「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

1. 市民社会と公民圏との二階建て構造なる国家という社会形態を採ったとき 次の
みっつの種類に分けてみた。

 (α) 対話型:日本社会
 
 (κ) 民衆暴君型:アフリカ型社会

 (ω) 競争型:西欧社会

2. 以下にこれを説明した文章をかかげます。その中から 韓国社会については む
しろこの《アフリカ的段階》なる要素を色濃く持っているのではないかとたづねてみま
す。


       *


§ 0 用語の設定

3. 社会形態は いやしくも国家と称するようになるならば 市民たちの第一階とそ
して公民圏としての第二階とから成ると考えられ この一階と二階との社会力学的な関
係――つまり支配かまたは共同自治か――のあり方によって 市民一般の生活のありさ
まや生活態度としての思想やが かなりの程度において規定される。こう考えます。

  市民圏= 第一階: S 圏: 市民 S
  公民圏= 第二階: A 圏: 公民 A

  これら互いの力学関係: A ‐ S 連関制・・・(α)

こういう用語で説明して行きます。

§ 1 国ゆづり型としての A‐S 連関制

4. 日本における国家は 《国ゆづり》型であるゆえ 市民 S らは おとなしい。
もともとおとなしく けんかをするほどに仲良しであった。

5. その中から出た公民 A らは 特に優秀であったゆえ 人びとは社会というヤシ
ロにも特別な神棚をこしらえてやりもっぱらその空中庭園に住まわせた。この第二階
となる神棚にまつりあげたことになる。

6. 優秀であるうえに品行方正で申し分のないほど人間的な人間たちであったが 
ただひとつ玉にきずなのは つねに人びとから注目を浴びていなければ落ち着かない。
お山の大将型であったことだ。

7. 市民らは かれらに根負けして それならと言うので神棚をわざわざこしらえ
て そこを棲み処とさせた。人権を限定するような檻に住まわせたと言えるのだけれ
ど これが のちのち或る意味でわざわいともなった。



8. 市民 S らの中には この第二階への出世志向が流行り病いのごとく起こり(=
アマアガリ・シンドローム) ひとつには とうとう A 者公民たちにこびへつらうよ
うになり ひとつには ゆすり・たかりをはたらき甘い汁を吸おうとするようになる
者が出た。

9. このお二階さん志向――そして別様に言えば お上意識;つまりは アマテラ
ス予備軍症候群――が絡んでくると 仲間どうしのあいだでも いざこざが絶えなく
なる。

10. 簡単に言ってこういうわけで 市民 S 者のあいだには まっすぐな心持ちに
もとづく行動と どこか歪んだところのある振る舞いとそれら両面が見られることに
なる。



§ 2 A と S とが《競争型》なるその連関制

11. つまり西欧の市民 S は そして公民 A も 誰もがおのれの中にお二階さん
志向(または アマアガリ欲望)を持つ。すなわちひとりの個人がその内面において
あたかも《 A = S ( A と S との一体)》としての市民 S であり この市民 S が同
じく《 A = S 》としての公民 A と成るという傾向を有する。こう推し測られる。

12. すなわちこの競争型とは

 (ω) 欧米型(または遊牧民型): A ( A=S ) ∽ S ( A=S ) 連関制

である。相似形の記号( ∽ )の意味は つねに転覆(回転=レヲ゛リューション)
が起こり得るということを表わす。

13. 言いかえるとその社会では 第一階においてすでに 《人は人に対して狼な
り。( Homo homini lupus. )/ 万人の万人に対するたたかい( bellum omni con-
tra omnes. )》という市民(《 A = S 》なる市民 S )どうしの意識の流れが関係
し合っている。

14. そのような個人としての・ワタシとしての意識が互いに日常においてすらも
対立しがちである。そしてそのいわゆる弁証法的展開が ふつうに見通されているの
ではないか? 《意識の流れ》なる人間関係において《意識の対立と均衡》が目指さ
れる。


§ 3 (α)および(ω) 両者の比較対照

15. 日本市民が このアマアガリ志向に対して《くにゆづり》をしたと言うとき 
それは非戦論であり そうだとすれば それに対して欧米市民は 主戦論に立つもの
と考えられる。

16. 土地に縄を張って ここはおれのものだと宣言したとき 言葉たくみににし
ろ力づくでにしろ その土地を獲ってしまえば 自分のものになると考える傾向なの
だろうか。

17. 日本市民は これこれはおれのものだと主張するときに どういうかたちに
しろ争うことは 人間の弱さから来ると考え それならと言って 非戦論を採った。
いちどゆづったら 相手やそのものを神棚に挙げてしまったのだから おいそれとは
返せと言えない。言わない。おとなしい。ただ それだけのことだと考えられる。

18. ただしそのアマアガリ・シンドローム(末は博士か大臣かの出世症候群)の
感染具合いに応じて 波風の立つこともある。



§ 4 さらに三つ目の A - S 連関制

19. これは 《アフリカ的段階》と呼ばれるもので ひとことで説明するなら 
市民らに絶対主権があるようなかたちである。

  (κ) アフリカ型:S (=じつは A ) ∽ A 連関制

20. 次の説明による。
◆ (『アフリカ的段階について』 ヘーゲルを解剖学した世界観?) ~~~~
http://y-bat.txt-nifty.com/doyo/2009/01/post-8de …

マルクスはインド・ヨーロッパ語圏の外にアジア的共同体を見出したが、吉本〔隆
明〕は そのアジア的段階より前の段階としてアフリカを見出している。

( a ) そこには殺生与奪権を独占し自由に行使できる王(☆ A )がいる。

( b ) しかし、民衆(☆ ――《〈じつは A 〉なる S 》――)は豊穣と生活の
保障と引き換えに王(☆ 権力)を認知しているのであって、不作や疫病があれば
王は民に殺されてしまう。

( c ) 生命の等価交換(という原始的なシステム)の上に成り立っていた頃の世
界が そこにはある。

( d ) 民衆(☆ 個人 S とその共同性)と王(☆ 権力と象徴=アマテラシテ
amaterasity )は等価なのだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

21. このアフリカ型(κ)は 特に( b )の特徴にかんがみて 民衆暴君型で
ある。日本は対話型(α) 西欧は競争型(ω)であろうか。

22. 暴君民衆(κ)の場合 大統領が辞めたあと そのおこなった不正を暴き
地に落とす。日本が敗戦国になったのを見ると 自分たちはあたかも戦勝国である
かのように 日本を何が何でも――しかるべき適切な批判とそれに尾ひれをつけた
〔だけではなく火のないところに煙を立たせる〕中傷誹謗とによって――どぶの中
に落とす。か?

23. 焦点は 歴史認識のもんだいではないように思えますが どうでしょう?

質問者からの補足コメント

  • №3つづき1

    ★ で、日本は対話型と言うけど、その根拠が神話の国譲りとはねえ。
    あれって、そもそもが、アマテラスと大国主というトップ会談であり民衆の意思
    について記紀に記載は無し。で、本当に譲ったのか?少なくとも一部勢力(建御
    名方)が反対し、逆らった結果諏訪湖まで追い詰められ...つまり、戦闘があ
    ったところ、大本営発表で戦闘無し、と読めるんだが...
    ☆ あとで 屈辱的な踊りなどを交えて《仕える》という意志を示すことになり
    ますが そこにはユヅリアヒの精神が脈打っていましょう。
    (《トップ会談》ではなかったですが。外交官がやって来て その人間もイヅモ
    の国に溶け込んで もう帰りたくなくなるといった話もあります)。


    つづく

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/01/05 10:05
  • №3つづき2

    ★ で、・・・トップ会談(大国主は出雲のトップ。)のところを、トップとボ
    トムの会談にすり替えてる。反則もいいところ。
    ☆ いえいえ。大使は 幾人か長い間にわたって来ています。最後に 武力によ
    る脅しを使ったのです。

    ★ アフリカ型だけ引用して他の型を自分の好きに設定する、というのは、論理
    的にオカシイ。
    ☆ 換骨奪胎。骨を取り換えています。


    ★ ※※論旨の本流から外れるけど、吉本隆明さんの理論の「何これ?」
    >マルクスはインド・ヨーロッパ語圏の外にアジア的共同体を見出した
    ??。マルクスは、アジア的共同体の代表としてインドを想定していたのに、何
    故インドがヨーロッパ扱いされるか。
    ☆ アジア的生産様式論としてはマルクスは ふるいです。インド問題は すみ
    ません。考えていませんでした。どうしましょう。

    つづく

      補足日時:2019/01/05 10:07
  • №3つづき3

    ★ 西方のほうが対話的、じゃねえの?
    ☆ その対話を互いの競争のために用いる・・・という見立てです。
      
    ★ (東方的専制は、単なる上意下達であり、対話は必要としない。)
    ☆ =*1.つまり 日本は例外。


    ★ ・市民と公民。  何がどう違うか。
    ☆ 舌足らずなところです。市民は 選挙権を持ち公民たり得ます。が つねに
    そうなのではありません。代表(代理?)に負託していて 個人の生活がおもで
    す。

    公民も 市民から出ているでしょう。ただしここで お二階の住民だというのは 
    《もっぱらの公民》のことです。昨今は 私的な生活についても問われることが
    多くなりましたが 建て前は その専業性が与えられていると見ます。

    つづく

      補足日時:2019/01/05 10:11
  • №3つづき4

    お二階のアマテラス住人として 司法・立法・行政の三権のほかには 誰がいる
    か? 

    トップ(?)には アマテラシテ(象徴・大統領・国王)がいます。
    そのほかに たとえばマスコミやあるいは経団連(市民資本家?)などは どこ
    に位置するのかと問えば どう答えますか?

    A - S 連関は じっさいの権力等のチカラ関係としては 二階が土台であるかの
    ように逆立ちしている部分があるでしょうが 一般に対話型であると言えるよう
    に思われますが どうでしょう。


    つづく

      補足日時:2019/01/05 10:15
  • №3つづき5

    ★ で、何故、アマテラス側(=支配者層)は公民で、スサノオ側(=被支配者
    層)が市民なのか、
    ☆ S ‐ A 連関を《支配‐被支配》の関係と〔のみ〕捉えるのは 西欧社会の競争
    型による考え方でしょう。

    スサノヲ市民は 国の経営を任せてくれとしつこく頼み拝み倒してくるのでその
    アマテラス族に文字通り《くにゆづり》をしたのです。

    それからというもの 一揆を立ち上げることはあっても お二階のイニシアチヴ
    については 一貫してみとめてやって来ています。難波大輔の事件ひとつが 例
    外であるくらいです。

    やがて アマテラシテがその位を降りたいと言い出したという局面です。さて
    これからが たのしみですね。

      補足日時:2019/01/05 10:17

A 回答 (3件)

相当自分勝手な思想・・・


まず、アフリカ型ですが、
・民衆は豊穣と生活の保障と引き換えに王を認知しているのであって、不作や疫病があれば
王は民に殺されてしまう。
不作や疫病って、在職中に、自身に落ち度無くても斬罪されるんだが。
ウリナラ国はどうかというと、確かに、大統領の豚箱行きが多発してますが、
それ、大統領自身の汚職によるものであり、不作や疫病(=本人の意思では制御できない類の災厄)ではないです。
つまり、アフリカ型の特徴じゃないです。

自分勝手その2
アフリカ型は、吉本隆明さんの提唱であり、マルクス理論に対し追加した型、だよね?
でマルクス理論の場合の型とは、資本論の序論に書いてあり、
資本主義、封建主義、奴隷制、アジア的共同体(≓東方的専制)。
で、一般論では、律令日本もアジア的共同体も含まれる、となっています。(ニッポニカより。)
https://kotobank.jp/word/%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E7%9 …
吉本隆明さんは、この辺は承知でアフリカ型唱えてるはずだけど、吉本説を引用した以上、
マルクス理論を踏襲すると、
bragelloneさん流に分類した場合、マルクス理論はどうなるの?
・日本社会 アジア的共同体であるはず。
・アフリカ型社会:民衆暴君型  民衆暴君型、暴民政治(=衆愚政治)も含まれているとすると、古代ギリシアもアフリカ型、なのか?吉本隆明さんはそんなこと考えてないはず。
・奴隷制 二階建て構造ではない(三階建である。)ので除外したと思われる。
 でも、マルクス的には、アジア的共同体より効率良いとなってるけどね。
・競争型:西欧社会  残りなので、資本主義+封建主義 なのかな?
日本社会 が、決定的に矛盾。アジア的共同体(≓東方的専制)は、対話(=交渉)なんて無い。
で、日本は対話型と言うけど、その根拠が神話の国譲りとはねえ。
あれって、そもそもが、アマテラスと大国主というトップ会談であり民衆の意思について記紀に記載は無し。で、本当に譲ったのか?少なくとも一部勢力(建御名方)が反対し、逆らった結果諏訪湖まで追い詰められ...つまり、戦闘があったところ、大本営発表で戦闘無し、と読めるんだが...
で、
>7. 市民らは かれらに根負けして それならと言うので神棚をわざわざこしらえ
て そこを棲み処とさせた。
トップ会談(大国主は出雲のトップ。)のところを、トップとボトムの会談にすり替えてる。反則もいいところ。

※何が言いたいか?
 吉本隆明さんの提唱に追従する場合、アフリカ型だけでなく、その他の型もそれなりに追従しないと意味が無い。
 アフリカ型だけ引用して他の型を自分の好きに設定する、というのは、論理的にオカシイ。


※※論旨の本流から外れるけど、吉本隆明さんの理論の「何これ?」
>マルクスはインド・ヨーロッパ語圏の外にアジア的共同体を見出した
??。マルクスは、アジア的共同体の代表としてインドを想定していたのに、何故インドがヨーロッパ扱いされるか。
https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%8 …

※※※東方的専制 という以上、西方的専制も存在。民衆に支持を得た上での専制であり、古代ローマとかヒトラーとか。
   西方のほうが対話的、じゃねえの? (東方的専制は、単なる上意下達であり、対話は必要としない。)

自分勝手のの3 これも意味解らん。
・市民と公民。  何がどう違うか。
bragelloneさんの論調では、 市民=支配される側 公民=支配する側
としか思えないのだけど、市民、公民の意味は、それでいいのか?それで世間一般で通るのか?
https://kotobank.jp/word/%E5%B8%82%E6%B0%91-75230 において
市民:
1.都市に住む人。
2.国政に参与する権利をもつ人。公民。
3.(古代)政治経済的特権を保持した自由民。
4.(近代)産業資本家,商業資本家,知識人などの中間層
公民:
1.参政権をもつ国民。市民。
2.旧憲法下において、特定の資格を有し、市町村の公務に参与する権利義務を認められた者。
3.古代の人民の身分を示す語。班田収授法によって口分田の班給をうけ、国に対して租庸調雑徭などの貢納の義務を負っていた農民。(つまり、私民ではない。)
であり、現代では市民と公民の意味は同じ、と辞書に書いてあるんだが....
過去の意味に遡ると、市民のほうが上流階級としか思えないんだが....

で、何故、アマテラス側(=支配者層)は公民で、スサノオ側(=被支配者層)が市民なのか、
それがわかりません。用語、逆にしたほうがいいんじゃないの? 唯一、旧憲法下なら意味解らなくも無いけど、現在死語みたいなもので、旧憲法のみで通用する用語をアマテラス時代に適用するのもいかなものかと思うが。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いつも ご回答をありがとうございます。こういったやり取りはたのしいです。

★ ウリナラ国は・・・大統領自身の汚職によるものであり、不作や疫病(=本
人の意思では制御できない類の災厄)ではないです。
つまり、アフリカ型の特徴じゃないです。
☆ そうですね。《強引に》我が田に水を引くとするなら:

① 任期は暴君民衆もわきまえているようです。

② 《汚職その他の不正》については 権力によって仕出かす部分だけではなく
一家一族などのつながりがシガラミとなって作用する部分も大きい。

③ おまけに その不正を不正と判定するのは 野党勢力であった側が政権を奪
いその勢いをかって暴君民衆とともに――特には 国民的《情緒》のおもむくと
ころに従って――おこなうわざである場合が多い。

☆ このような特徴を故意にでも重たく見るとすれば:
★ 本人の意思では制御できない類の災厄
☆ であると考えられますまいか。


★ マルクス理論はどうなるの?
☆ 大幅になおざりに――ここでは――しています。

★ ・日本社会 アジア的共同体であるはず。
☆ 日本は ほかのアジア社会とは かなり違う――《ゆづりあひ》の精神にお
いて――と考えます。マルクスは情報不足だった。・・・*1.

★ ・民衆暴君型、暴民政治(=衆愚政治)も含まれているとすると、古代ギリ
シアもアフリカ型、なのか?
☆ 一時期において そういう傾向が現われるといった感じで捉えます。

★ ・奴隷制 二階建て構造ではない(三階建である。)ので除外したと思われ
る。
☆ 二階建て構造という枠組みの中におさまっているはずです。

★ でも、マルクス的には、アジア的共同体より効率良いとなってるけどね。
☆ その点は 総論から引き継がれる各論にあたると思います。

★ ・競争型:西欧社会  残りなので、資本主義+封建主義 なのかな?
☆ 《遊牧民型》という特徴としても捉えられます。

cf. 【Q:資本主義の形成にかんする江上波夫の遊牧民寄与説は どうなってい
ますか?】

★ 日本社会 が、決定的に矛盾。アジア的共同体(≓東方的専制)は、対話
(=交渉)なんて無い。
☆ → *1.

つづく

お礼日時:2019/01/05 10:03

https://www.asahi.com/articles/ASLDW772FLDWTOLB0 …

~~~~~~~~~
今日は清水鉄扉江が煽ってると云うことでよいのでh素か。
それをフェイスブックで仮想だのハロウィーンダオ
お菓子だの煽ってる屑がいるということでh層化。

フェイスブックでも私は場kに荒れてるようです。
ひどいですね。どうして甲崩し会兄のでh層化。

ズワイガニが法要だとか
なぜこうさせれれるのでぇ章か。理解できないので

アメブロは香取シンゴだそうですし
はてなは正直私はハテナ民という感じはしないのですが
まあ、ブラジュローヌさんとブログ二党置くということも
今後はないでしょうから微妙ですけれど

ブロガーはねむねこさんとか最近どうしてるのか
トップ画面が身にきついし。

グーブログは天神がいやで。

難しいですね。どこもね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

鈍感力とも言いますね。

お礼日時:2019/01/05 08:46

適当に難しそうな言葉を使ってるだけの駄文。



世界史、特に中国を含む東アジアの歴史を勉強していない。
論理破綻。
社会学も政治学も知らない。

高校の教科書くらいから勉強しなおしたら?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

★ 適当に難しそうな言葉を使ってるだけの駄文。
☆ その理由は 次に述べられていましょうか。

★ 世界史、特に中国を含む東アジアの歴史を勉強していない。
☆ 勉強していたら どこがどう違って来ますか?

★ 論理破綻。
☆ たとえば どこでしょう? 例証できますか?

★ 社会学も政治学も知らない。
☆ 知っていると どこがどう違って来ますか?

★ 高校の教科書くらいから勉強しなおしたら?
☆ 教科書が 必ずしもじゅうぶんに妥当なことを述べていな
いとしたら?

そして 教科書には 何をどう捉えるか? という事実認識の
あとの思索が とぼしいですよね。

これを機に 哲学してみては どうですか?

お礼日時:2019/01/04 10:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q素朴な質問シリーズなんですが お知恵を貸して貰えると助かります 続、善悪の定義 (  ̄▽ ̄)ニャリ

素朴な質問シリーズなんですが
お知恵を貸して貰えると助かります
続、善悪の定義
(  ̄▽ ̄)ニャリ
誰でも、自分自身は善であると
信じて生きていますが

本当に自分自身が善であるって
どうやって定義してるのでしょうか?

突拍子もない質問なんですけどね(笑)

善悪とは、集団から教えられるとおもいますが
まず最初に、両親なり家族、
それが、1番小さな集団であって

そこから、村なり町の集団があって
解りやすく言うと、学校なり近所ですね

それより大きくなると、
宗教なり倫理や道徳なんてなってきますが


集団の教えから離れ
個人的な善悪の判断を迫られた時に
どうやって定義付するのでしょうか?

( ̄~ ̄;)個人的には、どうあっても
善であると、思い込んで生きているが
その、大前提に疑問を抱いた時に

もしも、この世の中に善悪なんて存在しないかも?
でも、自分自身は善であるはずなんだが・・・

そんな状況はまずおこらないでしょうが
おきたとしたら

他人と比較して、他人を悪にしてしまう
悪を造り上げてしまうのかな?
あれは、間違えてるから、悪であって
自分自身は間違えてないから、善である
と、なるのかな?

今ここに居るわたしは、善か悪か解らないが、それで良いじゃないか
と、定義付を辞めるのかな?


誰しも、自分自身が善でありたいとは思われますが

はたして・・・

ほんまに突拍子もない
素朴な疑問なんですが、お時間のあるかた
貴重な回答をお待ちしてますm(._.)m

素朴な質問シリーズなんですが
お知恵を貸して貰えると助かります
続、善悪の定義
(  ̄▽ ̄)ニャリ
誰でも、自分自身は善であると
信じて生きていますが

本当に自分自身が善であるって
どうやって定義してるのでしょうか?

突拍子もない質問なんですけどね(笑)

善悪とは、集団から教えられるとおもいますが
まず最初に、両親なり家族、
それが、1番小さな集団であって

そこから、村なり町の集団があって
解りやすく言うと、学校なり近所ですね

それより大きくなると、
宗教なり倫理や道徳なんてなってきますが

...続きを読む

Aベストアンサー

地球に ついていえば
" 世の便利 " は 総て ヒト に
とって…であり 他の イキモノ には "利 " ではない

神が 自分に似せて 人型を造った時点で もう 神と同じ
他の生き物に君臨する
" 荒ぶる神の ようなモノ "
を 落としてしまったのである

バベルの塔 事件で 原語が違ってきて また 理解の能力の
優劣も 出来てきた
捉えように より 善 悪 が
各々ちがってきた
もし 言葉なるもの(知恵の実)が 無く 想いを 脳から 脳へ 伝える事 反映 できれば
争いの 元となる モノも
無くなるし
国々で 異う "神 " も
同じに なるであろう

行動で 云えば 宮﨑駿 の
『もののけ姫』が 語っている
他方から みれば 善 であり
また 他方からは 悪 に なる
それは
一方からは " 生きる為に必要な もの" であり
もう 一方では " 生きる為に取り除きたい もの " なのである
利便 快適 を 相対するもの からみれば 搾取であり
また 同時に 糧である(対する位置に 居るものに取れば)

パンドラの匣に 残った
総ての悪 災 禍 が 去った後に残った 希望
そのひとつは
忘れ去る能力なのだ と思う

ただ 総ての 欲を 葬り去れば
無 に しかならない
待つのは 死 (無)である


と こんな事 考えてみました

浅かったら ごめんね

地球に ついていえば
" 世の便利 " は 総て ヒト に
とって…であり 他の イキモノ には "利 " ではない

神が 自分に似せて 人型を造った時点で もう 神と同じ
他の生き物に君臨する
" 荒ぶる神の ようなモノ "
を 落としてしまったのである

バベルの塔 事件で 原語が違ってきて また 理解の能力の
優劣も 出来てきた
捉えように より 善 悪 が
各々ちがってきた
もし 言葉なるもの(知恵の実)が 無く 想いを 脳から 脳へ 伝える事 反映 できれば
争いの 元となる モノも
無くなるし
国々で 異う "神 ...続きを読む

Q死後の世界をどう解釈しますか?

質問を2つに分けました。

1.天国へ行くなどというのは人間の希望的な創作であり、
なんの根拠も証拠もないですよね。

2.輪廻転生が有ると仮定して、どんな動物か昆虫になるかわかったものではないですよね?

1億年後に転生したとしても時間感覚は0秒以下にしか感じないと思います。
なぜならば、一億年前の過去から今生まれるまで一億年も経ったような気がしません、生まれてなかったからですか?
睡眠はだいたいの時間感覚が分かるのに、死んでる時間は(無)なので0秒ですよね。

俺たちには一体何が起きていると思いますか?
この世知辛い世の中もハッピーなのでしょうか?

Aベストアンサー

1.天国へ行くなどというのは人間の希望的な創作であり、なんの根拠も証拠もないですよね。

人間が生きた証は、痕跡として過去に残ります。
だから、良い表象を持てた人は、その痕跡を過去に残すので、決して書き換えることができない天国になります。

2.輪廻転生が有ると仮定して、どんな動物か昆虫になるかわかったものではないですよね?

輪廻転生とは、生き物の日々の新陳代謝のことです。
私たちの体の細胞は常に死んでいる。けれども、DNAによる情報によって新たに生まれてもいる。
人間の臓器はお互いに情報を交換している。

また、人間の排泄物である有機物、水、空気も、他の生き物のDNAによる情報によって活かされている。

死後の世界とは未来のことであって、そこには、過去に自分であった物を活用している無数の進化した何かが存在している。

Q「マウンティング」をする人は「自信家」ではないか。

先の質問で、最後の回答をくださった方が、記事中のいくつかのキーワードを添えて以下のリンクを教えてくれました。

その時の回答をそのまま引用します


<またまたズレているかもしれませんが、おもしろい記事を見つけたので貼っておきます。
https://president.jp/articles/-/26637#cxrecs_s

マウンティング サル 優位に立ちたい 自信が無いから 
デジタル人間 感情の欠落 生きづらい
悪いのはあいつだ わたしには関係ない>

わたしはTVを視ませんし、新聞を読まない、インターネットでは、主にわたし同様、心の病を持った人のブログを読む。それ以外は専ら海外のアート・サイトを渉猟するだけで、WEBニュースもまとめサイトも覗くことはありません。ですから、最近の言葉はほとんど知りません。
「マウンティング」という言葉も初めて知りました。

以下リンクの記事より

「そもそもマウンティングをする人は、自分に自信がありません。そのため、自分よりも格下の人間をつくりだすことで、集団内での序列を少しでも高めて、上位にいるという安心感を得ようとします。」

わたしはブログを通して、自分同様に自己肯定感の極めて低い人たちを知っています。
けれども、わたしの知っている「自信のない人たち」は決して、決して「自分より格下の人間を作り出し」たり「人より優位に立ちたい」などとは露ほども思っていません。ただひたすら自己の無価値を嘆くだけです。わたしもまた同様です。

「マウンティング」とやらいう行動をとる人は、寧ろ、自己顕示欲の強い自信家であり野心家ではないのでしょうか?

「そもそもマウンティングをする人は、自分に自信がありません。」
この記事を書いた人は、如何なる根拠を持ってこのように断言するのでしょうか?

先の質問で、最後の回答をくださった方が、記事中のいくつかのキーワードを添えて以下のリンクを教えてくれました。

その時の回答をそのまま引用します


<またまたズレているかもしれませんが、おもしろい記事を見つけたので貼っておきます。
https://president.jp/articles/-/26637#cxrecs_s

マウンティング サル 優位に立ちたい 自信が無いから 
デジタル人間 感情の欠落 生きづらい
悪いのはあいつだ わたしには関係ない>

わたしはTVを視ませんし、新聞を読まない、インターネット...続きを読む

Aベストアンサー

そうなんですよ!

私も自信のない人、好きです
自信がない、って謙虚であることでもありますもんね
また、丁寧に物事を考えていけば
自信満々にはならないですもん

質問者さまが無力無能とは思いませんが、まあそれは置いておくとして
ある精神科医が
「自分はうつ病の患者さんが好きだし
精神科医は、みんなそうだと思う
うつ病の患者さんは優しいし礼儀正しい人が多い
元気になってくると医者にお礼を言ってくれる」

この言葉を知り
何かあった時に他人のせいにはしないで
自分が悪かったと自分を責めるような人が
うつ病になるのではと思いました

おそらく
「下をつくって、でも上に怯える」ような人が
自慢話で武装するのではないでしょうか?

「上とか下とかでなく
私は私でしかない」
と思える人が「本当の自信」がある人なのかもしれないですよ

Q❀哲学のお話、教えて下さい❀ 『結婚するべきか、結婚しないべきか。どちらを選んだとしても、必ず後悔す

❀哲学のお話、教えて下さい❀

『結婚するべきか、結婚しないべきか。どちらを選んだとしても、必ず後悔するだろう』とソクラテス(古代ギリシアの哲学者、紀元前469年頃-紀元前399年)は
言いました。
また、
『結婚した場合は、自由を失う。
結婚しなかった場合は子供を持つ喜びを得る事はできない。
どちらを選んだとしても後悔をすることに間違いはない。』とも言いました。

ただ、ソクラテスはそのような考えが人を不幸にすると言っています。

『失ったもの、手に入れる事が出来なかったものを考えるのではなく、
自分が今いる環境に感謝し、
出来る事を懸命に成し遂げる、
それこそが人を幸福にするのだ。

ともかく結婚せよ。 もし君が良い妻を持てば、幸福になるだろう。 もし君が悪い妻を持てば、哲学者になるだろう』

❀❀✿❀❀✿❀❀✿❀❀✿❀❀✿❀❀✿❀

さて、ではなぜ私達は、失ったものや手に入れる事が出来なかったものを考えてしまうのでしょうか??
やはり、人間は欲張りだからでしょうか?

Aベストアンサー

不完全な 回答を してしまったので
花マークから 下の回答に
立ち寄りました

現状に 満足していないからです
〜だったら
もしかして〜なら と
経験していない方へ
想いを馳せるのでしょうね

ないもの ねだり

も あると 思います
でも その想いが あるから
人間は 向上するし
頑張ることが出来ます

現状に満足していれば
それからの 発展は ありません

そう 考えると ナーバスに
なったり 落ち込む事も
大事な 葛藤 と思います

Qアラシ投稿の阿呆さについて ご意見をどうそ。

1. ひとは あたかも《カカハリ(関係)の絶対性》なるさだめのもとに 他人
(ひと)とのマジハリ(交通)に入ることになる――と言ってもよいかも知れませ
社会性とは そういうものではないかと。

2. 馬の合う人とはもういい加減にしたらというほど長い時間を過ごすこともあ
れば あいつはイヤだと思っていて・しかも一緒になる機会が多く寛い心でツキア
ヒをつづけざるを得ないこともある。そして もう耐えられない・絶交だと言って 
マジハリを解き・互いに離れて社会的なカカハリを持つ場合もある。

3. これらの例は ふつうに自然に起こる人間どうしのヨコの関係です。そして
ここで問題としたいのは このヨコのではなく もしその互いの間に上か下かとい
うタテの関係が生じたなら どうするか? です。



4. 抽象的に規定しますと 《互いのマナザシがどちらか一方が他方よりも上か
ら差して来る》といった上下の関係です。(まだほっかほかの質問として マウン
ティングの問題が出ていましたね)。


5. まづ このタテの関係については ふたつの種類があると思います。
( a ) ふたり――といった単位体を例に採りますが――のあいだにそれこそ自生
的に生じたもの。気楽なマジハリ。
( b ) そして あとは 人為的に作為的につくられたタテ関係。

6. 大昔には 身分の世襲制によって 人びとそれぞれのマナザシは どのよう
にそそぐか(注がれるか)は 決まっていたとも言えます。

7. では 現代では このマナザシは 自由の精神をもって( b )の作為的な上
下関係を打ち破っているか? マナザシは 完全に自由になったか?

8. 家族の中での――遠慮の要らない――マナザシの錯綜関係もあるでしょうし
けっきょく果ては 国と国との関係における〔こちらは〕深謀遠慮なるアマアガリ
戦術としてのマナザシ照射も 起きるのかも知れません。

9. ここで問うのは こうです。アラシ回答は アマアガリ・シンドロームに落
ち入った阿呆なるマナザシ合戦である――という命題をめぐって 思うところを述
べてくださいと。

10. また広く人間のマナザシ関係について 見解を述べてくださっても結構で
す。制約はありません。

1. ひとは あたかも《カカハリ(関係)の絶対性》なるさだめのもとに 他人
(ひと)とのマジハリ(交通)に入ることになる――と言ってもよいかも知れませ
社会性とは そういうものではないかと。

2. 馬の合う人とはもういい加減にしたらというほど長い時間を過ごすこともあ
れば あいつはイヤだと思っていて・しかも一緒になる機会が多く寛い心でツキア
ヒをつづけざるを得ないこともある。そして もう耐えられない・絶交だと言って 
マジハリを解き・互いに離れて社会的なカカハリを持つ場合...続きを読む

Aベストアンサー

荒らし投稿するのは、真面に自分の意見を持たずきちんとした考慮も無く唯単に字面を追ってそれ
に対して本能だけ(に思える)反応をし、短絡的な回答を(恰も自分の意見は正当だと思いながら)
述べているに過ぎないとボクは考えます。
そうで無い思慮深い人がそういった回答を読むと何て浅はかなといった感想を持つでしょう。
このサイト内での回答はそういった浅はかな人だけでは無く人生相談的な質問には相手の立場に
立って考え的確な回答をする人も沢山居ますし、技術的な質問に対する回答は自分の技術やスキル、
問題解決の手段を検索出来る力を持った人達が矢張り的確な回答をしてベストアンサーを沢山獲得
しています。
自分が回答出来る様な人間では無いのにしゃしゃり出るのは短絡的且思慮の浅い(AHO--)と思うのは
ボクだけでしょうか?
貴方からの補足をお待ちしています。

Q絶対善はあるのです。

私は絶対善はあると主張していますが、皆さんはそんなものなどないと否定されます。でも私が言いたい事は常識的なことなのです。

この群れ社会において最も大切なものは何か?それは群れ社会の安寧秩序です。これは社会が平穏でルールが守られ安心して暮らせることです。これを守る事が最も正しい事なのです。この群れ社会においてこれ以上大切なことはないのです。これに異論がありますか?

そしてその群れ社会の安寧秩序を守る為に最も優れた方法が「私より公を優先すること」なのです。でも「私より公を優先すること」と言われても何か分からないでしょう。ですから分かり易く言えば愛や思いやりや慈悲心などですと説明しています。これはキリストが説いた愛です、孔子が説いた仁、つまり思いやりです、そして釈迦が説いた慈悲の心です。そしてこれらに内包、共通しているのが「私より公を優先する心、行為」です。

「私より公を優先する」とは分かり易く言えば「私欲という自分の思いを少し抑えて公の為とみんなで考え行うこと」です。自分の私欲の心を少し抑えて、一人一人がみんなの為と考えることです。これは民主主義を示しています。そして「みんなの為」と考えるということは皆さん一人一人がリーダー、その群れのトップの立場に立って考えると言うことです。それは強い責任感をもって考えると言うことです。そのような心を一人一人みんながもって、みんなで考えれば最も正しい答えに辿り着ける確率が高くなるよ、ということです。これ以上に優れた方法が何かありますか? これが私の言う絶対善なのです。

その群れ社会にとって絶対的に正しいことは社会の安寧秩序であり、そのために最も優れた方法が「私より公を優先する事、つまり愛や思いやりや慈悲心」なのです。もちろんこれは最高の方法を示しているので一般的にはなかなかできないことです。しかしそれを目指す事こそが最もより良い社会が創れるのだ、と言う事なのです。

私は絶対善はあると主張していますが、皆さんはそんなものなどないと否定されます。でも私が言いたい事は常識的なことなのです。

この群れ社会において最も大切なものは何か?それは群れ社会の安寧秩序です。これは社会が平穏でルールが守られ安心して暮らせることです。これを守る事が最も正しい事なのです。この群れ社会においてこれ以上大切なことはないのです。これに異論がありますか?

そしてその群れ社会の安寧秩序を守る為に最も優れた方法が「私より公を優先すること」なのです。でも「私より公を...続きを読む

Aベストアンサー

いろいろな人がいっぱい書き込んでくれて、芯木(shinwood)さんは今回いろいろ学んだんじゃないでしょうか。芯木さんの今回の作戦の誤りは、世の中には、形式を重要視する人と実態を重要視する人の両方がいることを無視して、実態を重視する芯木さんの一方的な表現を使ってその主張がなされていることです。

「手術は成功した。しかし、患者は死んだ」

要するに、患者の生死の実態よりも、手術の手順と形式の正確さの方に興味を持つ方がこの世の中にはいくらでも居られるのです。そして、哲学好きな人にこの形式組の人がいっぱいいます。そうした方々は、言葉の使用法の形式の方に興味が優先してしまい、たとへそこで使われている言葉が不完全でもそこで言っていることの内容や実態をなんとか理解しようという方向に興味を向けない傾向にあります。

「あんたの言いたことはなんとなく判るんだが、そのような言葉の用法はその内容と矛盾しており、間違っている」

などと言って、言葉の使い方が間違っているから、あなたの言う内容も間違いだ、などと考えてしまう人もいくらでもいます。だから、芯木さんが言いたいことの本質を論じようとするのではなくて、絶対の意味などの言葉の使い方がこだわった回答が多くなっているのです。

そのような人たちは、左を指差しながら、「右、右」と言っている人の心を察することができず、その間違いを言いつのる傾向があります。この場合、常識的に見て、指を差している方向をその発信者が言いたいのは明らかですのに。

物事を論じるためには、その内容も、その言葉の使い方も、両方とも重要です。しかし、その両方を同時に論じることにどれだけの生産性があるか、自明ではありません。大論文でもない限り、それを意識せずに両方とも同時に論じてしまうと誤解を招き、混乱さえ起こしかねません。ですから、何かを論じる場合には、内容か、形式か、そのどちらにより重点を置いているのか、文面から明確にわかるように書いておく方が、生産的な議論のやり取りができます。

ここでの主題は「公に対する奉仕」なのだと思いますが、例えば、「公」という言葉一つとっても、人によってその意味がだいぶ違い、芯木さんが言いたい意味では受け取ってくれない場合が散見されます。いわんや、「絶対」などという、一神教の影響を受けた西洋文化大好連中が好んで使う言葉は、哲学好みの人たちには刺激的すぎて芯木さんの言いたい内容よりも、その刺激的な言葉に拘ってしまう人がいくらでもいます。

出来るだけ刺激的な言葉を避けてご自分で言いたいことを表現することを工夫すると、芯木さんのご主張に賛同する方も増えるのではないでしょうか。また、どうしても「絶対」と言う言葉を使いたいならば、論述を始める前に、ここでのこの言葉は、、、、を意味するものとして特殊な使い方をしている、などと一言を入れておくと、読者もそのつもりで読んでくださると思います。

いろいろな人がいっぱい書き込んでくれて、芯木(shinwood)さんは今回いろいろ学んだんじゃないでしょうか。芯木さんの今回の作戦の誤りは、世の中には、形式を重要視する人と実態を重要視する人の両方がいることを無視して、実態を重視する芯木さんの一方的な表現を使ってその主張がなされていることです。

「手術は成功した。しかし、患者は死んだ」

要するに、患者の生死の実態よりも、手術の手順と形式の正確さの方に興味を持つ方がこの世の中にはいくらでも居られるのです。そして、哲学好きな人にこの形式...続きを読む

Q日本(日本史上)で、どういう際に正義(正義論)が戦わせられたのでしょうか?

昨日このカテで、tanzou2様から、次のような正義論の説明があり、興味を惹かされました。
<正しいとは何か?を探究する>のが<正義論といいます。>
<欧米では盛んですが、日本では少ないですね。>
<正とは何か。欧米の哲学者は数百年議論していますが、未だに定説を見ません。>
だそうです。
日本(日本史上)で、どういう際に正義(正義論)が戦わせられたのでしょうか?
(振り返ってみて、私は、この数学の問題の回答は正しい、位にしか使ったことがありません、矮小なことですね)

Aベストアンサー

所謂、現在の「正義論」は、どちらかと言うと、絶対的な「正しさ」や「善」と言うもののを考えると言うより、(公)正=フェア(fair)な正しさとは、どうあるべきかを論ずる事を意味しています。(これがわからないと、ロールズとかの「正義論」の意味がわからなくなります)
もちろん、絶対的な「正しさ」が、イコールになれば、申し分ないわけですが、それでは、いろいろな社会や集団の意見や、個別的ルールに対して、フェアとはなりません。(フェア(fair)とは、一方に偏らない、ほどほどのレベルと言う事です)
これは、政治哲学としての議論で、公法をどのレベルで実現できるかの議論です。
ギリシャ哲学までさかのぼれば、プラトンの「国家」も一種の「正義論」とは、言えるでしょう。
欧米においては、このような政治哲学は、長く議論されてきたのは確かでしょう。
日本の場合は、江戸時代までは、儒学者、国学者、僧侶などが、このような政治哲学に該当するような分野を担ってきたと言えるでしょう。
幕末は、欧米の国家を見本とした、国家論を打ち出す思想家が、明治維新などの原動力になりました。
明治以降は、社会思想家などが、その役目を担ってきました。
現代の日本では、政治哲学と言う立場の学者もいますが、多くは、政治哲学から政治学と言う科学へ分離した形になっています。
政治学と言う科学では、実務的な公正さをどのように実現するかが、目的ですから、哲学的な探求とは、一線をかくしていると言えるでしょう。
なお、欧米の政治哲学としての、「正義論」も現代では、科学的になっているので、あまり哲学的なイメージはありません。
なお、現代の「正義論」では、正義(justice)と善(good)は、対立概念として、議論されます。
平等がどの程度実現出来れば「正義」なのか、格差の公正さとはどのようなものか、「自由」は、どの程度までが、公正さとして認められるのかなどが、主な議題と言えるでしょう。

所謂、現在の「正義論」は、どちらかと言うと、絶対的な「正しさ」や「善」と言うもののを考えると言うより、(公)正=フェア(fair)な正しさとは、どうあるべきかを論ずる事を意味しています。(これがわからないと、ロールズとかの「正義論」の意味がわからなくなります)
もちろん、絶対的な「正しさ」が、イコールになれば、申し分ないわけですが、それでは、いろいろな社会や集団の意見や、個別的ルールに対して、フェアとはなりません。(フェア(fair)とは、一方に偏らない、ほどほどのレベルと言う事で...続きを読む

Q新知見や新理論が提出されたなら 問い求める自由な人間は 寄ってたかって批判するものである。

学問というのは 誰でもよい ひとりがみづからの研究の成果を得たなら 
ただちにその新知見を発表するものです。

そして 寄ってたかってその新理論を批判する。これが ふつうのナラハ
シです。


自然科学ではおこなわれているはずです。おそらく研究の途中の過程です
でに意見交換がなされていましょう。

ところが 人文・社会科学の方面では――日本人だけの陋習かも知れない
のですが―― なあなあで進めて シャンシャンで済ませる。学者らのヒ
エラルキアをまもることが第一だというナラハシのもとに 一日一日が過
ぎて行きます。



人間の自由と学問の精神は どこに行ったのか?

日本人の《奥ゆかしさ》は 杭の出ることを好まず望まないというのか?



その代わり 学問のエピゴーネンらのあいだでは――親分一統の中でをむ
ろん別として―― 足の引っ張り合いだらけである。それ以外にやること
はないのか? と言いたくなるのが この哲学カテである。きみよ どう
なのか? どうなんだ?

Aベストアンサー

>新知見や新理論が提出されたなら 問い求める自由な人間は 寄ってたかって批判するものである。
それに類することを、
・科学と非科学の違い
のようなこととを科学技術カテで回答したことがあり、確かに、
・新理論に対し寄ってたかって批判する。
と書きました。

でも、
・新知見に対し、とは書いていない。(新理論に対して、であるため。知見の実験条件に対する批判はアリとする。)
・問い求める自由な人間は批判 とは書いていない。(新知見や新理論の意味を解っているヒト限定であるため。)

以下なら解るけど。
・新知見に対し、論文通りに誰かが再試験して、論文と違った結果が出たから再試験に関わった者が、反論記事書いた
・論文の計算式(あるいは前提条件)に間違いがある、という指摘。問い求める自由な人間ではなくて、それなりの素養があるヒトが反論する。

よって、「問い求める自由な人間の批判」なぞ、あっても無くても学術的な意味は無いのだけどね。

>人文・社会科学の方面では――なあなあで進めて シャンシャンで済ませる。
とうの昔に、中核部分に爆撃を受けていて、今さら爆撃する意味がない、それだけ。
爆撃内容だけど、ポパーの「反証可能性」。いわゆる、(自然)科学と似非科学の判別ルールとして有名。
なので、人文・社会科学の新理論とは、「反証可能性が無い新理論」なので、(自然)科学のかたは静観。
人文・社会科学のかたは、自分の理論が、「反証可能性」のブーメラン受けたくないので、やっぱり静観。
このあたりは、(自然)科学系に人間にとっては明らかもいいところ。今更、「反証可能性」も何も無いので、
いちいち、2番煎じの反論をしない、というだけ。


>日本人だけの陋習かも知れない
そういう思想誘導(質問に形を変えた誘導)はやめてください。世界共通に決まってるじゃん。
せめて、日本特有の思考形態という、統計か文献を明示してください。

>新知見や新理論が提出されたなら 問い求める自由な人間は 寄ってたかって批判するものである。
それに類することを、
・科学と非科学の違い
のようなこととを科学技術カテで回答したことがあり、確かに、
・新理論に対し寄ってたかって批判する。
と書きました。

でも、
・新知見に対し、とは書いていない。(新理論に対して、であるため。知見の実験条件に対する批判はアリとする。)
・問い求める自由な人間は批判 とは書いていない。(新知見や新理論の意味を解っているヒト限定であるため。)

以下なら解...続きを読む

Qうつくしさは――そしてよく見かける存在理由を求める問いは―― あくがれの問題か?

1. 《あくがれ》の理論 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
――有限なる人間と無限なる真理(美)との接点についての定理をもとめて――

2. あこがれ(憧れ)の語の原義:

《わたしの居るべき所から――あたかもたましいが ふらふらとさまようかのご
とく――離れる》こと(大野晋)。

3. あこがれ < あくがれ < あく(場)‐かれ(離れ)

4. アクとは 《思わく》や《老いらく》の末尾に使われている -aku である。
 
5. ちなみにインドネシア語などで aku とは《わたし》のことである。

6. 日本語学で アクは 《( a )場・( b )事》の意とされる。

7. アクは:

( a ) 《ワレが 世界の内にあるそのバ》のことであり
( b ) 《この世界における経験法則などのコト》である。

8. その《アクを離れる》とは どういうことか?

( a ) 《このうつせみのワレからの離脱》・《脱自》。
     ――《ケ(日常)‐カレ(離れ)》を参照(*1)。

( b ) 《有無や善悪や因果法則から自由な場に立つこと》。
     ――《特異点》を参照(*2)。

 *1: 《ケ(日常性)‐カレ(離れ)》 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ただし ケガレには

  ( c ) 日常の元気から離れて《ケガレ(穢れ・汚れ)》と呼ばれる場合 
  ( d ) 日常の習慣から離れる非日常性としての《ハレ(晴れ)》の場合

  のふたつの場合がある。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9. ケガレがもし《善悪の彼岸》を意味しうるハレとして むしろ《聖なるも
の》と呼ばれるとすれば まさにアクガレはその意味で 真理で無限なる神との
接点を成す。

 *2: 《特異点》: これも同じくハレやアクガレのようであろうか。(だれ
   かくわしい人 おせーて!)。

10. アクガレの素は 秘密兵器としてアートマン(霊我)やブッダター(仏
性)とも あるいはルーアハ;プシュケー;アニマ;スピリトゥス(=息・息吹
き・風:神の霊)とも呼ばれる。とは考えられる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11. うつくしさは あくがれの問題か? そして しきりに質問が出される
生きる目的とか存在理由といった主題は これもむしろあくがれの問題なのであ
ろうか?

1. 《あくがれ》の理論 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
――有限なる人間と無限なる真理(美)との接点についての定理をもとめて――

2. あこがれ(憧れ)の語の原義:

《わたしの居るべき所から――あたかもたましいが ふらふらとさまようかのご
とく――離れる》こと(大野晋)。

3. あこがれ < あくがれ < あく(場)‐かれ(離れ)

4. アクとは 《思わく》や《老いらく》の末尾に使われている -aku である。
 
5. ちなみにインドネシア語などで aku とは《...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃる通りかと思います。

美しい”もの”はあるけれど、(概念として抽象的な)美しさは存在しないとおっしゃった著作者がおられました。

美しいものは、人間を悪のとりこになるのを妨げ、善きことに心を向ける機縁になると、理解しました。理解することは、行動することです。

美しいものの向こうに善が存在し、そのはるか彼方に、真(私にとっては神)が、おられる。同じベクトルの上にあって、私を一つに統合し、私の歩く方向を定めている。おっしゃる、あくがれです。神の息吹でもあるのでしょう。

日々、移ろってゆく、感情や感性を乗り越えて、美しいものを探してゆくのには、限られた人生の時間は、あまりにも短いけれど、その時間を与えられたことに感謝しなくてはいけません。

Q"女の幸せ"とは言うことがあるにもかかわらず、”男の幸せ”はあまり聞いたことがありません。男は幸せを

レスリングの吉田沙保里が引退を発表しました。
長い間の活躍、お疲れさまでした。
彼女は、引退の理由について「全てをやり尽くした」とは別に「女の幸せを求める」ということ漏らしていました。
ところで、"女の幸せ"とは言うことがあるにもかかわらず、”男の幸せ”はあまり聞いたことがありません。
男は幸せを求めないものでしょうか?
(幸せを家庭の幸せのみに限定することではなく)

Aベストアンサー

いや
そうではなくて

男はプライベートの幸せもパブリックの幸せも
分けて考えない
なぜならば普通に両立可能だから

女はどちらかを選ばざるを得ない
両立させるのは難しい
それでプライベートのほうを「女の幸せ」と分けて表現してるのでは?

ってことです


人気Q&Aランキング