系の研究室に入り浸り、直ぐ役に立たない学問の面白さを知ることが出来ました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

>直ぐ役に立たない学問の面白さを・・・

大学院に復学ですか、
文面に知識の豊富さを感じてしまいます。

お礼日時:2001/07/25 12:27

それぞれに有意義だったと思いますが‥


やはり大学院でしょうか。
大学のときも専門分野を学び追求できるということで意義深かったのですが、大学院では更に深く没頭できたことがよかったですネ。なによりも時間にとらわれず一日24時間を自主的な判断で自分の立てたプランによる研究に費やすことができたのは、卒業以後にも非常に役立つ体験であったと言えます。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

専門分野を極められる環境に居れた方はうらやましいですが、
その分家族や社会に恩返しをしなくてはいけないような重圧を感じてしまいそうですね、
私など自分のプランも立てれないような・・・まぁいいですが?

お礼日時:2001/07/25 08:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京都教育大学附属桃山中学校と京都教育大学附属(学部?)京都中学校について教えて下さい。

京都教育大学附属桃山中学校と京都教育大学(学部?)附属京都中学校について教えて下さい。

上記の二つの学校は、それぞれ、京都教育大学付属高校、及び、京都教育大学にエスカレーターで行ける様になっているのでしょうか?

また、中学校の学費は、授業料は無料で、諸経費で公立の2倍ぐらいと理解しているのですが、それぐらいなのでしょうか?
高校は、公立の2倍ぐらいなのでしょうか?
大学は、どれくらいなのでしょうか?

最後に、
桃山中学校のほうには、帰国生徒教育学級があるようなのですが、
日本から海外への、留学のような取り組みは、ありませんか?

分る範囲でいいので、色々な事を教えていただけたら有難いです。

Aベストアンサー

 中学校から高校へは半数が内部進学をしますが、半数は内部進学できません。高校から大学へは内部進学のルートはありません。

Q小学校教員免許取得 通信教育か大学院

私は現在大学4年で、高校・工業の一種免許状を取得見込みです。

大学時代のボランティアがきっかけで、小学校教員免許を取得し、将来的には小学校教員になりたいと考えています。そこで通信教育か大学院(上越教育大学か鳴門教育大学を検討中)の長期履修制度かで迷っています。
通信教育の場合、非常勤講師をしながらの取得を考えています。

通信教育と大学院のメリット、デメリット(採用試験対策や、その後の臨任での採用など)を教えて頂ければと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通信制大学
※メリット
最短で1年で2種、2年で1種の取得が可能
卒業する必要が無いので卒業研究等の教職に関係無い単位は取得する必要が無い
時間的に自由であり、教育実習時期以外はある程度の仕事もできる
※デメリット
通信制の単位認定は通学制よりも難しい傾向がある
スクリーング以外は、孤独に一人での勉強になる
教育実習先の確保は大抵自分でする

教育大学大学院へ進学
※メリット
最短3年で1種もしくは専修の免許状の取得が可能
普通に勉強すれば単位を落とすことは無い
採用試験の情報や対策が多く、周りの学生も教員志望なのでモチベーションも維持しやすい
長期履修制度の場合、2年分の授業料で3年間履修できる
教育実習は付属学校で行う
地元の公立学校では学閥が存在する(?)
※デメリット
卒業するまで最低3年かかる
3年間学生でその間はアルバイトくらいしかできない

Q大学院の修士課程と博士課程の違いは?

大学院の修士課程と博士課程の違いは?
博士はドクターと言うことですが
修士は?
勉強の内容が違うんですか?
そもそも大学院は何を勉強するところですか?
分かりやすく教えてください
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

過去の回答を見て、
私の時とはひょっとして
いろいろ制度が変わったのかしら?
と首をかしげているのですが

文科系の学科では、修士課程は2年、博士課程は3年が
一般的だったと思います。
ただし、それは大学によっても違いますし、
私大と国立によっても違います。
たとえば修士課程を、博士課程前期と言い換えて、
いきなり博士課程5年にするところもあります。

決して何年でも在籍できるわけではなく、
大学によって全4年なり全8年なり、
限度はあります。

学生(学士過程)では
授業(講義)を受けることにより
研究作業の訓練を習得しますが、
大学院では訓練で習得したことを生かして
主体的な研究作業をします。

つまり、学士では一般常識と同時に、
大なり小なり教授や助教授の方法論や
研究成果やを学びますが、

大学院では、より主体的なテーマを設定して、
研究を発展させていきます。
(大学によってはチームで研究することもありので
あくまで、個人的研究ではなく、主体的研究です。)

ただ修士の場合は、一方で、
学士と同じように講義を受けなければなりませんので、
(学士と一緒に受ける場合もあるし、修士のみの授業もある)
大学院でも初等的な訓練もしなければならないということでしょうか。

博士になると講義そのものはありませんが、
大学によっては出させてくれるところもあるようです。
また、教授や助教授の研究のお手伝いをしたり、
講義のお手伝いをしたり、
愛犬の散歩をしたりします(笑)

実質的な違いは、はやり名声とお金という
殺伐とした話になります。

たとえば大学の役職は教授職、助教授職、講師、助手などがありますが、
たとえば教授職になるための条件の一つとして、
博士号を修めていることなどがあります。
助手や、まれに講師職でしたら修士程度でも
雇ってくれるところはあります。

またたとえば、同じ助教授職でも、
雇用契約書によっては博士と修士の間に
給与の面で差をつけるところなどもあります。

就職難の今日では大学院へ行く人が多いようですが、
大学院に在籍しているからといって、
就職できないわけではありません。

たとえば、修士課程を受けながら、
ほかの県の予備校などで高校生相手に
受験勉強を教えている方など
いっぱいおられます。
中には昼は大学院で、夜は建設業(ドカタと言ったほうがいいかも)の方もおられます。

終戦で勉強したくてもできなかった
おじいちゃんやおばあちゃんがいる大学院も
中にはあるんじゃないでしょうか?

いずれにせよ、大学院過程は
大学によって違うし、
文科系、理科系によってもちがうし、
国立、公立、私立などの違いもあるでしょうから、

一番よいのは、志望する大学に問い合わせて
(たいていの大学院はパンフレットを発行していて
そこに研究方針やしくみなど詳しく書かれてあります)

場合によっては、教授や助教授を
直接たずねられてみてはいかがでしょうか。

最後にこの情報は何年も以前のうろ覚えですので、
今現在はこれが性格かどうかは責任もてませんが・・・

がんばってね。

過去の回答を見て、
私の時とはひょっとして
いろいろ制度が変わったのかしら?
と首をかしげているのですが

文科系の学科では、修士課程は2年、博士課程は3年が
一般的だったと思います。
ただし、それは大学によっても違いますし、
私大と国立によっても違います。
たとえば修士課程を、博士課程前期と言い換えて、
いきなり博士課程5年にするところもあります。

決して何年でも在籍できるわけではなく、
大学によって全4年なり全8年なり、
限度はあります。

学生(学士過程)では
授...続きを読む

Q大学院か教職課程か

どうも。国立大の経済学部に進学する予定のものです。
「お前は県外の大学にあたしの反対を押し切っていくわけだから、教職か公務員に絶対に行きなさい」と、母親に強制されていて困っています。
自分は大学の先生になりたいので、大学院にいきたいと考えています。大学院から公務員に行くようなコースも考えられます。
一方教職はいろいろな面で大変なところがあり、正直なりたくありません。
大学卒の時に
公務員試験 大学院入試 教員免許取得
このご時勢にお勧めの仕事ってどれですか。教えてください。

Aベストアンサー

>自分は大学の先生になりたいので、大学院にいきたいと考えています。
>一方教職はいろいろな面で大変なところがあり、正直なりたくありません。

???
大学の先生も、小中高の先生も、
どちらも「人に何かものを教える」という<教職>であることにはかわりありませんよ。

大学の先生になりたいのなら、
やはり教員免許は取得しておくと良いでしょう。
中学免許と高校免許の科目は、ほとんど重なっていますので、両方まとめて取得すると良いでしょう。

・高校免許のみの科目→高校教科教育法
・中学免許のみの科目→道徳教育論、中学教科教育法、介護等体験実習
・・・以上の4科目くらいを余分に受ければ、両方とれます。
教育実習は、中学か高校のどちらか片方に行ってくればOKです。
中学と高校両方に行く必要はありません。

参考までに、私が卒業した大学の先生の例をあげてみましょう。

a)大学時代に、教員免許はとっておらず、教育に関する知識が全くないA先生

授業は、A先生が、ただテキストを最初から最後まで音読するだけでおしまい。
学生が寝てようが、他の授業のレポート書いてようが、一切おかまいなし。
授業を聞いている学生は、誰もおらず。
授業が、3回・4回と進むにつれ、出席する学生の数がだんだん減り、欠席者がどんどん増えていく。

期末試験は、メチャクチャ難しい、A先生の自己満足感しか感じられない内容。
当然、学生全員が赤点となり、
「今の学生は、やる気が足りない。たるんどる!」
と、怒鳴り散らすだけの先生。

<学生のA先生に対する評価>
・A先生の授業は、聞くだけ無駄。意味なし。
・A先生の授業は、受けておかないと卒業出来ないから、とりあえず、受けてるけど、あんな先生の授業受けるくらいなら、死んだほうがマシ。

b)大学時代に、教員免許をとっており、教育に関する知識があるB先生

授業は、テキストを使うほか、
黒板にいろいろまとめて書いたり、
B先生が、作ったわかりやすいプリントが配られたり、
・・・と、B先生が、いろいろ工夫していることが伝わってくる。

寝ている学生は、起したり、
他の授業のレポート書いている学生には、注意をする。
ノートをとるなど、授業をまじめに聞いている学生が多い。
授業が、3回・4回と進んで行っても、ほとんどの学生が出席し、欠席者があんまりいない。

期末試験は、
そんなに難しくなく、授業をきちんと受けていれば、なんとか答えられるような問題。
当然、学生全員が合格となり、
不合格になる学生は誰もいない。

<学生のB先生に対する評価>
・B先生の授業は、わかりやすくて面白い。
・B先生の授業は、受けても受けなくても卒業出来るけど、絶対受けておきたい。

fjic14762さんは、どちらのタイプの大学の先生になりたいですか?

>大学卒の時に
公務員試験 大学院入試 教員免許取得
このご時勢にお勧めの仕事ってどれですか。

公務員試験じゃないでしょうか。

>自分は大学の先生になりたいので、大学院にいきたいと考えています。
>一方教職はいろいろな面で大変なところがあり、正直なりたくありません。

???
大学の先生も、小中高の先生も、
どちらも「人に何かものを教える」という<教職>であることにはかわりありませんよ。

大学の先生になりたいのなら、
やはり教員免許は取得しておくと良いでしょう。
中学免許と高校免許の科目は、ほとんど重なっていますので、両方まとめて取得すると良いでしょう。

・高校免許のみの科目→高校教科教育法
・...続きを読む

Q大学院博士課程1年に在学中

私は今大学院の博士課程1年です今夏休みに入りましたが、論文等一つも出せませんでした。今は査読、研究論集、プロジェクトに取り組んでいますが・・・・なんか先が見えません修了<3年間で>でないのではしか頭にないんです。まだ先かもしれませんが今から考えないと・・・3年間って早いですし毎日一生懸命やってますがなんかうまくいきません。なんかこの夏まで遊んできたのと一緒しか考えることが出来ないんです。どうしたらいいのでしょうか?絶対3年間で修了したい。実力がないからやめるべきでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
お気持ちわかります。
毎日計画を立ててされてるのですよね。
でしたら気にしなくても大丈夫ですよ。
実験がうまくいかないのは仕方ないですし、
試行錯誤の連続であると思います。
まだ1年目なんですよね。
私は2年目の終わりごろに投稿し、査読でかなり待つことになり、本当にどきどきしましたこともあります。その間に、研究会や学会発表などもありましたし・・・。
せっかく研究をされることを選んだのですから、やめるとかは考えない方がいいですよ。
心配でしたら大学によっても違うと思いますが、
大学の博士課程論文審査の規定をお読みになり、それによっていつまでに成果を出さなければいけないか(申請の手順などが書かれているものです)調べて、計画を立て直したり、指導教官に相談されるのが一番だと思いますよ。
がんばってください、先はまだまだ長いですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報