ワーグナーの『ニーベルングの指輪』を元にした
小説や映画、ミュージカルなどご存知の方がいたら教えて下さい。ストーリーがほぼ同じだけど中国の話に置き換えた小説ですとか、全く同じ筋ではないけれど、指輪が素材になったアメリカ映画ですとか・・・。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.1です。


そうだ!もうひとつマンガがありました!

刈谷なつき著「ヴァルハラ!」(青心社)です。
中世の日本が舞台で、巴御前と源義仲が主人公。
源平合戦とワルキューレの乙女のコラボレーションな話です。

ただし未完、まだ序章な感じで止まっています。
10年以上、続きを待っているのですが…(TT)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんと!それは面白そうです!!
こういうのを待っていました(笑
でも、まだ「序章」なんですか?・・・・
作者さん、頑張って描いてください!(応援

マンガ探してみます。ありがとうございました!

お礼日時:2004/11/21 18:59

それではみたびの書き込みです。

本の裏書きには、こう書かれています。

「1182年、時は源平合戦の真っ只中。転生を繰り返すヴァルキューレの戦乙女達が今この世に蘇り、歴史の歯車を動かし始めた。」

って、動かすか動かさないかの状態で10年止まってますがな…(苦笑)

なお、さっきamazonのユーズドコーナーを覗いてみましたら、とってもお得な価格で出品されていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ね重ねありがとうございます(笑

10年止まっているって長いですよね。もう作者さんは描く気がないのかしら・・・・(悲

お礼日時:2004/11/23 03:06

エニックス(現スクウェア・エニックス)から発売されたRPGゲーム「ヴァルキリープロファイル」はいかがでしょうか。

『ニーベルングの指輪』が元というよりは、北欧神話を元にしたといったほうがいいのかもしれませんが、近い世界観です。
http://www.tri-ace.co.jp/product/vp/

北欧神話がベースのRPGゲームといえば、ナムコの「テイルズ・オブ~」シリーズもありますね。
http://namco-ch.net/taleschannel/index.html

「指環」と少々離れてしまいまして申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「指環」と少々離れてしまいまして申し訳ありません

いえいえとんでもありません。
「ニーベルング~」というと超大作・超名作・・というイメージが強いわりに、この作品にインスパイアされたものがなかなか見つかりにくいのです。やはりアニメやゲームだと、この世界観を取り入れやすいのでしょうね。
参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/21 12:49

参考URLに書いてあるようにアニメ版「聖闘士星矢(セイントセイヤ)」の「アスガルド篇」がニーベルングの指輪をもとに作られたようです。



参考URL:http://www5c.biglobe.ne.jp/~sicilian/hilda_as_po …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

星矢もですか~。HP見ましたが、内容もかなりぶっとんでますね(笑
ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/19 17:50

 池田理代子も「ニーベルンクの指輪」というマンガを描いています。

ただ、主役ジークフリートの養父で悪役のミーメが善良なオジサンになっていたり、時空を超えて、ジークフリートが現代に現れたり…と、原作とはかなりかけ離れた内容になっています。指輪フリークの私にはちょっと馴染めなかったですが(よって全部読んでません)、割り切ったら結構楽しめるマンガだと思います。

 この「指輪」というオペラ、芸術家の創造力を刺激するようで、これを素材にした作品は、まだ多くあるはずです。確か、「地獄に堕ちた勇者ども」とかいう映画も、この神々の没落に題材をとった映画だった(三島由紀夫が絶賛した)と記憶しています。これについては、詳しいことは知りません。

この回答への補足

>これを素材にした作品は、まだ多くあるはずです

それらがぜひ知りたいです。自分でも探してはいるのですが探し下手なのか中々見つけられなくて、ここに頼っている次第です(汗

補足日時:2004/11/19 17:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

池田さんの漫画は読みました。私も正直言ってイマイチでした(汗
地獄に堕ちた勇者ども・・・ですか。調べてみます!

お礼日時:2004/11/19 17:47

松本零士著、「ニーベルングの指環」(新潮社)というマンガがあります。



メーテル、ハーロック、エメラルダスなど、松本ワールドおなじみのキャラクターも登場します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>メーテル、ハーロック、エメラルダスなど、松本ワールドおなじみのキャラクターも登場します。

え~!そうなんですか!?松本零士氏が描いていることは知ってはいましたが、まさかそんなことになっているなんて!面白そうですね。早速探して読みます!!

お礼日時:2004/11/19 17:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワーグナーってどんな人ですか?

ワーグナーとはどんな人でしょうか?神話をモチーフにした音楽とかやっていたと噂で聞きましたが、もしそうなら嬉しいのですが、ツタヤとかおいているといいんですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。
ワーグナーと言えば、「タンホイザー」や
「ローエングリン」等で有名ですね。
もっとおなじみのところでは、「結婚行進曲」とか^^。
神話(伝説)をもチーフにした作品は色々書いています。
波乱万丈の人生を送っていましたが、
バイエルン国王ルートビヒ2世のお抱え作曲家となりました。
行方不明のワーグナーを国王が探し回って招いたのです。
この国王自身幻想の世界に住んでいた人ですから
(最期は狂人として謎の死を遂げました)、
神話モチーフの音楽は大歓迎だったんでしょうね。
ワーグナーの音楽は、とても勇ましい旋律が多く、
人の心を高揚させると言われています。
ですから、国民の心を高める為にナチにまで
利用されていたという過去もあります。
それが原因で、現在でもイスラエルでは
ワーグナーの演奏は基本的にタブーです。
話がそれましたが、ツタヤには置いていると思いますよ。
相当有名な作曲家ですから。
ツタヤにクラシックコーナーがありますよね。
是非探してみて下さい。
余談ですが、ワーグナーの夫人はリストの娘です。
音楽一家ですね。

http://classic-midi.com/composer_list/classic/c_Wagner_WR.htm

おはようございます。
ワーグナーと言えば、「タンホイザー」や
「ローエングリン」等で有名ですね。
もっとおなじみのところでは、「結婚行進曲」とか^^。
神話(伝説)をもチーフにした作品は色々書いています。
波乱万丈の人生を送っていましたが、
バイエルン国王ルートビヒ2世のお抱え作曲家となりました。
行方不明のワーグナーを国王が探し回って招いたのです。
この国王自身幻想の世界に住んでいた人ですから
(最期は狂人として謎の死を遂げました)、
神話モチーフの音楽は大歓迎だったんで...続きを読む

Qワーグナーについて

ワーグナーの音楽には熱心な信奉者が多いと聞きました。
彼の魅力を感じる部分はどこでしょうか?
また、ワーグナーを聴くには、どの曲から始めた方が良いでしょうか?
また、ワーグナーの信奉者で有名な方には誰がいますか?

ぜひお教え下さいませ。

Aベストアンサー

こんにちは。

ワーグナーの音楽は「毒」「麻薬」などと例えられることもありますね。
果たして他の作曲家たちとそんなにも違うものなのかどうか,私にもなんとも言えないものはありますが,ワーグナーの特徴と私が個人的に感じている部分を,細かくは私も説明する能力がありませんが,私の適当な理解を適当に説明してみます(笑)

技法的な部分でいうと,調性の極限までの拡大。
「調性」とは,古典派~ロマン派のクラシック音楽の最も基本的な「お約束」のひとつで,あまりにめちゃくちゃに大雑把に(ぉぃ)言うと,「ソシレ」の和音が「ドミソ」の和音に進むことによって解決・安定をもたらす,ということです。ハイドン,モーツアルト,ベートーヴェンといった作曲家は,これでもかというくらいにこのお約束を使いますが,ワーグナーは実はあまり使いません。(主に後期作品での話ですが)
それは,調性を使っていない,ということでは決してなくて,そのルールを熟知し巧妙かつ徹底的に使った上で,一番肝心かなめの「ソシレ」⇒「ドミソ」の部分(だけ)を絶妙にじらしたりはぐらかしたりします。
それにより,独特の「終わりそうで終わらない」という不安感や陶酔感を作り上げます。この手法は「無限転調」「無限旋律」などと言われ,「トリスタンとイゾルデ」がその代表的な例とされています。
楽劇全部だとかなり重く&長くなるので,まずはさわりだけ,という場合は,「前奏曲」「愛の死」などから入るのがよいかもしれません。(「愛の死」はオリジナルでは歌が入りますが,管弦楽曲集のCDなどでは「前奏曲と愛の死」という形でほぼ一曲のオーケストラ作品として扱われることも多いです)

歌劇・楽劇の内容で言えば,独特な人間観。
ワーグナーの歌劇・楽劇の登場人物は,常識的な倫理観から見ると,「ええっ!?」というような行動を取ることがしばしばあります。
もちろんイタリアオペラでも不倫や三角関係は定番中の定番なのですが,あくまでも道を踏み外しているという背徳感(?)がドラマのベースになっています。一方,ワーグナーの場合,特に「タンホイザー」や「ニーベルングの指輪」では,より確信犯的に行動しているというか,我々の知らない倫理体系があるというか,そうした特異なドラマ展開の中から,ある特定の価値観(≒キリスト教??)によらずに根源的な人間のあり方,愛と性のあり方,生と死のあり方,などを抉り出そうとしているようにも私は感じます。

なお,「リエンツィ」「さまよえるオランダ人」「ローエングリン」などの初期作品では,上記のような特徴はそれほどは感じられず,より一般的なロマン派風の響きがしますが(ベルリオーズ,ウェーバー,リストなどの影響があるとされています),もちろんこれはこれで,重厚・華麗・ダイナミックな管弦楽の響きやロマンティックな旋律などは十分に魅力的と思います。
ワーグナー独自の魅力(魔力?)は,「タンホイザー」あたりからちらほら出はじめ,「トリスタンとイゾルデ」「ニュルンベルクのマイスタージンガー」「ニーベルングの指輪」「パルジファル」などに強くあらわれているように個人的には思います。(「マイスタージンガー」は,後期作品としてはまとも(?)な方ですが)


作品としては,上に挙がっているのが代表的なもの,というか,これでほぼ全部と思います。初期の普通に理解しやすいものからはじめるか,いきなり後期の魔境(笑)に突入するか,どちらでもよいと思います。


信奉者,と聞いて私がまず思い出すのが,作曲家のアントン・ブルックナーです。交響曲をワーグナーに献呈したり(交響曲第3番),ワーグナーの訃報を聞いて,自分の交響曲の中に葬送の音楽を入れたりしています(交響曲第7番第2楽章の終わりの部分)。
実はフランスの作曲家には意外と多くて,一時期のドビュッシーの他には,フランク,オネゲル,ショーソンなどもそうだったのではないかと思います。(どのくらい熱烈だったかは分かりませんが・・・)
作曲家以外はよくわかりません。小泉純一郎??(笑)


長文失礼いたしました。

こんにちは。

ワーグナーの音楽は「毒」「麻薬」などと例えられることもありますね。
果たして他の作曲家たちとそんなにも違うものなのかどうか,私にもなんとも言えないものはありますが,ワーグナーの特徴と私が個人的に感じている部分を,細かくは私も説明する能力がありませんが,私の適当な理解を適当に説明してみます(笑)

技法的な部分でいうと,調性の極限までの拡大。
「調性」とは,古典派~ロマン派のクラシック音楽の最も基本的な「お約束」のひとつで,あまりにめちゃくちゃに大雑把に(ぉ...続きを読む

Qワーグナーの曲で・・

よろしくお願いいたします。

ワーグナーの曲で威風堂々と言うのは有るのでしょうか?

探してみても解らなかったのですが
解る方お教えください。

Aベストアンサー

こんにちは。

有名な「威風堂々」はエドワード・ウィリアム・エルガーの曲です。
ワーグナーが同じ題名の曲を手掛けたとは聞いたことないですね…。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%BC

QワーグナーのCD

 ワーグナー作曲の音楽を聴いてみようと思ったのですが、たくさんCDが出ており、どれがよいのかわかりません。ワーグナーのCDを買うのは今回が初めてです。お勧めのCDがありましたら教えてください。なるべく音質のよいものをお願いします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
とりあえず,オペラ全曲ではなくて管弦楽曲集から紹介させていただきます。

オーソドックスなところでは,
☆テンシュテット指揮/ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1812392
二枚組ですがお値段は一枚分でとてもお得です(笑)
一枚はオーソドックスな管弦楽曲集です。この演奏では,特に「ローエングリン」第一幕への前奏曲の美しさが素晴らしいと思っています。
もう一枚は,ワーグナーの代表作である楽劇「ニーベルングの指輪」の中から,有名な「ワルキューレの騎行」などの管弦楽だけで演奏される部分を抜粋したものです。

少々マニアックながら個人的にオススメしたいのは,
☆マゼール指揮/ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
http://www.hmv.co.jp/product/detail/323122
これも「ニーベルングの指輪」からの抜粋ですが,オペラのストーリー展開をある程度追いながら,ひとつの交響詩のような形にまとめてあります。上演に四夜10時間以上かかるオペラを一時間ほどで楽しめるという贅沢な(?)一枚です。

こんにちは。
とりあえず,オペラ全曲ではなくて管弦楽曲集から紹介させていただきます。

オーソドックスなところでは,
☆テンシュテット指揮/ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1812392
二枚組ですがお値段は一枚分でとてもお得です(笑)
一枚はオーソドックスな管弦楽曲集です。この演奏では,特に「ローエングリン」第一幕への前奏曲の美しさが素晴らしいと思っています。
もう一枚は,ワーグナーの代表作である楽劇「ニーベルングの指輪」の中から,有名な「ワ...続きを読む

Qワーグナーの交響曲

R・ワーグナー(1813~1883)
指揮 若杉 弘
演奏 東京都交響楽団
交響曲 ホ長調 WW35
交響曲 ハ長調 WW29
このCDを持っていますが、外国の指揮者、楽団等が録音した
交響曲のCD探しています。
私の探し方が悪いのか見つけれません。
どなたかご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

ワーグナー:交響曲ハ長調
指揮:ハインツ・レーグナー 演奏:ベルリン放送交響楽団
ASIN: B000UAL946

Wagner: Wesendonck Lieder/Overtures etc
(WWV 35 Allegro con spirito 収録)
Conductor: Wolfgang Sawallisch Orchestra: Philadelphia Orchestra
ASIN: B000002RWR

どちらもAmazon.co.jpなどで手に入ります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報