外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

英語の書き換えについての質問です。
~年前に結婚した
got married ~ years ago

have been married for ~ years
と書き換えるのが一般的なようですが、
have got married for ~ years
というのは正しいですか?

A 回答 (1件)

正しくありません。



got married ~ years ago は get+過去分詞で「~される」が基本にあり「~年前に結婚した」です。


have been married for ~ years は have+been+過去分詞で「(ある期間)ある状態が継続する」が基本で、「~年間結婚している状態にある」です。

以上に対し、have got married for ~ years = have married for ~ years なんですが、このmarry は目的語のない自動詞、すなわち動作を表すので期間を示す forと一緒に使うのは変です。 ただ She have got married into a rich family. (彼女は金持ちの家の嫁に入った)というような言い方はOKです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2019/01/05 12:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語

can you tell me how to?とはどんな意味ですか?
toの後に何も続けなくてもいいのですか?

Aベストアンサー

こちらも参考にして下さい。
http://blog.livedoor.jp/eg_daw_jaw/archives/52014276.html

Q英語のリスニングで英語を日本語に直してしまうんですが、これは駄目だってネットに書いてあったんですけど

英語のリスニングで英語を日本語に直してしまうんですが、これは駄目だってネットに書いてあったんですけどどうすれば直さずわかるようになるんですか?
それと普通にリスニングが苦手で聞き取れないんですが、これをやって効果がでたよ!っていう勉強法教えてくれませんか?

Aベストアンサー

歌詞を見ながら洋楽を聴いて、歌詞カードを追って、できれば、ゆっくりなものから少しずつ歌えるようにしていくと、英語が聞き取りやすくなりますよ!

Q英表 なぜこの答えになるか教えてください!

英表

なぜこの答えになるか教えてください!

Aベストアンサー

so do/does 主語 は、
主語の人もそうです。
という意味の構文です。
私もそうです、ならば
so do I.
彼もそうです、ならば
so does he.
この文では、彼の弟もそうです、なので
so does his brother.
になっています。

Aベストアンサー

Raging on social media

Q意味が教えてください

Short, sharp shocker looms, with fireys braced for a "nasty day"

Aベストアンサー

『短期で厳しい暑さが待ち構えていて、消防士は嫌な日に備えている』

英文ではshocker(びっくりするもの)で、「暑い」という言葉は出てきませんが文脈から考えて「暑さ」のように意訳しました。

Qこんな所で宿題をよその人にやって貰おうという学生さんたちの頭の中

こんな所で宿題をよその人にやって貰おうという学生さんたちの頭の中はどうなっとるんやろ?

分らんければ学校で教えて貰えばええのとちゃうか?

授業料は払っとるんやろ?

授業料は何のために払っとるねん?

たとえ義務教育が無償で受けられるとしても、教員の給料は我々の税金で賄うんやからタダではあり得へんわな。

Aベストアンサー

普通のことと思ってるのでは?

問題を撮影
直接接することのない相手と匿名でやり取り

これを親や教師などの口うるさい人に見られることもなくできるツールが当たり前に存在する環境で育てばこういう行動にも出ると思います。

それに、このサイトでは完全丸投げの『質問』にもポンポン回答して甘やかす教えたがりがたくさんいますし、説教してくる人いたらブロックしてしまえますからね。

Q終活&末期高齢者 は英語でどう表現しますか?

辞書でも掲載ないのですが、「終活」「末期高齢者」は
英語でどう表現しますか?

終活=preparing for death
末期高齢者(冗談で言う場合ー本来は後期高齢者)
=terminal elderly

ではどうでしょう?

Aベストアンサー

「終活」 は end-of-life planning がアメリカでは広く使われています。

https://www.betterhealth.vic.gov.au/health/servicesandsupport/making-plans-and-decisions-for-the-end-of-your-life

「末期高齢者」は terminal elderlyで問題ありません。私個人的には the terminally old のほうが語感的にはよさそうです。

Q“I mean it”で何故「本気です」となるのですか。 辞書で探しても、“mean”に「本気」とい

“I mean it”で何故「本気です」となるのですか。
辞書で探しても、“mean”に「本気」という意味は無いかったのですが。

Aベストアンサー

たとえば、辞書には、「~を意味する。そう言う。」などと書いていると思います。
通常は、人が何か言う時は、何かを意味して表現するわけです。それを再度、“I mean it”と言ったとすれば、言ったことについて、相手が真剣に聞いていないとか冗談を言っているかもと思っているような場合などに、確認の意味で繰り返し強調して言っているわけです。
日本語で表現する場合には、単純に「意味します」とか、「そう言っています」とかだと、同じことを繰り返しているだけにとられるので、さらに強調した意味合いで「本気です」とか、「真面目に言っています」とか、「信じてください」という方が自然な翻訳になるのです。
現実に、辞書によっては、「本気で言っています」という例文が載っています。
外国語というのは、一対一で対応する日本語があるとは限りません。ご存知のように、Good Morning を「良い朝です」と書いている辞書は無いはずです。

Q参考書の説明について分からないところがあります。 doseをtake time and effort

参考書の説明について分からないところがあります。
doseをtake time and effort to readと考えるのは無理があるとありますが、なぜ無理があるのですか?
その下にit=toの形だからとも書かれていますがいまいち理解できません。
これは具体的にどういうことなのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

It takes time and effort to read a newspaper.
という文章の構造を分析すると

It (仮主語)
takes time and effort (述語)
to read a newspaper (主語の言い換え)

ということになります。

does で言い換えるとすれば
述語の takes time and effort のところと考えるのが自然で、
主語の一部も含めて 動詞の does で言い換えるのは
ちょっと無理があります。

QCouldn’t ➡ 「クゥン」 これってマジスか?

Couldn’t ➡ 「クゥン」
これってマジスか?

Aベストアンサー

回答お礼への回答がわからないので、再回答にします。

イギリス英語と言った場合、上流層の人をイメージしますが、そもそもwanna(want to)とは言いません。
wάna wɔ́naの違いは、イギリス英語とアメリカ英語という違いではないと思います。

イギリス英語は地域だけでなく、労働者とか貴族とか階級によっても違うし、発音も違ってきます。アメリカ英語も
イギリスほどではありませんが、階層差があります。あのDa Pumpという名も、(表現に問題がありますが)
黒人下層階級の言葉です。The Beatlesの場合は昔のことなので記憶が曖昧ですが、サッカーのベッカムは
労働者階級のCockneyで話していましたね。オーストラリア方言はCockneyが残っています。Good dayを
グッダイと言うのは知られていると思います。そうそう、オードリーヘップバーンのマイフェアレディで
言葉の違いがよくわかります。

アメリカ人はnewをニューではなく、ヌーという傾向がありますので、日本に来たアメリカ人の中には
日本語の病院と美容院の区別がつかない人がいます。
whatはアメリカ人はワットと言い、イギリス人はホワットと言うと言われていますが、話している時に
どっちでも通じるし、気になりません。

最初の質問の補足になりますが、couldn'tはわかりやすく言うとクゥンでよいのですが、そっとd音は入ります。
クゥルンというつもりでルを弱く言えば、より近くなります。could not haveはクドゥナダ/クドゥナラ
couldn't haveはクドゥナという感じになります。フランス語ではありませんが、I like himはアイラキムというように
h音は弱いか、略される傾向にあります。リスニングを繰り返している内に、単語の些細な違いにとらわれず、
文脈でわかるようになると思います。

御参考まで

回答お礼への回答がわからないので、再回答にします。

イギリス英語と言った場合、上流層の人をイメージしますが、そもそもwanna(want to)とは言いません。
wάna wɔ́naの違いは、イギリス英語とアメリカ英語という違いではないと思います。

イギリス英語は地域だけでなく、労働者とか貴族とか階級によっても違うし、発音も違ってきます。アメリカ英語も
イギリスほどではありませんが、階層差があります。あのDa Pumpという名も、(表現に問題がありますが)
黒人下層階級の言葉です。The Beatlesの場合は昔のこ...続きを読む


人気Q&Aランキング