痔になりやすい生活習慣とは?

国民年金領収書の紙を一枚無くしてしまいました。画像の紙です。どうすればいいですか?探しても見つかりません。。追納分です。

「国民年金領収書の紙を一枚無くしてしまいま」の質問画像

A 回答 (2件)

再発行はお問合せだのことです。


参考
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/faq/kokuh …
    • good
    • 0

どうすればと言っても無くした物はどうにもなりません。


探し続けるか諦めるかの2択ですね。
税金の控除であれば年金機構から送ってくる支払証明を使用します。
年末に来た(来る)ものに入っていなければ改めて年金機構に支払証明書を請求します。

年金機構が支払がないと言っているのなら裁判でも起こして金融機関の記録を開示させるくらいしか出来ませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありました

お礼日時:2019/01/05 11:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公務員は三階建で職域年金がありましたが 現在は会社員と同じく二階建てになりました。 現在58ですが、

公務員は三階建で職域年金がありましたが
現在は会社員と同じく二階建てになりました。
現在58ですが、以前三階建だった時期の職域年金は
受給されますか?厚生年金は40年働いて9万くらいですか?学生の頃の2年間は年金未納でしたが今から
遡って支払いは可能でしょうか?
払わないと年金額はどのくらい減額されますか?

Aベストアンサー

公務員の年金制度の三階建て部分である「職域加算」は廃止されましたが、それに代わるものとして「年金払い退職給付」の制度が創設されています。これは自分で保険料を積み立てる方式です。
今までの制度に加入していた方は、退職後、加入期間に応じて職域加算部分の年金も受給できます。

学生時代の未加入期間は、遡っての保険料支払いは不可能ですが、60歳から65歳になるまでの間でしたら、国民年金の任意加入ができます。年金加入期間480月に達するかでの間、加入できます。ただし、この間は厚生年金に加入していない場合に限ります。
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/kanyu/20140627-03.html

ぴったり2年間の未加入期間があったとした場合、任意加入することにより、31年度の老齢基礎年金の満額が780,100円ですから、
 780,100円×24月/480月=39,005円(年額)
だけの年金額が増加します。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-02.html

なお、老齢厚生年金の受給額は、在職時の給料に依存します。計算方法は、こちらを参考にしてください。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-03.html

公務員の年金制度の三階建て部分である「職域加算」は廃止されましたが、それに代わるものとして「年金払い退職給付」の制度が創設されています。これは自分で保険料を積み立てる方式です。
今までの制度に加入していた方は、退職後、加入期間に応じて職域加算部分の年金も受給できます。

学生時代の未加入期間は、遡っての保険料支払いは不可能ですが、60歳から65歳になるまでの間でしたら、国民年金の任意加入ができます。年金加入期間480月に達するかでの間、加入できます。ただし、この間は厚生年金に加入し...続きを読む

Q年金未加入で生活保護の高齢者

知人で、66歳、年金未加入、基礎年金番号なし、生保護受給歴18年の人がいますが、基礎年金番号番号を取得して生活保護減免で国民年金を受給することは可能でしょうか?ご教示ください。

Aベストアンサー

この場では、年金記録の検索や、から期間の確認はできません。
このような相談が本当なら、年金事務所へ相談ください。

通常 60までは国民年金強制加入ですが、生活保護は法定免除となるので
つまり、10年以上の免除となり、受給資格でることがかんがえられます。
基礎年金番号もとれるし、遡及の法定免除も可能です。
ただ、他の状況も調べる必要があり、単純に判断はここではできません。

こうしたことは、福祉事務所でも検討されており、受給可能な人は手続きするように指示されているはずです。

Q国民年金を滞納すると、罪になるのですか?

国民年金を滞納すると、罪になるのですか?

Aベストアンサー

国民年金は、20歳〜60歳までの全国民が加入して
保険料支払いの義務があります。

しかし罰則はありませんので、未加入や
未納でも犯罪ではありません。

ただし、未納者は督促を受けたり、それでも支払わない
場合は差押えの可能性はあります。

Q昨年の11月に父親が亡くなりました。残された母の遺族年金の手続きが手付かずです。まずは、年金手帳?も

昨年の11月に父親が亡くなりました。残された母の遺族年金の手続きが手付かずです。まずは、年金手帳?も年金証書?も紛失?なのか見当たりません。父と母両方ともありません。
この場合、まずは二人分の年金証書の再発行から始めなければならないのでしょうか?年金証書は紛失ということで、他の必要書類を集めて、直接年金事務所に持参して相談した方が早いでしょうか?
先日ハガキで再発行の依頼を送ったら、本人確認書類のコピーを添付して再度郵送するようにと送り返されて来て、もうなんか千里の道のりのように感じます。こんな手続き、絶対にお年寄りには無理ですよね。二人とも、年金機構にマイナンバーの登録をしているのだから、もうちょっと簡素化した手続きに出来ないものかとため息が出ます。
母は足が不自由ですので、郵送手続きにするか、私が代理で手続きに出向くかどちらかになります。

効率の良い手続き方法を、アドバイスいただけるとありがたいです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答者より質問者の方が正確な情報を
つかんでいます。

下記より、最寄の
・年金事務所
・年金相談センター
を探して、行き、手続き方法を
訊いて下さい。
https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/index.html

・マイナンバー通知カード、
・後期高齢者医療保険証
他にも、お父さんお母さんに
毎年送られてくる、
・ねんきん定期便
・年金機構からの源泉徴収票
・年金改定額通知書
・年金振込通知書

『基礎年金番号』が判明する書類は
いくらでもあります。

手続きの流れとしては、
下記が参考になり、かつ正確です。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/kyotsu/jukyu/20140731-01.html
①年金受給権者死亡届
②未支給年金請求の届出
そのうえで、
③遺族基礎年金
④遺族厚生年金
⑤寡婦年金
⑥死亡一時金
の何が受け取れるかを訊いて
手続きに進むといった具合です。

遺族年金の請求は以下のとおりです。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/izoku/seikyu/20140617-02.html

お母さんの年金手帳などは、
再交付は必要でしょうが、
きっとご自宅にあるはずです。

年金の手続きはごく一部です。
腰を据えて、淡々とこなして
いきましょう。

がんばって下さい!

回答者より質問者の方が正確な情報を
つかんでいます。

下記より、最寄の
・年金事務所
・年金相談センター
を探して、行き、手続き方法を
訊いて下さい。
https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/index.html

・マイナンバー通知カード、
・後期高齢者医療保険証
他にも、お父さんお母さんに
毎年送られてくる、
・ねんきん定期便
・年金機構からの源泉徴収票
・年金改定額通知書
・年金振込通知書

『基礎年金番号』が判明する書類は
いくらでもあります。

手続きの流れとしては、
下記が参考になり、かつ...続きを読む

Q国民年金の場合、誕生月に年金定期便が届くと思います。 月の中旬~下旬に発送されるものですか? いつも

国民年金の場合、誕生月に年金定期便が届くと思います。
月の中旬~下旬に発送されるものですか?
いつもいつ頃届いたかなぁ・・・と思うのですが。

Aベストアンサー

「誕生月の2か月前に作成し‥‥」とは、「誕生月2か月前までの年金保険料の納付状況を反映させ‥‥」という意味です。
これは、年金保険料の納期限が翌月末日になっているため。
つまり、当月分の年金保険料は翌月末日が納期限なので、翌々月にならなければ納付状況が確定しない‥‥。
これを逆に、翌々月を基準として見れば、2か月前までの納付状況しか確定できない‥‥。

だからこそ、「誕生月の2か月前までの状況を反映させる(=誕生月の2か月前に作成する)」ということになっています。
これが「基本」です。

例えば、誕生月が4月(ただし、1日生まれの人は除く)だとします。
2か月前は2月ですから、2月をもって作成し、2月の2か月後である4月中に送付するわけです。

----------

1日生まれの人は、年齢計算に関する法律の定めによって、前月末日に1つ歳を取ります。
例えば、誕生月が4月でも、4月1日生まれのときは、3月31日をもって1つ歳を取ります。

そこで、1日生まれのときは、前月を誕生月として置き換えます。
4月1日生まれのときは、3月を誕生月として置き換えることになります。

3月の2か月前は1月ですから、1月をもって作成し、1月の2か月後である3月中に送付します。
(やっていることは、前述の「基本」の踏襲そのものです。)

これを、本来の誕生月(4月)から見ると、1月というのは3か月前。
また、送付されてくる3月というのは、誕生月(4月)の前月。

だからこそ、「ただし、1日生まれの方は、誕生月の3か月前に作成し、誕生月の前月に‥‥」となります。

----------

ということで、「何か意図を感じる」もへったくれもありません。
はっきり申しあげて、そう感じている人が無知なだけです(年金保険料の納期限に関する考え方がごっそり抜け落ちている‥‥)。

いい加減な気持ちで余談を書くと、誤解を拡げてしまうだけですよ?
No.1 さんの回答は、年金額などに関する計算間違いなども含めて、こういった「誤解を拡げかねないもの」が散見されます。たいへん気がかりに感じます。

----------

郵送版の「ねんきん定期便」は、誕生月(1日生まれの人は誕生月前月)の下旬頃に、順次、送付されます。
そのため、到着が月末直前になってしまうケースもあります。
(なお、その年その年の事務進行によって、到着日時は一定しない面が多々あります。)

電子版の「ねんきん定期便」(ねんきんネット)のほうは、少なくとも、中旬頃には作成済となります。
したがって、できれば、ねんきんネットを活用したほうがベストです。

「誕生月の2か月前に作成し‥‥」とは、「誕生月2か月前までの年金保険料の納付状況を反映させ‥‥」という意味です。
これは、年金保険料の納期限が翌月末日になっているため。
つまり、当月分の年金保険料は翌月末日が納期限なので、翌々月にならなければ納付状況が確定しない‥‥。
これを逆に、翌々月を基準として見れば、2か月前までの納付状況しか確定できない‥‥。

だからこそ、「誕生月の2か月前までの状況を反映させる(=誕生月の2か月前に作成する)」ということになっています。
これが「基本」...続きを読む

Q退職後の、年金支払い

定年65歳前3ヶ月で退職したばわい、残りの年金と社会保険の支払いは、どうするのですか??教えて下さい

Aベストアンサー

長いことお疲れ様でした。
会社を退職されたならば、
社会保険から脱退することになり、
厚生年金からは脱退となり、
年金加入はもう必要ないと考えて
よいです。
★年金は受給開始年齢を過ぎている
状況です。
受給(請求)手続きをしておらず、
繰下受給の要望もないなら、
★すぐに手続きをされるべきです。

次に健康保険ですが、退職後、
何かしらの健康保険に加入し、
保険料を払わなければいけません。
選択肢として、以下のようなものが
あります。

①任意継続
 現在加入している健康保険組合の
 保険に2年間継続で加入できます。
 保険料は現在の2倍(あるいは
 組合平均額の2倍の安い方)

●扶養家族(奥さん、お子さん)の
保険料がかからないメリットが
あります。

協会けんぽの例
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3070/r147

②国民健康保険
 最後の拠り所はお住まいの自治体
 が運営している『国保』です。
 これは前年所得で算定されます。
 従って前年まで所得のあった人は
 保険料が総じて高いです。但し
●定年退職ですと、軽減措置が受け
 られます。
※お住まいの地域で保険料はかなり
 差があります。
▲奥さんの保険料が別にかかります。

★昨年の年収はいくらですか?
★お住まいの地域はどこですか?

③扶養家族として加入
※奥さんが無職なら、この選択肢は
 ありません。
★奥さんが現役で働かれており、
社会保険に加入されている場合は、
この選択もありえます。
●保険料がタダになるメリットが
 あります。

④その他
 お勤めの会社の健保組合によっては、
★退職者向けの健康保険の制度がある
 健保もあります。たいていは、
 ①の任意継続の期限なしのような
 制度です。

まずは、退職後、どの制度を
利用するか、できるかを、
上記の検討をして、予め決めて
おいて下さい。
保険料の比較をするには、特に
②国保の保険料を計算するには、
・前年の所得状況、
・お住まいの市区町村
の情報が必要です。
★役所にお尋ねになってもよろしいか
と思います。

手続きとしては、

①は現在の健保に期限までに申請書類
を提出することになります。
※健保によりマチマチです。

②は、退職後に会社から必要書類を
受取り、お住まいの役所で加入手続を
します。持って行くものは…

⑪健康保険資格喪失証明書
⑫雇用保険受給資格者証
⑬マイナンバー通知カード
⑭身分証明書
⑮印鑑、通帳等
といったものです。

⑫は、失業給付の申請をした場合です。
その前でしたら、代わりに、
★会社から送られてくる『離職票』を
お持ちになり、保険料の軽減措置の
相談をしてみて下さい。

前回答にある、雇用保険(失業給付)と
●年金の受給調整は、65歳以降ありません。年金と同時に受けられます。

③は①と同様です。

④は、配偶者や扶養者経由で、
勤務先に申請をすることになります。
収入状況や退職証明、離職票等の
書類が必要になります。

いずれにしても、
★健康保険証を受け取るには、
★数週間ぐらいは、かかります。

その間に、病院を受診したり、
処方薬をもらう場合は、
★『健康保険証の切替中』と言って、
医療費を一旦『全額負担』します。
新しい健康保険証を受け取ったら、
次の通院時に保険証を提示して、
★保険負担分の『7割分』を
★返してもらって下さい。

余談ですが、
私は退職して、もう5年経ちますが、
退職前に健康保険もどれが一番安く
最適か事前に確認しました。


失業給付の受給額の見通しも考慮し、
減免がある国民健康保険に決めました。

以上を、きちんと理解されたうえで、
退職までに準備し、選択して下さい。

いかがでしょうか?

長いことお疲れ様でした。
会社を退職されたならば、
社会保険から脱退することになり、
厚生年金からは脱退となり、
年金加入はもう必要ないと考えて
よいです。
★年金は受給開始年齢を過ぎている
状況です。
受給(請求)手続きをしておらず、
繰下受給の要望もないなら、
★すぐに手続きをされるべきです。

次に健康保険ですが、退職後、
何かしらの健康保険に加入し、
保険料を払わなければいけません。
選択肢として、以下のようなものが
あります。

①任意継続
 現在加入している健康保険組合の
 保険に2年...続きを読む

Q年金の特別催告状なるものが届きました

7ヶ月分だからまぁいいかなと放置してた自分が悪いのですが8万6000円ほどを一括で支払うのは厳しいです

以前年金事務所に行って免除申請したうえで1/4免除×7ヶ月分です

分割で1ヶ月ごとに支払いたいのですが一ヶ月分ごとの納付書を発行してもらうことは可能でしょうか?
今日は日曜なので月曜になったら早速年金事務所に相談に行きたいのですが分割ダメと言われないか不安です、特別催告状には今月26日までに全額支払えと記載してましたがとても払えないので26日を過ぎたら年末にも関わらず差し押さえなんてことはあるのでしょうか?

ちなみに今は妻の扶養に入っており現在は恥ずかしながら無職の主夫です。
扶養に入るまでの間の7ヶ月間が未納です

Aベストアンサー

放置しないで、年金事務所に電話すれば分割払いにも応じてくれますよ

Q国民年金と国民健康保険についてです。 調べてもよくわからなかったので教えて下さい。 仕事をしていなか

国民年金と国民健康保険についてです。
調べてもよくわからなかったので教えて下さい。

仕事をしていなかった三ヶ月間のお支払いについて、払わなかったらどうなるのか聞きたいです。
次の職場は決まっているので、そちらで国民年金と国民健康保険の加入手続きはします。

今21歳女で、18歳から正社員で働いています。
国民年金は40年間払えば、年金が貰えるとのことですが60歳で仕事を辞めたとしても18歳〜払っているので、40年間払い続けた。という事になるのでしょうか?

なお、女性は産休などで仕事をしていない期間は旦那さんに、国民年金も払ってもらうのですか?

Aベストアンサー

>仕事をしていなかった三ヶ月間の
>お支払いについて、
簡単に言うと、払った方がよいです。
仕事に就いて、社会保険に加入すると
①厚生年金
②健康保険
に加入することになります。
前職でも加入していたはずです。

無職の3ヶ月間は、本来
③国民年金
④国民健康保険
に加入しなければいけません。
国の義務となっています。

③は、しばらくすると、保険料を払えと
督促状がきます。
月16,340円になります。

④は、お住まいの自治体で運営されて
いますが、あなたが何らかの健康保険に
加入しているかどうかは分かっていま
せん。
その3ヶ月の間、無保険状態だと、
病院へいったり、薬を処方してもらう
時に、7割の保険負担の受けることが
できません。

手続きとしては、
前職の社会保険から脱退したことを
証明する書類が必要となります。
⑪『健康保険資格喪失証明書』あるいは
⑫『離職票』、『退職証明書』
 といった書類に加え、
⑬マイナンバー通知カード
⑭身分証明書
⑯年金手帳
⑰印鑑等をもってお住まいの役所で
 加入手続きをして下さい。

国民年金(老齢基礎年金)の加入期間は、
20~60歳の間の40年間で満額になり
ます。
ですから3ヶ月間は欠けてしまうことに
なります。

しかし、前職で18歳から厚生年金に
加入していたと想定されるので、
『経過的加算』という制度があり、
その3ヶ月を埋めてくれる配慮は
あります。
そのうえ、厚生年金に加入していると
老齢基礎年金に加え、
★老齢厚生年金も受給できます。

また、厚生年金に加入している間
産休となった場合、
★健保組合から出産手当金が支給され、
厚生年金にも加入し続けることに
なります。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3090/r148

また、保険料の免除制度もあります。
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/menjo/20140327-04.html

他にも病気等で長期休業となっても
★傷病手当金が支給されたりします。

会社に勤め、社会保険に加入していると、
いろいろと手厚い社会保障(手当金)が
あるわけです。

また、夫が社会保険に加入していて
妻が専業主婦やパート勤めで社会保険に
加入しない場合は、
★社会保険の扶養家族の制度があり、
この場合、妻はタダで、健康保険と
国民年金に加入することができます。

以上、いかがでしょう?

>仕事をしていなかった三ヶ月間の
>お支払いについて、
簡単に言うと、払った方がよいです。
仕事に就いて、社会保険に加入すると
①厚生年金
②健康保険
に加入することになります。
前職でも加入していたはずです。

無職の3ヶ月間は、本来
③国民年金
④国民健康保険
に加入しなければいけません。
国の義務となっています。

③は、しばらくすると、保険料を払えと
督促状がきます。
月16,340円になります。

④は、お住まいの自治体で運営されて
いますが、あなたが何らかの健康保険に
加入しているかどうかは分...続きを読む

Q厚生年金について、 今まで会社員として働いている時は厚生年金を積んで来ましたが、 独立開業した場合、

厚生年金について、
今まで会社員として働いている時は厚生年金を積んで来ましたが、
独立開業した場合、引き続き厚生年金を継続できるのでしょうか?
また、できないもしくは代わりの年金があればそれも教えてください、
手続き等の方法も合わせて教えてください、
よろしくお願します。

Aベストアンサー

結論から言うと、
①個人事業主(自営業)なら、
 国民年金に加入
②会社法人を起こすならば、
 厚生年金に加入
といったことになるでしょう。

①の場合は、会社を退社以後、
老齢厚生年金は増えなくなります。

ですので、それを補完する年金として
・国民年金基金
・確定拠出年金
・中小企業退職金共済制度
といったものに加入して、老後の年金
を補うことになります。

②の場合は、厚生年金を継続できます
が、経営者の立場ですから、保険料は
個人負担分と会社負担分の2倍払う
ことになります。
役員報酬として決めた月額から、
保険料を求め、その2倍を払う
ということです。

こちらも①と同様に確定拠出年金等で
年金を補完することはできるでしょう。

①国民年金の加入は、お住まいの役所
で加入手続をして下さい。
持って行くものは…

⑪健康保険資格喪失証明書
⑫退職証明書、離職票
⑬マイナンバー通知カード
⑭身分証明書
⑮年金手帳
⑯印鑑、通帳等
といったものです。

退職後は、
★国民健康保険への加入も必要に
なります。

②とする場合も、準備期間等を
必要とする場合も考えられますから
一旦、①に加入してから、
会社を立ち上げ後、
年金事務所で加入手続きをします。
※社会保険事務所というのは
 今は存在しません。
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/jigyosho/20150311.html

会社経営者にとっては、厚生年金は
歳をとってからは、厄介なものに
なります。
保険料を負担が重く、役員報酬が
それなりにあると、会社をたたむ
まで、年金が受け取れないといった
ジレンマに陥る可能性があります。

参考 在職老齢年金制度
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/zaishoku/20140421.html

将来、そのあたりの制度も変わって
いくかもしれません。
政府が検討している最中です。

とりあえず、いかがでしょうか?

結論から言うと、
①個人事業主(自営業)なら、
 国民年金に加入
②会社法人を起こすならば、
 厚生年金に加入
といったことになるでしょう。

①の場合は、会社を退社以後、
老齢厚生年金は増えなくなります。

ですので、それを補完する年金として
・国民年金基金
・確定拠出年金
・中小企業退職金共済制度
といったものに加入して、老後の年金
を補うことになります。

②の場合は、厚生年金を継続できます
が、経営者の立場ですから、保険料は
個人負担分と会社負担分の2倍払う
ことになります。
役員報酬として...続きを読む

Q確定申告について(老齢厚生年金受給者)

担当者様

私は31年4月27日の生まれで、昨年から老齢厚生年金(減額)されていますが
受給しています。また企業年金からも受給しています。
両方合わせて21万程度で源泉はされていません。
企業からの給与は320万程度で年末調整されています。年金の受給については
企業には報告していません。
この21万程度の金額を確定申告する必要はあるでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>両方合わせて21万程度で…

年額ですか。
確定申告とは、1年間のすべての所得を対象に行うものであり、月額とか 2ヶ月ごとの額とかは意味ありませんよ。

年額で間違いなければ、「公的年金による雑所得」に換算したら 0 円です。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1600.htm

>給与は320万程度で年末調整…

(1) 本業で年末調整を受ける
(2) 年末調整を受けた所得以外の所得が20万以下
(3) 給与総額が 2千万以下
(4) 医療費控除その他特段の事由による確定申告の必要性も一切ない
の四つすべてを満たす場合に限り確定申告は任意です。
一つでも外れるなら副業がたとえ1万円でもすべて申告しないといけません。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900.htm

ということで、確定申告の必要性はありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/index2.htm

>両方合わせて21万程度で…

年額ですか。
確定申告とは、1年間のすべての所得を対象に行うものであり、月額とか 2ヶ月ごとの額とかは意味ありませんよ。

年額で間違いなければ、「公的年金による雑所得」に換算したら 0 円です。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1600.htm

>給与は320万程度で年末調整…

(1) 本業で年末調整を受ける
(2) 年末調整を受けた所得以外の所得が20万以下
(3) 給与総額が 2千万以下
(4) 医療費控除その他特段の事由による確定申告の必要性も一切ない
の四つ...続きを読む


人気Q&Aランキング