原子時ってなんですか?
調べて「うるう秒」のことは分かったのですが、「原子時」がよく分かりません。どなたか詳しい方、出来るだけ単純且つ明解にお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

単純明解というのはなかなか難しいですが,



 原子時=原子時計が刻む時。セシウム原子の振動が基準になっている。

…だけだと単純過ぎますか。「だから何なの?」といわれそうですね。
それでは少し解説を追加しましょう。

もともと時刻の基準は地球の自転でした。太陽が真南に来た時刻を正午とするわけです。(つまり日時計が示す時刻です。)
ただこれだけだと至るところに時差ができてしまうので,(東京の時計と大阪の時計では20分ぐらい大阪が遅れていることになる),国ごと・地域ごとに一定の基準を作りました。
日本では,東経135度の地点を基準にしました。明石市で太陽が真南に来れば,日本中で正午の12時,というわけです。
世界的には,イギリスのロンドン郊外の,昔グリニッジ天文台があったところを基準にしました(世界時,いわゆるグリニッジ標準時)。世界時+9時間=日本時間です。
厳密には,真南に来る時刻は1年間を通じて多少変化する(±20分程度)ので,それを平均したものを使います。

そのうち,原子時計というものが発明されました。これは非常に精度が高く,安定しています。
ところが,これで地球の自転を調べてみると,自転は一定の速さではなく,すこし不安定なことがわかりました。
そこで,とりあえず地球の動きとは関係なく,原子時計が刻む時というものを考え,これを「原子時」と呼びます。
実際には世界中の原子時計がそれぞれの原子時を刻んでおり,それらのデータを総合して最終的に国際度量衡局というフランスにある機関が決定する時刻を「国際原子時」といいます。

ところで,私たちの日常生活に密着しているのは,今も昔も,太陽の動き(つまり地球の自転)です。
地球の自転は近ごろ少し遅れ気味です(といっても年に1秒とかその程度)。一方で,原子時計は規則正しく時を刻みつづけています。
国際原子時は,スタートした時点(1958年)では,世界時(グリニッジに置いた日時計が示す時刻と考えてください)と一致していたのですが,だんだんずれが生じてきて,最近では30秒以上ずれています。
このまま(何千年も)放っておくと,グリニッジで太陽が真南に来た時,国際原子時を示す原子時計を見たらもう午後2時になっているとか,午後5時だ,なんてことにもなりかねません。
しかし生活感覚としては,太陽が真南に来た時にはやっぱり正午であってほしいですよね。

そこで,地球が遅れているぶんだけ,年に1回程度,原子時計を1秒間待たせて(遅らせて),地球が追いつくのを待ちます。これが「(正の)うるう秒」です。
別に「年に1回」と決まっているわけではなく,地球の動きを見ながら,原子時計とのずれが0.9秒以内に収まるように,随時調整します。
もし自転がスピードアップしてきた場合は,原子時計を1秒進めることもありえます(負のうるう秒)。
調整は1秒単位なので,国際原子時と協定世界時との差はつねに整数秒(現在は32秒)です。
詳しくはpromeさんの紹介されたページをご覧ください。

こうやって決められた時刻が,「協定世界時」と呼ばれます。

整理しておきますと,
世界時(UT1)=グリニッジの日時計が示す時刻(を,1年間の変動をならして平均したもの)。地球の自転そのものを示し,原子時計とは無関係。
原子時=世界中に置かれたそれぞれの原子時計が示す時刻。
国際原子時(TAI)=原子時のデータを統合して得られる時刻。地球の動きとは関係なく非常に正確に時を刻む。だんだん世界時からずれてきた。
協定世界時(UTC)=国際原子時を1秒単位で進めたり遅らせたりして,世界時とのずれが0.9秒以内に収まるようにしたもの。
(このあたりの関係は,参考URLの図をご覧ください。)

なお,日本時間(JST)を初めとする,世界中で市民生活に用いられている時刻体系(civil time)は,協定世界時を基準にして,1時間の整数倍(じゃない国もあるけれど)を加えたり引いたりします。
日本時間は協定世界時+9時間です。

…ぜんぜん単純明解じゃありませんね。なんとか分かりやすく…と努力したのですが,私の表現力ではこれが限界です。お許しください。

参考URL:http://jjy.crl.go.jp/News/leapsec.gif
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばらしく分かりやすい説明をありがとうございました。勉強させていただきました。

お礼日時:2001/07/26 10:41

参考URLに時の刻みを何で取るかの歴史が記載されています。



時間を計るのに色々な方法がとられていましたが、(砂時計や水時計)
ガリレイが振り子が一定の周期で振れるという事を見つけてから。
ここから何かの周期性のある物の時間から時間を計り始めました。
それは振り子、水晶、セシウムとどんどん細かく振動する物へ移行しました。
(クオーツとはそのまま、水晶の音叉による発信器で時を刻む時計の代名詞になっています。)
そしてそれは時間の刻みを限りなく正確に測定することが出来ます。
これは人間の生活とは切り離された精密な測定器です。

それとは別に昔から使われていたのが天文現象を利用する事で、これは天体の運行を調べていました。
これは人間の生活に密着しています。

昔の時計の精度ではこの両者は同一視されていましたが(人間の生活時間を調べるために時計を発明した。)、
いつしか、時計の精度が天体運動の精度(人間の生活時間感覚)を超えてしまった
ので、人間生活に合わせるために時計の方をずらすことが行われました。

参考URL:http://www.nif.co.jp/news/advice/advice0005.html
    • good
    • 0

通信総合研究所(

http://jjy.crl.go.jp/)のサイトに以下のような
説明のページがあったので、紹介します。
先日、お昼の12時をなんと呼ぶかを調べていて発見したサイトです。

参考URL:http://jjy.crl.go.jp/QandA/time_qa.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q秒の定義はなぜセシウム原子?

1秒の定義は「セシウム133の原子の基底状態の2つの超微細準位の間の遷移に対応する放射の周期の9192631770倍に等しい時間」だそうですが、なぜセシウム原子なのですか?
水素やヘリウム原子などではいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

周波数が高い方が精密計測に向いているし、原子の放射を得るための装置の一部である共振器が小さく作れるが、あまり周波数が高過ぎると、デバイスがついていけずに計測できない。約9.2GHzがちょうど良い。

Rb(ルビジウム)は原子数85と87が存在する。
Rbを使って定義を実現する装置を作ろうとすると、その分離を行うことに対して何らかの工夫が必要となる。
それに対して、セシウムには自然界に同位体が存在しないので、機器を製作するのに有利である。

参考URL
秒の定義 - 時間に関する薀蓄
http://staff.aist.go.jp/y.fukuyama/time0001.html

参考URL:http://staff.aist.go.jp/y.fukuyama/time0001.html

Q探査衛星に積む原子時計ってお幾らぐらいなんですか?

探査衛星に積む原子時計ってお幾らぐらいなんですか?
はやぶさのPM川口教授が、はやぶさは予算の関係で時計はクオーツを積んだが、膨大な予算があれば原子時計を積んだ(お陰で行方不明時は温度の特定が出来ずに通信周波数が特定出来なかったとか)と仰ってました。出来ればはやぶさ2実現の折には原子時計を積んで欲しいのですが、そんなにべらぼうに高いモノなのでしょうか。宇宙開発に詳しい方おられたらお教えくだされば幸いです。

Aベストアンサー

No.1 tanceです。
中古価格より正確な情報が得られました。
アジレントテクノロジ製のN9010Aは定価で約600万円です。

宇宙に持っていくとなるとこの10倍くらいのお金をかけて専用のものを
開発することになると思います。

Q原子と原子の空間

H2OとかH2とか原子や分子があります。それらがイオン結合とかナントカ結合とかで
くっついているというのは勉強しました。原子核に対して電子はとても小さいというのもわかります。
最近ヒッグス粒子という存在が確認されたのもしっています。
ところでそのナントカ結合とかでくっついていてもおそらく原子と原子の間は空間があると思うのです。
その空間には何が存在しているのですか。仮に原子を全て取り除いた1立方mほどの空間が私の目の前約1メートルにあったとします。
その空間はどのように見えるのでしょうか。
また原子やヒッグス粒子も一切存在しない空間ってこの森羅万象の中に存在するのでしょうか。

Aベストアンサー

 直接見たことはありませんので、他人の話の受け売りです。

 原子の大きさ(電子が原子核の周りを回っている軌道の大きさ)に対して原子核の大きさは、約1/30000(3万分の1)です。
 昔よく言われたのは、原子の大きさを野球場とすると、原子核は野球ボール。電子はほとんと点です。

 その間は何? 真空です。何も存在しない空間です。

 原子ですらこんな「スカスカ」状態ですから、原子が結びついてできる分子や物質は、これ以上の密集度にはなり得ません。つまり、物質とは、何もない空間の中に、ところどころに原子核(=それを構成する素粒子)が浮いている、という状態です。気体も液体も固体も同じです。(通常の密集度以上に圧縮されたものが、「ブラックホール」ということなのでしょう)
 もっとも、素粒子自体も「反粒子」と対になると消滅するものなので、素粒子自体が「空間から何かが抜けた穴」みたいなものかもしれません。

 我々の日常的な「感覚」「知覚」の世界とは全く違う次元の世界が、そこにあるということでしょう。

Q目に見えない原子と目に見える原子がある?

・二酸化酸素も酸素も窒素も、原子として見ることができる。
・原子は特別な顕微鏡を使えば、目で確認できる。
こう習いました。しかし、その二つは矛盾していると思います。
特別な顕微鏡を使えば原子は目に見えるっていいますが、
その顕微鏡のレンズとプレパラートの間には空気があります。
空気は、窒素や二酸化酸素で出来てますから、当然空気も
顕微鏡で確認できると思うのです。
そうなれば、顕微鏡を使っても、見えるのは窒素や二酸化酸素だけだと思うのです。
それとも、目に見える原子と目に見えない原子があるんですか?
目に見える原子と目に見えない原子があるなら、
二酸化酸素や窒素は、永遠に観察できないということですか?

Aベストアンサー

特別な顕微鏡というのは、電子顕微鏡等、電子を透過させて像を得る顕微鏡のことです。
電子を飛ばして観察するのですが、観察対象と電子放射点との間に余分な原子が存在すると、それに電子が跳ね返され、観察出来なくなります。
よって、電子が飛ぶのに邪魔にならないよう、顕微鏡内部は真空かつ湿度を0%にします。

なので、電子顕微鏡で生きたまま微生物等を観察するのは不可能です。
ただし、赤血球(直径7μm)などの比較的大きなものはそれほど真空にする必要はありませんので、観察出来ます。

Q原子とは何でしょうか?? 全てものは、原子によって作られていると理科で

原子とは何でしょうか?? 全てものは、原子によって作られていると理科で習いました。そして、理科の教科書に、銀原子の写真がありました。そこで思ったのですが、
1、原子が写真に写るということは、固体なのでしょうか??
2、ならば、液体とはなんですか??
3、なぜ、金属などはつながっているのでしょうか?
4、はさみで、金属を切るとき、原子が切れるということはないのでしょうか?
5、写真に写るのに、なぜ空気があるのに光が見えるのでしょうか?
 
長い質問ですが、1つでもいいので回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.見えるということは透明では無いということということにします。
そうすると、固体以外にも見えるものはたくさんあります。
色のついたガスもありますし、例えば融けた金属等は液体ですが見ることは可能です。
固体であることと見えることはイコールではありません。

2.液体は、物質を作る粒子がそれぞれ引き合う力でまとまっている状態です。
まとまっていますが、動くことは出来ます。
固体は位置関係が決まっており動かず、気体はまとまる力よりも粒子のエネルギーが強いので拡散していきます。

3.金属は格子状に電子が並び、その間を自由電子が行き来しています。
そのような電気的エネルギーにより結合している状態です。

4.原子を引き離すことは簡単ですが、原子自体を破壊するのはかなりのエネルギーが必要です、ですので切れることはありません。

5.空気は光をほとんど反射も吸収もしませんので、空気を通してもほとんど影響ありません。他の物質からの光を見ることも写真に取ることも出来ます。

物質の三態、視覚、原子、それぞれ調べるとよりすっきりすると思います。

ちなみに、わかりやすくするために一部不正確なところはありますので、
正確なものを求められる場合は改めて調べて下さい。

1.見えるということは透明では無いということということにします。
そうすると、固体以外にも見えるものはたくさんあります。
色のついたガスもありますし、例えば融けた金属等は液体ですが見ることは可能です。
固体であることと見えることはイコールではありません。

2.液体は、物質を作る粒子がそれぞれ引き合う力でまとまっている状態です。
まとまっていますが、動くことは出来ます。
固体は位置関係が決まっており動かず、気体はまとまる力よりも粒子のエネルギーが強いので拡散していきます。

3.金属は格...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報