『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

講義を一度休んでしまい、この問題がわかりません。


図のように、1巻の長方形コイルがθ(rad)傾いた状態で
磁束密度がB (T)の平等磁界中に置かれている。

いま、長方形コイルにI (A)
の直流電流を流したとき、
①~④の力を基本ベクトルi、j、kのベクトル式で示せ。

① 辺1に働く力F1
② 辺2に働く力F2
③ 辺3に働く力F3
④ 辺4に働く力F4

「大学の電磁気の問題です。」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 回答ありがとうございます。
    正直言って勉強してないです。
    ①③は解いてみることはできたんですが、②と③はベクトルがわかりません。

    「大学の電磁気の問題です。」の補足画像1
      補足日時:2019/01/05 13:07
  • >①③は解いてみることはできたんですが、②と③はベクトルがわかりません。

    ベクトル云々言う前に、図の中で「こっち方向」と言えますか?



    ②と③はそもそもフレミングの左手の法則が使えないので、こっち方向と言えず、
    ②と③はともに力が0ということですか?

      補足日時:2019/01/05 13:22

A 回答 (3件)

No.1&2 です。

「補足・その2」について。

>②と③はそもそもフレミングの左手の法則が使えないので、こっち方向と言えず

フレミングの法則を、単に「直交」としてしか考えていないのですね。「電流と磁界の作る平面」というとらえ方をしてください。それを「直交」とみなすときに sinφ がかかるのです。
働く力は「電流と磁界の作る平面」に直交する方向です。

電流が磁界の方向と平行でない限り、力が働きます。②も④もゼロではありませんよ。

↓ こんな高校生向けのサイトを見てください。
http://www.wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/jibau …
    • good
    • 0

No.1 です。

「補足」に書かれたことについて。

>正直言って勉強してないです。

だったら、問題を解く前に勉強してください。

>①③は解いてみることはできたんですが、②と③はベクトルがわかりません。

ベクトル云々言う前に、図の中で「こっち方向」と言えますか?
    • good
    • 0

どの辺も、磁界の方向との角度を φ、導線の長さを L として


 F = IBLsinφ
です。

方向はそれぞれ「フレミング左手の法則」で判定してもらうとして、その大きさは
・辺1、3:φ = 90° - θ、L = d
・辺2、4:φ = θ、L = b
ですよ。

どうやら「講義を一度休んでしまい、この問題がわかりません」ではなく、そもそも勉強していないということですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング