小学校、中学校、高校、大学、大学院・・・と色々あるなかで、
一番有意義に過ごせた教育課程はいつですか?

A 回答 (6件)

中高一貫だった中学校と高校。


のびのびとすごせました。
ダラダラという意味でなく、
あの年齢の時に、自分にとってとてもいい環境で
勉強できた事、仲間と共有できたことが幸せでした。

今は大学生ですが、大学編入をし
人生が変わりました。
よって大学も私を大きく変えてくれました。

どれもみんなあの時があって、今の私があるので
有意義にすごせました。
私の場合、優劣は決めれないです。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

>私の場合、優劣は決めれないです。。。

なんとすばらしいご意見でしょう、そういった環境を全ての方に
体験していただけたら良いですね。

お礼日時:2001/07/26 16:24

基本部分の形成という点では小学校でしょうか。


後は、大学ですね。
専門の勉強という点では、大学が一番でした。
大学には卒業後もお世話になり、今又社会人リフレッシュと言うことで大学院にお世話になっています。
ここに至るには、職場での勉強が大きかったわけですが、教育というか、追求するという点では大学はいつまでも関わる事の出来る素晴らしい場所だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

>教育というか、追求するという点では大学は・・・

継続性のある場なのですね、うらやましい限りです。

お礼日時:2001/07/26 16:21

大学は もちろん専門知識を修得できたし よかったですが


それよりも 私の場合は中学時代が一番有意義に過ごせました。

親の仕事上 中学校だけでも3校行ったのですが そのなかでも
一番滞在期間が短かった(8ヶ月)ところで 本当に 良い友人達に出逢えて
幸せでした!その時の 友人達とは もちろん今でも付き合いが続いてますし、
やはり 人間関係は 一生の宝物だと思います。

planktonも 良い人たちと出逢えたらいいですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

転校が多い方の意見はほとんど否定的なものが多いのですが、
とても良い親友に恵まれたのでしょうね、
私の親友もやはり中学時代に交流を深めた方達です。

>やはり 人間関係は 一生の宝物だと思います。

ごもっとも。

お礼日時:2001/07/26 16:18

こんにちは。


私はとても細かくてなんですが,短大生の時の体育の時間です。
私は運動が苦手で,走るのも遅い,球技も下手,泳げないと
丸っきりどれもダメでした。
なので小,中,高(中途退学)と,いつも体育の成績は2,ひどい時は1。
子供は残酷で,スポーツが出来ないこはえてして笑い者で,
ずっと辛い思いをしました。
(体育教師もあまりいい思いではありません)

ですが,短大の時の女性講師は,口がきつく,化粧もバッチリの
あまり体育教師とは思えない風貌だったのですが(笑)
「講義にちゃんとでて、まじめにやったらAをあげる」
と最初に行っていて,そのとおり,出席してまじめにやっていればAであったし、
下手でも「どうやったらきちんとできるか」を根気よく教えてくれました。
私は始めて体育でAを取れた時本当に嬉しかったです。

こういう講師に,小学生のころに会っていたらきっとかわっただろうあなあ、
と思わずにはいられません。
体育の授業をサボらず行けたのは短大の時だけでした。

ちょっと質問とずれてしまったでしょうか?
でも,そんな感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答してくださりありがとうございます。

高(中途退学)から短大とは努力なさったのですね。
自分の苦手とする分野を思いのほか延ばせた時期やそれに手を貸してくれた講師の方への思いは特に残りますよね。
こういったご意見を聞くことが出来ると、このサイトがあって本当に良かったなと思います。

お礼日時:2001/07/25 12:36

やはり大学院でしょう...私は2年仕事を経験してから戻りましたから特にそう思うのかもしれません。



工科系でしたが、ほとんどの時間を文科系の研究室に入り浸り、直ぐ役に立たない学問の面白さを知ることが出来ました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

>直ぐ役に立たない学問の面白さを・・・

大学院に復学ですか、
文面に知識の豊富さを感じてしまいます。

お礼日時:2001/07/25 12:27

それぞれに有意義だったと思いますが‥


やはり大学院でしょうか。
大学のときも専門分野を学び追求できるということで意義深かったのですが、大学院では更に深く没頭できたことがよかったですネ。なによりも時間にとらわれず一日24時間を自主的な判断で自分の立てたプランによる研究に費やすことができたのは、卒業以後にも非常に役立つ体験であったと言えます。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。

専門分野を極められる環境に居れた方はうらやましいですが、
その分家族や社会に恩返しをしなくてはいけないような重圧を感じてしまいそうですね、
私など自分のプランも立てれないような・・・まぁいいですが?

お礼日時:2001/07/25 08:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング