『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

初めての質問になります。よろしくお願いします。
夜間、原付で直線上り坂を走行中、道路の穴ぼこ(深さ10cm程度)にはまり転倒しました。幸い体の方は打ち身程度でしたが、原付はマフラーがもげて、ホイールも曲がってしまいまして修理見積もりは工賃込みで12万円となりました。道路管理者の市役所に管理責任があると思い請求したところ「こういう一般的には役所の責任は3割なので、それで示談したい」と言われました。ただ、一般的の根拠を聞いたところ答えてくれませんでした。私としては、直線を普通に走行していて、いきなり穴ぼこにはまったのにこちらの過失が7割なんて納得いかないのですが、過失割合はこんなもんなんでしょうか?
道路の状況ですが、
道幅7mでセンターラインのない舗装路で上り坂。
照明も標識もありません。当方の速度は上り坂だったせいもあり30キロ程度です。
天候は晴れで、夜間(19時ころ)です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私も同じ経験ありました、なぜか3割でしたね・・・場所はぬかるみです、すべってガードレールにぶつけました。

15万円見積もりで3割でしたなにか基準があるのでしょうね?しかし工事中の穴とか業者の管理責任の場合は全額でましたね、もちろん危険を促す標識とかはありませんでした。役所では3割とかのラインがきまってるのかも?ですね^^
で今日は橋の上の凍結道路でスピンして凍結事故を起こしました。全損です明後日にでも道路建設課に相談してみます。
    • good
    • 1

#5です。

不正確な部分があったので訂正します。

4段落「ですから、…」の最後の部分を訂正。

誤)一部裁判になった場合、運転者としては、道路に瑕疵(欠陥)にあたる穴が開いていたことを主張し証明するだけで十分です。

正)裁判になった場合、運転者としては、道路に瑕疵(欠陥)にあたる穴が開いていたこと、
「それによって転倒し、損害(金額も)が発生したこと」を主張し証明するだけで十分です。「管理者の過失は主張立証する必要はありません。」

「」部分を追加します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事有難うございます。
やはり両方に特に過失が無い場合は役所が10割の過失割合になるのが一番分かりやすいですよね。今回の場合にしてもスタートが役所が7~8割の過失割合でお互いの過失を相殺していってってことであれば示談がスムースに進むのですが。。。
とにかく弁護士に相談することも検討の上進めていきたいと思います。有難うございました。

お礼日時:2004/11/24 22:53

>道路管理者と運転者のどちらかにも明らかに不利になる過失が無い場合は一般的に過失割合がどのくらいになるのか、そしてその根拠が知りたいのです。



運転者に過失がない場合を一般論として説明します。

道路など公の営造物の欠陥によって損害が生じた場合、管理者自身に過失が無くても、管理者は損害賠償責任を負います。
(無過失責任。国家賠償法2条1項は、管理者に過失があることを損害賠償の要件としていません。)

ですから、仮に運転者に過失(穴を容易に発見して避けることができたとか、スピードを出しすぎていた、普通通らないような路肩のでこぼこである、普通は転倒しない様な程度の穴である、など被害者の落ち度となる事情)がないとすると、管理者:運転者=10:0です。全額の賠償を受けられます。
裁判になった場合、運転者としては、道路に瑕疵(欠陥)にあたる穴が開いていたことを主張し証明するだけで十分です。

ただし、道路の穴が、大地震や未曾有の集中豪雨などで陥没してできたというように不可抗力であるとの事情、被害者が通常の用法を逸脱した異常な行為をしたことにより事故が起こったと言うことを管理者自身が裁判で主張、証明した場合には、管理者は責任を全く負いません。

このような特殊な事情がなければ、損害の負担割合は、市:あなた=10:0です。

実際には、運転者に過失があれば過失相殺がされますから、穴が容易に避けられるようなものかどうかなど実際に状況をみて、質問者さんの過失がどの程度かを判断することになります。
(運転者の過失は、裁判では市の方で抗弁として主張立証する必要があります。ただ、質問者さん側でも交渉の妥結点としてあらかじめご自分の過失の程度について知っておく必要があります。)

本件の場合、損害額が12万円ですから、ご自分で交渉、訴訟をするしかないと思われますが、弁護士に相談だけしておくと、有利な事情が判明した場合、交渉の際「弁護士はこう言っていた」と言うセリフが使えます。弁護士が言っていたことを市もむげにはできません(本人訴訟でもおこされると市も応訴するのが面倒です。)から、その意味で相談料を払っても交渉を十分有利に運べる可能性があります。

国家賠償法
第二条(一項)道路、河川その他の公の営造物の設置又は管理に瑕疵があつたために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体は、これを賠償する責に任ずる。
    • good
    • 2

ネット上で現実の事故の具体的過失割合を問うのは無意味です。


現実に其の現場を検証してもらえる人に検証してもらいましょう。
ただし其の分はあなたの持ち出しのなりますので費用対効果で考えましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事有難うございます。
具体的過失割合を問うのは無意味だとのことですが、私はそうは思わなかったので質問したのです。道路管理者と運転者のどちらかにも明らかに不利になる過失が無い場合は一般的に過失割合がどのくらいになるのか、そしてその根拠が知りたいのです。
今後は費用対効果を考えて弁護士への相談も検討していきます。

お礼日時:2004/11/20 20:02

>縦120cm、幅60cm、深さ10cmくらいで


穴の底にはアスファルトの下の土が見えていました。

これって自然損耗などであいた穴じゃなくて
人為的にあけた物なのでは? 工事中とか??
こりゃ「穴ぼこ」ってレベルではないですよ
「落とし穴」って言ったほうが近いですね。
市役所は現場を見ているんでしょうか?もしかして
電話で「穴ぼこにはまった」と言っているだけという
ことはないですか?
工事の穴を塞いでいなかったというのであれば交渉
内容も変わってくると思いますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事有難うございます。

穴は工事中の穴ではありません。自然に出来たものです。これは役所の方も言っていましたし、現場を見てみた私も自然の穴だと判断しました。

お礼日時:2004/11/20 19:58

前方不注意でなくても、発見しにくいと言うことであれば、7割ということはなさそうですから、頑張って交渉する余地はありそうですが、いかんせん見てみないことにははっきりしたことは…



とにかく、交渉ではこんな穴は照明もないし、注意を喚起する標識もないんだから、見えないのが当たり前、だから私に過失はありません。そんな割合では示談できません。と頑張ってみることでしょう。

市も具体的にあなたの事故が7割だと断定しているのではなく、普通一般の事例はこのぐらいのケースが多いからぐらいの理由しか持っていないようないいぶりですし。

交渉では、決裂してしまうと裁判手続に行くしかなくなるので、落としどころが大事なんですが、その落としどころが何割かというのは、やっぱり見てみないと…すいません。やはり弁護士に写真を見せて判断してもらうのがよいでしょうね。ついでに裁判になった時の手続についても聞きましょう。
相談に行かれる時には、道路の欠陥による事故であることを告げて、国賠、行政事件を扱っている弁護士は当日当番で来ているか確認された方がいいですよ。(扱わない弁護士にとってはこの分野は詳しく答えられない場合が多いです。)

原付で走ってきた方向からの写真は撮ってありますか?(要するに事故の直前にあなたが見ていたであろう角度からの写真)相談する時これは重要です。
まだでしたら、穴がふさがる前に撮影しときましょう。

あまりお役に立てずすいません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事有難うございます。
現場の写真は撮影してありますが、穴ぼこしか撮っていなかったので、原付で走ってきた方向からの写真を昼間と夜に撮影しておきます。
あと弁護士への相談も検討してみます。

お礼日時:2004/11/20 19:57

道路の瑕疵により損害が生じた場合国賠法2条1項により、道路管理者には損害賠償責任があります。



判例上、管理者(市)自身が、事故が天災などの不可抗力によって生じたとか、被害者が通常の用法を逸脱した異常な行為をしたために損害を被ったと言うことを立証しない限り、この管理者の責任は免責されません。

しかし、一方で判例は被害者の落ち度は過失相殺によって斟酌しています。

こればかりは、現場の状況を見てみないとどのぐらいになるか分かりません。

少なくとも、道路の穴の大きさがどれぐらいのものか、そして夜間前方不注意でない状態で、見つけられるようなものか否か、それからあなた自身がその穴について知っていたのか(いつも通っていたか)などの要素が重要ですので、そのあたりを補足して他の方の意見をまたれるか、現場写真(昼、夜の2パターン)を撮って、弁護士会、法律扶助協会(低所得者向け)等で弁護士に相談されることをお勧めます。

判例を検索してみましたが、スピードも出ていないことを考えると感覚的には質問者さんに7割の過失というのは、ちょっと厳し過ぎるかなとも思いますが、状況が分からないので何とも言えません。

国賠にお詳しい方にバトンタッチします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

guizhi04さん。返信有難うございます。

穴の大きさですが本文を読んでみると深さ10cmとしか書いていなかったですね。失礼しました。縦120cm、幅60cm、深さ10cmくらいで、穴の底にはアスファルトの下の土が見えていました。

また夜間前方不注意になるかですが、現場は照明の無い道路ですので原付のヘッドライトでは判別は困難に見えます。現場の写真も撮影しましたが、道路わきからの撮影でフラッシュを使っても穴が全然写らない状態です。

その穴について知っていたのか(いつも通っていたか)ですが、週に一回程度通行する道ですので、いつもというわけではありません。

お礼日時:2004/11/19 02:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q悪路での転倒事故 市町村に賠償できますか?

道路管理がしっかりとなされていない道路で単独の転倒事故を起こしたのですが
この場合、市町村などに賠償金を求めることは可能でしょうか?

夜に法定速度内で直線を走っていました。
道路には堆積した砂がありました。それに車輪が取られて転倒しました。
砂の状態から、だいぶ前から堆積していたようです。

バイクのほうはフロントフォークのゆがみとウインカー、ヘッドライトの破損です。
タンク、エンジン内に砂が入ったかもしれません。
自分は親指が痛いです。胸を強打して息くるしいです。

任意保険は未加入です

Aベストアンサー

回答ではありませんが、現在はほとんどの国や地方自治体が「道路保険」(施設賠償責任保険)に入っています。

市町村は、全国市長会、全国町村会の団体保険で加入しています。但し強制ではないのでその道路が付保されているかは分かりません。

最も多い事故はバイクv.道路の穴ぼこです。

Q車で走行中道路陥没による車体損傷について教えてください。

先日夜間に東京都の都道を走行中にショックがありました。
停止して確認したところ左側前後輪パンクしておりホイールも両輪とも変形していました。
状況確認のため音がした道路を確認しに戻ってみると、現在工事中で一時的に埋め戻して合ったアスファルトや砂利がえぐれて
幅1.5M 縦1M 深さ20cm程度陥没していました。範囲としては車線の1/3から半分に達しようとするくらいです。

場所は緩やかなカーブの先で工事区間のため一部車線が変更になっており、片側1車線の対面通行で街灯の明かりは届かない場所です。
当日は雨がふっていたので速度はほぼ制限内と思われます。

すぐに警察を呼んで事故状況を把握いただき埋め戻しの手配をとったようです。

現時点において管理者側からの回答は損害の補償はしないと言っております。

このような場合は道路管理者または施工者の責任は問えないのでしょうか?
ちなみに、もしバイクが陥没箇所に入ったらほぼ確実に転倒します。


私の車は通常のセダンですが、扁平率は低く確かに通常よりはダメージが受けやすいですが、車検も問題なく通過し違法・違反があるわけではありません。

皆様恐縮ですがお知恵をお借りできませんでしょうか?

先日夜間に東京都の都道を走行中にショックがありました。
停止して確認したところ左側前後輪パンクしておりホイールも両輪とも変形していました。
状況確認のため音がした道路を確認しに戻ってみると、現在工事中で一時的に埋め戻して合ったアスファルトや砂利がえぐれて
幅1.5M 縦1M 深さ20cm程度陥没していました。範囲としては車線の1/3から半分に達しようとするくらいです。

場所は緩やかなカーブの先で工事区間のため一部車線が変更になっており、片側1車線の対面通行で街灯の明かりは届かない場所...続きを読む

Aベストアンサー

陥没箇所に標識とかなければ、道路管理者の過失ですので、
責任は問えると思います。
まずは、内容証明郵便で弁償しろといってみましょう。
それでも、保証しないということでしたら、訴訟で取ると
いうことになりますが、あなたの保険屋さんに聞いてみて
はいかがですか、保険のかけかたによっては、まず、自分
保険出直して、その後、保険会社から道路管理者に請求す
るといったことや、弁護士費用の特約がついていれば、い
きなり訴訟することも可能ではないか(弁護士からいえば
訴訟するまでもなく道路管理者が保証することもあります)
と思います。

Q車道走行中に転倒して大怪我をしてしまいました。

山中湖の国道413号を走行中に知人が道路の溝(アスファルトが巾5センチ深さ2センチ程にほれていた)にタイヤが取られ転倒してしまい、大腿骨骨折という大怪我をしてしまいました。治療費等の請求が自治体にできるものでしょうか?走行していた部分が路肩のすぐ右側とはいえ白線の外側の車道なので、本来自転車は走ってはいけない部分だから、こちらの全責任なのか・・・道路の所轄の自治体に電話したら、まず所轄の警察に事故の届けをしてからだと言われたのですが、当方静岡市在住で、ある程度保障が出る可能性があれば、私が富士吉田の警察まで出向くつもりでいます。どなたか詳しい方、ご教授宜しくお願いします。

Aベストアンサー

taro2001さん、こんにちは。
警察への届けは事故の証明として必要ですが、最終的な責任は国土交通省、また管理責任は各都道府県などになります。
(高速道路はNEXCOだったりしますが、一般道は各都道府県以下)
まず、所轄の警察へ届けられた上で、同じく所轄の市役所などへ行けば、何課へ相談すべきか教えてくれます。(市役所の規模で係が違ったりするので・・・)
そこが損害賠償請求や裁判などの窓口または直接の相手になるはずです。
私の知人は、扁平タイヤの為に、道路のアスファルトめくれの段差程度でバースト及びホイールに傷がいきましたが、全額弁償でしたよ。
この時は何故か警察のみでの対応でした。
ただし、こういった訴えを起こす人って少ないので、市役所でも唖然とされるかも知れませんが、とことん突っ込みましょう。

Q相続した土地が市道だった。何で市は無償で使ってるの?

先日、父が亡くなり、土地を相続したのですが、その中に「市道」となっている土地が30坪ほどありました。
調べたら、今まで固定資産税は発生していなかったことはわかりましたが、固定資産税の減免程度ではなく、市道として使うからには市に買い取って欲しいのですが、
市の土木課に聞いたら、「寄付してください。予算がないため買えません。嫌なら裁判でもして下さい」と言われてしまいました。人の土地を無償で使っておきながらこの回答では釈然としません。何か対応はできないのでしょうか?

Aベストアンサー

>人の土地を無償で使っておきながらこの回答では釈然としません。

道路法及び都市計画法、建築基準法などで私権の制限というものが行われています。
よく見聞きするのは、都市計画法にもとづく強制収用ですが、これはまだ実はかわいいほう(一応それに対する金銭的補償があるとか、土地の価値が上がる分相殺されるなど)で、もっとすごいのは2項道路と呼ばれるものです。
これは要するに4mに幅員が満たない道路を強制的に公道認定し、4mの幅を確保しようというもので、最大の目的は災害時に消防救急などの緊急車両が入れないという問題を解決するものです。
決議は地方議会が行います。

ちなみに認定道路といわれる、いわゆる道路法上の道路の認定も地方議会が行います。

ご質問の場合2項道路なのか、旧2項道路で現在公道認定されたのか、などわかりませんが、市道と書かれているようですから認定道路でしょう。

まあ目的は理解できてもなんの保障もなくいきなりそのようなことをするのは理不尽だという意見はご質問者だけでなく、多くの人が感じるところであり、かなり訴訟も起きていますが、結果としては国、自治体側の勝利に終わっているのが大半です。理由としては、憲法では確かに個人の財産権を保障しているが、同時に憲法では公共の福祉が個人に優先するとしているので、公共の福祉実現の為には個人の権利は制限されるということです。

>何か対応はできないのでしょうか?
ないですね。現在道路法上の道路であれば打つ手はないです。
まあ、可能性は0に近いけど将来公道廃止になるのをまつか、あるいは所有しているという以外の権利は行使できないので、寄付してあきらめるかどちらかです。
訴訟しても過去の判例ではみんな負けていますから意味もないです。

結構ご質問者のように自分の土地なんだが公道になっているというケースはあるんですよ。

ちなみに幅員4mに満たない2項道路に建築する場合ですと、セットバックといって道路中心より2m後退し、その部分は道路として使えるようにしておかなければなりません。これは多くの人が経験しています。
(なので売買ではセットバック分はただです)
このときに、寄付するように求められたりします。

とまあ、そういう現状です。

>人の土地を無償で使っておきながらこの回答では釈然としません。

道路法及び都市計画法、建築基準法などで私権の制限というものが行われています。
よく見聞きするのは、都市計画法にもとづく強制収用ですが、これはまだ実はかわいいほう(一応それに対する金銭的補償があるとか、土地の価値が上がる分相殺されるなど)で、もっとすごいのは2項道路と呼ばれるものです。
これは要するに4mに幅員が満たない道路を強制的に公道認定し、4mの幅を確保しようというもので、最大の目的は災害時に消防救急など...続きを読む

Q道路の縁石が出ててタイヤがパンクしたら運転者が悪いか?

夜運転してて、ビデオ屋にビデオを返しに行ったら道路工事をしてて、いつも停めるところに停められなくて、10メートルほど先に車を止めたら、何かバンという音がしました。タイヤがパンクしたのでした。タイヤを新替しました。市役所に言いましたら、市役所の建築課ともう一つどこかの課から二人人が来て、車に乗ってくださいと言われて事故現場に行って現場を見てもらいました。道路が、歩道の部分がアスファルト舗装の修理が最近されていましたが、その縁石の部分だけ2.5センチほど飛び出ていました。二人の市役所の人も成程と言う顔で見てました。この歩道は誰が所有者ですかと市役所の人に聞きましたら、市ですと答えました。誰が修理やったんですか、修理業者が修理した後、市役所の人がチェックするでしょうと言いましたら、そうですと市役所の人が言いました。そして、道路のその部分を市役所の人は写真を撮っていました。ガソリンスタンドへ行ってパンクしたタイヤを市役所の人が見て写真を撮っていました。タイヤ新替料は8500円位かかりました。
それで、市に1万円位(事故証明費用込みで)請求を出しましたら、現場に行った二人の市役所の人が来て、事故審査委員会の結論がでた、8割私が悪くて、2割市が悪いから2割払いますと言いました。大体真夜中縁石が2.5センチ出ているのをどうやって見つけろというのでしょう。駐車禁止区域だというのとパンクとどう関係があるのでしょう。
皆さん、私が悪いのでしょうか。悪いというのでしたら、何割私が悪いのでしょうか。教えてください。

夜運転してて、ビデオ屋にビデオを返しに行ったら道路工事をしてて、いつも停めるところに停められなくて、10メートルほど先に車を止めたら、何かバンという音がしました。タイヤがパンクしたのでした。タイヤを新替しました。市役所に言いましたら、市役所の建築課ともう一つどこかの課から二人人が来て、車に乗ってくださいと言われて事故現場に行って現場を見てもらいました。道路が、歩道の部分がアスファルト舗装の修理が最近されていましたが、その縁石の部分だけ2.5センチほど飛び出ていました。二人...続きを読む

Aベストアンサー

問題の道路は公道なのですから、国家倍使用法第2条に「道路、河川その他の公の営造物の設置又は管理に瑕疵があったために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体は、これを賠償する責に任ずる」と定められているとおり、道路として通常有すべき安全性を欠いているのであれば、市に損害賠償義務が発生します。これは無過失責任なので、市に過失があったかどうかは問題とされません。
 ただし、歩道の縁石に若干のでこぼこがあることが通常予見されると判断されれば、出っ張りがあるはずがないと過信して、安全を確認することなくギリギリまで車を寄せたあなたにも過失があるということになり、過失相殺の対象になるでしょう。過失相殺を考える場合、縁石の2.5センチのずれをどう評価するかがポイントですね。通常その程度のずれがあることを想定すべきかどうか、2.5センチのずれが一般的に「危険」と言えるかどうかなどを総合的に判断することになります。駐車禁止区域かどうかは直接は関係ないです。車の通行が許されている道路の部分については、どこを車が通行しても安全に通行できなければならないので、路肩ギリギリを通り抜けようとしたのか、停車しようとしたのかは関係ないからです。
 このへんの過失割合については、判例などの積み重ねを参考に損保会社が決めるケースが多いと思います。市がなんたら委員会とかもっともらしいことを言っても、弁護士等が委員にいない限り、市の役人が決めることは不可能とは言わないまでも困難と思います。実際には、市が道路保険に加入しており、その保険会社が決めた内容を市の委員会が承認したと言うところでしょう。本来は、損害賠償額を決めるには地方自治法第96条の規定により議会の議決が必要とされているのですが、現実には報告で済ませているケースが多いようです。議員だって過失割合なんてわからないですから。
 皆さんも、たとえば雪道でスリップして車をぶつけたら、とりあえず道路管理者に文句を言いましょう。一般的には修理代の半分は道路管理者が出してくれます。雪道を走るには相当の注意が必要なのにその注意を怠った運転手の過失と、道路を封鎖すべきであったのに通行させた道路管理者の責任は同等と判断されるケースが多いようです。

問題の道路は公道なのですから、国家倍使用法第2条に「道路、河川その他の公の営造物の設置又は管理に瑕疵があったために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体は、これを賠償する責に任ずる」と定められているとおり、道路として通常有すべき安全性を欠いているのであれば、市に損害賠償義務が発生します。これは無過失責任なので、市に過失があったかどうかは問題とされません。
 ただし、歩道の縁石に若干のでこぼこがあることが通常予見されると判断されれば、出っ張りがあるはずがないと過信して、安...続きを読む

Q路肩と路側帯の違い

タイトルの通りです。
今度試験があるのですが、この違いが分かりません。教えて下さい。

また、センターラインの実線には白と黄色がありますが、この違いも分かりません。

Aベストアンサー

 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0.50mの部分をいいます。道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。
 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止です。高速道路の場合はペイントがあっても路肩と呼んでいますが、路側帯でも差し支えないようです。
 ここでおせっかいにも付け足したいことがありまして、歩道と車道に明確な境界がある場合(例えばガードレールや縁石があるとか)は、路側帯に見える部分は「側道帯」といい、ペイントの事を「外側線」といいます。車両の通行は禁止されていません(自信なし…)。駐車の方法にやや違いが出ます。
・0.75m以上の幅のある路側帯の場合は、「道路端」から0.75m以上空けて駐車します(つまり路側帯に入っても良い。ただし、一時停止してから)。
・0.75m未満の路側帯、駐停車禁止路側帯、歩行者用路側帯の場合は、路側帯のペイントに沿って駐車します(つまり路側帯に入ってはダメ)。大体守られていませんけどね…
・側道帯である場合は「車道の端」に寄せます(側道帯には入ってもよい)。
・特にペイントがない場合は、「道路端」に寄せます。

 センターラインについては#1、2さんに同じですが、白と黄色の二本線の場合は、白線の側だけ追いハミ可だったと思います。ちなみに車両通行帯が黄線で分けられているときは車線変更禁止の意です。
 試験頑張ってくださいね。

 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0.50mの部分をいいます。道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。
 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止...続きを読む

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む

Q工事中の道路が原因で事故を起こしました

道路工事中で舗装が済んでおらず(車線の左半分、長さにして5メートル程)砂利が剥き出しになっている箇所があり、そこにタイヤを取られて事故を起こしてしまいました。
暗くなり始めた時間で、雨も降っており非常に視界が悪い状態だったのと工事中であることを示唆する様な看板やコーンの類は一切無かったのが原因です(もちろん私の不注意が最大の原因ではあるのでが・・・)
幸い他の方に怪我をさせてしまったといった事は無かったのですが、自分の車はガードレールに衝突してしまい自走できない様な状態になってしまいました。

今回の様なケースの場合、道路の管理責任者(市?)に賠償を求める事はできるのでしょうか?

Aベストアンサー

工事の注文者に過失責任を問うのはなかなか難しいです。
民法716条では「注文者は、請負人がその仕事について第三者に加えた損害を賠償する責任を負わない。
ただし、注文又は指図についてその注文者に過失があったときは、この限りでない。」とあります。
今回の場合は施工業者に対し損害賠償請求するのが筋と思いますが、
先ずは道路工事の注文者(市?)に状況を説明し、賠償を求めて見るのも手ですね。
通常施工業者は保険に入っている筈ですから、其方で賠償されるとは思いますが。

Q道路の穴でパンク

先ほど、道路中央に開いていた穴(20cm位?)に右前輪を落としてしまい、車を止めて見てみるとパンクしていいました。(自宅そばだったので、何とか帰って来れました)この場合、管轄の自治体に弁償をしてもらうことは可能でしょうか?すべて自分の責任になってしまうのでしょうか?また、こちらで取っておくべき行動がありましたら教えてください。とりあえず、穴の写真はこれから撮影に行ってきます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

道路ではありませんが、市営の卸売市場で似たことがありました。
トラックで走行中グレーチングが突然はずれ、燃料タンクを直撃して大穴があきました。
派遣先のトラックでしたが、アクションをなにも起こさず修理費を私に求めたので私が市場の責任者と交渉しました。
修理費は全額だしてくれました。
代車費やレッカー代は派遣先が負担して、私に請求してこなかったので交渉しませんでした。
あなたの場合も道路管理者に善管義務があるんで、交渉すべきです。

Q県道の落下物で破損。責任は誰?

県道を走っていたら(運転者:夫。私と子供が乗っていました)、突然上の方に何かが落ちてきたような音がしました。
(走行中だったこともあり、降りて確認までしませんでした。)
「きっと雨粒でも落ちてきたのかな?」くらいにしか思わなかったのですが、今朝になって夫がフロントガラスにヒビが入っていることに気が付きました。
すぐに警察に行き、現場検証をお願いして事故処理(しぶしぶしてくれたらしい)をしてもらったのですが、フロントガラスの付着物を調べて欲しいとお願いしましたが断られてしまいました。
その後、道路を管轄している所?へ電話をしましたが、全く話になりません。
フロントガラスのヒビは今も進行していて、どんどん酷くなっています。
一体、この損害は誰?どこに?請求したら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

 結論から言うと、「損害の請求先は確かに存在するが、実際に支払ってもらえるかどうか全く不明であり、しかも払ってもらえる場合であっても、そこへ至るまでに気の遠くなるような労力と費用と年月が要求されるだろう。」ということです。

 考え方としては、まず、刑事と民事に分けて考える必要があります。


●刑事的側面

 刑事的責任は、明らかに「落下物を落とした者」にあります。

 ただ、当該人物(又は組織)を正式に告訴しなければ、「ちょっとした器物損壊で、誰が何を落としたのかの検証が事実上極めて困難であることがわかっている」というような場合、普通は警察は動きません。

 また、本件の場合は、「犯人」が意図的に行ったのであれば「器物損壊」の罪に該当するので告訴も出来ますが、それすら不明なのでは実際問題として刑事告発は困難でしょう。

 法律的に厳しいことをいえば、それでも「犯人不明のまま告訴」ということになれば警察は捜査を拒否出来ません。
 しかし、そのことと、「本気で操作してくれるかどうか」ということは、無関係です。たぶん、やっても無駄なので、やってくれないんじゃないかと思います。

 なお、警察は、民事には介入出来ません。


●民事的側面

 民事的にも、その責任は、「落とし主」にあります。
 ただし、「明らかに危険な物」が「やむを得ない時間以上に放置されていた」というような場合は、道路の管理者も責任を問われます。

 問題は、警察が民事に介入出来ない以上、その落下物の成分特定や加害者探しは、被害者が自分自身の行為によって行う必要性が出てくるということです。
 これは、多額の金銭の消費を伴うでしょうから、実際に生じた損害額を確実に回収出来る場合以外には、実施する人は普通居ないでしょう。

 無駄を承知で一か八か加害者特定に血道をあけることもできますし、それが悪いことだとは申しません。本来的には正しいことです。
 これによって実際に加害者を特定出来れば、生じた費用、裁判費用、要した年月に報われるだけの慰謝料等に至るまで、全て加害者の負担になりますから、全く理のないことではありません。

 しかし・・・そこまでの膨大な労力を長期間に投入するのが嫌である人間がほとんどであるから、損害保険というものがあるのです。
 
 本件の場合、ここへご相談されているということは、おそらく車両保険へ加入なさっていなかったということなのでしょう。

 車両保険へ入っていれば、このような場合でも、警察発行の事故証明さえあれば全額が保険会社の負担となりますので、被害者本人の労力はほとんど要しません。
 逆に言えば、車両保険に入っていない場合には、本人の労力(費用も含む)を投入するしか、実際の道がないということです。

 保険をかけずに運行している以上、「原因不明の損害が生じた場合は自腹になる。」というリスクを暗黙のうちに受け入れていることになると考えるべきです。
 「毎年の保険料」というリスクを負担するのか、「損害時の自腹」というリスクを負うのか、という選択肢は、ご自身で選ぶ権利があります。
 貴殿の場合、後者を無意識に選んでしまったということになりましょう。 

 結論から言うと、「損害の請求先は確かに存在するが、実際に支払ってもらえるかどうか全く不明であり、しかも払ってもらえる場合であっても、そこへ至るまでに気の遠くなるような労力と費用と年月が要求されるだろう。」ということです。

 考え方としては、まず、刑事と民事に分けて考える必要があります。


●刑事的側面

 刑事的責任は、明らかに「落下物を落とした者」にあります。

 ただ、当該人物(又は組織)を正式に告訴しなければ、「ちょっとした器物損壊で、誰が何を落としたのかの検証...続きを読む


人気Q&Aランキング