あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

50代の母が胃がんになりました。
ガンと診断されても、ガンのレベルはまだわからず、歳が開けて、大きな病院で見てもらわないと詳しくは分からないということでした
不安でたまりません。
食道に転移しているかもしれないそうです。
年明けって遅すぎませんか?こんなものなんですか?
母はずっと胃が痛いと言っていたのですが、どれくらいのレベルなのかも分からないしもうとにかく不安です
私ができることはなんでしょうか?
末期という可能性はあると思いますか?

A 回答 (9件)

年末年始が過ぎ病院側の体制が整えば、進行度も調べ、手術の方法も決まるでしょうが、


胃癌の手術についてはよく考える必要があります。
リンパ節や他の臓器に転移をしていればステージはⅢそしてⅣであり、そこまで進行していれば胃の全摘出手術や拡大手術は無理があり意味を持ちません。胃が無くなればやせ衰え癌と闘うことはできませんので助かることはありません。
抗癌剤治療も全く意味を持ちません。
と言うことは、標準的な治療の方法では助かることはないということです。
そのあたりのことをいやほどお知りで近藤誠医師は著書などで諭しているのでしょう。

しかし、あきらめることはできません。
以下、良くご覧ください。
========================

これまで癌は他人事の様に思い、深い知識も無い人間に突然突き付けられた現実でもあるでしょうから、知り判断される能力には大きな差がありましょう。

患者には色々な人がいます。
「先生を信頼しお任せしたい・・」と言う人もいれば、色々調べ「温熱療法はどうか?・ペプチドワクチンと言う免疫療法はどうか?・・粒子線療法は?・・・」と相談されるお方もおられます。
ただ、相談したところで、『○○はエビデンスが無い・・』などと片付けられ、結局は医師の考えが入り、それに従うというのが一般的です。
進行度(ステージ)における5年生存率の統計は、標準治療だけを受けた人、医師には内緒で標準治療に何らかの免疫療法を含む代替医療を加えた人、標準治療をせず代替医療だけを受けた人なども含まれますし、また再発して治療中の人も含まれています。
従って、標準治療だけの場合はもっと低いと見るべきと私は思います。

・抗癌剤について
医師が《この抗癌剤が効く》と言えば、患者側は「この抗癌剤で治る」と勘違いもします。
現在の抗癌剤は、分子標的薬のほんの一部を除き、その毒性により癌細胞を殺すことで《ある一定期間縮小する可能性があるもの》であり、治るものではないということです。
内科医はその薬を追う傾向があり、切ることが仕事の外科医は抗癌剤をあてにはせず《切れないものはだめ・・切ってだめなものはだめ・・》と結構割り切って考えておられます。近藤誠医師は抗癌剤の無意味さを暴露されています。

・免疫療法について
最近オプジーボというもので免疫療法がクローズアップされましたが、オプジーボは真の意味での免疫療法ではありません。
癌免疫療法とは、樹状細胞と言う白血球が癌の一部を食べ、その分解した成分(癌抗原)をその他の白血球に伝達することで、最終的にはキラーT細胞が活性化し、同じ成分を持つ癌細胞を認知し破壊することを目指す療法です。
標準治療には免疫療法は含まれませんし、医師の知識にもありません。
しかし、これが唯一助かる可能性があるものです。

-------癌についての知識--------

①癌は、癌遺伝子を持つにいたった1個の細胞が、白血球の監視(免疫)の目を逃れ、分裂をして増殖し、集団(腫瘍)を形成したものです。

②腫瘍が生じた早い段階から、一部の癌細胞は円形化によって剥離し、遊離して血管やリンパ管を流れ、とどまる部位に着床し、転移癌や再発癌を起こします。

③腫瘍を切り取っても、その遊離した癌細胞に対して白血球の監視の目が向かなければ、転移や再発が起きます。

④抗癌剤は無意味です。抗癌剤のほとんどは細胞毒としての劇薬であるため、使用すれば白血球も弱体化し監視の目(免疫)が低下します。(副作用として白血球減少と記されているものはそれにあたります)

⑤白血球の監視の目を低下させるものは、治癒が得られる治療には結びつきません。また再発予防にもなりません。(胃癌の場合は胃の全摘はやせ衰え免疫どころではなくなりますので全摘はしないことです。)

⑥治療や再発予防に抗癌剤を使うのは、製薬会社の力によりその薬が承認されていることからで、医師もあてにしていませんが、ほかに方法がないから使っているのが現状です。

-------------

代替医療の免疫療法の立場では、白血球(免疫細胞)が活性化し、癌細胞を異物細胞と認めて日夜攻撃し排除してくれるならば、進行や再発を防ぎ、消失したり治癒も得られます。
白血球を活性化させようとするのが免疫療法であり、いつの時点でも癌治療に不可欠です。
様々な免疫療法がありますが、抗癌剤を継続して併用すれば、白血球は活性化せずその効果は得られません。

●免疫療法には様々なものがあります。

・結核菌の成分を材料とした丸山ワクチン(1か月1万強)
・癌の成分を材料としたハスミワクチン(1か月2万程)
・免疫細胞療法と総称する患者自身の白血球を培養し患者に戻すものとしてLAK療法やNK細胞療法(1クール百万強)、さらに樹状細胞療法などがあります。
現在最も効果があると考えられるものは樹状細胞療法の一種で、培養した樹状細胞を癌の中に注入し、癌細胞の成分を食わせて免疫反応を起こし、キラーT細胞を活性化させ、癌細胞を破壊させようとするものです(3百万強)。

これら免疫療法に共通して言えますことは副作用が無いことです。
免疫細胞療法のほとんどをされているのが瀬田クリニックですが、ここは抗癌剤との併用も認めていることから治癒が得られないケースが多いです。
ハスミワクチンの開発元も免疫細胞療法のほとんどを独自でされていますが、培養したキラーT細胞を癌の中に注入するHITVを開発されています。3㎝の癌なら5か所消失可能とされています。この場合も抗癌剤を継続併用していては効果が出ません。

以上ですが、
胃の全摘手術は避け、ハスミワクチンに可能性があり、高額な治療も可能ならば樹状細胞療法も取り入れることです。
https://bsl-48.com/hasumi-vaccine/
http://icv-s.org/method/index.html
    • good
    • 0

食道に転移している可能性があると指摘されたのは、おそらく胃カメラで病変が確認できたのかも知れませんね。


お母さん、逆流性食道炎を患っていらっしゃったのではありませんか?
長年頻繁にげっぷが出たり胸焼けで苦しんでおられたとなると、萎縮性胃炎から胃がんに移行することが分かっているからです。
とにかく今は様子見です。
年明けから詳しい検査が続くと思いますので、それを待つしかありません。
    • good
    • 0

ガンって1週間や半月くらい検査が遅れても、何も問題なし。



ガンがリンパ腺を伝わって、他の臓器に移転しているのがステージVIの末期です。
    • good
    • 0

ご心配でしょうね。


胃がんの診断は確実なのですね。
痛みが出ているのなら初期ではないことも覚悟しなければなりません。
癌のステージは大病院での組織検査に委ねるしかないので、不安な気持ちはお察ししますがお母様の前ではとにかく明るく!
私の父はステージ3でしたか手術で全快しました。61歳の時です。

年明けの検査の結果がどう出てもあなた自身が落ち着いて対応できるようにするには、インターネットなどで病気について調べて最悪をシミュレーションしておくことです。この方法は意外と効果アリです。
どんなに悩んでいても結果はひとつ、その結果が出る前にくよくよしていても仕方ない、と良い意味で開き直ると立ち向かえたりします。
1番辛いのはお母様。
支えてあげて下さい。
    • good
    • 1

病院職員 検査機関 などは正月休みですよ。


気持ちは解らないでもないですが、こんなものです。
あなたが出来るのは もしもの場合の状況に対応できる心構えを持つことです
    • good
    • 0

大変ご心配ですね



何日に診断されたかは解りませんが
文中から想像すると、掛かりつけの診療所(医院・クリニック)で診断を受けたのだと推測します
もし、緊急を要する状態ならば その足で至急大きな病院へ行くように指示されるはずです
ただ、例えステージが進んでいたとしても、1週間程で手遅れになる様な事は無いと思いますよ

ただし、年明けに診断→即手術となる可能性だけは想定しておいて
それに対応すべく、少しでも体力・免疫力を落とさない様にしてあげるのが
質問者様の今 出来る事ではないでしょうか。
    • good
    • 0

私は医療関係者ではありません。


その前提で、投稿します。
お母さんは我慢強いですか?我慢強い方なら、とうとう病院に行くことを決めたのですから、相当な痛みかと思います…。お母さんは、痛みと辛さでいっぱいですし、あなたは悔しさと悲しみでいっぱいですよね…。
私と父は胃潰瘍を患いましたが、はっきら言って激痛です…。皮を剥がれ、肉がむき出しにされたうえに、叩かれているイメージの痛みです…。
あなたには残酷ですが、お母さんのために伝えました。私たちは胃潰瘍でさえそれですから、ガンであればもっと痛いかもしれません…。
わたしが胃潰瘍の時は、気が紛れることか救いでした。特に夜中になると痛くなり、周りも静かで意識が胃に集中できてしまうので痛みをストレートに感じて痛くてら辛くて、海老みたいに丸まったり、蒲団を強く握りしめて耐えてました…。
あなたに出来ることは、お母さんの気を痛みから逸らしてあげることだと思います。
背中やお腹に触れて、摩ってあげてください。とにかく、触れてくれるだけで、神経が手の感触を感じるので、胃の痛みが少しはまぎれます。
インターネットから、胃ガンについて、安心や希望に繋がる情報を探して話してあげてください。後ろ向きな気持ちが和らぐと思います。
治ったら、旅行や温泉に行くことを誘ってあげてください。子供のことや家族の事を考えてしまいますから、あなたの思いやりを感じさせてあげてくださいね。大病の時こそ、家族の温もりが心の支えですから。
さて、年明けの大きな病院での検査ですが、年末年始にかからなくても、1週間後になるなどはあると思います。
大病院側の検査室や検査や診察ができる人の調整もあるはずですから。
緊急手術でないということですから、町医者さんの診察では、ガンの進行レベルは低いのではないでしょうか。
いそぐなら、年末年始に救急車をよんで、高度急性期の大病院に運んでもらうのが、大病院での診察を早める方法にあるかも。ですが、首尾よく大病院に運び込まれても、専門科の先生が当直かは分かりませんし、お母さんの容体が安定していれば、非番の専門医を呼び出してはくれないでしょう…。
この年末年始は、あなたが家事を主体的に行って、お母さんの身体を労わり、先に書いた、手で触れてあげたり、お話をして痛みを少しでも、逸らしてあげてください。
とにかく、夜は痛いし、不安が押し寄せてきますから、可能なら、一緒の蒲団、一緒が無理なら一緒の部屋で寝てあげてください。人の温もりと存在が医者や看護師以外の人間ができることです。
医療の知識が無いので、お役に立てませんが、優しいあなたが、今は頑張ってください。
お大事に。
    • good
    • 0

私の母親は10年以上前の12月に子宮がんの検診(市の補助あり?のやつ)を受け、問題無しと診断されました。



が、3月ごろに体調を崩し個人の内科へ→腹水が溜まっている、という事で大学病院への紹介状をもらい大学病院へ→子宮だけでなく、全身に転移している状態、肝臓のガンは肝臓よりも大きく、子宮自体も取り除いても転移が多岐に渡る為、ての施しようがない…という形で、入院一か月余りで他界しました。

大学病院の先生の話によると、簡単な検診を受けた為に子宮がんを見つけられなかったのではないかと言われていました。(正面から見ると見えない・後ろはガン細胞だらけ、みたいな状況らしかった)

最初にガンを医師より告げられた時に、家族と話し合い、本人には告げないでください…という形を採りました。

入院から3週間ほど、母は元気で食事も取り、親戚とも楽しそうに話してました。
毎日見舞いに行ってたんですが、ある日急に「私はガンらしい」と言ってきました。
どうやら担当の医師の方針が『患者に病名を伝えて、一緒に頑張りましょう』って方針だったらしく、母はそれから起き上がる事もなく、医師が伝えてから4日で他界。

すみません、長くなってしまいました。
とにかくこの件で『病は気から』という言葉を痛感しました。
周りがあまり不安な表情とかしていると、余計本人にとっての苦痛・心労が増えていくものだなと感じていました。

今のあなたにとって、やはり明るく接してあげるのがまずは第一かと思います。
また、医師との意見・方針の共有などは大切だと思います。
長文失礼しました。
    • good
    • 1

胃は全摘出しても問題ありません 1年程度 食事の量を少なくして1日消化の良い柔らかい食べ物で6食などにして


食道が胃袋代わりに馴染むようにすれば あとは、通常の1日3食に戻れます。

癌もステージ数によりますし 他の臓器への転移の有無が心配です。
まあなってしまったのもは、仕方ないのです。悪いものは、切除摘出し抗がん剤治療です。
癌になる人は、再発し易いので 半年や1年の検査を続け 経過観察
癌のポリープが発見されても初期なら 摘出で排除できます。早期発見で撲滅させる管理です。

癌研も休みですし 年明けの対応を持って 医師の指示に従って下さい。
がん保険・医療保険で 癌と診断されたら見舞金300万とか 先端医療保障などが有れば、保険外治療のじゅうりょう線治療などを受けてみることも良いでしょう。
医学の進歩は、目覚ましく日々進歩していますので 容体に合わせた最善の治療を受けれます。現在かかっている病院の診察結果や治療方針が納得いかなければ 他の病院で診察してもらうのも良いです。セカンドオピニオンですねー

女性は特に 癌になったなど病気に関して 人に言いません なので多くの人が意外と
癌になり治療を受けています。珍しいことでは、有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ステージ4ではないかと思いとても心配です。
けれど、ステージ4の人を年明けまでほっておくか?と思うとそうではないのかなと思ってしまいます
心配すぎて夜も眠れません。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2018/12/30 20:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q癌でも働くべきですか?

癌でも働くべきですか?

Aベストアンサー

デイケア行くな。
自ら40svの放射線を発しているのだから周りを被爆させる。

Qタバコ吸って肺癌になる奴って自業自得ですよね?笑。 しかも,そういう人に限って肺癌と診断されたらパニ

タバコ吸って肺癌になる奴って自業自得ですよね?笑。

しかも,そういう人に限って肺癌と診断されたらパニックになりそうですよねw

Aベストアンサー

肺がんは難しいがんの一つです。転移しやすいため急いで手術せねばならず、削除の範囲も広くなります。私の友人は登山が好きでしたが、手術後はそれが以前ほど楽ではなくなりました。
確率もあるので肺がんイコールタバコとは断定出来ませんが、強い誘因と言われていますから、避けた方が良いでしょう。家族や周囲も煙で迷惑します。
肺腺がんのように喫煙以外の原因もあります。原因としては「女性ホルモン」と「汚染大気」の2つが有力視されています。大豆製品が有効なことと、定期的なX線検査が重要です。

Q78歳の父が 胃がんでステージIVと診断されました。 リンパ節にも転移しているそうです。 医師には「

78歳の父が 胃がんでステージIVと診断されました。
リンパ節にも転移しているそうです。

医師には「抗がん剤による化学療法を受けて、効果があらわれれば手術をするのがベスト」と言われましたが、
家に帰ってからネットで調べてみるとステージIVで、手術はできないと書いてあるサイトが多いです。

父は「治療は受けたくない。抗がん剤も手術も嫌だ、手術をすれば体力が衰えるだけだ。
抗がん剤作用がある食べ物や漢方薬(知人に貰えるのでお金かかりません)にする、あと僅かの命なら好きに暮らしたい」と言っています。

私は、良くなる見込みがないのであれば、本人の好きな選択をするのが良いのかなとも思います。

しかし、医師が抗がん剤治療と手術を進めるのは、良くなる可能性があるからでしょうか?

ちなみに父はとても元気で、検査結果は胃がん以外はまったく問題なく、健康そのもの!と看護師さんに驚かれました。

次回 医師とお話する時にも質問する予定ですが、その前にこちらでご意見を聞いてみたいと思いました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

妻を肺ガンと診断され余命は、手術をしなければ最高8ヵ月で、手術をすれば3~4年は。結果から言うと、手術しないと決めて3年半の余命でした。

標本採集(手術室で全身麻酔)で1週間後に悪性腫瘍(がん)と確認、その後のPET検査で、肺だけでなく、そこら中に赤く写っているガンに侵されているのを確認で、まだ痛みどころか症状もなしの時に、癌化の先生より緩和ケアの先生紹介。癌科専門医は月に一度の経過報告だけに。

緩和ケアの先生の初診は、すべての検査を持参で、ここは、癌を治すのではなく、痛みをやわらげれば通常生活ができるので、そのお手伝いと。使用する鎮痛剤はすべて麻薬系で、副作用ができる限りないように処方と。また、これからどのような痛みが来るかを懇切丁寧に1時間以上かかって説明。入院などは必要なし。薬は、一つ先の分まで処方で、毎月報告と処方と。もし、急変すれば、予約なしで病院に報告。

結果は、痛みはほどんどなく、3年半、最後は、心臓が弱って、往診中の先生と家族が笑いながら雑談している時に、心臓停止でアッと言う間に逝ってしまいました。

当初より、余命のある間は、楽しもうと、海が見たいで海岸リゾートホテルで1週間ののんびり旅行、雪が見たい雪山に、美味しい物が食べたいでレストランにも頻繁に。それが、一年も過ぎ2年どころか3年も過ぎ。入院も一度もなし、本当にガンかいなと思ったくらいです。

死亡3ヵ月前に胸部X線撮影で、肺に水が溜まり始めと。肺がに水が溜まるのは、心臓が弱ってきているので、もう先は短いので覚悟する時と。

妻を肺ガンと診断され余命は、手術をしなければ最高8ヵ月で、手術をすれば3~4年は。結果から言うと、手術しないと決めて3年半の余命でした。

標本採集(手術室で全身麻酔)で1週間後に悪性腫瘍(がん)と確認、その後のPET検査で、肺だけでなく、そこら中に赤く写っているガンに侵されているのを確認で、まだ痛みどころか症状もなしの時に、癌化の先生より緩和ケアの先生紹介。癌科専門医は月に一度の経過報告だけに。

緩和ケアの先生の初診は、すべての検査を持参で、ここは、癌を治すのではなく、痛みをやわ...続きを読む

Q直腸がん 手術を受けない、抗がん剤を使わないときの考えられる経過

90歳の父親です
直腸がんが見つかり医師から体力的、年齢的に手術、抗がん剤などは勧めない。選択肢としてはあるが、と説明を受けました。
医師を信頼していますので、医師の勧めに従い、手術、抗がん剤は使わずにいこうと思っています。
心配なのはそのままで経過していったときに、がんが大きくなって便がでなくなるようなことはないのか、あったら何らかの手立てがあるのかないのか、苦しむようなことになるのか、などということです。
それがどうだからといって、では手術や抗がん剤をお願いしようと考えを変える気持ちはありませんが、心準備といいますか、わかったうえで情報収集をやっていきたい、その時に備えたたいと思い質問をしております。
手術をうけるかどうするか、をすぐに返事をしなくてはならないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国立がんセンターの発表では、
高齢者の場合
手術など治療するも、
経過観察も余命に大差ない
むしろ治療が逆効果
今は75歳以上は経過観察する
方針みたいですよ

高齢者は若い方と異なり、
進行は遅いです
手術はリスクがある
万一の時には麻酔から覚めない
抗がん剤治療は地獄の苦しみ
必ず有効じゃない
主治医の選択が正しいのでは?

お大事にして下さいね

Q胃癌と診断されて 手術に向けての検査結果が明日でて 主治医の診察があるんですが、 主治医に、どのよう

胃癌と診断されて
手術に向けての検査結果が明日でて
主治医の診察があるんですが、

主治医に、どのようなことを聞いておくといいのでしょうか…?

手術の日程は決まってます。

Aベストアンサー

ボクも胃癌の手術を約5年前のクリスマスイブにされました。その時に聞いた事は胃はどれ位切除
しなければならないのか、胃を切除すると食事はどうなるのか、と言う事を聞きました。
ボクの場合、ステージ0で他に転移も無く胃の切除だけで大丈夫と言う事だったので安心して手術
に臨めました。手術には8時間位掛かり、朝1番で始めて終わったのは夕方6時頃でした。
結局、胃を半分切除して終了です。
次の日、看護師が来て「さあ、立ち上がって歩きましょう」等と言うのですがまだ痛みが全然取れず
1歩も歩けませんでした。その次の日になってやっと少し歩けるようになり、病室から出て休憩所で
一服と言いたい所ですが勿論禁煙ですから吸う訳にも行きません。3日目になってやっと自由に歩ける
ようになったので病院の玄関から外にでて一服した時のうまかったこと。
今でもはっきりと覚えています。

ボクは手術でどれ位胃を切除するのかと食事に付いてを聞きましたが、後遺症は大丈夫なのかも聞いて
置くと良いかも知れません。胃の切除だけでなく廻りのリンパ腺等も切らなければならない様な場合は
その辺りも聞くと良いかもしれません。

ボクも胃癌の手術を約5年前のクリスマスイブにされました。その時に聞いた事は胃はどれ位切除
しなければならないのか、胃を切除すると食事はどうなるのか、と言う事を聞きました。
ボクの場合、ステージ0で他に転移も無く胃の切除だけで大丈夫と言う事だったので安心して手術
に臨めました。手術には8時間位掛かり、朝1番で始めて終わったのは夕方6時頃でした。
結局、胃を半分切除して終了です。
次の日、看護師が来て「さあ、立ち上がって歩きましょう」等と言うのですがまだ痛みが全然取れず
1歩も歩けません...続きを読む

Q癌になった場合、障害者年金もらった方がいいでしょうか?

癌になった場合、障害者年金もらった方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

権利があれば、もらうべきです。

Q癌って 怖いものですか?

癌って 怖いものですか?

Aベストアンサー

実際に癌になっている方には申し訳ないのですが、私は癌よりも脳神経内科的な病気が一番怖いです。意識ははっきりしているのに身体の自由が利かなくなり、呼吸も出来なくなる。延命処置をしないと決めると、呼吸苦との闘いです。癌にも色々種類がありますが、麻薬で痛みをコントロールして家で穏やかに最後を迎えたいです。点滴などの延命も要りません。最後まで自分の力で食べて、それが無理なら終で十分です。

Q2人に1人が 癌になる この時代 自分が 癌になったら どうしますか?

2人に1人が 癌になる この時代
自分が 癌になったら どうしますか?

Aベストアンサー

生き物は生まれた以上は、必ず何かしらで死ななきゃならないのだし、私は癌も40の頃に体験済みです。
と言ってももう二十年チョイも昔のこと。

癌と言われて急に私は物書き志望者に(笑)

癌と言われた時は家系がそれで亡くなった人ばかりなので「やっぱりね」という感じでした。
さしてショックでもなく、むしろ興味深かったです。

で、折角癌になれたのだからリポータになったつもりで全ての闘病記録や思いの丈を綴ろうと、毎日色々とノート片手に書きまくってましたね。

当時は友達でもある担当医から、五年生存率五分五分と言われていたので、死ぬものだとばかり。
遺言手記のつもりでした。(笑)

でもそれから二十年余りもこんなに長いオマケの人生を歩ませてもらっているのだから、まだコッチに来るのは十年早い!!と、神様はまだまだこの世で私をコキ使う気なのでしょう(・・;)

少しは無償で不特定多数の方の何かの役に立たないと……と思い、こちらに登録。(^^)

私は、人間って、命の長さより、どれだけ思いを込めて色々なことに感動しながら懸命に生きられたかの方が大切だと思うので、もう充分に面白くて楽しい、玉手箱みたいな人生シーンを何度も何度も体験してきたので、私はいつ死んでも悔いがないですよ。( ◠‿◠ )
なのでまた癌になっても、素直に受け入れます。

生き物は生まれた以上は、必ず何かしらで死ななきゃならないのだし、私は癌も40の頃に体験済みです。
と言ってももう二十年チョイも昔のこと。

癌と言われて急に私は物書き志望者に(笑)

癌と言われた時は家系がそれで亡くなった人ばかりなので「やっぱりね」という感じでした。
さしてショックでもなく、むしろ興味深かったです。

で、折角癌になれたのだからリポータになったつもりで全ての闘病記録や思いの丈を綴ろうと、毎日色々とノート片手に書きまくってましたね。

当時は友達でもある担当...続きを読む

Q癌についての質問

私の先輩は、生まれた時癌で治療を受けていたと言っていました。別にそこまではいいと思うんですが 中学1年の頃に違う所に転移したらしいんです。 ちなみに、小腸 肺 肝臓 この3つの癌にかかっていると言っていました。中学1年の頃になったのは肝臓癌らしいんですが、ステージ4の末期がんと言ってました。(末期がんのことを まつき癌と言っていたけど…)
質問に戻ります。

1, 3つ癌にかかっても生きられるんですか?

2, 肝臓のステージ4の末期がんでも治療を受ければ元気に歩いたり食べたり出来ますか?

3, 末期がんの読み方って“まつきがん”ですか?(本人曰く病院ではそうゆう読み方だって言ってました)

なんか、癌にかかった人達に失礼を言ってる気がします。すみません

文が所々おかしいですが気にしないでください

Aベストアンサー

1. 晩年の樹木希林は「全身がんなんです」と言いながら何年間も女優業を続けていました。高須クリニックの院長も全身がんを公言しています。

本人の体調という点から見て、がんの数はさほど問題ではありません。大事なのは場所と大きさです。大事なところが破壊されたり圧迫されたりするとたちまち命にかかわります。

2. ステージ4とは「転移が始まっている状態」のことを指します。それだけです。上に書いた通り、元気かどうかは別の話です。

身内に、肝臓ではないですがステージ4のがん患者がいます。最近はだいぶん調子悪いですが、ステージ4と診断されてから1年くらいは見た目にはわからないくらい元気にしていました。逆に言えば、大した症状がなかったからステージ4になるまで放置されてしまったのです。

また、もうずいぶん昔に亡くなった祖母が肝臓がんでした。亡くなる少し前にお見舞いに行ったら、もう寝たきりでしたが、肝臓の悪い人に特有な黄疸はあまり出ていませんでした。転移したがんが脊髄を圧迫して動けなくなってしまったのです。

「治療を受ければ」というのもあまり本人の主観的な体調とは関係ありません。むしろ本人的には治療のほうが辛く感じる場合もあります。抗がん剤を投与されている人は、手足がしびれるとか食べたものの味がしないとか言っています。もちろん、がんが進行すれば最後にはもっとつらいことになるから治療するのですが。

3. 私の知る限り「まっき」です。末期という単語には「まつご」という読みもありますが、文学的な表現です。「まつき」はきっと、その先輩が通っている病院のローカルルールだろうと思います。

1. 晩年の樹木希林は「全身がんなんです」と言いながら何年間も女優業を続けていました。高須クリニックの院長も全身がんを公言しています。

本人の体調という点から見て、がんの数はさほど問題ではありません。大事なのは場所と大きさです。大事なところが破壊されたり圧迫されたりするとたちまち命にかかわります。

2. ステージ4とは「転移が始まっている状態」のことを指します。それだけです。上に書いた通り、元気かどうかは別の話です。

身内に、肝臓ではないですがステージ4のがん患者がいます。最近は...続きを読む

Qこれから手術します。癌に良い物教えてほしいです。

これから手術します。癌に良い物教えてほしいです。

Aベストアンサー

笑うエネルギーは癌を救う。これは実話です。笑う時間は脳にいいし、癌を活性させます。日々の基本はクヨクヨしないことです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング